HEADLINE

千早「秋めいてきましたね。」 P「ああ。」

2012/09/13 12:08 | CM(4) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 17:34:40.53 ID:vJZ+ZBuz0
~朝 事務所にて~

P「こんなもん、かな。」

小鳥「何書いてるんです?」

音無さんが肩越しに覗き込んでくる。


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 17:37:53.17 ID:vJZ+ZBuz0
P「うわぁっ!? いきなりなんですか!」

小鳥「そんなに驚かなくても… っていうかそれ誰に贈るんです?」
 
  「これから一年またよろしくって、まるでラブレターじゃないですか。」

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 17:39:02.23 ID:vJZ+ZBuz0
P「ちっ違いますよ。そんな軽薄なもんじゃありません。」

急いで便箋と封筒を机の中にしまいこむ。

小鳥「冗談はさておいて、そろそろ時間じゃないですか?」

時計を確認する。

9時12分。 千早の街頭ロケの開始時間は10時。

P(そろそろ出るか…)

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 17:43:49.11 ID:vJZ+ZBuz0
P「そうですね、じゃぁそろそろ送ってきます。
 
ロケの間向こうで暇つぶして、終わったら千早を家まで送ってから帰るんで、ちょっと遅くなります。」

小鳥「はいはい。じゃあ、気をつけて。」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 17:45:41.97 ID:MxUEFLlM0
ピヨピヨ

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 17:48:48.60 ID:vJZ+ZBuz0
~午後5時 仕事終了後~

P「悪いな、千早まで歩かせちゃって。」

千早「いえ、構いませんよ。収録が家の近くで助かりましたね。」

P「ああ、本当にすまん。まさか車のキーを無くすとは思わなかった…」



仕事帰り、二人並んで街路を歩く。

少し前まで蝉の鳴き声で賑わっていた通りも、

八月の終わりともなると少しばかり静けさを取り戻していた。

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 17:53:50.65 ID:vJZ+ZBuz0
千早「なんだか秋めいてきましたね、いつの間にか。」

P「ん?そうか?まだまだ毎日結構暑いけど。」

千早「…プロデューサーには風情が足りてません。」

P「?」


キョトンとするプロデューサー。

その間の抜けたような表情も何処か魅力的に見える。

これが春香の言っていた「夕暮れの魔法」だろうか。

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:02:21.50 ID:vJZ+ZBuz0
眩いオレンジに光る夕日。

私とプロデューサー、二つの影が揺れる。

千早(結構・・・ロマンチックな状況ね、これ。)



P「千早?」

千早「えっ?あっ はい、どうしました?」

P「いや、いきなり黙りこくっちゃったから。考え事か?」

千早「いえ。」
  「綺麗、だな と思いまして。」

P「…そうだな。普段移動は車ばっかりだし、たまにはこう歩くのも悪くないな。」

千早「プロデューサーが鍵を無くしたせい、なんですけどね。」

P「うっ。悪かったって。」

千早「ふふっ 冗談ですよ。寧ろこうしてゆっくり話せて、ちょっと嬉しいです。」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:04:09.81 ID:BVYQAbPQ0
いいぞ

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:07:57.39 ID:vJZ+ZBuz0
仕事で見せるものとは違う、力の抜けた笑いを浮かべる。

暫く心地よい沈黙が続く。

千早(そういえば、一年前の今日って確か)

(プロデューサーと初めて、二人で出かけた日、でしたね。)

(歌の仕事がしたいと我が儘を言う私の相談に乗ってくれて。)

(思えば、あのときから・・・だったのかもしれませんね。)

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:12:35.25 ID:vJZ+ZBuz0
P「千早、ちょっとこっち向いてみろ。」

千早「ふぇっ?」

P「顔が真っ赤だぞ。熱でもあるんじゃないか?」

千早「い、いえ大丈夫ですから。きっと夕日のせいですっ。」

気がつくとプロデューサーの顔がすぐ近くにあって、

照れくさくなり思わず顔を背けてしまった。


P「そうか…ならいいんだけど。最近忙しそうだからな。無理だけはするなよ。」

千早「ありがとうございます。」

「でも最近、仕事がすごく楽しいんです。

きっとプロデューサーが歌の仕事を沢山とってきてくれているお陰ですね。」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:18:29.51 ID:vJZ+ZBuz0
P「ははは。そりゃよかった。頑張ったかいがあるよ。」

「最近、ますます歌も上手くなってるし。」

千早「まだまだ、世界的な歌手には遠いです。」

P「千早なら、きっとすぐになれるさ」

「一年前のあの日、俺はそう思った。」

千早(えっ まさか・・・覚えていてくれた?)

P「千早も覚えてるか?皆でカラオケ行ったときさ・・・」

千早(あっ… なんだ そのことか…)
 
  (やっぱり、もう覚えてないかな。こんな些細なこと。)
  
(そうよね。プロデューサーは他に何人ものアイドル達をプロデュースしているんだもの。)
 
  (仕方ないわ。)

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:25:17.92 ID:vJZ+ZBuz0

P「・・・なんてこともあったな。」

千早「え、ええ。そうでしたね。」

P「千早…?」

少し落ち込んだのが通じてしまったのかもしれない。

心配そうな目でこちらを伺っている。

千早「気にしないでください。少しロケで疲れただけです。」

P「ん…そうか。季節の変わり目は体調崩しやすいからな。気をつけろよ。」

千早「ありがとうございます。」

千早(気配りが出来るんだか出来ないんだか…)

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:32:43.92 ID:vJZ+ZBuz0
街路を抜け、入り組んだ住宅地へと差し掛かる。

オレンジ色の光を放っていた太陽は姿を消し、空には代わって月がおぼろげに輝いていた。


薄明かりの中を涼風が吹き抜ける。


P「暗くなってきたな。確か千早の家はもうすぐだったよな。」

千早「はい。あそこの交差点を超えたらすぐです。」

P「そっか。」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:38:43.48 ID:vJZ+ZBuz0
千早(もう暫く、二人で歩いていたい…)
 
 (でもこんなときに限って、時間は早く過ぎるものね。)


赤信号の交差点に辿りつく。

時折通り過ぎる車のヘッドランプが二人を照らす。



千早「月が綺麗・・・ですね。」

P「ああ、そうだな。朧月も悪くない。」
「また暇なときに、散歩に来ようか。」

千早「ええ、約束ですよ。」

暫し見詰め合う二人。

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:43:37.71 ID:vJZ+ZBuz0
P「ああ、楽しみにしてる。じゃあ千早。気をつけてな。」

千早「プロデューサーもお気をつけて。お疲れさまでした。」


横断歩道を渡り、家へと歩く。

(結局、気付きませんでしたね…プロデューサー)

(ちょっぴり残念ですが、二人の散歩、楽しかったです。)

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:49:08.79 ID:vJZ+ZBuz0
ガチャ
バタン


千早「ふぅ。今日は色々あって疲れたわ。」

律儀に靴をそろえて脱ぎ、居間へと上がる。

ソファに半ば倒れこむように腰掛け、バッグをテーブルに置いた。

千早(先にシャワーでも浴びようかしら。)

簡素なバスルームへと向かい、手早く入浴を済ませる。

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:50:56.36 ID:NSVgmILK0
雰囲気いいな

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 18:58:12.21 ID:vJZ+ZBuz0
パジャマに着替え、ソファに腰を下ろす。


千早「あら?」

バッグの口から見慣れない物が顔を覗かせていた。

(何かしら…)

恐る恐る手にとって見る。

千早「…!」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 19:03:00.34 ID:vJZ+ZBuz0
可愛らしい青のリボンで装飾された封筒。

女の子が喜びそうな動物のシールで封がなされたそれを裏返すと、

差出人とタイトル欄には、こう記してあった。


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 19:09:04.88 ID:vJZ+ZBuz0




Title:また一年よろしく
From:P




26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 19:18:33.71 ID:vJZ+ZBuz0
千早「クスッ 本当に、、、鈍感なのか敏感なのか。」

「でも」
 

「ありがとうございます、プロデューサー。」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 19:25:00.04 ID:vJZ+ZBuz0
~その少し後のP家にて~

P「ふむ。全く分からんな…」

アイドル達の次の仕事は本屋の宣伝。

一人ひとりお気に入りの文豪の本の紹介をするらしい。

P「俺も何か力になってやろうと思い、夏目漱石の偉人伝を読み始めてみたんだが・・・」


「サッパリわからん。」

ぺらぺらと流し読みをしつつページをめくる。

P「ん?」

ふと視界に飛び込んできたフレーズが目に留まった。

ページを繰る手を止め、その一文を読む。

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 19:32:33.64 ID:vJZ+ZBuz0
『彼の文豪夏目漱石は外国語にも造詣が深く、数々の名訳を残したことでも知られる。

その中でも代表的なものをここで紹介しよう。

彼は、とある教科書の中の"I love you."というありふれた一文を、こう訳した。

"月が、綺麗ですね。"と』

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 19:41:50.13 ID:vJZ+ZBuz0
P「…!」

Pの頭の中に、交差点で俯いていた千早の顔が浮かぶ。

P(まさか、な。)

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 19:48:04.05 ID:vJZ+ZBuz0
…とにかく、また一年の間、いや、これからもずっと 


トップアイドルの座に上り詰める、そのときまで。



P「そのときまで、よろしくな、千早。」



おしまい

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/11(火) 20:00:13.71 ID:vJZ+ZBuz0
短文でしたが
お付き合い頂きありがとうございました

転載元
千早「秋めいてきましたね。」 P「ああ。」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347352480/




関連記事
2012/09/13 12:08 | CM(4) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/09/13 13:09 ]
  2. 情緒的でいいね
  3. 774@いんばりあん [ 2012/09/13 17:01 ]
  4. いいふいんきだ
  5. 774@いんばりあん [ 2012/09/13 19:11 ]
  6. 俺「月が、綺麗ですね」
  7. 774@いんばりあん [ 2012/09/15 07:19 ]
  8. もう死んでもいい
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング