HEADLINE

六花「勇太はあったかい」勇太「ん、そうか?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:10:20.94 ID:R75nL76w0
六花「勇太があったかいのは…」

勇太「?」

六花「…身体に封じ込めた黒炎竜のせい?」

勇太「…お前は何を言っているんだ」

六花「んー、あったかい。闇の炎あったかいー」

むぎゅーっ

勇太「…くくくっ、我を舐めるなよ邪王真眼!闇の炎に抱かれて…死ね!」

むぎゅっ!

六花「ぐわー、ダークフレイムマスターの力、これほどとはー」

勇太「ハッハッハッ!後悔してももう遅い、我が闇の炎、とくと味わうが良い!」

ぎゅっぎゅっ、むぎゅっむぎゅっ!


森夏「…あんた達、何やってんのよ」

ババッ

勇太「き、来てたのなら声かけてくれよ!」

六花「///」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:15:10.21 ID:R75nL76w0
六花「邪王真眼の力をもってすれば、人の心を読むことなど容易い」

勇太「へぇ、そりゃすごい」

六花「例えば今、勇太は私の事を考えている」

勇太「ふーん」

六花「わ、私の事を抱きしめて、頭をナデナデしたいと考えている…」

勇太「……」

むぎゅっ、なでなで

六花「ふぁ」

勇太「…まさか本当に分かるなんてな。すごいな、邪王真眼」

六花「よ、よゆう」

なでなで、なでなで…


森夏「…あんた達、何やってんのよ」

ババッ

勇太「き、来てたのなら声かけてくれよ!」

六花「///」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:20:08.86 ID:R75nL76w0
勇太「この前、俺の事あったかいって言ってたけど…」

六花「?」

むぎゅっ

六花「!」

勇太「…六花だってあったかいじゃん」

六花「じゃ、邪王真眼の力を用いれば、この程度の熱を操ることなど、余裕…」

勇太「ふーん、そうか」

なでなで、むぎゅむぎゅ

六花「あ、あう…」

ぷしゅー

勇太「あはは、本当だ。どんどん熱くなるな」


森夏「…あんた達、何やってんのよ」

ババッ

勇太「き、来てたのなら声かけてくれよ!」

六花「///」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:23:10.48 ID:R75nL76w0
六花「勇太…」

ぎゅっ…

勇太「ん、どうかしたか?」

六花「……」

くんくん

勇太「り、六花…おい…」

六花「勇太、いいにおい…」

くんくん

勇太「…まったく」

六花「えへへ…」

くんくん


森夏「…あんた達、何やってんのよ」

ババッ

勇太「き、来てたのなら声かけてくれよ!」

六花「///」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:26:50.72 ID:R75nL76w0
勇太「邪王真眼よ!我が声に従え!」

六花「なっ、体の自由が利かない!?これはレベル7の魔法…!」

勇太「フッフッフ、油断したな邪王真眼。今や貴様は籠の鳥…さあ、こちらに来い!」

六花「くっ、なんてこと…だが、今は従わざるを得ない…!」

テトテト

勇太「……」

ぎゅっ

六花「…ゆ、勇太?」

勇太「…き、貴様は黙って我が声に従っていればいい」

なでなで、もふもふ

六花「…うんっ」


森夏「…あんた達、何やってんのよ」

ババッ

勇太「き、来てたのなら声かけてくれよ!」

六花「///」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:29:29.69 ID:R75nL76w0
六花「勇太の膝は座り心地が良い」

勇太「そうなのか?」

六花「最高。流石はダークフレイムマスター」

勇太「ダークフレイムマスターは関係ない」

六花「恐ろしいほどの座り心地…これが…闇の力だというのか…」

勇太「どんだけだよ俺の膝、そして座り心地すら変える闇の力」

勇太「…と言うか、女の子なんだから…その、男の膝に軽々しく座るのは、無防備すぎと言うか」

六花「平気」

すり、すり

六花「勇太以外には、こんなことしないから」

勇太「……っ!」


森夏「…あんた達、何やってんのよ」

ババッ

勇太「き、来てたのなら声かけてくれよ!」

六花「///」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:31:58.84 ID:F9q4bZHM0
最高だ


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:33:17.65 ID:R75nL76w0
六花「勇太の肌、すべすべ」

すべすべ

勇太「わっ…こ、こら、ほっぺをなでるな」

六花「すべすべ…」

すべすべ

勇太「やめろって、なんか恥ずかしいからっ…やめないなら、こうだ!」

ぷにっ、むにー

六花「はうっ」

勇太「ほらほらー、六花の肌だって、すべすべでもちもちじゃないか」

六花「ゆ、勇太ぁ、ほっぺひっぱらないでー!」

勇太「まだまだ、俺が満足するまでやめてやらんっ」


くみん「二人とも、仲良しさんだねー」

ババッ

勇太「せ、先輩、いつから起きてたんですか!?」

六花「///」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:34:59.92 ID:eJNDFH4z0
なにこのバカップル
末永く爆発しろ


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:36:02.24 ID:J0s9B4Dz0
良スレ


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:37:04.72 ID:R75nL76w0
勇太「最近、六花とこう…い、いちゃいちゃしているところを皆に見られまくってる気がする」

六花「邪王真眼の周辺探知能力が衰えていると言うのか…!?」

勇太「このままでは、俺達が付き合っているのがばれてしまうかもしれない…」

六花「つ、付き合って…えへへ…」

勇太「にやにやするな」

ベシッ

六花「はうっ」

勇太「まあ、そういうわけだから、せめて部活中はお互いちょっと距離を置く事にしよう」

六花「確かに、私たちが完全契約したことを世に知らしめるのは時期尚早。分かった」

勇太「よし、じゃあさっそく離れるぞ」

六花「早く私の傍から離れろ!制御できな…ぐうう!」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:39:41.25 ID:mSubJXQD0
六花かわいいお!


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:40:39.31 ID:R75nL76w0
六花「…勇太ぁ、さみしい」

ぎゅうっ

勇太「…離れてからまだ10秒くらいしか経ってないぞ」

六花「だってぇ…勇太と一緒がいいんだもん。離れるのなんて、やだ…」

勇太「離れるって言っても、同じ部屋にいるわけだし…」

六花「身体と身体が、ぴたってくっついてるのが、いい」

ぎゅううっ

六花「勇太は、平気なの?私と離れてても…」

…むぎゅっ!

勇太「…平気なわけ、ないだろ…俺だって、こうしてたい」

六花「勇太…」


森夏「…今日は一段と激しいんじゃない?」

ババッ

勇太「は、激しいってなんだよ!」

六花「///」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:43:21.19 ID:R75nL76w0
勇太「……」

クンカクンカー

六花「…私の頭を嗅ぐのはやめろ、ダークフレイムマスター」

勇太「……」

クンカクンカー

六花「…く、首筋も嗅ぐな!」

勇太「……」

クンカクンカー

六花「…ゆ、勇太…嗅がないでぇ」

勇太(六花…いい匂い…)

クンカクンカー


森夏「…あんた達、何やってんのよ」

ババッ

勇太「き、来てたのなら声かけてくれよ!」

六花「///」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:46:13.61 ID:R75nL76w0
六花「んっ」

ちゅう

勇太「…!ちょ、ちょっと六花!学校でキスは無しって約束しただろ!?」

六花「これはキスではない、魔力の補給。だからしてもいい」

勇太「あのなぁ…はぁ、まったく…」

…ぎゅうっ

六花「…校内に闇の眷属の気配を感じた」

勇太「……?」

六花「先ほどまでの状態で闘うのは危険だったため、速やかに魔力を補給する必要があった」

勇太「…そうか、それなら仕方ないな。それじゃあもう少し補給しておくか?」

六花「…うんっ、魔力の補給、するっ」


凸守「…今魔力の補給と聞こえたデスが、どうかしたのデスかマスター?」

ババッ

六花「た、大したことではない、サーヴァントよ」

勇太「///」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:49:46.88 ID:R75nL76w0
六花「…魔力の補給以外でも、勇太とキスしたい」

勇太「仕方ないだろ、学校じゃ人目があるから…ガマンしろ」

勇太「…俺だって、ガマンしてるんだから」

六花「勇太…うん、分かった…それじゃあ、代わりに」

勇太「……」

六花「勇太」

勇太「ん」

ぎゅううっ

勇太「…これでいいか?」

六花「…うんっ」

勇太(はぁ…うーん、俺も…満足…)


一色「勇太、お前…」

ババッ

勇太「き、来てたのなら声かけてくれよ!」

六花「///」


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:53:53.82 ID:R75nL76w0
勇太「…暗くなってきたし、そろそろ帰るか」

六花「…うん。それじゃあ、勇太」

勇太「…ああ」

…きゅっ

六花「えへへっ、勇太の手、あったかい…」

勇太「別に普通だって」

六花「ううん、あったかい…闇の炎あったかい」

勇太「またそれかよ…」

グイッ

六花「勇太、帰ろっ」

勇太「…ああ」


森夏「手なんか繋いじゃって…二人とも、なんというかまぁ…」

くみん「仲良しさんだねー」

一色「くそぅ、勇太の奴めぇ!俺もいつか…あんな風に…」

凸守「マスター、凸守も一緒に…な、何故ひっぱるデスかニセモリサマー!離すです!」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 20:58:29.12 ID:R75nL76w0
勇太「ただいまー」

六花「ただいま」

勇太「…当たり前のように俺ん家に帰ってくるな」

ベシッ

六花「はうっ…でも、どうせプリーステスが帰ってくるまで勇太の部屋でいちゃいちゃするんだし…」

勇太「いちゃいちゃ言うな!…だからって、直接俺ん家来たら、俺の家族に見つかっちゃうだろ」

六花「はっ、そう言えば」

勇太「分かったら一旦自分の家に帰れ。それからベランダ伝いで俺の部屋まで来い」

六花「了解した、ダークフレイムマスター」

スタスタ…

勇太「…はぁ、まったく。まあ、誰にも見られないでよかった…」


勇太母「……」

勇太「……」

勇太母「あ、お母さん何も見てないわよー。樟葉にも気を利かせるように言っておくわね」

勇太「……」


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:01:51.39 ID:R75nL76w0
ペラッ…ペラッ…

六花「むぅ…ふむぅ…」

ガチャッ

勇太「おっ、六花もう来てたのか…って」

六花「あっ…」

勇太「うわあああ!か、勝手に人の本読むな!」

バサッ!

六花「ベッドの下に隠してあったから…機密文章かと…そ、そもそも!」

勇太「な、なんだよ」

六花「ゆ、勇太は私と…つ、付き合って…る…だから、こんな本…必要ない…」

勇太「……っ」


31 保守ありがとうございました :2012/11/30(金) 21:26:15.72 ID:R75nL76w0
六花「勇太…」

ぐいっ、ふに

勇太「ちょっ、な、何してるんだ六花!やめろ!」

六花「この雑誌の、松田愛みたいに…胸は大きくないけど…」

六花「で、でも、勇太が望むなら…私は…」

勇太「り、六花…」

勇太(六花…くっついた時とか、抱きしめた時も、あんまり感じなかったけど…)

勇太(こうして手で触ってみると…ちゃんと、あるんだな…)

ゴクリ…

六花「勇太ぁ…」

勇太(…やばい、理性が…っ)


樟葉「…あっ…ご、ゴメンねお兄ちゃん」

勇太「えっ…?」

樟葉「お母さんには言われてたけど、こういう事とは思わなかったから…そ、その…ゴメンねっ!」

バタンッ!タッタッタッ…


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:27:38.84 ID:T0y+qgn30
六花は胸じゃなくて腰まわり


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:29:20.38 ID:R75nL76w0
勇太「樟葉に見られた…どうしよう…」

ガクッ…

六花「ダークフレイムマスターよ、最早我々に恐れるものは何もない。さあ」

勇太「あんなところ見られちゃった以上、開き直って思いっきりいちゃいちゃしようってことか」

六花「そ、そうとも言う…」

モジモジ

勇太(まったく…でも、もう、それでいいかな…どうせいちゃいちゃはするつもりだったし)

六花「勇太ぁ…」

勇太「…はぁ、まったく」

…ぼすん、ぎしっ

六花「ぁ…」


十花「取り込み中すまないが…六花、ご飯だ」

ババッ

六花「ぷ、プリーステス!?」

勇太「十花さん!?」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:32:25.20 ID:R75nL76w0
勇太「十花さん…今日は、ずいぶん早いお帰りですね…」

十花「うむ、たまにはな…さあ六花、帰るぞ」

六花「ま、まだダークフレイムマスターとの闇の宴は始まったばかり…」

十花「帰るぞ」

六花「はい」

十花「ああ、それから富樫勇太」

勇太「なんですか?」

十花「年頃だから興味があるのは分かるが、まだ高校生なのだから節度をわきまえるように」

勇太「…何の話をしているんですか」

十花「どうしてもと言う時は、きちんと避妊を」

勇太「何の話をしているんですか!」


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:37:59.40 ID:R75nL76w0
六花「じゃあ、勇太…今日はもう帰る、けど…」

勇太「…うん、分かってる。明日はちゃんといちゃいちゃしような」

六花「…違う」

勇太「えっ?じゃあ、な…」

ちゅうっ

勇太「!」

六花「明日だけじゃなくて…明後日も、これからも、ずっと」

勇太「……」

六花「じゃあ…またね、勇太っ」

…バタンッ

勇太「…たくっ…六花のやつ、いきなり…」


十花「ふっ…そう言いながら、まんざらでもなさそうだな」

勇太「…って、何普通に見てるんですか!」

十花「お前たちが私が見ているにもかかわらずいちゃついていただけだ」

勇太「そ、そうかもしれませんが…ううっ…」


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:40:35.69 ID:R75nL76w0
勇太母「ねえねえ、昨日六花ちゃんと何があったの?」

勇太「…何も無いよ」

勇太母「あー!ごめんなさい、お母さん何も知らないんだったわね!」

樟葉「お母さん、こ、こういう事はプライベートな事だから…」

夢葉「なにかー?」

勇太「樟葉までやめてくれ!…もう、俺学校行くから!」

ガチャッ

勇太母「はい、行ってらっしゃい」

フリフリ

勇太「行ってきます!」

バタンッ


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:44:38.66 ID:R75nL76w0
勇太「まったく、母さんはもう…あっ」

六花「…あっ、勇太」

テテテ、テッ

六花「…一緒に学校、行こ?」

勇太「…ああ」

…きゅっ

六花「やっぱり、勇太の手、あったかい」

勇太「ん、そうか?」

六花「そう。勇太は…とってもあったかい」

勇太「……」

ぎゅっ


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:47:47.95 ID:R75nL76w0
六花「ダークフレイムマスター!」

勇太「何だ、邪王真眼の使い手よ?」

六花「これから結社の近辺に着くまでの間、私の手を温めておくのだ!」

勇太「フッ…いいだろう。契約もあることだし、な…」

勇太「だが…我が闇の炎に、貴様の手は耐える事ができるかな?」

六花「望むところだ!やれるものなら、やってみろ!」

グイッ!

勇太「…ふふっ」

勇太(こんな感じで、俺と六花の…)

六花「邪王真眼は…最強なのだから!」

勇太(俺達二人の一日が、今日も始まる)


勇太「…まあ、幼稚園バスに乗せるまでは夢葉も一緒なんだけど」

夢葉「じゃおーしんがん!」

六花「ふふ…いずれ夢葉も…我が契約に足る器となれば…」

なでなで


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:51:38.59 ID:R75nL76w0
終わりです
楽しんでいただければ幸いです


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:51:54.41 ID:oDm5nXZHi



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:52:12.31 ID:U1Y8Y2Gj0



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/30(金) 21:54:07.20 ID:Z+ION6Ob0
乙だよ


転載元

六花「勇太はあったかい」勇太「ん、そうか?」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354273820/







中二病でも恋がしたい!  (2) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-01-16)
売り上げランキング: 120

関連記事
    コメント一覧
  1. 通りすがりのななしさん [ 2012/12/01 14:33 ]
  2. 名無しさん [ 2012/12/01 17:24 ]
  3. 素晴らしい!
  4. 名無し [ 2012/12/01 17:37 ]
  5. 末永く爆発しろ
  6. 774@いんばりあん [ 2012/12/01 17:39 ]
  7. なんという良スレ
  8. オシラ774 [ 2012/12/01 18:38 ]
  9. 最高ですわ
  10. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2012/12/01 20:06 ]
  11. ああこれって、中二病になった理由としてうっかり無駄に重い設定くっつけちゃって
    「え、これって中二病じゃなくね?」になったあのアニメの二次創作か
  12. 774@いんばりあん [ 2012/12/02 01:04 ]
  13. 中二病なんてただのオマケ
    六花ちゃんが可愛ければそれでいい
  14. 774@いんばりあん [ 2012/12/03 05:46 ]
  15. ※7
    完全に同意
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング