HEADLINE

シャーリー「愛ってのは頭に蹴りを食らうようなもんなんだろ?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 01:18:35.36 ID:05ry8xGFO
―廊下―

シャーリー「ようようバルクホルン!」

バルクホルン「!」

シャーリー「これからトレーニングか? 精が出るな」

バルクホルン「そう思うなら、お前も少しは訓練しておけ」

シャーリー「いやぁ、私は本番に強いタイプだからな。ジェットストライカーの件だって……」

バルクホルン「……用が無いならどいてくれ。人を待たせているんだ」

シャーリー「人を? そっか……それなら今日は出直すか。悪いな、じゃ!」

バルクホルン「……」



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 01:26:14.34 ID:05ry8xGFO
―ハンガー―

バルクホルン「悪いな、待たせた」

ルッキーニ「ぐー……」

バルクホルン「……」

バルクホルン「ルッキーニ、ルッキーニ。起きろ、バルクホルンだ」

ルッキーニ「ん、む……ふあぁ……」

バルクホルン「こんなところで寝てたのか?」

ルッキーニ「ん? いつもはあそこで寝るけど、バルクホルンじゃ見つけられないかなって」

バルクホルン「……そうか」

ルッキーニ「で……えーっと、なんだっけ?」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 01:32:04.39 ID:cueI8I+l0
シャーゲルと思ったのに…


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 01:33:45.72 ID:05ry8xGFO
バルクホルン「あ、あいつに」

ルッキーニ「え?」

バルクホルン「その……つまり、シャ、リベリアンに、何か礼をしないとと思ってな……」

ルッキーニ「シャーリーにお礼?」

バルクホルン「まがりなりにも命を救われた訳だし、それくらいの筋は通さないと……」ゴニョゴニョ

ルッキーニ「ああ、この前のストライカーのかぁ」

ルッキーニ「それで、シャーリーに何をしてあげたら喜ぶかっていうのを聞くために、あたしを?」

バルクホルン「そ、その通りだ!」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 01:42:44.42 ID:05ry8xGFO
ルッキーニ「うーん……なんだろ?」

バルクホルン「例えばルッキーニ、あいつの誕生日には何を贈ったんだ?」

ルッキーニ「んとね、肉かな」

バルクホルン「は?」

ルッキーニ「ウインナーとかステーキを持ってくとね、シャーリーが美味しく焼いてくれるんだよ! それを二人で分けて食べるの!」

バルクホルン「……他には?」

ルッキーニ「後は……バイクの改造を手伝ったり、それから一緒に遊びに行ったりするよ」

バルクホルン「バイクの改造……だと」

ルッキーニ「うん」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 01:50:39.52 ID:05ry8xGFO
バルクホルン(私に出来るか……? だが確かにあいつが喜びそうではある……)

ルッキーニ「それくらいかな」

バルクホルン「うむ……分かった。ありがとう、ルッキーニ」

ルッキーニ「にしし」

ルッキーニ「頑張ってね、バルクホルン!」ニヤッ

バルクホルン「なっ」

ルッキーニ「遊んでこよっと、じゃーね!」

バルクホルン「……」

バルクホルン「何なんだ……」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 02:01:59.26 ID:05ry8xGFO
―ガレージ―

バルクホルン(ここにいるはずだが)

「How lucky can one guy be?」

バルクホルン「!」サッ

シャーリー「I kissed her and she kissed me」

バルクホルン(随分機嫌がいいな……)

バルクホルン(って、隠れてどうするんだ! 話しかけないと、自然に、自然……)

バルクホルン「お、おい、リベリアン!」

シャーリー「!」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 02:04:48.65 ID:cueI8I+l0
がんばるお姉ちゃん支援


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 02:09:36.39 ID:05ry8xGFO
シャーリー「あれ、訓練じゃなかったのか?」

バルクホルン「ちょうど終わったところだ」

シャーリー「ふーん? お前がここに来るなんて、初めてじゃないか?」

バルクホルン「ああ、いや……」

シャーリー「まあいいや。まさかわざわざ説教しに来たわけじゃないだろ」

バルクホルン「うむ、今日は別件でな」

シャーリー「……ンッン~♪」

バルクホルン「何か良いことでもあったのか? 向こうからでも鼻歌が聞こえたぞ」

シャーリー「ふふん、まあちょっとな」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 02:19:57.41 ID:05ry8xGFO
バルクホルン「……」

シャーリー「……」カチャカチャ

バルクホルン(どうやって切り出そうか……普通に『私にも手伝わせてくれ』で)

シャーリー「……」カチャカチャ

バルクホルン(いやしかしそれでは即戦力と見られかねんな。私はバイクはからきしだし、少し手伝うくらいしか)

シャーリー「バルクホルン」カチャカチャ

バルクホルン「! な、なんだ」

シャーリー「そこに突っ立ってるなら、こっち来て手伝ってくれよ」

バルクホルン「あ、ああ」


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 02:35:38.56 ID:05ry8xGFO
――

シャーリー「……で、フレームに穴を開ける。これはバルクホルンに任せたぞ」

バルクホルン「よし、この印のとこだけだな?」

ギュイイイイン バキッ

バルクホルン「あっ」

――

シャーリー「……ホイールを交換するから、倉庫から一組持ってきてくれ」

バルクホルン「……分かった」

バルクホルン「はぁ……どこにあるんだ? 暗くてよく見えん、明かりは……」カチッ

バルクホルン「よしよし。む、これがホイールだな」ヒョイ

冬眠中の虫「」ウジャウジャ

バルクホルン「」

バルクホルン「うわあああああああ!」ホイールボコー


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 02:37:10.27 ID:cueI8I+l0
使えないお姉ちゃん!


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 02:50:06.00 ID:05ry8xGFO
―夕方―

シャーリー「結局、元の木阿弥だな」

バルクホルン「……」

バルクホルン(こうもことごとく失敗するなんて、確かに私は器用な方ではないが……)

バルクホルン(……いかにシャーリーと言えど、愛用のバイクをここまで傷つけられて黙ってはいまい)

バルクホルン(完全に評価が落ちた……いや、嫌われてしまったかも……まだ何もしてないのに)ウルウル

バルクホルン(こんな恩を仇で返すような真似をして、許してくれと言えるほど仲が良いわけでもないし……)ウルウル

バルクホルン「……シャーリー、す、すまな……」

シャーリー「よーし、じゃあ早速試運転だ! 乗れよバルクホルン!」

バルクホルン「え」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:05:12.82 ID:05ry8xGFO
バルクホルン「で、でも」

シャーリー「何だよ。お前と私が整備したコイツに、なんか不満でもあるのか?」

バルクホルン「そういうわけじゃ……」

シャーリー「へっ。お前がちょっとミスったくらいで壊れるほど、ヤワな単車じゃねーんだぜ!」

バルクホルン「……っ」

シャーリー「ほら早くはやく! 晩飯までに戻ってくるんだからな!」

バルクホルン「ちょ」

シャーリー「右手でベルト掴んで、左腕は私の腰に回せ」

バルクホルン「……こう、か」ムギュ

シャーリー「もっと抱き着く感じで……よし。行くぞ!」

ウォンウォォォォン


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:08:53.78 ID:6cn11DYKT
俺はバイクになりたい


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:15:00.29 ID:05ry8xGFO
―海沿い―

ブゥゥゥゥン

バルクホルン「も、もっとゆっくり走れ! 速度超過だぞ!」

シャーリー「誰も見てなんかいないって! イエー!」

バルクホルン「くっ、このスピード狂め……!」ギュッ

シャーリー「……なんだ、ストライカーは平気なのにバイクはダメなのか? 変な奴だな」

バルクホルン「お前が運転してるのが不安なんだ!」

シャーリー「はっはっは! カールスラント軍人たるもの、これくらいで尻込みしてちゃダメだろ!」ウォォォォン

バルクホルン「うわあああ!」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:22:01.04 ID:05ry8xGFO
シャーリー「ふう、ちょっと休憩するか?」

バルクホルン「」グッタリ

シャーリー「……やりすぎたかな」

バルクホルン「……はぁ」

シャーリー「……ふ、ふふ」

バルクホルン「何だ……?」

シャーリー「いや、ふへへへ」

バルクホルン「お前、大丈夫か?」

シャーリー「……」

シャーリー「なあ、バルクホルン」

バルクホルン「?」


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:38:45.81 ID:05ry8xGFO
シャーリー「良かったよ、こうしてお前と二人になれてさ」

バルクホルン「ああ、たまには……」

シャーリー「へへ……もしこの時間が幸せじゃないって言うなら、きっと私は病気だな」

バルクホルン「なっ」

シャーリー「凄いよ……さっきから、頭がくらくらするほど舞い上がってるんだ。ふふっ、笑いが止まらないのもそのせいさ」

バルクホルン「シャーリー……?」

シャーリー「もしこれが、私の……いや、私とバルクホルンの最初の一歩だってなら……」

シャーリー「私の人生、凄いことになるに違いない! なあバルクホルン!」


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:48:31.81 ID:05ry8xGFO
バルクホルン「……」ドキドキ

バルクホルン(今日、この最高の時間が、私とシャーリーの始まりの瞬間だというなら……)

バルクホルン(……これ以上の幸福なんて、あろうはずもない!)

シャーリー「ん? 寝てるのか?」

バルクホルン「……起きているぞ」

シャーリー「そっか……残念」

バルクホルン「残念って……な、何をする気だったんだ貴様!?」


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:49:57.33 ID:05ry8xGFO
シャーリー「まあいいや。さ、帰ろうぜ」

バルクホルン「……うむ」

シャーリー「帰ったら、たっぷり教えてもらうとするさ」

バルクホルン「何をだ?」

シャーリー「愛ってのは、頭に蹴りを食らうようなもんなんだろ?」

バルクホルン「っ……お、降ろせ! 私は歩いて帰る!」

シャーリー「お前が歩いて帰るまで、私に待ち続けろってのか? お断りだ!」

シャーリー「早く教えてくれよバルクホルン、人を好きになるってことの衝撃を!」



おわり


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:50:58.73 ID:+fuG4UFp0
シャーリー積極的でお姉ちゃんタジタジだな



61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:51:28.98 ID:05ry8xGFO
Dean Martin
『Ain't That a Kick in the Head?』
が元ネタでした
支援サンクス
おやすみ


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 03:53:08.06 ID:cueI8I+l0
シャーゲルはいい最高だ ベッドの上でイチャイチャがあればもっといいなぁー(チラッ)



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 04:01:34.40 ID:6cn11DYKT
愛だな


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/04(金) 04:31:57.47 ID:GGsWoXp4O
コミケで買ったシャーゲル本を読んでた俺にはタイムリーなスレ


転載元

シャーリー「愛ってのは頭に蹴りを食らうようなもんなんだろ?」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357229915/











関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/01/04 22:45 ]
  2. 愛ですね
  3. 774@いんばりあん [ 2013/01/05 03:23 ]
  4. 世界で最高の感情 、愛についての曲だ。
  5. 774@いんばりあん [ 2013/01/05 05:08 ]
  6. (お、Mr.New Vegasか?)
  7. 774@いんばりあん [ 2014/01/06 06:06 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング