HEADLINE

勇太「丹生谷、パンツ貸してくれないか」森夏「は?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 20:35:17.49 ID:T83htXKZ0
結社の夏 拠点


森夏「ご、ごめん富樫くん、聞き取れなかったからもう一度お願い」

勇太「丹生谷、パンツ貸して」

森夏「……は?」

勇太「パンツ」

森夏「え、え……ちょ、アンタ何言って……え?」

六花「……」

凸守「……」

くみん「くー……くー……」



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 20:40:01.36 ID:T83htXKZ0
勇太「だからパンツ、パンツだよ。悪いけどパンツ貸してくれないか」

森夏「は、ハアアアァァァ!? な、なんでアンタにパンツなんて貸さなきゃいけないのよ!!」

勇太「え?な、なんだよいきなり……」

森夏「こっちの台詞よぉ!! そもそも、私のパンツであんたっ……何する気よ!!」

勇太「そりゃ履くんだよ」

森夏「履くの!?」

勇太「パンツは履くものだろ?」

森夏「そ、そうだけど!?」

六花「……」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 20:44:05.43 ID:T83htXKZ0
森夏「って言うか皆の前で何言ってるの!? そもそも小鳥遊さんと付き合ってるんでしょ!?」

勇太「え? そ、そりゃまぁ……な?」モジモジ

六花「う、うん……」モジモジ

森夏「照れんな!! なんだその反応!!」

勇太「で、でも俺と六花が付き合ってることと、丹生谷のパンツを借りることに何の関係が……?」

森夏「関係あるでしょおおおおぉぉ!?」

凸守「さっきからうるせーデスよ、ニセサマー」

くみん「うー……モリサマちゃんうるさいよぉー……」

森夏「あ、ごめん……」


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 20:48:30.37 ID:T83htXKZ0
勇太「……どうしたんだよ丹生谷、なんか今日はおかしいぞ?」

森夏「……おかしいのは富樫くんよ、絶対に」

勇太「はぁ……とにかくパンツを」

森夏「貸さないっつってんでしょ!!」

勇太「わ、わかったわかった」

森夏「そもそもなんで私のなのよ!! 小鳥遊さんでいいじゃない!!」

勇太「それもそうだな。六花」

六花「わかった」

森夏「……」

森夏「うん、そうよ。そうn……え? ま、マジで?」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 20:55:19.48 ID:T83htXKZ0
六花「……」スルスル

森夏「えっ……えーっ……小鳥遊さん……?」

六花「……ふぅ」スポ

森夏「く、黒下着……」

六花「……我が契約者よ、一時的にではあるが、この闇の衣をそなたに預ける」ファサ

勇太「はいはい、ありがとうございます」

森夏「……え? ……えっ?」

凸守「……」

くみん「くー……くー……」

森夏「……え、なにこれ……私がおかしいの?」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:00:10.71 ID:T83htXKZ0
勇太「それじゃさっそく」スポ

森夏「……ちょ!?」

勇太「ん?」

森夏「なんで被るの!? ねぇ!?」

勇太「……? ……?」

勇太「?」

森夏「その『何言ってんだコイツ』みたいな顔やめろおおぉぉ!!」

六花「ゆうた……カッコイイ!」

森夏「そうか?」

六花「うん」

森夏「そうじゃなああああいいいいぃぃぃ!!」ガターン


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:02:27.36 ID:C9gp0mOqT
これは中の人が悪い


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:06:55.61 ID:T83htXKZ0
森夏「はぁ……はぁ……」

勇太「あ、なんか六花の匂いがする……」

六花「わっ……我が魔力が溢れ出ている、のだ……」

勇太「う、うん……そうだな、魔力だな」ナデナデ

六花「あ……うん……」

勇太「……」ナデナデ

森夏「なんだこれ……どういうシチュエーションでイチャついてんの……」

勇太「あ、凸守もパンツたのむよ」

森夏「!?」

凸守「……しかたねーデスね。マスターが承諾したなら、
   サーヴァントである私も貸さないわけにはいかないデスし」

森夏「もうわっかんないよおおおぉぉぉ!!」ガッシャアアァァ

凸守「さっきからうるせーっつってんデスよニセサマー!!」スルスル


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:11:44.02 ID:T83htXKZ0
凸守「ほれダークフレイムマスター、我が魔力の集積をありがたく受け取るのデス」ファサ

勇太「うん、ありがとな」

凸守「礼ならマスターに言うのデスよ」

勇太「よいしょ」スポ

森夏「やっぱり被るんだ……」

凸守「はぁ? そりゃそうデス。まさか良からぬ妄想でもしてるんデスか?
   どういう発想デスか? 変態デスか?」

森夏「現時点で十分変態じゃないのよおおおぉぉ!!」

凸守「アンタが?」

森夏「なんでよ!! 富樫くんよ!!」

凸守「……? ……?」

勇太「……?」

森夏「あああああぁぁぁぁもおおおおおおおぉぉ!!」


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:17:08.51 ID:T83htXKZ0
森夏「なんなの……なにがあったの……もうわかんない……」グスグス

勇太「さてと」

森夏「……」

勇太「先輩ー、くみん先輩ー」

森夏「こ、この野郎……!!」

くみん「くー……くー……」

勇太「パンツ借りますねー」

くみん「んー……どうぞー……」

森夏「どうぞ!?」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:18:40.71 ID:ycZ935Pm0
流石くみん先輩


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:22:20.76 ID:T83htXKZ0
勇太「よいしょ」スル

森夏「う、うそ……うそでしょ……?」

くみん「くー……くー……」

勇太「っと……」スルスルスポ

森夏「……」

勇太「……うーん」ゴソ

森夏「ちょ……ちょ富樫くん!?」

勇太「くみん先輩顔に似合わず濃い目なんですね」

くみん「んー……そうだよぉー……」

森夏「おいいいいいいいいいいいいぃぃ!!」ガッシ

勇太「!?」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:23:22.68 ID:eIvAbXi20
なんだこれwwwwwwおもしれえwwww


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:24:55.88 ID:tufhcXLs0
匂いが濃いめとな?


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:26:15.58 ID:T83htXKZ0
勇太「ちょ……丹生谷!?」

森夏「なにしてんだおまえええええええぇぇぇ!!」ギリギリギリ

勇太「ぐおおぉ……!?」

六花「丹生谷。落ち着いて、丹生谷」

森夏「落ち着いてられるかあ!! むしろあんたらも騒ぎなさいよ!!」

六花「寝ている人間を相手にパンツを脱がせば陰毛が見えてしまうのは必然」

森夏「そっ……」

森夏「そう、よね……」スッ

六花「そう」

勇太「げほっ……ゲホッゲホ!!」

森夏「ご、ごめん富樫くん……ちょっと気が動転して」

勇太「い、いやいいんだ……」

森夏「……」

森夏「……んん?」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:28:45.88 ID:uXOFAG5cO
一色「ったく、仕方ねぇな…」ヌギッ


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:30:28.26 ID:eIvAbXi20
>>41
呼んでねえよww


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:31:27.97 ID:T83htXKZ0
森夏「いやいやいやおかしい。やっぱおかしい」

凸守「まぁーニセサマーがそう不思議がるのも分かる気がするデスけどね」

森夏「そ、そうでしょう中坊!! みんな馬鹿だ! あんな男に騙されて!!」

勇太「騙すだなんてそんな、人聞きの悪い……」スチャ

森夏「かぶるなあああああああああぁぁぁぁ!!!」

凸守「しかたねーんデスよダークフレイムマスター。
   ニセサマーみたいな腐れ一般人のなんちゃってリア充は
   可哀想な事に、人前でパンツを脱ぐような艶っぽい経験は皆無なのデス……」

森夏「!?」

勇太「そうなのか丹生谷!!」

六花「そうなんだ……」

くみん「へぇー……」

森夏「……!?…!?」

森夏「そっ…………」

森夏「そおんなわけないでしょおおぉぉ~~~
   わたしもそのぐらいあるにきまってるじゃあなあい~~~?」ブルブル


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:32:14.34 ID:WyGbO0Za0
ちょろい


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:33:03.72 ID:WneR+uqh0
いつものモリサマーだった


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:35:50.99 ID:jh7ZKLdl0
ちょろさま~


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:37:49.40 ID:T83htXKZ0
勇太「なんだ、やっぱり丹生谷ぐらいの美少女なら経験あるよな」

森夏「びしょっ……もおっちろんよおぉ~~~もおう富樫くんたらああぁ~~~」ブルブル

六花「……」

勇太「じゃあパンツ貸してくれるよな……?」

森夏「そっ……!!」

凸守「プフーッ!! 無理無理ムリデスよDFM!! こちらの丹生谷先輩(笑)は見え張ってるだけデス!!
   本当のところは穢れを知らぬ純情おぼこJK(笑)なんですから無理に借りたら可哀想デスって(笑)」

森夏「……!!!!????」

森夏「そっ…!そっ……!!!」

森夏「それっぐらいっ……おやすい御用よほおおぉぉぉッ…………!!!!」ブルブルブルブル

勇太「ほんとか! ありがとう丹生谷っ!!」

森夏「え……えへ、えへえぇ……」ガクガクガクガク

六花(ちょろい……)

凸守(ちょれぇデス……)

くみん(チョロサマちゃん……)


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:44:19.83 ID:T83htXKZ0
勇太「じゃ早速」

森夏「あは、あははは……ちょ、ちょっと待っててね?」ブルブル

森夏「は、はぁーっ……はぁーっ……」スッ

勇太「……」クワッ

森夏(う、うぅ……富樫くんがガン見してる……)スル

森夏(な、なんで……どうしてこんなことになっちゃったんだっけ……?)スル

森夏「あ、あれ……お、おかしいな……あは……あ、あれ、あれぇ……?」ウルウル

勇太「……」ゴクリ

六花「丹生谷、真っ赤」

くみん「ちょっと涙目?」

凸守「誰がそんな扇情的にパンツ脱げって言ったデスか。
   もしかして誘ってるんデスか? このエロサマー……」

森夏「エロサマー!?」


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:50:23.48 ID:nc95oTY/I
勇太はパンツ何重に被ってんだよwww


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:51:21.20 ID:T83htXKZ0
森夏「く、く……ぬ、脱いだわよっ……」スルリ

勇太「おう! ありがとう! へい丹生谷!パス!!」

森夏(な、なんだこいつ……)

森夏「へ、変な事に使わないでよ……あと絶対に汚さないで……」ファサ

勇太「へぇ、これが丹生谷のパンツ!……テテテテ~~~~ン!!」

森夏「ちょ!? 広げちゃダメええええええええぇぇぇ!!」

勇太「ははは冗談だよ丹生谷!!」スッ

森夏「なにが冗談なのよ! むしろ最初から冗談であって欲しいわよ!!」

勇太「……」

森夏「だ、だからそn」

勇太「……すううぅぅはぁぁぁぁ……すうううううぅぅはああああぁぁぁぁ!!!」

森夏「うわああああああああぁぁぁぁいやああああああああああああああああ!!!!」


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:51:46.18 ID:gT/DGUJ00
うわああああああああああああああああああああああああ


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:53:24.51 ID:pxvGkXbi0
ぷはあああああああああああああああ


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:54:15.14 ID:jFG8c9Mz0
夏の属性を持つ丹生谷からは炎属性の魔力を得やすいだろうからな


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 21:56:58.67 ID:T83htXKZ0
勇太「丹生谷の匂いがする! 丹生谷の匂いがするぞ!!」クンカクンカ

森夏「もうやめでええええぇぇやめでよおおおおぉぉ!!」グスグス

勇太「そんな嫌がらなくても……別にくさいわけじゃないぞ?」スーハースーハー

森夏「そういう問題じゃないのよおおおおぉぉ!!」ポロポロ

勇太「あっ」

森夏「っ」ビク

勇太「……」

森夏「な、なに……」

勇太「ちょっとトイレ行ってくる」

森夏「ちょちょちょ待って待って待って待って待って!!!」ガッシ


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:01:12.32 ID:pI0tISVo0
とんでもないスレに迷い込んでしまった


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:03:23.04 ID:F62rPIL20
何故にモリサマはろくな目に合わないのか


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:03:29.92 ID:T83htXKZ0
勇太「え、え? なんだよ丹生谷?」

森夏「トイレ行ってナニするつもりよおおおぉぉもおおおおおぉぉ!!」ガッシ

勇太「何って、そりゃお前……」

六花「丹生谷……」

凸守「な、なんて下品な女なんデスか……」

くみん「トイレですることなんて、1つ2つしかないよぉ……」

森夏「…え、え? ……あれ?」

勇太「も、漏れる……漏れるから放してくれ……」

森夏「あ、あはははは! ご、ごめんね富樫くんちょっとした誤解が! そう、誤解が!!」

勇太「そ、そうか……? じゃあ……」

森夏「あはははは……い、いってらっしゃい……」

ガラガラピシャ

森夏(さ、さすがに考えすぎよね……?)


82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:08:09.61 ID:AgKbrrS70
ガチキチ


83 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/13(日) 22:10:21.10 ID:cPSrN+zq0
SSの勇太は変態が多すぎる


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:10:25.08 ID:T83htXKZ0
~10分後~

森夏「お、遅い……」

六花「丹生谷」

森夏「小鳥遊さん……な、何?」

六花「今のうちに話しておくべきことがある」

森夏「話?」

六花「ゆうたについて」

森夏「……富樫くん?」

六花「そう」

森夏「……」

森夏「やっぱりおかしいわよね! いきなりパンツよこせなんておかしいわよね!?」

六花「落ち着いて」


87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:17:47.36 ID:T83htXKZ0
森夏「PTSD?」

六花「そう、心的外傷後ストレス障害。略してPTSD」

六花「丹生谷も知っての通り、私とゆうたは、私の家族をも巻き込んだ一騒動を経て無事結ばれた」

森夏「う、うん……」

六花「でも、それだけで終わってはくれなかった。
   じい様や警察まで巻き込んだあの騒動は、ゆうたの豆腐メンタルに相当の負担が掛かり、
   心に大きな爪痕を残した……」

森夏「まさかっ……そんな……」

くみん「発端が恋愛関係のゴタゴタだったからかなぁ……」

六花「その結果が、今のゆうた。完全に闇に飲まれ理性を欠いた、歩くセクハラ。性欲の権化」

森夏「性欲の権化!?」

凸守「ダークスペルマスターってところデスね」

森夏「ひ、ひいいぃぃ……」ガクガクガク


88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:18:17.48 ID:nUAKcJvB0
クソワロタ


90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:19:00.01 ID:RShs9cC/0
そんなアホなwwww


91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:20:25.60 ID:iWT48Usr0
あれ…なんか方向が…


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:22:09.93 ID:T83htXKZ0
森夏「え……じゃあ、じゃあなんで皆で……」

六花「?」

森夏「みんなで私もパンツ脱ぐように誘導したの……? 逆に危なかったんじゃ……」

六花「そ、それは……」

森夏「……」

凸守「そ……ぎ、逆に拒み続けると、危ないんデスよ」

森夏「……え?」

凸守「そりゃ私も最初は拒んだんですよ……そしたら……」

森夏「……ま、まさか」

凸守「いきなり襲い掛かってきて、パンツ引きちぎられたんデス……」

森夏「う、うわああぁぁ、うわあああああっぁぁ」ブルブルブル


95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:23:59.74 ID:6vPmuAp40
期待してたのと違う


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:25:01.71 ID:ycZ935Pm0
なんか騙されてる気がする


103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:31:28.02 ID:T83htXKZ0
凸守「危なかったデス。あの場にマスターがいなければどうなっていたか」

森夏「はっ……てことは貞操は守られたのね!」

凸守「はい……あのままでは確実に生中出しされるところだったのデス」

六花「ギリギリだった」

森夏「ほっ……」

六花「ギリギリのところでゆうたの魔剣に避妊具を装着することに成功した」

森夏「え……」

凸守「……なんとか妊娠は免れましたデスよ」

六花「ギリギリだった」

森夏「アウトよねそれ」


105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:32:42.01 ID:/xK41NVs0
勝負に勝って試合に負けた的な


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:33:11.68 ID:RShs9cC/0
あちゃー事後だったかー


110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:39:30.55 ID:T83htXKZ0
六花「凸守はまだいい方。問題はくみん」

森夏「くみん先輩……まさか……!」

くみん「うん……ある日部室でお昼寝してたんだけど……」

森夏「……そんなっ」

くみん「気が付いたら、富樫くんが私の上に乗っかってて……」

森夏「……っ」ゴクリ

くみん「それがなんだか必死で腰を振ってて……
    『くっ!くみんっ!くみん先輩っ!!お、俺の先輩ッ!!くみん!くみん!お、おうっ!!』って……」

森夏「わああああああぁぁぁそういうのはいいです!そういうのはいいですから!!!」

くみん「えー? そう?」


115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:43:47.84 ID:T83htXKZ0
六花「というわけで、大変厳しい状況」

森夏「小鳥遊さんは……大丈夫なの?」

六花「……あまり大丈夫ではない」

森夏「や、やっぱり……!?」

六花「外に被害が漏れないように、私だけでゆうたの内に滾る獣欲を発散させようと頑張っていた。
   でも、限界。毎晩の様にあんなに激しく求められては、その、体力が持たない……」

森夏「まっ……毎晩ッ……!!」

六花「昼間は優しく振舞っている反動なのか、夜になるとそれはもうものすごい。
   ベッドの足が折れて骨盤が砕かれるかと思うほど激しい。
   最初は求められることが嬉しかった、けど私が失神するほど続けられると、もう……」

森夏「こ、骨盤……ッ!? そ、そんな、えぇー……!!」ブルブルブル


117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:46:24.05 ID:s0PzlFmy0
逞しいな勇太


119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:47:12.02 ID:5RR9A+pD0
勇太「勇太い離脱ー」


120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:47:21.27 ID:rCOiXA2C0
鬼畜や・・・


122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:49:50.98 ID:T83htXKZ0
六花「というわけで、丹生谷にも協力してもらいたい」

森夏「くあっ……!!」

六花「クラス美少女No.1、性技のジャンヌ・ダルク、歩くセ○クスと恐れられるあなたなら
   ゆうたを止められるかもしれない」

森夏「歩くセ○クス!?」

六花「お願い……もう、あなたしか頼れる人がいない……」

森夏「お、おう……いやでもっ……! あたししょjy」

六花「このままだとゆうたは……ダークスペルマレイパーになってしまう……」

森夏「そ、それはまずいわよね……」

凸守「それどころか実の家族にまで手を出す可能性もあるってことデス」

森夏「だっ……だめよ! ダークマザーファッカーは!!」

六花「兄の精子に焼かれて孕めッ!!」ビシ

森夏「だめええええぇぇ樟葉ちゃんにげてええええええぇぇ!!」


131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:55:45.81 ID:T83htXKZ0
森夏「うううぅぅ……わがっだ……がんばる……
   でも期待はしないで……もし骨盤が砕かれたら……」

六花「でも策はある」

森夏「ぐすっぐす……えっ?」

六花「最近は性的嗜好が捻じ曲がってきた。
   今回のように、パンツや他のものに意識を向けさせ、性欲を発散させることができる」

森夏「な、なるほど……」

六花「というか、そうしないともう正攻法では勝てない……」

森夏「う、うぅ……」

六花「一度捕まったら最後、目鼻耳口といわず身体中の穴という穴から精液を流し込まれると考えて」

森夏「うええええぇぇぇん……」グスグス


132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:56:24.56 ID:nUAKcJvB0
もはやバケモノ


136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 22:56:58.39 ID:gT/DGUJ00
中二病じゃなくリアルだったんだ…


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:01:44.59 ID:T83htXKZ0
ガラガラ

勇太「ただいまー」

森夏「ひっ……!!」ビク

勇太「ん?」

森夏「……」ブルブルブル

勇太「……? あ、そうだ皆、パンツ返すよ」

森夏「え……?」


143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:02:07.57 ID:5RR9A+pD0
賢者になってる


145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:06:47.19 ID:T83htXKZ0
勇太「はい六花」ファサ

六花「うん」

勇太「凸守~」ファサ

凸守「はいはい」

勇太「くみん先輩~」ファサ

くみん「くー……くー……」

森夏(くみん先輩……!? 寝たら!! 寝たら犯されます!!)

勇太「くみん先輩?」

くみん「んー……履かせてー……」

勇太「……」スッ

森夏(駄目! 駄目です先輩!! あああ身体中の穴という穴からああああぁぁ!!)


149 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:11:43.04 ID:T83htXKZ0
くみん「くー……くー……」

勇太「……」ゴソゴソ

森夏「あ……あぁ……」

森夏(このままじゃっ……くみん先輩の骨盤が粉砕骨折しちゃうっ……!!)

森夏(でも、駄目……そんな、声が……出ない!! 脚が動かない……!!)ガクガクガク

森夏(もしくみん先輩を救って、目標が私に変わったら……!!)

森夏(嫌だ……怖いっ……まだ死にたくない!!)



勇太「はい、履けましたよ」

くみん「ありがとー……」

森夏「……あれ?」


150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:11:57.41 ID:iWT48Usr0
話が進まねぇ…


151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:12:14.09 ID:RShs9cC/0
やだこの勇太紳士


155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:13:33.32 ID:5RR9A+pD0
十花さんきたら一瞬で終わりそうだ


158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:18:53.73 ID:T83htXKZ0
森夏「……え? 骨盤が破壊されるんじゃ……?」

勇太「こつばん?」

森夏「ひっ……! な、なんでもない……です!!」

勇太「え? おかしな丹生谷だなぁハハハハ」

森夏「あ、アハ、アハハハハ……」ポロポロ

森夏(助かった……くみん先輩も無事……でも駄目だ……)

森夏(私、動けなかった……私は弱い子だ……なんて無力な……!!)ギリリ

勇太「……」

森夏「……」

勇太「…………」

森夏「…………あの」

勇太「ん? どうしたんだ丹生谷?」

森夏「わたしのパンツは……?」

勇太「履いてるけど……ほら」カチャカチャジイイィィ

森夏「いやああああああああああああああぁぁぁいやあああああああああぁぁぁ!!!」


159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:20:01.14 ID:RShs9cC/0
履いたwwwww


160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:20:55.61 ID:7t90PavQ0
もうみんな変態でいいやないか!(提案)


162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:26:18.42 ID:MmDVwVUH0
ガラッ

一色「・・・おい・・・勇太・・・何やってんだ?」

勇太「何ってパンツを・・・」バキッ

勇太「ッ・・・てめー!何しやがる!」

一色「俺というものがいながらお前は何をやっているんだ!」

勇太「すまねぇ一色!」

一色「いいんだ勇太!さぁ行くぞ!」

勇太「アーッ!」


163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:26:42.19 ID:T83htXKZ0
森夏「なんでええぇぇなんで履くのよおおおぉぉ」ポロポロ

勇太「え、いや……だってパンツは履く物……」

森夏「自分のパンツ履けばいいじゃない!! どうしたわざわざトイレまで行って履き替えんのよ!!」

勇太「ご、ごめん今日パンツ履いてきてなくて……」

森夏「あああああああぁぁ!!知るかあああああああああぁぁぁぁ!!!」

勇太「わ、わかったよ、すぐ脱ぐから……」イソイソ

森夏「うぐううぅぅ……」グスグス

勇太「ちゃんと返すから、ちょっと向いててくれ! さすがに見られるのは……」

森夏「うへ? あっ……ご、ごめんっ……!!」クル


167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:32:39.78 ID:T83htXKZ0
「はぁ……」イソイソ

森夏「ため息つきたいのはこっちよぉ……」グスグス

「ごめん、泣くほど嫌がるとは……思ってなくて……」

森夏「男子にパンツ履かれて喜ぶ女子なんていないわよぉ……」

「そ、そうなのか……? 六花はうっとりしてたんだけど……」

「ゆうた、かっこよかった」

森夏「一緒にしないで……」

「お、おう……よし、もうこっち向いていいよ丹生谷」

森夏「はぁ……」

勇太(全裸)「はい、丹生谷のパンツ」

森夏「いやあああああああああああああああああああああああああ」


168 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:34:10.86 ID:PLdZ02VN0
くるっとる


170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:35:26.26 ID:nUAKcJvB0
クソワロタ


172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:38:58.61 ID:T83htXKZ0
勇太「丹生谷!?」

森夏「いやあああああああぁぁぁもういやあああぁぁぁぁぁ!!!」

勇太「うわぁ! 丹生谷が発狂した!!」

森夏「狂ってるのはあんたよおおぉぉぉ!!なんで裸なの!?」

勇太「え? あぁ……恥ずかしながら俺、寝るときは全裸派なんだ」

森夏「今は!! 寝るときじゃ!! ないでしょ!?」

勇太「で、でもここは昼寝部でもあるんだぞ!?」

森夏「知るか!!そういうことじゃないいいいいもおおおお!!!!!!」

くみん「あ、一緒にお昼寝するー……?」

森夏「あんたは黙ってろおおおおおぉぉ!!!」


174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:39:57.93 ID:paMJAdou0
なぜSSの森夏はこうも不憫なのか


177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:50:45.28 ID:MmDVwVUH0
    |┃三  
    |┃ 
 ガラッ.|┃ 
    |┃   ノ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 ( ゚д゚ ) <  待たせたな
    |┃.   ( (7   |  
    |┃三  <⌒ヽ   \____________
        ↑一色


178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:51:16.22 ID:T83htXKZ0
森夏「ふうううぅぅぅっ……ふうううぅぅぅぅぅ……」ボロボロ

六花「ゆうた、ゆうた」

勇太「……六花?」

六花「ゆうたのセ○クスアピールLv9の裸体は、丹生谷には刺激が強すぎる」

勇太「あ、そっか……?」ペチンペチン

森夏(なんか肉と肉がぶつかる音がするう……)ブルブル

勇太「うーん、そうか……しかたない、ズボンぐらいは履いておくか……」

六花「それが良い」

森夏「うっうっ……」グスグス

勇太「ほ、ほら丹生谷! ズボン履いたから! パンツ返すから、な!?」

森名「うぐぅぅ……うん……」


ヌチャッ

森夏「……」

ドロッ ボトボトッ 

森夏「…………」


179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:51:54.91 ID:FgscxbHO0
うわぁああ


181 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:53:28.42 ID:9An0UYJcO
かわいそすぎわろた


183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:54:38.37 ID:niW4KpjY0
不憫やでぇ


189 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:57:56.52 ID:T83htXKZ0
森夏「え……なに、これ……」ヌルヌル

勇太「いや、ごめん……さっきの泣き叫ぶノーパン丹生谷を見てたら、つい……」

森夏「えっ? え……?」

勇太「その……フフ、勃起……してしまいましてね……」

森夏「……」

勇太「他に出すところがなかったら、つい……」

森夏「…………」

森夏「う、うっ……うもっ……」

勇太「……? 丹生谷?」

森夏「うろっ……うっ、うウロロロロエエエエエエェェ!!」ビタビタビタ

勇太「ウワアアアアアアアアァァァ!!」シコシコ


191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:58:25.98 ID:RShs9cC/0
クソワロタ


193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:58:50.21 ID:6vPmuAp40
ゲロかよ・・・※我々の業界では


196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/13(日) 23:59:31.83 ID:IK4c3xmK0
穿くし吐くし大変だな モリサマとの関係も白紙だわ


202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:03:34.73 ID:lTf13Brb0
ごめん泣いた


204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:09:07.20 ID:ZwJ14FJc0
森夏「うえぇ、うええええぇぇ……もっモッロオオオオオォォ!!」ビタビタ

勇太「すごい……!! いや、大丈夫か丹生谷!!」シコ

森夏「!? ……ひっひいいいぃぃ!! 近寄らなウエエエエェェィ!!」ジャアアア

勇太「丹生谷!! あんまりノーパンで屈むと丹生谷の不可視境界線が可視状態に!!」シコシコシコ

森夏「ひいいいぃぃ……み、みないでっみなっウエェェ!! エ゛ーヴ!ェ゛ーヴ!!」シャー

勇太「丹生谷がリアルに吐いている!!」シコシコシコシコシコシコ

森夏「いや……いやあああああぁぁぁ!!」



六花「すごい。流石は歩くセ○クス……」

凸守「美しい……ここには……喜怒哀楽に加え羞恥、憎悪、畏怖、快楽……
   およそ人間が用いる感情が……全てあつまっている……」

六花「まさに、混沌」

凸守「はい……」

くみん「くー……くー……」


210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:11:03.07 ID:GPYXq5I+0
誰が掃除すんだよ……


211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:11:09.96 ID:+VuvUbL/0
地獄絵図


212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:12:46.58 ID:n6Zryk8IO
これこそ混沌
これこそ魔よ


215 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:17:49.27 ID:ZwJ14FJc0
その日、極東魔術昼寝結社の夏本部には人知を超える特異点が発生した。

そして性癖が裏返った魔王・富樫勇太は、PTSDを克服するに至った。

だが忘れてはいけない。

丹生谷森夏ことモリサマーの犠牲あってこその平和だということを。

そしてその平和もまた、仮初のものにすぎないということを。


217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:18:54.33 ID:5WvqAbzC0
え?おわり?


222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:26:05.90 ID:ZwJ14FJc0
結社の夏 本部

ガラガラガラ
勇太「ご、ごめん遅れた……」

森夏「あっ……あ、とがしくん……とがしくぅん……」

勇太「う、に、丹生谷……」

森夏「ね、ね、富樫くん……ぱんつ、ぱんつちょうだい……とがしくんのぱんつちょうだい……?」

勇太「り、六花……な、なんとか、なんとか丹生谷を元に戻す方法はないのか……?」

六花「遠い過去、同じ事象が発生した記録がある。そしてそれをあなたは覚えているはず……」

凸守「それに倣えばいいのデス。ダークエメトフィリアマスター」

勇太「で、でも俺はもう……」

森夏「ねぇとがしくぅんとがしくぅん……ぱんつが駄目なら……わたしの処女膜ぶちやぶって骨盤砕けるほど犯してぇ……
   そして穴という穴から精液流し込んでよぉとがしくうんとがしくぅん……ぱんつぅ……」

勇太「ウヒィー! もうパンツはこりごりだよ!!」

くみん「くー……くー……」


~おわり~


223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:27:13.07 ID:YYWyN4Zr0
なん・・・だと・・・


224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:28:07.43 ID:DIP7zTNt0
え?


228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:30:05.86 ID:RkGcCJlUI
むしろここからが本編じゃないか!


229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:30:13.88 ID:ufkERKq2T
おつおつ


231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:31:58.43 ID:mZjAc6820
乙!!


232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:32:43.84 ID:ZwJ14FJc0
くぅ~疲くぅ~疲


233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:33:21.00 ID:leU1KSlcI
あれ?部内の話なのに誰か一人欠けたままだったような…


235 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:35:55.15 ID:esVkMKQp0
乙!


236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:36:16.00 ID:FYDq+w7b0
くぅ~wおつっしたーw


237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/01/14(月) 00:38:01.96 ID:nfeBapI10
なんで昭和な終わり方やねん


238 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/01/14(月) 00:47:06.49 ID:iDPlydOW0
くぅ~w


転載元

勇太「丹生谷、パンツ貸してくれないか」森夏「は?」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358076917/






中二病でも恋がしたい!  (2) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2013-01-16)
売り上げランキング: 50


関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/01/14 14:43 ]
  2. チョロサマちゃんw
  3. ななし [ 2013/01/14 16:07 ]
  4. 本編みたことないけど、最近のこの作品のssが面白すぎて興味沸いたわ。
  5. 774@いんばりあん [ 2013/01/14 16:41 ]
  6. 最近モリサマーに対するセクハラスレオオスギィィィィィィィ
  7. 名無し [ 2013/01/14 17:36 ]
  8. どうあがいてもモリサマーは被害者
  9. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2013/01/14 18:49 ]
  10. ェーヴでワロタ
    懐かしい
  11. 774@いんばりあん [ 2013/01/15 12:20 ]
  12. ※2
    期待してはいけない(戒め)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング