HEADLINE

シンジ「アスカの部屋からヘンな声が聞こえてくる」

2010/08/12 12:53 | CM(8) | エヴァ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:10:45.39 ID:6AHlf3j20
シンジ「カヲル君となにしてるんだろ?」

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:17:46.62 ID:6AHlf3j20
シンジ「ケンカしてなきゃいいけど・・・」

アーッ!
スゴイ!スゴイノォ!


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:20:48.07 ID:6AHlf3j20
シンジ「凄いって、なんだろねーペンペン」

ペンペン「クエェ」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:27:46.32 ID:6AHlf3j20
シンジ「あ、おかえりなさいミサトさん」

ミサト「・・・・・・・・・またあいつ、来てるのね」

シンジ「カヲル君ですか?ええ」

ミサト「話があるから、後で私の部屋に来るように言っといて」

シンジ「はーい」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:28:08.04 ID:hjtOk9Db0
wktk

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:33:25.14 ID:6AHlf3j20
カヲル「ふう」

シンジ「あれ?アスカは?」

カヲル「ああ、中で寝てるよ」

シンジ「しょうがないなぁ。さっき、ミサトさんが話があるって呼んでたよ」

カヲル「ありがとう。ちょっと行ってくるね」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:35:55.20 ID:6AHlf3j20
シンジ「また声が。カヲル君、怒られてないといいけど・・・」

アァァーン!
モット!モットツイテエェ!!

シンジ「突くって、なに突くのかなペンペン」

ペンペン「クエェ」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:41:10.82 ID:6AHlf3j20
~~学校

先生「えー、転校生を紹介します」

アスカ「!?」

シンジ「あ。カヲル君だ」

カヲル「渚カヲルです。よろしく」

女生徒達「「「きゃーーーーーっっ」」」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:47:50.24 ID:6AHlf3j20
ケンスケ「知ってるか?転校生のファンクラブが出来て、全校の女子生徒ほぼ全員が入ったらしいぜ」

シンジ「へー。入ってない子がいるんだ」

ケンスケ「そっちかよ!いるといっても、綾波ただ一人だけさ」

トウジ「てことは、いいんちょまで・・・」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:50:22.96 ID:6AHlf3j20
シンジ「アスカ、帰りに夕食の買い物つきあってよ」

アスカ「パス。今日はカヲルの歓迎会があるの。ヒカリも来るでしょ?」

ヒカリ「えっ・・・わ、私は・・・」チラッ

トウジ「・・・」

ヒカリ「うん。行くわ」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:52:52.36 ID:6AHlf3j20
~~その夜

シンジ「よし。上手く焼けたぞ」

ペンペン「クエェ」

シンジ「ハンバーグはアスカにも残してあげなきゃね。ペンペン」

ペンペン「クエェ」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/11(水) 23:55:46.16 ID:JSwJYwRX0
カヲル君ってホモなのかと思ってたよ

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:07:10.51 ID:PpOwTpcN0
アスカ「あぁ、カヲル・・・ん、ちゅっ。んン・・・ちゅぅ・・・」

カヲル「ふふ。可愛いね、アスカは」

アスカ「好き、好きよ。大好き・・・カヲルみたいなキレイな男、生まれて初めて・・・。
     それに優しくて、気が利いて、何でも出来て、強くて・・・・
     加持さんよりずっと・・・シンジなんか比べ物になんない。素敵すぎるの・・・ああ」

女子A「ちょっと、ズルいわよアスカばっかりっ」

女子B「渚くん・・・渚さまぁ」

女子C「遊びで・・・・・・ううん、オモチャでいいの。だから私達も・・・」

カヲル「順番に可愛がってあげるよ。だから焦らないで」

女子達「「「はいっ!」」」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:15:20.68 ID:PpOwTpcN0
女子D「ひっ!あ、ああ、初めてなのにっ!イクの、いく、ああああぁ、ああああぁぁぁぁ~~~ッッ♥」

カヲル「ふう。次は君かな」

ヒカリ「はいっ・・・あぁぁ、カヲルさまぁ・・・」

カヲル「でもいいのかい?君は、好きな人がいるとも聞いたんだけど」

ヒカリ「い、いいんです。だって鈴原なんて、あんな・・・あんな猿、カヲル様に比べたら」

カヲル「分かった。じゃあ、始めるよ」

ヒカリ「・・・んっ。あぁ、ん、ちゅっ、ちゅくっ、んンン・・・」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:16:16.06 ID:PpOwTpcN0
シンジ「洗濯物もよしっと。明日も晴れるといいね。おやすみー。」

ペンペン「クエェ」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:20:38.81 ID:EnkSCMQA0
シンジの脳天気さにワロタ

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:20:53.42 ID:ZweoyfK8O
冬月先生がカヲル君を調教する同人誌ってなかったっけ?

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:22:11.34 ID:PpOwTpcN0
~~学校

女子E「カヲルさま」

女子F「カヲルさま、クッキー焼いてきたんです」

アスカ「ねぇカヲルぅ」

ヒカリ「ああ、すてき・・・」

女子A「・・・また今晩も・・・カヲルさまぁ」


ケンスケ「凄いね。上級生から下級生まで揃って、すっかりハーレムだ」

トウジ「いいんちょ~」

シンジ「凄いねえ。あ、そういえばカヲル君、今日から本格的にネルフにも来るって」

ケンスケ「しかもエヴァのパイロットか・・・」

シンジ「仲間が増えて頼もしいね!」

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:23:32.89 ID:t5niDipL0
このシンジはきっとオナニーなんてしない

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:35:40.87 ID:PpOwTpcN0
~~NERV

マヤ「ケーキ作り、結構上達したのよ。今度シンジ君にも作ってくるから味見してね」

シンジ「ありがとうございます!あ、ところで、今日からカヲル君も訓練受けるんですよね」

マヤ「ええ、フィフスチルドレンね。話は聞いてるけど」

シンジ「かっこいいですよ」

マヤ「あら、ふふふ。でも子供だからね。どうせなら私は、シンジ君みたいな可愛い子がいいな」

シンジ「あっ、カヲル君だ」

マヤ「え」

カヲル「やあシンジ君。と、こちらは」

シンジ「オペレーターの、伊吹マヤさんって言うんだ」

カヲル「初めまして。伊吹さん」

マヤ「は・・・はじめまして(ポー)」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:41:18.16 ID:PpOwTpcN0
カヲル「ケーキ作りがお上手なんだとか」

シンジ「!? 聞こえてたの?」

カヲル「まぁね。僕の耳は特別製なんだ」

シンジ「いいなー特別製」

マヤ「(ポー)」

カヲル「ところでシンジ君。120円あげるよ」

シンジ「なんで?」

カヲル「なんとなくさ。まだ訓練まで間があるから、そこの休憩所でゆっくりするといい」

シンジ「うん、ありがとっ」

マヤ「(ポー)」

カヲル「さて―――伊吹さん、ちょっとこちらへ来てもらえますか」

マヤ「え!? あ、あの・・・・・・・・・はい」

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:44:10.24 ID:EnkSCMQA0
無垢なシンジに惚れた

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:51:53.64 ID:PpOwTpcN0
シンジ「おごってもらっちゃった。カヲル君、スリムなのに太っ腹だなあ」


マヤ「はぁン、ああ!せんぱい、あ、ごめんなさ、ひぁっ!ンっ、でも・・・いい、ああいいぃ」

カヲル「気持ちいいかい?」

マヤ「いいのっ、イイぃっ!!良すぎて、くるっ、ああひぁぁんっ!」

カヲル「ここにキスマークをつけてあげるよ。僕のモノだという印をね」

マヤ「あああ、あぁぁぁぁ~~~っ♥」

カヲル「ふふ。ケーキ、僕にも作ってきてね」

マヤ「あ、ああ・・・ぁ・・・な・・・なぎさくんに、だけ・・・作るわ・・・」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:54:47.56 ID:fQ5Q7zUE0
俺も骨抜きにしてくれ

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 00:58:40.67 ID:t5niDipL0
シンジが可愛いから許す

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:01:15.60 ID:PpOwTpcN0
リツコ「では、シンクロスタート」

チルドレン「「「・・・」」」

リツコ「―――どういう事?フィフスのこの数値は。マヤ。・・・・・・マヤ?」

マヤ「はぁぁ」

リツコ「マヤっ?!」

マヤ「あ、はっ、はい!」

リツコ「どうしたの。集中して。まったく・・・ねえミサト」

ミサト「はぁぁ」

リツコ「ミサト?」

ミサト「えっ!?な、なにリツコ」

リツコ「なんなのよ一体。皆たるんでるわよ」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:10:10.88 ID:PpOwTpcN0
マヤ(あぁ・・・プラグスーツ姿の渚君、素敵♥ダメ、また犯して欲しくなっちゃう)

ミサト(数値は使徒だから・・・私だけに教えてくれた。父の仇。
    でも構わないわ。だって、彼を愛してるもの・・・♥)

アスカ(カヲルがエヴァに乗ってる。私は弐号機を取られて見てるだけ・・・
     けど、エヴァなんてもういらない!カヲルだけ・・・カヲルに抱いてもらえれば。
     あ、また思い出しちゃう♥ エヴァはどうでもいいけど、カヲルと一緒のLCLに漬かりたいよぉ)

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:15:16.64 ID:PpOwTpcN0
リツコ(なんだか分からないけど、ミサト達がこんな腑抜けじゃ私が調べるしかなさそうね)

リツコ「いいわ。上がってちょうだい」

チルドレン『『『はい』』』

リツコ「それとフィフスチルドレンは、着替えた後私の部屋までくること」

カヲル『了解です・・・ふっ』

リツコ「!?」ドキッ

リツコ(な、何?今の微笑み)

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:22:20.21 ID:3qWmLK9O0
レイを寝どったら許さない

絶 対 に だ

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:24:35.01 ID:PpOwTpcN0
シンジ「はい、カヲル君のプラグスーツ」

アスカ「ん。よくやったわバカシンジ」

シンジ「でもなにするの?いたずらしちゃダメだよ、落書きとかさ」

アスカ「あんたバカァ!?」

シンジ「後でちゃんとクリーニングに出しといてね」

アスカ「分かってるわよ。ほらほら、あんたもう用済みなんだから、さっさと帰って家事でもしてなさい」

シンジ「うん。綾波は?」

レイ「私、まだ用があるから」

シンジ「そっか。じゃ、またねー」



アスカ「はぁ、はぁ・・・かをるの、脱ぎたて・・・はぁ、ああ、あ、あン、んんっ・・・」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:25:56.75 ID:9ojN79020
>>47
原作でゲンドウ寝取られただろ、アダムに

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:35:38.06 ID:PpOwTpcN0
カヲル「失礼します」

リツコ「いらっしゃい。フィフスチルドレン―――渚カヲル君」

カヲル「なんの用でしょうか」

リツコ「・・・貴方の経歴、見せてもらったわ」

カヲル「意味がなかったでしょう、あれでは」

リツコ「ええ。名前、年齢等以外すべて白紙。レイと同じにね」

カヲル「・・・・・・それで?用件を教えてもらえますか」

リツコ「聞きたいことは一つよ。とりあえず、あなたは私達の味方・・・と思っていいのかしら?」

カヲル「・・・」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:40:45.47 ID:PpOwTpcN0
カヲル「僕の正体によっては随分と危うい質問だと思えますが。もし敵だった場合は―――」

リツコ「!?」

カヲル「その袖に隠し持っている銃で対応するつもりですか?無駄ですよ」

リツコ「あなたっ・・・!?」

カヲル「大丈夫です。僕から危害を加えることはありません」

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 01:48:06.99 ID:PpOwTpcN0
リツコ「まさか、ミサト達がおかしかったのもっ・・・・?」

カヲル「僕の影響でしょうね」

リツコ「何をしたか言いなさい」ガチャッ

カヲル「先ほども言いましたが、僕に銃は効きませんよ。彼女達とは、ただ」

リツコ「・・・」

カヲル「セックスをしました」

リツコ「・・・・・・え?」

カヲル「セックスです。勿論同意の元で。すごく気持ちよさそうに悦んでくれましたよ」

117 >>72の続き :2010/08/12(木) 02:07:09.95 ID:PpOwTpcN0
リツコ「ふ、ふざけないでっ!!アスカはともかく、ミサトやマヤが・・・」

カヲル「本当のことです」ニコリ

リツコ「あ・・・っ」

リツコ(ま、また・・・この子の微笑みって・・・)

カヲル「どうしました?」

リツコ「ち、近寄らないで?!」

カヲル「銃を下ろしてもらうだけですよ」

リツコ「ひぃっ」

リツコ(指が、触れただけなのに)

リツコ(私の・・・私の身体が、欲情してる、の?そんな・・・)

カヲル「・・・」

リツコ(あぁ・・・。近くで見ると、本当に・・・なんて美しい男なの・・・・・・)

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 02:31:53.02 ID:PpOwTpcN0
リツコ(この美しさ、微笑みに・・・でも、そうよ・・・女なら誰だって―――)

リツコ「嘘ではないのね。ミサトも、マヤも、アスカも・・・」

カヲル「もっと大勢です。学校の女子生徒達。それから他にも」

リツコ「まさか!?」

カヲル「ええ。実は数日前から、ネルフを訪れてはいたんです。記録は残っていないと思いますが」

リツコ「そ、そんな・・・は、あぁ・・・なんで、なんてこと」

カヲル「でも本当に、セックスしただけですよ」

リツコ「そうやって、ああ、抱いて、溺れさせ、狂わせてっ。女をみな、渚君の虜に変えてきたのね・・・」

カヲル「危害は加えていません。『今』も僕はただ立っているだけです」

リツコ「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

カヲル「あなたはどうしますか?赤木リツコ博士」

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 02:37:06.79 ID:PpOwTpcN0
リツコ「私・・・私には、ハッ、ぁっ、愛する人がいるわ」

カヲル「そうですか」

リツコ「あの人の・・・あの人のために・・・っ!あ、あああっ!」

ガタッ
ジ- ジュプッ

カヲル「ふふ」

リツコ「ん、ンン、じゅるっ、じゅるるぅ、ふぁ、んちゅるっ」

カヲル「いきなりそこにむしゃぶりつくなんて。随分我慢してらしたんですね」

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 02:44:52.33 ID:zFkbCZwh0
三十路女の性欲怖い

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 02:47:31.46 ID:PpOwTpcN0
リツコ「いっひあぁぁぁぁっ!あっ、はああっん、あん、すご、いいひぃぃ~~~」

カヲル「ところでリツコさん。一つ頼みがあるんです」

リツコ「ああぁぁ、あ、こんなろ、あひぃっ!はじぃ、はじめてっ、ああぁぁぁ♥♥」

カヲル「綾波レイ。彼女と二人きりで会わせて下さい」

リツコ「れ・・・れひ・・・?あ、で、でもぉ」

カヲル「心配要りませんよ。僕はリツコさんを捨てたりしない」

リツコ「っああ!!そこ、そこスゴ、いひぃぃぃっ♥」

カヲル「いいですね?」

リツコ「イイっ!いぃわ!なんれも、あはぁっ、なんだって言うとおりにするからぁぁぁっっ!!!」

135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 02:55:49.01 ID:PpOwTpcN0
~~葛城邸

アスカ「ただいま」

シンジ「おかえり、アスカ。ご飯できてるよ」

アスカ「食欲わかないから後にする。ちょっと寝るから起こすんじゃないわよ」

バタン

アスカ(・・・あんなにオナニーしたのに、したりない。やっぱり本物のカヲルに抱かれたい)

アスカ「んん・・・は、ぁ、ぁ、カヲル、ぁぁッ、カヲルぅ」


シンジ「アスカ、具合悪いのかな。念のためおかゆも用意しとこうか?ペンペン」

ペンペン「クエェ」

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 03:00:27.20 ID:PpOwTpcN0
~~セントラルドグマ

レイ「やはり来たのね」

カヲル「ふっ。まさかこんなところにいるとわね。綾波レイ―――いや、リリス」

レイ「・・・サードインパクトは起こさせない」

カヲル「あいにく、今回はその為に地の底に降りてきたわけじゃない。ただ君に会いたかったんだよ」

レイ「?」

カヲル「口説きにきたのさ」

141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 03:16:21.15 ID:PpOwTpcN0
レイ「どういうつもり」

カヲル「言葉通りさ。君は、僕が何をしてるか知ってるのだろ?仕上げは君だと、初めから決めていた」

レイ「・・・なぜ?」

カヲル「君だけは普通のリリンの女性とは違うからね。より手間がかかるから最後、それだけだよ」

レイ「そう―――でも無駄よ」

キンッ

カヲル「ATフィールド・・・張れるようになっていたのか」

レイ「ええ。それに、私は碇君を裏切らない」

カヲル「ふうん」






カヲル「本当にそうかな?」

145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 03:30:30.43 ID:PpOwTpcN0
カヲル「君はどうして、一人で僕を待っていたんだい?」

レイ「え?」

カヲル「使徒としての僕を殲滅するつもりなら、少なくとも司令部と連携すべきだった」

レイ「それは―――」

カヲル「でもどう見ても単独行動だね。結局、君も僕と同じで、二人きりで会いたかったからさ」

レイ「身勝手な解釈ね」

カヲル「リリス。さっきも言ったが、君は確かにリリンの女性とは異なる」

レイ「・・・」

カヲル「けれど今や、リリンと同じ心も抱くようになっている」

レイ「それは、碇君が・・・」

カヲル「そう、シンジ君が育ててくれたんだ。そしてその、ただの女の子としての君は、ただの女の子として」

レイ「違う」

カヲル「僕に犯されたがっている。シンジ君にそう思う以上にね」

レイ「違う」

146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 03:38:17.61 ID:PpOwTpcN0
カヲル「リリス―――いや、綾波レイ」

レイ「違うっ。あなたに名前で呼ばれたくないわ。アダム」

カヲル「僕が君に、女の子としての悦びをあげるよ。レイ」

キンッ

カヲル「ほら・・・ATフィールドが弱まってきている。レイの心は僕を受け入れようとしているんだ」

レイ「イヤ・・・・・・こ、こないで」

カヲル「少しでも弱まれば、容易く侵食できるよ」

ググッ・・・ズズズ・・・

レイ「そんな・・・っ」

カヲル「やっと触れ合える距離になったね。さあ、愛し合おう」

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 03:45:41.02 ID:ShmWk8fV0
もちろんシンちゃんも食うんだろ?

152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 03:50:51.22 ID:PpOwTpcN0
レイ「やめて、触らないで、アダム・・・。い、碇君・・・」

カヲル「シンジ君はここにはいない。レイに触れるのも、レイを見ているのも僕だけだ」

レイ「あ、あぁ」

カヲル「それに、すっかりフィールドが消えているよ。望んでいるんだ―――君自身もね」

レイ「アダっん!ンンッ」

ちゅっ!ちゅうっ、ちゅく・・・くちゅ、れろ、ちゅるっ・・・

レイ「・・・・・・ぷはぁっ!はぁっ、はぁっ、はぁっ」

カヲル「ふふ、可愛いよ、レイ」

レイ「はぁ、ぁぁ・・・・アダム・・・」

カヲル「・・・」

レイ「・・・・・モット、シテ」

154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:06:07.73 ID:PpOwTpcN0
レイ「ああぁ・・・はいって、入ってくる・・・」

カヲル「もう少しだよ、リリス」

レイ「いや、リリスと・・・んっく!呼ば、ないで」

カヲル「ゴメンよレイ。―――さあ、ようやくリリンとして一つになれたね。
     僕のことも、アダムじゃなくリリンの名で呼んでくれないか?」

レイ「渚カ、カヲル・・・。カヲル・・・・・・さま?」

カヲル「そういえば、学校の女の子達はそう呼んでいたね」

155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:18:16.19 ID:PpOwTpcN0
レイ「はぁぁっ!あ、あぁ、キモチいいっ、あはっ、キモチいいひぃっ!」

カヲル「僕も凄くいいよ。やはり、当初から君を『とっておき』としたのは間違いじゃなかった」

レイ「私、ひはっ、ン、私も!本当は、さいしょからッッ!」

カヲル「最初から・・・なんだい?」

レイ「思ってたの!カヲルさまのっ、あンッ、ぁあ!カヲルさまのモノになりはいいぃぃぃってへええ♥」

カヲル「ありがとう。だからこんなに乱れるんだね。普段のレイとは別人みたいだ」

レイ「あっはぁぁ♥ひぃ、あは、あっ、ごめんなさい、ごめんらさイいっ!!」

カヲル「謝ることはないさ。好きなだけ乱れていいんだ」

157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:32:36.07 ID:PpOwTpcN0
レイ「かをるさま、へはぁぁっ、あ、すごぃ、かをるさまぁぁぁぁ!!!」

カヲル「もう少し動くよ」

レイ「あっっひいぃぃぃぃっっ♥」

カヲル「こっちはどうだい?」

レイ「イイいぃっ!いいぃ!あっあぁぁぁぁッッッ♥♥」

カヲル「―――そろそろ、僕も一度イクよ」

レイ「ああっください!なかに、あはっ、くださいっっ!!」

カヲル「くうっ!」

どく、どく、どくっ・・・

レイ「へはっ、ああアアアあぁぁぁぁぁぁぁ~~~~♥♥♥♥」

158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:35:36.34 ID:PpOwTpcN0
~~学校

カヲル「シンジ君、ちょっといいかい」

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:39:59.25 ID:PpOwTpcN0
シンジ「なぁに?カヲル君」

カヲル「放課後、時間空いてるかな。シンジ君に是非見て欲しいものがあるんだ」

シンジ「なになに?」

カヲル「それは秘密さ」

シンジ「わーなんだろ。うん、いいよ」

163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:46:23.91 ID:PpOwTpcN0
シンジ「体育館?勝手に入ったらマズイと思うよ」

カヲル「許可を取って貸し切りにしてあるんだ。さっ、入って」

シンジ「おじゃまします」

ガラガラ

アスカ「・・・」

ヒカリ「・・・」

レイ「・・・」

ミサト「・・・」

マヤ「・・・」

リツコ「・・・」

女子生徒達「「「「・・・」」」」

女教師達「「「「・・・」」」」

ネルフ女性スタッフ達「「「「・・・」」」」

シンジ「うわっ!なに、どうしたの皆揃って?」

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:47:10.32 ID:PpOwTpcN0
カヲル「びっくりしたかい?シンジ君」

シンジ「うん」

カヲル「彼女達はね」

シンジ「うんうん」

カヲル「全員、僕の恋人なんだ」

166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:52:13.65 ID:PpOwTpcN0
カヲル「これで、君は孤独になった」

シンジ「えっ?そうなの」

カヲル「ふふ。異性関係、という点においてはね」

シンジ「そっかー」

カヲル「君を愛する女性、愛するかも知れない女性は、全て僕が取り除いた」

シンジ「そう考えると、ちょっと困るかも」

カヲル「だからシンジ君」

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 04:52:55.21 ID:PpOwTpcN0

カヲル「僕と結婚してくれないか?」

171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:01:03.34 ID:Dpj66aZo0
ワロタ

173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:04:34.03 ID:fabdO9PL0
このシンジ可愛い

174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:05:04.94 ID:PpOwTpcN0
女性達「「「「「「「「「「はぁーーーーーーーーーーーっ!!????」」」」」」」」」」

カヲル「女なんて君に相応しくない。ちょっと優しくされれば身体を許して、気持ちよくなれば虜になる。
     それまでどれだけ愛していた男のことも、簡単に裏切るんだ。僕には理解できないよ」

シンジ「カヲル君、なんか凄い迫力・・・」

カヲル「けれど僕は違う!何があっても、変わらずシンジきゅ、シンジ君を愛してるよハァハァハァ」

シンジ「でも・・・・・・僕ら未成年だし、男同士だよね?」

カヲル「その点は心配要らないよ。同性愛の認められている国に、既に家を用意してあるんだ!
     結婚年齢には達していないけど、ははっ、そんなの書類上のことさ。
     さあ!ネルフなんて放って二人で移り住んで、めくるめく愛の時間をすごそう!!!」

シンジ「ごめん無理」

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:13:33.30 ID:rd3JHw6J0
カヲル「ェ」

シンジ「ホント、ごめんね。カヲル君は、ジュースおごってくれるしカッコいいし、良い人だけど」

カヲル「!」

シンジ「けど僕、ペンペンの世話しなくちゃいけないから」

カヲル「ペ・・・?」

シンジ「ペンペンってさー、日本の温泉が大好きで、国外には出たくないんだって」

カヲル「ペンギンに・・・マケタ・・・?」

シンジ「あっ、じゃあ、僕そろそろ帰るね。みんなも、また明日ーーーっ!」





カヲル「ふ。欝だ死のう」

おわり

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:14:59.71 ID:rd3JHw6J0
一度トンだのでID変わってしまったけど>>178は>>1です
なんか荒れてスマンかった

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:15:19.28 ID:JfOpEgM90
まて

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:18:17.03 ID:h1dqzlC0P
こういう流れは嫌いじゃないんだぜ

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:25:22.65 ID:wwqFTe3N0
いいオチだ乙

187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 05:37:36.44 ID:U6D5ppmj0
おもろかったっす

188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 06:01:32.47 ID:dx2wH2g6P
最後にカヲルくんが振られてザマァとはwwww
気持ちの良い終わりだったぜ!!!>>1乙!!!

190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 06:49:46.92 ID:Fye4RjYE0
おつ

194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 09:49:02.46 ID:afJb/Nbm0
このシンちゃんのイメージ
sinjih674
sinjih69oh

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/12(木) 12:02:24.73 ID:s4UWtRaa0
>>194
下のシンジだったらカヲルくんが惚れるの分かる気がするわ

1000ピース エヴァンゲリオン EVA パイロット 10-1104
関連記事
2010/08/12 12:53 | CM(8) | エヴァ SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2010/08/12 14:24 ]
  2. シンジ△
  3. 774@いんばりあん [ 2010/08/12 17:32 ]
  4. >>スリムなのに太っ腹

    こういう言い回しを思いつけるのがすごい
  5. 774@いんばりあん [ 2010/08/12 19:12 ]
  6. 774@いんばりあん [ 2010/08/12 19:21 ]
  7. この作者アヘ顔好きそうだなw

    しかしやはりシンジさんは格が違った
  8. 774@いんばりあん [ 2012/08/11 11:11 ]
  9. 予想外の展開
    おつ
  10. 774@いんばりあん [ 2013/06/03 00:40 ]
  11. このシンジは周りの女性に何も思ってなかったのかwww
    ただの友人感覚だったもしくはそれ以下というwww
    勝手に彼氏が出来た、まあおめでとう的なwww
    流石シンジ君、レベルが違うぜ!
    これ書いた奴カス!
  12. 774@いんばりあん [ 2014/01/12 15:21 ]
  13. こうゆうの書く奴ってムカつく地獄に墜ちろ!消えろカス!
  14. 新世紀メガネ [ 2014/09/23 13:34 ]
  15. シンジ、ペンペンラブふいた!
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング