HEADLINE

ウィーン「数年後について考えたり、相談したり」

2012/09/29 05:18 | CM(2) | その他 TARI TARI SS
3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:15:39.94 ID:s3fF8/in0
ウィーン「……」

ガラッ

和奏「あれ? ウィーン? どうしたの、教室に一人で。考え事?」

ウィーン「……あぁ、和奏。うん、ちょっとね。和奏こそ、どうしたの?」

和奏「忘れ物取りに来たんだけど……。何かあったの?」

ウィーン「うん。白祭が終わって、みんなそれぞれ自分の夢を追っているよね」

和奏「そうだね」

ウィーン「それなのに、今の僕はまだ何も出来てない。例えば数年後、一体僕はどうなっているのか……どうしたいのか……」

和奏「……うーん。あ!」

ウィーン「?」

和奏「せっかくだし、合唱部のみんなに聞いてみよっか」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:18:18.96 ID:s3fF8/in0
ウィーン「え?」

和奏「受験勉強で忙しいかもだけど、たまに息抜きくらいは良いと思う」

ウィーン「迷惑じゃないかな?」

和奏「大丈夫だよ。ちょっと待っててね。すぐメールするから」

ウィーン「うん。ありがとう、和奏」


――――その後。

ガラッ!

来夏「おーっす! 和奏アンド、ゥウィーーン!」

ウィーン「やあ、来夏」

来夏「ちょうど今日が図書室に寄る日で良かったよー。普段ならとっくに帰ってたもん!」

和奏「紗羽と田中は?」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:21:08.18 ID:s3fF8/in0
来夏「さあ? 田中はバトミントンの練習するって、行ってたし。紗羽は先に帰っちゃってたし」

和奏「え、でも二人とも来るって連絡来たよ?」

来夏「そうなんだ。じゃー、待ってれば来るんじゃない?」

ワイワイガヤガヤ

ウィーン「あ、この話し声は、大智と紗羽だ!」

紗羽『大体、なんで制服に着替えたの? この後また練習なんでしょ?』

田中『……別に良いだろ。動いた後だったから、汗かいてたんだよ』

紗羽『ふーん。気にしなくていいのに』

田中『俺は……気にするんだよ。お前こそ、何であんなとこに居たんだよ。先に帰ってたろ』

紗羽『提出物あったから、学校出るのちょっと遅れたの。まさか、校門で田中と鉢合わせするとは思ってなかったけど』

ガラッ

紗羽「お待たせ、みんな」

田中「なんだ、もう揃ってんのか。遅れて悪いな」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:24:43.77 ID:s3fF8/in0
来夏「毎日顔は合わせてるのに、なんか久しぶりって感じするね」

和奏「こんな話、白祭の前もしたよね」

ウィーン「僕たち、いつも一緒だったから。ちょっとだけでも長く思えるよ」

来夏「ウィーンは泣かせることを言ってくれるねぇ……。さて、じゃ、和奏!」

和奏「うん。今日集まってもらったのはね、そのウィーンのことなの」

ウィーン「どうか、みんなの力を貸してほしいんだ」

紗羽「力って? 具体的には?」

ウィーン「果たして、数年後僕は一体何をしているのか。それを考えてほしい」

来夏「……つまりは、ウィーンの将来についてってこと?」

ウィーン「そうだね」

紗羽「ウィーンの将来ねえ……」

田中「お前、帰国子女だろ? 実家あっちなら、戻ってもいいんじゃねーか? 馴染みはドイツのがあるんじゃねーの?」

ウィーン「それは出来ないこともないけど……僕が生まれたこの日本で、今ここに来たならば、きっと意味があるはずなんだ!
      だから、ここで何か、やりとげられることを探したい!」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:28:03.78 ID:s3fF8/in0
来夏「熱血ぅー! よーし、そこまで本気なら、あたしも全力でサポートしてあげるよ!」

ウィーン「ありがとう来夏!」

来夏「じゃあ、まずウィーンのことをおさらいしよっか。黒板に、何でもいいから自己紹介してよ」

ウィーン「わかった!」

――――数分後

ウィーン「ガンガン今日もがーんばってー♪ ガンガン夢をまーもるんだー♪」

和奏「ウィーン」

ウィーン「なに?」

和奏「ドイツ語じゃ、私たちわかんないよ」

来夏(和奏がドイツ語だってわかったことに驚きだ!)

紗羽(って顔を来夏がしてる)

田中(それを読めた沖田がすげえよ)

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:32:26.31 ID:s3fF8/in0
ウィーン「あぁ、ごめん。みんなには、日本語じゃないといけないかったね」

紗羽「もういいよ。わたしが書いてあげるから、言ってって」

ウィーン「お願いね、紗羽。じゃあまず……」


――――。

ウィーン「というぐらいかな」

来夏「前田敦博、身長175センチ体重65キロ。体力測定はBランク。学力は第二言語のみA、他はB。
   趣味はガンバレンジャーを見ること。ヤンへ手紙を書くこと。
   特技は小物作りとガンバライジャー全話、全台詞を言える。
   家はお爺ちゃんの別荘に父親と住んでいる。読書も好き。日本も大好き。合唱部のみんなももちろん! ……か」

和奏「ウィーンの本名、すっかり忘れてた」

紗羽「わたしもー。ウィーンはウィーンって感じだもんね!」

田中「ひでえな、お前ら……」

ウィーン「実は僕、ウィーンに居た頃は、ニホンって呼ばれてたんだ」

来夏「うわっ、複雑ー」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:35:35.67 ID:s3fF8/in0
ウィーン「でも、ニックネームの付け方が同じだから、少し嬉しかったんだ」

紗羽「名づけた甲斐があったね」

和奏「紗羽だったっけ、つけたの?」

田中「で、宮本。こっからどうすんだ?」

来夏「うーん……そうだねー……」

紗羽「趣味を活かすとか?」

来夏「ガンバレンジャーから、どうやって将来を見出すってゆーの!?」

田中「スーツアクターとか?」

和奏「スーツアクター?」

田中「なんとかライダーとか、ガンバライジャーとかやってる、アクション担当の人だよ」

和奏「? あれって、俳優さんがやってるんじゃないの? ウィーン、俳優を目指すってこと?」

来夏「えっ」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:39:46.32 ID:s3fF8/in0
田中(俳優本人とスーツの中の人が同じだと、本気で信じてるのか……って坂井も!?)

紗羽「……あ、でもウィーンのスタイルならいけるかもね。ショウテンジャーやった時も似合ってたし」

ウィーン「……やってみたいんだけど。あの日、ケガをしちゃったよね。
      それを、家族にすっごく怒られてさ。だから、ちょっと……。あまり心配かけたくないんだ。やりたいんだけど……本当は」

来夏「危険が伴うのはダメか……まー、ウィーンはお坊ちゃまだもんなー」

和奏「ご家族は大事にしないとね」

田中「お前、スポーツは?」

ウィーン「大智みたいに、特に何かを続けてたわけじゃないから……」

和奏「でも、ストーカー……じゃなかった、おじさんから追っかけるの助けてくれたり」

紗羽「ひったくり犯を追い詰めたり」

来夏「……でも、それでどうするの?」

田中「今からスプリンターやランナーになるのは、難しいんじゃないか。出来ても、相当遅咲きだぜ」

紗羽「若さが命な業界で、今から新しく始めるのは、ちょーっと遅すぎるかも」

和奏「紗羽が言うと重みが違うね」

ウィーン「僕も、プロの世界がそんなにかんたんじゃないことぐらい、わかってるよ」

和奏「うーん……じゃあ……」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:43:19.13 ID:s3fF8/in0
<ピンポンパーン♪ 5時になります。校舎内に残っている生徒は速やかに下校してください。繰り返します……

来夏「続きは明日にしよっか」

ウィーン「ごめんね、みんな」

和奏「気にしなくていいよ」

紗羽「好きでやってることだもん」

田中「なんか考えておくからさ、お前も自分で考えてみろよ」

ウィーン「うん。ありがとう」

来夏「じゃ、帰りますか!」




――――次の日、授業中で。

先生「えー、つまり現在のフランスでPACS法というものが成立されており、これにより異性間ならず同性間でも……」

ウィーン(結局、一晩考えてみても思いつかなかったな……)

ツンツン

ウィーン「?」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:47:39.91 ID:s3fF8/in0
スッ

ウィーン(これは……手紙? 合唱部……極秘……ごくひ文? なんだろ?) カサカサッ


『【ウィーンの輝ける未来!】 発案:コナッチーネ ←~はずかしーwww ←なんだとー?
  ↑ウィーンてだれ? ←前田くんのことらしいよ ←前田くんって? ←ウィーンのことだってば!!!!!!
 ・歌を活かして音大へ! ←和奏じゃないんだから 「さわ♪」            い
 ・親父さんの家業を継ぐ ←勝ち組                            い
 ・バイリンガルとして世界へ! ←かっこいー! 「あきこ」              か ←汚い字(笑)これ田中?
                        ↑勝手に読むなよ               ら  ↑うるせー!
 ・フツーに大学行けば?            ↑いいじゃん 面白だったし     早      ↑
  ↑今から? ウィーンって勉強してんのか?  補修はしてたよ。        く届けろよ. └言わなきゃわから   
                            ウィーンはどう思う? 返事してねー!       ないのにね    』


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:50:20.76 ID:/cABSVKq0
↑ウィーンてだれ? ←前田くんのことらしいよ ←前田くんって? ←ウィーンのことだってば!!!!!!

永久ループワロタww

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:53:50.14 ID:s3fF8/in0
ウィーン(……そういえば、大智に聞いたことがある。日本の学生は、授業中に手紙で会話をするって!) ハッ!

ツンツン スッ

ウィーン(また? 今度は、表紙が白紙だけど……これはみんなで読んでるものなのかな?) スッ カサカサ

 『誰かしりとりしよー。眠くなってきたからさ。じゃ、スタート♪
  りんご→ゴりラ→落花生→マンホール            ↓バカ発見!
               ↑なんで「ま」なの←え、おちはな、なまって人じゃないの
  ルーマニア→アニマル→ルーマニア←ループきんし! →しりとり→りんご→ごりら→落花生
                              ↑          無限ループって怖くね?
  仕切り直ししようぜ。                └続けんなよ        ↑        
   ペルシャ→ヤンキース→スミレ→レイトン教授→ユニー ―   ┌→G・エクスペリエンス!  
  →ニコラス・ケイジ→ジンギスカン→ンジャメナ→ナス  ─   レイクエムがないぞ! このマンモーニが!
  →ストイコビッチ→チリ     ↑ ↑                        オタク
   ↑              「ン」でも続くの!? ←終わりがないのが終わりだ  キモイ
   └ん?ちょっと待って。誰か、ここ縦に音読してみ?女子にお願いしたいな ←死ね!   ↓犯人必死すぎ
      ↑これ書いたの誰? ←田中 ←ちがう! ←田中にしては字が綺麗すぎ ←じゃあ/×/××?   』


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 21:59:19.43 ID:s3fF8/in0
先生「前田、何を熱心に読んでいるんだ?」

ウィーン「え?」

来夏(あちゃー、見つかっちゃった……)

紗羽(一番前の席だもんねぇ)

和奏(あ、今の内に黒板写さないと……)

田中(手紙の書き方、読み方も付けたのに……って、宮本の椅子下に落ちてるし……! ホッチキスまで外すか普通!?)

先生「そんなに熱心なら、是非ともみんなに聞かせてあげなさい」

ウィーン「え?」

先生「ほら起立して、その紙切れを読み上げなさい」

来夏(え、それはマズイ!)

ウィーン「…………はい……わかりました」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:02:52.14 ID:s3fF8/in0
田中「先生!」

先生「ん? なんだ、田中」

田中「先生は、社会科教師ですよね?」

先生「もちろんだが」

田中「そんな先生が、ウィーンを社会的に抹殺するつもりですか?」

先生「は?」

キーンコーンカーンキーン♪

先生「おっと、ちょうど終わりか。助かったな、前田」

ウィーン「いえ。」

田中「……はー、よかった……」




――――放課後。

田中「いやー、それにしても危なかったな」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:05:19.14 ID:s3fF8/in0
ウィーン「何が?」

田中「手紙のことだよ」

ウィーン「あぁ。確かに、みんなの秘密を教えてしまうのはよくないよね」

田中「え、そういうことじゃないんだけど」

ウィーン「? どういうこと?」

来夏「そうそう、どういうことなのー田中?」

田中「へ?」

紗羽「普通は、手紙書いてたことがバレちゃうから、困るもんだよねー」

和奏「なにか、内容で困ることでもあったの?」

田中(……まずい)

来夏「もう教室はあたし達だけだし、言っちゃいなよ」

紗羽「隠すことないってー」

田中「……うるさい! 早くしないとまた下校時刻になるだろ!」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:07:31.97 ID:s3fF8/in0
来夏「ちぇー。ま、いっか。田中だし」

紗羽「良かったね、セクハラされなくて」

和奏「え? どういうこと?」

田中「お前ら、誘導尋問までしておいて……」

ウィーン「今日も黒板に書いていけばいいかな?」

来夏「あー、ま、大体わかるからいいよ。書く時間が勿体ないし!」

紗羽「じゃ、誰が何を考えてきたか発表しよっか!」

田中「んじゃ俺から。俺は、やっぱ普通に大学に行くのが無難だと思った」

来夏「これだから、最近の草食系男子は……! 夢ってもんがないの!?」

田中「なっ!?」

紗羽「来夏が言う?」

和奏「普通の大学に進学希望だもんね」

来夏「まーまー。あたしは、これ! 声優!」

ウィーン「せい……ゆう?」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:10:17.74 ID:JN8F5d+40
say……you?

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:10:36.61 ID:s3fF8/in0
来夏「ウィーンにもわかるように言うと……あ、敵の声とか当ててる人! ウィーン良い声だから、きっと似合うよ!」

ウィーン「え? どういうこと?」

和奏「そうだよ、何言ってるの、来夏。言ってることがよくわからないんだけど……声と役は違うの?」

来夏「うわ~お……」

紗羽「天然と天然……恐ろしい破壊力!」

田中「いや、だから。敵役のスーツでやってる人と、声をやってる人は違ったりするから」

来夏「田中、黙って」

紗羽「無神経」

田中「説明しようとしただけだろ!?」

ウィーン「?」

来夏「うーん、ま、夢を崩すわけにはいかないか……じゃ、声優は却下で」

紗羽「わたしは、モデルとかいいんじゃないかなって思って。スタイル良いから」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:14:11.81 ID:s3fF8/in0
田中「……確かに」

来夏「なんで紗羽の方見て言うの?」

和奏「変態」

紗羽「さいてー。セクハラ!」

来夏「色情魔!」

和奏「しきじょうま?」

田中「し、視線の途中に沖田が居ただけだろ!? なんでそうなるんだよ! ウィーンにちゃんと言ったじゃねーか!」

和奏「ねえ紗羽、しきじょうまって?」

紗羽「……で、ウィーン、実際どう?」

和奏「紗羽?」

紗羽「辞書引くといいよ。田中にさせたら?」

田中「ふ、ふざけんな!」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:16:53.52 ID:s3fF8/in0
来夏「はいはい。ウィーン、どう?」

ウィーン「うーん、良いと思うけど……どうすればなれるのかな?」

来夏「街でスカウトとか?」

紗羽「この辺りじゃ難しいかな?」

和奏「確実性もないしね」

来夏「あたし達若者に、そんな悠長な時間はありません! じゃ、却下!」

田中「坂井は?」

和奏「私も、進学を考えたんだけどね。今から勉強だと、厳しいかもだから」ゴソゴソ

和奏「これ」 パサッ

来夏「入試案内? これがどうしたの?」

和奏「ここ見て、一芸入試ってのがあるでしょ」ペラッ

紗羽「へー、そんなのあるんだ」

和奏「学業以外でも、なにかできれば大学入れるみたい。それなら、出来そうじゃないかな、って」

田中「でも、何を?」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:19:03.87 ID:s3fF8/in0
来夏「ウィーンの特技……小物づくりと……」

田中「ガンバライジャー全話暗記か」

紗羽「普通に考えたら、凄いよね。小物づくりはそれでいいけど、暗記の方がオンリーワンっぽさはあるかも」

和奏「私も、どれだけ好きなドラマでも全部はちょっと無理……」

来夏「じゃあ、あたし面接官やるね。ちょっとやってみせてよ」

ウィーン「うん、わかった。一話からでいいかな」

紗羽「わたしたちも、面接官やろっか」

和奏「うん」

田中「じゃ、俺は合ってるかどうかのチェックするわ。沖田、スマホ貸してくれよ」

紗羽「なんで?」

田中「俺のケータイじゃユーチューブ見れないし。答え合わせも必要だろ」

紗羽「良いけど、変なことしないでよ? はい」

田中「し、しねーよ!」

来夏「焦っちゃって。何するつもりだったの?」

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:21:46.24 ID:/cABSVKq0
この田中・・・できるぞ

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:22:36.60 ID:s3fF8/in0
田中「うるせえチビ! なんもしねーって!」

来夏「何照れてんの。おっかしー」プークスクス

ウィーン「……よし、準備は出来たよ。始めていいかな」

和奏「うん、お願い」




――――数十分後。




ウィーン「良いかグリーン! これは俺たちみんなの力を合わせなければ、使うことのできない」

来夏「ストップ、すとーっぷ!」

ウィーン「え? なんで?」

田中「こっからが良いところなのに。セリフも動作も、一つだって間違いなかったぜ?」

来夏「良く考えてよみんな、面接だよ。面接。一話丸々なんて、ぜーったい無理!」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:26:34.53 ID:s3fF8/in0
和奏「じゃ、どうするの?」

来夏「一番見せ場のところだけでいいよ。それをいかにコンパクトに、そしてかっこよくまとめるか! それをあたし達で、見極めて考えよう!」

田中「なんか趣旨から外れてないか。というか、最初からそうしとけばよかったじゃねえか……」

和奏「ウィーン、それでいい?」

ウィーン「よろしくお願いします」

紗羽「どのシーンがいいの?」ヒョイッ

田中「ッ!」

来夏「どしたの、田中」

田中「な、何でもない」(沖田の顔がすぐ横に……)

紗羽「やっぱり変身してから、戦闘シーンかな?」

和奏「ポーズはレッドだけでいいんじゃない?」

田中「えと……あと、ガンバライジャーは必殺技もあるからな。それでいいと思う」

来夏「じゃあ、そこを上手く凝縮して、やってみよう! 制限時間は5分で!」

ウィーン「うん、わかった!」

紗羽「ストップウォッチ使おっか。ちょっと田中、触るよ」 グイッ

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:29:15.75 ID:s3fF8/in0
田中「えぁ!? あ、ああ。」(あ、当たってる当たってる!)

紗羽「えっと、ここだっけな……あ、あったあった。はい、おっけー。ここ押したらスタートだから、後お願いね」

田中「お、おう。任せとけ」

紗羽「? 顔赤いよ。暖房、そんな効いてるかな?」

田中「いや、大丈夫だから、もう!」 ドキドキ

紗羽「?」

来夏「準備できたー? よーし、それじゃウィーンなりに一回まとめたのをやってみよう!」

ウィーン「わかった! じゃあ、まず……」




――――

――

―。

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:33:09.62 ID:s3fF8/in0
――――次の日。


<ガンバ、レェッド!

<うーん。ちょっと、長すぎかな。

<けど変身までの口上は削れないぞ。カッコつかねえ。

<えー?

<ごめん、紗羽。そこは僕も譲れない!

<ええー?

<それじゃ、その後を短くようよ。

<ウィーン、もう一回変身までやってみて。

<わかった!

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:35:23.64 ID:s3fF8/in0
――――また次の日

<くらええええ!!    ドカッ!

<ひゃあ!? う、ウィーン、本当に飛んできたら危ないじゃん!

<大丈夫、来夏? 面接官は敵じゃないんだよ、ウィーン

<ご、ごめん。怪我はない?

<まったくもー。……うん。大丈夫だから。早く戻って。

<お前、跳躍力も凄いもんな。気をつけろよ。

<わかった!

<ストップウォッチオッケーだぜ。

<はい、じゃーテイク2! 3、2、1、スタート!

<これは、悪と戦う正義のヒーローの物語……

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:37:58.68 ID:s3fF8/in0
――――そして試験前日

ウィーン「熱血ヒーロー! ガンバ、ライジャー!!」 ビシィッ!

和奏・来夏・紗羽・田中「「「「おおー!」」」」 パチパチパチパチ

ウィーン「どうだった?」

田中「ミスもなし、時間ばっちり。打ち合わせ通り。完璧だな」

ウィーン「本当!?」

来夏「これだけやれば、絶対合格するよ!」

紗羽「頑張れ、ウィーン!」

和奏「明日はみんなで応援に行くから」

ウィーン「ありがとう! みんな! 頑張るよ!」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:40:34.20 ID:s3fF8/in0
――――試験後。

田中「……」

紗羽「……」

和奏「……」

来夏「……」



ウィーン「はぁ……」



紗羽「何で落ち込んでんの?」ヒソヒソ

和奏「上手くできなかったんじゃない?」ヒソヒソ

来夏「田中、ちょっと励ましておいでよ」ヒソヒソ

田中「わかった。ちょっと待ってろ」

来夏「おっ、男らしー」ヒソヒソ

紗羽「いつもそうしてればいいのにね」ヒソヒソ

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:44:06.68 ID:s3fF8/in0
田中「ウィーン、どうしたんだ?」

ウィーン「僕は……レッド失格だ。みんなの期待に応えられないようじゃ。ダメだ。全然」

田中「どうしてだ? 試験、上手くいかなかったのか?」

ウィーン「緊張しないように、と考えれば考えるほど緊張しちゃって……いつもはそんなことないんだけど……」

田中「気負い過ぎたのか……ま、良いんじゃねえか」

ウィーン「え?」

田中「ガンバレッドだって、確か、何回か失敗したことあるだろ。けど、何度だって立ち上がってくれた」

田中「お前だって、そうだろ。ガンバレッド……いや、西之端ヒーローショウテンジャー、ニクレッド!」

ウィーン「……そっか。そうだね。ここで僕は立ち止まらない。まだ、次はある!」

田中「おう、応援してるぜ!」 スッ

ウィーン「ありがとう、大智。いや、しらすホワイト!」 ガシィッ!

来夏「青春だなー」シミジミ

紗羽「男の友情……熱いねー」

和奏「結局、何を失敗したんだろう?」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:47:48.75 ID:s3fF8/in0
――――しかし、数週間後。

来夏「あれだけ熱い握手まで交わしておいて」

紗羽「無事合格なんて、拍子抜けしちゃうよね」

和奏「ウィーン、何をやっちゃったの?」

ウィーン「それが、ついついドイツ語で台詞を言っちゃったんだ。驚いた顔してたから、ダメだと思ったんだけど……」

田中「全部?」

ウィーン「全部」

来夏「……」

紗羽「……」

田中「……」

和奏「あ、この大学、外国人募集枠もあったんだ」






おしまい

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:48:16.76 ID:/cABSVKq0
面白かった乙!

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:49:33.29 ID:JN8F5d+40
ヤン君とのロマンスがない……!?


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:50:51.90 ID:s3fF8/in0
以上です。
30日のイベントに行かれる方、台風がせまっておりますのでお気を付け下さい。行きたかった。

ウィーンとヤン君とのロマンスはいい加減ワンパターンだったので今回は自粛しました。
次も書くかはわかりませんが、あったらどうなるかは私にもわかりません。

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:52:30.95 ID:1xneSlUc0
乙乙

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 23:01:44.43 ID:jNcjKL6uO


転載元
ウィーン「数年後について考えたり、相談したり」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1348834296/




TARI TARI 2 (描き下ろし全6巻収納BOX付属・初回生産限定仕様) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2012-10-03)
売り上げランキング: 25
関連記事
2012/09/29 05:18 | CM(2) | その他 TARI TARI SS
    コメント一覧
  1. 猫好きな名無しさん [ 2012/09/29 11:31 ]
  2. 1話で本名って出てたんだな
    てっきり苗字は明かされてないんだと思ってた
  3. 774@いんばりあん [ 2012/09/29 19:01 ]
  4. 和奏ちゃんがばかなちゃんすぎるんじゃないすかねえ・・・
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング