HEADLINE

雪歩「黄金の月」

2012/11/14 18:29 | CM(4) | アイドルマスター SS
2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:30:30.56 ID:QntfD5Ns0
雪歩「黄金の月」



―――車内―――

雪歩「……プロデューサー」

P「ん? どうした?」

雪歩「ちょっとだけ、いいですか? このあたりで少し、外の空気に当たりたくって」

P「具合でも悪いのか?」

雪歩「いえ、特に具合悪くはないんですが……」

P「………」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:31:01.37 ID:QntfD5Ns0
―――数か月前


P「なぁ、雪歩。撮影の調子はどうだ?」

雪歩「えっと…上手く行ってますよ。」

P「そうか、ならよかった。」


P(出会った頃は、俳優との撮影はずっと戸惑っていたけど、今はそういうこともなさそうだ)

P(ここ最近は、雪歩もドラマに起用されることが多くなった)

P(アイドルというよりもむしろ、中途半端な仕事をしない、女優としてしっかりとした地位を築き始めている)

P(時々ぼんやりと、昔の雪歩と重ねてしまう……本当の意味で大人びた彼女と。)


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:31:32.69 ID:QntfD5Ns0
P「……成長、したもんだなぁ」

雪歩「はい?」

P「あ、ああ、いやこっちの話だ」

雪歩「あ、お茶、なくなっちゃいましたね。また淹れてきます」

P「ああ、ありがとう」


―――


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:32:06.64 ID:QntfD5Ns0
美希「ただいまなのー!」

P「お帰り、美希」

小鳥雪歩あずさ「おかえりなさい、美希ちゃん」

P「そっちも撮影だったな。どうだった?」

美希「ばっちりなの! プロデューサーも、今日はあと終わり?」ニコッ

P「あー、書類だけ整理したら終わりかな。でもそんなにはかからないさ」

美希「それならよかったの! 最近、ちょっと疲れた顔してたから、早く帰って休むの!」

P「ありがとう、美希」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:32:38.28 ID:QntfD5Ns0
P(美希も…まぁ、身体以外の部分もしっかりと大人になってきた。)

P(俺の事も、ハニーとは呼ばなくなってから、二年近く経っている)

P(丁度そのころから、アイドルとしての仕事よりも、女優としての活動が中心になっていた)

P(最初の頃はさみしかったにせよ、彼女が『芸能人』である意識を持ち始めたからだと、すんなり受け入れた)


P「……皆それぞれが、大人になっていくんだなぁ」ボソッ

小鳥あずさ「 」ビクッ

P「?」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:33:09.40 ID:QntfD5Ns0
――――二年ほど前


あずさ「ねぇ、美希ちゃん?」

美希「なぁに?」

あずさ「……最近、プロデューサーさんのこと、……その。。」

美希「?」

あずさ「呼び方、変わっちゃったのは、どうしてかなぁって思って……」

美希「ハニーって呼ばなくなった理由?」

あずさ「え、ええ。ちょっと気になって……」

美希「うーん、それはきっと……あずさもとっくにわかってる気がするの!」

あずさ「!」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:33:42.47 ID:QntfD5Ns0
美希「……あの二人見てたら、気づいちゃったの」

あずさ「……」

美希「ミキは……ハニーの事大好きだけど、、、なんだろう、お父さんとお母さんをみてる感じ?」

美希「ミキには、ハニーの事を全部わかってあげることはできないし、もちろんそれは雪歩も同じだけど……」

美希「きっと、雪歩の方が上手に…プロデューサーのことを大事にしてあげられる気がするの!」

あずさ「……そう」

美希「でもね、あきらめたつもりはないんだよ? 大好き!っていうのを今は言わないでいて、いつかは……」

美希「いつかは、必ずまたハニーを振り向かせてやるの!」

あずさ「……ふふっ。。ありがとう、私も元気がでたようなきがするわ」

美希「えへへ! どういたしましてなのー!」


…………


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:34:14.79 ID:QntfD5Ns0
―――車外―――


雪歩「……6月にしては、すこし、涼しいですね」

P「……ああ、そうだな」

雪歩「雨が降らなくって、よかったですね」

P「………そうだな、最後に、いい気持ちで終われたな」

雪歩「ふふっ」


P(そう軽く笑ったきり、雪歩はぼんやりとしている。)


P(徐々に女優の仕事が膨大になっており、アイドルとして活動することが負担になっていた)

P(来年以降の予定もドラマや映画の撮影で追われることを見越して、地方ではあったが、ホールでソロライブを企画した)

P(表向きにはしていないにせよ、『アイドルの雪歩』はこれを最後に、休止することを、決意していた)

P(おそらくそれを察していたからこそ、遠路からもたくさんのファンが訪れてくれた)


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:34:51.73 ID:QntfD5Ns0
雪歩「……そうですね、6年、かな。あっという間、でしたね。プロデューサー」

P「そうかな。あれこれ、道のりは長かった気はするけど」


P(思い出したように、俺の問いかけに答えた)


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:35:54.02 ID:QntfD5Ns0
―――数週間前―――


春香「プロデューサーさん!」

P「どうした、春香?」

春香「……雪歩と、上手く行ってますか?」

P「? ああ、順調だよ。」

春香「……2人の仲が、ですよ」

P「…いや、いつも通りだが……」

春香「そろそろ、気づいてはいるんでしょう?」

P「……!」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:36:25.10 ID:QntfD5Ns0
春香「雪歩のこと、ちゃんと考えてあげないといけませんよ。もう、これ以上は言いません!」

P「……そうか。。ちゃんと、考えるよ」

春香「ならよろしい」ニッコ

P「こいつめ」コツン

春香「あいた」

P「じゃあな、またあとで」

春香「はい!」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:36:56.15 ID:QntfD5Ns0
……………

春香「……プロデューサーさんの、ばーか」ボソッ


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:37:51.13 ID:QntfD5Ns0
―――――――

P(気づいてはいる)

P(雪歩が俺に、特別な感情を抱いていることは)

P(そして少なくとも、俺も雪歩といることに、落ち着きを覚えている。)

P(でもそれは、お互いに深く踏み込むこともなく、干渉しすぎるでもなく、2人でいつも事務所で過ごしていることが当たり前になってしまったからだ)

P(どこかのタイミングで、どちらかが好意を言葉にしてしまえば、上手く実を結んだだろう)

P(………でも今更、どんな言葉で、伝えればいいんだろう)


―――――――


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:38:12.41 ID:DMrop4P70
俺雪歩スレは支援するって決めてるんだ


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:38:52.91 ID:QntfD5Ns0
社長「それで? 君は雪歩くんの担当を、近い将来外れよう、というのかね」

P「ええ」

P「俺の実力に、限界を感じてはいるのです。というかむしろ――」

社長「彼女らの、新しい分野を上手く切り開ける自信がない、のかな」

P「…! ――はい」

P「女優業に関しては、俺よりも律子の方がずっと専門的です。実際、あずささんを成功させたのも彼女です」

P「雪歩や美希は、もうそろそろ律子にバトンタッチしてもいい頃合いかと」

社長「……しかし、雪歩くんは……、受け入れると思うかね?」

P「……」

社長「なぁ、Pくん。私にも、あるアイドルがどんな気持ちで君をみているのか、ある程度は予想がつくんだよ」

社長「それd

P「それでも」

P「雪歩を成功させることは、俺ではもう難しいと思うのです」


――――――


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:39:41.08 ID:QntfD5Ns0
P(色々なことを伝えたい。けれども、それらを一緒に言葉にすると、きっと霞んでしまう)

P(………)


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:40:51.93 ID:pR4TxeJu0
ゆきぽは女優可愛い


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:41:38.13 ID:QntfD5Ns0
雪歩「……プロデューサー?」

P「! なんだ、雪歩?」

雪歩「ここの道、私今でも覚えてるんです」

雪歩「ビルもなくって、車通りも少なくって。人も時々しか見当たらない、この道路」

P「前にも、ライブで来たっけ、な」

雪歩「ええ」

雪歩「でも、たぶんここぐらいなんですよ。地方で覚えてるところ」

雪歩「やっとソロライブができるようになった頃、ツアーで回って……」

雪歩「この道路辺りを走ってる時に、プロデューサーが、物凄くほめてくれたの、覚えてるんです」

雪歩「何をどう誉められたのかは、記憶が薄いんですけど、その時の風景が、写真みたいに焼付いてる……」

雪歩「こんなことって、あるんですね」ニコッ

P「焼き付けるにしては、少し殺風景すぎるかもしれないけど、な」ニコ

雪歩「もう……でも、今夜はあの時とは違いますね。だって、すごく綺麗な月……」

P「本当だ……」


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:42:50.74 ID:LN154IaXO
担当から外れることでこれで堂々と雪歩と……


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:45:55.53 ID:QntfD5Ns0
雪歩「……ねぇ、プロデューサー。私、知ってるんですよ」

P「…?」

雪歩「プロデューサーが、私の担当をはずれちゃうってこと」

P「…! ……誰から、聞いたんだ」

雪歩「誰でもないですよ。私…なんとなく感じ取っちゃったんです。」

雪歩「少しずつ、距離感みたいな、すごく微かだけど、遠くなってるようなきがして」

P「そんなつもりはなかったんだが、な」

雪歩「ふふ、女の勘はよくあたるんですよ」


雪歩「本当は、最後のライブをしたいって言ったのも、きっとこのままいたら、プロデューサーが困っちゃうだろうなって思ったからなんですよ」

雪歩「女優業の方だけになれば、きっとプロデューサーさんも……」


雪歩「安心して、他のコの面倒を見れる、かなっ…て」クルッ


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 00:59:33.40 ID:QntfD5Ns0
P(………)

P(ああ、これはなんだか知っている感覚だ。なんだろう)

P(そうだ。。かつての恋人と、最後の電話をしたときに、似てる)

P(彼女の方が、どんどん大人になっていったような気がして、止められないまま……)


P(ちがう、違うんだ。本当はもっと伝えたいことがあるんだ。でもそれを…)

P(それを言葉にしてしまっても……)

P(雪歩の未来に、何もできやしない)


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:03:49.46 ID:QntfD5Ns0
雪歩「プロ、デューサー…?」

P「あ、いや、その……」

雪歩「違うんです」

雪歩「私、どうしてもプロデューサーに、本当に二人っきりになれる時に、言いたかったことがあって…」

雪歩「私……」


P(……違う。今それを、君は言ってはいけない。それを言われたら、俺は君の未来を守れない……)

P「雪h

雪歩「私!!」

P「!」

雪歩「……私。。」ギュッ

P「………」


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:08:47.97 ID:QntfD5Ns0
雪歩「私! 後ろ向きな性格を直すことが、できました!!」

雪歩「男の人も……誰でも大丈夫、とは、言い切れないですが……平気になれました」

雪歩「前みたいに、穴掘って埋まることも無くなりましたし………」

雪歩「ずっとずっと、自分に自信が持てるようになり、まし、た……」ポロッ

雪歩「それ、もっ…プロデューサーのおかげ、で・・・・」ボロボロ

雪歩「えへへ、ダメですね。強くなったって言ってるそばから・・・」グスッ

雪歩「で、でもっ、もう私、ちゃんと一人でもお仕事できます!」

雪歩「だから、プロ、デューサー、は……私みたいに、埋もれてたコを、助けてあげて、くだざい!」グスッ


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:18:28.51 ID:QntfD5Ns0
P「……!!」

P「……違う」

雪歩「! え、な、なんです、…か?」

P「違う、と思うんだ。雪歩が、本当に言いたかったこと」

雪歩「……」グス

P「なぁ。ずっと待たせてしまったな。でも、今度は俺が言う番だ」


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:23:48.28 ID:pQRZkEAE0
大事な言葉を何度も言おうとして
すいこむ息はムネの途中でつかえた

支援


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:34:05.11 ID:QntfD5Ns0
雪歩「ぷろ、でゅ……えっ…!」

P「……」ギュウ

雪歩「えっ…あっ…///」

P「……雪歩、一緒にいてくれ」

雪歩「ぷ、ぷろ……」

P「……ずっと、知らないふりをして、2人で、やり過ごしてしまったな」

P「でも、こういうのは、俺の方から言うべきだと、やっと気づいたよ」

P「……俺はお前のプロデューサーだ。トップアイドルの座を手に入れたなら、今度はもっと上を目指そう」

雪歩「…!」ポロ

P(俺はずっと恐れてたんだ。雪歩の手が、いつか離れてしまうのを。だから、ずっとどっちつかずの関係を守ってきたんだ)

P「お前と、一緒にいたい。…これが、どういう意味が、分かる、な?」

雪歩「……う、あぁ、…は、はいぃ……」グスッ

雪歩「プ、プロデューサぁ……」ボロ

雪歩「ずっと、…ずっと待ってたんですよ……」ボロボロ


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:37:41.74 ID:QntfD5Ns0
雪歩「でも、私じゃ、ダメ、だって……おもったら……」

雪歩「こわくって、こわくって………」ボロボロ

P「……つよく、なったんだろ?」

雪歩「…そんな、こと、いっても……いっても……」

雪歩「プロデューサーだって、泣いてるじゃないですかぁ……」

P「ああ……」ポロ


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:43:45.07 ID:QntfD5Ns0
P「大丈夫さ、2人なら、きっとやっていけるさ」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:45:40.14 ID:QntfD5Ns0
――――――




P「雪歩、目を閉じて」

雪歩「……はい」




P 雪歩「………………」




――――――



P「夜空に光る 黄金の月などなくても」



―終―


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:49:02.79 ID:QntfD5Ns0
深夜まで支援ありがとうございました。

お気づきの方もいる通り、スガシカオの「黄金の月」という、素晴らしい名曲を下地にしてコソコソ書いてみました。
http://www.youtube.com/watch?v=aQBG8e-DYFo


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:54:08.06 ID:H5ElRfScO
乙でした


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:56:13.20 ID:pQRZkEAE0


コノユビトマレとかでもアイマスSS書けそうだよね


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 01:58:27.62 ID:LN154IaXO
こういう雰囲気のSSは好きだ、乙でした。


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 02:01:17.11 ID:QntfD5Ns0
おつありです


>>50
コノユビトマレ、千早で書いてみたいな。あとは、スガシカオならば七月七日を貴音で……とか、


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 02:04:39.57 ID:ArBNvbYy0
こういうSSは大好物だ


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 02:08:47.34 ID:DMrop4P70
おつ
雪歩は最高だな


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/14(水) 02:18:27.88 ID:QntfD5Ns0
なんかそろそろ落ちそうなので……

中古CDショップでスガシカオのアルバムの最初の三作、clover・family・sweetを見つけたら、是非買うべき
黄金の月もさることながら、名曲がわんさかあるよ 

それじゃあ読んでくれた方々、ありがと


転載元

雪歩「黄金の月」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352820568/







ブリリアントステージ アイドルマスターS-2 萩原雪歩
メガハウス (2009-04-30)
売り上げランキング: 23015

関連記事
2012/11/14 18:29 | CM(4) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1.    [ 2012/11/14 21:07 ]
  2. ロータスでも歌うのかと思った
  3. 774@いんばりあん [ 2012/11/14 22:09 ]
  4. 黄金の月、女優ときたから千年女優でもやんのかと思った
  5. 774@いんばりあん [ 2012/11/25 10:45 ]
  6. 黄金の月ときたらFANATIC†CRISISかとおもった
  7. 名無しさん [ 2012/12/23 13:43 ]
  8. 珍しいシカオスレ!15年が経とうとしても今でも輝きを失わないこの名曲に涙
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング