HEADLINE

北斗「貴様ら、けいおん、という漫画を知っているか」 神山「え?」 【part1】

2010/09/03 22:24 | CM(2) | その他 クロマティ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 03:40:30.02 ID:ylfvKM+kO
林田「けいおん?」

北斗「ああ、今、巷で大人気のコミックスだ」

神山「へえ、どんな話なんだい」

子分「なんだ知らないのかよお前ら!」

北斗「よせ。知らない方が語りがいもあるというものだ」

前田「……」

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 03:46:14.33 ID:ylfvKM+kO
林田「面倒な説明はいいからよ、あらすじだけバーッと頼むぜ」

北斗「え……あらすじ?」

北斗「……」

北斗「女子高生がバンドをする、日常ほのぼの音楽コメディだ」

前田(それはあらすじというより、ジャンルなのでは……)

神山「へえ、バンドって事は楽器かい?」

子分「ああ、もう唯ちゃんが可愛くて仕方ないんだ」

北斗「ふっ……ムギの可憐さには敵うまい」

林田「……」

林田「なあ、ちょっといいか」

北斗「む?」

林田「音楽の話なのによ、その……可愛いキャラってのはどういう事だ?」

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 03:50:01.20 ID:+4fMavf+0
こんな時間にクロマティ、それもSSを立てるお前がかっこいい
支援


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 03:51:34.25 ID:ylfvKM+kO
北斗「……質問の意味がわからないのだが」

林田「いや……あんまり音楽の漫画は読まねえからわからないんだけどよ、そういうのって楽器とか曲について語るもんじゃないのか?」

子分「ああ、もちろん。レスポールやテレキャス……楽器の話題もあるぜ」

林田「でもよ、お前らの言う、何とかちゃんの話が一番に出てくるんだろ?」

北斗「ふっ、けいおんを語る上で音楽などは無意味。彼女がそこにいればそれでよいのだ」

神山「……北斗君たちがそんなにハマっているなら、ちょっと興味があるかな」

子分「おう。そういうと思ってよ、ここに一巻があるから読んでみな」

神山「……」

パラパラ

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 03:57:23.10 ID:ylfvKM+kO
北斗「……どうだ」

神山「いや、どうだと言われても……」

子分「唯ちゃん可愛いだろう!」

林田「まあ、女の子が出るのはわかったがよ……だから何なんだよ」

北斗「……え」

林田「確かに、女の子は可愛い。楽器の話もちょっとはしてるみたいだが……」

神山「でも、だから何だと言われてもね」

前田(……この律って子可愛いな)

林田「なあ、前田?」

前田「え……お、おう」

北斗「うぬぬ……貴様らにはけいおんの良さが解らないのか!」

神山「そう、そこだよそこ。何が北斗君たちを惹き付けているのか……それを教えてくれないかな」

北斗「ほう、この俺を試そうと言うのか、神山よ」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:00:02.61 ID:Wzxuk7wL0
クロマティSSとは興味深い、が、残念ながらけいおんは知らん

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:02:50.20 ID:ylfvKM+kO
北斗「いいだろう。まず第一にけいおんの良さと言うのはな……」

北斗「……」

北斗(……あれ?)

北斗(こうして冷静に考えてみると、女子高生がダベって、ふわふわとしているだけではないか)
北斗(いや、確かに俺はそのふわふわが好きだ。好きなのだが……何が魅力か?)

北斗「……お、女の子が楽器をやっている」

神山「でも、楽器を弾いているシーンなんて数えるくらいしか無いみたいだけど」

子分「甘いな。いいか、漫画だとそう見えるかもしれないがアニメだとな……」

北斗(そ、そうだアニメだ。楽器の雰囲気を伝えるなら紙より映像の方が効果的なのは至極当然)

神山「へえ、アニメにもなってるんだ」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:04:48.57 ID:NzbqbAnV0
ところで子分の名前なんだったっけ?

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:08:02.33 ID:ylfvKM+kO
子分「ああ、ここにDVDの第一巻があるぜ」

北斗「ふふっ、次は映像で彼女たちを感じ取ってもらおうか」

前田「いや、学科でアニメ見ていいのかよ……」


ピッ


林田「……お、始まったな」

神山「話は同じ、女子高で唯が部活に入るところからなんだね」

唯『うんたん♪ うんたん♪』

神山「……確かに、声が入るとイメージは変わるかもしれないね」

ゴリラ「ンゴ」

フレディ「……」

林田「……」

前田「……」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:09:49.21 ID:dGZz3smz0
けいおんとフレディ…だと…

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:13:28.34 ID:ylfvKM+kO
神山「何だかんだで、第一期は全部見てしまったね」

北斗「彼女たちが堪能できた、それだけで貴様らは果報者だ」

子分「やっぱり唯最高~!」

林田「いや、そこは澪だろう」

前田「俺は律派かな」

ゴリラ「ンゴ」

フレディ「……」


神山「どういう話なのかは解ったよ。確かにアニメだと面白いのかもしれない」

北斗「ふふっ、そうかそうか」

神山「……で?」

子分「えっ……」

北斗「貴様、まだそんな事を言うのか。彼女たちの魅力は充分にわかっただろう!」

神山「女の子が可愛いのはわかりました。それで、北斗君は僕に何を伝えたくてこれを見せたんだい?」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:20:00.57 ID:ylfvKM+kO
北斗「そ、それはだな……」

神山「ここまで時間を取らせたんだから、相応の内容なんだろうね?」

北斗(くっ、奴の目は尖っている……今さら、ちょっとクラスに広めたかったなどと言ったら……)

子分(俺たちの権威が丸つぶれだ……)

林田「……神山よ、ちょっといいか」

神山「む?」

林田「確かに、お前にとっちゃあただのアニメかもしれねえ。女の子も好みのタイプがいなかったかもしれねえ」

北斗「は、林田……」

林田「正直最初はよ、女の子が楽器をやっているだけで何が面白いのかは分からなかった」

林田「……でもよ、一期を見終わった俺には分かるぜ。北斗たちが何を伝えたかったのかを、よ」

北斗「林田……」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:25:29.45 ID:ylfvKM+kO
林田「北斗たちはよ……俺たちとバンドやりてえって伝えたかったんじゃないのか

北斗「……え」

北斗(いやいや、どうしてそうなるんだ。何を言い出すかと思えば……バンド、だと……)

神山「バンド……そうなのかい、北斗君」

林田「言ってやれよ、お前が言いたかった事をよ」

北斗「バ……」

子分(うわあ、ぜってーアレは何も考えてない目だよ……)

北斗「バ……バンドだ。そうだ、林田」

子分(言っちゃった……)

林田「フッ、今ならわかるさ」

神山「北斗君……!」

北斗「な、なんだ神山(まずい、また何か言われる……)」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:30:17.18 ID:2Ht84nPC0
>>10
この際だから教えてやる!俺の名前は…

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:30:43.11 ID:ylfvKM+kO
神山「感動したよ」ガシッ

北斗「え……」

神山「いや、実は僕も見ているうちにちょっと楽器が楽しそうに思えてきてね」

北斗「ほ、ほぅ。それでこそ俺が見込んだ男だ……」

神山「君がそう言ってくれるのなら、僕は喜んで協力するよ」

子分(えっ、本当にバンド組むの?)

林田「神山、俺もいるぜ」

神山「林田君……」

ゴリラ「ンゴ」

フレディ「……コク」

北斗「よ、よーし! 今日から俺たちはクロマティ高校けいおん部だ!」

全員「おおー!」


ベンチ

北斗「明日からどうしよう……」

くろまてぃ!

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:35:19.25 ID:NzbqbAnV0
>>17
あ。いややっぱりいいよ。よく考えたらそんなに大切なことでもなかったし

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:36:40.05 ID:ylfvKM+kO
次の日

林田「なあ。バンドやるはいいけどよお、楽器はどうするんだ」

北斗「ふっ、各々がやりたい楽器を自分で買い揃えればいいだけだ」

神山「ちょっと待って下さい。けいおん部のメンバーは全員で五人でしたよね」

北斗「当たり前だ」

神山「僕たちは……」

前田「……」

林田「……」

子分「……」

ゴリラ「ンゴ」

フレディ「……」

メカ沢「……」

北斗「八人、か」

神山「あれ、メカ沢君、いつの間に?」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:43:06.75 ID:ylfvKM+kO
メカ沢「ふっ、バンドと聞いちゃあ……ちょいと血が騒いじまってな」

林田「お、メカ沢経験者か」

メカ沢「まーな。こう見えても音楽スタジオでバイトしていた事があるんだぜ」

神山「それは心強い」

北斗「ちなみに、なんの楽器が弾けるのだ?」

メカ沢「ドラムだ。俺から出る音はなかなか評判よかったんだぜ」

神山(俺から出る?)

北斗「ふむ、早速腕を見たいがここにはまだドラムが無いからな……」

メカ沢「だ~か~ら、任せておけっての。よっ」カシュン

神山「……」

メカ沢「いやあ、久しぶりだからな。ちゃんと設置できるかどうか」カシャン カシャン

林田「……」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:49:59.86 ID:ylfvKM+kO
メカ沢(ドラム)「出来たぜ。さ、弾いてくれ」

北斗(お前がドラムになるのかよぉぉ……)

神山「さすが、バイトしてただけあるね」

林田「ああ、すげえドラムっぷりだぜ」

北斗(いや、お前ら突っ込めよ……楽器弾けるかって聞いたじゃん。特技はドラムになる事ですって、そんなメンバーいねえよ)

メカ沢(ドラム)「へ、へへっ。あんまりジロジロ見るなよ。さ、誰が俺を叩いてくれるんだい?」

林田「そう言えば、前田はりっちゃんが好きだったよな」

前田「え、お、俺はドラムなんて触った事ないからいいよ……」

メカ沢(ドラム)「遠慮すんなって。最初はプロも素人……恥ずかしがってちゃ上達なんてしないぜ?」シャン シャン

北斗(喋る度にシンバルの部分が揺れるのか……)

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:53:52.32 ID:uTKLiORE0
全巻持ってないのだがマスクドは今どうなってる?

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:55:17.62 ID:ylfvKM+kO
前田「じ、じゃあ……ちょっとだけ」

ジャーン

林田「お、意外と響くな」

ドンッ ドンッ

メカ沢(ドラム)「いいぜいいぜー。慣れてきたらリズミカルに叩いてみな」

前田「こ、こうかな」

ドンッ シャン

神山「んん~、雰囲気はいいけどやっぱり安心するような音では無いよね」

前田「す、すまねえメカ沢……」

メカ沢(ドラム)「謝る事はねえよ。お前が今叩いているその……一生懸命な気持ちはビリビリ伝わってくるぜ」

前田「メカ沢……」

子分「へへっ、これから上手くなればいいじゃねえか!」

ゴリラ「ンゴ!」

フレディ「……」コクッ

北斗(くっ、なんだこのちょっといい雰囲気は……許せん)

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:56:09.97 ID:IcyEtNuOP
いやもう終わってるよ?

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 04:59:43.65 ID:ylfvKM+kO
北斗「ええい、待て貴様ら! そいつを見て何も思わないのか!」

前田「ん?」

北斗「お前じゃない。ドラムになっている……貴様だ」

メカ沢(ドラム)「んん~?」

北斗「よく考えてみろ、バンドメンバーがドラムになってるんだぞ。何か変だとは思わないのか!」

神山「?」

林田「なに言ってんだ、お前」

北斗「くっ……貴様ら……これが変だとは思わんのか!」

メカ沢(ドラム)「……」

メカ沢(ドラム)「ああ、確かに俺はとんでもないミスをしていたみたいだな」

神山「メカ沢君?」

北斗「……やっと気付いたか」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:05:30.68 ID:ylfvKM+kO
メカ沢(ドラム)「……すまねえな、久しぶりのドラムだったんでちょっと興奮していた。我ながら情けないぜ」

林田「待てよメカ沢。話が見えないぞ」

メカ沢(ドラム)「そこの北斗って奴は、よっぽどこのバンドに命かけてるらしいな。俺のミスに、こんな熱い言葉を掛けるなんて……」

北斗「……よくわからんが、わかってくれたならよかった。さあ、早く元に戻ってみんなでバンドを……」

メカ沢(ドラム)「すまねえ、サイドとトップの位置を逆にしていた」カシャン

神山「あ、間違えて置いてたんだあ」

林田「全く、一々北斗は熱く言うよな」

北斗「……」


ベンチ

北斗「そうじゃねえよ……」

ドラム(本体)メカ沢!

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:09:55.72 ID:ylfvKM+kO
林田「なあ、さっきので考えたんだけどよ、楽器の経験者っているのか」

神山「確かに、誰か経験者がいないと大変かもね。北斗君は?」

北斗「……俺はベースを持っている」

林田「ベース?」

神山「ああ、澪ちゃんが弾いていた。で、君は?」

子分「いい加減名前で呼べ! いいか、俺の名前はな……」

神山「いや、名前よりも楽器経験者かどうかを聞きたいんだよ。で……?」

子分「そ、それはだな……」

北斗「ま、待て。その話は明日だ! 今日は解散だ!」

神山「えっ、どうしてだい?」

北斗「どうしてもだ! 今日は解散だ!」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:10:55.19 ID:pq6ifAAmQ
クロマティSSだと、
そういえば、フレディは歌が美味いんだっけな

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:14:08.58 ID:ylfvKM+kO
帰り

北斗「ふ~っ、なんとか誤魔化せたな」

子分「……俺たち、間違えて二人してベース買っちゃいましたもんね」

北斗「うむ。そんな事が知れたら恥もいい所だ」

子分「でも、ムギちゃんが好きな北斗さんがどうして最初はギターを買おうと?」

北斗「うむ。俺も最初は唯が好きだったからな」

子分「そうでしたね」

北斗「……楽器、どうするかな」

子分「ベースでいきますか?」
北斗「いや、俺はキーボードをやる、当たり前だろうが」

子分「お、俺だってベースじゃないギターをやりたいですよ」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:15:05.56 ID:+4fMavf+0
>>31
北斗がベンチに座ってる絵が容易に想像できるww

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:18:47.52 ID:ylfvKM+kO
北斗「と、言うわけで楽器屋に来たわけだが」

子分「あ、すいませ~ん。ここに唯ちゃんが使っていたギターの……」

店員「はい?」

北斗「バ、バカ者! ちょっと来い」

子分「どうしたんです?」

北斗「いいか、バカ正直に……けいおんを見てギターが欲しくなりました、なんて俺が言えるわけないだろう」

子分「……」

北斗「いいか、俺はそこらのニワカオタクとは違うんだ。もっと堂々と楽器を買いに来た態度で挑むんだ」

子分「は、はぁ……」

北斗「店員よ、ちょっといいか?」

店員「は、はい?」

北斗「帝王の俺に相応しい楽器を教えろ」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:24:18.57 ID:ylfvKM+kO
店員「は、はあ? 何か希望の楽器は……先ほど、お連れ様がけいおんと仰られて……」

北斗「笑止。チャラチャラした女子高生アニメなど知らぬ。早く帝王のこの俺に相応しい楽器を教えるんだ」

子分「いや、言っちゃってる……」

店員「は、はぁ。帝王なら、何でもいいんですか?」

北斗「うむ。軟弱な音の出る楽器はいらん」

店員「で、でしたらこちらの……」

北斗「説明などいるか! 早くそれを包め。一応、子分の分もだ」

店員「は、はい。ではお会計が六万円になります……」


……。

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:28:29.94 ID:ylfvKM+kO
店員「ありがとうございました」


北斗「……なあ」

子分「……」

北斗「どうしてベースなんだ」ボン ボン

子分「知りませんよ! 何ですか、帝王っぽい楽器って。ワケわかんないですよ!」

北斗「軟弱な音でバンドが出来るか」

子分「ああ~っ、変な頼み方しないで素直にけいおん見ました、でいいじゃないですか!」

北斗「帝王がそんなダサい買い物などできるか!」

北斗「……お、俺今から交換してもらってきますからね」ダダダッ

北斗「あ、お、おい!」

北斗「……行ってしまった」

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:31:14.19 ID:KJ+9wbFN0
けいおん厨wwwwww

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:31:25.12 ID:M0L0hDpI0
まさしくクロ高的展開だなwwww

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:33:42.23 ID:ylfvKM+kO
北斗「結局、手元にはこのベースだけか」ボン

北斗「ううむ、確かにベースが二本あっても手に余る……」

北斗「……」


店員「いらっしゃいま……あれ?」

北斗「店員よ、つかぬことを聞くが、このベースは返品できるだろうか」

店員「え? いやあ、ケース開けちゃってますし……中古のだったらまだ受けとりましたけど、新品は……」

北斗「くっ……す、すまぬ。実はこの北斗嘘をついていた……」

店員「え?」

北斗「じ、実は俺はけいおんに感化されて楽器を、バンドを始めようとしていたのだ」

北斗「照れ隠しでつい、帝王だの何だのと言ってしまった……すまない」

店員「……僕も、見てますよけいおん」

北斗「お、おおっ?」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:37:23.68 ID:KJ+9wbFN0
なんだこの展開wwwwwww

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:39:01.46 ID:ylfvKM+kO
店員「お客さんでも多いんですよ。けいおん見て楽器を始める人が」

北斗「た、確かによく見たらポスターや紹介ポップが……」

店員「僕はムギちゃんが好きなんですけど、なかなか人気が無いみたいで……キーボードのコーナーは僕が飾り付けしてるんですよ」

北斗「お、おおっ……素晴らしい。素晴らしいぞこれは」

店員「えっ、お客さんもムギちゃん派ですか?」

北斗「無論だ。あの眉毛を愛でる事こそが帝王学の極みだと思っている」

店員「い、いやあ嬉しいなあ。あ……どうです、このキーボード……ムギちゃんと同じタイプですよ」

北斗「こ、これが……しかし、高いな」

店員「多少、値段は張りますが……」

北斗「笑止。帝王の前には値段など無意味……これをくれ」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:44:20.52 ID:ylfvKM+kO
店員「あ、ありがとうございます!」

北斗「……こんな所で同士に会えるとは思っていなかった。また寄らせてもらおう」

店員「は、はい! 楽器の事で何かあったら連絡下さい。大抵この店にいますから」

北斗「……うむ」

北斗「……」

北斗「ところで店員よ」

店員「はい?」

北斗「このベース、返品できない?」

店員「ああ~、そいつはちょっと無理でっすね~」

北斗「……」



ベンチ

北斗「無理かぁ~」

無理だよ。

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:49:25.73 ID:ylfvKM+kO
次の日

子分「見ろよ。レスポールだぜ!」

林田「おっ、ついに自分の楽器か」

子分「形は同じ、ちょっと安物だけどな」

神山「いやあ、それでもすごいよ。やっぱり実物があると違うね」

北斗(結局奴は交換したのか……くっ)

林田「なあ、ちょっと弾いてみてくれないか?」

子分「いやあ、それがまだ全然弾けなくてよ……とりあえず楽器だけ、って感じなんだ」

前田「なあ、経験者がいないんじゃあこの先辛いんじゃないか?」

神山「しかし、経験者がいないとなると……練習は大変かもね」

前田「いや、今俺が言った……」

林田「そうだよなあ……この中で経験者って言ったらメカ沢くらいか」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:55:15.25 ID:ylfvKM+kO
メカ沢(ドラム)「俺はドラム専門だ。ギターの方は……さっぱりわからねえや」

北斗(ギターにもなるのか?)

神山「んー、他に経験者は?」

子分「フレディなんかどうだ? ほら、ギター」

フレディ「……」フル フル

神山「んー、フレディも弾けないのかあ」

林田「じゃあどうやって練習すればいいんだよ」

北斗「待て待て。そもそもお前らは何の楽器をするんだ」

神山「え?」

北斗「え、じゃない。ギター、ボーカル、ベース、キーボード……被りはあれど担当を決めなければ練習もできまい」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 05:55:36.57 ID:shQUEDiF0
ベンチwwwwww

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:00:39.50 ID:ylfvKM+kO
神山「ねえ、考えたんだけどさ、楽器って何だろうね」

北斗「む?」

神山「そもそも、けいおんメンバーはその楽器を使ってるからイメージが強いけどさ、他にも楽器はあるんじゃないかな」

林田「確かにな」

神山「只でさえ人数が違うんだから……何も楽器を枠にハメる事は無いと思うんだ」

北斗「ふむ」

神山「それこそカスタネットでも、マラカスでも……いや、楽器の形はしてなくてもいいのかもしれない」

メカ沢(ドラム)「……」シャーン シャーン

神山「ほら、小学生なんかがよくやった、身の回りの物で楽器を作ろうってヤツ……」

前田「ああ、あったな。コップに米を入れてフタをして鳴らしたり」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:05:06.75 ID:ylfvKM+kO
神山「それだよ。無理にギターやドラムじゃなくても、身近な物で音を奏でればいいじゃないか」

子分「……フッ、ギターなんて買って少々浮かれていたぜ」スッ

林田「なあ……この机を鉛筆で叩いて音を出してみたらどうだ」カッ カッ

神山「林田君……」

北斗「そういう事ならば、このドラム缶を叩く事によって……力強いビートになる」ガシャン

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:09:37.55 ID:ylfvKM+kO
フレディ「……」ダン ダン ダンッ

神山「フレディ、地団駄でそんな力強い音を出せるなんて」

ゴリラ「……」ドン ドン ドン
メカ沢「胸を自ら叩いて音を出す……まさにビートだな」

神山「みんな……」

北斗「どうやら、担当楽器が決まったようだな」

林田「へへっ」

メカ沢(ドラム)「俺も気合いが入るぜ」ジャーン ジャーン

北斗「よおし! クロマティ高校けいおん部の再び始まりだ!」

全員「おおー!」


前田「……」


ベンチ

前田「なんだっけ、あんな音楽CMで見たような……」

確か、ストンプ。

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:10:40.86 ID:RAXuB97J0
これ作者本人が書いてんじゃねえのか

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:14:20.97 ID:ylfvKM+kO
次の日

神山「みんな、僕はけいおん部を辞めようと思うんだけど」

林田「えっ?」カッ カッ

神山「いやあ、昨日あんな事言っておいてあれだけどさ」

北斗「貴様、理由によっては只じゃおかないぞ」ガシャーン

神山「いや、ドラム缶や机叩くの止めて下さいよ。僕は真面目な話をしているんですから」

子分「とにかく理由を言えよ」

神山「昨日ちょっと考えたのが……」

神山「これは本当にけいおんなのか、と」

林田「お前言ってる事がコロコロ変わるな~」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:17:46.96 ID:nRCit+rQ0
ノリがクロマティに忠実でおもろいな

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:19:44.43 ID:ylfvKM+kO
北斗「まあ待て神山。本家けいおん部も時には音楽、時には雑談を……」

神山「いや、彼女たちはいいんですよ。可愛いからただ雑談しているだけで絵になるでしょう」

神山「僕たちは男子校で、楽器も満足に弾く事が出来ない。これじゃあただの時間潰し以下ですよ」

林田「お前ってたまにズバッとひどい事言うよな~」

北斗「なら、どうすればいいのだ」

神山「もう一度僕が音楽をやりたくなるような、そんな何かがあれば……でも、いいんです。僕の気持ちは死んでしまったみたいだ」

神山「じゃあ、さよなら」

ガラッ

林田「お、おい神山」

子分「い、行っちまった……」

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:26:30.71 ID:ylfvKM+kO
神山「……ん?」

ジャーン ジャーン

神山「なんだろう、教室から心地よいドラムの音が」

ダダダン ダダダダダン

神山「こ、このリズム感……なんだ、胸がドキドキする」

ズッダダ ズッダン

神山「もしかしてメカ沢君が僕のために……?」ハッ

神山(僕はなんて小さいんだ……今がけいおんっぽくないのなら、これから変えて行けばいいじゃないか)


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:27:29.05 ID:ylfvKM+kO
ダン ダン ダダダン ジャーン

神山「このドラムも……そんな僕を応援してくれているみたいなビートだ……よしっ」

ガラッ

神山「メカ沢君。君のビートは僕の胸にしっかりと……」

林田「うおっ、すげえぜゴリラの奴」

子分「プロ並みのドラム捌きじゃねえか!」

ゴリラ「……」ジャーン ジャーン

神山「……」


ベンチ

神山「音楽って難しいなぁ……」

ゴリラすげー。

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:29:34.86 ID:1AIv5Qfz0
ゴリラすげー

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:33:52.53 ID:ylfvKM+kO
北斗「神山が戻って来た所で、担当楽器を決めるぞ」

林田「ええ~、もう鉛筆と机でいいじゃねえか」カッ カッ

神山「ダメだよ林田君。やっぱり形はどうあれしっかりした楽器を手にいれないと……僕たちはけいおん部なんだから」

前田「本当に意見が変わるな……」

北斗「うむ。ところで貴様ら、買う買わないは別にしても本物の楽器を見に行かないか?」

林田「楽器を?」

北斗「ああ、知り合いの楽器屋が近くにある。本物を見ればより気分も高まるだろう」

メカ沢(ドラム)「そいつはいい。俺も久しぶりに新品のドラムを見てえな」

北斗「よし、ではみんな行くぞ」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:34:40.95 ID:DCt6dH9uP
最後のコメントの部分が本当に似てるな

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:34:58.01 ID:NtWKeGvEP
マスクドまだ?

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:39:46.81 ID:ylfvKM+kO
店員「いらっしゃいませ~、あ」

北斗「うむ。来てやったぞ」

店員「北斗さん、今日はまた随分大人数ですね」

北斗「こいつらが本物の楽器を見たいと言ってな。全員がクロマティ高校けいおん部のメンバーであり、我が下僕だ」

店員「へぇ~」

子分「さあ、ここだぞお前ら」

神山「ここが楽器屋か」

林田「すげえな」

前田「お、けいおんのポスターが」

店員(な、なんか濃いメンバーだなあ)

メカ沢(ドラム)「いやあ、この空気……久しぶりだな」

店員「え?」

店員「あ、あの。この……人? もメンバー……」

メカ沢(ドラム)「おうよ。俺、バリバリのドラムなんでよろしくぅ」シャーン シャーン

店員「は、はぁ……」

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:45:22.61 ID:ylfvKM+kO
店員(な、なんかカシャカシャしてたのは気のせいかな?)

店員「あ、い、いらっしゃ……」

フレディ「……」コクッ

店員「……」

北斗「む、どうした店員よ」

店員(え、本物? いやいやいや……いやいやいや)

フレディ「……」

店員「あ、あの……もしかして……クイーンのボーカルの……」

北斗「はははっ、何を言っているんだ店員。確かにこいつは外人ぽく見えるがそんな横文字は通じないぞ」

店員「えっ? あ、あのだからクイーンの……」

北斗「むぅ、俺は帝王になる男、いわばキングだぞ」

店員「は、はぁ。すいません……」

店員(わけがわからない……)

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:50:33.70 ID:ylfvKM+kO
北斗「わかればいい。引き続き楽器を見せてもらうからな」

店員「は、はぁ……」

店員(なんだかすごいメンバーだなあ。ドラム本体に、ボーカルっぽい人に)

店員(どういう音楽をやってるのかな?)

ドンッ

店員「あ、す、すいません。ボーッとしていて……」

ゴリラ「ンゴ」

店員「……」

林田「おーい、こっちに来いよゴリ」

子分「でっけえドラムのセットがあるぜ」

ゴリラ「ンゴ」

店員「……」


店の裏

店員「ゴリラじゃねーか……」

ゴリラです。

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 06:55:48.46 ID:ylfvKM+kO
店員(いやいやいや、ゴリラはおかしいだろ、ゴリラは)

店員(だってゴリラだぞ……仕方ない、北斗さんの知り合いとは言え、ここはビシッと……)

店員「あ、あの、北斗さん?」

北斗「む?」

店員「ほ、他の方はいいんですけどね……あの、ゴリラみたいな方だけはちょっと……」

北斗「……」

店員「お店を壊されちゃったりでもしたら、万が一と言う事もありますし」

神山「あの、ちょっといいですか?」

店員「は、はい?」

神山「先ほどから聞いていると、あのゴリラがこの楽器店にいるのは好ましくない、と」

店員「え、ええまあ……」

神山「それは偏見という物です。少なくとも、あのゴリラには音楽を理解し愛する……心があります」

店員「心……」

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:01:12.69 ID:ylfvKM+kO
神山「見てて下さい」

ゴリラ「……」スッ

店員「ち、ちょっと。売り物のドラムとスティックを勝手に!」

北斗「いいから、そこで見ていろ」

ゴリラ「……」カッ カッ カッ カッ

ダダダン ダダダン

店員「こ、これは……」

ジャーン ダン ダン ダダダン

店員(す、すごい。ゴリラらしい力強い音楽……それでいてどこか繊細さが溢れるような……)

店員「この安定感はセミプロ……いや、プロでも滅多にいませんよ!」

神山「これが、僕たちのドラマーのゴリラです。これでもまだ、ゴリラはこの店に不要ですか?」

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:06:42.56 ID:ylfvKM+kO
店員「……いえ、僕が間違っていました。こんなに素晴らしい音を聞けるなんて」

神山「店員さん……」

店員「良いものを聞かせてもらえました。ありがとうございます」

北斗「礼ならゴリラに言うがよい」

店員「そうですね。あんなに気持ちいい音を出してもらえて、ドラムだってさぞかしいい気分で……」クルッ

林田「こ、こらゴリ。それはバナナじゃないぞ」

ゴリラ「ンゴ?」シャグ シャグ

前田「昼飯食べてなかったからなあ」

神山「あ、スティックがかじられてる」

店員「……」


店の裏

店員「音楽って難しいなぁ……」

あんたで二人目。

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:10:18.40 ID:F+UT+Neu0
面白い。支援

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:12:18.79 ID:ylfvKM+kO
店員「だーかーらー、ゴリラはやっぱりダメですってば!」

北斗「先ほどはあんなに感動していたではないか」

店員「スティック食べられたら感動もなにもありませんよ、全く……」

客「おおい、ちょっとこれを弾いてみたいんだけど」

店員「あ、は~いただいま伺います」

店員「と、とにかく、あのゴリラは店の外に出して下さい! いいですね!」

ゴリラ「……!」ビクッ

ゴリラ「……」スタスタ

神山「あっ、ゴリ」

林田「お、おい待てよゴリ」

子分「ああ、行っちまった」

北斗「まあいい。店の外で待っているだろう」

店員「……」

客「おお~い」

店員「は、は~いただいま!」

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:21:12.69 ID:ylfvKM+kO
店員「……で、こちらのキーボードにはマルチエフェクターが付いていまして」チラッ

神山「このギターカッコいいなあ」

北斗「神山はギター……ストラトか」

神山「まだちょっと迷っているんだけどね」

店員(さっきはちょっと言い過ぎたかなあ……スティックさえかじらなければ、いい人だったかもしれないし)


前田「なあ、このギターの形で何が変わるんだ?」

林田「雰囲気だよ雰囲気。作りは同じなんだからよ」

フレディ「……」

店員(ハァ……どうしよう)

ジャーン

店員(?)

ギュイーン

店員(な、なんだこの力強いギターは)

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:26:39.91 ID:ylfvKM+kO
客「おいキミぃ、エフェクターがなんだって?」

店員「あ、は、はい……」

ジャジャ ギュゥーン

店員(この……まさにロックな……これは、シアハートアタックの……)

店員(ま、まさかさっきの外人さんが?)

客「ああ、ありがとう。また後で見に来るよ」

店員「あ、はい」

店員(い、一体誰が!)クルッ

林田「うおー、お前ギターまで弾けるのかよ」

子分「曲名とか全然わかんねえけどスゲーな」

ゴリラ「……」ギュ ギュ ジュィーヤ

店員「……」


店の裏

店員「どこ行ってたんだよ……」

トイレだってさ。

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:38:32.98 ID:ylfvKM+kO
デストラーデ工業

山口(チッ、最近は猫も杓子もけいおん、けいおん……)

石川「でよ~、あずにゃんがよ~、こう……」

山口「……」

山口(なあにがあずにゃん、だ。お前高校にもなって何をニャンニャン言ってやがる)

石川「なあ、山口。お前もけいおん知ってるだろ!」

山口「……知らねえ、アバヨ」

ガラガラッ

生徒「山口って硬派だよなあ」

生徒「けいおんなんて全然興味ねえんだろうな」

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:43:31.71 ID:ylfvKM+kO
山口「……」

山口(石川よお、同じ年下なら……やっぱり憂ちゃんだろうよ)

山口(いや、そんな事をあいつに語っても仕方ねえか。けいおんは派閥争いが只でさえ激しいんだ)

山口(そこで誰がいい、こいつの魅力はこうだ、なんて言っても火に油……)

山口(大体、憂ちゃんがいなきゃあ主人公の唯は何もできねえ……いや、現実的に考えてできるんだろうけどよお)

山口(あえて、姉には何もさせない事で憂ちゃんのしっかり具合が目立つ……古典的だが、俺はそうしっかり見せるキャラに弱い)

山口(泣かせるじゃねえか……U&I、なんてよ)

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:46:57.57 ID:ylfvKM+kO
山口(でよ……恥ずかしい話、俺はけいおんに影響されて楽器を買ってしまった)

山口(ギター……レスポールだ。コツコツ練習してそこそこ弾けるようにはなっている)

山口(だが、最近一人で弾いていても、どこか虚しい。石川も何か影響で楽器を始めたりしてないだろうか?)

山口(きっかけはちょっと恥ずかしいかもしれねえが、話してみる価値はある……)

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:50:39.63 ID:ylfvKM+kO
次の日

山口「なあ、石川よ。その……ちょっと、けいおんについて聞きたいんだけどよ」

石川「え? ど、どうしたんだよ山口……」

山口「……」

石川「え、えっとだな。けいおんって言うのは女子高に通うメンバーが音楽を通して……」

山口(違う、そんな事を聞きたいんじゃねえ)

山口「なんでも、楽器を使うらしいじゃねえか?」

石川「あ、ああ。メンバーが使っているのと同じ楽器が飛ぶように売れたって話だ」

山口「ほう……当然、お前も買ったんだろうな?」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:55:32.22 ID:ylfvKM+kO
石川「あ、ああ。でもよ……けいおんがきっかけで楽器を買ったなんて恥ずかしくてよ……」

山口「……いいんじゃねえか、別によ」

生徒「お、おいあの山口が……」

山口「いいじゃねえか。きっかけはけいおんです、好きなら堂々としていろや」

石川「や、山口……」

山口「……なあ、石川よ。その気持ちはちょっと俺にもわかるぜ。その、胸が燃えるような衝動って言うかな」

石川「わ、わかってくれるのか?」

山口「おうよ、好きならそれでいいじゃねえか。実は俺も……ちょっと買っちまったもんがあってな」

石川「や、山口もか!」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:00:24.01 ID:ylfvKM+kO
山口「ああ、俺のこの……」スッ

山口(石川を誘って正解だったな。あいつの反応……本物だ)

石川「じ、実は……ほら、見てくれよ山口。このタクアン!」

石川「不思議だよなあ、けいおん見てから何かタクアンが食べたくて食べたくて……なんでだろうな」

石川「いやあ、けいおんってホントにすげえよな」ポリ ポリ


山口「……」


ベンチ

山口「お前のがすげえよ……」

楽器→タクアン。

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:06:58.74 ID:ylfvKM+kO
神山「楽器は買えなかったけど、いい勉強にはなったね」

林田「やっぱり本物は違ったよな」

フレディ「……」

ゴリラ「……」

子分「お前ら、楽器はどうするんだよ」

林田「どうするも何も、ポンと買える値段じゃないからな」

北斗「ううむ。ベースなら二本余っているが……」

前田「そうなのか?」

北斗「うむ、澪と同じではないが……一応ある」

林田「でもよお、ベース二人って多いんじゃねえの?」

神山「そうなのかい、北斗君?」

北斗「う、ううむ……」

ガラッ

マスクド「音楽の事なら……俺に任せな」

神山「え?」

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:08:23.89 ID:++ZqX4CP0
あのアフロかwwwwww

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:11:58.90 ID:ylfvKM+kO
林田「マスクド」

マスクド「さっきから聞いてれば……なんだお前ら。音楽なら一声かけてくれよ」

北斗「貴様は経験者か? 即戦力以外はお断りだ」

マスクド「フッ……」

ギュ ギュ ギュィーン

林田「マ、マイギターだ」

子分「それも、ちゃんとアンプにまで繋いでやがる」

マスクド「……この程度で驚くようじゃあ、レベルが知れるぜ」

北斗「ぐ、ぐぅ……」

林田「結構弾いてる感じだな」

マスクド「ああ、もう二十年間このギターとは一緒さ……」

前田「いや、俺たちまだ高校生なんだが……」

神山「これでギターの心配は無いね」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:16:51.93 ID:ylfvKM+kO
マスクド「で、さっきベースがどうとか言ってたが……そもそもお前ら、どういう曲がやりたいんだ?」

林田「曲?」

マスクド「ただ楽器弾いておしまい、じゃねえだろ。何か曲をみんなでだな……」

子分「……」

マスクド「おい、まさか何も考えてないんじゃないだろうな」

北斗「やりたい曲なら、ある」

マスクド「ほう……その曲は? やっぱりロックか? 思いきってパンクでも俺はいいぜ」

北斗「……ふわふわ時間、だ」

マスクド「……は?」

北斗「ええい、何度も言わせるな! ふわふわ時間だ!」

マスクド「いや……なんだよそれ」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:22:53.31 ID:ylfvKM+kO
唯『ああか~みさま、お~ねがい。ふたり~だ~け~の~♪』

マスクド「……」

唯『ふわっふわタ~ァイム♪』

北斗「どうだ、素晴らしい曲だろう」

子分「憧れますよね」

マスクド「……なあ北斗よ、これは何の冗談だ」

北斗「む?」

マスクド「俺は音楽をやるためにここにいる。それなのに、なんだこの腑抜けた曲は」

北斗「貴様、HTTを愚弄するとはいい度胸だな。そういう時は決まっていう台詞がある……『屋上』とな」

マスクド「……」

マスクド「チッ、ギターまで持ってきてバカみたいだったぜ」クルッ

北斗「ま、待て貴様。逃げるのか」

マスクド「馬鹿馬鹿しくてやってられん、じゃあな」

マスクド「お前らも、そんなガキっぽいアニメは卒業するんだな」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:32:16.96 ID:ylfvKM+kO
その夜

マスクド「チッ、あんなことがあったせいか眠れねえ」

マスクド「……テレビでも見るか」

ピッ

唯『けいおん!』

マスクド「うおっ! ……ちっ、脅かすなよ。ふん、深夜アニメか……まあ、他に見るのも無いしな」

唯『……U&I!』

ワー ワー

マスクド「フン、学園祭でバンドか。アニメにはありがちなパターンだな」

ジャーン ジャーン

マスクド「……最近のアニメは、イヤに楽器の描写にまで拘っているんだな」

唯『キミがいないとなにもできないよ』

唯『キミのご飯が食べたいよ』

マスクド「……」

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:34:03.53 ID:95hKLpbV0
魅入ってるwwwwwwwwww

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:38:26.34 ID:ylfvKM+kO
唯『目を閉じれば、君の笑顔輝いている……』

マスクド「……」



次の日

マスクド「……」

北斗「む? なんだ貴様、まだ俺たちの音楽活動に文句があって……」

マスクド「北斗、俺を殴ってくれ」

北斗「む?」

マスクド「昨日、偶然けいおんを見てな……その、不覚にも感動してしまって……」

マスクド「偏見で変な事ばかりを言ってしまい、すまなかった。俺を殴ってくれ、でないと気が済まん」

北斗「……フン」クルッ

マスクド「な、なぜだ北斗。なぜ殴らない!」

北斗「けいおんを分かり合える者同士で殴って何になる。俺たちは楽器で語ればいい……違うか?」

マスクド「北斗……」

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:43:24.48 ID:F+UT+Neu0
熱いなww

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:47:34.76 ID:ylfvKM+kO
神山「そうだよ、これで僕たちは仲間だ」

マスクド「神山……」

林田「ギター、教えてくれよな」

マスクド「林田、もちろんだとも」

前田「経験者はありがたいな」

子分「全くだぜ」

フレディ「……」コク

ゴリラ「ンゴ」

北斗「よおーし! クロマティ高校新けいおん部……ファイトだ!」

全員「おおー!」

前田「……あれ、メカ沢は?」

神山「……あ、楽器屋に忘れてきちゃったみたい」


メカ沢(ドラム)『……』

店員(……どうすんだコレ)

さすがの店員も困惑気味。

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:47:44.27 ID:TO2M2sX70
友情wwwwwwwww

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:51:28.76 ID:ylfvKM+kO
客「このシールド下さい」

店員「あ、はい。ニ千円です……ありがとうございました~」

店員「ふぅ……」

メカ沢(ドラム)『……』

客「あ、すいません。このドラムなんですけど、値段が貼ってなくて……」

店員「あ、すいません。それ展示してるだけなんですよ~」

客「あ、そうなんですか、分かりました」

メカ沢(ドラム)『……』

店員「そろそろ閉店かなあ……」

店員「今日も一日、お疲れ様、と」

ガラガラ

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:56:04.41 ID:ylfvKM+kO
店員「……って、違う!」

メカ沢(ドラム)『……』

店員「もう、なんでずっとここにいるの! ねえ、君歩いてたよね、お店入る時!」

メカ沢(ドラム)『……』

店員「あれからずっと喋らないし、でも北斗さんの連絡先も知らないし……ハァ」

店員「まあ、必要なら取りに来るよね?」

ウィィーン

店員「あ、すいません、今日はもう閉店で……」

ゴリラ「……」

店員「あ、あなたは……あの時の?」

ゴリラ「……」コクッ

店員「あっ、ドラムの方に向かって……」

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:58:49.93 ID:ylfvKM+kO
ゴリラ「……」

店員「む、迎えに来たんですね。よかったあ」

ゴリラ「……」フル フル

店員「えっ、何か運ぶための台車ですか?」

ゴリラ「……」コクッ

店員「ま、待ってて下さい。店の裏から持ってきますんで……」タタタッ



106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:05:18.46 ID:ylfvKM+kO
店員「よかったあ、このままずっと置いておくわけにもいかないし……あのゴリラ、いいとこあるんだな」ガラガラ

店員「……やっぱりスティック食べなければいい人なんだな、うん」

店員「スティックの弁償も考えていたけど……もういいや、へへっ」ガラガラ


店員「お待たせしました! こちら台車になりま……」

メカ沢(ボロボロ)『……』

店員「……」


店の裏

店員「あいつ何しにここまで来たんだよ……」

そして誰もいなかった。

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:11:05.98 ID:ylfvKM+kO
次の日

神山「あのおすいません。ここにメカ沢君はいるでしょうか」

店員「あ、クロマティ高校の……」

林田「ん、神山。あれじゃないか?」

メカ沢(ボロボロ)『……』

神山「これはひどい。あちこちにかじられた痕があるよ」

店員「い、いやあ。お宅のゴリラがね……昨日どうやら噛んじゃったみたいでして」

林田「ああ、またゴリラか」

神山「ま、何にしても……こうしてまた会えて嬉しいよメカ沢君」

ドラム『』

店員「あ、あの。それは普通のドラムなんですけど……」

林田「ははっ、神山。間違えるなんてらしくないぞ。な、メカ沢も笑ってやれよ」

トランペット『』

店員「いや、それも違いますし……ていうか、形も全然……」

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:16:34.33 ID:ylfvKM+kO
神山「林田君、ふざけてないで。早くメカ沢君を連れて帰ろうよ」

ドラム『』

店員「だから、違うって言ってるでしょうが! ワザとやってるんですか!」

客「すいません~、レジお願いします」

店員「……とにかく、台車がありますから、早く連れて帰って下さいね」

神山「はい」


……

店員「ありがとうございました~」

店員「フゥ……さて、あのドラムが無くなって空いたスペースは、と」

メカ沢(ギター)「……」

店員「……」


店の裏

店員「ギターって何だよ……」

一体何があった。

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:18:09.14 ID:9jPb5n0i0
なんだこのスレwwww

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:26:02.19 ID:jPs9Bj+40
良スレ

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:27:25.08 ID:NtWKeGvEP
これマニエルの藤本とかも用意してんのかな
キャラ的に近いところに入ると思うんだけども

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:35:10.53 ID:ylfvKM+kO
北斗「……で、結局この新型ドラムを持ってきたわけか」

神山「はい」

子分「いや、普通に犯罪だろ……」

林田「こ、このトランペット音が出ねえんだけど……」

前田「林田は放っておくとして、メカ沢は結局どうするんだよ」

神山「彼なら大丈夫でしょう。楽器としてたくましく強く生きていけるはずです」

前田「お前ってたまにひどいよな……」

北斗「しかし、これで大体楽器の担当も決まってきたな」

マスクド「……どういう振り分けなんだ」

北斗「うむ。まず俺がボーカル兼キーボードだ」

マスクド「……まあ、まずは聞こう。他は?」

北斗「以上だ」

マスクド「は?」

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:40:43.98 ID:ylfvKM+kO
北斗「俺の担当はもう決まっている。あとはお前たちが好きにやればいい」

マスクド「……そいつは賛成できねえな。なあ北斗よ、そもそもバンドをやるからにはよ……皆を引っ張るリーダーがいるんじゃないのか?」

北斗「リーダーだと? それはもちろんこの俺こそがリーダーに」

マスクド「音楽の知識も無いのに、リーダーシップなんてはれるのかよ?」

北斗「無論だ。俺は帝王学を学んでいるからな、この程度のリーダーなど……」

マスクド「なあ、お前はよ。リーダーなんて簡単だと思ってやしないか?」

北斗「何だと?」

マスクド「確かに、けいおんを見てりゃあリーダーなんて名前ばかり……りっちゃんもそんなにリーダーらしい働きはしてないように見えるかもしれねえ」

117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:45:32.80 ID:ylfvKM+kO
マスクド「でもよ、実際は練習の描写が省かれているだけであって……相当な練習をしないとあんな演奏はできないぜ」

北斗「む」

マスクド「もちろんアニメだからって部分はある。だがな……楽器をやるからには、練習しないと上手くはならない」

マスクド「その練習を効率よく運ぶ事、それがお前に出来るのか?」

北斗「うぬぬ、言わせておけば……」

神山「……あの。ちょっといいでしょうか」

マスクド「神山か」

神山「実は、僕もずっと疑問に感じていた事があるんですけど、いい機会なのでぶちまけたいと思います」

北斗「この際だ、何でもこい」

神山「ではですね……このグループの名前はどうするんですか?」

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 09:49:40.02 ID:ylfvKM+kO
マスクド「なるほど、名前か」

神山「放課後ティータイム、のような気のきいた名前があればやる気も変わると思うんですけど」

北斗「ううむ、その辺りも話さねばならないな。よし、今日はこのまま会議だ」

マスクド「俺たちの将来のためだ。トコトン話し合おうぜ」

神山「では、まずこのグループの名前から。何か意見のある人はいますか?」

前田「なんでお前が仕切ってるんだよ……」

神山「そこ、私語は止めて下さい」

北斗「やはり、俺たちだとアピールできる名前がいいだろうな」

120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 10:04:01.52 ID:ylfvKM+kO
神山「そもそも、グループには色んな名前があります」

神山「ただ単語だけのグループもあれば、例えば名前の頭文字を並べていたりとか……言葉遊びになっているモノとか」

北斗「頭文字か」

神山「僕たちの頭文字は『KKMMMHFG』になりますね」

前田「偏ってるな」

神山「これは却下ですね」

北斗「ではこういうのはどうだ。『北斗と愉快な仲間達』だ」

神山「ええと、他に何か意見がある人はいませんか」

北斗「ぐぬっ、無視とはいい度胸だ」

林田「……なあ、彼女たちはよく放課後にお茶を飲んでたから『放課後ティータイム』なんだろ」

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 10:09:41.26 ID:ylfvKM+kO
子分「まあ、さわちゃんが勝手に決めた名前だけどな」

北斗「それがどうしたと言うのだ?」

林田「じゃあよ、俺たちのよくやっている行動を名前にすれば分かりやすいんじゃないか?」

マスクド「なるほど、似た感じにはなるかもしれんがかえって覚えやすいかもしれん」

神山「では、意見をお願いします」

北斗「本家が『放課後』と時を示す言葉なのだから俺たちも当然……」

前田「でも最近は一日こうやって音楽の事を話しているよな」

マスクド「じゃあ……『丸一日音楽タイム』か?」

林田「それはさすがにダサくねえか?」

神山「ううむ、響きも考えるとなると難しいね」

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 10:15:54.03 ID:ylfvKM+kO
ゴリラ「……」サラサラ

フレディ「……」サラサラ

神山「んっ、二人とも何を書いているんだい?」

ゴリラ・フレディ「……」スッ
神山「これは……バンドの名前? なになに……『青春クロマティー』に『クイーン』?」


マスクド「へえ、二人とも意外とセンスあるじゃねえか。俺の意見より全然マトモだぜ」

前田「どっちか一つか」

北斗「ふむ、他に意見がなければその二つのうちの……どちらかに決定だ」

……。

神山「では多数決をとります」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 10:19:59.52 ID:fkfeAKYoP
クイーンww

124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 10:23:38.23 ID:ylfvKM+kO
神山「名前は青春クロマティー、がいい人は挙手をお願いします」

……ススッ。

神山「ん、全員挙手かい?」

林田「ああ、なんかクロマティの汚ならしいイメージを拭ってくれるような……そんな感じがしてな」

北斗「うむ。学生の時は少しくらい恥ずかしいので丁度いい」

子分「雰囲気も放課後ティータイムに似てますしね」

前田「て言うかクイーンんてよ……」

神山「では、僕たちのグループ名は『青春クロマティー』に決まりました。意見を出してくれたのは……えっと?」

フレディ「……」スッ

神山「では、フレディに拍手をして今日はお開きとしましょう」

パチパチ パチパチ

前田「……」


ベンチ

前田「なんだろうなあ、この気持ち……」

クイーンて書いたのゴリラかよ。

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 10:30:36.55 ID:GAvGPEKr0
画が浮かびすぎるw

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 10:54:30.51 ID:5fRUvcxy0
なんという俺得www

139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:23:18.79 ID:wqgyt9Q00
なんだこの再現度はww

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 15:01:43.07 ID:NtWKeGvEP
イガちゃん(律)
トミー(唯)
ユリー(紬)
タミー(澪)
能智(梓)

143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 15:02:41.09 ID:uphUHkhb0
腹が痛いwwwwww

関連記事
2010/09/03 22:24 | CM(2) | その他 クロマティ SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2010/09/04 01:20 ]
  2. 再現率たけぇ・・・
    作者かと思うレベル
  3. 774@いんばりあん [ 2011/04/09 14:08 ]
  4. これはwwww

    なにこの再現度
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング