HEADLINE

魔王「最近の勇者ゆとりすぎんだろ」

2013/01/11 18:16 | CM(5) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 01:39:07.17 ID:wLWMmoBZ0
勇者「遂に辿り着いたぞ、魔王!」

勇者「あっさり過ぎるぐらい簡単にここまで来れたけど、これが最後の戦いだ!」

勇者「まぁ、戦闘一回もなかったけどね……。魔王覚悟ぉー!」

がちゃり

側近「弓兵隊、撃てーッ!!」

弓兵隊「」ドドドドドド

勇者「ぎゃあ!!」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 01:45:04.94 ID:wLWMmoBZ0
勇者「きゅう」

側近「撃ち方やめー!」

弓兵隊「」ザッザッ

側近「魔王様、勇者の体力をあと一発シッペすれば死ぬ状態まで削りました」

魔王「うむ、よくやったぞ。トドメはせめて魔王の我が刺してやろう」

勇者「だ、誰だお前は……」

魔王「人類の宿敵である魔王だが」

勇者「えぇ!?」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 01:51:42.46 ID:wLWMmoBZ0
勇者「魔王って……女の子じゃなかったのか!?」

魔王「は?」

勇者「お前本当は魔王じゃないだろ!魔王はこんなゴツくてデッカイ化物なんかじゃない!」

魔王「……一体何を申しておるのか分からんのだが」

勇者「俺の知ってる魔王は可愛い女の子で、おっぱい大きかったり、幼かったり、ちょっとのんびり屋だったり」

勇者「とにかくこの勇者にべた惚れの可愛い女の子だ。俺が倒しにかかったら「好きだよ」とか言ってくれる……」

魔王「……うわぁ」

側近「ま、魔王様……これは」

魔王「ああ、酷い」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:00:37.09 ID:wLWMmoBZ0
勇者「魔王を出せ!俺はその為にここまでやって来たんだ!」びたんびたん

側近「全身に矢刺さってるのに陸に上がった魚みてーに元気だ」

魔王「勇者よ……。我が魔王なのだ、我は貴様と同じ男に性別が分類される」

勇者「いやだあああぁーーー!!!?」

魔王「貴様が魔王にどんな願望を抱いてきたのかは知らんが」

魔王「魔王が何の理由もなく勇者好くわけねぇだろカス」

勇者「うそだ!!そうやってお前は人間たちを長年苦しめてきた!!」

側近「都合悪くなってそれっぽい事言い出し始めましたね」

魔王「糞みたいな理想を話した手前、もう何も感じぬ」

勇者「世界を半分やるだと……?ふざけるな、俺はそんな安い誘惑に惑わされたりはせん!」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:04:46.63 ID:wmzh0L66O
これは闇の世界すら貰えない勇者


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:06:59.67 ID:8EJlXKQW0
勇者を見てると何か痛いわ


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:08:16.06 ID:wLWMmoBZ0
側近「まぁ、勇者も思っていたより幼かったし、おつかい感覚の軽い気持ちでここまで来たのでしょうね」

魔王「そうか。勇者、これから貴様を倒すぞ。我は直前で哀れんで生かしておくとかするつもりはないからな」

勇者「やめろぉー!!俺は勇者だぞぉー!!これは何か間違いが起きてるんじゃないか!!」

魔王「生まれ変わったら女の魔王が支配する世界で勇者やれるといいな。さらばだ」

勇者「待て……落ち着け……。弓矢如きで勇者がこんな消耗させられたのは納得いかないんだ……」

側近「いや、だってお前レベル1じゃんか」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:18:23.19 ID:wLWMmoBZ0
勇者「だってここまで一匹も魔物と遭遇しなかったんだもん!レベル上がるわけねーじゃん!」

魔王「当たり前だ。こちらも貴様のステータスアップを恐れて対策を練っていたのだ」

魔王「勇者には絶対に近づくな、と」

魔王「スライム一匹でさえ貴様には勿体ないのだ」

勇者「マジかよ、せいすいもトヘロスも唱えてないのにおかしいと思った……」

側近「哀れなお前を魔王様は、せめて魔王城で死なせてやろうと提案なされたので貴様は今まで暗殺一つされずに済んでいたのだ」

魔王「よくそんな状態で我が城を攻め込んできたものだな。逆に関心させられたぞ」

勇者「てっきり、奇跡かうふふな展開が起きるとばかり考えてたんだ、俺……」


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:18:40.32 ID:AzpRNN610
勇者の本当の恐ろしさは死んでも死んでも甦って立ち向かってくるところ


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:24:27.67 ID:WsPKUrJV0
ゆとりってレベルじゃねーぞ!


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:24:58.42 ID:wLWMmoBZ0
勇者「くっ……想像以上に卑怯で極悪な魔王だったようだ……!」

勇者「しかし、甘かったな魔王……俺は勇者だぞ!女神さまの加護で身を守られている!」

魔王「あ、ああ」

勇者「貴様のその闇の力は俺には通用しない!光はかならず闇に勝つんだ!」

側近「魔王様、あまりにも奴が哀れすぎます……この側近、これ以上は見ていられない」

魔王「我もだ……。我はこんな虫ケラを殺してしまって良いのだろうか……」

勇者「ま、まだだ……俺は、俺はまだ負けていない……!」

ゆうしゃは ひのきのぼう を かまえた !

魔王「うぬぅ!?ひ、ひのきのぼう……!?」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:31:57.36 ID:wLWMmoBZ0
側近「ああっ、魔王様!こいつの防具ぬののふくしかないですぜ!?」

魔王「なんと惨い……」

勇者「うるさい!魔物倒せなかったから金が全然手に入んなかったんだよ!」

勇者「武器だって……途中のダンジョンに宝箱でもあるかと期待してたら、そんなもん一つも見つからなかったし」

勇者「そういうのそっちでダンジョンに置いといてくれるはずだろ!?」

魔王「……な、何を申しておるのか更にわからぬ」

側近「普通に考えて、敵が有利になるような武器や防具をご丁寧に配置してくれる魔王なんていねーだろうが」

側近「更に言えば回復アイテムとか以ての外だわ」

勇者「畜生っ……悪魔め……!!」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:33:45.68 ID:G9JeuyL00
旅人の服ですらない


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:34:06.15 ID:uJejvkiY0
これゲーム化したら鬼畜ゲーになりそうだな


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:40:50.43 ID:wLWMmoBZ0
魔王「勇者よ、貴様は本当に我を誰と思って、こんなテロ行為を仕掛けてきたのだ?」

勇者「魔王は魔王だ。人類を脅かす敵であって絶世の美少女!」

勇者「勇者やってんのは王サマに「お前の父親すげー奴だからお前なら絶対できる」とか言われたから、頑張ってるんだ!」

勇者「とにかく魔王!俺はお前を倒さなければ国に帰らせてもらえない!覚悟しろ!」

魔王「お、おお、そうか」

側近「こいつ予想外にバカで酷い……」

勇者「レベル1でもひのきのぼうでも関係ねぇー!俺はここまでたった一人で辿り着けた勇者なんだからな!」

魔王「あっ」

魔王「そ、そうじゃ……貴様、仲間はおらんのか?てっきり隠していたのかと思っておったのだが」

勇者「仲間ぁ!?いないっ!!」


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:50:26.89 ID:wLWMmoBZ0
側近「ほ、本当に、手下の報告通りにこいつ一人ぼっちの旅だったのか!寂しい!」

魔王「町へ潜入させたモシャス使いの魔物によると、酒場とやらで仲間が作れると聞いておるぞ?」

勇者「違うだろ!!」

魔王「何!?」

勇者「仲間ってのはさぁ……イベントが発生して、問題起こしてるボス魔物を倒して」

勇者「それで俺がそいつに認められて、そいつが初めて仲間になるとかだろ!酒場で募集とか上辺だけの奴らしか集まらない!」

側近「ああ、確かに」

勇者「ていうか、みんな4人ぽっちで魔王退治とか無理って言ってきて仲間になってくれないんだよ……!」

勇者「畜生ぉ……4人で魔物軍勢に挑むとか王サマ何考えてんだよぉ……」

魔王「えっ、伏兵とか用意してなかったのか!?」

側近「勇者も勇者なら、その王も王ですねっ……!」


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 02:57:20.65 ID:wLWMmoBZ0
勇者「王サマたぶん頭弱いんだよ!!」

側近「いや、王は最終的な決定を下す立場であって、周りの人間が色々考えたりするだろうが!」

側近「貴様の周りの人間はバカしかいないのか!?」

魔王「通りでこっそり手下どもを人間の町へスパイに送りつけても一切バレないわけだ……」

魔王「側近よ、直ちに幹部を集結するのだ。一気に征服してしまう為に安全な策を練ろうではないか」

側近「了解致しました、魔王様!」

勇者「ま、待て魔王!俺がまだここにいるぞ!そんな真似は勇者が許さん!」

魔王「邪魔だ!!帰れ!!」

勇者「えぇ……」


71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 03:02:07.23 ID:WsPKUrJV0
殺される価値もないのか勇者は・・・・


74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 03:05:07.79 ID:wLWMmoBZ0
魔王「貴様の程度も頭の出来も既に知れたわ。勇者ごっこなら裏山かどこかで思う存分に楽しめ」

勇者「ごっこ、だと……!?俺が遊びでこんな事をしているとでも言うのか!」

勇者「やはり魔王、お前を俺は倒さなければならないようだ……!!」

ゆうしゃは ひのk(ry…

魔王「わかったわかった!死ね!」

まおうは ゆうしゃを けっとばした !

ゆうしゃは いきたえて しまった !

魔王「どんな学習教育をすれば、あのようなバカどもが生まれてしまうのか謎だ……」


数ヶ月後、世界は魔物たちによって征服され、人間は皆奴隷と化したのであった。


76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 03:08:10.55 ID:WsPKUrJV0
もうこれが正しいんじゃないかな


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 03:13:47.01 ID:wLWMmoBZ0
王「わしはまだ死にたくないのだ。許せ、魔王よ」

側近「首を刎ねいィ!!」

王「」ぐったり

「やったー!痴呆で脳無しの糞国王が死んだぞー!」「うおおおぉー!」

魔王「人間どもよ、貴様らは一人残らず今日より我々魔物の配下となった。奴隷として精々働いていただこう」

魔王「しかし!以前の貴様らの国のような貧困を我は起こさぬと誓おう。安全と平和を約束する」

「うおおおおおおぉぉぉぉぉーーー!!」

魔王「だが、まずは奴らの教育をし直した方が良さそうだな……」


おわり


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 03:17:06.93 ID:5tQrXhzZ0
まあちゃんと飯にありつけるなら奴隷というより社畜ぐらいにはなる


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 03:27:02.34 ID:XLIjb9u40
いい話だった


86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/08(火) 03:31:09.79 ID:uJejvkiY0
魔王が勇者だった


転載元

魔王「最近の勇者ゆとりすぎんだろ」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357576747/







勇者互助組合 交流型掲示板
おけむら
アルファポリス
売り上げランキング: 17,286

関連記事
2013/01/11 18:16 | CM(5) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/01/11 21:37 ]
  2. めっちゃ痛かったwww
  3. 774@いんばりあん [ 2013/01/11 22:05 ]
  4. ご都合主義を批判するSSの展開がご都合主義ってどうなのよ
  5. 774@いんばりあん [ 2013/01/12 01:40 ]
  6. むしろこの場合魔王がゆとりだろwww
  7. 774@いんばりあん [ 2013/01/13 16:33 ]
  8. 孔明の空城計しかり、ポルポトの御しきれない有識・有能者狩りしかり、
    とリアルに前例あるから、相手があまりにもバカ過ぎたら
    実際この魔王軍みたいに足踏みするんだろうなw
    承認待ちコメント
  9. [ 2016/06/28 23:41 ]
  10. このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング