HEADLINE

P「誰がツンデレだ、コラ」

2012/06/06 23:55 | CM(7) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:01:51.58 ID:LD1UE5vb0
美希「新しくきたプロデューサーなんかとっつきにくいの」

響「あれは何人か殺している眼だぞー!」

あずさ「あらあら~」

美希「そんな人がプロデューサーなんてやなの」

小鳥「さすがにそんなわけ・・・・・・」

伊織「そんなに怖い奴なの?」

亜美「いおりんはまだあったこと無かったっけ→?」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:04:04.11 ID:LD1UE5vb0
伊織「私だけじゃないわよ、最近竜宮小町の活動が忙しかったからあずさとあんたもまだ会ってないんじゃないの?」

あずさ「そうね~まだ私もあったことないわ」

亜美「亜美はこの前真美と帰ろうとしたときにあったよ→」

伊織「そうなの? どんな奴?」

亜美「いたずらしたら指詰めて土下座しないと許してもらえなさそう・・・・・・」

伊織「え・・・・・・」

あずさ「あ、あら~」

亜美「うそだよ」

伊織「脅かすんじゃないわよ!」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:06:38.16 ID:LD1UE5vb0

亜美「でもすごく怖そうなのは確かだよ→」

響「言葉遣いも乱暴だしなー」

伊織「ま、まぁ、私は仕事が出来る奴ならなんでもいいけどね」

美希「でこちゃんビビってるのー」

響「そうなのか? 伊織ビビってるのか?」

伊織「でこちゃん言うな! ビビってないわよ!」

美希「別にむきにならなくてもいいと思うな、実際怖いんだし」

響「そうだぞ伊織!」

伊織「だから怖くないって!」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:08:41.45 ID:LD1UE5vb0

美希「じゃあもうすぐプロデューサー帰ってくるからパシらせてみるの」

小鳥「それはちょっと止めたほうが」

伊織「いいわよ、やってやろうじゃない!」

小鳥「伊織ちゃんも!?」

P「ただいま」ガチャ

小鳥「あ、お、おかえりなさいっ」

美希(きたの!)

亜美(早っ!)

あずさ「おかえりなさ~い」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:11:17.74 ID:LD1UE5vb0

P「ん、竜宮小町か」

あずさ「はい、初めまして~あずさと申しますよろしくお願いしますね」

P「あぁ」

みんな「・・・・・・・・・・・・」

美希(でこちゃん行くの!)

伊織(でこちゃん言うな! わかったわよ!)

伊織「あ、あんたが新しいプロデューサーね!」

P「他に誰がいるってんだ」

伊織「・・・・・・う、うるさいわね! ちょっと飲み物買ってきなさいよ!」



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:13:24.45 ID:LD1UE5vb0

P「はぁ? 何で俺が、事務所の茶でも飲めばいいだろうが」

伊織「私はオレンジジュースが飲みたいの! いい? 100%よ!」

P「誰も行くなんて言ってねぇだろうがボケ」

伊織「いいから行ってよ!」

P「・・・・・・ッチ」

伊織(舌打ちした!?)

P「ちょっと電話かけてくる」

小鳥「あ、は、はい」ガチャ

亜美「・・・・・・勇者だね→いおりん」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:15:57.75 ID:LD1UE5vb0
美希「でも完全にとりあってもらえてないの」

響「うわー知らないぞ! 最後舌打ちしたぞ!」

伊織「何よ! あんたたちがやれって言ったんじゃないの!?」

美希「誰も本気でやるとは思わないの」

伊織「な!?」

あずさ「落ち着いて、大丈夫よ伊織ちゃん」

小鳥「そうそう、大丈夫ピヨヨ! 多分・・・・・・」ガチャ

みんな「」ビクゥッ


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:17:10.47 ID:LD1UE5vb0
春香「ただいまー!」

伊織「紛らわしいわよ!」

美希「紛らわしいの!」

響「紛らわしいぞ!」

春香「え、えぇ!?」ガチャ

P「ただいま」

春香「え、あぁ、おかえりなさいプロデューサーさんってどうしたんですかその荷物?」

P「あー・・・・・・何でもねぇよ」

P「ほらよ」ヒョイ

伊織「え?」パシ

伊織(オレンジジュース?)


13 支援ありがとうございます! :2012/06/06(水) 01:19:34.45 ID:LD1UE5vb0

P「何変な顔してんだ。お前が買ってこいって言ったんだろうが」

伊織「あ、ありがと・・・・・・」

P「勘違いするなよ、いつまでも騒がれたら面倒だからだ」

P「ほら、お前らも適当に持ってけ」

亜美「やった→!」

響「・・・・・・変なもの入ってないだろうな」

P「入れるかボケ! 嫌なら飲むな!」

響「あーいやいや、もらっとくぞ! うん!」

あずさ「ありがとうございますー」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:21:19.95 ID:LD1UE5vb0

美希「美希イチゴババロアがよかったのー」

P「飲み物じゃねぇだろうが」

美希「ぶー」

P「ほら、小鳥さんも春香も持ってけ」

春香「本当ですか? いただきます!」

小鳥「あ、ありがとうございます」

P「勘違いするなよ、何度も行かされたらうぜぇからだ!」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:23:04.02 ID:LD1UE5vb0

亜美(・・・・・・これは、あれですな)

美希(・・・・・・もしかして)

響(・・・・・・もしかするぞ)

あずさ(あらあら~)

伊織(・・・・・・こいつ)

小鳥(ツンデレだこれ)

春香「美味しいですよ、プロデューサー!」

P「うるせぇ黙って飲みやがれ!」


18 結構長いかも・・・・・・ :2012/06/06(水) 01:25:11.37 ID:LD1UE5vb0

――――

千早「律子さん、このところ少し教えて欲しいんですが・・・・・・」

律子「ごめんね、ちょっと今すぐ出ないといけないから、代わりにプロデューサーに聞いといて!」ガチャ

千早「あ」

P「あ、何だ?」

千早(仕方ないか)「プロデューサー、少し聞きたいことが」

P「歌か、めんどくせぇな、まぁちょっと見せてみろ」

千早(めんどくさいって・・・・・・)「はい、この部分なんですが」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:27:57.34 ID:LD1UE5vb0

P「あぁ、やさしく歌うってところか」

千早「はい」

P「ここは小さい声で歌う訳じゃねぇからな、テンポに遅れないようにだがゆっくり歌え、
そうすれば雰囲気が出るはずだ」

千早「・・・・・・・・・」

P「おい、聞いているのか?」

千早「え、あ、はい」

P「後わかっているかもしれないがブレスは抑えるんじゃねぇ、
この歌詞だとサビのところなんかはむしろ聞こえた方が感情がこもるからな」

千早「」


25 ペース抑えたほうがいいのかな? :2012/06/06(水) 01:30:39.19 ID:LD1UE5vb0

P「かと言って何回もやり過ぎても良くない、一番感情を入れていきたいところに――」

千早「ではここは・・・・・・」

P「なんだよここもか」

千早「お願いします」

P「ここはな――」


29 一応最後まで完成してます :2012/06/06(水) 01:32:36.45 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

千早「ありがとうございました」

P「勘違いするなよ、後で相談に乗らなかったと律子に告げ口されたらうぜぇからだ」

千早「そんな告げ口なんて・・・・・・」

P「まぁお前の歌は聞いていて気持ちがいいからな」

千早「え?」

P「ほら、仕事の邪魔だ。質問が終わったら練習してこい」

千早「・・・・・・はい!」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:35:49.81 ID:LD1UE5vb0
――――

亜美「にーちゃん暇だYO→」

真美「遊ぼうYO→」

P「うっぜぇ! 邪魔すんなボケ!」

真美「そんなこと言わないでYO→」

亜美「ねーねーにーちゃん!」

P「わぁった! 少しだけだからな! だからまとわりつくな気持ち悪ぃ!」

亜美「わ→い、にーちゃんが遊んでくれるって→!」

真美「言ってみるもんですな→」

P「勘違いするなよ、これ以上邪魔されるのが嫌だからだ!」

亜美「にーちゃんは相変わらずのツンデレですな→」

P「誰がツンデレだ、コラ!」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:38:02.84 ID:LD1UE5vb0

真美「にーちゃんが怒ったぞ→!」

亜美「逃げろ→!」

P「はしゃぐなボケ!」

P「捕まえたら今度から遊ぶ暇がないくらい仕事入れてやる!」

真美「えー」

亜美「そこまではちょっとー」

P「なら死ぬ気で逃げやがれ」

真美「きゃ→!」

亜美「ヘンタイだ→!」

P「誰が変態だ!」


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:40:08.85 ID:LD1UE5vb0
――・・・・・・

P「はぁ・・・・・・疲れた」

真美「にーちゃんもうへばったのかい?」

亜美「ヘタレですな→」

P「お前ら外にまで逃げやがって・・・・・・」

真美「行動範囲の指定なんてなかったよね→」

亜美「ね→」

P「もう勝手に言ってやがれ・・・・・・」

亜美「真美隊長、自分まだまだ遊び足りません!」

真美「亜美隊員もかね、当然私も同じ意見だよ」

P(もう散々走り回っただろうが・・・・・・)


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:42:14.13 ID:LD1UE5vb0

亜美「おや、真美隊長あそこにゲームセンターが見えます!」

真美「おぉ、早速行こ→ZE!」

P「・・・・・・はぁ、遅くならないようにな、俺は帰るぞ」

真美「えぇ→にーちゃんも行こうYO→」

亜美「亜美たちお金ないYO→」

P「ふざけんな、少しだけ付き合ってやっただろうが」

真美「BOO! BOO!」

亜美「BOO! BOO!」

P「うるせぇな、ダメなもんはダメだ」


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:42:15.81 ID:aXYRKesT0
つ④

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:44:16.67 ID:LD1UE5vb0

真美「ねぇちょっとだけ→! いっしょ→のお願い!」

P「じゃあな」

亜美「無視しないで→!」

P「うぉ! 二人して腕にぶら下がるな、重い!」

真美「レディーに重いっていうな→」

P「片腕に60キロ以上の負荷がかかれば誰でも重いに決まってんだろボケ!」

亜美「そこを耐えてこそのにーちゃんだ!」

P「居て欲しいのかこのまま連れて帰って欲しいのかどっちだボケ――うぉっ!」ズル

真美「にーちゃん!?」


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:46:10.82 ID:LD1UE5vb0

P「ってぇ・・・・・・急に手を離すなって・・・・・・お前ら怪我ないか?」

亜美(おぉう、予想外の反応・・・・・・)「だ、大丈夫だよ→」

真美「にーちゃんこそ大丈夫?」

P「あぁ、ちょっと手をすりむいただけだ、血も出てねぇし、こんなの怪我のうちに入んねぇよ。ほら帰るぞお前ら」

亜美(まずい、今の事故でにーちゃんのペースに乗せられておりますぞ)

真美(ここは奥の手を使うしかないでござるな)

P「どうした?」

真美「・・・・・・にーちゃんは真美たちのこと嫌いなんだ」

P「は?」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:47:51.28 ID:Hx4NB2Y70
ツンデレ同士って相性悪そう

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:48:25.64 ID:LD1UE5vb0

亜美「嫌いだから仕事を言い訳に亜美たちを避けようとしたんだ・・・・・・」

P「おいおい、何急に馬鹿なこと言ってんだ」

真美「もういいよ・・・・・・にーちゃん、真美たち、我が儘、だし、怪我、させちゃうし、邪魔、だよね・・・・・・」ヒック

亜美「ごめんなさい、もう、遊んで、なん、て、言わない、から・・・・・・」ヒックヒック

真美「ごべんなざいぃぃ」

亜美「許じでぇぇ」

P「わぁった、わぁった! 行くから、な? 落ち着け!」

真美「ほ、んとう?」エック

P「あぁ、今日はもう付き合ってやるよ!」


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:50:16.09 ID:LD1UE5vb0

亜美「ぜっ、た、い?」エック

P「勘違いすんなよ、いつまでも泣かれると面倒くせぇからだ」

亜美真美(二度目のツンデレキター)

真美「よし行こう!」ケロ

亜美「にーちゃんはちょろいな→」ケロ

P「・・・・・・おい、ふざけんな」

真美「男の二言はカッコ悪いよ→!」

亜美「今日はとことん付き合ってもらうよ→」

亜美「あ、にーちゃんこのぬいぐるみとって→」

真美「ずるい、真美が先だぞ→!」

P「くそったれ・・・・・・」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:52:29.93 ID:LD1UE5vb0
――――

貴音「~♪」ズルズル

P「なんだお前今日はカップ麺だけか?」

貴音「はい、至福のときです」ズルズル

P「別に昼飯を忘れたから買ってきたわけじゃなさそうだな・・・・・・ラーメンそんなに好きなのかよ」

貴音「はい、三度の飯がらぁめんです」

P「そいつは三度の飯よりって・・・・・・もしかして今朝もか?」

貴音「はい」

P「昨日の夜もか?」

貴音「いえ、昨晩はらぁめん三郎でした」

P「・・・・・・没収だボケ」


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:54:26.66 ID:LD1UE5vb0

貴音「あ、あ、あなた様おやめください! そんな面妖な・・・・・・っ!」

P「アイドルがそんな食生活で良い訳あるか!」

貴音「野菜でしたらヤサイマシマシで!」

P「でもアブラカラメなんだろうが」

貴音「当然です!」キリッ

P「没収だ」

貴音「面妖なっ! あ、あ、あ、あ、あー!」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:56:20.04 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

貴音「あなた様はいけずでございます・・・・・・」シクシク

P「泣くなボケ」

貴音「ぷろでゅーさー殿は私に何も食べるなとおっしゃるのですか!?」

P「そこまで言ってねぇよ! ラーメンを控えろって言ってんだよ!」

貴音「それはわたくしに死ねというのですね!」

P「おかしぃな会話が何処かへぶっ飛んでいく・・・・・・」

貴音「・・・・・・いけずです」シクシク


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 01:58:12.87 ID:LD1UE5vb0

P「一週間に一回」

貴音「一日二回」

P「五日に一回」

貴音「一日一回」

P「譲歩する気ねぇだろ!」バンッ

貴音「しております! 最大限です!」

P「わかった、三日に一回、ギリギリこれでなんとかしろ!」

貴音「来月から考えます」

P「今からやれよ! 月変わったばっかだろうが!」


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:00:30.34 ID:LD1UE5vb0

貴音「・・・・・・では今日は何を食べろと言うのですか」

P「そうだな・・・・・・」ゴソゴソ

P「今日のところはこれを食っとけ」

貴音「これは? お弁当?」

P「あぁ、俺が作ったやつだけどな。ちゃんと栄養のバランスはとれてるはずだ」

貴音「・・・・・・面妖な」

P「侮辱してるのか」

貴音「そういう訳ではございません」モグモグ

P(もう食ってやがる)


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:02:59.80 ID:LD1UE5vb0

貴音「こ、これは・・・・・・」

P「嫌いなものがあってもちゃんと食えよ」

貴音「」モグモグモグモグ

貴音「あなた様、おかわりです」

P「ねぇよ!」

貴音「・・・・・・いけず」

P「人の飯食っといて何言ってんだよ」

貴音「・・・・・・あなた様が毎日昼食にお弁当を作っていただけるのでしたら、
あなた様の言う通りらぁめんは二日に一回で譲歩」

P「三日に一回な」


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:05:20.87 ID:LD1UE5vb0

貴音「・・・・・・ふ・・・・・・三日・・・・・・に一回にいたします」

P「わぁったよ、ったく・・・・・・作ればいいんだろ作れば」

貴音「よろしいのですか!?」

P「勘違いするなよ、仕事途中に倒れられたりしたら俺が迷惑だからだ」

貴音「ふふ、わかりました」

貴音「ところであなた様の昼食はいかがなさるのですか?」

P「もったいないから俺はこれを食べる」ズルズル

貴音「あ、あなた様! それは・・・・・・」

P「なんだ、やらねぇぞ?」

貴音「いえ、あなた様がよろしいのでしたら別に・・・・・・///」

P「?」ズルズル


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:08:21.68 ID:LD1UE5vb0

――――

真「まっこまっこりーん!」

シーン

真「あれ、誰もいないや」

真「ホワイトボードは・・・・・・っと、おかしいなプロデューサーは今日休みの小鳥さんの代わりに事務仕事のはず・・・・・・」チラ



真「まっこまこりーん!」

真「うーん、この角度の方が可愛く見えるかな」

真「まっこまk「うるせぇな」」


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:10:50.12 ID:LD1UE5vb0

真「うひゃぁっ!? ぷ、プロデューサー!? 何時からそこに・・・・・・」

P「一回目の『まっこまっこりーん』から」

真「ならなんで返事してくれないんですか!?」

P「・・・・・・そのテンションがうぜぇからだよ」

真「ひどすぎますよ!」ガビーン

P「・・・・・・ッチ」

真「もー・・・・・・あれ、プロデューサーさんその机にあるぬいぐるみって」

P「あ? あぁこの熊か」

真「うわー可愛いですね! プロデューサーさんの趣味ですか!?」

P「んなわけあるかボケ!」

真「じゃあなんでプロデューサーさんの机にあるんですか?」

P「この間亜美真美にゲームセンターに連れて行かれたときにとったんだけどよ・・・・・・」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:13:20.82 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

P「・・・・・・もう少し・・・・・・!」ゴトン!

P「よっしゃ!」

真美「やったね、にーちゃん!」

亜美「おめでとう、にーちゃん!」

P「ほら、こいつも持ってけ」

真美「あれ? にーちゃんが欲しくてとったんじゃないの?」

亜美「ずいぶん白熱してたじゃん!」


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:15:16.31 ID:LD1UE5vb0

P「俺がこんなファンシーなのいるわきゃねぇだろ、お前らにやるって」

真美「いやいや、いいですよ→」

亜美「もう一個ずつ欲しい物とってもらったしね→」

真美「そいつはにーちゃんが持ってってよ→」

亜美「可愛いの持っていたらにーちゃんも少しは可愛くなるかもよ→」

P「なるかボケ」


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:17:36.75 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

真「あー・・・・・・なるほど、白熱したとき別にいらないものでもとっちゃったりしますよね」

P「部屋にあると浮くしな、どうしたもんかと思ってたんだけどよ。気に入ったなら持っていくか?」

真「え、でもボク・・・・・・」

P「勘違いするなよ、男の俺なんかが持っているより可愛い女の子が持ち主の方がこいつも幸せだろ、ほら」ポーン

真「あ、ありがとう・・・・・・ございます」

真「可愛い・・・・・・女の子・・・・・・///」

P「あん?」

真「へへ」ギュッ

P「なんだ急ににやにやして気持ち悪ぃ奴だな」

真「あー! またそうやってひどいこと言う!」


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:19:36.67 ID:LD1UE5vb0

P「後『まこまこりーん』はやめろ返し方がわかんねぇ」

真「じゃあプロデューサーも自分の名前でやってみればいいじゃないですか」

P「・・・・・・朝の事務所でそんなこと二人で言い合うところを考えてみろ」

真「・・・・・・・・・・・・」

真「爽やか・・・・・・ではないですね」

P「だろ?」

P「・・・・・・おぇ」


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:21:44.02 ID:LD1UE5vb0

真「待ってください今どっち側におぇってなりました?」

P「どっちだって良いだろうが」

真「よくないです! アイドル生命に関わります!」prrr prrr

ガチャ

P「はい765プロダクション、プロデューサーです」

真「あ、外ではちゃんと丁寧語なんだ」


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:23:23.08 ID:LD1UE5vb0
―――――

Prrr prrrr

P「はい、765プロダクション、プロデューサーです」

あずさ『あ、プロデューサーさんですか~?』

P「何だあずさかよ、どうした?」

あずさ『あの、事務所は何処に移転してしまったのかしら~』

P「は? 別に何処にも変わってねぇよ」

あずさ『その~現場からそんなに遠くないので歩いて帰っていたのですけど~・・・・・・』


74 お前ら・・・・・・ :2012/06/06(水) 02:25:22.62 ID:LD1UE5vb0

P「迷ったのか」

あずさ『はい~多分・・・・・・申し訳ありませんが~』

P「近くに何が見える?」

あずさ『えぇっと~・・・・・・』

P「・・・・・・わかった。迎えに行くからそこを動くんじゃねぇぞ」ガチャ

P「・・・・・・どうやったらここまで徒歩十分の場所から県外に出れるんだよ・・・・・・」


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:27:51.38 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

P「待たせたな」

あずさ「あ、プロデューサーさん~」

P「悪いな結構時間かかっちまった」

あずさ「いえ、あの~プロデューサーさんのお仕事の方は・・・・・・」

P「今日は事務だけだったからな。社長を置いてきた」

あずさ「あらあら~」

P「まぁアイドルの一大事らしいしな」

あずさ「ありがとうございます~、助かりました」

P「勘違いするな、社長の命令で仕方なくだ」

あずさ「そうなんですか?」

P「じゃあさっさと帰るぞ乗れ」


82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:31:10.49 ID:Hx4NB2Y70
まっこまっこ寝る支援


83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:31:14.62 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

あずさ「あの、プロデューサーさん・・・・・・」

P「なんだ」

あずさ「怒らないんですか?」

P「何をだ」

あずさ「こんなところまで迎えに来させてしまったことです」

P「・・・・・・まぁ仕事だからな」

あずさ「でもタクシーでも使っていればしなくて良いことをさせてしまって」

P「事務仕事ばかりで肩が凝っていたとこだ。ちょうどいい気分転換になった」

あずさ「そうですか?」

P「そうですよっと」


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:33:24.15 ID:LD1UE5vb0

あずさ「でも「やめろ」」

P「いいんだよ仕事だから。お前がそれで納得出来ないなら納得しなくていい。
俺が良いって言ったんだ自分で自分の非を探すなボケ」

あずさ「・・・・・・そう・・・・・・ですか」

P「あー・・・・・・なんだ、そうだな。でも、わざわざここまで来んだ少しくらい罰があってもいいか」

あずさ「はい?」

P「お前がアイドルになった理由でも聞こうか、赤裸々に、興味ねぇけど」

あずさ「え、あの?」

P「面接なんかで言うような綺麗事じゃなくな、有名になって金持ちになりたかったとかそういうのでなんかないか?」


88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:36:45.10 ID:LD1UE5vb0

あずさ「えっとその~」

P「まぁ、ねぇか。お前みたいなおとっりして何にも考えてなさそうな女には」

あずさ「プロデューサーさんは失礼ですね。それくらいあります!」

P「あ?」

あずさ「その、運命の人に見つけてもらいたくて・・・・・・アイドルになりました」

P「・・・・・・マジかよ」

あずさ「マジです。アイドルになって注目を浴びるようになれば運命の人に見つけてもらえるかも~と思いまして」

P「運命の人ねぇ・・・・・・」

あずさ「・・・・・・笑います?」

P「いや、人の夢笑えるほど高尚な人間じゃねぇよ俺は。そんな奴がいるのかなと思っただけだ」


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:38:50.13 ID:LD1UE5vb0

あずさ「あら~プロデューサーさんも興味あります? 自分の運命の人」

P「・・・・・・別にねぇな」

あずさ「私かもしれないのにですか?」

P「そんなわけあるかボケ」

あずさ「それはひどくないですか~」

P「釣り合わねぇよ俺とお前じゃ、お前の価値が高過ぎる」

あずさ「そんなことないと思いますけど~」

P「大体俺に興味ねぇくせにそんな思わせぶりな態度をとるんじゃねぇよボケ」

あずさ「あら~バレちゃいました?」

P「バレるも何も、最初から期待なんてしてねぇよ」


90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:41:30.00 ID:LD1UE5vb0

あずさ「私はもっと優しい人がいいですね~」

P「お前の好みなんか聞いてねぇって」prrr prrrr

あずさ「あら、私かしら~」ピッ

あずさ「はい~」

真『あ、あずささんですか? 無事にプロデューサーと合流できましたか?』

あずさ「えぇ、大丈夫よ~心配ありがと~」

真『プロデューサーってばあずささんから電話来た途端、社長に無理やり仕事押し付けて出て行きましたから、大丈夫かなって心配だったんですよ』

あずさ「でも、社長の命令で来たって言ってましたよ・・・・・・?」ボソボソ


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:44:30.63 ID:LD1UE5vb0

真『えぇ? プロデューサーは社長に「頼んだ!」の一言で出て行きましたよ、社長もボクも何も言えない速さでしたから』

真『まぁ、どうせまたいつものツンデレですよ』クスクス

あずさ「そう、ありがとうございます~」

真『はい、ではまた』ピッ

あずさ「・・・・・・プロデューサー優しいんですね」ボソ

P「あ? 何バカなこと言ってんだ」

あずさ「今のは聞き逃すところですよ~」

P「何言ってんだボケ、ほらもうすぐだぞ」


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:46:56.73 ID:LD1UE5vb0

―――――

やよい「うっうー! 今日はもやし祭りです!」

やよい「特売で必要なもの結構買い込めました」

やよい「よいしょっと!」ドン

男「うお、おい、気をつけろよ」

やよい「あう、ごめんなさいです」

やよい「っとと」ビリ

ゴロゴロゴロ

やよい「あぁ、手提げが破れて中身が!」

P「ん?」ヒョイ

やよい「うっうー、失敗ですー」

P「こっちにも落ちていましたよ」


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:49:25.52 ID:LD1UE5vb0

やよい「あ、ありがとうございます」

P「・・・・・・やよいか?」

やよい「え、ぷ、プロデューサーさんですか!? 何でここに?」

P「仕事が早く終わったからな、直帰してから買い物に来ただけだ」

やよい「そうなんですか、私服だったので一瞬わかりませんでしたあ」

P「なんだ、手提げが破れたのか」

やよい「はい、結構使い込んでいたので」

P「ちょっと待て、俺のエコバックがあるから使え」

やよい「いえ、そんな悪いです」

P「ガキが遠慮するなボケ、ほら荷物中に入れてけ」

やよい「ごめんなさい、プロデューサー」


98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:51:54.33 ID:LD1UE5vb0

P「これでよし、ほら行くぞ」

やよい「え、あの、プロデューサー、荷物・・・・・・」

P「勘違いするな、俺は早くエコバックを返してもらいたいだけだ。行くぞ」

やよい「ならそれくらい私が持ちますよう」

P「あ、何か言ったか?」

やよい「ですから、私が!」

P「おいバカ、車道側に出るんじゃねぇ」グィッ

やよい「うわわ」

P「なんかお前今日は危なっかしいから家まで案内しろ」

やよい(右手にエコバックで左手に私・・・・・・)「・・・・・・はい///」


99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:54:05.43 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

P「家は近いのか?」

やよい「そんなに遠くないですよ」

P「そうか」

やよい「プロデューサーもこの辺なんですか?」

P「ん、まぁそんな感じだ」

やよい「そうなんですかー」

P「あぁ」

やよい「近いんですね」ボソ

P「みたいだな」


102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:55:38.00 ID:3X42ChU90
ゃょぃヵゎぃぃ

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 02:56:15.57 ID:LD1UE5vb0

ふたり「「・・・・・・・・・・・・」」

やよい「あの、ありがとうございますプロデューサー」

P「あ? 勘違いするなって言ってるだろうが」

やよい「でもでも、勘違いかもしれないですけど、自分が助けてもらったと思ったらやっぱりありがとうだと思いますよ!」

P「・・・・・・ッチ」

P「勝手にしろ」

やよい「はい、勝手にします。プロデューサーありがとうございました!」

P(・・・・・・俺なんかよりずっと大人じゃねぇか)


105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:00:32.38 ID:LD1UE5vb0

やよい「あ、ここ左に入ってすぐですよ!」

P「・・・・・・あぁ」

やよい「みんなただいまー!」

弟たち「おかえりー!」ドタドタ

P(話には聞いていたがこんなに弟と妹がいるのか)

やよい「うっうー! プロデューサーさん、すぐに片付けますので上がって待っていてください!」

P「いや、俺はすぐ帰るわ」

やよい「え、でもでもせっかくですから」

P「すまん、まだ買い物も残ってるしな」

やよい「そうですかあ、残念です・・・・・・」


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:02:30.80 ID:LD1UE5vb0

やよい「じゃあエコバックすぐに空にしますね」

P「あーいや、それもいらねぇ。俺よく考えたら新しいエコバックも買おうと思ってたんだわ」

やよい「でもでも、これ結構新しいですよ」

P「俺はだいたいそれくらいで捨てるんだよ、いらなかったらお前のところで捨ててくれ」

やよい「プロデューサーさんそれだと全然エコじゃないですよう」

P「うるせぇボケ」


110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:04:33.45 ID:LD1UE5vb0

やよい「今日は・・・・・・本当にありがとうございました!」

P&やよい「「勘違い」」

P「――ッ」

やよい「させてください」ニコ

P「・・・・・・またな」

やよい「うっうー! また明日です! お休みなさい」

P「あぁ、おやすみ」


111 >>109 ごめんなさい・・・・・・ :2012/06/06(水) 03:06:55.03 ID:LD1UE5vb0

――

P「なぁ雪歩」

雪歩「ひ、な、なんですかプロデューサー?」

P「なんで俺が真のお面(※小鳥案)なんかつけて仕事回らなきゃならんのだ」

P(小鳥さんはこれでばっちりだとか言ってたけどよ)

雪歩「ひ~ん、だって男の人と一日一緒だなんて・・・・・・」

P「真のお面つけた男と一緒の方が余計怖いだろうが!」

雪歩「ひっ! ごめんなさいごめんなさい! ダメダメな私は穴掘って埋まってますぅ!」

P「暴れるのは車降りてからにしやがれ!」

雪歩「ひぃっ! ごめんなさいごめんなさいぃっ!」

P「落ち着けボケ!」


113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:08:47.21 ID:LD1UE5vb0

雪歩「私なんてボケボケでダメダメなんですぅ!」

P「おい、しゃべるんじゃねぇ、謝るんじゃねぇ」

雪歩「はぅぅっ!」グッ

P「・・・・・・息を止めるんじゃねぇ」

雪歩「はいぃ・・・・・・」プハァ

P「・・・・・・なぁ、雪歩。お前は少し男に対して意識し過ぎじゃねぇか?」

雪歩「・・・・・・・・・・・・」


114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:10:50.03 ID:BJCkbb+o0
ゆきぽっぽ

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:11:00.54 ID:LD1UE5vb0

P「お前が何で男性恐怖症なのかは知らないし知りたくもねぇけどよ、お前が考えているほど世の中はクズで溢れかえってねぇよ」

雪歩「そ、そういうわけじゃないんですぅ・・・・・・」

P「別に俺は男を好きになれとは言わねぇ、俺だって人と接するのあんまり上手くねぇからな」

P「だからお前は男に対して無関心になれ」

雪歩「無関心・・・・・・ですか?」

P「そうだ、でもあんまり難しく考えるなよ? ステージに立ったとき人の視線で緊張するならここが野菜畑だと思え、なんて言葉がよ」

P「それを普段の生活に取り入れればいいだけだ。まぁ口で言うほど簡単じゃねぇけどな」

雪歩「な、なるほど・・・・・・」


117 眠くなってきたの :2012/06/06(水) 03:13:10.15 ID:LD1UE5vb0

P「学校にもいるだろう? 同性で、好きでも嫌いでもない奴」

雪歩「はぅ、それはまぁ・・・・・・」

P「だからな雪歩、俺とはそんな感覚で良い。話しかけられたら最小限の会話で済ます。それでいい、仕事なんだからな」

雪歩「それは、そうです、ね」

P「しゃべるジャガイモ、それくらいの存在でいい」

雪歩「ひぃん、それは怖いですぅ~」

P「例えだボケ!」

雪歩「はぅぅ!」

雪歩「じゃ、じゃあ、プロデューサーはぬいぐるみさんで・・・・・・」

P「・・・・・・まぁ好きに考えろ」


119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:14:18.94 ID:HCto3pQ6i
ジャガイモ「勘違いしないでよね///」

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:15:31.26 ID:LD1UE5vb0

雪歩「で、でもやっぱり緊張しますぅ!」

P「言ってすぐ実践できるなら苦労しないだろうよ、少しずつでいい慣れていけ」

雪歩「はい、ありがとうございます・・・・・・」

P「勘違いするな、俺はぬいぐるみなんだろ? ぬいぐるみにお礼を言うのかお前は」

雪歩「言うことも・・・・・・あると思いますぅ」

P「・・・・・・そうかよ」

雪歩「はい!」

P「じゃあこのお面もう外していいな」グィッ

雪歩「はぅ! 待ってくださいまだ心の準備がっ!」ガバッ


122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:17:36.61 ID:LD1UE5vb0

P「うるせぇ、これ邪魔なんだよ! 大体つけたまま仕事回れるかボケ!」グググッ

雪歩「もう少し! もう少しだけお願いしますぅ!」ググィッ

P「わぁった! 触んな! 信号が青になるから! 危ねぇから!」ググッ

雪歩「絶対ですよぅ! 絶対外さないでくださいね!」ググググッ

P「・・・・・・フリか?」クィッ

雪歩「ダメですぅ! ダメダメですぅ!」グググググッ

P「俺をダメダメ言うんじゃねぇボケ!」

雪歩「ひぃん! プロデューサーのボケボケ!」

P「やめろって! わぁった! 付けるのは現場までだからな!」

雪歩「よろしくお願いしますぅ!」


124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:19:24.56 ID:A39Xoj+/0
cv諏訪部順一で

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:20:48.25 ID:Jl6XCoxC0
>>124
それだ

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:20:48.98 ID:LD1UE5vb0

―――――

響「お、あのベンチに座っているのはプロデューサーじゃないか? おーい! プロデューサー!!」

P「うるせぇな!!」

響「プロデューサーの方がうるさいぞ!」

P「なんのようだ」

響「別に用なんてないぞ!」

P「」イラッ

響「いぬ美の散歩中にプロデューサーの姿が見えたから声をかけただけだ」

いぬ美「ハッハッハッ」

P「そもそもお前は俺のこと嫌いじゃなかったのか?」

響「べ、別に嫌ってないぞーただ最初はちょっと怖かっただけで・・・・・・」


129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:23:16.57 ID:LD1UE5vb0

P「別に俺は仕事に支障がなければ嫌われてても問題はねぇよ」

響「うがー! 別に嫌ってないって言ってるぞー!」

P「はいはい」

響「で、プロデューサーはなんでここに座ってるんだ?」

P「切り替え早いのなお前」

響「完璧な自分の長所の一つさー!」

P「・・・・・・・・・・・・」

響「うがー! 無視するなー!」

P「お前と話すと疲れんだよ」


130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:25:45.93 ID:LD1UE5vb0

響「こんなことでいちいち疲れていたらプロデューサーなんて仕事勤まんないぞー!」

P「で、何の話だ?」

響「・・・・・・あれ、なんだっけ?」

P「最近踊る機会が少ないからお腹回りが危ないって話だったな」

響「そうそう、だからプロデューサーもう少しダンスを・・・・・・ってぎゃー! そんな話してないし危なくなんてないぞ! この変態プロデューサー!」

P「勝手に言ってろ。ちょうど今話をつけに行ったところだ」

響「え、何が?」

P「俺がここに座ってる理由だろうがボケ」

響「プロデューサーが話をそらすからだろー!」


131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:28:04.49 ID:LD1UE5vb0

P「まぁ、もう一度事務所の方で改めて話すけどよ。お前ユニット組むことになるがいいか?」

響「え、自分がか!? 誰とだ!?」

P「美希と貴音かな、今は一応意思確認の段階だからな。これが正式になるかはわからねぇが・・・・・・」

響「やったぞー! 自分の完璧さがついに脚光を浴びるんだな! ありがとうプロデューサー!」

P「勘違いするんじゃねぇ、いつまでも律子の奴と竜宮小町をつけあがらせるのがうぜぇと思ったからだ」

響「またツンデレかー? 恥ずかしがらなくてもいいぞー」ウシシッ

P「誰がツンデレだ、コラ。まぁ担当はお前が嫌いな俺になるけど仕事だ我慢しろよ」

響「うがー! 別に嫌いなんて言ってないってさっきから散々言ってるぞ! プロデューサーこそ自分のこと嫌いなんじゃないのか!?」

P「・・・・・・あー・・・・・・」

響(え、もしかして・・・・・・本当か?)


132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:29:54.57 ID:LD1UE5vb0

P「・・・・・・そんなわけねぇだろうが、嫌いだったらいつまでもここで話してねぇよ」

響「え」

P「とにかく、完璧なお前には期待しているからな」

響「え、えぇー!? そんな言葉初めて聞いたぞ! もっかい、もっかい言ってくれ!」

P「うるせぇのは嫌いだっつてんだろボケ、じゃあ俺は行くぞ」

響「プロデューサー! ちょっと待つさー!」

P「待たねぇよこれからまた仕事だボケ」

響「ねぇプロデューサー!」


133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:32:09.88 ID:LD1UE5vb0

――――

春香「プロデューサーさん! ステージですよ、ステージ!」

P「はしゃぐな、別にステージに立つの初めてじゃねぇだろうがボケ」

春香「でも特番の大ステージですよ! 緊張しちゃいますよ」

P「うるせぇな・・・・・・まぁまだ調整中だろうからな。他のスタッフの邪魔になんねぇように立ち位置を確認したらすぐに戻ってこい」

春香「はい、プロデューサーさん!」タタタ

P(大丈夫かよ・・・・・・まぁ気合は十分入ってそうだな、春香はあれくらいでちょうど良いか)

春香「えっと私の立ち位置は・・・・・・中央から少し前・・・・・・」ブツブツ

P「おい、春香足元みろ足元!」

春香「はい?」


136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:34:58.54 ID:LD1UE5vb0

P「赤色でバミってるの見えるか?」

春香「えっと・・・・・・あ、ここですね!」

P「場所覚えたか?」

春香「うわー観客席広いですよ!」

P「今はスタッフしかいねぇけどここ全部に人が入るからな、飲まれるんじゃねぇぞ」

春香「な、なんだかドキドキしてきちゃいました・・・・・・」

P「まだ早ぇよ、今のうちから緊張してたら心臓爆発するぞボケ」

春香「爆発なんてしませんよ! もう」

春香「ちょっと踊ってみてもいいですか?」

P「・・・・・・まぁ少しなら大丈夫だろ、ただ他のスタッフがステージ周辺をうろつきだしたらすぐやめろよ」

春香「はい!」


138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:37:38.74 ID:LD1UE5vb0

春香「~~♪」

P(調子は良いみたいだな・・・・・・)

春香「っ♪ っ♪」クルッ

P(っと、こっちきそうだなあのスタッフたち)

P「春香、そろそろ終われ、一度楽屋戻るぞ」

春香「はーい!」タタタ

P(なんだあのコード・・・・・・カメラのか?)

P「おい、気をつけろ足元に配線が――」

春香「うぇ!? あ、え? うわぁ!」ガッ

P「あぶねぇ!」ダッ

ドガシャーン!!


139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:40:06.75 ID:LD1UE5vb0

春香「うぅ・・・・・・あれ・・・・・・?」

P「だ、大丈夫かよ・・・・・・」ギュッ

春香「あ、私また・・・・・・っ!」

P「怪我ない、か? 足は、痛まないか?」

春香「え、あの・・・・・・ちょっと離してもらえませんか・・・・・・///」ドキドキ

P「ん、あぁそれも・・・・・・そうだな」

春香「っと・・・・・・だ、大丈夫みたいです・・・・・・ってプロデューサー!? 頭から血が出てますよ!?」

P「大丈夫だ・・・・・・ちょっと切っただけだ」

春香「でも・・・・・・そうだ救急車!」

P「いい、後で一人で行ける」

春香「ごめんなさい、私のせいで・・・・・・」

P「勘違いするな、ステージ周辺の機材を壊されたらたまんねぇと思ったまでだボケ」

春香「うぅ・・・・・・言い返せません」


141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:42:44.50 ID:LD1UE5vb0

スタッフたち「おい、どうしたんだ?」

スタッフたち「おいおいこりゃまずくないか?」

春香「あ、スタッフさん達! ごめんなさい私「おい、お前ら」」

春香「え?」

P「話がある、ちょっと来い」

春香「あ、あのプロデューサーさん」

P「お前はもう楽屋戻ってろ、謝りに行かなくてもいい」

春香「で、でも」

P「いいから戻れボケ」

春香「は、はい・・・・・・ごめんなさい」タタタ


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 03:44:55.37 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

春香(プロデューサーさんにあぁ言われたけどやっぱり謝らないと・・・・・・音響ダメにしちゃったかもしれないし・・・・・・)

P「――だボケ!」

春香(・・・・・・プロデューサーさんの声?)

P「うちのアイドル転ばせたのは何処のどいつだっつてんだよ!!」

スタッフ1「だから何言ってんだあんた」

スタッフ2「それより機材の確認を・・・・・・」

P「機材なんざ今どうでもいいんだよ、コラァッ!!」

春香「」ビクゥ!

P「なんでステージに使ってねぇ配線の束が縛りもせずに散らかってんだよ!!」


149 さるさんくらった :2012/06/06(水) 04:06:03.56 ID:LD1UE5vb0

スタッフ1「そんなの調整中だったからに「何寝ぼけたこと言ってんだ!!」」

P「じゃあその調整中にお前らは何処ほっつき歩いてたんだよ! 配線出てたってことは作業中だったんだろが! あ? 作業中、現場に機材出したまま人がいなくなっていて良い訳ねぇだろうが!!」

P「もう楽屋入り始まってんだよ! 新人がステージ見に来るなんざ当然のことだろうが!なのになんでステージに必要のない物が乗ってんだって言ってんだよボケ!!」

スタッフ2「ちょっと落ち着いて下さいよ!」

P「落ち着いていられる訳ねぇだろうが! うちの春香が怪我するとこだったんだぞ!!」

スタッフ3「でも幸い怪我はしてませんし、ステージで踊れるようじゃないですか。そんなことよりあなたの方が治療しに行ったほうがいいんじゃないですか?」

P「結果の話なんてしてねぇんだよ! 今は俺のことのほうがどうだっていいんだよ!」

春香「良くないです!」


152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:10:36.75 ID:LD1UE5vb0

P「――ッチ、春香か、戻ってろつっただろうが」

春香「プロデューサーさんがどうだっていいわけないです!」

P「春香、今はそんな話別に・・・・・・」

春香「良くないです! プロデューサーさん早く治療しに行きましょう? 万が一何かあったら・・・・・・」

P「おいおい、大丈夫だっつってんだろボケ」

春香「いいから早く!」

P「わぁったよ」

スタッフ1「なんだよ怒鳴りつけやがって・・・・・・」ボソ

P「おい、おまえら」

スタッフたち「」ビクッ

P「また後日話はつけにいくからよ」

春香「もう、ほら行きますよ!」

P「押すなって、あぶねぇだろうが」


153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:15:27.12 ID:LD1UE5vb0

春香「・・・・・・私のために怒ってくれたんですよね・・・・・・」

P「あ? 勘違いするなよ、俺が怪我したから怒っただけだ」

春香(散々自分のことはどうでもいいって言ってたくせに・・・・・・)

P「すまんな春香」

春香「え?」

P「ステージで踊り難くなってねぇか?」

春香「・・・・・・ふふっ」

P「んだよ」

春香「大丈夫です! あとは私一人で大丈夫ですから、止血して病院へ行ってきてください!」

P「・・・・・・チッ」

P「頑張れよ」

春香「はい!」



155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:18:53.43 ID:LD1UE5vb0
――――

美希「もう嫌なの」

P「何がだよ」

美希「美希はもっとキラキラしたいの!」

P「だからフェアリーがうまくいけばキラキラ出来るっつってんだろ」

美希「じゃあ早くデビューするの」

P「まだダンスも仕上がってねぇのに出来る訳ねぇだろボケ」

美希「でももう美希は完璧なの!」

P「どこがだよ、響とも貴音ともタイミングあってねぇだろうが」

美希「美希なら一人でもキラキラ出来るの」

P「それじゃあ今ユニット組んでる意味ねぇだろうが」

美希「もともと美希はそんなに乗り気じゃなかったの」

P「でも了承して組んだんだろ? だから今一緒に練習してたんじゃねぇか、一人で出て行きやがって」

美希「むー」


156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:22:40.44 ID:wmebXvkv0
しえ
んふぅ

157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:22:45.80 ID:LD1UE5vb0

P「何が不満なんだ。レッスンか? 俺か? 響か? 貴音か?」

美希「全部」

P「あ?」

美希「美希はもうレッスンしたくないの、それに響も貴音もプロデューサーに懐き過ぎだと思うな」

P「何訳のわかんねぇことを・・・・・・」

美希「貴音のお弁当」

美希「プロデューサーが作ってるんでしょ?」

P「ん、まぁなー・・・・・・成り行きというか、なんというか・・・・・・」

美希「フェアリーの結成は響に最初に言ったの」

P「・・・・・・何でそんなこと知ってるんだよ」

美希「女の情報網舐めないで欲しいな」

P「別にそれくらいどうだって良いだろうが」

美希「簡単に言うと美希はこれ以上あなたのハーレムごっこに付き合うのはごめんなの」

P「は?」


158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:28:12.97 ID:LD1UE5vb0

美希「あなたは響ばかり見てるし、貴音ばかり気にかけてるの、美希のことちゃんと見てないって思うな」

美希「だから美希はあなたが765プロにいるならもうアイドルをやめるの」

P「・・・・・・・・・・・・」

美希「どう? せーせーする? あなたのこと嫌いな人が一人抜けるの。これでもう気楽になれるよね。あはっ☆」

P「お前、本当にそう俺が思っていると思ってんのか?」

美希「当然なの」

P「じゃあお前こそ俺のことよく見てねぇじゃねぇか」

美希「? 何言ってるの」

P「・・・・・・わかった。辞めるならもう勝手に辞めろ、社長にも話を通してやる」

美希「ほらやっぱり、そういうと思ったの!」

P「どういうことだよボケ」

美希「もう決まりなの、じゃーねそこの人さよならなのー」

P「・・・・・・・・・・・・」


161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:31:39.33 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

美希「んーお仕事もレッスンも無いのは最高なの! 今日は久しぶりに遊び歩くの!」

P「よう金色毛虫」

美希「」

P「なんて顔してんだボケ」

美希「なんなの?」

P「仕事だよ決まってんだろうが」

美希「ふーん頑張ってーなの、それじゃ」

P「おいおい待てよ、こっちは用があって声かけてんだよ金色毛虫」

美希「美希は毛虫じゃないの! それにアイドルでもなくなったのにプロデューサーが美希に何の用なの?」

P「アイドルじゃねぇからそれ相応に扱ってんだろうが、それとも丁寧な言葉遣いの方がいいですか?」

美希「今更丁寧なのは逆に気持ち悪いの・・・・・・」ゾワァ

P「だろうと思ったよ」


165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:36:24.55 ID:LD1UE5vb0

美希「で、何の用なの? 美希これから遊びに行くんだけど」

P「もう本当に来る気はねぇんだな」

美希「当然なの、どうせ社長に連れ戻せって言われたんだろうけどもう美希には関係ないの」

P「ちげぇよボケ、そんなことよりちょっと付き合えよ」

美希「なんで美希が」

P「こっちはお前の我が儘を散々聞いてやってきたんだから良いだろうが」

美希「過去のことねちねち言う男は嫌われるの」

P「もう嫌われてんだからいいんだよ、ほら行くぞ」

美希「嫌なの!」

P「なら駅前プリン屋の一日限定二十食ふんわり濃厚イチゴババロアは事務所に持ってくか・・・・・・」

美希「プロデューサー何処に行くの? 少しなら付き合うの!」

P「こんな手を使っておいてなんだがお前のことが心配になってきた・・・・・・」

美希「早く行くの!」


166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:40:57.85 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

美希「で、ここなの?」

P「あぁ、ここだ」

美希「でもここ女の子向けの服屋なの」

P「みりゃわかるだろ」

美希「・・・・・・あなたもしかして」

P「変な勘違いしてんじゃねぇよボケ、最初に仕事だって言っただろうが」

美希「仕事?」

P「あぁ、アイドルだった才能無限大の星井美希のセンスを調べて今後のアイドル育成の参考にしていこうと思ってよ、他のアイドルと来る訳にはいかねぇだろ」

美希「そういうことなら任せるの、イチゴババロアの為だし少しくらいなら手伝ってあげるの」

P「頼りにしてる」

美希「じゃあね、最初はこの辺りからにするの! 美希が好きなのはねー」

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 04:45:52.92 ID:LD1UE5vb0
――・・・・・・

P「じゃあこういう系がいいのか?」

美希「あー良いと思うな! すごく可愛いの!」

P「最初の方にお前が選んだ奴とどっちが良いんだ」

美希「んーと・・・・・・」(プロデューサーの選んだほうが良いと思われたら嫌なの)

美希「当然最初に美希が選んだ方に決まってるの」

P「そうか、勉強になった」

美希「・・・・・・なんか」

P「なんだよ?」

美希「プロデューサー素直なの」

P「何言ってんだボケ、俺はいつも正直だろうが」

美希「それはないの」

P「あ?」


171 やっと半分な件 :2012/06/06(水) 04:53:51.55 ID:LD1UE5vb0

美希「何でもないの、じゃあ授業料としてあっちの服買ってーなの」

P「調子に乗るんじゃねぇよ」

美希「むー、良いもんじゃあ美希買ってくるから!」タタタ

P「次はアクセサリー類だからな」

美希「べー」

P「・・・・・・ふん」

P「あ、店員さんちょっといいですか?」


173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:04:16.53 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

美希「疲れたのー・・・・・・」

P「ほら、飲み物だ」

美希「んー・・・・・・」

P「すまんな」

美希「全くなのーもうこれっきりにして欲しいの・・・・・・」

P「そう言うな、後もう一箇所だけだ」

美希「あふぅ・・・・・・次は何処なの?」

P「海だよ」

美希「もう夕方だし寒いよ?」

P「それに海開きにはまだちょっと早ぇな」


175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:09:53.20 ID:LD1UE5vb0

美希「じゃあ何で海に来たの?」

P「お前には眺めて楽しむって気持ちがねぇのかよ」

美希「プロデューサーの口からそんな言葉が出るとは思わないと思うな」

P「お前が俺のこと普段どんな目で見てるのか時間をかけて今度ゆっくり聞かせてもらいたいもんだな」

美希「プロデューサーとはごめんなの、あはっ✩」

P「そうかよ」

美希「そうなの」

P「おら、着いたぞ」

美希「疲れたーなの」

P「ほら降りろ」ガチャ

美希「わかってるの」ガチャ


176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:13:11.04 ID:LD1UE5vb0

P「・・・・・・・・・・・・」

美希「・・・・・・綺麗なの」

P「・・・・・・・・・・・・」

美希「何で海なの?」

P「キラキラしてるだろ?」

美希「うん」

P「お前がキラキラしたかったって言ってたからな、なんとなくキラキラしてるものを見に来たかったんだよ」

美希「何で美希まで」

P「・・・・・・悪かった」

美希「別に謝ってもらわなくてもいいの」

P「いや、俺のせいでアイドルを辞めることに決めたんだからな。ちゃんと謝らないといけないんだ。申し訳なかった・・・・・・」

美希(あぁ、そっちなの)


177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:17:22.63 ID:LD1UE5vb0
美希「別にもういいの、頭を上げて欲しいな」

美希「どの道美希はもうアイドルに戻らないの」

P「その話なんだが・・・・・・美希、俺がいるなら765プロを抜けるって言ったよな?」

美希「多分言ったと思うの」

P「まだお前は事務所では体調不良で休みってことにしてある」

美希「もしかして美希にアイドルに戻れって言う話なの?」

P「そのまさかだ。その交換条件と言っては何だが・・・・・・」

P「俺が765プロを辞めようと思う」

美希「本気なの?」

P「本気だ。ただすぐという訳にはいかない、引き継ぎもあるしフェアリーのこともある。だから一つだけ、俺の我が儘を聞いてくれ」

美希「・・・・・・・・・・・・」

P「期間限定のフェアリーだ。デビューから解散まで、俺と一緒にやってくれないか? 必ず成功させてみせる。俺に、付いてきてくれ!」


180 >>179 頑張る :2012/06/06(水) 05:23:35.50 ID:LD1UE5vb0

美希「でも二人は他のみんなはプロデューサーに残って欲しいと思ってるに決まってるの」

P「俺は今お前と話してるんだ。他の奴らは関係ない」

美希「・・・・・・わかったの」

美希「そこまで口説かれたら仕方ないの。美希、プロデューサーに付いていくの。ただちゃんと約束して欲しいの」

P「何でも言ってくれ」

美希「絶対美希のことキラキラさせてね!」

P「・・・・・・任せろ!」

美希「あはっ✩」

P「じゃあこれ、持ってけ」

美希「・・・・・・? 紙袋?」ガサガサ


183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:26:59.77 ID:LD1UE5vb0
美希「え、これ最初の店にあったやつなの!」

P「俺が選んだやつだな」

美希「なんで? 美希欲しいなんて言ってないと思うな」

P「でも欲しそうにしてたじゃねぇかボケ」

美希「プロデューサー美希のことわかってるの!」

P「わかってねぇよボケ、勘違いするな、ただの先行投資だ」

美希「ツンデレなの」

P「あ? 誰がツンデレだ、コラ」

美希「プロデューサーに決まってるの」

P「・・・・・・言っとくがレッスンはこれからデビューまでドギツくしてやるからな」

美希「えぇ、そんなのってないの!」

P「おら、帰るぞ」

美希「はーい」


184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:30:47.09 ID:LD1UE5vb0

―――

伊織「お疲れ様でしたー」

P「よう、終わったか」

伊織「あら、あんたこんなところで待ってたの? 楽屋にでもいればいいじゃない」

P「おいおい、お前の仕事ぶり見なかったら付いてきた意味ねぇだろうがボケ」

伊織「あんた本当っっに口悪いわね」

P「ほっとけ、ほらどっちにする」

伊織「何? ・・・・・・あら? 新商品のオレンジジュースじゃない! ちょっと気になってたのよね」

P「いつものもあるがどっちが良い、いらない方を俺がもらう」

伊織「あんたにしては気がきくじゃない」


186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:35:32.90 ID:LD1UE5vb0

P「勘違いするな、あくまでも俺が喉乾いたついでだ」

伊織「口が悪いだけじゃなくて本当に素直じゃないのねあんたって」

P「あ?」

伊織「まぁいいわ、新商品の方頂戴」

P「あぁ、ほらよ」

伊織「・・・・・・ふぅん、まぁまぁね。でもこれならいつものが良いわ」

P「なんだ、変えるか?」

伊織「さすがにそこまでしなくてもいいわよ。ていうかあんたもしかしてこのスーパーアイドルいおりちゃんの飲みかけジュースが飲みたいだけなんじゃないの? にひひっ」

P「何わけのわかんねぇこと言ってやがんだボケ」

伊織「ほら、素直になりなさいよ。そしたら取り替えてあげてもいいのよ」

P「」ゴッキュゴッキュゴッキュ

伊織「ちょ、あんた一気飲みしてんじゃないわよ! 変えてあげるって言ってるでしょ!」

P「寝言は寝て言うから寝言なんだよボケ、おら事務所もどるぞ」

伊織「待ちなさいって! もう!」


188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:41:37.52 ID:LD1UE5vb0
――・・・・・・

伊織「で、今日の私の仕事ぶりについて何か言うことはないわけ?」

P「あ? 褒めて欲しいのか」

伊織「べ、別にそういうんじゃないわよ! あんたに付いてもらうのが珍しいからたまには違う意見が聴けるかなと思っただけよ」

P「あー・・・・・・なんだ・・・・・・その、さすが伊織だったって感じだな」

伊織「は?」

P「人を惹きつけるような仕草も声も気合が入ってて、立ち振る舞いといい、その後のダンス収録も上手くやれてたな」

伊織「・・・・・・・・・・・・」

P「・・・・・・これで良いか」


189 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:45:15.29 ID:LD1UE5vb0

伊織「な、なに言ってんのよ! 私は改善点を言えって言ってるの! 褒めてどうするのよ!」

P「そうかよ、うるせぇな。じゃあもう二度と褒めねぇよ」

伊織「褒めるなとは言ってないでしょ!」

P「どっちなんだよボケ」

伊織「ボケってゆーな! このツンデレプロデューサー!」

P「誰がツンデレだ、コラ! ツンデレはお前のことだろうが!」

伊織「誰がツンデレよ!」

P「お前がだよ!」

伊織「全く・・・・・・あんたが今担当しているフェアリーだっけ? あんなもん私の竜宮小町が叩きのめしてあげるんだから覚悟してなさいよね!」

P「おぉ、頼むわ。あいつらも最近ここに来て妙に動きが良くなってるからよ、油断してると飲まれるからな」


190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 05:51:16.35 ID:jR3McLyI0
ぽぽぽ

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:00:19.76 ID:LD1UE5vb0

伊織「へぇーそれは楽しみね。確かもうすぐデビューよね? そのときに竜宮小町が相手をしてあげても良いのよ?」

P「そいつは願ってもない申し出だな。本気にしても良いんだな?」

伊織「もちろん、律子にはアタシも口添えしてあげるわ」

伊織「ただ、あんまり不甲斐ない結果に終わらせないでよね」

P「期待を上回ってやるよ。負けても泣くんじゃねぇぞ」

伊織「なっ、泣かないわよ! ふんっ! アンタねぇ、このいおりちゃんと竜宮小町をなめんじゃないわよ!」

P「楽しみだな」

伊織「ふんっ」


194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:04:45.02 ID:LD1UE5vb0

――――――

律子「お疲れ様です・・・・・・」

P「あぁ」

律子「プロデューサーさん」

P「なんだ」

律子「いえ、何でもありません」

P「んだよ、言いたいことがあんだろうが。お前らしくもねぇ」

律子「いいんです。やっぱり放っておいて下さい」

P「竜宮小町とフェアリーのライブのときのことだろうが」

律子「・・・・・・・・・・・・」

P「飲みに行くか」

律子「・・・・・・未成年です」

P「良いから付き合え、酒飲めとは言ってねぇよ」


195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:09:01.33 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

P「んで、俺からの話だけどよ」

律子「・・・・・・・・・・・・」

P「いくらこの業界の先輩とはいえ、こちとら毎日年下のそんなシケた面見たくねぇんだよ」

律子「デビュー戦のユニットに、まさか僅差とはいえ・・・・・・負けるなんて・・・・・・」

P「まぁショックだろうな」

律子「当たり前です!」

P「つっても元々貴音も響もそこそこの活動はしてたし、美希ほどじゃないにしても知名度はあっただろうが」

律子「でもこっちは元々ユニット組んでいて知名度だって」

P「まぁありえねぇと思うだろうな」


197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:13:59.92 ID:LD1UE5vb0

律子「何か・・・・・・したんですか?」

P「あ?」

律子「だってそうじゃないと、こんな結果!」

P「馬鹿かお前は、何にもしてないわけねぇだろうが」

P「何にもしてなくて良い訳ねぇだろうが!」

律子「――ッ!!」

P「こっちがどんだけフェアリーの宣伝したと思ってんだよ、そこそこの知名度があった美希の名前を使って、竜宮小町の名前を使って散々宣伝してハードルを上げに上げた」

律子「」

P「あいつらはそのハードルを超えた。それだけのことなんだよ」


198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:15:04.84 ID:wmebXvkv0
支援だ・・・・・・チッ
別に眠気我慢してまで気になってるわけじゃねぇぞ!コラあふぅ

199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:18:28.83 ID:LD1UE5vb0

律子「でもそんなギャンブルみたいなこと・・・・・・失敗したら一気に人気が低迷するところですよ!?」

P「あぁ、でもな俺には確信があった」

律子「え?」

P「社長の言うティンときたと言う訳じゃねぇが近いモノだろうな。本気を出したあいつらに失敗の文字、ビジョンは浮かばなかった」

P「まぁ、結果としてフェアリーは成功したんだろう。が、俺はプロデューサーとしては微妙だな・・・・・・」

律子「・・・・・・でも、成功させたんですよね」

P「お前だって竜宮小町をあそこまで育て上げただろうが、だからこそ今回俺の作戦も生きたんだよ」

律子「そうかもしれないですけど・・・・・・」

P「伸び悩んでるって顔だな」

律子「・・・・・・」コクン


201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:24:40.44 ID:LD1UE5vb0

P「原因はわからねぇか」

律子「はい、みんな良くやっているんですが・・・・・・どうも最近成長が感じられなくて、私の力不足だとしか考えられなくて、そんなところにあんな・・・・・・」ギュッ

P「そうだな、皆で良くやってる」

P「だから、ダメなんだと思わねぇか?」

律子「どういうことですか?」

P「正直伊織はうまいこと成長していっていると思うがそこはどう思う?」

律子「え、伊織が・・・・・・?」

P「あぁ、猫かぶりながらもうまく立ち回れているし、竜宮小町のリーダーとして風格もある。だからソロでもよく呼ばれているんじゃねぇのか?」

律子「でもそれは」

P「ユニットに慣れすぎたんだよ。あの二人は」


203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:29:32.73 ID:L25n+8n1O
はよ

ボケ

204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:29:41.20 ID:LD1UE5vb0

P「ユニットに慣れすぎるとファンの間では別に見えても、他は竜宮小町の子供の方だとか大人の方だとかそういう風にしか見なくなる。今回のような新しいファン層を組み込もうとしているライブ何かではそれは致命的だと思わねぇか?」

律子「でもそれだと響や貴音さんも同じでは? フェアリーは美希の知名度で組んだユニットなのではなかったんですか?」

P「当然最初の導入はそこにある。しかし、律子。お前ちゃんとライブ見てたか?」

律子「見てましたよ。当たり前です!」

P「じゃあ観客がフェアリーの前に集まり出したのはどのタイミングだった?」

律子「・・・・・・えっと・・・・・・響のソロダンスパート」

P「そう、そのあとに続いて貴音の歌声」

律子「・・・・・・まさか」

P「気づいたか? 響と貴音が美希を引き立てるんじゃない。美希が二人を引き立てるんだ」


206 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:34:20.21 ID:LD1UE5vb0

P「だからと言って美希が二人に劣っている訳じゃねぇことは実力で証明されてる。あいつの強烈なまでのカリスマ性は二人を引っ張って、引き立てても余りある」

P「我が強いからなあいつは。それに負けないように響と貴音を鍛えないといけねぇと思ってたんだが、それで少し問題も起こっちまったけどよ。結果として予想以上に上手くまとまった」

律子「すごいんですね。プロデューサーは・・・・・・そこまで考えてるなんて・・・・・・」

P「・・・・・・別に俺はすごくはねぇよ、すごいのはあの三人だ」

律子「プロデューサー・・・・・・」

P「・・・・・・・・・・・・」

律子「私は・・・・・・」ポロポロ

P「・・・・・・何で泣いてんだよ」

律子「私はあの子達の為に何をやってあげられるでしょうか」ポロポロ

P「知るかよ。お前がやれることなんて」


207 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:38:37.91 ID:LD1UE5vb0

律子「お願いします。事務所の先輩としてプライドがどうとか今はもうそんなことどうでもいいんです! 何かありませんか!?」

P「・・・・・・頭下げんじゃねぇよボケ」

P「ふぁあ・・・・・・なんか眠ぃ・・・・・・俺、寝言の癖があるからな人前で寝たくねぇんだよな・・・・・・」

律子「は?」

P「あーダメだ・・・・・・限界・・・・・・」

律子「ちょ、ちょっと・・・・・・プロデューサーさん!」

P「もう少し・・・・・・」

律子「プロデューサー?」

P「もう少し・・・・・・二人にソロ活動を与えて、あずさは伊織と亜美のフォローをしようとする癖を突破らう、伊織にはもうフォローなんかいらねぇ・・・・・・あいつは自分で進歩していけるくらい強くなって・・・・・・る」

律子(寝言?)


210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:42:59.47 ID:LD1UE5vb0

P「亜美はもっと自分らしさに磨きをかける。せっかくの最年少なんだ・・・・・・無理して大人びたことさせず・・・・・・もっと子供らしい持ち味を生かせてやる・・・・・・」

P「んぁ、寝てたわ・・・・・・流石に飲みすぎたみてぇだ」

律子「信じられないくらい、ド下手ですね。せめて独り言でしょう」

P「・・・・・・あ? 何か言ったか?」

律子「何でもないですよ」クス

P「お前が傷ついてんならアイドルも相当だろうが、ちゃんと声かけてやれよ」

律子「そうですね。私がこんなんじゃダメですよね」

P「・・・・・・・・・・・・」

律子「ありがとうございました」

P「・・・・・・別にほとんど飲み食いしたのは俺だからな」


211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:47:46.73 ID:3X42ChU90
あー俺も飲み食いしてーわ
ただ腹が減ってるだけだからな

213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:52:06.70 ID:L25n+8n1O
>>211
そんなこと言って支援するなんてツンデレですね

214 さるさんwww :2012/06/06(水) 06:52:10.75 ID:LD1UE5vb0

律子「え、何か勘違いしてませんか?」

P「帰ろう帰ろう、飲みすぎた」

律子「それでしたら――」

P「おやじ、ご馳走様!」ダダダ

律子「あ、待って下さい! これくらい私が・・・・・・っ」

律子「もう・・・・・・あ、お釣り・・・・・・」

律子(明日会えたら渡そうっと)

律子「~♪」


217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 06:57:07.96 ID:LD1UE5vb0

―――――

小鳥「ずいぶん皆と仲良くなりましたね」

P「なんだよ小鳥さん、急に」

小鳥「いえ、あまり二人きりで話す機会がなかったからつい」

P「・・・・・・おかしぃんだよなぁ・・・・・・」

小鳥「何がですか?」

P「どう考えてもアイドル達とは距離が離れてる予定なんだが・・・・・・予想外に距離が近ぇ気がすんだよ」

小鳥「・・・・・・無自覚ですか?」

P「何言ってんだ」

P「あ、小鳥さんお茶かコーヒー飲むか? この間営業先で美味しい茶菓子があるって聞いたもんだから買ってきたんだけどよ」

小鳥「ありがとうございます。じゃあお茶を貰えますか?」(気配り・・・・・・)

P「ほらよ、勘違いするなよ。俺のついでだからな」

小鳥「ツンデレですねぇ・・・・・・」ボソ

P「誰がツンデレだ、コラ」


218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:00:16.90 ID:D0I7RdMx0
チッなんだぁこのクソスレ
こんなんじゃ支援する気にならねーぞぉ?
ハッべっ、別に支援する気なんて無いからな!!

219 ツンデレ増えすぎだろwww :2012/06/06(水) 07:02:31.09 ID:LD1UE5vb0

Prrr prrrr

小鳥「はい765プロダクションです。はい、はい少々お待ちください」

小鳥「プロデューサーさん○×局から電話です。来月アイドルたちの特番を組みたいそうなんですが・・・・・・」

P「こっちに電話回してくれ」

P「はい、お電話かわりました。プロデューサーです。はい、はい・・・・・・いえ、こちらこそお世話になっております――」

小鳥(この仕事モード・・・・・・)

P「よし、次は・・・・・・千早かな」

小鳥「そういえば今日は何を作ってるんですか?」

P「ん、あぁ・・・・・・えーっと」

P「引き継ぎの資料だな」

小鳥「え?」


222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:07:01.01 ID:LD1UE5vb0

P「まぁ引き継ぎ、つっても今すぐに辞めるってわけじゃねぇよ。ただもしもの時、何もなかったら困るだろ」

小鳥「そ、そうですよね。せっかく皆と仲良くなったんですから」

P「そんなんじゃねぇよ」

小鳥「ありゃ、照れてます?」

P「誰がだよ」

小鳥「全く素直じゃないですね、まぁそこも魅力なんですかね」

P「勝手に言ってろ」

小鳥「はいはい、で、ツンデレさんのこの後のご予定は?」

P「誰がツンデレだ、コラ! この書類終わったら雪歩のレッスンの様子を見に行って、真の迎え、んで事務所戻ってきて、真美連れてファッション誌の撮影・・・・・・」

小鳥「今日も忙しいみたいですね」

P「そうでもねぇよ、走り回るだけで時間自体はあんまりかからねぇし、出来次第では夕方には終わるんじゃねぇか」


223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:12:43.54 ID:LD1UE5vb0

小鳥「そうですか?」

P「あぁ」

小鳥「あの、でしたらプロデューサーさん」

P「何だ?」

小鳥「…………」

P「…………」

P「……あー……終わったら飲みに行くか?」

小鳥「はい、御一緒します」ニコー

P(また何か愚痴か……)


229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:15:40.97 ID:LD1UE5vb0
──……

小鳥「また友人が結婚しました」

P「そーですね」

小鳥「また婚期が過ぎていきます……」

P「そーですね」

小鳥「20後半で王子様の影も形もないんですよ? 有り得なくないですか!?」

P「そーですね」

小鳥「別に運命の人だとかあずささんみたいなこと言うつもりはないんですけど……私にはいないのかなぁ」

P「そーですね」

小鳥「んなこたぁない!」

P「そうかよ」(なんなんだよ)

小鳥「あ、ところでプロデューサーさんはどうなんですか?」

P「何が?」

小鳥「恋愛だとか結婚だとか」

P「俺は興味ねぇよ」


230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:19:28.92 ID:LD1UE5vb0

小鳥「またまたー顔は怖いですけどイケメンの部類に入りますから、意外と世話焼きなプロデューサーさんなら結構モテるんじゃないですか?」

P「んなこと言ったら小鳥さんだって綺麗な顔してるし面倒見も人当たりも良いじゃねぇか」

小鳥「えっ」

P「あ?」

小鳥「・・・・・・あの! グラス空いてますよっ! 飲みましょう飲みましょう!///」

P「おいおい飲み過ぎじゃねぇか?」

小鳥「大丈夫です!///」

P「本当かよ……潰れても送らねぇからな」

小鳥「大丈夫れふって!」

P「はいはい」


232 残り1/4 :2012/06/06(水) 07:22:03.33 ID:LD1UE5vb0

──……

P「で、結局かよ……」

小鳥「」キュー

P「しゃーねぇ」

P「小鳥さん、家は何処だよ」

小鳥「」ピヨー

P「……はぁ……」


235 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:26:07.78 ID:LD1UE5vb0
――――

高木「本気かね?」

P「あぁ……」

高木「いや、別に君を責めるつもりはないのだがね」

P「元々の契約も俺に代わる人間が入るまでって話だったしな・・・・・・」

高木「早まっただけという風に考える・・・・・・か」

P「本当に悪いと思ってる・・・・・・」

高木「ふむ」

P「最悪フェアリーの解散までには代わりの奴を、頼みたい」

高木「わかった考慮しておく」

P「無茶苦茶言ってすまん・・・・・・」

高木「もし撤回するのであればいつでも言ってくれ」

P「有り得ねぇよ」

高木「まぁ、一応心に留めておいてくれ待っているよ」

P「・・・・・・あぁ」


236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:30:52.94 ID:LD1UE5vb0

――――

トレーナー「じゃあ今日はここまでね」

美希「疲れたのー」バターン

響「だらしないぞー美希」フキフキ

貴音「よいではありませんか、今日はいつにも増してハードでしたから・・・・・・」

P「おう、お疲れ」ガチャ

響「あ、プロデューサー!」

貴音「あなた様、お疲れさまです」

美希「お疲れなの・・・・・・」

P「おいおい、こんなとこで寝てんじゃねぇよ」

美希「寝てないの、眠気なんて疲れで・・・・・・あふぅ」

P「その割には眠そうじゃねぇか。ほら、汗吹いて水飲め」


237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:31:38.73 ID:L25n+8n1O
あふぅ

239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:33:41.73 ID:LD1UE5vb0

美希「疲れて動けないの、プロデューサーがやって・・・・・・」

P「何言ってんだボケ」ゴシゴシ

美希「ふみゅぅ・・・・・・顔ばっかりやなの~」

P「ほら水」

美希「んー・・・・・・」ゴクゴク

響&貴音「ぷ、プロデューサー!!「あなた様!!」」

P「な、なんだ?」

響「動けない女の子を好き放題するなんて変態だぞー!」

P「あ?」

貴音「わたくしにも水を・・・・・・っ!」

P「何だ、なくなったのか? じゃあ買ってきてやるよ」

貴音「そ、そうではなく飲ま・・・・・・」

響「ちょ、貴音ずるいぞ!」

P「・・・・・・は?」


241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:35:38.40 ID:jR3McLyI0
これはトラブる

242 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:38:23.16 ID:LD1UE5vb0

美希「プロデューサー、座りたいから壁のところまで連れてってーなの」

P「・・・・・・自分で動けよ」ズルズル

美希「引きずっちゃ嫌ー!」ズルズル

響&貴音「「ぐぬぬ」」

P「じゃあちょっとトレーナーと話してくるから、各自解散な」

美希「動けないから送って欲しいの」

P「めんどくせぇな・・・・・・待ってろボケ」

美希「はぁーいなの」

P「ちゃんと着替えとけよ」

美希「プロデューサーが手伝ってくれてもいいよ」

P「何ワケわかんねぇこと言ってんだボケ」


243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:39:45.16 ID:sX4C56vz0
Pがあまとうさんにしか見えない

244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:43:07.11 ID:E5oylzi+i
チッ まだこのスレ残ってんのか
あ、これは支援とかじゃなくて俺用の栞だからな
あーやだやだ

245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:43:15.71 ID:LD1UE5vb0

P「お前らは?」

響「の、乗ってくぞ!」

貴音「ではお願い致します」

P「じゃあ体ほぐして待ってろよ」ガチャ

「・・・・・・・・・・・・」パタン

貴音「さて、美希? 少し聞きたいことが」

美希「何? 美希疲れてるんだけど・・・・・・」

響「皆疲れてるぞ!」

貴音「はい、響の言うとおりです。最近ぷろでゅーさー殿との距離が近くありませんか?」

美希「んー・・・・・・そんなことないと思うな」

響「いや、間違いなく変わったぞ! 前まで美希はプロデューサーのこと嫌ってたじゃないか」

美希「それは結構前の話なの、それを言ったら響もなの」

響「べ、別に自分は嫌ってなんかなかったぞー!」


248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:47:14.41 ID:LD1UE5vb0

貴音「響、落ち着きましょう。確かにフェアリーのデビューまでに美希とぷろでゅーさー殿との関係は改善されていたみたいですが、それから三ヶ月、最近はそれ以上のものを感じると言っているのです」

美希「?」

貴音「単刀直入に訊きましょう」

貴音「あなたはぷろでゅーさー殿のことをお慕いしているのですか?」

美希「別に美希はプロデューサーのこと押したいとは思ってないよ?」

響「???」

貴音「いえ、わたくしはぷろでゅーさー殿のことを好きなのかと訊いているのです」

響「た、貴音!?」

美希「・・・・・・・・・・・・」

貴音「どうしたのですか、美希?」


249 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:48:15.32 ID:EplrMmRl0
どうなんですか!

聞きたくないけど聞いてやるよ!

251 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:49:34.22 ID:PX+vC26t0
微笑ましいスレ

252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:52:02.70 ID:LD1UE5vb0

美希「き、嫌いでは・・・・・・ないの」

貴音「・・・・・・どうやら素直じゃない彼の性格が移ってしまったようですね」

貴音「ちなみに響はどうですか?」

響「うぇえ!? じ、自分もか!?」

貴音「はい」

響「・・・・・・じ、自分も嫌いじゃないぞ」

美希「そういう貴音はどうなの?」

貴音「では、わたくしも。嫌いではありません」

響「ま、まぁ、全員のプロデューサーだからな! 嫌いになんてならないぞ!」

貴音「でも知っていますか、響?」

貴音「『嫌いではない』というのは素直になれない彼の中では」



「最上級なんですよ」



254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 07:56:53.08 ID:LD1UE5vb0

――――

P(・・・・・・もうすぐ期間限定で始まったフェアリーも解散か)

P(長かったような短かったような・・・・・・)

P(いや、短かったな。クソ短かった)

P(結成したのが先月くらいな気がする)

P(・・・・・・・・・・・・)

P(そろそろ覚悟を決めろ俺、弱々しくいつまでもくっついてたらダメなんだよ)

P(わかってたことだろ? 未練を作らないって、ずっと考えてただろ?)

P(・・・・・・俺が楽しかった。それだけでいい)

P「約束、だからな」


256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:00:21.75 ID:LD1UE5vb0

――――

響「うー・・・・・・いよいよだぞ・・・・・・」

美希「あれ、響緊張してるの?」

響「うっ、そ、そんなことないぞ! 自分完璧だからな!」

P「まぁそんなに気負うんじゃねぇよ、お前なら大丈夫だ」

響「そ、そうかな」

貴音「そうですよ響、いつもどおりやれば大丈夫です」

響「た、貴音ぇ」

P「正直デビューから解散までステージ前は緊張しっぱなしのくせにミスしないからなお前は、むしろ緊張感を持ってしっかりやれているってことだろう」

響「そうだよな、自分完璧だよな」

P「当たり前だろうが」


259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:05:12.49 ID:LD1UE5vb0

P「お前らは、完璧で、最高だ。誇っていい!」

P「しっかりぶちかましてこいっ!!」

フェアリー「オー!!」

美希「・・・・・・ねぇ」

P「何だ?」

美希「や、やっぱり、なんでもないの!」

美希(このステージが終わったら・・・・・・プロデューサーのこと・・・・・・ハニーって・・・・・・)


260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:05:16.01 ID:VxQtccQAi
      ___ /ヽ/ ̄`>‐-、_,
       `ヽ、  ヽ::::i;;/-‐' ̄ ヘ
         />-┴┴- _ /:::::::::::ヽ
         ./l: l: :|:__ |: : |:\::::::::::::::ヽ
        /;;::レ'/ヒハレ/ヒハl::;ヽ:::::::::::::::::ヘ
        |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;| :::::::::::::::::::::',
        |;;::        ::;;|::::::::::::::::::::::::::i
        |;;::   c{ っ  ::;;|::::::::::::::::::::::::::::i
        |;;:::  __  :::;;;|:::::::::::::::::::::::::::::|
        ヽ;;:::  ー  :::/::::::::::::::::::::::::::::::|
      /:::::::::\;;::  ::;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト::l
    , ィ´::::::::::::::::::: |;;::  ::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヾヽ
_, - ', -/:::::::::/::::::: |;;::  ::;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⊥
    / ̄|| ̄ ̄      ̄ ̄||\ハ::::::::::::::::::::::|l::}.
    |;:  ||..G A N A H || ;;|イ::::::::ノ |::::::,ハ:}.
    |;;  ||..          || :;|L::r<、 |:::::ノ j

261 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:06:57.86 ID:jR3McLyI0
>>260
GANAHwwwwwwww

262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:10:16.64 ID:LD1UE5vb0

――――

ワァァァアアアアアア――

美希「ハニー!!」ギュッ

P「――ッ!?」

美希「ハニー見てた!?」

P「え、お、おう」

美希「美希キラキラしてたの! すっごくキラキラしてたの!! ハニー見てくれた!?」

P「当たり前だろうが」

P「ていうか何だそのハニーって」


263 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:12:13.53 ID:LD1UE5vb0
美希「ハニーはハニーなの!」ギュゥゥゥウッ

P「暑苦しいって止めやがれ!」

美希「そんなのってないの!」

響「な、なにやってるさー! 美希離れろー!」

美希「嫌なのー!」

貴音「響、全員で抱き合いましょう」

P「ば、止めろっボケ! 早くアンコール答えてこい!」

貴音「あなた様はいけずです」ギュッ

響「じ、自分も!」ギュッ

P「・・・・・・はぁ、もう好きにしやがれ」



 この日、フェアリーはファンの嗚咽と大喝采の中、解散を果たした。


266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:15:36.31 ID:LD1UE5vb0
――――

春香「そしたらプロデューサーさんが『大丈夫か、怪我はねぇのかよ』って!」

千早「春香、それは転び過ぎよ・・・・・・今に始まったことじゃないけれど」

春香「この間なんか『俺の春香が怪我したらどうするんだ』なんて!」

千早「なんで怪我ワードが多いのかしら」

伊織「それだけ転んでるんでしょ」

真「多分だけどプロデューサーは『俺の』なんて言ってないと思うよ」

真「あ、プロデューサーと言えばこの前オフに出かけたとき・・・・・・」

真「変装にスカート履いてたんだけどそれをプロデューサーに見られて・・・・・・その・・・・・・」

真「か、可愛い・・・・・・って・・・・・・///」

亜美(まこちんマジちょろちん)

真美「スカートを履くのが変装になるまこちんって・・・・・・」

伊織「やめなさい」


268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:19:00.67 ID:LD1UE5vb0

伊織「でもま、あいつも随分私の下僕として立派になってきたわね」

美希「そういう扱いばっかりしてるといくら面倒見が良いハニーでもそのうち嫌われるの」

伊織「な、何言ってるの!? 全部あいつから行動してるのよ!?」

美希「あー・・・・・・それならもう手遅れかもしれないの」

亜美「カミカゼ立たないようにしてるしているのかもね→」

貴音「波風です。亜美」

美希「ある意味合ってるかもしれないの」

あずさ「『特攻しなさい』なんて言われないように普段から気をつけてるってことかしら~」

伊織「」

律子「伊織、真に受けちゃダメよ。プロデューサーはそんなことで嫌いにならないわよ」

伊織「・・・・・・そうかしら」

律子「そうよ」


271 長くてごめんね :2012/06/06(水) 08:22:48.72 ID:LD1UE5vb0

亜美「なんでそう言い切れるのかな→」

律子「この間一緒にご飯に行ったとき伊織のこと、褒めてたわよ」

伊織「そ、そうかしら? ま、当然よね! なんたってスーパーアイドルいおりちゃんですものねっ!」

春香「後半に行くに連れてテンション上がりすぎですね」

あずさ「ところで律子さんはいつのまにプロデューサーさんとお食事に?」

律子「い、色々あるんです!」

小鳥「そうです。色々あるんです」

春香「急に口をはさんできましたね」

小鳥「プロデューサーさんの部屋、綺麗だったなぁ・・・・・・」

全員「はっ!?」

千早「どういうことですか?」


273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:26:29.31 ID:LD1UE5vb0

小鳥「ピヘヘ、秘密です。大人の秘密ってやつです✩」

響「うがー! 変態だぞプロデューサー! 小鳥なんかにっ!」

小鳥「どうとでも言いなさい」

伊織「大人ってやっぱり変態ばっかりなのね」

雪歩「うぅ、プロデューサー不潔です・・・・・・」

小鳥「ちょ、ちょっと言い過ぎじゃない?」

千早「きっと特に何もしてないわよ、プロデューサーってそういうところ硬そうじゃない」

伊織「まぁそうね、大方小鳥の妄想でしょ。どうせ酔いつぶれたから家で介抱しただけって落ちが容易に想像できるわ」

響「な、なんだそうか。よかったぞー! プロデューサーは変態じゃなかったんだな!」

小鳥「で、でも家に行ったのは本当だもんね!」


275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:31:36.72 ID:LD1UE5vb0

春香「ぐぬぬ」

美希「ハニーがどんなに汚れようと最後に美希の元に戻ってくるなら美希はそれで良いの」

伊織「どこの世紀末覇者よ」

やよい「うっうー! 私はこの間プロデューサーさんと家でもやし祭りしました!」

千早(あぁ・・・・・・)

伊織(ゃょぃ・・・・・・ぃぃゎ・・・・・・)

貴音「」ナデナデ

やよい「うっうー! なんだか撫でられちゃいました!」

あずさ「そういえばプロデューサーさん。最近角がとれてきたわよね~」

雪歩「はい、私・・・・・・まだ男の人は苦手だけどプロデューサーとなら手をつなげるまでになりました」

真「え?」


277 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:34:54.28 ID:LD1UE5vb0

伊織「身体の接触はレッドカードでしょ!?」

美希「でこちん、誰もそんなルール決めた覚えないの」

雪歩「ここまで大丈夫なのは多分、プロデューサーが優しくなったからだと思うんですぅ」

春香「プロデューサーさんは前から優しいですよ! 私なんかプロデューサーさんに抱きしめられたことが――」

伊織「それはあんたがわざとらしく転ぶからでしょ!」

春香「わざとじゃないもん!」ガチャ

高木「・・・・・・皆集まってるね?」


278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:38:31.23 ID:LD1UE5vb0

律子「あ、社長、どうしたんですか? 全員に招集をかけるなんて」

高木「うむ、実は・・・・・・プロデューサーから話があってね」

春香「プロデューサーさんから?」

高木「君、よろしく頼むよ」

P「はい」

P「お忙しい中、申し訳ございません。今日みな様にお集まり頂いたのは私、プロデューサーからご報告があってのことです。」

P「私、プロデューサーことPは本日を持ちまして765プロダクションを退職致します。」

「え?」

「どういうこと?」

P「しかし私の後見人はまだ見つかっておらず、一時的に高木社長がプロデューサー業を兼任するため、高木社長、並びに皆様には大変ご迷惑をお掛けすることになり大変申し訳なく思って――」


281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:42:10.58 ID:LD1UE5vb0

伊織「ちょっと待ちなさいよ」

伊織「なんでそんな気持ち悪い話し方してるわけ?」

P「謝罪の気持ちと今まで至らない私に対して良くしてくれた皆様への感謝の気持ちを精一杯述べるつもりです」

伊織「やめて!」

P「ですが」

伊織「やめてやめてやめてやめてやめてやめてやめてやめて!」

伊織「そんな言葉、聞きたくない! あんたの口から、何で辞めるかをちゃんと聞かせなさい!」

伊織「あんたからの感謝なんて誰も望んでいないわ!」

P「・・・・・・そうですか」

「・・・・・・・・・・・・」


283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:47:14.26 ID:LD1UE5vb0

P「俺は、疲れた」

P「随分と前に限界だった」

P「だから、フェアリーの解散を最後に、退職することにした」

P「そもそも俺がアイドルをプロデュースするということ事態無理だったんだ」

P「でもまぁ、随分と時間だけは潰せたよ」

P「ゲームみたいで、面白かったぜ」ガッ

P「ってぇ・・・・・・」

真「なんで・・・・・・」

雪歩「ま、真ちゃん!」

真「何でそんなこと言うんですか!」

真「信じてたのに・・・・・・!」

真「悪態ついて、面倒くさそうにしてても本当は優しくて、誠実で頼りになって、一生懸命な人だって、ずっと・・・・・・」ポロポロ

P「お前らの勘違いだろうが」


287 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:51:25.02 ID:LD1UE5vb0

P「ずっと言ってただろ、勘違いすんなって。俺はこういう人間だ」

P「お前らの理想像を俺に押し付けんじゃねぇよ」

真「このっ!」

律子「真、待ちなさい!」

真「で、でも・・・・・・プロデューサーが・・・・・・」

律子「・・・・・・ゲームでもなんでも、あなたたちをここまで育て上げた人間よ」

真「・・・・・・クソッ!」ダッ

雪歩「真ちゃん、待って!」

雪歩「・・・・・・見損ないました・・・・・・」ダッ

P「あぁ」

春香「・・・・・・嘘ですよね、プロデューサーさん」

P「・・・・・・・・・・・・」


293 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 08:56:11.13 ID:LD1UE5vb0

高木「これで良かったのかね?」

P「・・・・・・あぁ、言いたいこと全部言えたからな」

高木(ふむ、私にはそうは見えんがな)

真美「兄ちゃん・・・・・・真美たちのこと嫌いだったの?」

P「・・・・・・あー・・・・・・別に、嫌いじゃなかったよ。それだけだ」

貴音「!!」

P「じゃあな、お前ら」ガチャ

やよい「・・・・・・プロデューサーさん行っちゃいました」

伊織「なんなのよあいつ・・・・・・!」

亜美「兄ちゃん・・・・・・」

響「こんなのおかしいぞ・・・・・・プロデューサー」

貴音「面妖な・・・・・・」


294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:00:04.42 ID:LD1UE5vb0

千早「・・・・・・美希、どうしたの? 顔が青いわよ?」

美希「・・・・・・・・・・・・」ガタガタ

春香「完全に惚れてましたもんね仕方ないですよ・・・・・・私もですけど・・・・・・」

あずさ「あらあら・・・・・・」

小鳥「大丈夫? 横になった方が・・・・・・」

美希「美希のせいなの・・・・・・」ガタガタ

春香「え?」

美希「だってこんな゛・・・・・・っ!! ハニ゛ィ゛ィ゛イ゛!!」

小鳥「別に美希ちゃんのせいなんかじゃないわよ」

美希「違うの、美希のせいなの! ハニーは何も悪くないの!」

伊織「ちょっと、どういうことなのか説明しなさい!」

高木「よければ、私にも聞かせてもらえるかね?」


297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:03:41.12 ID:LD1UE5vb0

――・・・・・・

高木「なるほど、彼らしいと言えば彼らしいのかな」

伊織「なんでそんなことになってたのにあんた気がつかないのよ!」

美希「・・・・・・もう無かったことになってると美希が勝手に思ってたの・・・・・・」

伊織「あいつはそんな適当な男じゃなかったでしょ!?」

律子「伊織、もう止めなさい!」

伊織「いいえ、止めないわ! あいつが戻らない限りはね!」

伊織「プロデューサーの携帯に連絡して頂戴!」

高木「今かけているのだが電源が入ってないみたいだ」

貴音「・・・・・・探しに行きましょう」

千早「そうね。もっと私の歌、そばで聞いてもらわないと」

春香「私、真と雪歩に連絡しますね!」


298 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:06:55.15 ID:LD1UE5vb0

やよい「うっうー! みんなで手分けして探しましょう!」

小鳥「私プロデューサーさんの家に行ってみます」

響「自分も行っていぬ美に探させるために匂いのする物を持ってくるぞ!」

亜美「亜美も行く→」

真美「あ、ずるい! 真美も→!」

伊織「同じ場所に四人も行かないで散りなさい!」

美希「み、美希も」

伊織「あんたはここにいなさい。プロデューサー捕まえて戻ったら土下座させてやるんだから」

美希「で、でこちゃん・・・・・・」

伊織「でこちゃん言うな! 水瀬財閥にも動いてもらうわ・・・・・・」

あずさ「私も行きます!」

律子「あずささんは私と来てくださいね」


301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:11:45.76 ID:LD1UE5vb0
――――

小鳥『家には戻ってないみたいです』

響『駄目だ匂いも途切れてる。車で移動してるみたいだぞー』

新藤『この付近にはいらっしゃられない様です。捜索範囲を広げようと思いますがよろしいですか?』

伊織「えぇ、急いでお願いね。まだそんなに遠くには行けないはず・・・・・・車で移動しているみたいだけど交通機関も念のために押さえておいて」

新藤『畏まりました』ピッ

伊織「・・・・・・何処行ったのよあいつ」

伊織「少なくとも街は出てるみたいだし・・・・・・美希、あんた心当たりとかないの?」

美希「わかんないの・・・・・・ハニーの行きそうな場所なんて・・・・・・」

美希「あ、もしかして――!」

美希「でこちゃん今どの辺りまで探してるの!?」

伊織「えっと・・・・・・」


303 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:15:05.57 ID:LD1UE5vb0

――――

P(・・・・・・無職か)

P(もう、プロデュース業には戻れねぇなぁ・・・・・・)

P(あんな形であいつらを裏切っちまったんだからな・・・・・・)

P「美希、すっきりしたか? 次俺が見たとき、キラキラしてねぇと許さねぇからな」

???「やっぱり海にいたの」

P「あ?」

美希「ハニー」

P「美希か・・・・・・」

P「なんでここだって?」

美希「美希、ハニーのこと、ここでしか知らないの」


304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:18:19.68 ID:LD1UE5vb0

P「・・・・・・・・・・・・」

美希「あはっ☆ 前と立場・・・・・・逆になっちゃったね」

P「・・・・・・そうだな」

美希「もう本当に戻らないの?」

P「あぁ、引き継ぎの資料も溜まってた仕事も全部片づけたからな、もう戻ってやることもねぇ」

P「これで俺もお前も綺麗さっぱりだ」

P「まぁ後は頑張れ、俺はテレビ見て応援してるからよ」

美希「待って!」

P「じゃあな、あんまり社長と律子困らすなよ」

美希「ダメ、待つの!!」グッ

P「・・・・・・どうした?」


306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:22:51.98 ID:LD1UE5vb0

美希「戻って」

P「何言ってんだ美希、離せって。約束しただろうが」

美希「嫌」

P「美希」

美希「嫌、いや、いや、いや、いやなの! この手を離したらもう会えなくなるの!! 解るの!!」

P「・・・・・・・・・・・・」

美希「ごめんなさい、嫌いって言ってごめんなさい、我が儘ばっかり言ってごめんなさい」

美希「ハニーはちゃんと美希のことみてたの、ずっと、ちゃんと見てたの! それを美希が知らなかっただけ、何も見てなくて知らなかったのは美希の方だったの!」

P「今の美希は人が一人辞めるってことに責任を感じてるだけだ、時間を置けば落ち着く」

美希「そんなことないの!」


308 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:27:27.50 ID:LD1UE5vb0

美希「ちゃんとみんなには全部説明したの、ハニーの前でみんなに改めて話をしても良いの、どうしても美希が許せないなら美希の方が――」

P「それは違うだろ!」

美希「」ビクッ!

P「そんなことしたら俺が何の為に――!」

美希「ハニー・・・・・・」

P「――もう、良いだろ・・・・・・手を離してくれ」

美希「いやぁぁああハニー!! 行っちゃいやぁぁああっ!!」

P「大丈夫だから・・・・・・な? 美希」

美希「大丈夫じゃないの! 一人になっちゃうの!」

P「一人じゃない、春香も千早も、響も貴音も、皆いるだろ?」

美希「違うの、ハニーが一人になっちゃうの!!」


312 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:30:07.03 ID:LD1UE5vb0

美希「ハニー楽しそうだったもん、大変だったかもしれないけど、美希にはハニーがキラキラして見えたの!」

美希「そのキラキラを美希が奪っちゃったの! 美希、キラキラさせてって言ったけど・・・・・・それでも誰かのキラキラを奪ってまでキラキラしたくなんてないの!!」

美希「美希は、ハニーと一緒にキラキラしていたいの!!」

美希「美希、ハニーのこと大好きだから!!」

P「なっ!?」

美希「ハニー、お願い・・・・・・美希の事、嫌いでいいから一緒にいさせて、これが、最後の我が儘だからっ!」

P「・・・・・・・・・・・・」

P「・・・・・・あー・・・・・・」

P「俺は嫌いな奴とは一緒にいられねぇ」

P「でも別に、俺はお前のこと嫌いじゃねぇよ。美希」

美希「ハニ゛ー・・・・・・」


313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:30:52.02 ID:LD1UE5vb0

P「一緒に、帰るか」

美希「――――!!」


319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:33:53.66 ID:LD1UE5vb0

P「残念だったな、せっかく俺がいなくなるチャンスだったのに」ポンポン

美希「ハニ゛ィ゛ィ゛イ゛イ゛! ごめ゛ん゛な゛ざい゛な゛の゛・・・・・・!」

P「顔洗えボケ、どこぞの海賊漫画かお前は」ナデナデ

美希「ハニ゛ー、ハニ゛ー、ハニ゛ー、ハニ゛ー!!」ギュッ

P「コラ、抱きつくなボケ! 暑苦しい!」

美希「嫌なの゛っ!」

P「我が儘は最後だったんじゃねぇのかよ」

美希「両思いなら問題ないの!!」

P「嫌いじゃねぇっつっただけだよボケ! ほら、離れろ帰るぞ!」

美希「・・・・・・後少しだけ・・・・・・このままが良いの」

P「・・・・・・勝手にしやがれ」


322 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:37:09.40 ID:LD1UE5vb0

P「はぁ、まず事務所帰ったら土下座するか・・・・・・」

美希「美希もお供するの」

P「アイドルの土下座なんか見たくねぇよ」

P「ところでお前なにで来んだ?」

美希「黒服さんの車乗せて貰ったの」

P「黒服? 誰だそいつは?」

美希「えっとね――」


325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:39:25.36 ID:EplrMmRl0

 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー            わたしです
 __              ,。、_,。、          --
     二         く/!j´⌒ヾゝ           = 二
   ̄.            ん'ィハハハj'〉 エヘヘ             ̄
    -‐        .  ゝノ´ヮ`ノノ             ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \

328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:41:39.61 ID:LD1UE5vb0

――――

美希「ハニー早く入るの!」

P「・・・・・・いやまて、まだ心の準備が」

美希「男ならドーンと行くの!」

P「ていうかお前ら俺一人辞めただけで大事になりすぎだろうが!!」

美希「美希たちにとっては大事件なの!!」

P「だからって水瀬財閥が動くかよ!」

美希「もうでこちゃんには当分頭が上がらないの」

P「俺は頭が痛いわ・・・・・・」

美希「もう、ほらドーンと行くの!」ドーン!

P「うを、押すなボケ!」バタン


331 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:44:58.68 ID:LD1UE5vb0

「「「「プロデューサー(さん)!!!!」」」」

P「よ、よう・・・・・・お前ら・・・・・・」

真「さ、さっきはごめんなさい! プロデューサーの気持ちも知らないで・・・・・・!」

P「何言ってんだ。お前に謝られる理由が見当たんねぇよ」

真「ぷ、プロデューサー・・・・・・」

P「俺が悪かった」ナデナデ

伊織「ず、随分と遅かったじゃない。待ちくたびれてわ」

P「悪かった。もう遅刻はしねぇよ」ナデナデ

伊織「き、気安く触らないでよ・・・・・・でもまぁ、今回だけは許してあげるわ! にひひっ」

高木「お帰り、君ぃ」

P「・・・・・・俺は戻ってきてもいいんですか?」

高木「撤回するのであればいつでも言えと私は言ったと思うのだがね」

P「ありがとうございます・・・・・・!」


332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:47:26.29 ID:LD1UE5vb0

春香「おかえりなさいプロデューサーさん!」

P「・・・・・・勘違いするなよ、残ってた仕事を思い出したから戻ってきただけだ」

小鳥「素直じゃないですね」

高木「全く君は・・・・・・」

律子「プロデューサーさん・・・・・・」

千早「やっぱりプロデューサーって根っからのアレなのね」

亜美「にーちゃんってばアレだなぁ→」

真美「仕方ないなぁにーちゃんはアレなんだから」


333 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:47:42.93 ID:1mC2uXpBO
やだっ…なんかこの社長…ティンときちゃう……////

335 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:48:35.57 ID:LD1UE5vb0

あずさ「あらあら~」

伊織「全く、あんたって本っっ当にアレなのね」

雪歩「ふふ、プロデューサーはアレです」

真「プロデューサーは本当にアレだなぁ」

春香「プロデューサーさん、アレですよ、アレ!」

貴音「あなた様は誠に・・・・・・」

響「プロデューサーがなんなのかなんて自分みたいな完璧じゃなくても解るぞ」

美希「ハニーったら本当にアレなの」

「「「「ツンデレ!!」」」」

P「誰がツンデレだ、コラ!」

終わり


339 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:50:30.44 ID:EplrMmRl0
乙乙

341 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:54:34.96 ID:LD1UE5vb0
長い時間支援ありがとうございました・・・・・・
初SSでアニメもゲームもやったことない自分なので結構違和感があったかもしれません。ごめんなさい
またいつか何か書くかもしれないのでそのときはまたよろしくお願いします

343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:56:26.03 ID:72mu32Nn0

べ、別に面白かったら乙してやってるわけじゃねえ
乙付けるのが礼儀だから付けてやってるだけだからな、勘違いするんじゃねぇぞ!

345 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 09:59:18.59 ID:QGJkA/wbO
別に嫌いじゃねぇよ

346 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:01:48.50 ID:LD1UE5vb0
最後まで読んでくれたお前らのこと、嫌いじゃねぇよ

347 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:03:03.21 ID:UfC8zF3lO
続編書いて、どうぞ

348 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:03:19.92 ID:TasjW0wz0
なんか妙だと思ったら初ssかよ
…悪くねーじゃねーか
また次も読んでやらんこともない乙だっ

349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:03:42.94 ID:CpsCJ5PKi
乙りん

351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:05:41.62 ID:fblDGT+U0
全く面白くもなんともなかったぜ
結局最後まで見ちまったじゃねえか
時間返せよな

でも、まぁ嫌いじゃなかったよ


354 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:09:12.16 ID:3X42ChU90
 ( ̄) ̄)   ( ̄) ̄)        ┏━━┓   ( ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄( ̄)
  \ \\   \ \\       ┗━┓┃        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ /
    \ \\    \ \\        ┃┃              / /
      \ \\    \ \\      ┃┃             / /
        \(^o^)    \(^o^)    ┃┃           (^o^)/ <こ、これは>>1乙じゃなくてストレッチなんだから!!
       (   )    (   )    ┃┃        (   )
       ///    ///     ┃┃        //
     ///   ///       ┃┃      //
    ///   ///         ┃┃     //     
  ///  ///          ┏┛┗┓  //       
 (_(_) (_(_)            ┗━━┛ (_) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(_)
                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


358 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:18:21.42 ID:NBfUPLFL0

…これはそういう風習なだけだからな

361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:25:52.16 ID:1rIGXCrKi
お疲れベタだがなかなか面白かった


分かってるとは思うがこれは社交辞令だからな?

364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:40:33.42 ID:/Pbfw4FgO
ふむ、嫌いじゃないぜ

367 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 10:49:44.94 ID:nBAONQWWO
皆ノリノリ過ぎる

369 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 11:02:13.48 ID:Ss8BWgJei
クッソツマンネェが最後まで読んでやったぞ三下ァ
(面白かったナンて口が裂けても言えねェ)

371 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 11:09:32.06 ID:f+Ep2Dgci

今回だけは認めてやろう
別に褒めてないからな?勘違いするなよ

374 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 11:35:24.91 ID:spNQMFih0
初でこれか
別に褒めてるわけじゃないからな

マジ乙

375 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 11:40:13.05 ID:IioBXabj0
悪くなかったぜ

378 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 11:59:07.27 ID:BJZ8qSWp0
お前らって本当ツンデレだな

383 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 12:28:18.88 ID:QAeiovOw0
んーまぁまぁだったかな
悪くはなかったよ

386 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 12:30:12.27 ID:wmebXvkv0
誰が終わらせろじゃ、ボケ!!!!
あー…初SSといえ嫌いじゃないぜはよ

387 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/06(水) 12:41:24.98 ID:j7kGqXtA0
追いついたと思ったら終わってんじゃねーかぼけ
別に久々に面白かったとか思ってねーからな!勘違いすんじゃねーぞ
まぁ・・・嫌いではなかったけどな

アイドルマスター 9(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2012-06-28)
売り上げランキング: 64
関連記事
2012/06/06 23:55 | CM(7) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/06/07 00:44 ]
  2. なんで諏訪部ボイスと思ったら源さんだった
  3. 774@いんばりあん [ 2012/06/07 02:07 ]
  4. スレタイでまじこい源さん余裕でした
  5. 名無しさん [ 2012/06/07 03:38 ]
  6. まじこいの源さんじゃん
    と書き込もうとしたら、みんな同じこと書いてた
  7. 774@いんばりあん [ 2012/06/07 07:06 ]
  8. 源さんルートあくしろよ
  9. 774@いんばりあん [ 2012/06/07 08:15 ]
  10. ジュピターと対面させたらカオスになりそうだな
  11. 774@いんばりあん [ 2012/06/07 10:58 ]
  12. 源さん!俺の源さんじゃないか!
  13. 774@いんばりあん [ 2012/06/07 23:27 ]
  14. まじこいも源さんも知らない俺でも諏訪部ボイスで再生したぞ。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング