HEADLINE

澪「はは!梓のおマ○コ大公開だ!!」

2010/09/09 21:18 | CM(7) | けいおん! SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 20:17:02.87 ID:YvABfQm+0
澪「ほーら、梓の貧乳丸見えだぞー」

梓「やだー!澪先輩服返してくださいぃ」

澪「やーだね、べろべろばー」

澪「へーい、服パース」

律「お、おう」

梓「律先輩服返して!」

澪「おっと」ガシ

梓「にゃ!」

澪「お前はさっさとパンツも脱げっての」

グイー

梓「やだー!!」ポロポロ

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 20:18:24.39 ID:asUQDzu30
やだーでワロタ


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 20:24:09.14 ID:YvABfQm+0
澪「へへ、ほらよムギ、梓のパンツほっかほかだぞ」ポイ

紬「わ…えと」ギュ

紬(ほんとだ…あったまるわ)

律「え、えーと、どうするこれ?」

唯「とりあえず少し様子を見ようよ」

紬「……」スンスン

紬(おしっこの匂いがするわ…)ジュン


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 20:33:22.58 ID:YvABfQm+0
澪「はは!梓ー、ついにすっぽんぽんだぞー」

梓「やだやだ!澪先輩酷いですよぉ、なんで……私返事を聞けると思って楽しみにしてたのに…」

澪「ああん、返事だぁ?」

澪「これが私の答えだよ、梓ぁ!!」

梓「にゃぁあああ!!!」

澪は梓の背後から両足をグイとつかみそのまま股を大きく開き、高く持ち上げた。
所謂おしっこシーのポーズである。

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 20:40:12.26 ID:mLi3EzDG0
俺得

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 20:52:10.91 ID:YvABfQm+0
澪「ほら、シーシー」

澪「はは!梓軽いなぁ、ちゃんとご飯食べなきゃ大きくなれないぞー」

澪「はら、シーシーっと」

梓「にゃああ!!おろして下さい!おろしてよぉお!!」ポロポロ

澪「はは!お子様の梓の為におしっこ出す手伝いしてやろうってんだよ!」

梓「やだー!!私もう赤ちゃんじゃないから一人でおしっこできますよぉ」ポロポロ

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 20:59:33.82 ID:YvABfQm+0
律「はは…澪の奴随分と元気だなぁ」

紬「ていうか止めなくて良いのかしら…」

唯「澪ちゃんの暗黒面をかいま見たよ…」

紬「……」

紬「澪ちゃんの唐突な豹変と異常なまでの梓ちゃんへの執着…」

紬「これはいったいどう説明すればいいのかしらね……りっちゃん?」

律「……」

唯「りっちゃん、なにか知ってるの?」

律「……ああ」

律「あれは昨日のことだったよ…」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 21:29:21.26 ID:YvABfQm+0
昨日

律「ええええ!?梓に告白された!?」

澪「う、うん」

律「はぁー、まあ納得っちゃ納得だけどさ」

律「ここ最近の梓が向ける澪への視線はそりゃお熱いものだったからなー、澪しゃん」ニヤニヤ

澪「か、からかうなよ、困ってるんだからさぁ」ハァ

律「で、どうするんだよ、なんて返事するの?」

澪「わ、わかんないよ!どう返事していいかわかんないからこうやって相談したんだろ…」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/07(火) 21:45:06.57 ID:YvABfQm+0
律「ふーん」

律「そういや前もこういうことあったっけ」

律「中学の頃さ、私に告白されたーって泣きついてきてさ」

律「あの時はどうしたんだっけ?結局返事しないままうやむやにしちゃったんだよな?」

澪「うん…」

律「まあ、でも今回はそういう訳にも行かないよなぁ、梓には毎日部活で会う訳だし」

澪「そ、そうなんだよ!だから、下手に断って梓との関係がこじれるのも嫌だし…」

律「ていうかさー、そもそも澪はどう思ってるの?梓の事」

澪「え…」

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 04:17:30.35 ID:7Emdk6HT0
           ペロペロ!
       ペロペロ! ペロペロ!
    ペロペロ! ペロペロ! ペロペロ!
  ペロペロ! ∩   ∩ ノ)   ペロペロ!
 ペロペロ!  川 ∩ 川彡'三つ  ペロペロ!
ペロペロ! ⊂ミ∩、⊂ミ∩彡⊃    ペロペロ!
ペロペロ!⊂三ミ (^ω^) 彡三彡三⊃ ペロペロ!
ペロペロ! ⊂彡川⊂彡川ミ⊃    ペロペロ!
ペロペロ!⊂彡川∪⊃ U川彡⊃   ペロペロ!
 ペロペロ! (ノ ∪  川 ∪ミ)  ペロペロ!
  ペロペロ!      ∪     ペロペロ!
    ペロペロ! ペロペロ! ペロペロ!
        ペロペロ! ペロペロ!
            ペロペロ!

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 05:21:25.07 ID:7Emdk6HT0
律「え?じゃないよ…ちゃんと返事してやらないと」

澪「そうだけど…」

律「ああもう!ウジウジするな澪!」

澪「うん。。」

律「で、梓のことどう思ってる?」

澪「そりゃあ健気で頑張り屋で大事な可愛い後輩だし…」

律「可愛い後輩だし…?」

澪「可愛い後輩だし…好きだよ…」

律「そうか、好きなら断らなければいいじゃん」

 「そうすれば梓と澪の関係がこじれることもないし」

澪「でも梓の好きと私が梓を好きな気持ちは違うものだろうし…」

律「そう…だよな…やっぱり……」

澪「ああ…きっと私が梓の体を求めたとしてもあの真面目な梓は許してくれないだろうし…」

律「………………」

律「あの、みおしゃん??」

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 05:48:14.96 ID:7Emdk6HT0
澪「いくら梓が私に恋愛感情を持っていたとしてもそこまでは無理だろ?」

律「そりゃそうだろうな…」

澪「あーもう!りつぅー私はどうすればいいの…?」

律「え?ま、まあ梓にとって澪は憧れの存在なんだし…」

澪「私が梓の憧れ…」

律「憧れの存在なんだし…なんだし…」

澪「なんだし…?」グイ

律「えと、その、憧れの人に求められるならう、嬉しいんじゃないかなぁ?」ハハハ…

澪「本当か!?律!!」

律「え、え~と…た、多分そうだと思うな…うん、きっとそうだよ」ハァ… (なんか澪が怖い…)



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 05:49:26.35 ID:7Emdk6HT0
澪「そうかーそうだよな」デヘヘ

 「よし!決めた!!明日は梓とエッチだ!!!」

律「あ、おい!そんないきなりはダメだって!」

澪「相談に乗ってくれてありがとなー律」ニコニコ

律「だからダメだって言ってるだろ!!」

澪「じゃあなー律!また明日ー!勇気をくれてありがとー!!」タタッ

律「おい!澪!!」 (聞いてねえし……)

 「大丈夫…ヘタレの澪のことだから本気でやったりはしない…はず…」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 05:52:51.14 ID:7Emdk6HT0
@部室

律「……ということなんだよ」

唯「ま、まさか澪ちゃんがそんな目であずにゃんを見ていたとは…意外」

紬「澪ちゃんはこっちの人じゃないと思ってたのに」

律・唯「こっちって?」

紬「別になんでもないの」

 「あ!」

律・唯「!」

澪「ほら梓のおしっこするとこトンちゃんも見たいってさ!」

 「さっきからおしっこ我慢してたんだろ?」

梓「ふぇ…ふぇ…うっ…」ポロポロ

 「こんなの…私の好きな澪先輩じゃない…」シーチョロチョロ…

梓は涙を流しながら放尿を始めた
そして、その涙と尿はあらかじめ用意してあったバケツの中に溜まっていくのであった

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 05:53:08.59 ID:mlBPWOc70
澪ちゃん変なところで突っ走っちゃうからなぁ

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 06:11:02.67 ID:7Emdk6HT0
澪は大事なことに気付いたのである
梓の「私の好きな澪先輩」の一言で…

澪「!!!」

 「梓…ごめんよ…」

梓「澪せんぱぁい」ポロポロ

澪「私、どうかしてたよ」

 「梓に好きって言われておかしくなってた」

梓「大丈夫です。私の澪先輩を想う気持ちはまだ変わってませんから」

唯「なんか落ち着きそうで良かったね」

律「まったくだよ」

紬「ざんね…よかったわね…」

澪「愛し合うもの同士、特殊なプレーよりも普通だけど激しいプレーの方が良いに決まってる」

梓「ちょっと澪先輩…?」

澪「はは!梓のおマ○コ大公開だ!!」

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 06:15:30.51 ID:7Emdk6HT0
梓「ちょっと待って下さい!!」

 「ひゃぁああああああ」

澪「梓!」
           ペロペロ!
       ペロペロ! ペロペロ!
    ペロペロ! ペロペロ! ペロペロ!
  ペロペロ! ∩   ∩ ノ)   ペロペロ!
 ペロペロ!  川 ∩ 川彡'三つ  ペロペロ!
ペロペロ! ⊂ミ∩、⊂ミ∩彡⊃    ペロペロ!
ペロペロ!⊂三ミ (^ω^) 彡三彡三⊃ ペロペロ!
ペロペロ! ⊂彡川⊂彡川ミ⊃    ペロペロ!
ペロペロ!⊂彡川∪⊃ U川彡⊃   ペロペロ!
 ペロペロ! (ノ ∪  川 ∪ミ)  ペロペロ!
  ペロペロ!      ∪     ペロペロ!
    ペロペロ! ペロペロ! ペロペロ!
        ペロペロ! ペロペロ!
            ペロペロ!

紬(キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!)

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 06:47:53.22 ID:7Emdk6HT0
梓「はぁぁぁぁ……」 (なんか力が抜ける…)

澪「梓、気持ちいいか?」

 「私の精一杯の気持ちだ」

梓「んぁぁぁぁ……」 (澪先輩が私の舐めてるなんて///)

澪(ちょっと舌が疲れてきたな)はぁ…はぁ…

 (でも梓を満足させなきゃ)

 ペロペロ(^ω^)

梓「澪…先輩♥」

澪はペロペロし続けた
澪は長時間、梓のおマ○コをペロペロし続けたのだ
梓は何度も潮をふいた
澪は制服まで梓の潮まみれになりながら、懸命に舐め続けた
しかしその時であった
部室が血まみれになったのは……

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 06:58:29.14 ID:7Emdk6HT0
唯「わわ!大変だよ!!」

律「おい!大丈夫か!?」

澪「ひっ!血ぃ!!」バタン

梓「み、澪先輩!?」

 「あ、力が入らない」パタン

律「なんでいきなりこんなに大量の血が…?」

そう、この血の主は紬である
澪と梓の行為を見ていた紬は興奮しっぱなしだった
そのため、もの凄い量の鼻血を吹きだしてしまったのだ

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 06:59:14.76 ID:7Emdk6HT0
kifj1

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 07:27:48.47 ID:7Emdk6HT0
大量の鼻血を出した紬と一緒に
気絶した澪と梓は保健室へ連れていかれた
しばらく目を覚ましそうにない二人は学校へ泊まることに
紬は超高画質監視カメラを保健室の至るところにセットしてから帰っていった

@保健室

梓「うぅ……」
 「ここは…保健室?」
 「どうして?」

澪「目覚ましたか梓?」

梓「澪先輩…私達…」

澪「気絶してたみたいだな」

梓「いつの間に…」

澪「ムギが私達の…え、エッチをみて鼻血をだして…///」
 「その血で私は気絶したらしい…」

梓「あの血はムギ先輩の…」
 「私はいつ気絶したんですか?」

澪「律からのメールだけどあの時梓は逝っちゃったらしい」

梓「たしかに澪先輩の気持ち良かったです///」

澪「あ、ありがと///」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 07:30:36.30 ID:7Emdk6HT0
梓「あの澪先輩…」

澪「なんだ?梓?」

梓「なんであんなおしっこシーとかやってきたんですか?」

澪「よくわからないんだ…」

 「でもたぶん梓と体を重ねたいと思っててその想いが暴走した結果だと思うんだ」

梓「そ、それなら許してあげるです」

 「私本当に恥ずかしかったんですからね///」

澪「ごめんな梓…」

梓「もう大丈夫ですよ」

  「ところで澪先輩…」

 「なんでベッド余ってるのに私のベッドにいるんですか?」

澪「…………だって」

 「夜の学校とか怖いから……」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 08:01:33.89 ID:7Emdk6HT0
梓「まぁそうですけど…」
 「あと身動きとれないんですけど…」

澪「だって寒いだろ?」

梓「それは全裸だからじゃないですか?」

澪「梓のせいで制服がびしょびしょだからな」

梓「すみません……って澪先輩が襲って来たんじゃないですか…」

澪「……」

梓「あ、ちょ!さりげなくどこ触ってるんですか!?」///

澪「なぁ梓も寒いだろ?」

梓「はい……寒いです……」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 20:31:46.70 ID:7Emdk6HT0
>>57

澪「あれ…?なんでする前からこんなに濡れてるんだ?」

梓「だって…大好きな澪先輩にずっと抱きつかれてたんだって思ったら嬉しくなっちゃって///」ハァハァ

澪「ひゃっ!いきなり…揉むな!」///

梓「澪先輩の柔らかいです」

 「大きくて感度もいいんですね」ペロペロ(^ω^)

澪「ちょっ…吸わないでぇ…♥」

梓「澪先輩だっていきなり私のこと襲いましたよね?」

 「澪先輩は何されても文句言えませんよ?」

澪「や…だ…♥」

梓「やっぱり澪先輩はSじゃなくてMですね」

澪「猫みたいな顔のしてるくせに…///」

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 20:42:48.02 ID:7Emdk6HT0
@琴吹家

紬「んっ?」

 「は、始まったわ!!」

 「あ~あ~澪ちゃんが仕返しをうけてるわね」

 「私は分かってたわよ。梓ちゃんにはそのけがあったこと」

 「さあ!私に魅せてちょうだい!!美しい愛を!!!」

斉藤「失礼します紬お嬢様」

  「もう夜も遅いので少々静かにしてもらえ…」

紬「うるさい!お取り込み中に話かけるなって言ってるでしょ!」

斉藤「…………」

紬「梓ちゃんそこよそこ!もっとやりなさい!」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 21:00:44.35 ID:7Emdk6HT0
@保健室

梓「あれ?澪先輩ったらもうふらふらですか?」ニヤニヤ

澪「そんなこと…」はぁ…はぁ…

梓「私をもっと楽しませて下さいね」♦♦

澪「あっ♥そんなとこ触らないで///」

梓「澪先輩可愛い顔してますね…」ウットリ…

 「もっと激しくしたくなっちゃいます!」

澪「んっ!…もう…ダメ……」はぁ…はぁ…

梓「澪先輩って意外とヘタレなんですね」ペロ

 「キスもしたくなっちゃいます」ハァハァ

澪「んんんっ!…………んっ…………はっ…………」

梓「は…………は…………はぁ…………」

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 21:04:10.36 ID:LPVigHjD0
ムギちゃんの反応がおもろいww見てるだけなのがまた良いw

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 21:07:36.30 ID:88dQLxqU0
けいおんSSでの沢庵の扱い

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 21:16:15.12 ID:UnbxamPw0
あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 21:18:16.70 ID:7Emdk6HT0
@琴吹家

紬「なんて濃厚でとろけるようなキス…」

 「それでいてなんて激しいのかしら…」

 「梓ちゃんがあんな凶暴な子だったなんて…」タラ…

 「あ、鼻血が…」フキフキ

 「シェフに頼んで鉄分たっぷりのディナーにしてもらって良かったわ」

 「それにしても梓ちゃんったらあんなに嬉しそうにはしゃいじゃって…」

 「よっぽど澪ちゃんの体に興奮しているようね」

 「私だったらあんなに激しくされたら失神してしまうわ」

 「さて、澪ちゃんは意識を保っていられるのかしら?」


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 21:32:21.83 ID:7Emdk6HT0
何分間そうしていたのであろうか
梓は澪の口の中へ舌を滑り込ませ、澪の舌に絡ませた
澪はなす術もなくされるがままに、呼吸をするだけで精一杯だった…

@保健室

澪「ぷはっ!……こ、殺す気か!」

 「全然…息…出来なかったんだからな」はぁ…はぁ…

梓「なに言ってるんですか?」

 「これからじゃないですか澪先輩♥」

澪「梓が怖い……」

 「もうあずにゃんとかいう猫じゃない!じゃじゃ馬だ!」

梓「じゃ、じゃじゃ馬とは失礼な!」

澪「じゃじゃ馬梓…」ボソッ

梓「そうですか…澪先輩はそんなに全身くまなく開発して欲しいんですね?」

澪「ち、ちが…」


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 21:43:25.67 ID:7Emdk6HT0
@琴吹家

紬「さすが澪ちゃん!意識を保っていられたのね」

 「気絶されちゃったらつまらないもの……」

 「それにしても澪ちゃんは本当にMね」

 「あんなこと梓ちゃんに言っちゃて…」

 「あれじゃあおねだりしてるようにしか聞こえないわ」

 「あんな風に怯える澪ちゃんってば…」

 「ゾクゾクするほど可愛いわね///」

 「さぁ!やるのよ梓ちゃん!!」ドボ

 「あ、また鼻血が…」

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 21:59:56.32 ID:7Emdk6HT0
@保健室

梓「何が違うんですか?」

 「そんなもの欲しそうな顔をしてるっていうのに」

澪「い、いや全身くまなくって一体何するんだ?」

梓「そうですねぇ…」

 「具体的にはまず~~~します~~~して~~~もします~~~そして最後は~~~ですね」

梓は澪に何をするのか顔色一つ変えずに冷静に事細かに話した
澪は梓の話を聞いて一言言った

澪「やだ!!」

梓「そんなこと言ったっておしっこシーよりも変態的じゃないですよ?」

澪「いくら梓にされるのでもそれはちょっと…」

梓「もう澪先輩ったら素直じゃないですね」ニコッ

澪「梓の…その不敵な笑みが怖い…」

梓「やだなー澪先輩だって弄られるの好きなくせに…」クチュ…

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 22:11:22.79 ID:7Emdk6HT0
澪「!」

 「や、やられる前に私だって!」

梓「そうはさせませんよ澪先輩!!」

澪「あぁ…あ、梓の指が…入って…くる……」///

梓「ふふ、私の勝ちですね」

澪「私の負けでいいからもうおしまいに…」

梓「もう澪先輩ったら…」

 「まだまだ…こ!れ!か!ら!!」

澪「や♥や♥や♥やだ!!」

 「ストップ!逝っちゃう!!止めて!!!」

梓「そうはいきません!」

 「私に火をつけた責任はしっかりとってもらいます!」

 「私のこの疼きが治まるまでは離しませんからね!」

澪「ひぃぃぃぃぃぃ!!」><

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 22:35:56.55 ID:7Emdk6HT0
梓「逃げてようとしても無駄です」

 「この暗い夜の保健室のベッドから澪先輩が逃げられるわけがないですし」

 「あ、澪先輩あそこ見てください」

澪「ミエナイキコエナイミエナイキコエナイ…」

梓「人体模型が保健室にあるくらい普通のことじゃないですか…」ニヤニヤ

澪「うぅ…………」ウルウル

梓「どうしたんですか?」

 「いきなりおとなしくなっちゃって」フフフ

澪「梓…怖いの…忘れさせて……」

梓「はい!やってやるです!」

124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 22:53:34.55 ID:7Emdk6HT0
澪「ありがと…梓……」

梓「最初から素直になればいいんですよ澪先輩♪」

澪「梓…早く…来てよぉ……」ウルウル

梓「もうワガママですねぇ…」

 「そのかわり今まで嫌がった分激しくいきますからね」

澪「え?どういうこと?」

 「澪先輩覚悟!!」

澪「え?ちょ…その構え…それだけは…やd(ry…」

梓「はは!澪先輩のおマ○コ大公開です!!」

↓こんな感じの顔で
aqwy7z

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 23:01:24.80 ID:nUEbkJwjQ
はは!www

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 23:17:04.68 ID:7Emdk6HT0
@琴吹家

紬「梓ちゃんよくやったわ本当に」

 「梓ちゃんの勝ちよ勝ち!!」

 「うわぁキレイなピンク色ね…」

 「ん?梓ちゃんが右手に持ってるものは?」

 「まさか…」ドプドプ

 「あれで一つに?」ドパドパ

*18禁 http://blog-imgs-42.fc2.com/i/n/v/invariant0/ffgw11.jpg

紬「キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!」ドボドボ

 「嗚呼素晴らしいものが見れて幸せだったわ……」ドパー

 「もう…限…界…」

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 23:20:07.18 ID:uR9dq+j1P
そこおマ○コやない ケツ穴や

135 >>131ちょうどいい画像がなかったorz :2010/09/08(水) 23:39:34.80 ID:7Emdk6HT0
@保健室

澪「い、痛い…」><

梓「み、澪先輩初めてですか?」

澪「うん…」

 「だけど…梓になら……」モジモジ

梓「澪先輩…」

澪「そ、そういう梓こそどうなんだ///」

梓「初めてをあげるなら…澪先輩にって決めてました///」

 「そ、それじゃあいきますよ///」

澪「そうか///…っていきなり激し…痛っ!…あ♥」

梓「これくらいで逝かないでくださいよ澪先輩!!」

 「まだまだ夜は長いんですから!!」

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/08(水) 23:58:00.00 ID:7Emdk6HT0

―――――――――――――――――――――――――――――――――


――――――――――――――――

梓「もうすっかり朝ですね……」

澪「…………」

梓「あの…澪先輩……」

 「調子に乗り過ぎてすみませんでした…」

澪「…………」

 「梓…」グイ

梓「へ…?」///

kigh321

澪「好きな人同士が結ばれたんだ」

 「何にも謝ることなんてないだろ?」

梓「はは……澪先輩大好きです!!」

                   ~END~

138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/09(木) 00:00:27.33 ID:YBBCQW9G0
>>137
よくがんばった!よくやった!
テキスト全部保存した。

139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/09(木) 00:02:25.95 ID:KoWTLCYQQ
>>137
乙にゃん!
やっぱり澪ちゃんはヘタレだけどかっこよくなきゃな

140 137 :2010/09/09(木) 00:10:42.44 ID:DiOTIChk0
今更言うのも悪いんですが自分は>>1じゃありません
せっかくの澪梓のSSスレなのにこのまま落ちるのももったいないなあと思う気持ちと
最近は立ったけど落ちたり完結しなかったりだったので勝手に乗っ取りました
今度書くときは自分でスレ立てて澪梓か唯澪書きます

141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/09(木) 00:12:03.26 ID:0Ye/IA9d0
>>140
気づいてたけど普通にウマかったぜ!

143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/09(木) 00:16:23.19 ID:Ep1oEID80

澪あずでお願いします

146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/09(木) 00:23:02.47 ID:+vq3eZ1f0
>>140
乙!
唯澪も期待してる

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/09(木) 00:24:41.91 ID:KoWTLCYQQ
乗っ取りだと?
面白ければいいんだよ
面白かった!

148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/09(木) 00:28:31.10 ID:/hNLKz2U0
前髪パッツンの唯澪書いた人かな?
次も期待してる



149 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/09(木) 00:39:03.45 ID:DiOTIChk0
>>148
そ、そうだけど…
なんでわかるんですか?
まああの時は書き溜めあったけど
PC規制で携帯からだったからとっちらかったし
今回も乗っ取りだったし
いつかまともにSS書きたいと思います

なんにしても読んでくれたみなさんありがとうございました
おやすみなさい

関連記事
2010/09/09 21:18 | CM(7) | けいおん! SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2010/09/09 22:15 ]
  2. ふう…

    ふう…

    ペロペロ(^ω^)
  3. 774@いんばりあん [ 2010/09/09 23:32 ]
  4. 乗っ取りなのか、気付かなかった
    それにしてもなんていう俺得、そして紬得
  5. 774@いんばりあん [ 2010/09/10 00:31 ]
  6. すさまじいなww
    シーのポーズワロタ
  7. 道化師 [ 2010/09/10 17:56 ]
  8. 18禁けいおん!! v-13
  9. 774@いんばりあん [ 2010/11/05 23:20 ]
  10. 中野カーチャ…
  11. ジン=キモスギ [ 2011/01/12 23:39 ]
  12. 挿絵神
    抜いた
  13. めひぬ [ 2012/09/20 13:02 ]
  14. むへにね!!ものせす
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング