HEADLINE

紬「おびわん!」

2010/08/20 06:54 | CM(1) | けいおん! SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:47:41.42 ID:PfZUAq8g0



 


 魂のこもった青春は、そうたやすく滅んでしまうものではない。









 

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:48:46.18 ID:PfZUAq8g0
バーンパパパパァンパパパパパパパパパパパァーンババババーンパーンパパパパーンパ

ーンパパパパーン

 グリーヴァス将軍にまたしても逃げられた!

 ジェダイマスターのオビ=ワン・ケノービが

 わずかな護衛とともに移動中のグリーヴァス
 
 将軍を発見し、追跡したが、あと一歩のとこ
 
 ろで逃してしまった。ケノービ将軍はすぐに
 
 態勢を立て直し、グリーバス追跡の任務に入
 
 ろうとしていた。そこへ増援を連れたマスタ

 ーヨーダがオビ=ワンの船へやってきた……


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:49:20.30 ID:PfZUAq8g0
――ジェダイクルーザーのブリッジ

コーディ「将軍」

オビ=ワン「どうした? コマンダー」

コーディ「マスターヨーダがお見えです」

オビ=ワン「ああ…そうか…わかった。すぐ行く」

コーディ「失礼ですが将軍、顔色が優れないようですが、お疲れなのでは?」

ドア「プシュー」

ヨーダ「クローンの言うとおりじゃ」

オビ=ワン「マスターヨーダ」

ヨーダ「その体調ではグリーバスをとらえることはできまい。ん?」

オビ=ワン「しかし」

ヨーダ「実は太陽系銀河にいるおぬしの友人から助けを求められてな。
    そちらへ行ってはくれぬか」

オビ=ワン「ですがグリーバスの追跡は」

ヨーダ「そちらはスカイウォーカーが行う。
    おぬしは地球へと向かってくれ」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:49:53.37 ID:mzgLn6GE0
紬「じゃあこの紅茶を運んでくれる?」

ドロイド「ラジャラジャ」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:49:58.96 ID:PfZUAq8g0
――格納庫

オビ=ワン「コーディ、適度な訓練は欠かすな」

コーディ「イエッサー。将軍がお帰りまでには
     新兵の教育も終えておきます」

オビ=ワン「そうしてもらえると助かるな。
      行くぞR4」

R4「プピピ-」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:50:48.44 ID:PfZUAq8g0
――学校周辺

セミ「ミーンミンミンミンミンミンミンミンミンチュミミミーン」

オビ=ワン「地球は10年ぶりぐらいか……」

R4「プピポーパプピポ」

オビ=ワン「よし、着陸しろ」

R4「プププピーポ」

オビ=ワン「私が呼ぶまでは衛星軌道上で待機していろ。
      この星には共和国の技術はあまり触れさせてはいけないからな」

R4「プピポー」

オビ=ワン「そんなに何日もかからんよ。
      あまりのんびりするわけにもいかないからな」

R4「ピプポーポ」

オビ=ワン「さて……」

??「オビ!!」

オビ=ワン「!?」ビジィィィィイ

??「待て!」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:51:39.61 ID:PfZUAq8g0
オビ=ワン「斎藤! すまない。久しぶりだな」スゥン

斎藤「こちらこそ気配を消していたからな。
   それにしてもオビが来るとは思わなかった」

オビ=ワン「助けが必要だとしか聞いていないんだが、
      いったい何があったんだ?」

斎藤「実は……紬お嬢様がストーカー被害にあっているらしいんだ」

オビ=ワン「ストーカー!? そいつは分離主義者なのか?」

斎藤「いや、地球人で間違いないだろう。
   おそらく休暇のつもりでマスターヨーダはオビを派遣したんじゃないか?」

オビ=ワン「斎藤まで……それほどに私の顔色は悪いのか……?」

斎藤「ああ、私がライトセーバーをもってたらあっという間に倒せそうだった」

オビ=ワン「フゥ……」

斎藤「というわけで一週間ほどお嬢様の護衛を頼む。
   私はご主人様についてグリーンランドに行かねばならないんだ」

オビ=ワン「斎藤はいないのか?」

斎藤「すでに学校には話を通してある。紬お嬢様にもな。では頼んだぞ」ドロン

オビ=ワン「おい! 全く、しょうがない、学校に行くとするか」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:52:53.27 ID:PfZUAq8g0
――校門前


オビ=ワン「そこのお嬢さん。私はジェダイ評議会の
      オビ=ワン・ケノービというものだが、琴吹紬さんどちらにいるかな



和「あ、あなたが護衛にあたってくださる方ですか?
  はじめまして、私、生徒会長の真鍋和と申します。
  軽音部の部室にいますのでご案内します」

オビ=ワン「ありがとう。頼むよ」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:53:51.42 ID:PfZUAq8g0
――部室


唯「へぇ~じゃあ10年ぶりになるんだ~?」

紬「そうなのよ~」ポワポワ

澪「十年越しの遠距離恋愛……いいかもしれない」

紬「いや、そういう対象じゃないから~」アセアセ

律「けどストーカ―被害なんて嘘つかなくてもいいんじゃないか?」ズズズズズ

紬「う~ん……けど真面目な方だから何か仕事してないと休めないと思うの」

梓「休んでばっかの軽音部とは大違いですね、律先輩」パクパク

律「さわちゃんの分のケーキ食ってるくせに偉そうなこと言うなぁ!」ホッペグニー

梓「いひゃいでふ。いふしぇんぱい」

唯「がっついてるあずにゃんもかわいいよ~」ダキッアンドホッペスリスリ

梓「ニャッ! 暑いです。離れてください唯先輩」ムテイコー

紬「ジー」REC

澪「ムギ……」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:55:28.96 ID:PfZUAq8g0
和「ムギ~いるかしら~?」ガチャ

全員「あ……」

オビ=ワン「あ~軽音楽部と聞いていたのだが、
      ひょっとして軽いノリで楽しむってことなのかな?」

唯(……私と同じようなこと言ってる)

和「えーこちら、ジェダイ評議会のオビ=ワン・ケノービさんです
  彼女たちが軽音部の」

律「部長の田井中律でーす」

唯「平沢唯です」ニコッ

澪「秋山です」ペコ

梓「ギターの中野梓です」ペコリ

紬「コホン、お久しぶりですオビさん」ニッコリ

オビ=ワン「ああ、久しぶりだな。斎藤から聞いたよ、
       ツムギが困ってると」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:55:30.97 ID:6wX8FILB0
おびわん!の発想は無かったwwwwwwwwwwwww

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:56:39.40 ID:PfZUAq8g0
澪「なあ律、けっこうかっこいい人だな」ヒソヒソ

律「ん~そうかぁ~? 予想してたけど結構歳いってんじゃん。
  それとも澪ちゅわんはああいうのがお好みかな~」ニヤリ

澪「バカッ! 別にそんなんじゃないよ」パカ

律「アイテッ! このうやったな~」ムニュ

澪「ひい~どこ触ってるんだ!!」バカ

唯「ほえ~」ボー

梓「どうしたんですか? 唯先輩?」

唯「あの腰にぶら下がってるの……かっこいい」ポワーン

梓「何言ってるんですか! 唯先輩! あれはジェダイの武器、ライトセーバーで

  すよ!」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/07(土) 23:58:39.98 ID:PfZUAq8g0
梓「内部構造は動力源である多面体の宝石アデガン・クリスタルが数個設置されているんです。

  放射口中心から吐き出されるエネルギー集合体は刃の様に見えるものなんです。

  クリスタルが一つのライトセーバーは、強度および刃の長さは固定されていて、

  複数のクリスタルを使用して製作されたセーバーは外側の装置を回転させ宝石間の距離を

  調整することにより強度や刃の長さを変えて使用することができるんです。

  ジェダイの修行の一貫であるセーバー製作は、

  クリスタル配列およびカットを自分の手で仕上げなければいけないのです。

  配列にわずかな誤差があってもディアチウムパワーセルを制御できずに
 
  作動スイッチを起動したとたん炸裂するんです」
  出典 ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%90% E3%83%BC

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:00:49.62 ID:PfZUAq8g0
唯「……あずにゃん詳しいね」

梓「ハッ!? 別にジェダイになりたかったとかそういうことじゃないんですから

  ね」

唯律澪(なりたかったんだ……)

律「けどあれ包丁なんかよりよく切れるんだろ?
  固くて切れない冷凍食材とか切るのに便利そうだよな~」

澪「武器を使って料理って」アセ

梓「切れるという食材溶かしちゃうんじゃないですか?」

律「あーそうかもな、一緒に指も溶かしちゃったりしてな」

澪「ヒッ!!」シャガミビクビクナミダメ


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:02:41.02 ID:79ru4p+7O
おわびん!!に見えた

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:03:58.31 ID:PfZUAq8g0
>>16
おやびん!!に見えた

オビ=ワン「こらこら、ジェダイにとって命のように大切なものなんだ、おもちゃ

       にしてはいけないよ」

律「あっオビワンさん、それで料理とかしないんですか?」

紬「前に一度触らせてもらったけど、普通の人が扱うには危険よりっちゃん」

律「ムギ触ったことあんの? いいな~」チラ

オビ=ワン「ダメだ」

律「まだ何も言ってないじゃん」チェッケチー

和「しばらくオビワンさんには外部からの指導員という形で軽音楽部を見てもらう

  わね」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:06:20.14 ID:0BVXz9Nh0
唯「和ちゃん……」

和「なあに、唯?」

唯「まだ居たんだ?」

和「そ、そうなのよ。じ、じゃあ私生徒会行くね」ダッ

澪「和、相変わらず苦労してるんだな~」ナミダー

オビ=ワン「しかし、私は音楽のことなんてなにも知らないぞ」

律「じゃあさっそく歓迎の意味も込めて」

梓「嫌な予感がする」

律「一曲演奏するか!」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:06:46.10 ID:luNloH2s0
唯ならR2と会話できそう

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:07:44.86 ID:0BVXz9Nh0
>>19
その発想はなかった

梓「やっぱりお茶ですかって、え?」

紬「梓ちゃん、ごめんなさい。今日はもうケーキ残ってないのよ」

澪「まだ食べたかったのか?」

律「梓は演奏よりもティータイムのほうが大事なのか~」ニヤッ

唯「あずにゃんったら、食いしんぼうさんだな~」

梓「ち、違うです。これは律先輩がいつもお茶ばっかしてるから」

オビ=ワン「……」ジー

梓「ハッ。早く準備してください律先輩」アセアセ

律(無理やり押しとおしたな)

律「じゃあ、カレーやるか。行くぞー」ワン、ツー、ワンツースリーフォー

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:09:52.54 ID:0BVXz9Nh0
…………


キーボー「パーラーラッラー」ドヤッ

オビ=ワン「素晴らしい」パチパチパチ
       「最初に言ったことは撤回しないといけないな」

唯「エヘヘー」ホメラレター

オビ=ワン「ツムギも10年前と比べてとても上手くなったな」

紬「オビさん、8歳のころと一緒にしないでください」モー

律「オビワンさん、ムギのちっちゃいころってどんなんだったんですか?」

唯「あ、私も聞きたーい」ノ

紬「わ、私の話なんて聞いても面白くないわよ~」アタフタ

梓「私もちょっと興味あります」ノ

紬「くぁwせdrftgyあずさlp;」

澪「わたしも聞きたいな」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:11:58.68 ID:0BVXz9Nh0
紬「オビさんは昔のことなんて覚えてないわ」

澪「え、でもさっき10年前と比べてって」

紬「お・ぼ・え・て・な・い・わ・よ・ね・オ・ビ・さ・ん」ゴゴゴゴゴ

オビ=ワン「あ、ああ、覚えてなかったことを思い出した」タラーリ

梓(ジェダイを押し切ったー!!)

律(一体ムギの過去に何があったんだ?)アセー


ドア「ガチャ」

さわ子「あなたたちー例の人来たかしらー?」

オビ=ワン「あなたが顧問の先生ですか?
       ジェダイ評議会のオビ=ワン・ケノービです」

さわ子「あっ、(イイ男じゃない)はいぃ」ハァト
    「顧問の山中さわ子でぇす」ジュルリ

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:13:13.25 ID:0BVXz9Nh0
紬「オビさんは昔のことなんて覚えてないわ」

澪「え、でもさっき10年前と比べてって」

紬「お・ぼ・え・て・な・い・わ・よ・ね・オ・ビ・さ・ん」ゴゴゴゴゴ

オビ=ワン「あ、ああ、覚えてなかったことを思い出した」タラーリ

梓(ジェダイを押し切ったー!!)

律(一体ムギの過去に何があったんだ?)アセー


ドア「ガチャ」

さわ子「あなたたちー例の人来たかしらー?」

オビ=ワン「あなたが顧問の先生ですか?
       ジェダイ評議会のオビ=ワン・ケノービです」

さわ子「あっ、(イイ男じゃない)はいぃ」ハァト
    「顧問の山中さわ子でぇす」ジュルリ

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:16:09.53 ID:YVsNBNTu0
これは支援

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:16:14.51 ID:0BVXz9Nh0
ミスった

オビ=ワン「先生は今忙しい」

さわ子「私いま忙しいのよ」

オビ=ワン「仕事があるから職員室に戻る」

さわ子「仕事があるから職員室に戻るわね」

ドア「ャチガ」

一同「ポカーン」

紬「どうしたんですか? さわ子先生を追い出すなんて」

オビ=ワン「いや、なんだかとても危険な感じがして思わず」アセ

ドア「ガチャ」

さわ子「って仕事は終わったから来たのよ~」クワッ

梓「もう戻ってきたー!」

オビ=ワン「く……まだまだ修行が足りないようだ」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:17:54.17 ID:0BVXz9Nh0
さわ子「さあて、今日のお菓子はなにかしら」

唯「ほえ? さわちゃんの分もう残ってないよ?」

さわ子「ええ~どうしてよ~」ウウ-

梓「せ、先生が忙しいからいらないって言ったんじゃないですか」ヒッシ

さわ子「そうだけどぉ~」ウゥー

律「それにお客さんにだって出してないのに
  さわちゃんの分取っとくわけないだろ」

オビ=ワン「私のことは気を使わないで結構だよ、リツ」

さわ子「あ、あらもう居らっしゃってたのよね」オホホホホ

澪「それと先生、もう……下校時間です」

さわ子「ガーン」サラサラ

唯「あ、灰になっちゃった」

紬「ミルクティーお待たせしました~」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:18:54.24 ID:0BVXz9Nh0
――帰り道

澪「ええーじゃあムギの家に泊まるのか!?」

紬「ええ、うちが招いたのだから、何かおかしいかしら?」

澪「だって、若い男女が一つ屋根の下……」ボン

律「あーあー、しょうがねえなー
  じゃあ澪は私が連れて帰るわ」

唯「うん。じゃーねー」ノシ

律「おう、また明日な~」ミオーアルケルカー

紬「じゃあ唯ちゃん、梓ちゃんまた明日ね」バイバーイ

梓「はい、また明日です」


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:19:40.03 ID:YVsNBNTu0
エピソード3のオビ=ワンはカッコ良いし強いよな

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:19:51.63 ID:0BVXz9Nh0
唯「オビワンさんもまたね~」ノシ

オビ=ワン「ああ、明日もお邪魔するよ」

紬「ところでオビさん」

オビ=ワン「なんだい、ツムギ?」

紬「日本のお金って持ってます?」

オビ=ワン「あ……」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:21:26.80 ID:0BVXz9Nh0
>>28いまさらかもしれませんが
書いているうちにキャラがちょっと崩壊しました

ガチャッ チャーチャーチャン チャラリラリ チャラリラ ラリラーンー ♪
  ____
 | __ _.|
 |=◎〓◎B|
 | / ̄ヽ  .|
   ̄ ̄ ̄ ̄
けいぉ……ウゴボッフォンおびわん!

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:23:08.30 ID:0BVXz9Nh0

――翌日の放課後の部室

梓「とんちゃんえさだよ~」

ドア「ガチャ」

オビ=ワン「やあ、アズサ、君ひとりかい」

梓「オビワンさん。こんにちはです
  そうなんです先輩たちのクラスはよくHRが遅れるんです」

オビ=ワン「彼女たちがそろっていたら大変そうだな」ハハハ

梓「ちなみに担任はさわ子先生です」

オビ=ワン「……彼女たちがそろっていたら本当に大変だな」

梓「ところでオビワンさん、授業の間は何をしていたんですか?」

オビ=ワン「ん? 学校の周囲を警戒していたよ。
       怪しい人物は見つからなかったがね」

梓「警戒?」

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:24:39.55 ID:0BVXz9Nh0
オビ=ワン「アズサは聞いていないのかい?
      ツムギがストーカーの被害にあっていることを」

梓「あーそーいえばそーでしたー」ボウ

オビ=ワン「?」

律「たのもー」バタン

澪「道場破りかっ」パコ

唯「あっずにゃーん」ダキ

梓「ニャッ! 暑いです。離れてください唯先輩」ムテイコー

紬「ジー」REC

オビ=ワン「あー、これは日課なのかな」ゴホン

一同「はっ!」アセタラーリ

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:26:13.65 ID:0BVXz9Nh0
唯「ところであずにゃん。今なに話してたの~?」

梓「ななななんでもいいじゃないですか
  それよりも練習しましょう」シラジラ

律「お、今日の梓は昨日よりやる気あるな~」

梓「あ、当たり前です。私は律先輩とは違うんです。
  ケーキくらい我慢できるんです」プンスカ

律「じゃあ梓は今日はケーキいらないんだな?」

梓「それとこれとは話が別です」

律澪「あっさり翻した……」

紬「みなさーん、お茶が入りましたよ」

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:28:00.88 ID:0BVXz9Nh0

さわ子「よっ! 待ってました」

オビ=ワン「!?」ビジィィィィイ

律「どぅわあ!! さわちゃんいつの間に!?」

澪「さっきHR終わったばかりなのに……」

さわ子「あの驚かせたのは謝りますから剣を下ろして」ナミダ

オビ=ワン「す、すまない」スゥン

律「けどなんでさわちゃんのほうがこんなに早いんだ?
  私たちのほうが先に教室出たのに」ダラーリ

さわ子「だってえ、昨日お菓子食べそこなっちゃったんだもの
     体がお菓子をほしがっちゃって~」テヘッ

唯「わかるよさわちゃん!
  ムギちゃんのお茶とお菓子美味しいもんね~」デヘヘヘ

梓(理由じゃなくて手段を聞きたかったのでは…?)

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:30:00.08 ID:0BVXz9Nh0
律「オビワンさん、ムギの家ってどうだった?」

澪「馬鹿律!! なななんてこと聞くんだ」カオマッカー

律「なんでだよー、澪は気にならないのかよ~」タンコブホッペプクー

澪「だって、昨日ムギとオビワンさんは二人っきりで」プシュー

オビ=ワン「いや別に二人っきりというわけではないのだが……
       それにしてもこうしてゆっくりティータイムを
       楽しむのはずいぶんと久し振りだ」

唯「久しぶりってどれくらい?」

オビ=ワン「二年ほど前かな? 戦場で降伏条件を決めるときに
       飲んだものさ」

律「全然ゆっくりできねー!」

オビ=ワン「しかも降伏した側だ」

律「しかも負けたほうかよ!!」

オビ=ワン「まあ嘘だがな」

律「あたしのツッコミを返せー!!!」

澪梓(そのツッコミの素早さ並に練習も早く始めてほしいなあ……)ズズズズズ


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:31:06.94 ID:0BVXz9Nh0
オビ=ワン「それくらい早く反応してくれると面白いな。
      ふだん私の周りには皮肉で返してくるものばかりだから」

紬「普段どんな方がいるのか聞いてみたいわ」ウフフフフ

オビ=ワン「私の弟子だったやつがいるのだが
      こいつが生意気でな…………」ナガナガカタリ

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:32:26.71 ID:YVsNBNTu0
>>35
クローンウォーズwww

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:32:48.35 ID:0BVXz9Nh0
…………

唯「その人はオビワンさんのことをとても信頼しているんじゃないかな」

オビ=ワン「そうかな? 尊敬されていないようにも思えるのだが」

紬「いいえ唯ちゃんの言うとおりだわ!
  大切に思っていない人のためにそんな危険なことはできません!」

澪律梓「私もそう思いまっす!!!」

オビ=ワン「……君たちも信頼し合っているようだな」フフフ
     「息がぴったり合ってる。普段一緒に演奏してるからかな」

梓「そうかもしれませんね。演奏を重ねるたびに
  心まで重なる感じがして、お茶を飲んで、
  それからまた演奏したら、
  もっと心が通ってるような気がして」カタリ

律澪「梓……そんな風に思ってくれてたなんて」ジーン

唯「あずにゃーん!私も大好きだよー!!」ダキツキムチュチュ

梓「ニャ!! ベッ別にわたしは好きなんて言ってません!」

唯「それでも私はだいすきだよーあずにゃん」スリスリ

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:34:07.32 ID:0BVXz9Nh0
紬「ジー」REC

オビ=ワン「ツムギ、聞きたいんだが、
      そのカメラはいったいどこから出しているんだ?」

紬「ウフフフフ」

オビ=ワン「なにか言ってくれ……」ショボーン

梓「いい加減に離れてください、唯先輩」グイー

唯「もっと堪能したかったのに」ウウー

律「そうだよ、昨夜の話を聞きたかったのに
  おもいっきし話がそれてるじゃんか」

澪「馬鹿律!! ななななんてこと聞くんだ!!!」

律「いや、それはもういい」アキレー

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:36:30.11 ID:0BVXz9Nh0
紬「それがオビさんったらね、お金持ってなかったのよ」ウフフ

オビ=ワン「ツムギ! 約束が違うぞ!」ビジィィィィイ
       「内緒にしてくれるというからあんなことをしたのに!!!」

律「一体何やったんだー!!」

梓「お金持ってなかったのよりその反応のほうが
  ショックです」

さわ子「大人げないですよ、オビワンさん」ガシリ

オビ=ワン「クッ、まだ残ってたのか」ハナセー

さわ子「いまよムギちゃん洗いざらい話しちゃって」メガネキラーン

律「ひょっとしてさわちゃんさっき
  ライトセーバー突きつけられたの根に持ってるんじゃ」タラーリ

唯「そいで、お金なくてどうしたの?」

紬「うちへ帰るのに電車に乗る時切符を買ってあげたのよ」

唯「ふんふん」ワクワク

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:38:04.47 ID:0BVXz9Nh0
紬「使い方を教えてあげようとしたら
  『周囲を注意深く見ていればそれくらいは理解できる』って言って」

律「それからそれから」テカテカ

オビ=ワン「NO! Tumugi NO!!」

紬「その切符をスイカタッチするところにピッてやっちゃって」

オビ=ワン「ノー、ノー、ノオオオオオオオオオオオオオオオ」

紬「もちろん改札のドアがバーンってなっちゃったの~」

一同「アッハッハ」ドッ

梓「たしかにジェダイがそれは恥ずかしいですね」プッ

律「それで、あんなことって一体何させたのさ~」ワライスギナミダメ

紬「それは秘密」ウフフ

唯律(よけい気になる!)

さわ子「なによ、それだけ。つまんなーい」εブーブー

澪梓(あんたはあんたで一体どんなこと想像してたんだよ!)

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:39:26.24 ID:0BVXz9Nh0
オビ=ワン「そ、そうだ。君たち、練習はしなくていいのか。
       軽音楽部なのだろう? ケーキを食べてるだけじゃあないか。
       それではだめじゃないのかね」

律「話のそらし方が露骨だなあ、おい」アキレー

梓「ハッ、すっかり和んでしまってました。
  そうです、練習しなくちゃです。
  さあ、唯先輩、律先輩早く準備してください」

律「梓だって楽しんでたくせにー」

梓「い、いいから早く準備するです」アセアセ

律「わーったよ。ったくぅ」

オビ=ワン「うんうん、これでよし」

さわ子「あんたたちの演奏聴くのも久しぶりねえ」

オビ=ワン(あとはこいつか)ジトー

さわ子「一緒に聞きましょ。オビワンさん」ニコリ


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:40:56.74 ID:0BVXz9Nh0
オビ=ワン「私は一緒に聞かない」

さわ子「私は一緒に聞かない」
 
さわ子「なんて言うとでも思ったっかー!?あーん!?」ギロリ

オビ=ワン(!!!!)バクチュウビジィィィィイ

律「さわちゃん!! 顔、顔!」

さわ子「あらやだ、ごめんなさい」オホホホホ

オビ=ワン(嫌な感じがしたのは今のか。だが殺意はないようだ)スゥン

オビ=ワン「いや、こちらこそ失礼した。
       ではゆっくり拝聴するとしよう」

律「よしふわふわやるか」

唯「まかしといてりっちゃん
  それじゃー行くよー」フンス!(`ω´)

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:42:11.61 ID:0BVXz9Nh0
…………

ドラミ「ドゥコドゥコ」ドウカシラ-

律「今日は完ぺきだったな」

唯「そうだねりっちゃん!」

澪「思いっきり走ってたのにどの口が言うか……」

唯「そうだよりっちゃん!」

梓「唯先輩もですよ」

唯「全くりっちゃんってば……ってあたしも?」

梓「そうです、細かいミスが年齢分くらいありましたよ!」

ゆい「ひらさわゆい、さんちゃいです!」

律「いや、どんなごまかし方だよ」タラーリ

オビ=ワン「にぎやかですね」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:42:32.67 ID:YVsNBNTu0
支援

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:43:26.72 ID:0BVXz9Nh0
さわ子「そうですね、いつもこの調子で
     ちょっと疲れちゃいますけど
     この子たち見てるのって、
     ほんと、飽きないんですよ」

オビ=ワン「ツムギ」

紬「なんですか、オビさん?」

オビ=ワン「わたしはそろそろコルサントに帰るとするよ」

唯「えー!? まだ二日目だよ? まだ帰るの早いよー
  もっとゆっくりしていきなよ」

律「バカ、それじゃあ、ストーカーいないのがばれちまうだろ」

オビ=ワン「やはりそうだったか」

澪「律のがバカだ」はぁ

律「しまった」

紬「いつから気付いてたんですか?」

オビ=ワン「注意深く観察していればすぐわかるさ」

梓プッ「あ、いや、すいません。さっきの>>41を思い出しちゃって」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:45:06.96 ID:0BVXz9Nh0
オビ=ワン「早く戦争を終わらせなければいけないのでね。
      いつこの銀河まで戦火が広がるかわからないし……」

紬「でも、疲れてらっしゃるんでしょう。もっとゆっくりされていったほうが……」

オビ=ワン「もう大丈夫だよ、ツムギ。
      君たちの演奏を聞いて元気がわいてきた」

紬「オビさん……」ウルウル

オビ=ワン「ここへ来て、元気を分けてもらえなかったら
      私は戦死していたかもしれない。
      すぐに戦争を終わらせてまた来るさ」

紬「絶対ですよ。約束ですからね」ウルウル

オビ=ワン「ああ、約束するよ」ピッ
      「R4。迎えに来てくれ」ピプペーポ

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:47:15.43 ID:0BVXz9Nh0
律「私たちのことも忘れちゃやだぜ」グズ

梓「そうですよ」グス

澪「忘れないでほしいです」ナミダー

唯「そうだよ、オビワンさん、また会いに来てね」ウルウル

さわ子「この子たち泣かせたままなんて、顧問として許しませんからね」

オビ=ワン「ああもちろんだとも。おっと迎えが来たようだ。
      さらばだわが友よ」ヒョイノリコミ
      「フォースとともにあらんことを」ゴゴゴゴゴピュー

紬「……」ウルウルアンドボー

澪「ムギ、ひょっとして……」

紬「ええ」ナミダフキフキ
  「私、ジェダイになるのが夢だったの」ニッコリ


――ジェダイスターファイター

R4「ププピープ」

オビ=ワン「そうだな、また来たい、いや来なければな」ハイパービューン


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:48:23.30 ID:0BVXz9Nh0
パラッパラッパラッパパパパバーンバーンババババーンバババババーンバババババーン

バラッパララララララーラララーラッララーラッララーラーラララッラー

ッララーラッララーラーラララッラー

Morikawa Toshiyuki
as
 Obi-Wan Kenobi


 Kotobuki Hole Minako
as
  Kotobuki Tumugi


Toyosaki(`ω´)Aki
as
  Hirasawa Yui 

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:50:18.48 ID:0BVXz9Nh0
めっちゃずれてるorz

Hikasa Tehepero Youko
as
Akiyama Mio


Satou Sugar Satomi
as
Tainaka Ritu


Taketatu Kunka Ayana
as
Nakano Azusa


Sanada D.G. Asami
as
Yamanaka Sawako

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:51:38.95 ID:0BVXz9Nh0
Fujitou Usagi Chika
as
Manabe Nodoka


Nagai Ichirou
as
Yoda


Kaneda Akio
as
Cody


Maruyama Eiji 79
as
Saito

……and more?

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:52:34.20 ID:0BVXz9Nh0
カポーン

憂「梓ちゃんも誘えばよかったかな」

純「しょうがないよ、部活だったんだもん」

憂「でも~」ショボーン

純「まあまあ、梓とはまた今度くればいいじゃん
  いまはあたしと楽しもうよ」

憂「そうだね。今度は三人で来ようね」ニッコリ

純「そうそう、たまにはいいよね。銭湯」ハダカー

憂「うん広いお風呂って気持ちいいよね」ハダカー

Yonezawa ○ Madoka
as
Hirasawa Ui
  
 Nagata ** Yoriko
as
Suzuki Jun

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 00:54:57.01 ID:0BVXz9Nh0
これにて終了になります。

まったくの自己満足にお付き合いいただき、

大変ありがとうございました。

皆様の御目汚しでなければ、

幸いです。

最後に今一度、ありがとうございました。

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 01:03:14.73 ID:mxQTX9Oc0
スレタイでワロタ


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 01:10:31.75 ID:YVsNBNTu0

結構面白かった

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/08/08(日) 02:31:07.34 ID:79ru4p+7O
早く終わったんだな
おつ

関連記事
2010/08/20 06:54 | CM(1) | けいおん! SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2010/08/20 18:07 ]
  2. 擬音がなんか面白かった
    和んだよ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング