HEADLINE

紅莉栖「ラボに私の下着を放置して岡部の反応を見る!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 09:37:29.51 ID:k94R6SE4Q
紅莉栖「確実に匂いは嗅ぐわよね…」

紅莉栖「ま、まさかオ、オナニー何かし始めたりして…///」

岡部「<タダイマー」

紅莉栖「あ、帰ってきた♪動画も録っとこうかな、念のため」

岡部「なんだコレは・・・助手のか?」

紅莉栖(ここからじゃ表情は見えないわね…アイツ免疫なさそうだし赤面してたり…)

岡部「汚いな…全くあいつはラボで何をやっとるんだ…」

紅莉栖(・・・えっ?)

岡部「ちりとりと箒はどこにあったか…」

紅莉栖(え、ちょ、ちょっと待って…)

岡部「掃除機でいいか」ブォォォンキュボボ

紅莉栖(・・・吸われ・・・た・・・)

岡部「あーあ、朝から気分が悪い、ルカ子に会いに行くか」

紅莉栖()


happy end

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 09:38:03.13 ID:JKGZ96Xs0
ちょwww


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 09:39:05.19 ID:zMPpBZm90
おい




















おい

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 09:40:33.45 ID:wz1eE9fg0
るか「僕の精子付きの下着を放置して、岡部さ……凶魔さんの反応を見ます!」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 09:45:17.67 ID:oixCYO4C0
     (  ´・ω) 
    γ/  γ⌒ヽ (´;ω;`)>>1  ウッ…
    / |   、  イ(⌒    ⌒ヽ
    .l |    l   } )ヽ 、_、_, \ \
    {  |    l、 ´⌒ヽ-'巛(  / /
    .\ |    T ''' ――‐‐'^ (、_ノ
        |    |   / //  /

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 09:46:40.51 ID:ihU9kwPHO
ダル「こ……これは!」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 09:47:02.65 ID:5xqn6m0a0
    /\___/ヽ
   //~    ~\:::::\
  . |  (・)   (・)   .:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  < はぁ?
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 10:15:12.77 ID:FjNKN2uQ0
本当に狂気なのは放置パンツを一目見て助手のだと確信に至った岡部


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 10:20:31.52 ID:8TlrRjCiO
ブラだったんだろ
そして大きさで判断した

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 10:28:39.47 ID:JcUVOQHp0
下着か…

ブォォォンキュボボ!

うわ、なんだこれ!熱っ!
マグマ!?マグマだ!

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 11:41:51.47 ID:FjNKN2uQ0
まゆり「……」 紅莉栖「……」 萌郁「……」 るか「……」 フェイリス「……」 鈴羽「……」



紅莉栖「オーケイ、状況を整理しましょう」

紅莉栖「あなたたち! その手に持っている下着はなんなの!!」

鈴羽「それはこっちのセリフだよ牧瀬紅莉栖」

フェイリス「その通りなのニャ」

萌郁「……抜け駆けは……ダメ」

るか「ではこうしましょう……」

るか「ラボに下着を放置しておか……じゃなくて凶真さんの反応を見る! そして……」

まゆり「トゥットゥルー、選ばれた下着の持ち主がだいしょーりぃ!」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 11:54:30.67 ID:FjNKN2uQ0
 コソーリ



 ガチャリ

一同(きた!)

ダル「ふぃーあっちー」

一同「!?」

ダル「!?」

ダル「な、なんぞこれ……」

ダル「女性用のおぱんつが1、2・・・5枚……なんで!? と後なんか男用のが1つまじってっけど……」

一同(まずい……)

ダル「つーかなにこれ……さすがの僕も引くレベル……」

一同(ぐぬぬっ……)

ダル「うぐっ……!!」

ダル「こ、これは……もしやフェイリスたんの!?」

フェイリス(ま、まずいニャ……)

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:00:45.13 ID:FjNKN2uQ0
まゆり(フェリスちゃんの匂いはまゆしぃも思わずぼうっとしてしまうレベル……)

鈴羽(一番の強敵だと思われたフェイリス・ニャンニャンがここで落ちるのは大きい!)

紅莉栖(橋田! GJ!)

ダル「でも一体どうしてこんなところに……」

ダル「もしかして僕罠にかけられてるんじゃ……」

ダル「ここでおぱんつを手にした瞬間カメラをまわした牧瀬氏とかが出てきて」

ダル「”あーら橋田、女性用の下着なんて握りしめてなにしてるのかしらぁ?”」

ダル「”これは警察に通報するしか無いわねぇ”とか言われたりして……」

紅莉栖(ちょ、何言い出してる、早くフェイリスさんの下着を手にしてどっかいきなさいよ!)



ダル「ぼ、僕はまだ臭い飯は食べたくないおぉぉ!!」

 バタン

5人「チッ」

フェイリス「ニャフゥゥ、命拾いしたニャァ」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:07:16.83 ID:FjNKN2uQ0
コソーリ

 ガチャリ

一同(きた!?)
 
一同(オカリン! 岡部! 岡部君…! 凶真さん! 凶真! 岡部倫太郎!)

岡部「……」

一同(さあどうなる!)

岡部「……」 ヒョイッ

鈴羽(あっ! あたしの!)

一同(!?)

岡部「……」 ヒョイッ

フェイリス(ニャニャ!?)

岡部「……」 ヒョイッ ヒョイッ ヒョイッ ヒョイッ

岡部「……」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:07:21.52 ID:dUOAAVaD0
ほお

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:07:53.49 ID:dUOAAVaD0
全部拾った…

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:11:16.49 ID:FjNKN2uQ0
岡部「お前ら……」 グシャグシャ

岡部「アホかぁぁぁぁ!!」 ビターン

一同(!?)

紅莉栖(全部丸めて床にたたきつけた……なんで、なんでなの?)



岡部「お前ら出てこい、隠れてるのは分かっている」

一同(!!)

鈴羽「あはははは……」

フェイリス「ニャウゥ……」

るか「おか……凶真さん……」

萌郁「……」

紅莉栖「岡部……」

まゆり「オカリン……?」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:16:46.57 ID:FjNKN2uQ0
紅莉栖「あんたどうして……」

岡部「ヒント、俺はタイムリープしてきた」

鈴羽「えっ!?」

岡部「一度目はオークションに出品し、値段を釣り上げていたら自分で落札……」

まゆり「えぇー!?」

岡部「二度目は……落札者からの相次ぐ苦情」

萌郁「……そんな……どうして」

岡部「お前らは分かっていない」

フェイリス「ニャニャ!?」

岡部「ぜんっぜんだ!!」

るか「ひっ!」








岡部「全部洗濯済みではないかぁ!」

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:22:26.25 ID:FjNKN2uQ0
岡部「という訳で今すぐ使用済みの下着を寄越すのだな」

紅莉栖「そ、そんな! そんな汚いこと……出来るわけないじゃない!」

鈴羽「そうだよ! あたしなんてもう3日も──」

岡部「ええい黙れぇ! ラボに堂々と下着放置する輩のセリフではないわ!!」

萌郁「それを言われると……」

るか「反論できない……です」

岡部「お前ら脱げ、今すぐだ」

フェイリス「ニャニャ!? ここでかニャ!?」

まゆり「そんなぁ、恥ずかしいよぉ」

岡部「だったら俺が脱がせてやってもいいんだぞ!」

一同「ちょ」

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:32:04.43 ID:FjNKN2uQ0
岡部「堂々と下着を放置して俺の反応を見る、などと姑息な真似はするのに、ここで下着を脱ぐのは嫌だとのたまうのか?」

鈴羽・紅莉栖「ぐぬぬ」

岡部「そもそも洗濯済みの下着などに何の価値もない、使用者の溢れでるフェァロモンが染み付いてこそ下着の真価が問われるのだ」

フェイリス・萌郁「ぐぬぬ」

岡部「それはすなわち”まっさらな私を見て”と言ってるにも関わらずおのが本性を晒す気もない臆病さの表れにほかならない!」

まゆり・るか「ぐぬぬ」

岡部「あえて言おう、貴様らは卑怯者だ!」

一同(ぐぬぬぬぬ)



鈴羽「だったらやってやろうじゃん!」

紅莉栖「ここまで言われたら引き下がるわけにはいかないわね……」

フェイリス「フェイリスを否定するなんて許さないのニャ!」

萌郁「……くやしい」

るか「まっさらな自分……本当の……自分」

まゆり「オカリンには……全部見せてあげたいのです」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:41:19.23 ID:FjNKN2uQ0
岡部「よろしい、それでこそ俺が選んだラボメンだ」

岡部「それで……誰から行く」

鈴羽「トップバッターは任せてよ 戦士だからね」

岡部「よし、近くに来るがいい」

他の5人「ゴクリ」

鈴羽「その……さ、あたし3日もお風呂に入ってないんだよ……だから……」

岡部「案ずるな、それこそがお前という存在を証明する香りとなりえる……」 スッ

鈴羽「ひっ……! や、やっぱりだめだよ、こんなの恥ずかしいって……」

岡部「ここまで来て逃げるのか? 戦士が聞いて呆れる」 スルスル

他の5人(う、うわー!///)

鈴羽「あ、あんまり見ないでよ……」

岡部「中々面のせまい下着を着ているのだな」

鈴羽「ス、スパッツだとライン浮いちゃうし……」

岡部「脱がすぞ」

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:44:03.09 ID:EJwE4lId0
ふぅ・・・

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:48:04.47 ID:FjNKN2uQ0
 スルスル

他の5人(わ、わあー!!)

鈴羽「み、見ないでよ……」

岡部「見えるものは仕方がないだろう」

鈴羽「それと……匂いは嗅がないで……恥ずかしいよ……」

岡部「心配するなと言っている」

岡部「……足をあげろ」

鈴羽「う、うん……」

 スッ スッ

鈴羽「」 カァァ

岡部「ご苦労だった」



岡部(まずは一着!)

岡部「さあ次は誰だ」

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 12:56:17.26 ID:FjNKN2uQ0
フェイリス「凶真……フェイリスの……フェイリスの下着の匂いで卒倒するのニャ!」

岡部「次はフェイリスか」

フェイリス「フェイリスはスズニャンみたく毎日お風呂に入ってない訳じゃないニャ……それでも」

フェイリス「それでもフェイリスはゲーム内で唯一”フェイリスはいい匂い”という描写がされているのニャ!(確か)」

岡部「能書きはいい」

フェイリス「ニャニャ!?」

 スッ

岡部「秋葉留未穂、フェイリスではなく貴様の下着を脱がせてもらうぞ」

留未穂「岡部さん……///」

 スッ

他の4人(スカートの内に手をー!)

岡部(えーと) サワサワ

留未穂「きゃっ……」

岡部「じっとしていろ、お前は鈴羽みたいにスパッツではないからな」

留未穂「おか…べさん……」

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:02:32.33 ID:FjNKN2uQ0
岡部(あった)

 スルスル

留未穂「うぅ……やっぱり恥ずかしいよ……」

岡部「スカートの中を見られるわけじゃない、恥ずかしいことなどあるものか」

留未穂「そ、そんな……」

 スルスル

岡部「下まで脱げたぞ」

留未穂「う、うん……」

 スッ スッ

岡部「……鼻孔をくすぐる甘い香り…下着とは思えないほどだ」

岡部「この一枚の布にどれだけの可能性が秘められているのか」

留未穂「岡部…さん///」



岡部(二着!)

岡部「次は誰だ」

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:04:01.78 ID:EJwE4lId0
それをうるだなんて とんでもない!

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:07:50.97 ID:FjNKN2uQ0
るか「ぼ、ボクが行きます!」

岡部「」

岡部「分かった、近くに寄れ」

るか「はい……その……よろしくお願いします……」

岡部「いくぞ」 スッ

岡部(巫女服……構造どうなってんだ?)

岡部(くそ、丈が長いな……)

るか「あの……岡部さん…あっ……/// 届いて……ないです……」

岡部「あ、あぁすまん……」

岡部(おのれ……かくなる上は)

岡部「失礼するぞるか子」

るか「えっ──」

 ガバッ

他の3人(オーウ!! 巫女装束の裾に頭を通したァ!?)

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:14:03.61 ID:6cGOIzZn0
狂気のマッドパンツコレクター

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:14:17.86 ID:FjNKN2uQ0
岡部(狭い……暗い……でもいい匂い……だが男だ)

るか「ちょ……おかっ……やぁ……///」

岡部(くそ……見えない……うわ、肌触りすごい)

他の3人(薔薇です……すごく……薔薇です)

岡部(あった) スッ

 スルスル

るか「あっ……!///」

岡部「ぬわっ!」

他の3人(……?)

岡部「るか子、足をあげろ」

るか「は、はい……」

 スッ スッ

岡部「ご、ご苦労……強引にいってすまなかったな」

るか「い、いえ……///」

岡部(しかし男物の下着か……いや、それよりも五月雨が! 五月雨がぁ!)

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:23:26.58 ID:FjNKN2uQ0
岡部(三着目……)

岡部「次」

萌郁「……お願い」 

岡部「指圧師か、来るがいい」

岡部(どれどれ……しかしタイトなスカートを履きおって)

 サワサワ

萌郁「おか……岡部君……あんまり触れないで……///」

岡部「いや、それが隙間がなくてだな……」

 サワサワ

萌郁「いや……だめ……///」

岡部(指が入らんではないか)

岡部「仕方ないな……少々我慢しろ指圧師」

萌郁「え──」

岡部「よっと」

他の2人(ず、ずれ落ちてきたのは▲じゃなくて▼!!)

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:27:05.02 ID:2Nlji/2y0
つまり…どういうことだってばよ?

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:30:18.97 ID:FjNKN2uQ0
2人(しかもオカリン/岡部の指が▼の下方に!!)

萌郁「いや……いやぁ……///」

岡部「貴様がそんなスカートを履いているのが悪い」

岡部「さあ足をあげるのだ」

萌郁「うぅ……」

 スッ スッ

岡部「すまなかったな、しかしああする他なかったのだ、赦してくれ」

萌郁「お…岡部君なら……赦して……あげる///」

岡部「そうか、そういってくれると助かるぞ」



岡部「四着目……」

岡部「次はどっちだ」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:37:04.86 ID:FjNKN2uQ0
紅莉栖「順番的には私よね……」

岡部「クリスティーナか」

岡部「いいだろう、近くに寄れ」

紅莉栖「う、うん///」

 スッ

岡部「まずはホットパンツを脱がすぞ」

紅莉栖「い、いい! 自分でやるから!///」

岡部「それじゃあ公平じゃないだろう」

 カチャ

紅莉栖「ちょ、了承もしてないのに手をかけるなHENTAI!!」

岡部「今のお前がHENTAIと言える立場か?」

紅莉栖「そ、そうだけどっ……///」

 カチャカチャ

 グイッ

岡部「意外ときついんだな」

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:43:45.27 ID:FjNKN2uQ0
紅莉栖「ちょ、そこ触んな///」

岡部「……だが思った以上にフィットしている、そうでもしなきゃ脱がせない」

紅莉栖「このっ……HENTAI///」

 スルスル スッ スッ

岡部「次はタイツだな、脱がすのも面倒だ、破いていいか?」

紅莉栖「なっ、や、破くって……ばっ、ばかなの!? 死ぬの!?」

岡部「冗談だ」

 スルスル スッ スッ

岡部「お前……結構綺麗な脚してるじゃないか」

紅莉栖「あ、あんまり……見んなぁ///」

岡部「では下着も脱がすぞ」 スッ

紅莉栖「うん……///」

 スルッ

紅莉栖「ぁ……///」

 スルルッ

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:50:40.27 ID:FjNKN2uQ0
紅莉栖「ちょ、見んなってばぁ……」

岡部「足……あげてくれ」

紅莉栖「……///」

 スッ スッ

岡部「うむ、ご苦労だった助手よ」

岡部「しかし黒タイツなど履かなくとも十分見られる足だったぞ」

紅莉栖「ば、ばか岡部!///」



岡部(五着……)

岡部「まゆり、近くに」

まゆり「うん……」

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 13:56:30.64 ID:FjNKN2uQ0
岡部「どうした、震えているぞ」

まゆり「だって、オカリンにこんなことされるなんて思ってなかったもん」

岡部「俺だってこんなことするとは思わなかった」

岡部「だがまゆりは俺の人質だ」

岡部「時にはこのような事態になってもおかしくはない」

まゆり「でもぉ……」

岡部「いいから脱がすぞ」

 スッ

岡部「スカート……あげてくれ」

まゆり「えっ///」

岡部「まずはスパッツ(?)を降ろす」

まゆり「う、うん……」 ペラッ

 スッ

スルスル

まゆり「あうぅ……」

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:02:20.92 ID:FjNKN2uQ0
岡部「そのまま……脱がすぞ」

まゆり「オカリンの顔見てると、や、やっぱり恥ずかしいよぉ……」

岡部「仕方ないな、だったら後ろを向け」

まゆり「……分かった」

 スルスル

岡部「足を」

まゆり「……うん///」

 スッ 

 スッ

岡部「ご苦労、やはりお前にも恥じらいと言うものは残っていたようだな」

岡部「さっきの表情、すごく刺激的だったぞ」

まゆり「もう……オカリンのバカ」

岡部「さて」

岡部「舞台は整った、これより貴様らの言う茶番に付き合ってやろう」

6人「!!」

110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:12:25.69 ID:FjNKN2uQ0
岡部「だが選ぶのは俺ではなぁい!!」

鈴羽「そ、そんなぁ!」

フェイリス「凶真が選ばないのならわざわざこんな羞恥を晒した意味がないのニャ!」

るか「そ、そうですよ……!」

萌郁「恥ずかしさで……体がはち切れそうだったのに……」

紅莉栖「さすがに度し難いわよ!」

まゆり「オカリンひどいよぉ……」

岡部「黙れぇぇい! そもそも貴様らが神聖なるラボでパンツ放置、などといかがわしいことをするのが悪いのだ、そのおかげで俺が何度タイ──」

岡部「……うおっほん」

岡部「選んでいただくのはVIPの皆さんだ」

6人「!」

岡部「今から彼らに貴様らの下着の中でどれが私的利用に適しているかを選んでもらうっ! そして高値で売るっ!」

岡部「そうすればラボの資金はかつてないほどに潤うであろう」

岡部「つまりその中で1番になった者こそラボに貢献したもの! 更に言うならばこの俺に尽くしたということになり、寵愛を得るべき人物だと言うことォ!!」

6人「な、なるほど!」

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:14:10.42 ID:FjNKN2uQ0
岡部「という訳で皆さんよろしく」



3番目に欲しいパンツ>>113

2番>>117

1番>>122

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:15:24.43 ID:b9i7VlYB0
くりす

117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:19:25.08 ID:J992HHSqO
鈴羽

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:20:33.89 ID:hxvZHmxm0
岡部

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:21:28.67 ID:+eRuY4H80
これは・・・

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:21:54.43 ID:m1CY7HciO
>>122
あのさぁ…

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:24:54.77 ID:FjNKN2uQ0
岡部「3位紅莉栖、2位鈴羽、1位岡部だ」

岡部「って俺ぇ!!?」

るか「あう……」

フェイリス「そんニャア……」

萌郁「……うぅ」

まゆり「うぇーん……」

紅莉栖「ちょっと、これどうすんのよ!」

鈴羽「全くだよー」

 

紅莉栖「でも安価は絶対……ということは」 スッ

鈴羽「岡部倫太郎のパンツが必要ってことだよね!」 スッ

紅莉栖「そういうこと」

岡部「ひぃっ!?」

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:30:02.18 ID:FjNKN2uQ0
 ガシッ

岡部「お、おいお前ら離せ!」

紅莉栖「岡部ぇ、さっきのお返しよ……」

鈴羽「当然2位のあたしに脱がす権利があるってことでいいよね!」

4人「ジー」

岡部「お前ら、見てないで助けんかっ」

4人「えー」

鈴羽「牧瀬紅莉栖はズボンお願い」

紅莉栖「オーキードーキー、任せなさい」

岡部「よ、よさんか──ぐぇぇ」

鈴羽「あはは、あんまり暴れると少し痛い目見てもらわないといけなくなるよ」

 カチャカチャ スルッ

岡部「く、紅莉栖さぁん!?」

紅莉栖「うっふふふ、下着履いてないのって、案外スリリングなのよ?」

 ガシッ

141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:35:25.54 ID:FjNKN2uQ0
紅莉栖「さ、脱がすわよ」

岡部「だぁっ! この天才変態少女めがぁっ!」

 ジタバタ

鈴羽「うーん……ちょっとゴメン岡部倫太郎」 ゴッ

岡部「あがっ」

岡部「」

紅莉栖「阿万音さん、GJ」

 スッ スルスルッ

紅莉栖「うっ……むせ返るような匂い……これが男の人の……///」

鈴羽「さ、次はあたしだね!」

紅莉栖「え、えぇ」

岡部(うぅ、クラクラする……動けん)


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:37:22.36 ID:AnijiuYw0
変態!変態!変態!(歓喜)

143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:39:23.70 ID:FjNKN2uQ0
鈴羽「ふっふっふ、さあ観念して全てを晒すんだ岡部倫太郎!」

 ガシッ

 スルッ

鈴羽「お……おぉー……」

 スルルッ

紅莉栖「///」

他の4人「ゴクリ」

 スルンッ

鈴羽「これが……岡部倫太郎の……」

紅莉栖「ね、ねえなんかちょっと……その……先……濡れてない?」

鈴羽「うん……そうみたいだね、なんだろう……コレ」

 チョン

鈴羽「わっ」

紅莉栖「ちょ、阿万音さん!///」

鈴羽「うぇー、何コレ、糸引いてるよ?」

146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:44:27.55 ID:FjNKN2uQ0
紅莉栖「い、いきなり触るなんてダメよ!」

鈴羽「な、なにこれー、ベタベタする……」

鈴羽「ちょ、ちょっと握ってみても……」

紅莉栖「そ、そんなのだめだってば、触るなら私も──じゃなくて!!///」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

岡部(うう……なんだ? あ、あれはまゆりの祖母……? 俺は一体……どうなって……)

まゆりの祖母「倫太郎くんやーい、君はまだここに来るのは早いんじゃよー」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

岡部「うぅ……」

紅莉栖「じゃあ、その……二人でちょっとだけ……にぎ──」

岡部「はっ──!」 バッ

鈴羽「わわっ」

岡部「き、貴様ら何をしていたっ!」

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:52:07.01 ID:FjNKN2uQ0
岡部「おのれぇ、実力行使に出るとは野蛮なっ……!」

 スッ

岡部「俺だ、大変なことになった。あぁ、ラボメンに脅されている……機関の仕業に違いない!」

岡部「フッ、心配するな……洗脳は解いてみせる、必ずな」

岡部「お前も気をつけるのだ、エル・プサイ・コングルゥ」

鈴羽「あはは、その格好で何言ってんのさー」

岡部「ん?」

紅莉栖「全くよね、白衣に下半身裸の男の人って……」

岡部「な、なにぃっ!? やけにスースーすると思ったらっ」

岡部「お、覚えておけっ」 イソイソ カチャカチャ

151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 14:59:08.16 ID:FjNKN2uQ0
岡部「全く……ラボメンガールズを差し置いて俺が一番人気とはな、自分の力が恐ろしいぞフゥーハハハハァ!!」

紅莉栖「ったく、すぐ調子に乗るんだから」

鈴羽「ホントだよー」

鈴羽「でも少なくとも2位と3位のあたしたちは君からの寵愛を享受する権利があるんじゃないかな?」



岡部「……ふむ、いいことを思いついたぞ」

岡部「お前ら二人、今日から常に俺のそばに居るのだなっ」

紅莉栖「それって」

岡部「二人に思う存分愛でてもらうぞフゥーハハハハァ!!」

鈴羽「できれば一人を選んで欲しいんだけどなー」

4人「」

岡部「これもシュタインズゲートの選択だ!」





おしまい
                                                                      ダル「ふひひ……●REC」

152 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/06/22(金) 15:03:18.02 ID:6wSONFUy0
ダルw

155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 15:13:13.90 ID:J992HHSqO
とりあえず乙

156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 15:15:35.52 ID:cTg0rkms0
結果オーライ乙

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 15:20:39.78 ID:EJunP2a80
おい、フェイリスたん…

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 15:52:41.57 ID:htw6t3fY0
乙ですた!しかし安定のダルだなwww

165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/22(金) 16:06:39.38 ID:NYnFgZtN0
面白かった!乙

シュタインズ・ゲート 牧瀬紅莉栖 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2012-03-29)
売り上げランキング: 103
関連記事
    コメント一覧
  1. おまんがな! [ 2012/07/09 03:26 ]
  2. これ開いて、ひさしぶりにhukeさんの絵が観たいと思って画像検索してたら、

    3時26分てどういうことよ・・・・・・・・・

    明日学校なのに・・・・・・・・・・・
  3. 名無しさん [ 2012/11/13 02:44 ]
  4. >>122、よくやったwwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング