HEADLINE

女「またあいつだよ…」

2012/12/18 12:29 | CM(4) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:29:56.96 ID:uvNOI6IF0
ギャル「ん?どした?」

キモオタ「ドュフフww」

ギャル「うわっ、きも…ああいうのマジ無理なんだけど」

女「あいつよく私の弟と遊んでんのよ」

ギャル「なにそれショタコン?やばくね?」

女「でしょ?通報したほうがいいかも」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:31:52.13 ID:uvNOI6IF0
少年「見つけたぞ!怪獣デカボール!」

キモオタ「ドュワハハハwwwww地球は俺様のもんだぁwwww」

少年「そうはさせるか!スーパーイナズマキック!!」

ドゴォッ!

キモオタ「そ、その技は!ぐわあああああああああああ!!や、ら、れ、た…」

バタッ

女「…」

ギャル「…超演技派wwwちょっとウケるwww」

女「人事みたいに笑わないでよ…」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:33:25.26 ID:uvNOI6IF0
少年「お兄ちゃん大丈夫か?」

キモオタ「デュフフフフ、その程度で俺様はやられないぞ!変身!!」

少年「とうとう本性を表したなデカボール!」

キモオタ「フフフ、今の俺様に貴様が勝てるかなぁ?」

少年「イナズマパンチ!イナズマキック!」

キモオタ「かゆい!かゆいわ!!」

ペチンッ

少年「いてっ!」

女「あっ…!」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:35:41.34 ID:uvNOI6IF0
女「あいつ…!!」

ギャル「待ってよ、ただ遊んでるだけじゃないの?」

女「だって私の弟だよ!?誘拐されたりしたら…」

ギャル「もしなんかあったら私が行くからさ、面白いし見てようよ」

女「…でもさぁ」

ギャル「いいからいいから」

少年「くっ!だが地球は渡さないぞ!地球はみんなのものだ!」

キモオタ「ならば俺様を倒してみるがいい!!」

少年「くらえ!!うおおおバリバリバリバリ!!」

キモオタ「そ、その光は!!」

少年「シャイニングサンダーキック!!!」

ドゴンッ!

キモオタ「ぎゃあああああああ!お、覚えてろおおおおお!!」

バタッ


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:39:42.76 ID:uvNOI6IF0
少年「お兄ちゃん大丈夫かー?死んでない?」

キモオタ「デュフフwwwやはりおぬしはは強いなwwww」

少年「当たり前だ!俺が将来、母ちゃんや姉ちゃんを守るんだ!」

キモオタ「その気持ちをずっと忘れるなよ?」

少年「おう!」

キモオタ「もうすぐ暗くなってしまうな、帰らなきゃね」

少年「うん!また遊べる?」

キモオタ「さあ、君が望めばまた遊べるかもな、ドュフフww」

少年「やった!じゃーね!」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:40:15.41 ID:wB8b3A9W0
これはいいキモオタ


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:41:44.28 ID:znoiM+8r0
ワロタしか言えん


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:41:48.01 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「…さて、帰るか」

キモオタ「…俺にもあんな時代があったなぁ」

ドンッ

キモオタ「いてっ」

DQN「おいなんだおめぇ?」

キモオタ「あっ、すんません…」

DQN「すんませんじゃねぇだろ!」

バキィッ

キモオタ「ぐふっ…」

DQN「ブサイクのくせに調子にのんなよ!」

ドゴォッ

キモオタ「がぁっ…」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:44:02.91 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「ふ、ふっ、おぬしもブサイクではないか、コポポ」

DQN「んだとコラァ!!」

キモオタ「髪を一丁前に染めてピアスまで開けているが、その実態は一重でトカゲのような珍妙な顔をしたまさにチンピラフェイスではないかwwwwwwww」

キモオタ「あいや失礼wwwwトカゲの方がまだ愛嬌があるでござっ…」

バキッ!!

DQN「てめぇぇぇえええええええ!」

ドゴッ!ドゴッ!ドゴッ!!

ギャル「やめんかい!!」

バキィッ!

DQN「いっ…てぇ…お、女に殴られた…うわああああああん!!!」

タッタッタッタッタッ


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:46:30.35 ID:YpXJonAx0
DQN弱っ!


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:46:53.51 ID:IqJ5k9em0
うわああああああん!!にワロタ


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:47:42.59 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「お、おぬしは誰でござるか…」

ギャル「通りすがりのJKでござる」

キモオタ「そうでござったか、いやはやまさかJKに助けられるとはかたじけない」

ギャル「気にすんなよ」

キモオタ「むむ、隣にいる可憐な少女は何者でござるwwww」

女「…あなたが遊んでた男の子の姉です」

キモオタ「えっ」

キモオタ「なるほど、少年が守りたいと言うのも頷ける(ニコッ」

女「そのことで話があるんだけどいい?」

キモオタ「何でござろう」

ギャル「まーまー、続きはハンバーガー屋でしよ?」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:50:50.98 ID:uvNOI6IF0
―ハンバーガー屋

女「あなたは何の意図があって弟と遊んでるの?」

キモオタ「意図?…考えたこともなかったでござるよ…」

キモオタ「遊ぶのに理由が必要でござったか?」

女「いや、あなたが弟に何か変なこと吹き込んでないかと思って」

キモオタ「ああ!イナズマキックを教えたのは我輩でござるwwwwまずかったでござるか?」

女「…そ、そう」

ギャル「この子さ、あんたが弟を誘拐するショタコンじゃないかって言ってたんだ」

キモオタ「な、なんですとぉー!?」

女「ちょ、ショタコンて言ったのはあなたじゃない…」

ギャル「んー、そうだっけ?」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:51:01.00 ID:fxBa1ihu0
らんらんるー


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:54:07.81 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「待て待て待てwwwwwさすがにおぬしら勘違いにも程があるでござるぞwwww」

女「え?」

キモオタ「吾輩いくら彼女いない歴=年齢とは言えどさすがに男には興味ないでござるwwww」

ギャル「彼女いない歴=年齢ってあんたいくつ?」

キモオタ「17でござるwwwww」

ギャル「えっ、タメじゃん。学校どこ?」

キモオタ「あー、通信でござる…朝から昼までバイトしてるでござるwwwバイト充wwwwww」

ギャル「そーなんだ」

キモオタ「父親が出ていった故にwwww母親だけの稼ぎでは我輩たちは暮らして行けぬwwww」

キモオタ「そこで我輩は考えたのでござるwwwwそうだwwwwwバイトに行こうwwwww」

女「…なんか、ごめんなさい」

キモオタ「んーんーwwww気にする必要はないwwwww我輩は風貌も正直気持ち悪い故wwwww」

キモオタ「他人から疎まれることもしばしばwwwww」

ギャル「…」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:58:48.77 ID:0rIEeJhZ0
女手一つで育てた息子がキモオタwww


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 22:59:21.22 ID:uvNOI6IF0
女「あっ!私そろそろ帰らないと…!」

ギャル「そっか、バイバイー」

女「ごめんね!じゃ!」

タッタッタッタッタッ

キモオタ「さて、では疑いも晴れたところで我輩も」

ギャル「待ちなよ」

キモオタ「な、なんでござる…?」

ギャル「彼女、欲しくないの?」

キモオタ「えっ!?あ、あひょwwww我輩の風貌をきにいじぇえくえうええ…」

キモオタ「ゴホッゴホンッ!わ、我輩の風貌を気に入ってくれる女性がいたらきっと付き合いたいでござるなwwww」

キモオタ「まっ、そんな物好きはきっとブラジルまで行ってもいないでござるがwwwwではこれにて失敬wwww」

ギャル「ん」

キモオタ「何でござるかこの紙は?」

ギャル「家帰ってから見な」

キモオタ「了解でござる!もう会うこともないかもしれぬがお達者で(`・ω・´)ゞ」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:00:26.75 ID:IqJ5k9em0
コミュ力の高いキモオタだ


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:03:04.59 ID:uvNOI6IF0
―――キモオタの家

キモオタ「ただいま!遅くなってしまったぞしかし!」

母「おかえり、今日は忙しかったのかい?」

キモオタ「いつもどおりバイトの後に例の少年の遊んだらなんと緊急イベントが発生!」

キモオタ「それはそれはものすごい出来事だったでござる!」

キモオタ「なにせ我輩が女性二人と食事を…」

母「ゴホッゴホッ」

キモオタ「母上殿!!大丈夫でござるか!?」

母「ごめんねぇ…最近はパートも休みがちで…」

キモオタ「はっはっは、我輩なんと来月から週5で1日7時間も働くことになったでござるよ!」

キモオタ「母上の負担を減らせるでござる」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:03:21.81 ID:S7YjNpzQ0
無理に敬語使おうとしてもいろいろな事を考えてしまって言葉がおかしくなるのがキモヲタ


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:07:00.74 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「さあさ、母上は布団に横になって」

キモオタ「…ハッ」

(ギャル「家帰ってから見な」)

キモオタ「み、見るの忘れてたでござる!規定の時間になると文字が消えるとか燃えてなくなるとかないでござるよね…?」

キモオタ「母上殿、我輩ちょっとパソコンで調べ物があるから自室にこもるぞな!」

ドドドドドドドドド(階段を上がる音

キモオタ「さてと、ギャル殿は何を…」

キモオタくんへ
12月25日、駅前にて待つ
これは決戦である

ギャル

キモオタ「け、決戦!?まさか、サンタのバルーンに爆薬でも仕込む気でござるか!?」

キモオタ「くっ、だが25日はバイトだ…どうすれば…」

キモオタ「店長殿に相談してみるでござる…」

プルルルル プルルルルル


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:10:47.42 ID:uvNOI6IF0
店長「お電話ありがとうございます。スーパー○○の店長でございます。」

キモオタ「あ、店長殿!我輩です!」

店長「おお、キモオタか、どうした?」

キモオタ「実は…カクカクシカジカで」

店長「ネタだよな…?」

キモオタ「それが本当でござる…しかし25日はきっとスーパーも忙しくなるでござる」

キモオタ「我輩はどうすれば…」

店長「キモオタよ」

キモオタ「な、なんでござるか」

店長「男には戦わねばならぬ時がある」

店長「店は俺一人で持ちこたえる。お前はその決戦に必ず勝利して帰って来い」

キモオタ「そ、それでは!」

店長「うむ、25日、貴様は休暇だ!本部には一人でミラボレアスに挑みにいったと伝えておく!」

キモオタ「ソロどころか店長殿と組んでも勝てなかったでござるwwwww」

店長「フッ、言うな…。だがそれまではしっかりバイト休まず来いよ」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:12:13.45 ID:JWpW9Ky/0
店長いい人過ぎワロタ


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:12:48.60 ID:wGsftqsZ0
店長は戦友


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:13:47.64 ID:uvNOI6IF0
―――そして25日、決戦の日

キモオタ「くっ、格好はどうすれば!」

キモオタ「よし、ここは我輩お気に入りの赤チェックのネルシャツにジーパンで行くでござる!」

キモオタ「上には黒いコートを羽織るでござるwww完璧wwwwww」

キモオタ「間に合えよ…!!」

ドドドドドドドドド

キモオタ「母上!今日は遅くなるかもしれんでござる!!」

母「気をつけるんだよ」

キモオタ「では行ってまいる!」

ドドドドドドドドド

ガチャッバタン

ドドドドドドドドド

キモオタ「間に合えっ!間に合えぇっ!」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:16:38.82 ID:uvNOI6IF0
―――――駅前

ギャル「やっぱこねーかなー…」

キモオタ「うおおおおお!」

ドドドドドドドドド

ギャル「あっ、来た」

キモオタ「うおおおお!間に合ったか!決戦は!!」

ギャル「ぃよーう!」

キモオタ「ギャル殿!決戦の地はどこでござるか!」

ギャル「あぁ、決戦なんてしないよ」

キモオタ「え?」

ギャル「デートしよ」

キモオタ「…で、で、で、デート…とは、なんでござったか…非常に…非常にその…」

キモオタ「縁の程遠いものだった気がするでござる…」

ギャル「ほら、手出して」

キモオタ「えっ、いやしかし…」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:17:13.46 ID:jVyiZRPNi
この世は…地獄だ…(コポォwww)


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:17:31.33 ID:cWkZGW3W0
報われて欲しい


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:17:43.08 ID:fZctK8jE0
こんな俺にも希望はあるんだな

誠実に生きよう


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:22:29.18 ID:Qhek3bwd0
ギャル「うわホントに来たよこいつwwwwwwwwwwwww」

DQN「うっはwwwwwこいつが例のキモ男?wwwww」


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:24:19.07 ID:uvNOI6IF0
ギャル「ほら!」

ギュッ

キモオタ「あっ…」カーッ///

ギャル「顔真っ赤じゃん、タコみたい!」

キモオタ「いや、だ、だって、こんなの初めてで…」

ギャル「あ、普通に喋った!」

キモオタ「あっ、いや、これはでござるぞその…」

ギャル「普通に喋りなよ、その方が良いよ?」

キモオタ「あの、はい…」

ギャル「よろしい、さ、お昼ご飯食べよ!」

キモオタ「う、うん…」

ギャル「ふふ」

キモオタ「あの…」

ギャル「んー?」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:28:07.05 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「か、彼氏とかいないでござるか?」

ギャル「彼氏なりたい?」

キモオタ「えっ!?いや、その!」

ギャル「嫌なんだ?」

キモオタ「ひ、人をからかうなでござるぞ!!」

ギャル「…あ、ご飯ここにしよっか!」

キモオタ「おお、ここは巷で有名なステーキ屋!サラダバーもあるところ!」

ギャル「嬉しそうだねー」

キモオタ「あ、あはは…」

――――――ステーキ屋

ギャル「ねえ、質問していい?」

キモオタ「ん、な、なんでござろう…」

ギャル「またござる言ってる!」

キモオタ「こ、これは我輩のアイデンティティでござるし」


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:30:46.94 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「それで、質問とはなんでござるか」

ギャル「好きな子のタイプってやっぱり女みたいな感じ?」

キモオタ「えっ、いや、あれはダメでござる」

ギャル「え、なんでー?」

キモオタ「我輩はああいうタイプは苦手でござる。よく喋る例えばギャル殿みたいなのが理想でござる」

ギャル「そ、そう…なんだ///」

キモオタ「あっ!失敬!我輩なんかにこんなこと言われたらあまりの気持ち悪さに嘔吐してしまうでござるね!あは!あははは!」

ギャル「…え、そうなの?」

キモオタ「そ、そうでござるよ!」

ギャル「キモオタくん面白いね」


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:34:31.41 ID:uvNOI6IF0
―――――

ギャル「ステーキ美味しかったねー」

キモオタ「うむ、絶品でござる。また行きたいでござる」

ギャル「そうだね、また行こうね」

キモオタ「うむ…え?」

ギャル「ね、次はデパート行こ!」

キモオタ「う、うむ…」

ギャル「ほら、なにボーっとしてんのー?」

キモオタ「あ、かたじけない!今行くでござるよ!」

ドドドドドドドドド

ギャル「あはは、キモオタくん走るの早すぎー!」

キモオタ「はっはっは!このくらい朝飯前でござるぞ!」


67 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2012/12/11(火) 23:36:44.47 ID:WFz6MajL0
キモオタが細マッチョである可能性が微レ存…?


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:36:44.94 ID:WkQ1yUkH0
ときどきいるブサイクなのに彼女もちのやつはこういう奴か


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:37:57.19 ID:DbVHtmLaO
女とまともに会話ができる時点で


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:38:14.11 ID:uvNOI6IF0
――――デパート内、ゲームセンター

キモオタ「ふう、やっと取れたでござるぅ…」

ギャル「すごーい!それあれでしょ、綾波?」

キモオタ「おお、わかるでござるか、ぐふふ、これはいまネットオークションで高値がつくでござるよ…」

ギャル「そうなんだ!お金儲け?」

キモオタ「うむ、…はっ!すまぬ、せっかくのデートだというのにわざわざこんな…」

ギャル「いーの!そのままのキモオタくんを見てるのが楽しいから」

キモオタ「そ、そうでござるか…」

ギャル「ねーね、あれ取れる?」

キモオタ「むむ?あれは…」

ギャル「トナカイのぬいぐるみ」

キモオタ「なるほど、この程度ならば300円で取れるでござる」


71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:40:32.70 ID:iKWbZSNt0
キモオタがイケメンな件



イケメン?


72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:40:59.26 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「ふふ、まず一回目で位置を3ミリずらす…」

キモオタ「そして二回目で重心を50グラム左へ…」

キモオタ「そして最後の100円玉、これがすべてを左右する!」

ウィーン、ガシッ…ウィーン、ドサッ

ギャル「ほ、ほんとにとれた!すごーい!」

キモオタ「はっはっは、これはおぬしにあげるでござる」

ギャル「いいの?」

キモオタ「うむ、取れるかと問うたからには欲しかったのだろう」

ギャル「ありがと!300円返すね」

キモオタ「いいでござるよ、それは、その、く、クリスマスプレゼント…でござる…」

ギャル「…ありがと」

キモオタ「安くてごめんでござる…」

ギャル「んーん、すごく嬉しい」


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:43:57.72 ID:uvNOI6IF0
ギャル「ね!カラオケ行こ!」

キモオタ「か、カラオケ!?し、しかし我輩…歌は苦手で…」

キモオタ「E○ILEとか西○カナとか聞いたことしかないくらいで、わからないでござる…」

ギャル「キモオタくんが好きな歌を歌えばいいんだよ」

キモオタ「そ、そうでござるか…うむむ、しかしきっと引くでしかし…」

ギャル「いいのいいの!引かないし!」

キモオタ「そこまで言うならば…」

―――――カラオケ

キモオタ「…ゴクリ」

ギャル「歌わないの?」

キモオタ「リ、リアルゴールド美味しい…」

ギャル「じゃ、私から歌うねー」

~♪

ギャル「はい、キモオタくんの番!」

キモオタ「…で、ではこれを…」


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:46:50.54 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「穿て!強大な悪魔帝国!!切り裂け!!その腕の刃で!!おーおー!!」

キモオタ「ふぅ…」

ギャル「キモオタくん歌いだすと人が変わるね!なんか別人みたい!!」

キモオタ「あ、あはは…引かれたでござるか」

ギャル「んーん、あんなに熱唱できる人初めて!」

キモオタ「お、おう…」

ギャル「もっと歌お!」

キモオタ「う、うむ!」


76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:47:06.27 ID:HFbCMTgw0
お、おう


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:48:53.26 ID:mJW+lPAg0
リアルゴールドうまいよな


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:49:44.07 ID:uvNOI6IF0
――――――――――

ギャル「あー、楽しかった!」

キモオタ「うむ、すっきりしたでござる!」

ギャル「ふふ、キモオタくんのおかげだよ」

キモオタ「え、そ、そんなことは…」

ギャル「ほんとだよ!」

キモオタ「う、うむ…」

キモオタ「それにしてももう夜でござるな!」

ギャル「もうそろそろ帰る?」

キモオタ「母上殿には遅くなるとは伝えてあるが…」

ギャル「そっか、じゃあ次はあそこ行こ!」

キモオタ「ほほう、まるでお城でござるな、随分とカラフルな看板でござる」

キモオタ「えーと…ラ、ラブ…」

キモオタ「い、いや、あそこはやめたほうがいいでござるよ」


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:51:47.02 ID:WFz6MajL0
これあキモオタに幸せになってほしい


81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:51:51.33 ID:mJW+lPAg0
俺より先に卒業すんなよ……


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:52:30.54 ID:uvNOI6IF0
ギャル「なんで?」

キモオタ「だ、だってああいうところはそのもっと親密な関係の人々が入るところでござるゆえに…」

ギャル「じゃ、親密になろ?」

キモオタ「え?」

ギャル「チュッ」

キモオタ「んっ…!?」

\ウワー チューシテルー ザワザワ キャー スゴー ツイートシヨー/

ギャル「続きはあそこでしよ?」

キモオタ「…は、はい」


87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:54:20.24 ID:uvNOI6IF0
キモオタ「…」

ギャル「なんかチューしてから静かだね?」

キモオタ「そ、そうでござるか?(いかん、フル勃起しまくりだ)」

ギャル「うん、緊張してる?」

キモオタ「う、うむ…」

ギャル「…私も」

キモオタ「…」

ギャル「へへへ…」

キモオタ「…」

ギャル「…」

キモオタ「あ、こ、ここでござるね」

ギャル「う、うん…」


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/11(火) 23:56:08.74 ID:uvNOI6IF0
―――――ラブホテル、部屋

キモオタ「入り方さっぱりだったでござる」

ギャル「あはは、そうだねー」

キモオタ「ギャル殿は手馴れていると思ってたでござる」

ギャル「えっ、なにそれひどい!」

キモオタ「いや、だ、だってしかし…」

ギャル「ねぇ、もし私が処女だったらどうする?」

キモオタ「か、帰るでござる」

ギャル「キスも初めてだったりしたら」

キモオタ「えっ…」

ギャル「責任とってもらわなきゃ」

キモオタ「あの…………」


92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:00:03.61 ID:Kh1a/uMN0
ギャル「なんてね、冗談だよ!」

キモオタ「むむ!お、おぬしよくも!」

ガバッ

ギャル「きゃっ!ちょ、ちょっと…」

キモオタ「…ゴクリ」

ギャル「ね、ねぇ…」

キモオタ「…」

ギャル「良いよ…」

キモオタ「え?」

ギャル「好きにして良いよ」

キモオタ「本当に…?」

ギャル「うん…」

キモオタ「…ど、どうすればいいでござるか」

ギャル「私の身体で触りたいところ触ってくれれば…」

キモオタ「む、胸でもいいでござるか?」


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:02:19.69 ID:Kh1a/uMN0
ギャル「ぷふっ」

キモオタ「えっ?」

ギャル「キモオタくん緊張し過ぎ!」

キモオタ「ご、ごめん…」

ギャル「ほら」

グイッ

キモオタ「あっ!」

むにゅっ

ギャル「どう…?」

キモオタ「や、柔らかい…です」

ギャル「へへ、Eカップあるよん」

キモオタ「お、おお…あ、あの」

ギャル「ん?」

キモオタ「舐めても良い…?」

ギャル「うん…」


96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:05:41.70 ID:Kh1a/uMN0
キモオタ「はむっ…ちゅうちゅう」

ギャル「あっ…!!」

キモオタ「い、痛い?」

ギャル「違う…続けて?」

キモオタ「うん…ぺろぺろ」

ギャル「ぁっ…」

キモオタ「もしかして気持ちいいの?」

ギャル「言わなくていいから!!」

キモオタ「う、うん…ごめん」

ギャル「ね、ねぇ…それ苦しくない?」

キモオタ「え?」

ギャル「だ、だから、その、それ…」

キモオタ「…あ、ああ…まぁ、ちょっとジーパンがきついかもでござる」

ギャル「ジーンズ脱いで?」

キモオタ「い、いやしかし…」


102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:08:33.68 ID:Kh1a/uMN0
ギャル「はやく、ほら」

キモオタ「う、うむ…」

スルスルッ

ギャル「…すご、こ、これが男の人の…」

キモオタ「えっと…あの、ギャル殿…?」

ギャル「ん?」

キモオタ「もしかして本当に処女?」

ギャル「えっ!?いや、違うし!めっちゃ経験してるよ100人くらい」

キモオタ「…」

ギャル「…」

キモオタ「…」

ギャル「…そうだよ。悪いか!!」

キモオタ「悪くはないけど意外でござる」

ギャル「むぅ…」


104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:11:53.68 ID:Kh1a/uMN0
キモオタ「し、しかしそれなら我輩などとするのは…」

ギャル「良いの!!」

キモオタ「だ、だが…」

ギャル「…なんだよ」

キモオタ「え?」

ギャル「私はあんたが好きなんだよ!!だからチューもしたし!!こうやってラ、ラブホテルにも入ったし!!」

キモオタ「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

キモオタ「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

ギャル「お、驚きすぎだよ…」

キモオタ「う、うむ…す、すまないしかしどこで好きになる要素が…」

ギャル「わかんない」

ギャル「理由とかなくて、キモオタくんがいいなって思った」

キモオタ「不可思議でござるな…」

ギャル「ね、続き…して?」

キモオタ「……で、では」


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:14:40.88 ID:Kh1a/uMN0
――――――――――

キモオタ「ギャル殿ーーーーーー!!!!」

キモオタ「はっ!」

キモオタ「ゆ、夢?」

キモオタ「はは、なるほど…夢か」

キモオタ「どうにも上手く行きすぎだと思ったのでござる」

キモオタ「しかしあのリアリティ、セント・ニコラスの奴め中々味な真似をしてくれるでござる」

キモオタ「ギャル殿と我輩が付き合うなど万が一にも」

ゴロン(寝返り

キモオタ「ありえ…」

ギャル「スースー…」

キモオタ「なあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」

ギャル「へっ!?」

ギャル「なになになになに!?」


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:16:33.47 ID:5XbUlWvZ0
なんだよこれ






なんだよこれ...


108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:16:49.08 ID:XkWW6hJHI
  /⌒ヽ
  ∩ ^ω^) な ん だ
  |  ⊂ノ
  | __⊃
  し′

  /⌒ヽ
 (^ω^ ∩ う そ か
  (⊃  |
 ⊂__ |
    `J

   /⌒ヽ
  (   ) おっおっ
  /  _つ おっ
 (_(_⌒)′
  ∪(ノ


109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:16:49.76 ID:Kh1a/uMN0
キモオタ「い、いや、なんでもないでござる!おはよう!!」

ギャル「お、おはよ」

キモオタ「い、いい朝でござるよ!」

ギャル「そうだね、ふふ」

キモオタ「しかしそろそろでなければ追加料金を取られてしまうかもしれぬ」

ギャル「そっか、じゃ、もう出なきゃね」

キモオタ「あああ!」

ギャル「どしたの?」

キモオタ「きょ、今日はバイトだ!!行かなければ!」

ギャル「ね、キモオタくん!」

キモオタ「は、はい!」

ギャル「電話番号とメールアドレス教えて!」

キモオタ「あ、そ、そうだった!これでござる!」


110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:17:26.28 ID:kGOjcMPj0
キモオタはキモヲタでも俺とは違うキモヲタだったでござるで候


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:18:22.61 ID:Kh1a/uMN0
ギャル「ありがと、バイト頑張ってね」

キモオタ「うむ!それではすまない!お先に失礼!」

ギャル「あ、キモオタくん!」

キモオタ「なんでござるか!」

ギャル「…好きだよ」

キモオタ「お、おう…」

キモオタ「あ、お、俺も!…好き、でござる」

ギャル「ふふ」


112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:18:56.97 ID:fy5JEyNs0
えんだああああああああああああ


113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:19:49.84 ID:n13YUM/Q0
いやぁぁぁぁぁぁ


117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:22:06.99 ID:Kh1a/uMN0
―――キモオタのバイト先

キモオタ「いらっしゃいませー!こんにちわー!」

少年「おう!お兄ちゃん!」

キモオタ「むむ?すまないが今は勤務中故、怪獣ごっこは終わってからにしよう」

少年「お兄ちゃんにお客さんだぜ」

キモオタ「お客さん?」

ギャル「ちーっす」

キモオタ「わわっ!」

店長「ほう、これがキモオタの…」

ギャル「嫁です!よろしくーぅ!」

店長「キモオタよ…お前は全国のヲタクどもを敵に回したぞ」

キモオタ「ふふ、望むところでござる」


119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:25:36.06 ID:Kh1a/uMN0
店長「この野郎!!」

キモオタ「ふっ!はっ!」

店長「こいつ…相変わらず身かわしの服を着てるかのように当たらねえ!」

キモオタ「はっはっは!店長はまずエイムというものを学んだほうがいいでござるよ!」

店長「くっ…!」

少年「俺も混ぜろ!お兄ちゃん爆ぜろ!!」

女「…ちょっと」

ギャル「あれ、女いたんだ」

女「私の登場シーン少な過ぎない?」

ギャル「まーいーじゃん、私の彼氏をショタコン呼ばわりした罰だよ」

女「だからそれ私じゃねえええええええええええええええ!!!!!」



終わり


121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:26:15.65 ID:+O7FRzwo0



123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:26:29.68 ID:XkWW6hJHI
おつ


124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:26:34.39 ID:knXvwb5s0
いい終わり方


126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:26:39.10 ID:WWOT6RpU0
やっと寝れる


128 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2012/12/12(水) 00:29:07.73 ID:PuTUsOv80
さっくり読めてほっこりした
おつん


134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:34:19.89 ID:knXvwb5s0
続きがあるのだとしたらキモオタ母とギャルの出会いをだな……


136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:37:25.16 ID:KKU2DUKz0
おつおつ


137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/12(水) 00:38:16.89 ID:rTr+FYjo0
イナズマキックとは渋いな
仮面ライダーストロンガーだったっけ




転載元

女「またあいつだよ…」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355232596/





-1000 以下、名無しにかわりまして管理人こばりあんとがお送りします :2222/02/22(金) 00:00:00.00 ID:COVARIANT




もうすぐクリスマスですね。





モタク モテるオタクになる恋愛ガイド
アルテイシア
スコラマガジン
売り上げランキング: 616

関連記事
2012/12/18 12:29 | CM(4) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 名無しさん [ 2012/12/18 14:01 ]
  2. イナズマキックといえばトップをねらえ!だろjk
    じゃなくて、ほっこりしたよGJ
    嫁の攻撃見たいので続編希望。
  3. 774@いんばりあん [ 2012/12/18 14:03 ]
  4. イナズマキックはトップのガンバスターの技だよ
    仮面ライダーストロンガーは電キック(でんきっく)
  5. 名無し@まとめいと [ 2012/12/18 14:55 ]
  6. まあチャージアップすると超電稲妻キックとかあるけどな、ストロンガー。
    ただここでの技名は元ネタとか無くて昔ながらのそれっぽい感じの名前挙げてるだけだと思う。
  7. 名無しさん [ 2012/12/23 02:05 ]
  8. モタクって聞いても喪オタクにしか聞こえん
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング