HEADLINE

梓「やってやるDays」

2013/01/01 05:39 | CM(1) | けいおん! SS
2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 14:58:10.56 ID:IOkK4X+dT
梓「私が部長……ですか」

さわ子「当然そうなるわね」

梓「そうですよね。軽音部は私1人になっちゃった訳ですし」

さわ子「ああ……私のティータイムが」

梓「何言ってるんですか。ティータイムどころか今年部員が入らなかったら廃部ですよ」

さわ子「そうなのよねぇ」

3月中旬のある日、私はさわ子先生と軽音部のこれからについて話し合っていた。
先輩達が卒業したため現在の部員数は聞いてのとおり。
1年近く前からわかっていたことだけどいざ直面すると不安が増すばかりだ。

そう、廃部の危機である。



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:07:30.49 ID:IOkK4X+dT
梓「先生どうしましょう」

さわ子「祈るしかないわね」

梓「えぇ……」

さわ子「勧誘したって最後に決めるのはその人自身だからこればっかりはねぇ」

梓「そうですよね……」

さわ子「……なんだか2年前を思い出すわ」

梓「2年前?」

さわ子「ええ、りっちゃん達も廃部の危機に晒されてたのよ」

さわ子「まあその時は3人目まではあっさり見つかったんだけどね」

さわ子「でも諦めなかったから今ここに軽音部があるのよ!」

梓「はい!」

さわ子「というわけで祈るのよ!」

梓「……」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:11:55.75 ID:8tpGJsfj0
____________________________________
        |:: :: ::| :: ::| :: :: :,':: /  l ::|: :: :: :: ::,' ', :: ::|:: :i :|
      .,--、! :: :: |:: :: |:: :: /!::/`ヽ,.i :|i :: :: :::/-‐´|:: ::l :: |::!
_____/ :: :::i :: :: :| :: ::!:: / .レ    リ ', :: ::/   i:: /:: ::l::|____∧,、________
 ̄ ̄ ̄./ :: :: ::|:: :: :::!: :: :V:! xテエx、   ', :/ x==、レ'| :: /::l ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    , :: :: :: :ト, :: :_|:: :: :: :|{ ハし!    .レ .イシkハ } .!::/ ::,'
    ,':: :: :: :: | ', ::i |:: :: :: :| 弋_ ノ      辷:ノ  レ':|::/|
   , :: :: :: :: :| .ヽ,| ! :: :i ::|        ,      /:: ::|,' :|   この感じ・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________________________
     {: : : :|: :.ヽ|: :|: : : :/|:/_::::::://::::::::::::::jハ::::::|:::::::::ハ  
      ',: : :{:\: |: : : : :/fテミュ`:::/::::::::::::,::_-、:::|:::::|::::::|::|ハ
____V: ヽ: :r‐、 : |: {ん)い ::::::::::::::::::::ィ示ミ、.l:::/:::::::|::|_∧,、____________
 ̄ ̄ ̄ ̄V: :∨/ 〉: :ト/弋z:タ::∠ヽ::::::::::ん:う 》|/:::::::/|/'  `'` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         j∧:.\(〈ヽ!       丶:::::rゞ='':::::/}:::::/        まさか・・・
         };/\__,           .'::::: ̄::::::://;/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____________________________________
.          /: : : : ::/: /: : :!/ヽ!」: |、: :!|/!: :ハ: : : |/!: : : : : : : :}
          /: : : : : :': : !: : /|  ! ト' \j .. ^´ |: : :|/!: : : : : : : :>  
____∧,、_ム: : : : |: : !: ::l   、    ,.   |: : :|/!: : : : : : :い_ _________
 ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ̄廴ァ_从 l∧' r==    =ミ. レくハリ: : : : :ムj ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.              ^ '´ ∨ハ  xxx  ,   xxx  rT } ^ヽ/ソ  廃部の危機?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:12:31.07 ID:IOkK4X+dT
梓「あ! そうだ! 新歓ライブを成功させればきっと新入生が入ってきてくれ……」

そこまで言ってから去年の新歓ライブを思い出してしまった。
私の中では手応えのある演奏ができたけど実際に軽音部へ来た人はいなかった。
それに……

梓「そういえば今年は私1人でした。バンド形態でライブできないです……」

さわ子「そうなのよねえ」

さわ子「それでも新歓で何かしらしないと部員集めはさらに難しくなるわ」

梓「はい……」

さわ子「あら、もうこんな時間。それじゃ私はそろそろ行くけど……」

梓「……」

さわ子「元気出しなさい。あの子達が作ってくれた部活を残したいんでしょ?」

梓「はい」

さわ子「私も何か考えておくから。梓ちゃんも練習サボっちゃだめよ」

梓「そんなことしません! 唯先輩じゃあるまいし」

さわ子「ふふ、そうよね」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:19:36.73 ID:IOkK4X+dT
それからは暇があればギターの練習と新歓ライブで何をやるかを考えていた。
けれどいい案は浮かばず蕾だった桜がいつしか七部咲きになってしまう。
結局1人で弾き語りをするくらいしか思いつかなかった。
気が気でない私はもう1度さわ子先生に相談するため学校へ行くことにした。

梓「失礼します」

さわ子「あらいらっしゃい。何かいい案は思いついた?」

梓「……」

さわ子「……そう。もうだめかもしれないわね」

梓「そんなっ!」

職員室で声を荒げてしまう。

さわ子「とりあえず部室に行きましょ」

先生はそう言って立ち上がると部室に向かっていった。


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:24:38.20 ID:IOkK4X+dT
さわ子「さて」

梓「……」

さわ子「ごめんね梓ちゃん」

梓「え?」

さわ子「ちょっとからかおうと思っただけなのよ。実は策を考えてきたわ!」

梓「本当ですか!」

さわ子「ジャーン! これを見て!」

先生は私にCDを見せた。
これが策?

梓「これは?」

さわ子「聞いてみればわかるわ」

先生が隣の音楽室からCDプレーヤーを持ってきてCDを再生してくれた。
スピーカーから最初に流れてきたのは機材をセッティングするような文字通りの雑音だった 。
おまけにハウリングまで。それから……

  『うわっとっと!』


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:29:08.18 ID:IOkK4X+dT
梓「え……」

聞き覚えのある声がした。

  『びっくりした……コホン、あずにゃん元気?』

梓「唯先輩……?」

  『さわちゃんからあずにゃんが困ってるって聞いたから私達も出来る限り協力しようと思って』

私達?

  『梓ー! 私のドラム聴いて元気出せよな! いつもより走って行くぜ!』

  『やめい! ……あ、演奏とコーラスを録音するからもしよかったら使ってくれ』

  『梓ちゃん、新歓頑張ってね。そうそう、唯ちゃんはサイドギターのパートを全部覚えたのよ』

  『えへへ~ほめてほめて』

足音が入る。多分演奏の準備をしているんだろう。

  『えっと、一応4曲分入れておくからな』

  『それじゃあ……』


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:34:04.64 ID:IOkK4X+dT
  『……あ、そういえば憂が今度遊びに行きたいって言ってたよ』

知ってる。この前メールしたから。

  『それから……』

早くしろよ! と少し小さい声が入る。

  『えーでもCDって70分くらい録音できるんでしょ?』

そんなに録音したいなら演奏後にしろよ、と小さい声。

  『じゃあ……』

ここでトラックが切り替わってふわふわ時間の演奏が始まった。
その後はカレーとホッチキスとふでぺんの演奏。
最後に……

  『どうだった? 私うまくできたかな?』

  『唯にしては上出来じゃないか』

  『律もあんまり走ってなかったな』

  『というわけでうまくできました』

  『あずにゃん! メインギターは任せたよ!』

  『せーのっ、頑張れあずさー!!!!』


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:39:51.09 ID:IOkK4X+dT
CDはここで終わった。

さわ子「みんなにお願いしたら快く引き受けてくれたわよ」

梓「そ、ですか」

涙をこらえるのに必死で言葉が詰まってしまった。

さわ子「新歓ライブはこれをかけて梓ちゃんのギター+歌ってことでどうかしら」

梓「もちろんです」

さわ子「よかったわね」

梓「ていうかやるなら私にも連絡してくださいよ!」

さわ子「おおぅ」

梓「それに今日だって会っていきなり、もうだめかもしれないわね……じゃありませんよ!」

さわ子「ごめんごめんつい」

梓「まったくもう……」

さわ子先生に怒っているからじゃなくて、嬉しさがこみ上げてきて言葉が溢れた。
何て言うか……ありがとうございます。


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:40:58.11 ID:xpeyHuCdO
あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:45:44.97 ID:IOkK4X+dT
やることが決まったので後はひたすら練習の毎日。
リードギターは前から練習していたから歌を重点的に。
春休み中には憂と純をカラオケに誘って練習したりもした。
ちなみに新歓ライブで与えられた時間は10分。
2曲分とMCでぴったりな時間だ。

さわ子「ところで梓ちゃん」

梓「なんですか?」

さわ子「この2曲を選んだ理由は?」

梓「理由ですか……1曲目は私が軽音部に入るきっかけになった曲だからですね」

梓「2曲目は……やっぱり我らが軽音部といったらコレだと思ったので」

さわ子「なるほどね」

  『次は 軽音楽部による……』

さわ子「頑張ってね!」

さわ子「部員が入らなかったら梓ちゃんしか衣装を着せる人がいないんだからね!」

梓「……さーがんばるぞー」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:52:52.98 ID:IOkK4X+dT
1人で立つ舞台は広くて寂しくて不安だった。
初めての事だから余計にそう感じるのかも。
でもそんなことは言ってられない。
ここでうまくいかなければ今年の学園祭は1人で立つことすら出来なくなる。

幕が上がると同時にCDが再生される。
不安と緊張を振り切るように思いっきり演奏して歌った。
練習のおかげかいつも以上の演奏が出来たかもしれない。
そんな事を考える余裕があるのは頼もしい伴奏のおかげかも。
ふう、と一息入れてから新入生に挨拶する。

梓「新入生の皆さんこんにちは。軽音部です」

梓「軽音部は先輩が卒業してしまったので現在は私1人なんですけど……」
  
無難な言葉を紡ぐ。
こんな言葉で軽音部の楽しさが伝わるか不安だったけれど私の過ごした2年間の思いを込めてみる。
言葉で伝わらない部分は演奏で……ってそんなにうまく行ったら苦労しないよね。
あとは唯先輩のようにボケないよう気を付けて締めくくる。

梓「……なので、気軽に入部してください」

舞台袖に合図を送る。
スティックのカウントが響き、私もギターの演奏に入る。
それからはがむしゃらに演奏した。
後でさわ子先生に出来を聞いたら文句なしと言ってくれた。


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 15:58:08.99 ID:IOkK4X+dT
新歓ライブは成功したと思う。
思うんだけど……

梓「……誰も来ない」

さわ子「まあまあ、まだ時間はあるわよ」

そう言って先生はカップにお湯を注ぐ。
このティーカップとティーパックは新学期早々先生が持ち込んだものだ。

梓「何をのん気な……」

さわ子「梓ちゃんはよくやったわよ。後は……祈る!」

だめだ……
私は飲みかけの紅茶を空にして立ち上がった。

梓「勧誘のチラシ配ってきます」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:04:04.55 ID:IOkK4X+dT
そんな私の努力も虚しく日にちが刻一刻と過ぎてゆく。

憂「おはよう梓ちゃん、大丈夫?」

梓「あ、憂」

憂「なんか顔色悪いよ?」

梓「そう?」

純「おはよう。確かにクマ出来てるよ?」

梓「うそっ」

憂「……」

純「……」

憂「今日も勧誘するの?」

梓「もちろん」

憂「あんまり無理しないでね」


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:08:57.31 ID:IOkK4X+dT
放課後は部室にいる時間を惜しんで勧誘してるのに……

梓「軽音部でーす。よろしくお願いします」

今日も手応えは感じられない。
太陽はとっくに傾いている。
この時間だと部活に入っている生徒しか残ってないだろうな。
仕方ないので余ったチラシを持って部室に戻る事にした。
部室の扉が心なしか重い。

憂「おかえり梓ちゃん」

純「その様子じゃまた駄目だったのね」

憂「純ちゃん! ほら、梓ちゃんも一緒に紅茶飲もうよ」

梓「憂、純……どうしたの?」

純「梓が1人で寂しがってると思って見学にきたの」

憂「もー純ちゃんってば。ほら、座ろ?」

梓「あ、うん」

何て言うか、家に帰った時みたいな感じがした。


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:13:09.72 ID:JO3L1E1a0
今北支援


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:13:20.27 ID:IOkK4X+dT
憂「新入部員入らないんだ……」

梓「うん……」

純「新歓ライブよかったのに」

梓「ありがと。でも駄目みたい……うあ~」

憂「……純ちゃん」

純「仕方ない」

梓「?」

純「新入部員2名追加で」

梓「……え」

憂「私達軽音部に入部することにしたの」

梓「へっ」

純「はい、入部届け。ありがたく受け取りなさい」

梓「いいの?」

憂純「もちろん!」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:18:41.31 ID:IOkK4X+dT
純「担任も宣伝してたじゃん」

私達の担任であり軽音部の顧問の先生は
「3年生からでも遅くないわよ」
とか言ってホームルームで受験生に部活を勧めてきていた。

梓「でも……」

憂「あ、やっぱり私達じゃ駄目かな」

梓「ううん、そんなことないけど悪いよ……」

純「気にしすぎだって。それに言ったでしょ、誰も入らなかったら私が入ってあげるって」

梓「でも澪先輩もういないよ?」

純「仕方ないから梓で我慢してあげるよ」

梓「こわっ」

純「おい」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:23:13.89 ID:IOkK4X+dT
憂「これからよろしくね梓ちゃん!」

梓「2人とも……ありがとう!」

梓「でもそれなら去年から入ってくれても」

純「それはほら……ねえ?」

憂「ねえ?」

梓「? まあいいや。よーしこれであと1人だー!」

憂「おおー!」

純「おおー!」

梓「あ、そういえばみんなパートはどうするの?」

純「私ギターやりたい」

憂「私もギターやってみたいな」

梓「憂なら即戦力だよ」

憂「そんな事ないと思うけど……」

純「私もギターを……」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:28:21.06 ID:IOkK4X+dT
憂「さっそくギター買いに行かなきゃ」

梓「それはちょっと待って」

憂「どうして?」

梓「楽器を買うのは部員が集まってからにしよう」

憂「……そっか、わかったよ」

純「私もギター……」

梓「純はベースね」

純「うん」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:33:15.31 ID:IOkK4X+dT
梓「あとはこれ」

憂「これは……楽譜?」

梓「うん。ふわふわ時間の楽譜」

純「ふわふわ……ああ、なんとなく思い出した」

梓「もし廃部になるとしてもせっかくだからこれはやっておきたいと思って」

憂「梓ちゃん、これって」

梓「新入生用にコピーしておいたんだけど無駄にならなくてよかった」

憂「梓ちゃん……」

純「……よし! さっそく練習したいけど……今日はベース持って来てないんだよね」

梓「だよね」

純「という訳で明日から頑張るぞー!」

憂「おー!」

梓「おー!」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:38:26.03 ID:IOkK4X+dT
練習と勧誘とたまにまったりティータイム。
1人の時より忙しくなった気もするけど久しぶりに部活を楽しめてる。
軽音部……こんな感じだったよね。

憂「どうかな梓ちゃん」

梓「どうもこうも憂って前からギターやってたの? ってくらいだよ」

私の貸したむったんをまるで自分のもののように扱うオールラウンダー憂。
憂ならドラムでもよかったかも。

純「くそう……私のほうが出来ると思ったのに」

梓「純も普通にうまいよ」

純「普通には余計。あとは弾きながらコーラスが出来ればねぇ」

憂「コーラスって楽しいよね~! みんなで歌ってる感じがするよね」

梓「ああ、わかるわかる」

純「いーつもがんーばーる」

梓憂「いーつもがんーばーる」

純「きーみのよこーがーお」

梓憂「きーみのよこーがーお」


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:43:50.06 ID:IOkK4X+dT
そんな楽しい時間もあったけれど新入部員は一向に増えず、とうとう締め切りの日が来てしまった。

梓「よろしくおねがいしまーす!」

憂「軽音部でーす!」

純「よろしくお願いします!」

梓「……だめだ」

純「まだ時間はあるよ」

憂「そうだよ梓ちゃん」

梓「無理だよ……先輩達になんて言ったらいいの……グス」

憂「梓ちゃん……」

純「梓……」

憂「……よろしくお願いしまーす!」

純「……軽音部です! よろしくお願いしまーす!」


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:48:22.66 ID:IOkK4X+dT
梓「……」

憂「ほら梓ちゃんも!」

純「部長がサボってどうすんのさ」

部長……そういえば私が部長だったんだ。
すっかり忘れていた。
こんなんじゃ律先輩のこと言えないな私。
先生にも先輩達にも友達にも助けてもらって……
私だけ何もしないわけにはいかない。
みんな私のために手を貸してくれてるんだから。

梓「うん、ごめん! とにかく最後まで頑張ってみる!」

憂「梓ちゃん……!」

純「そうそう!」

梓「よろしくお願いしまーす!」

こうして生徒がいなくなり、さわ子先生に呼ばれるまで私達は必死に勧誘した。
勧誘チラシはまだ沢山残っていた。


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:50:15.48 ID:2lnVQz520
心が痛くなってきた


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:53:20.81 ID:IOkK4X+dT
さわ子「……みんなお疲れ様」

あたりが薄暗くなっても昇降口前にいた私達に先生が声をかける。
タイムリミット。
憂と純が俯く。
私の手にあるチラシは汗で少し湿っぽかった。

さわ子「私も先生方に掛け合ってみたんだけど……ごめんなさいね」

梓「いえ、ありがとうございます」

先生は軽音部がなくならないように尽力してくれた。
普段はあんなだけどやっぱりいい先生だ。

憂「梓ちゃん……」

純「梓……」

2人にも感謝している。
私のためにこんなに遅くまでまで付き合ってくれた。

梓「はは、しょうがないよね」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 16:58:25.12 ID:IOkK4X+dT
梓「みんな暗いよ。あ、それより明日1日だけ部活延長できませんか?」

さわ子「明日?」

梓「はい。せっかく2人にふわふわ時間練習してもらったんだしちゃんと合わせてみたくて」

さわ子「そういうことなら任せなさい。私が何とかするわ!」

梓「ありがとうございます。2人もいいかな?」

憂「もちろん!」

純「せっかく練習したんだしね」

梓「ありがと」

さわ子「それじゃもう遅いからみんな気をつけて帰るのよ?」

梓憂純「はーい」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:03:04.80 ID:IOkK4X+dT
帰り道はみんないつもより口数が少なかった。
私はやることをやったからそんなに落ち込んでないんだけど……

梓「もー元気出してよ! 明日の演奏はしっかりしてよね!」

憂「梓ちゃん……」

純「……あ、ねえあれって」

梓「え? ……あ」

憂「お姉ちゃん!」

唯「ん? あ、憂~今帰り?」

憂「うん。お姉ちゃんも?」

唯「そうだよ~」

純「こんばんは」

唯「こんばんわ~」

梓「……」

唯「あずにゃん?」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:08:46.53 ID:IOkK4X+dT
さっきまで平気だったのに。
落ち込んでないって思ってたのに。

梓「あ、あの……」

唯「どしたのあずにゃん?」

憂「お姉ちゃん」

唯「あ……もしかして」

憂「うん……」

唯「そっか……」

梓「すいません唯先輩、軽音部……なくなっちゃいました」

唯「あずにゃん」

梓「はい」

唯「よく頑張ったね、お疲れ様」


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:13:46.04 ID:IOkK4X+dT
梓「う……ゆ、ゆいせんぱぁ゛い……」

みっともない。
憂や純が見てるのにボロ泣きしてしまった。

唯「よしよし、いいこいいこ」

高校3年生にもなっていいこいいこされてることも、
鼻水が垂れてることも気にせずに。

梓「うぐっ、うえ、ごめんなさいっ……ひっく」

唯「あずにゃん……ぎゅっ」

そんな鼻水たらしを気にせずに抱きしめてくれた。

唯「憂から聞いてたよ。あずにゃん毎日遅くまで頑張ってたんだよね」

梓「で、でもっ、廃部になっちゃって……先輩方に……申し訳なくて……!」

唯「誰も怒らないから大丈夫だよ~。よしよし」

梓「う……ぐすっ……うう……!」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:19:07.58 ID:IOkK4X+dT
抑えきれなくて唯先輩に抱きついて泣きじゃくった。
落ち着いてきた時になって恥ずかしさがこみ上げてくる。

梓「あぅ……」

暫く純にからかわれそうだ。
それにいつまでもこうしてるわけにもいかない。
ここは路上だし唯先輩にも迷惑をかけてしまう。

梓「……すいませんでした」

唯「え? なにが?」

梓「……ふふ。あれ、憂と純は?」

唯「2人なら先に帰ったよ」

梓「う……」

こんな私に呆れて帰ったのか、気を利かせてくれたのか、
泣くのに必死だった私にはわからない。
出来れば後者がいいな。

唯「落ち着いた?」

梓「……はい」


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:25:05.83 ID:IOkK4X+dT
梓「本当にご迷惑を……」

唯「も~だから気にしてないって」

こんな時は唯先輩も年上のひとなんだなって思える。
甘えておいて失礼な言い草だけど。

梓「なんだかすっきりしちゃいました。ありがとうございます」

唯「よかった。これでも私はあずにゃんの先輩だからね!」

梓「そうですね……実感しました。では落ち着いたのでそろそろ帰ります」

唯「送っていこうか?」

梓「いえ、もう大丈夫です」

唯「そっか、バイバイあずにゃん。今度遊ぼうね!」

梓「はい。失礼します」

今度こそ吹っ切れた……かな。
唯先輩ありがとう。
あとは……とにかく明日のために練習しよう。


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:30:32.38 ID:IOkK4X+dT
梓「こんにちは~……」

翌日の放課後。
私は一足先に部室を訪れていた。
見納めという訳じゃないけど私にとっての高校生活はこの部室だったからなんとなく……

梓「あれ?」

ソファーにギターケースが立てかけてある。
もちろん私のじゃない。

梓「これって……」

憂「こんにちは~」

純「なんだ先に来てたんだ」

梓「うん。それよりこれ……」

憂「そのギターお姉ちゃんに貸してもらったんだよ」

道理で見たことあると思った。
憂がケースを開けて中身を取り出す。
久しぶりに見たけどどうやらちゃんと手入れしているみたい。

梓「ギー太……」


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:36:22.76 ID:IOkK4X+dT
純「ギー太?」

梓「そ。このギターの名前」

憂「お姉ちゃん自分のものによく名前つけるんだ」

純「へえ~それでギー太ねえ」

純「梓のギターにも名前あるの?」

梓「な、ないわよ」

純「へえー……」

さわ子「あら、じゃあこれはまたお役ゴメンね」

いつの間にか私達の隣にいた先生がフライングVを持っている。

梓「それなら先生も一緒にやりませんか?」

さわ子「あらいいの?」

梓「もちろんです」


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:41:02.43 ID:IOkK4X+dT
さわ子「ギターが3人にベースが1人ねえ」

梓「あはは、それを言ったらドラムもキーボードもありませんよ」

さわ子「それもそうね。でもリズムが取りにくいんじゃない?」

梓「なので、これを持ってきました」

さわ子「……オッケー。ちょっと取ってくるわね」


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:47:02.14 ID:IOkK4X+dT
私の、私達の軽音部はこれで終わってしまうけど。
それでも力を合わせてくれて……

さわ子「はい、準備できたわよ。でもこれだとさらにごちゃごちゃになるんじゃない?」

梓「今回は楽しければいいです」

純「それなら私も失敗が怖くないわ」

憂「もうー純ちゃんてば」

こうして音楽を楽しめる仲間がいる。
部長をやった甲斐もあるというものだ。

さわ子「それじゃいくわよー。ポチっとな」



  『うわっとっと!』





END

 


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 17:55:17.77 ID:J0NwwXXeO
良かったぜ、おつん


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/31(月) 18:00:59.43 ID:wAQQ2H0Q0

あずにゃん部長が新軽音部のために奔走する話し好きだな


転載元

梓「やってやるDays」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1356933235/







映画「けいおん! 」公式ガイドブック  ~桜高軽音部 Travel Diary~ (まんがタイムKRコミックス)
原作:かきふらい 編:まんがタイムきらら編集部
芳文社 (2012-12-26)

関連記事
2013/01/01 05:39 | CM(1) | けいおん! SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/01/03 04:30 ]
  2. スレタイの語感がいい
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング