HEADLINE

勇者「魔王が普通におっさんだった」

2012/09/19 17:55 | CM(12) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/18(火) 23:44:20.22 ID:Jj0wrfD10
勇者「魔王っ娘とキャッキャするのが夢で勇者になったのに、これは萎えるわ……」

魔王「お前……そんな不純な動機だけでこの城まで来たのか」

勇者「むしろ純粋が故に来ちゃったんだよ。どう責任取ってくれる」

魔王「知らん。とにかく勇者殿の来訪を歓迎しようではないか」

ゾロゾロ……

魔物達「コノ数デ囲マレレバ、勇者デモ一瞬デ肉片ダゼ」

勇者「まじ萎えるわ……」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/18(火) 23:50:22.04 ID:Jj0wrfD10
魔王「ふむ、さすが勇者と言うべきだな。三百程いたが一瞬で壊滅か」

勇者「勇者が魔王っ娘より弱いと成り立たないしな。レベル上げまくった」

魔王「ならばその力を見せてもらおうか。ゆくぞ!」

勇者「いや、帰るわ。おっさんっていうところで萎えた」

魔王「本当にお前は不純だな」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/18(火) 23:59:02.58 ID:Jj0wrfD10
魔王「ならば私が絶世の美女にでも変化すれば戦うのか?」

勇者「興味はあるけど、途中でそのおっさん顔が脳内に流れるしな。遠慮する」

魔王「だったらどうすれば戦うのだ。背中を討つほど私は堕落していないぞ」

勇者「じゃあ、この窓から見える……あのでっかい城。アレ壊して」

魔王「あれはお前の出身地の街にある城だろう」

勇者「あの身勝手な王が消えてくれれば少しはやる気が出るかもしれない」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:04:17.47 ID:1QkCSyX90
魔王「魔物を送り込んだ。一晩あればあの城も廃墟となるだろう」

勇者「ぬるすぎ。魔王って名乗るなら軽く手のひら振ったくらいで消せるだろ」

魔王「チッ……ほら」

勇者「おー、消えた消えた」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:10:50.06 ID:1QkCSyX90
魔王「望みは叶えてやったのだ。今度こそは戦ってもらおう」

勇者「あともうひとつ。あそこの村も消してくれ」

魔王「お前本当に戦う気が……あの村か?」

勇者「そうそう、その村」

魔王「……ほら」

勇者「すげー」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:15:32.57 ID:1QkCSyX90
魔王「城を消させた理由は先程聞いたが、あの村は何だったのだ?」

勇者「あそこに仲間達置いてきたんだよね」

魔王「しかし、お前ほどの力がある勇者の仲間だ。あの程度では死なないだろう」

勇者「いや、死んだと思うよ。ここまで一人でレベル上げしてきたから」

魔王「お前……本当に勇者か? 血も涙もないな」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:20:14.22 ID:BMN1nw660
なんだ、ビール片手にナイターでもみてる魔王なのかと思ったのに

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:24:11.86 ID:1QkCSyX90
勇者「役立たずが消えて、まじですっきりしたわー」

魔王「役立たずとはいえ、何も殺すことはあるまい。仮にも仲間だったのだろう」

勇者「弱いくせに使命感だけ押し付けてきて迷惑だったんだよね」

勇者「世界救う気があるなら、ちょっとでも自力でレベル上げろっつーの」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:24:47.30 ID:92e8YtSl0
魔王の娘が美少女なんだろ

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:31:01.45 ID:1QkCSyX90
魔王「そのような仲間を導くのが勇者ではないのか」

勇者「自分で考え、行動できない人間は勇者パーティに相応しくないな」

魔王「一理あるがな。確かに私もそのような部下を求めている」

勇者「だろ? だからあんな奴らは消えてよかったんだ」

魔王「それは極端すぎる話だ。お前は倫理というか、常識が抜け落ちているな」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:35:57.51 ID:1QkCSyX90
勇者「もうひと……」

魔王「断る。どうせまた村か街を消せなどというのだろう」

勇者「おっさんってやっぱりケチなんだな」

魔王「幼稚な挑発をしても無駄だ。どうしても消して欲しいのなら私に勝って見せろ」

勇者「その時はアンタ死んでるじゃん。それこそ幼稚な挑発だろ」

魔王「なるほど。思考能力は低くないようだ」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:45:43.16 ID:1QkCSyX90
魔王「釈然としないな。どうしてお前のように歪んだ者が勇者に?」

勇者「だから言ったじゃん。魔王っ娘とキャッキャする為だって」

魔王「しかし、魔王は私だ。気に入らないのなら斬り捨てて見せろ」

勇者「こうもおっさんだと、モチベーションが全く上がらないんだよな……」

勇者「あ、さっきは遠慮したけど美女に変化するってのやってみてくれ」

魔王「……」


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:50:38.73 ID:1QkCSyX90
魔王「ほら、これで満足か」

勇者「魔王っ娘って言うには少しだけ大人っぽいけど、結構良いな」

勇者「ちょっとドキドキしてきた」

魔王「少々動きにくいが、このまま戦ってやろう」

勇者「待て。もう少しだけ年齢を下にした感じで頼む」

魔王「……」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 00:56:03.85 ID:1QkCSyX90
魔王「先程よりはこっちのほうが動きやすいか」

勇者「よし、そんな感じだ。こっちもモチベーション上がってきた」

魔王「ならば、そろそろやるか」

勇者「やるとか言うなよ。はち切れそうになるだろ」

魔王「十代中盤の男児のようなことを言うな」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:03:29.97 ID:1QkCSyX90
勇者「よしやる気でた。ほら、先攻くれてやるからかかってこいよ」

魔王「その調子だ。切り刻んでやる……そらっ!」

魔王「あっ……」

勇者「ああ……」


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:09:13.15 ID:1QkCSyX90
魔王「……聞きたいことがある」

勇者「なんだ?」

魔王「お前、どれだけレベルを上げたんだ。剣が通らんどころか、折れたぞ」

勇者「宿屋行く時間も惜しんで上げてたけどな。期間自体は3ヶ月ほどか」

魔王「そうか……3ヶ月か……短いな……」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:11:35.63 ID:ThusyvSw0
魔王は泣いていい…

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:12:18.05 ID:bDQUGyta0
つよすぐる

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:18:07.62 ID:1QkCSyX90
勇者「おっさんが体育座りすんな。いや、でも変化してるからちょっと可愛いな」

魔王「もういい、好きにしろ。煮るなり焼くなりというやつだ」

勇者「なんでだよ。たかが剣が折れただけだろ? 道具なんていつかは劣化するんだよ」

魔王「あの剣は自らの骨肉で作っていたのだ。つまり私の分身に等しい」

勇者「なんだそれ、ちょっとキモいぞ」

魔王「通らないならともかく、折れたのだ。つまり……」

魔王「私が全力で攻撃しても、おそらくお前には傷一つ付けられないだろう」


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:26:27.02 ID:1QkCSyX90
勇者「さっきも言っただろ、道具なんていつかは劣化するんだよ」

魔王「分身が劣化しているということは、本体も劣化しているに決まっているだろう」

魔王「それに、私の寿命は殆ど無限に等しい。能力の停滞はあり得るが劣化はあり得ない」

勇者「え、何? つまり降参なの? 戦闘終わり? 魔王戦が? ラスボス戦が?」

魔王「正直言うと、一目見た時点でお前相手に私が勝てるとは思えなかった」

魔王「私の命もここまでか、と悟りはしたが、ここまでの実力差があるとは……」


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:33:22.87 ID:1QkCSyX90
勇者「分身とはいえ、力が供給されていなかったとかあるだろ? そのくらいで諦めんな」

魔王「そうか……ならばこれを食らえ」

勇者「うお熱ッ!? 不意打ちとかやめろよ本当に!」

魔王「先程城を消し飛ばしたときと同じ呪文だ」

魔王「それを熱いと感じるだけで済むお前は、もはや人間の領域を逸脱している」

勇者「そりゃ勇者だからな。でもその呪文は、魔王からすれば詠唱は容易い部類だろ?」

魔王「正直1発撃つだけで、無いはずの寿命が見えてくるほどに力を消費している」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:40:08.71 ID:1QkCSyX90
魔王「そもそもあの威力の呪文をノーリスクで撃てるのなら部下など要らん」

勇者「それもそうだが……ああ、さっき城と村を消しただろ?」

勇者「そのせいで力を消費し切ってるんだ。今の魔王は実力が発揮できていないんだろう」

魔王「なるほど……」

勇者「俺が変に色々なこと要求したのが悪かったな」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:43:21.80 ID:X1wJ6F0D0
なんか魔王惨めw
慰めてやるよww

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:47:43.92 ID:1QkCSyX90
魔王「私はこの場で2時間程度眠る。起きる頃には魔力は全快しているだろう」

勇者「勇者の目の前で堂々と……いや、そもそも俺が悪いから仕方ないな」

魔王「眠っている間に斬るならそれでもいい。私も悲しみと痛みを感じずに済む」

勇者「そんなことはさすがにしないけどな……」

勇者「ところで、寝てる間って変化が解けたりするのか?」

魔王「このような呪文は意識して解除しなければ解けはしないが、どうした?」

勇者「……いや、なんでも」

魔王「それでは、眠……る……」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 01:57:30.75 ID:1QkCSyX90
勇者「本当に寝た……寝顔が素晴らしく可愛いな。変化の呪文が高性能すぎる」

勇者「でも中身はおっさんなんだよな……しかし段々そのことは気にならなくなってきた」

勇者「床の上だけど冷たくないのか……マントでも敷いてやるか」

勇者「よっ……と、これでよし。でも少し触っただけなのに理性が壊れそうになってきた」

勇者「でも俺って勇者だし、魔王はなかなか良い奴だし、変なことするのもアレじゃん?」

勇者「だから、期待には答えにくいっていうか……というか誰の期待? 下半身?」


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:03:42.40 ID:LZQB2n9+0
なんというか不憫な魔王だな

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:04:41.24 ID:zrWwhEEu0
魔王に娘はいないのか…

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:06:44.39 ID:1QkCSyX90
勇者「襲うのはやはり倫理的に駄目だな。男として最低だ」

勇者「でも魔王が、俺のことを倫理が抜け落ちてるとか言ってたような気がするな」

勇者「ちょっと違ったか? まあ似たようなことを言っていた」

勇者「だったらもう良いんじゃね? 抜け落ちたなりの行動しても良いんじゃね?」

勇者「い、いや駄目だ。そう、こいつはおっさん、こいつはおっさ……」

勇者「……変化の呪文が高性能すぎるだろ……可愛い」


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:13:53.49 ID:1QkCSyX90
勇者「頑張るんだ俺……自問自答でそろそろ2時間経過しただろう……」

勇者「早く起きろよクソ……もう少し不細工な感じで寝ればいいのによ……」

勇者「もういいか……俺はよく我慢し」

魔王「ん……あぁ」

魔王「私はまだ生きているか。済まないな、待たせてしまった」

勇者「お、おう。もう少し遅いとやばかった」

魔王「……? まあいい。靄が晴れたようにすっきりとしている」

魔王「やはり勝てるとは思えんが、大暴れする程度はできるだろう」

勇者「そうか。正直気が引けるが、世界を救うためだ。本気でいってやる」


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:18:22.02 ID:1QkCSyX90
魔王「む……これはお前のマントか。本当に済まないな、返すぞ」

勇者「おう……」

勇者(なんか生ぬるいな……ところでこのマントってこんな赤色だったか?)

魔王「剣は折れていたのだったな……ならば魔の王らしく呪文で向かってやろう」

魔王「焼けろ!」


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:24:11.16 ID:1QkCSyX90
勇者「……」

魔王「やはりダメージは通らない……か、そこまで涼しい顔をされるとなかなか凹むな」

勇者「いや、ダメージというか本当に全く熱くないが……」

魔王「一種の慣れだろう……耐性というべきか。さすがは勇者だ」

勇者「そ、そうか。他にもいくつか呪文が使えるんだろ?」

魔王「風の刃で切り裂いて……私の剣が折れた時点で結果は見えているが……そらっ」

勇者「……」

魔王「切り裂くどころか、どうして風すら起きん!」


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:27:49.39 ID:1QkCSyX90
魔王「絶対零度の……」

勇者「寒くない」

魔王「大地の……」

勇者「揺れない。壊れない」

魔王「即死の……」

勇者「それ怖ッ!」

魔王「そもそもレベル差が開きすぎて効かないだろうしな……」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:33:02.77 ID:1QkCSyX90
魔王「なんということだ……魔力が完全に消失している」

勇者「そんな馬鹿な……なんとなく心当たりはあるが」

魔王「本当に手詰まりだな、2時間も待たせて済まなかった。斬れ」

勇者「……萎えた」

魔王「なに……?」

勇者「攻撃手段皆無な女の子なんて斬れないし、ラスボス戦がこんなのとか萎えるわ」

魔王「だったら変化を再詠唱して……」

勇者「だから、魔力が無くなってるんだろ?」

魔王「も、戻らん……」


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:35:25.02 ID:1QkCSyX90
勇者「帰るわ」

魔王「待て、帰るなら斬ってから……」

勇者「知らん。帰る」

魔王「おい本当に帰るな。お前は何をしにここへ……」

ガチャ……バタン

魔王「あ……」

おわり


63 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:15) :2012/09/19(水) 02:37:33.29 ID:1Ybav64g0
>>61
最後の一行ニフラム

幼女から戻れなくなったこっからが本番さろ

64 あと少しだけ :2012/09/19(水) 02:40:13.74 ID:1QkCSyX90
ガチャ……

魔王「か、帰ってきたか!」

勇者「ここ、今日から俺ん家な」

魔王「……は?」

本当におわり


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:42:06.24 ID:vokNfOD2O
なんでこれからってとこで終わるんだよふざけんなwwww

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:44:40.00 ID:X1wJ6F0D0
ハウスバーモンド乙カレー

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/19(水) 02:47:24.76 ID:r9WYVaOY0
おっさん魔王と無気力勇者のアンニュイストーリーかと思いきややはりラブコメだった

なんにせよ乙

転載元
勇者「魔王が普通におっさんだった」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347979460/




反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。 2 (GA文庫)
日日日
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 50827
関連記事
2012/09/19 17:55 | CM(12) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. あ [ 2012/09/19 19:58 ]
  2. つまらない
    [ 編集 ]
  3. 774@いんばりあんと [ 2012/09/19 21:11 ]
  4. スレタイだけ思い付いてとりあえず書いた感じ
  5. 名無しさん@2ch [ 2012/09/19 21:20 ]
  6. なぜ無意味な女体化に走るのか
  7. 774@いんばりあん [ 2012/09/19 21:39 ]
  8. ぅゎ ゅぅιゃ っょぃ
  9. 774@いんばりあん [ 2012/09/19 22:43 ]
  10. ゴミカス以下の文章だわ
  11. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2012/09/19 23:07 ]
  12. 勇者マントに力吸われたのか
  13. 名無し [ 2012/09/20 00:33 ]
  14. マントのくだりは何?
    赤くなってるって
  15. 774@いんばりあん [ 2012/09/20 00:47 ]
  16. blやるなり、2代目魔王襲名するなり、アットホームするなり、落ちをつけて欲しい。
  17. 774@いんばりあん [ 2012/09/20 01:43 ]
  18. で、マントは何だったんだ?
    考えてないとかそんなんじゃ甘いよ(迫真)
  19. 774@いんばりあん [ 2012/09/20 01:45 ]
  20. 結局ありきたりの女魔王と勇者の話じゃねーか
  21. 名無しさん [ 2012/09/22 00:27 ]
  22. 始まらないで終わった
    いや、結局女魔王モノは外見に釣られてるだけだというアンチテーゼなのか?
    どちらにしろつまらなかったが
  23. 774@いんばりあん [ 2012/09/28 03:16 ]
  24. まとめブログ民()のモンスター化が深刻
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング