HEADLINE

あずさ「プロデューサーさん...妊娠しちゃいました」

2012/06/28 12:00 | CM(20) | アイドルマスター SS
70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 17:12:31.88 ID:MzlNqidL0
P「い、今なんと…?」

あずさ「その…できちゃったみたいです」

P「…冗談…なわけないですよね…」

あずさ「当たり前です。そんないじわるプロデューサーさんにしませんよ」

P「…どうしましょうか」

あずさ「どうしましょう…」

P「……」

あずさ「あの…私は……プロデューサーさんが良いのなら…喜んで…」

P「えっ」


72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 17:21:51.84 ID:MzlNqidL0
P「あの…そのアイドルとプロデューサーって色々その…あるじゃないですか」

あずさ「世間一般的にはそうですね」

P「だから公になったら…俺はともかく…あずささんの評判が…」

あずさ「でも…私、そんなの気にしません。プロデューサーさんがいるならどんな辛い事にも耐えられます」

P「……」

あずさ「それに秘密にするってことは…この子を殺しちゃうってことですよね」

P「まあ…そうなりますね」

あずさ「そんなの…嫌です。新しい命をこんな身勝手な理由で…」

P「……」

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 17:34:19.26 ID:MzlNqidL0
P「でも…冷静に考えましょうよ」

あずさ「はい?」

P「俺達が今子育てをする余裕がありますか?」

P「俺は皆のプロデューサー、あずささんは今やトップアイドル」

P「とても無理ですよね。こんな状況で子どもを生んでも不幸になるだけです」

あずさ「…それなら私…アイドルを止めます」

P「えっ」

あずさ「精一杯愛情を注いで育ててあげます。生まれてきて幸せだったって思ってもらえるぐらいに」

P「そ、そんな…アイドルへの想いはその程度だったんですか?」

あずさ「私はアイドルよりもプロデューサーさん…そしてこれから生まれる命の方が大切なんです」

P「し、しかし子どもを育てるには…お金が…」

あずさ「お金なら十分すぎるほどありますよ。安心して下さい」ニコッ

P「……」

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 17:51:18.56 ID:MzlNqidL0
P「そ、そういえば最近は母体に負担をかけずに堕ろす方法もあるみたいですが」

あずさ「それって…どういう意味ですか…?」

P「あの…まだあずささんは若いですし…もっともっと自分の時間を楽しむ必要があると思うんです」

あずさ「1人よりも家族との時間の方がもっと楽しいですよ」

P「急に引退なんて……ファンの人達が悲しみます」

あずさ「本当のファンの方なら私の幸せを願ってくれるはずです」

P「あの、正直俺なんかよりよっぽど良い人あずささんなら見つけられます」

P「絶対後で後悔しますよ。一生一緒になるなんて。俺って何の取り柄も無いですし」

あずさ「いえ、そんなことありません。プロデューサーさんを選ばない方が一生後悔します」

P「……」

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 17:55:09.58 ID:up4n1DbF0
クズ過ぎワロタ

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 18:09:05.26 ID:MzlNqidL0
P「あのできちゃったって言ってもまだ数週間じゃないんですか?」

あずさ「はぁ、そうですが」

P「なら大丈夫です!それはまだ人とは言えません」

あずさ「え…?」

P「だって数週間でしょう?大きさ何cmですか?痛みや苦しみみたいな感情もありませんよ」

あずさ「……」

P「確かに子どもを堕ろすのは辛い事かもしれません。俺も辛い…」

P「ですが…あずささんが間違いなく不幸になると分かってる選択肢を選ばせるわけにはいきません」

あずさ「不幸…?」

P「ええ」

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 18:48:52.73 ID:MzlNqidL0
P「ですからやっぱりダメですよ!あずささんはアイドルなんですから!」

P「今なら秘密にしておけば誰にも分かりませんし」

あずさ「そんなに…嫌なんですか?」

P「えっ?」

あずさ「私達の赤ちゃんが」

P「そ、そういうわけでは…」

あずさ「じゃあどうして…どうしてですか?どうして生ませてくれないのですか?」

P「だから…さっきも言ったようにあずささんのために」

あずさ「そんなの嘘です!」

P「嘘なんかじゃ…」

あずさ「本当に私の事を想ってくれているなら生ませて下さい!」

P「……」

あずさ「どうなんですか!?」

P「…何で子どもなんか作ったんだよ」

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 18:49:17.26 ID:Pndb4+oQ0
安定のクズ

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 18:58:12.90 ID:MzlNqidL0
あずさ「え…?」

P「何で子どもなんて作ったんだよ!」

あずさ「プロデューサー…さん…?」

P「いきなりそんなこと言われてもどうしようもないじゃないですか!」

P「そんなの…どうすれば良いか分かりませんよ…!」

あずさ「で、ですから…それを話し合おうと…」

P「あずささんは生みたいんでしょう!?でも俺は嫌なんですよ!!」

あずさ「!!」

P「担当アイドルを孕ませたなんて知られたら…俺は…俺は…」

あずさ「だ、大丈夫ですよ。社長や765プロのみんなはきっと分かって…」

P「…たとえそうだとしても…世間やファンにそんなの通じないんですよ」

あずさ「2人なら…きっと、きっと乗り越えられます!だから…」

P「ああああ!!もう帰って下さいよ!妻気取りで俺の家に居座らないでくれ!!」

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:03:02.64 ID:MzlNqidL0
あずさ「ふふっ…私嫌われちゃった…」フラフラ

あずさ「悲しすぎると…涙も出ないのね…」

あずさ「あんなこと言われてもまだ好きだなんて…私って馬鹿ね」



P「もうすぐクリスマスだってのに最悪の気分だ…」

P「どうしてこんなことに…」

P「……」

P「…俺は、何やってるんだ。クソッ…!!」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:11:01.31 ID:MzlNqidL0
春香「どうしたんですか?元気無いですね」

P「…春香はいつでも元気だな」

春香「だってもうすぐクリスマスですよ!クリスマス!」

春香「プロデューサーさんも盛り上がりましょうよ!」

P「独り身の俺にそれを言うか」

春香「寂しいですねー。ロンリークリスマス」

P「…そういうお前はどうなんだ」

春香「えっ!?わ、私はアイドルだから…彼氏だなんて…」

P(…恐らく、いや十中八九春香は俺に惚れている)

P「春香、明日お前オフだったよな」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:14:04.12 ID:1L9fhhCj0
いいぞークズめ

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:15:57.43 ID:MzlNqidL0
春香「今日は楽しかったです!まさかプロデューサーさんとデートだなんて…」

P「アイドルがデートなんかして良かったのか?」

春香「プロデューサーさんなら…」

P「ほほう、俺なら良いのか」

春香「い、いえっ!別に好きとかじゃなくてですね…言葉の綾と言うか…」

P「そうか…残念だ。俺は春香の事好きなんだけどな」

春香「そ、そんなはっきり言われると照れます…ってどうせ仲間としてとかそんなのですよねー」

P「もちろんラブの方だ」

春香「…はいい!?」

P「俺は春香が好きだ。愛してる」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:20:24.05 ID:MzlNqidL0
P「どうした?さっきから黙りこくって」

春香「だって…もう嬉しいやら、困ったやらで…もうどうすればいいか」

P「でもお前も俺の事好きなんだろ?」

春香「も、もちろん好きですよ!」

P「だからこんなとこまで付いて来たんだろ?」

春香「……」

P「ここがどういうことをする場所か分かるよな?」

春香「…はい、でも…」

P「好きな人同士ならいずれ来る場所だ。恥ずかしいとかそんなこと思わなくて良いんだ」ギュッ

春香「プロデューサーさん…」

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:33:35.49 ID:MzlNqidL0
P「じゃあな、春香」

春香「あ、はい」

P「……どうした、帰らないのか?」

春香「え、いや…その……さよならのキスとか……なんつっムグッ」

P「これで良いか?」

春香「ありがとう…ございます」

P(何で虚しいんだ…あずささんの事を忘れるためにしてるのに…何で…)

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:40:16.60 ID:MzlNqidL0
千早「さっきから何1人でニヤニヤしてるの?」

春香「えっ、また?」

千早「今日で何回目かしら…いい加減理由を教えてくれても良いんじゃない?」

春香「ふふん、千早ちゃんでもこれだけは絶対教えないよー」

千早「……まあ、なんでもいいけど」



春香「えへへっ、ずっと待ってたんですよ」

P「……わざわざありがとう」

春香「全然大丈夫です!一緒に帰りましょう!」

P「ああ」


千早(…腕まで組んで…そういうことだったのね…)

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:52:11.49 ID:MzlNqidL0
千早(まさかあのままホテルに行くだなんて…流石に予想外だったわ)

伊織「今日も春香はニヤニヤ気持ち悪いわね。あんたなら何か知ってるんじゃないの?」

千早「彼氏でも出来たみたいよ」

伊織「はぁ!?ったくあずさといい何考えてるんだか…アイドルの自覚あるのかしら」

千早「あずささんも!?」

伊織「そうよ。結構前から付き合ってたみたい。それも相手はアッと驚くやつ」

千早「それなら春香の相手も驚きよ」

伊織「…じゃあ私達の秘密、共有しようじゃないの」

千早「ええ、同時に言いましょう…せーの」

伊織千早「「プロデューサー」」

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 19:55:15.01 ID:XqzkSVeq0
おわったな

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:00:04.59 ID:MzlNqidL0
伊織「やっぱり千早は嘘をついてるわけじゃないようね…」

千早「水瀬さんこそ…でも信じられない…」

伊織「通りであずさの元気が無いわけだわ」

千早「まさかあずささんを振った直後に春香と付き合うだなんて…そんな人だったなんて…」

伊織「あいつは馬鹿なりに…良い奴だと思ってたのに…最低」

千早「春香やあずささんに伝えるのは…やめた方が良さそうね」

伊織「そうね。あの2人の悲しむ顔は見たくないわ」

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:08:31.50 ID:MzlNqidL0
春香「12月なのに海ですか…」

P「嫌か?」

春香「嫌じゃないですけど…少し変わってますね」

P「俺はこの場所が好きなんだ。いつも違う風景を見せてくれる」

P「嫌な事も辛い事も全部ここにいる間は忘れられるんだ」

春香「わざわざこんな場所に来なくても…私がそんなこと忘れさせてあげます」

P「ははは!出来るかな?」

春香「むー、信用してませんね!絶対です!」

P「……そうか」

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:19:36.07 ID:MzlNqidL0
P(…また春香からメールか…はぁ…)

千早「プロデューサー」

P「どうした千早、何か用か?」

千早「私は…あなたのことを信じています。私を…私達をここまで導いてくれた素晴らしい人だと」

P「…いきなり何を言い出すんだ」

千早「私はあなたを…大切な人を平気で傷つけるような人だとは思いたくありません」

P「……」

千早「それだけです。失礼しました」

P(何だってんだよ…クソッ…!!)

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:28:16.97 ID:MzlNqidL0
P「……ん?留守電が入ってる」

P「……あずささんか、何の用だ…まあわざわざ聞く必要も無いか」

P「……」



あずさ『プロデューサーさん、クリスマスはお暇ですか?』

あずさ『良ければ食事にでも行きませんか?』

あずさ『というよりもう予約しちゃったんですけど、うふふっ』

あずさ『私たちが初めて待ち合わせした場所で待ってますね』

あずさ『時間は――――』



P「……」

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:28:25.09 ID:TOWF7kM70


114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:31:15.23 ID:G2qaZTeX0
ゅらば

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:36:37.15 ID:MzlNqidL0
春香「ごめんなさい、プロデューサーさん…電車乗り間違えて遅れちゃいました」
あずさ『ごめんなさい、プロデューサーさん…また道に迷ってしまいまして…』

P「……」

春香「あの…怒ってます?」

P「い、いや…全く気にしてない!」


P「オラオラオラ!!あっ!くそっ!!もう一回!!」

春香「ゲームセンターでそんなムキになるなんて意外と子どもっぽいですね」
あずさ『意外と子どもっぽい所もあるんですね。何だか安心しました』

P「…やめだ」

春香「えっ、あともう少しでクリアですよ?」

P「もういい」

117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:37:49.75 ID:Un/ptpU+0
あずささん幸せになる、、よね

118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:41:16.62 ID:MzlNqidL0
P(春香とあずささんなんか似ても似つかないのに…何故…)

P(これじゃ忘れるどころか…このままじゃ…俺は…)


春香「今日もありがとうございました!すっごく楽しかったです!」

P「……春香、別れよう」

春香「…え?」

P「アイドルとプロデューサーが付き合う事自体が間違いだったんだ」

春香「プロデューサー…さん?」

P「さよなら」

120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 20:49:44.75 ID:MzlNqidL0
美希「ハニー、急に呼び出してどうしたの?もしかして愛の告白!?」

P「だったらどうする?」

美希「…えっ?」

P「美希、俺はもう我慢しない。付き合おう」

美希「ハニー…これ夢なのかな…?」グスッ

P「美希、俺はお前が好きだ」

美希「…ミキもハニーのこと大好き」

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:00:20.42 ID:MzlNqidL0
美希「というわけで今日から正式にハニーはミキのハニーなの!」

真「は?」

貴音「美希、冗談は程々にしなさい」

美希「ぶっぶー、冗談じゃありません!これが証拠写真!ハニーの寝顔こっそり撮っちゃった」

伊織「そ、そんな…」

千早「は、春香…」

春香「……」ダッ

あずさ「……」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:00:39.54 ID:ATaKeSZd0
どういうことだよ。

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:05:40.21 ID:MzlNqidL0
美希「あずさと春香が…そ、それ本当なの…?」

千早「ええ、間違いないわ」

伊織「正真正銘の屑だったのね…あずさ、これでふっきれたでしょ?」

真「そうですよ、あの人に執着する価値なんて全くないです」

あずさ「…プロデューサーさんの悪口はやめて」

雪歩「あずささん…」

美希「……」

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:19:44.20 ID:MzlNqidL0
P「いよいよ来週はクリスマスだな」

美希「そうだね」

P「クリスマスまでに美希と付き合えてよかったよ」

美希「ミキもハニーと付き合えて嬉しいなー」

P「1週間後に最高のプレゼントを用意してるからな!期待しててくれ」

美希「ほんと!?楽しみー!……そういえば春香もクリスマス楽しみだって言ってたよ」

P「…何で春香が出てくるんだよ…あいつは関係ないだろ」

美希「…そうだね」

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:32:11.69 ID:MzlNqidL0
春香『クリスマス…プロデューサーさんの家に遊びに行きたいです』

春香『お弁当とか手作りのプレゼント用意してるので…』

P「はぁ……」



クリスマス

P「お待たせ美希!さあ行こうか」

美希「…ねぇ、ハニー1つ聞いておきたいんだけど…」

P「ん?」

美希「何とも思わないの?春香達のこと」

P「は?何のことだ?春香なんかどうでもいいだろ」

美希「そうなんだ」

P「そうだよ」

美希「…本当にこれで良いと思ってるの?どうして平気でいられるの?」

P「だから…何がだよ。あんなやつのこと知ったこっちゃないっての」

美希「プロデューサー…前はもっと優しかった。絶対に春香や皆にそんなこと言わなかった」

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:37:15.91 ID:ATaKeSZd0
まぁ、想像妊娠っていう説も

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:40:40.47 ID:MzlNqidL0
P「それは…違う…」

美希「もう良いよ。バイバイ」

P「み…美希…」



P「他にもあてなんざいくらでもあるさ」プルルルル

P「伊織…」プルルルル

P「出ないか…千早!」プルルルル

P「…雪歩は……真なら………貴音はきっと…亜美……真美……やよい…」プルルルル

P「ああ、それなら律子だ!」プルルルル

ただいま電話に出る事が出来ません。発信音の――

P「……どうして誰も出てくれないんだよ」

P「1人のクリスマスか…何で俺…こんな目に…」フラフラ

135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:42:26.28 ID:exq3M5cz0
小鳥さん……

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:50:05.52 ID:fWR+IddI0
こんな男がそもそも女に惚れられるわけねえだろと

138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:53:28.20 ID:MzlNqidL0
P「俺…何であんなことしてたんだろうな…」

P「あずささんの事を忘れたくて…それで春香と付き合って…」

P「それでもあずささんがちらついて……あずささん」



P(ははは、何時間遅刻だよ…何で俺はこんな所に…誰もいるはずないのに)

P「……ふぅ、帰るか」

トントン

P「?」クルッ

あずさ「プロデューサーさん、遅かったですね」

139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 21:59:03.26 ID:MzlNqidL0
P「……後ろから来るとは思いませんでした」

あずさ「ふふっ、いつものお返しです。プロデューサーさんの得意技をお借りしました」

P「…何で」

あずさ「はい?」

P「何で…こんな寒い中ずっと待ってられるんですか…」

あずさ「プロデューサーさんもいつも待っててくれたじゃないですか」

あずさ「…それに待ってる間も1人じゃないから寂しくありませんでした」

P「どうして…どうして…俺なんか…」

あずさ「愛してますから…たとえ愛されなくても愛したいんです」

P「あずささん…」

あずさ「でも愛すればやっぱり愛されたくなって…」

P「…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…俺…俺」

あずさ「プロデューサーさんは…意地悪です…今日来てくれなかったら踏ん切りがついたのに…」

あずさ「その優しさが…ずるいです…」

P「優しくなんか…俺は…俺は…最悪の屑で…ここに来た理由だって…」

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:04:22.22 ID:MzlNqidL0
あずさ「それ以上言わないで下さい。好きな人の悪口は嫌なんです」

P「でも……」

あずさ「私は…何があってもプロデューサーさんの事大好きです」

P「…俺も…やっぱりあずささんが好きです。忘れられません」



あずさ「…お店閉まっちゃいましたね」

P「はい…ごめんなさい」

あずさ「ここからなら私の家の方が近いですね。良いですか?」

P「あずささんが…良ければ…」

143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:10:20.21 ID:MzlNqidL0
あずさ「久しぶりですね。こうしてゆっくりお話しするのも」

P「俺が…あずささんから逃げてましたから」

あずさ「……」

P「でも俺、決めました。もう逃げません」

あずさ「逃げない…?」

P「はい。あずささん、俺の子ども産んでください」



春香「寒い…寒いです…プロデューサーさん。早く…帰って来て…」

144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:11:04.96 ID:nmeybkhy0
あれ?

145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:13:33.33 ID:gD19FEjI0
春香さんヤンデレ化……?

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:20:19.31 ID:MzlNqidL0
P「流石に婚約するとなると皆大騒ぎでしたね」

あずさ「うふふっ、私だって驚きますよ。まさか765プロ全員の前でプロポーズだなんて」

P「皆俺のしたこと知ってるから、最低男としか思われてないでしょうね」

あずさ「仕方ないじゃないですか。自業自得ですよ」

P「その通りです…」

あずさ「プロデューサーさんは私にとって最高のパートナーですから…それだけじゃ不満ですか?」

P「いえ、そのことが何よりも嬉しいです」

あずさ「子ども…楽しみです。名前はどうしましょう」

P「そうですね…そろそろ考えておかないと」

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:27:38.95 ID:MzlNqidL0
P「はぁ…今日は遅くなってしまったな。早くあずささんの家に帰らないと…」

P「っと赤信号…」キキー

P(ん?何かブレーキの効きが弱いような…気のせいか…?)

P「さて!とばすか!」



P「な…何でブレーキが…止まれ!止まってくれ!」

春香「あはは、無理ですよ」

P「春香!?お前…いつの間に車に……」

春香「最初からですよ。どうせ…死ぬなら…プロデューサーさんと一緒に」

P「!!」

グシャッ

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:36:55.54 ID:MzlNqidL0
春香「どうして…何で…私は生きてるの…?」

P「は…るか…」

春香「プ、プロデューサーさん!!しっかりして下さい!」

P「あ…う…」

春香「そうか…出来るだけ私に被害が出ないようにハンドルを…」

P「あ…ずさ…さん…」

春香「あずささん…」

P「な…ま…え…こ…ども………かんがえ……つたえて……」

春香「…自分で伝えて下さいよ!私にそんな役任せないで下さい!」

春香「だから…生きて下さいよ!私が…死にたかったのに…」

春香「何で…プロデューサーさんだけ死んじゃわないといけないんですか…」

156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:51:11.84 ID:MzlNqidL0
春香「名前…確かに伝えました」

あずさ「ありがとう、春香ちゃん」

春香「…プロデューサーさんは」

あずさ「春香ちゃんを守って死んだ…でしょ?」

春香「私が憎くないんですか…?私のせいで死んだんですよ?」

あずさ「憎いわ。結局私から逃げてしまったあの人が」

春香「そうですか…」

あずさ「だけど…誇りにも思うわ。あの人はやっぱりそういう人だったんだって」

春香「……」

あずさ「だから…お願い…絶対にプロデューサーさんの死を無駄にしないで…」

春香「……はい」

158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:56:27.33 ID:MzlNqidL0
あずさ「名前なんて伝えられたら…もうそっちに行けないじゃないですか」

あずさ「本当に意地悪…」

あずさ「どうしても…私と一緒にいたくないんですね」

あずさ「分かりました。大好きなあなたからの意地悪、ちゃんと受け取ります」

あずさ「ですからいつになるか分かりませんが私がそっちに行く時は覚悟しておいてくださいね」


おわり

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 22:58:12.73 ID:1L9fhhCj0


163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/06/17(日) 23:07:51.73 ID:4XmB6edX0
数年後あずさと春香が再会したらそれぞれ同じ名前の子供を連れてるんですね

アイドルマスター SP ミッシングムーン(特典なし)
ナムコ (2009-02-19)
売り上げランキング: 2578
関連記事
2012/06/28 12:00 | CM(20) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1.   [ 2012/06/28 14:20 ]
  2. くずすぎわろえない…
    [ 編集 ]
  3. 774@いんばりあん [ 2012/06/28 14:23 ]
  4. >>163が地味に鬱いわ
  5. 774@いんばりあん [ 2012/06/28 15:03 ]
  6. プロデューサーは変態のイメージしかないわ
  7. 774@いんばりあん [ 2012/06/28 18:37 ]
  8. 面白いんか、コレ
  9. 名無しのフィール [ 2012/06/28 18:51 ]
  10. 重い()話が書きたかったんだね
  11. 774@いんばりあん [ 2012/06/28 20:45 ]
  12. 774@いんばりあん [ 2012/06/28 20:50 ]
  13. 管理人はこういうのが好みなのか?
  14. 名無し [ 2012/06/28 21:32 ]
  15. 自分はこういう話わりと好き。
    たまにはこういう話もいいじゃない。
  16. 774@いんばりあん [ 2012/06/28 22:34 ]
  17. スイーツ()もビックリのひどさ
  18. 774@いんばりあん [ 2012/06/28 22:35 ]
  19. Pが屑すぎて、あずささんへの同情より
    P死亡で屑ざまあwという感情しかわかんのだが
  20. 774@いんばりあん [ 2012/06/28 23:31 ]
  21. すまないが、正直微妙…
    シリアスを勘違いしてるとしか
  22. 774@いんばりあん [ 2012/06/29 01:52 ]
  23. 盛り上がりにかける。それは致命的だと思うんだ。あと、シリアスと嫌悪感は全く別の感情だってことをわかった方がいい。
  24. 774@いんばりあん [ 2012/06/29 03:06 ]
  25. 隣に…に重ねようとしたんやろうけどPを屑にしたせいで残念になってるね
  26. 774@いんばりあん [ 2012/06/29 05:39 ]
  27. コメントを先に読むべきだったか
  28. 774@いんばりあん [ 2012/06/29 20:15 ]
  29. クズ系の話なのに下手にきれいにまとめようとしてゴミみたいなものになってるな
  30. 774@いんばりあん [ 2012/06/29 22:32 ]
  31. スクイズみたいな修羅場を期待してたのにぃぃぃぃぃいいい!!!
    何か中途半端だぜ。
  32.   [ 2012/07/01 09:12 ]
  33. 問題は重いとか軽いとか、シリアスだとかクズだとか以前に
    最期まで読む気になれないつまらなさよ
    [ 編集 ]
  34. 774@いんばりあん [ 2014/01/20 16:11 ]
  35. 案の定萌え豚嫉妬オンパレードかw
  36. 774@いんばりあん [ 2014/07/05 00:58 ]
  37. ええ、もちろんスクイズをも思い出しましたとも

    誠が好きな俺にはまー楽しめたよww
  38.   [ 2014/07/31 22:15 ]
  39. でも実際ド屑男が結構モテちゃうんだよなぁ
    [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング