HEADLINE

響「こたつはあったかいさー」

2012/11/15 18:28 | CM(1) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:02:13.83 ID:/uIBib220
P「うむ」

響「沖縄では要らなかったんだけどなー」

P「まぁそうだろうな」

響「こたつはプロデューサーの近くにいれるから好きさー」

P「こいつめー」ナデナデ

響「えへへ」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:06:15.49 ID:/uIBib220
響「ねぇねぇ」

P「ん?」

響「隣行ってもいい?」

P「おぉ、おいでおいで」

響「わーい」

響「自分な、やっぱりプロデューサーと一緒にいる時が一番好きだぞ」

P「なんだ急に」

響「ねぇ、プロデューサーは?」

P「そりゃ俺も」

響「うん」

P「響と一緒の時が一番幸せだよ」

響「えへへへ」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:07:32.12 ID:o04tK4a70
ニヤニヤがっ…とまらない…


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:10:15.81 ID:/uIBib220
P「あ、次の仕事のことだけど」

響「なになに?」

P「来週雑誌のグラビア撮影だな」

響「やっぱり今だと冬服?可愛いの着たいさー!」

P「いや、例のプールで水着」

響「えー!?なんでまだ水着なんさー!?」

P「需要があるから……かなぁ……」

響「うー……自分、プロデューサー以外に水着姿見せたくないぞ……なんて……」

P「OK任せろ」

響「計画通りさー」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:14:24.79 ID:/uIBib220
響「……うー」

P「どうした?おねむか?」

響「んー……ちょっとだけ」

P「腕枕しようか」

響「うがっ!?は、恥ずかしいぞ……」

P「じゃああっちのソファー使う?寒いぞー」

響「うぅ……寒いのは嫌だぞ……腕枕で」

P「おう」

響「えへへ、プロデューサー……大好き!」

P「くうぅぅ!」

響「!?」

P「不意打ちはずるいぜ響……」

響「ふっふーん!おやすみさー」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:19:43.98 ID:/uIBib220
響「……んあ」

P「zzz……」

響「あ、プロデューサー寝ちゃってる」

響「ふふ、可愛いなぁ」

響「いつも頑張ってくれてありがと、これからもよろしく頼むさー!」

P「いやいや、お前のためならなんてことないさ、こちらこそよろしくな」

響「いいいつから起きてたさ!?うがー!恥ずかしいぞー!」

P「あ、プロデューサー寝ちゃってる…のあたりかな」

響「ひーどーいーぞー!もう起きるー!」

P「まだだめー」ギュッ

響「んぅ……!し、仕方ないさー」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:23:31.47 ID:/uIBib220
響「あのなプロデューサー」

P「んー?」

響「自分、なんでもできるし、完璧だけど」

P「スタイルもいいしな」

響「茶化すなー!……だけどね、自分が完璧なのはプロデューサーがいつも傍にいてくれるからなんだぞ」

P「響……」

響「だから……その、えと……うがー!とにかく!プロデューサーは自分の傍にずっといること!わかったかー!」

P「あぁ、当たり前だ!響が嫌だって言ったってトップアイドルにするまでプロデュースしてみせる!」

響「それでこそ自分のプロデューサーさ!」

P「でもこれ抱き合いながら話すことじゃないな?」

響「これじゃ自分たちバカップルみたいさー」

P「いいじゃないか?」

響「も、もー……」


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:28:27.08 ID:/uIBib220
P「ってあー、終電過ぎた……タクシー拾わないと……」

響「と、泊まってってもいいんだぞ!その、自分ペットのみんなと一緒に寝れるように布団とか大きいから大丈夫だぞ!」

P「そ、その状況の何が大丈夫だっていうんだ!俺の理性が持たないだろ!」

響「獣の扱いは慣れてるんだぞ!なんて…だめ?」

P「ぐぬぬ……いやしかしプロデューサーとアイドルが一夜過ごすってだめだろ……」

響「大丈夫さー!自分口は堅いぞ!!」

P「俺が何かするって前提を止めようか……」

響「いーからいーから!なんくるないさー!」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:33:35.53 ID:ZeseLQv10
何時からだろうか
響のでるSSをひやひやしながら見るようになったのは
いじめられてる響がいないかと心配でたまらない

確かに完璧完璧うるさかったり
いきなり北海道に呼び出したり
怒らせるとすげー怖い顔するけれど
Daのステ高い最強キャラだし
おかあさん助けるために1人で上京?して金を稼ぐし
トゥルーエンドでは告白してくれるし可愛いコなんだ

つまり>>1さんありがとう


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:33:56.31 ID:/uIBib220
P「結局泊まることになってしまった……」

響「電気消すよー」

P「あ、あぁ……」

P(あぁやばい。静かだと息遣いとかがすごい耳に残る)

響「ね、プロデューサー」

P「ふぁいっ!?」

響「ふふ、自分なら……大丈夫だぞ、心配しないでいいからな」

P「ど、どういう……んっ」

――――――――
――――
――


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:37:28.99 ID:/uIBib220
響「おっはよー!」

小鳥「あら響ちゃんおはよう。今日は早いわね?」

響「ちょっとなー!今日も頑張るぞー!」

P「おはようございまーす」

小鳥「あ、プロデューサーさんも。おはようございます!ふぅん……」

P「太陽はとっても明るいのにどうしてこんなに眠いんだ……」

小鳥「プロデューサーさん、プロデューサーさん」

P「どうしました?」

小鳥「ちゃんと社会人としての自覚と責任を持つんですよ、うふふ」

P「え……?」

響「さ、プロデューサー!仕事だぞ!」

P「うおぉ!引っ張るな響!」

終わり


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:38:01.65 ID:o40EbaDo0



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:38:47.28 ID:/uIBib220
例え閲覧者がいなくともッ!
俺は妄想を垂れ流し続けるぜッ!
なぜなら響が好きだからだ!!

見てくれてありがとうそれではそれではー


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:39:26.97 ID:o04tK4a70



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:39:34.39 ID:ZeseLQv10

しかし大事なところが…響が可愛いのでいいか


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:41:04.87 ID:UYPmLZ4E0



24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:42:01.27 ID:3/U8QgGr0


bh842hi



よくやったよ


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/15(木) 01:43:54.14 ID:VIuS+Du0T
>>24
ああもう可愛いなオイ


転載元

響「こたつはあったかいさー」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352908933/









ぷちます! (4) ぴよぴよチャーム付特装版 (電撃コミックス EX)
バンダイナムコゲームス 明音
アスキー・メディアワークス

関連記事
2012/11/15 18:28 | CM(1) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/11/15 20:21 ]
  2. なんつーか
    >>15見て泣きそうになった
    もっと増えろ幸せな響 ほかの子も勿論
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング