HEADLINE

P「添い寝、一回500円です」

2013/02/08 23:57 | CM(5) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:20:06.59 ID:Yr1x770V0
P「ふむむむむ…」

小鳥「どうしたんですかプロデューサーさん、新聞見ながら変な声だして」

P「いえこの記事ですよ…なんだかなぁって」

小鳥「どれどれ…『巷で話題の添い寝専門店!』…ほう」

P「添い寝が商売になるなんて…なんかこう…すごいですよね」

小鳥「ほんとうですねぇ…こんなのが商売になるんだ」

P「ほかにもお尻枕とか、よくわからないオプションを付けれるそうですよ」

小鳥「ふむふむ…基本料金は安く、オプションで毟り取ると…怖いですねぇ…」

P「まったくです、これにお金を払う人たちもちょっと信じられませんけどね」

小鳥「んー、なんとなく気持ちはわかりますけどね。人肌恋しいみたいな」

P「まぁ、そうなんでしょうけど…なんだかなぁ…」

小鳥「………」

P「………」

小鳥「………やってみませんか?」

P「へ?」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:25:36.38 ID:Yr1x770V0
小鳥「い、いやあのですね!ほらこの事務所男の人はプロデューサーさんだけですし!」

小鳥「もしかしたらプロデューサーならできるんじゃないかな!って!あはは!!」

P「…あ、あははっ!おもしろいこといいますね音無さん!」

P「これはほら、世の中の男性がお金を払って女性にしてもらうことで成り立つんですよ?」

P「こんなおっさんがやったってどうしょうもないじゃないですかっおかしいなぁ!」

小鳥「私より若いのにおっさん…」

小鳥「…できますよ!やってみましょう!できなかったらなんでもしますよ!ええ!!」

P「ちょ、そんなにむきにならなくても…」

小鳥「いいですか!私がいろいろと準備しますから!料金表とか作ります!」

P「え」

小鳥「明日から!やりますよ!!ええ私はやりますよ!!糞っ!!」

小鳥「添い寝屋の始まりです!!やれよ!!」

P「…は、はい」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:29:53.24 ID:Yr1x770V0
翌日

P「えーっと…それじゃあ」

小鳥「はい、今日からやってもらいますよ添い寝屋」

P「本当にやるんですか…絶対アイドルに嫌われるだけですって…」

小鳥「いいえ大丈夫です!絶対に成功します!」

小鳥「さて、場所はこの事務所にあるソファーでお願いします、実はこれ…」

P「あ、背もたれが倒れてベットみたいに」

小鳥「はい、そしてこのソファーの裏にある隠し収納のなかには敷布団と肌かけ羽毛布団が!」

P「いつのまにこんなものを…」

小鳥「はい、お布団の完成です」

P「…ここでやれと?」

小鳥「ええ、私はばれないように隠れてますから、来たアイドルにしてあげてくださいね」

小鳥「あ、料金はこの豚さん貯金箱にお願いしますね」

<ガチャ

小鳥「来ましたね!では」シュタッ


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:32:55.72 ID:Yr1x770V0
P「え!音無さん!…き…消えた…」

春香「おはよーございまーす!!」

P「お、おう春香、おはよう」

春香「おはようございますプロデューサーさん!今日も寒いですねー…って」

春香「…どうして事務所にお布団が?」

P「はは…なんでだろうな……ん?(天井裏に隙間が…)」

小鳥「(添い寝屋はじめましたって言いなさい!)」カンペ

P「えー…っと、添い寝屋はじめました」

春香「!?」

P「あ…、はぁ…もういいか」

P「添い寝、1回500円です」

春香「!?!?!?」


20 過去のこういうネタSSの作者とは別人です、ごめんなさい :2013/02/05(火) 20:36:05.99 ID:Yr1x770V0
P「…そういうことなんだが、やるか?」

春香「え、ちょ、ちょっとなに言ってるかわからないんですけど!」

P「いやだからそこの布団で、添い寝」

春香「誰と?」

P「俺と」

春香「私が?」

P「春香が」

春香「………」

P「………」

春香「」ボンッ

P「春香!?頭から湯気でてるぞ!!」

春香「あはは、なんでもありませんよなんでも」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:39:18.32 ID:Yr1x770V0
春香「えーっと、500円ですよね?じゃあはい」チャリーン

P「お、おう…本当にやるんだ」

春香「い、いやためしにですよ!?ためしに!」

春香「ちょうどお財布に500円玉があったしそういえば昨日ちょっと寝つきが悪くて寝不足かなーなんて!」

春香「それにまだ寒いですしお布団見るとついつい入りたくなりますもんね!ね!」

春香「さぁ入りましょうさっさと入りましょうよろしくお願いします」

P「あ、はい。よろしくお願いします」

P「えっと…」

小鳥「(先に布団に入ってください)」

P「じゃあ…先に入るな」モゾモゾ

P「…その、なんだ、おいで?」

春香「…し、失礼します」モゾモゾ


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:43:04.40 ID:Yr1x770V0
P「………」

春香「………」

P「な、なんだかな!あはは!」

春香「な!なんなんでしょうね!なんで私事務所にきてプロデューサーとお布団に入ってるんでしょう!あはは!」

P・春香「あははははは!!」

P・春香「(なんだかすごく恥ずかしい!!)」

春香「…えっと、その添い寝って…どうすればいいんですかね」

P「いや俺にも…」

ヒラリ

P「ん?なにやら紙が落ちてきた」

P「えーっと…基本料金500円は同じ布団に入ったままのみです、触ってはいけません」

P「そのほかすべて(例:腕枕など)はオプションでベット料金をいただきます」

P「…だそうだ」

春香「お財布今いくら入ってたかな…ひーふー…」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:46:00.99 ID:Yr1x770V0
P「…ど、どうする?」

春香「えっと…じゃあその…まず手握ってもらっても…いいですか?」

P「お、おう」ギュ

春香「…え、えへへ…な、なんだかいいですね…これ…」

P「そ…そうだな…なんだか安心するな」

春香「は、はい………」

春香「…もうちょっとそっちによってもいいですか?」

P「お、おう…」

春香「じゃ、じゃあ…よいしょ、よいしょっと…」

P「………」

春香「…あ、あはは…肩…ぶつかっちゃいましたね…」

P「(顔が近い)」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:46:34.01 ID:qhJFd39TO
寝るとき全裸のじぶ響さんはどうしたらいいの?


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:49:06.50 ID:Yr1x770V0
春香「……」スーハー

P「……」スーハー

春香「(プロデューサーさんの息遣いがしっかりわかる…)」

春香「(なんだか…いいなぁ…これ…)」

春香「…プロデューサーさん…もうひとつ…オプションいいですか?」

P「おう、なんだ春香」

春香「…私のほうを向いて…その…頭なでてください…」

P「!?」

春香「できればその…名前も読んでもらえると…うれしいかなって…」

春香「その…だめですか?」

P「………」

春香「………」

P「…商売だからな、問題ない」

春香「はい!じゃあその…」

P「うむ…では」クルッ


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:52:03.99 ID:Yr1x770V0
P「………」

春香「…(プロデューサーさんの瞳のなかに…私がいる…)」

春香「(すっごい顔赤い…どうしよう…でも、なんだかそれも気持ちいいかも…)」

P「じゃ、じゃあその…失礼して…」

春香「は、はい!その…おねがいします」

P「じゃあ…」

ナデナデ

春香「!!」ビクッ

P「!?つ、強かったか!?」

春香「い、いえ…ちょっと驚いちゃっただけで…その…も、もう一度お願いします」

P「おう…やさしく…やさしく…」ナデナデ

春香「ふぁ……」

P「春香…」

春香「あぁ…え…えへへ…」

春香「(すごい…いいなぁ…)」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:55:52.13 ID:Yr1x770V0
P「春香…いい子いい子…」

春香「えへへ…はい…は…い…」

P「……春香?」

春香「な…なんだか安心しちゃって…眠くなってきちゃいました…あはは」

P「…だったら仕事まで寝ちゃってもいいぞ、起こしてやるから」

春香「ほんとうですか?じゃあ…寝ちゃおうかな…なんて…」

春香「あ!その…私が寝ちゃうまで…頭は…その…」

P「ああ、なでておくよ…俺も気持ちいいしな」

春香「えへへ…プロデューサーさん…変態さんですね…」

P「…ほっとけ」

春香「…ふぅ……ぷろ…でゅー…さー…さん…す………くぅ…」

P「………」

春香「Zzzzz....」

P「…春香」

小鳥「寝ましたね」


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:59:41.44 ID:Yr1x770V0
P「!?!?」

小鳥「私が甘かったです、これ時間制限設けないとまずいですね」

小鳥「おもに私が、天井裏で死にたくはありません」

小鳥「あ、静かにしてくださいね…起こしたくないですから」

P「は、はい…」

小鳥「えーっと…じゃあ料金の精算だけしてしまいましょう」

添い寝基本料金 500円
+手を握る     500円
+接近(肩がぶつかるくらい)  500円
+目と目を合わせる 1000円
+頭なでなで    1000円
+名前を読んでもらう 1000円
+寝落ち       3000円

計  7500円

P「…たっか」

小鳥「このくらいあたりまえです…私の肉染みに比べればやすいもんですよ」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 20:59:41.90 ID:HD3jKcmo0
雪歩かわいいよ雪歩


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:01:28.06 ID:xYbpVAQgP
小鳥さんの肉染み:プライスレス


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:01:57.11 ID:jZSJgf85O
ゃょぃが息してない


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:02:30.10 ID:Yr1x770V0
小鳥「じゃあ、春香ちゃんは私が預かりますね」

P「え?どうするんですか?」

小鳥「寝袋を用意してあります、そこに入れておきますね」

P「ええぇ…」

小鳥「プロデューサーさんはほら、これリセッシュと氷嚢!」

P「これで何をしろと?」

小鳥「消臭と熱を冷ますんですよ!」

小鳥「次のアイドルが前に入ってた子の臭いとか、ぬくもりとか感じちゃったらかわいそうじゃないですか!」

小鳥「あくまでも、あの布団のなかでは二人の世界なんですからね!」

P「は…はぁ…」

小鳥「ほら、きりきりやってください!次の子来ちゃいますよ!」

P「りょ、りょうかいです…」シュッシュ


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:05:29.37 ID:Yr1x770V0
P「こんなもんかな…」

小鳥「こっちも春香ちゃんを蓑虫にしてきました」

P「はぁ…」

小鳥「あとこれ、タイマーです」

P「タイマー?」

小鳥「はい、500円でいつまでもいちゃいちゃちゅっちゅされちゃ困りますから」

小鳥「500円5分!いいですか?」

P「み…短くないですか?1分100円って…」

小鳥「そんなことはありません、むしろ安すぎるくらいです」

P「いやでも…」

<ガチャ

小鳥「では、次もお願いしますよ」シュタッ

P「はぁ…」


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:05:47.76 ID:ni2rH6H30
Pが払うべきだな


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:09:01.25 ID:Yr1x770V0
千早「おはようございます、プロデューサー」

P「千早か…おはよう」

千早「今日はこれから歌のレッスンですね、それまですこし時間を…」

千早「…布団?」

P「…えっと、添い寝、1回5分500円です」

千早「…は?」

P「いやだから添い寝、1回」

千早「いやわかってます、聞こえてましたから、だからいいたいんです、は?」

P「…お気持ちは大変わかりますはい」

千早「これはなんの冗談なんですか?」

P「…ちょっと商売を始めてみようかなって…」

千早「事務所のなかで?」

P「はい…」


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:12:38.60 ID:Yr1x770V0
千早「………」

P「や、やっぱりだめだよな!うん!やめようやめ」

千早「はい、これで」チャリーン

P「…はい、ではお先に失礼します」モゾモゾ

千早「では私も失礼して」モゾモゾ

P「………」

千早「…これって、どこまでやっていいんですか?」

P「ど…どこまでとは?」

千早「添い寝ってどこまでが添い寝なんでしょうか」

P「さ…さぁ…あ、オプション表ならここに」

千早「貸して下さい」

P「はい」

千早「………」

千早「(なんだ、セッ●スは無いのね)」


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:13:35.13 ID:HD3jKcmo0
千早はえっちだなぁ!


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:14:45.56 ID:si4uiUMe0
痴早じゃねーかw


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:15:27.97 ID:Yr1x770V0
P「…(めっちゃにらんでる、料金表めっちゃにらんでる)」

千早「………」

P「…あ、あの千早さん?どうしましょうか」

千早「じゃあとりあえずこの」

<Pipipipipipipipipipipipipi

千早「………」

P「………時間だな」

千早「………はっ!!」

P「こ、これは樋口さん!!」

千早「…私の気のすむまで、これで」

千早「足りなかったらあとからお支払いします」

P「…はい」ポチリ

千早「じゃあオプションお願いしますね」


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:19:00.13 ID:Yr1x770V0
千早「とりあえずこの抱きしめで」

P「えーっと、はい」

千早「位置はプロデューサさんのあごがちょうど私の頭頂部にくる感じでおねがいします」

P「こ、こうかな」ギュ

千早「…わるくないです」

千早「(プロデューサーの胸板プロデューサーの胸板プロデューサーの胸板)」

千早「~~~~~~っ!!」ハスハスハス

P「…(なんだかすんごいことされてる気がする)」

千早「プロデューサー、頭なでてください、名前とあと可愛いって言いながら」

P「お、おう」

P「千早…可愛いよ…」ナデナデ

千早「…ふにゃ…」

千早「(天国は…ここにあったのね)」


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:19:53.24 ID:KwB13lW5O
ちーちゃん初っ端からフルスロットル


81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:20:45.94 ID:8/p6kV9aO
手遅れだ


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:22:55.53 ID:Yr1x770V0
P「…髪が長いと撫でがいがあるな…」

千早「そ、そうですか?」

P「うん…さらさらしてこっちもなんだか気持ちがいいよ…」サラサラ

千早「…ふふ、それは…よかったです」

千早「えっと、じゃあ私から抱きしめるオプションで」

P「え」

千早「…え、えい」ギュ

P「」

千早「(あったかいわ…)」

千早「(今私はプロデューサーに抱きしめられながら名前を呼ばれ)」

千早「(そして可愛いとまで言われて私も抱きしめて…)」

千早「(いけないわ)」

千早「鼻血でそう」

P「え」


86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:24:18.37 ID:6Rzq5X6B0
>>85
>千早「…え、えい」ギュ
可愛すぎ剥げた


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:26:30.81 ID:Yr1x770V0
千早「冗談です」

P「さ、さすがに鼻血はその…スーツに付いたらいけないから…な?」

千早「………では、そのスーツ脱ぎましょう」

P「へ?」

千早「ちゃんとオプション表に書いてありますから、スーツ上着脱ぐって」

P「oh…」

千早「さぁ!!早く脱いで!さぁさぁ!!」

P「…は、はい」ヌギヌギ

千早「(私の目の前でプロデューサーがスーツを脱いでいく…)」

千早「(な、なんという背徳感!!アイドルとしてあるまじき状況!!)」

P「う…上着…ぬいだぞ」

千早「では先ほどと同じ状態になりましょう」

P「お…おう」


92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:28:26.24 ID:Bu6JQvR70
新しい!!


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:29:03.90 ID:WSXrmO9D0
なんかいろいろ間違った方向に…



いいぞもっとやれwwww


99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:31:14.22 ID:Yr1x770V0
千早「じゃあ…はい、抱きしめてください」

P「…じゃあもういちど失礼して」

<Pipipipipipipipipipipip

千早「なぜ!!」

千早「そこまでまだ時間はたってないはずよ!!」

小鳥「千早ちゃん、残念だけど」

千早「音無…さん…?」

小鳥「もう…千早ちゃんのもってる現金じゃたりないの」

千早「な…なんですって…」

小鳥「えっと…清算するわね?」

添い寝基本料金 500円+20分2000円
+頭なでなで    1000円
+名前を読んでもらう 1000円
+抱きしめ 5000円
+抱き返し 3000円
+スーツ(上着)脱ぎ 10000円 

計 22500円


101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:31:41.00 ID:Ln8d5M6Z0
高すぎワロタ


103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:31:57.94 ID:jRHWJdwM0
たけーよ


110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:34:31.86 ID:TCM6kcGj0
下手すると尻枕より高いぞw


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:34:38.82 ID:XV/m1eoL0
高すぎwwwwwwwwwwww


116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:35:51.58 ID:Yr1x770V0
千早「…くっ…確かに私の財布には2万3千円しか入って…」

P「結構入ってるなおい」

千早「今日は仕事のあとにCDショップにでもよろうかと思ってたので…」

小鳥「…このお店は現金一括払いよ、ツケもカードも利用できないわ」

千早「…くっ!!プロデューサーを脱がしてこれからだというところだったのにっ!!」

P「え」

小鳥「衣装関係は特に高いのよ…残念だったわね」

千早「…で、では残りの500円で…添い寝…5分…」

千早「おねがい…します…」

小鳥「…まいど」

P「え、最後の500円だぞ!?」

千早「いいんです!!…さぁ…布団に入ってください…」

P「千早…」

千早「早くっ!!」


119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:39:00.93 ID:Yr1x770V0
P「…」モゾモゾ

千早「…」モゾモゾ

小鳥「…触れたりしちゃだめよ」

千早「…わかってます…」

P「………」

千早「…くっ…ううぅ…悔しい…」ポロポロ

千早「どうして私は今日もっと現金を持ってこなかったの…」

千早「…優…ふがいないおねえちゃんを許して…私は…私は…」

P「…お、音無さん」

小鳥「なんでしょう」

P「お、俺から勝手にやる分には…サービスってことで…いいですか?」

小鳥「………」

P「………」

小鳥「…今回、だけですからね」

P「…はい!」


125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:42:26.80 ID:Yr1x770V0
千早「私は…なんで…」ポロポロ…

P「千早」ギュ

千早「ふぁ!!プロデューサー!!なんで!!」

千早「わ、私もうお金なんてありませんよ!だめ!だめですって!」

P「いいんだ、これは俺が勝手にやってることだから…サービスだ」

千早「ぷ…プロデューサー…」

P「…千早…」

千早「ぷろ…でゅー…さー…」

小鳥「はいストップー!!」

小鳥「(あっぶないあぶない、このままだとちゅっちゅされるところだったわ…)」

小鳥「はい、サービスもここまで、終わりですよ終わり!」

P「…千早、またな」

千早「………はい!」

小鳥「…じゃあはい、千早ちゃんもこっちね」


126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:43:26.82 ID:jPy0A7CL0
寝袋にはしまわれるのかよw


128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:44:37.55 ID:5y5YQQmM0
どんどんしまっちゃおうねぇ


130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:45:28.53 ID:Yr1x770V0
P「……千早は?」

小鳥「プロデューサーさんの臭いがする寝袋だって言ったら喜んで入ってくれましたよ」

/ハスハスハスハスハスクンカクンカクンカクンカンハッー\

小鳥「ね?」

P「………またなって言わなきゃよかったかな」

小鳥「ほら、プロデューサーさんスーツの上着」

P「あ、はい」

小鳥「…はぁ…乙女の欲望を甘く見てたかしら」

P「…あ、あの音無さん…これちなみに俺どこまで脱がされるオプションなんでしょうか…」

小鳥「え?全部ですよ?」

P「え」

小鳥「もちろんパンツまで」

P「」


134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:46:21.26 ID:hb4UfMmEO
しまっちゃうおばさん


140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:48:19.38 ID:Yr1x770V0
P「え、いやそのあの」

小鳥「大丈夫ですよ、アイドルの子たちを信用できませんか?」

P「………」

/ンハークンカクンカスーハースーハー\

小鳥「………」

P「………しんじ…なんですって?」

小鳥「はい、じゃあベット整えてくださいね」

P「音無さん!?」

小鳥「Hahahaha,ダイジョーブシンパイナイデース」

P「………みんなの良心にかけよう」

<ガチャ

小鳥「あ、次のお客様ですね!お願いしますよ!」シュタ

P「お客様って…」


144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:51:12.88 ID:Yr1x770V0
真「おっはよー!ございまーす!」

P「おう、おはよう真」

真「へへ!今日も元気に行きますよ!プロデューサー!」

P「ああ…そうだな、元気に行きたいよ」

真「なんだか元気ないですね、疲れてるんですか?」

真「それならちょっとソファーで休んでも…って」

真「え?」

P「あ、気が付いたか」

真「な…なんで事務所に布団が…」

P「えーと…そのなんだ」

P「添い寝、一回500円です」

真「…え」

真「えええええええええええええ!?」


145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:51:18.81 ID:nFaUf8TO0
小鳥さんがエリートヤンキー三郎の河井にしか見えない


152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:52:42.72 ID:mTlQZdrQ0
まっこまっこりいいいいいん!!


160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:55:23.93 ID:Yr1x770V0
P「その…やる?」

真「そ…添い寝ってそのあの…べべべべっとに…一緒に入ってその…あれですか!?」

P「たぶんそのアレです」

真「なっなっなにやってるんですかプロデューサー!だだだだめですよそんなの!!」

P「いやまぁ、やらなくてもいいぞ?お金もかかるし」

真「うぐ…」

P「それにこんなおっさんと添い寝なんて嫌だろうしな」

真「いえそういうわけじゃ…」

P「あ、ちなみにこれ料金表だから」

真「…一応参考までに…」

真「………ふむふむ…!?」

P「な?結構かかっちゃうからさ…むしろやらないほうが俺的にも」

真「やります」

P「へ?」

真「添い寝お願いしますっ!!」


164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 21:59:02.77 ID:Yr1x770V0
P「…な、なにか気になるのがあったのか?」

真「え、あ…その…えへへ…はい」

P「そ…そうか…じゃ、じゃあここにとりあえずお金たのむな」

真「うう…今日そんなにお金持って来てないんだよね…とりあえず1000円で」

P「はい、10分な、じゃあ俺先に布団に入るから」

真「ま、待ってください!」

P「でもそういう流れで」

真「こ、この!このオプション!お願いします!!」

P「…どれだ?」

事前オプション:お姫様抱っこでベットin
          +4500円

P「………」

真「あ、あはは!やっぱりこういのあこがれちゃうかなーって!あはは!あははははは!」

真「あはは…その…だ、だめですか?」

P「い、いや別に問題ないが…」

真「じゃ、じゃあその…お願いします」


171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:02:33.62 ID:S98yITo2O
もうちょい良心的値段を…


173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:02:55.20 ID:Yr1x770V0
P「…わかった、じゃあ行くぞ」ヒョイ

真「わ!」

P「…思ったよりも軽いな」

真「…それ、どーいう意味ですか」ジトー

P「あ、いやへんな意味じゃなくてな!その」

真「へへっ!わかってますよ~…じゃあ…お願いしますね?」

P「おう、任せろ」

真「(はぁ…お姫様抱っこで男の人にベットまで運んでもらえるなんて…)」

真「(まるで僕がいつも見てる夢みたいだ…幸せ…)」

P「ついたぞ、距離なんて数mもないからな」

真「残念なことは距離がないことか…」

P「じゃあ…よっと」

真「へへっ…ありがとうございました!」

P「いやこっちもどういたしまして」


168 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:01:17.08 ID:wqMvCPMf0
やよい「1分100円……」

やよい「12秒だけ、お願いします!」


178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:06:01.29 ID:OBZDt9ta0
>>168
おいやめろ


179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:06:42.22 ID:Yr1x770V0
P「じゃあ俺も失礼して」モゾモゾ

真「ほ…本当に添い寝…するんですね…」

P「ああ、そういう商売だからな」

真「…えっと…残り財布にあるのは…3000円くらいか…」

真「なにができるかな…っと」

P「あ、あんまり悩むとその…時間もくるからな」

真「うわ!そうでした…10分しかないんですよね!うーどうしようかなぁ!」

P「ど、どうする?」

真「じゃ、じゃあその…この…腕枕でお願いします」

P「お、おう…じゃあちょっと腕伸ばすな」

P「…はい、どうぞ」

真「じゃあ失礼して………へへっ…」

P「ど、どうだ?」

真「うーん、ごつごつしてますね!」


183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:10:22.50 ID:Yr1x770V0
真「でも…なんだかそれが…いいかなって…」

P「そ…そうか…」

真「はい!…プロデューサー?」

P「なんだ?」

真「…またこれ、やってくれますよね?」

P「…わからん」

真「…また、お姫様だっこ…してほしいかなって」

真「それに…まだまだやりたいオプションもありますし」

真「…頑張ってアイドルやろう!そしてオプションつけまくってやるんだ!」

P「そういう原動力でアイドルやるのはどうなんだ…」

真「え?いけませんか?」

P「…こういう商売やってる俺はもうなにも言えません」

真「へへ…今度はもっといっぱいオプションつけて!いーっぱーいいちゃいちゃしますよ!」

P「い、いちゃいちゃって…」

真「あ!…そ、その…い、今のは…」


184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:12:55.66 ID:Yr1x770V0
<Pipipipipipipipipipipi

P「…時間だな」

真「…残念です」

P「…えーっと、真」

真「はい?」

P「…」ギュッ

真「うわっ!プロデューサー!?」

P「………サービスだ」

真「プロデューサー…」

真「…もう、次、絶対またやってくださいね」

P「…善処しよう」

真「…じゃあ、ありがとうございました」

P「おう…またな」

小鳥「じゃあこっち着てね真ちゃん」

真「音無さん!?居たんですか!?」


188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:14:34.40 ID:TafNgiCV0
お尻ちんに期待


193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:17:02.54 ID:Yr1x770V0
小鳥「私が最後に会計するんだもの、はいこれ代金ね」

添い寝基本料金 10分 1000円
+お姫様抱っこでベットin  4500円
+腕枕  3000円
+抱きしめ  サービス

計8500円

真「…結構しますよね」

小鳥「しょうがないわ、風俗ってそういうものよ」

P「え?風俗なのこれ?」

小鳥「言葉のあやです、接客ってこういうものよ」

真「…でも、その価値はありましたよ!はいお金!」

小鳥「はい、確かに頂戴しました」

真「次はいつなんですか?」

小鳥「ふふ、いつかしらね」

真「もー!教えてくださいよぉ~」

小鳥「はいはい、そのときになったらね、じゃあ真ちゃんこっちにきてこれに入ってね」


199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:20:36.48 ID:Yr1x770V0
P「…なんで真まで?」

小鳥「ふふ、真ちゃんの寝袋にはいろいろとマンガを入れておいたわ」

/あ、となりの怪物くんだ!読みたかったんだー!クンカクンカスーハー\

P「…まぁ、仕事の時間までなら」

小鳥「でしょう?いいリラックスですよ」

P「そうですか…」

小鳥「それにしても、やるじゃないですかプロデューサーさん」

小鳥「なれてきました?この仕事」

P「い、いえそんなことは…」

小鳥「うっそだー!もうホストみたいでしたよ?」

P「…なんかショックです」

<ガチャ

小鳥「うふふ、次も期待してますね!」

P「…はぁ…」


204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:24:35.27 ID:Yr1x770V0
雪歩「おはようございますぅ~」

P「次は雪歩か…」

雪歩「ほえ?」

P「いや、なんでもないよ。おはよう雪歩」

雪歩「はい、おはようございます!プロデューサー」

雪歩「あ、お茶入れますね!」

P「ああいいよ、たまには俺が入れるから、座って待っててくれ」

雪歩「え、そんなわるいですよぉ」

P「いいからいいからな?」

雪歩「…ふふ、じゃあよろしくお願いします」

P「あいまかされた」

雪歩「誰かにお茶をいれてもらうなんてひさしぶりかも…えへへ…」

雪歩「じゃあソファでえええええええええええええええ!?」

P「(きづいちゃったかー…)」カチャカチャ


212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:27:03.44 ID:Yr1x770V0
P「…はい、お茶」

雪歩「ぷぷぷプロデューサー!なななんか事務所におおお布団が!!」

P「あああれ?うんそうだなお布団だな」

雪歩「なんでそんなにおちついてるんですかぁ!!」

P「なんかもうね、見慣れた」

雪歩「えええぇ!?」

P「雪歩」

雪歩「は…はい?」

P「…添い寝…する?」

雪歩「…へ?」

P「1回5分、500円です」

雪歩「へえぇぇえええええ!?」

P「雪歩は元気だなぁ」


213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:29:48.30 ID:Yr1x770V0
雪歩「そ、添い寝ってなんなんですかぁ!?」

P「そのお布団に俺と雪歩が」

雪歩「ふぁぁ!!そ、そんなのできませぇん!!」

P「あ、これ料金表だから」

ガッ

雪歩「………」ジロジロジロジロ

P「(あ、これあかん臭いがする)」

雪歩「…な、なんだかうちが副業でやってるあのお店にそっくり…」

P「へ?」

雪歩「い、いえなんでもないですぅ!!」

雪歩「もうすこし見せてもらいますね!!」

P「お、おう…」

雪歩「………ふぅん…」

雪歩「(穴掘りは…ないんですねぇ…)」


217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:31:13.87 ID:ADG+hBJw0
穴掘り(意味深)


218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:31:31.60 ID:xh212XaZ0
掘ってどうする


227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:33:57.12 ID:Yr1x770V0
P「…ど、どうする?」

雪歩「えーっと…ちょっとお財布確認しますね」

P「あ、はい」

雪歩「…諭吉さんが…3人、うん、大体のことは…できるよね?」

雪歩「わ、わたしやりますぅ!!」

P「そ…そうか…」

雪歩「じゃ、じゃあとりあえず…30分で…」

P「…3000円になります」

雪歩「はい、これで」

P「…ありがとうございまーす」

雪歩「じゃ、じゃあ!さっそくやりましょう!」

P「みょ、妙に乗り気だな雪歩」

雪歩「そんなことないですよ?えへへ!」


232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:37:00.52 ID:Yr1x770V0
P「えっと…じゃあ俺先に」

雪歩「オプションお願いします~、プロデューサーさん、上着脱いでください♪」

P「え」

雪歩「はい1万円」

P「………はい」ヌギヌギ

雪歩「はぁ…はぁ…」

P「………脱ぎました」

雪歩「さらにオプションお願いします!」

P「え」

雪歩「ズボンも脱いでください!!」

P「…そんなオプションもあるの?」

雪歩「ありますよ?」

オプション:スーツ(ズボン) 脱ぎ 1万5000円

P「…わかりました」


239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:41:13.24 ID:Yr1x770V0
P「………」カチャカチャ

雪歩「………」ソワソワソワソワ

P「ほ、本当にやるのか?雪歩…」

雪歩「はい!」

P「…なんでそんなに輝いた目をしてるんだ…」ヌギヌギ

雪歩「(男の人は苦手ですけどプロデューサーなら大丈夫って言うか)」

雪歩「(むしろ大歓迎ですぅ!!はぁはぁはぁはぁ)」

P「…脱いだぞ」

雪歩「へぇ…プロデューサーボクサーパンツ派なんですね!」

P「…じ、じろじろ見るんじゃない!!」

雪歩「えへへ…見ますよぉ~…だって30分はもうお支払いしましたから!」

P「…くっ」

雪歩「でも…おかげであと2000円しかありません…」

P「(2000円じゃ…たいしたことできないよな…)」


240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:43:31.81 ID:Otn3kcOt0
※耳かきは医療行為です


243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:44:41.81 ID:Yr1x770V0
P「じゃ、じゃあとりあえず…布団はいるな?」モゾモぞ

雪歩「はい!私も失礼して」モゾモゾ

P「………なんかそわそわする」

雪歩「アイドルとパンツ姿でお布団に入ってるからですか?」

P「……ワイシャツ着てるもん」

雪歩「ふふ、そうでしたぁ…次はもっと持ってこなきゃですね!」

P「………ソウデスネ」

雪歩「えーっと…じゃあ…まず500円でそっちまで近づきますね?」

P「ど…どうぞ」

雪歩「し、失礼しますぅ…」

雪歩「はぁ…なんだか落ち着きますね」

P「そ、そうか…ならよかったよ」

P「(おれはまったく落ち着かんが、なんだかいいにおいするし)」


248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:48:52.86 ID:Yr1x770V0
雪歩「えへへ…あ、じゃあ…目と目、合わせてもらえますか?」

P「お、おう…」

雪歩「………」

P「………」

雪歩「ふふ、照れちゃいます」

P「お、俺もだ」

雪歩「でも…あと500円しかないんですよね」

P「そ、そうだな」

雪歩「このままずーっと見詰め合うってのもとっても詩的でロマンチックなんですけど…」

P「そうしたほうがいいんじゃないかな、うん!」

雪歩「…手、握ってください」

P「…へ?それだけでいいのか?」

雪歩「はい、お願いします」

P「…じゃあ………あ」

雪歩「えへへ…どうしました?プロデューサー?」


249 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:50:23.50 ID:JChkiEL6i
あずささんとか伊織が札束ポンと出しそうなイメージ


252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:51:21.52 ID:Bu6JQvR70
貴音もポンッて出しそう


255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:52:47.70 ID:Yr1x770V0
P「ゆ、雪歩さん?手を前にだしてくれるとうれしいかなーって」

雪歩「だめです♪私は手を後ろに組んだままで、お願いしますね」

P「(雪歩は手を背中で組んでる…つまり)」

P「(その手をつかむためには俺は自動的に雪歩を抱きしめる形にならなくてはならず)」

P「(そうすると…俺と雪歩は密着してしまって…下半身とかこう…あたっちゃうっていうか…)」

P「(まさか…これが狙いか雪歩)」

雪歩「えへへ…どうしました?プロデューサー、早くおねがいしますぅ」

P「………頼む、手を前に出してくれないか」

雪歩「だーめーでーす、ふふ」

P「………はぁ…しょうがない…じゃあ…手をつかむぞ」

雪歩「はい♪おねがいします!」


258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:53:23.52 ID:6Rzq5X6B0
雪歩「えへへ」
これだけでもう可愛い


260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:53:55.21 ID:U/4am7+u0
策士め


268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:56:19.86 ID:Yr1x770V0
P「(なるべくいろいろと当たらないように…)」

雪歩「ここですよ、プロデューサ~…」

P「あひぃん!!」

P「み、耳元でささやくのはやめてくれないか!」

雪歩「ごめんなさい、でも早くして欲しくて…」

P「…くっ、わかった!」

P「(雪歩の手、雪歩の手)」

P「!?」

P「(雪歩が足を絡めてきたっ!?)」

雪歩「えへへ…どうしたんですかぁプロデューサー?」

P「(どうしてこういう日に限ってワンピースなんて着てくるんだ雪歩!!ストッキングの間隔が!)」

P「あ」

P「(まずい起った)」


272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:57:24.80 ID:tQMj+kFl0
今までたたなかったのがおかしかったんや


278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 22:59:34.88 ID:Yr1x770V0
P「………」

雪歩「どうしたんですか?早くおねがいしますぅ」

P「………その、やんごとなき理由がありまして」

雪歩「ほえ?どうしたんですか?」

P「その…なんといいますか…あの…」

雪歩「…そうやっていぢわるするんですね…私がちんちくりんだから…」

P「いや、むしろちんちくりんじゃないから困ってるんだけど…」

雪歩「…ほえ?」

P「………ええい!あとはどうにでもなれ!」ギュ!

雪歩「はわっ!!」

雪歩「!?!?!?な、なにか熱くて硬いものがあたってますぅ!!」

P「…き、気のせいだ」

雪歩「こ、これなんなんですかぁ!!こんなの真ちゃんにはありませんでしたよぉ!!」

P「真にもこんなことしてたのか雪歩!!」


288 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:02:52.95 ID:Yr1x770V0
雪歩「こ…これってもしかして…」

P「………」

雪歩「お…お…」

P「…はい」

雪歩「お!おちん」

P「もう言わないで!!やめて!!」

雪歩「ひゃぁ~~~~!ふぅ…」ガクリ

P「雪歩!?雪歩!?」

小鳥「あーあ…気絶しちゃいましたね」

P「音無さん!?」

小鳥「いや本当は途中で止めようかとおもったんですけど…やっぱり」

小鳥「真ちゃんとおんなじような間隔で居たんですねぇ…」

P「………それでその…俺の…あれを意識したら」

小鳥「ええ、気絶しちゃったんでしょうねぇ…」


291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:05:44.92 ID:Yr1x770V0
小鳥「えーっと、じゃあとりあえず清算だけ」

添い寝基本料金 30分 3000円
+手を握る     500円
+接近(肩がぶつかるくらい)  500円
+目と目を合わせる 1000円
+スーツ(上着)脱ぎ 10000円 
+スーツ(ズボン)脱ぎ 1万5000円

計 3万円

小鳥「はい、確かにいただきました」

P「なにも財布から抜きとらなくったって…」

小鳥「こっちも商売ですから…あとその…」

P「はい?」

小鳥「…下、どうにかしたほうが…」

P「ほわぁ!!し、失礼しました!!」

小鳥「もう!私だって乙女なんですからね!」

P「…乙女はこんな商売させたりしないと思います」


297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:10:01.06 ID:Yr1x770V0
P「はい、着替え終わりました、ベットも大丈夫です」

小鳥「こっちも雪歩ちゃん入れてきました」

小鳥「真ちゃんと同じ寝袋に入れたから大丈夫でしょう」

/ちょ、雪歩待ってやめ!真ちゃ~んくんかくんか!だから僕の寝袋おおきかったのかぁ!!\

P「………あなたも酷い人だ」

小鳥「…むしろ優しいと思いますけど」

P「………はい」

小鳥「ふふ♪」

<ガチャ

小鳥「じゃあ次の子もばっちしお願いしますよ!」

小鳥「あ、それと、エッチなのはほどほどにお願いしますね!」

P「するか!!」


300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:13:31.19 ID:Yr1x770V0
亜美「おはおはー!」

真美「おっはよ~ん!」

P「…まずいのが来た気がする」

亜美「おうおう兄ちゃんずいぶんな挨拶じゃん!」

真美「そーだよ!こんなぷりちー!なアイドルに向かってまずいとはなんなのさー!」

P「いや…ごめん、おはよう亜美、真美」

亜美「うんうん!おはよう君ぃ」

真美「今日も頑張ってくれたまえ」

P「頑張るのはお前たちなんだぞ」

亜美「わかってるよ~ん!」

真美「亜美!時間まであっちでゲームしてようYO」

亜美「もち!じゃあソファで…」

真美「布団?」

亜美「だね」


305 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:17:52.32 ID:Yr1x770V0
真美「にいちゃんにいちゃん、なんで布団なんかあるの?」

P「ん、いやそれはだな」

亜美「あ~、もしかして兄ちゃんここに泊まる気ですな?」

真美「え!なにそれ面白そう!」

亜美「んっふっふっ~名探偵亜美の目はごまかせませんぞ!」

P「いやそういうわけじゃないんだけど」

亜美「え?ちがうの?」

真美「なーんだ、ちょっと夜の事務所に止まるのって夢だったのになー」

亜美「ねー!」

P「まぁそれはこんどな、うん」

亜美「じゃあなんで布団?」

真美「そうだよ!前はソファーあったよね!」

P「えーっと、なんだ…その、添い寝…」

真美「へ?」

P「添い寝…1回500円です」


313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:22:53.44 ID:Yr1x770V0
真美「え、えぇぇええ!?」

亜美「そ、添い寝ってあの添い寝?お布団に一緒に入るって」

P「あ、ああその添い寝だ」

真美「兄ちゃんと添い寝…添い寝!?」

亜美「兄ちゃん…亜美たち中学生だよ?」

P「そ…そうだな…」

真美「同じ…布団…添い寝!?」

亜美「中学生と添い寝、しかもお金まで取るなんて…もうこれおまわりさんに見られたらいいわけのしようがないよ」

P「は、はい」

真美「………っ」ボンッ

亜美「…それで、一回いくらだっけ?」

P「…5分500円です」

亜美「結構高いね」

P「うん、ごめん」


318 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:27:02.74 ID:Yr1x770V0
亜美「はい、500円」

真美「え!?やるの?」

亜美「あたりまえっしょ~!真美はやらないの?」

真美「え、いやその…やりたいけど…だってはずかしーじゃん!」

亜美「そりゃ亜美だって恥ずかしいのは一緒だよぉ!!」

真美「じゃあなんでそんなに簡単に」

亜美「真美真美、考えてもみなよ」

亜美「亜美たちって中学生でしょ?ここだと一番しただし」

真美「うん…」

亜美「それだけも兄ちゃんから女の子って見てもらえないのに」

亜美「ここにはナイスバデーなボンキュッボンがいっぱいなんだよ!」

真美「あずさおねえちゃんとかすごいもんね…」

亜美「そう、そりゃ将来的に亜美たちもボンキュッボンにはなる予定だけど」

亜美「現状どーしても埋められない差ってものがあるのさ」


332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:31:25.31 ID:Yr1x770V0
真美「だよね…」

亜美「でも、亜美たちには一つほかの人にはまねできないところがあるんだよ!」

真美「!?」

亜美「んっふっふ~…亜美たちは双子!これを生かさない手はないっしょー!」

真美「そ、そうだよね…うん、真美たちにしかできないことだもんね!」

亜美「そうそう、ここはいっちょ…二人で兄ちゃんをめろんめろんにしちゃいましょうや!」

真美「おう!」

亜美「てなことで二人分よろよろ~」

P「なにがてなことでかまったくわからんけど、はい二人な」

P「あ、これ高校生以下の料金表だから、っても元の料金の半分ってだけなんだけどな」

真美「ってことは一人ぶんで二人いけるってことだね!」

P「そういうことになるな、基本料金だけ変わらないけど」

亜美「ほうほう、それなら亜美たちのすくな~いお小遣いでもなんとかなりそうですな!」


340 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:34:59.47 ID:Yr1x770V0
P「えっとじゃあ…どうする?」

亜美「とりあえず20分でよろしくっ!」

真美「はい2000円」

P「…たしかに」

亜美「あーあ…兄ちゃん中学生が必死に働いて手に入れたお金まで奪うんだね…」

真美「およよ…やめてっこのお金だけはっ!!」

P「そういうのやめて、本当に…」

亜美「へへ、うそだよ!」

真美「じゃあ兄ちゃん、先にベットに入ってくれる?」

P「お、おう…じゃあ失礼して」モゾモゾ

亜美「あ、できればベットの真ん中に居てくれると嬉しいかな!」

真美「うんうん!」

P「?そうか、ならそうして」もぞもぞ


344 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:38:40.28 ID:Yr1x770V0
亜美「じゃあ亜美は右から!」

真美「真美は左から!」

亜美・真美「おじゃましま~す」モゾモゾ

P「お、おう」

P「…さ、さすがに狭いな」

真美「だってこれもとはソファーでしょ?ちかたないね」

亜美「ねーねー兄ちゃん!これじゃあくっつかないなんて無理だよぉ!」

P「そうだな…よし、じゃあ密着はサービスだ」

亜美「さっすがにいちゃん!」

真美「そこにしびれる!あこがれるぅ!!」

P「………」

亜美「へへ…にいちゃんと添い寝…」

真美「…あったかい…」

P「(背徳感がやばいなんてもんじゃない!!)」


346 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:39:51.97 ID:g9EhsgYI0
サンドイッチキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


354 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:43:59.80 ID:Yr1x770V0
亜美「じゃあ兄ちゃん!腕枕!腕枕!」

P「お?おうわかった」

真美「へへ…兄ちゃんの腕だ…」スリスリ

P「こ、こら真美!ほほを擦り付けるな!」

亜美「あ、いいな真美!亜美も亜美も」スリスリ

P「あ、亜美まで!」

亜美「へへ…どう兄ちゃん?嬉しい?」

P「…なにがでしょう」

真美「こんな可愛い中学生二人もはべらせて…犯罪だよ?」

P「…はい」

亜美「んっふっふ~…いけない子にはお仕置きしなきゃですなぁ…」

真美「まったくですなぁ…どれどれ…」

P「な、なにをする気だ…」

亜美「あ、兄ちゃんは腕枕よろよろ~」

真美「終わるまでやめちゃやだよ?」


367 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:52:39.15 ID:VOA5/TSn0
貯金全部おろしてくるの


369 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:54:46.23 ID:Yr1x770V0
亜美「んっふっふ~…兄ちゃんは手が出せませんなぁ…」

真美「…やりたいほうだいってことですな」

P「お…お前ら…へ、へんなことはいかんぞ」

亜美「ん~…き・も・ち・の・い・い・こ・とだから」

真美「大丈夫だよ?ふぅ~」

P「あひぁ!!」

亜美「お、兄ちゃん耳が弱いな!どれ」パクリ

P「おほっ!」

亜美「どう?なきゃなふぁひもちいいでふょ?」ハムハム

真美「あ、じゃあ真美も」ハムッ

P「あわわわわ」

真美「にいひゃんのみみ…なんだきゃおいひいかも…」

亜美「ハムハムペロリ」

P「うひゃぁ!!」


378 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 23:59:36.23 ID:Yr1x770V0
亜美「どれつぎは…えい!」ギュ

P「あ、亜美!」

真美「抱きついてるだけだよ!」ギュ

P「(両方向から攻められてもうなにがなんやら!)」

P「(しかもなんだかこうまだ小さいけど確実にそんざいするやわらかな感触が)」

亜美「ねぇねぇ…兄ちゃん…どう?亜美たち…」グリグリ

真美「あずさお姉ちゃんとか、律っちゃんにも負けないと思うんだけどなぁ」グリグリ

P「お、お前たち!い、いろいろと当たってる!当たってるから!」

亜美「それはね~、えーっと」

真美「当ててんのよ?」

P「あ」

P「(また立った…)」


385 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:03:26.84 ID:Yr1x770V0
P「………」

真美「おやおや…兄ちゃん反応がすくなくなってきましたな…」

亜美「亜美たちの魅力満々なボディにやられちゃった?」

真美「えへへ…しょうがないなぁ兄ちゃんは…ん?今何かあたったような」

P「あ、なななんでもないぞ真美!ほら抱きしめてやるからな!な!」ギュ

真美「ふぁ…」

亜美「んふふ…なにかかくしてますな兄ちゃん!どれ」フトンガバッ!!

P「あ!!」

p「」ドンッ

真美「………」

亜美「………」

P「………見ないで…見ないで…」


388 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:07:07.13 ID:rYpYw+Qh0
真美「あ…亜美…こ、これ…兄ちゃんの…」

亜美「う…うん…た、たぶん…」

P「こ、こら見るなお前たち!」

真美「お…おっきいね…」

亜美「う、うん…スーツの上からだけど…うあうあ~!!」

真美「さ、触ってみてもいいかな?」

亜美「…亜美も…触りたいかな」

P「こ、こらやめろ!!お前たち!」

真美「…じゃあ、いくね」

亜美「うん、亜美も…」

P「うわー!うわー!助けて音無さーん!!」

小鳥「はい、そこまでよ」

亜美・真美「ぴよちゃん!?!?」

小鳥「ちょっとこれは見逃せないわね」


390 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:11:55.86 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「はいはいどいたどいた」

亜美「うわ~ん!ひどいよ!」

真美「そうそう!これからがいいところなのにぃ!!」

小鳥「だまらっしゃい!!」

小鳥「(プロデューサーのアレに最初に触るのは私よ!!)」

小鳥「…さて、お会計お願いしますね」

添い寝基本料金 20分 2000円*2
+腕枕 3000円*2
+名前を読んでもらう 1000円*2
+抱きしめ 5000円
+抱き返し 3000円*2
+耳ふぅ返し 3000円*2
重度違反行為罰金 5万円*2
中学生料金オプション割引50%オフ

計  11万6500円

小鳥「ちなみに罰金はオフにはならないわ」

亜美・真美「」


392 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:13:56.16 ID:rYpYw+Qh0
亜美「そ、そんなに払えないよぉ~!!」

真美「そうだよぉ!!ね?ぴよちゃん許して?ね?」

小鳥「大丈夫よ亜美ちゃん、真美ちゃん」

亜美「へ…それなら」

真美「さすがピヨちゃん!」

小鳥「ちゃんと親御さんに請求するから」

亜美・真美「そ、そんなぁ!!」

小鳥「はい二人ともあとはこっち!反省文よ!!」

<うあうわ~!!

P「………ふたりとも、すまん」


393 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:14:07.57 ID:H8/n7XiR0
罰金課されるようなことやってる人が罰金を要求するのか…


395 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:15:06.28 ID:IeongEsK0
むしろこんなことやらせたと親にバレる方がまずいだろw


396 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:15:21.73 ID:8NHuXNj20
あきらかに私怨な罰金が混ざってますねえ・・・


398 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:16:03.17 ID:rYpYw+Qh0
P「…」シュッシュ

小鳥「あらプロデューサーさん、自分でベットメイクなんていい心がけですね」

P「いえ、流されそうになった自分への戒めです」

小鳥「ふふ…まぁ私もおもしろがって放置したのはあるんですけどね」

P「もっと早く助けてくださいよ…もう」

小鳥「善処しましょう」

P「二人は?」

小鳥「寝袋でおとなしく反省文です、原稿用紙30枚分」

P「それは…可愛そうなことをしたな…」

<ガチャ

小鳥「ふふ、次はちゃんとお願いしますよ?」

P「はい」


404 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:20:16.40 ID:rYpYw+Qh0
響「はいさーい!」

P「おはよう響」

響「おはようだぞプロデューサー!」

響「へへ、今日ね!あ、昨日か」

響「家族の一人が出産して…また家族が増えたぞ!」

P「おお!それはよかったな!」

響「うん!でもそれが夜中だったからちょっと眠いんだ…」

響「自分ちょっとソファーで休ませてもらうぞ」

P「あ」

響「…ってソファーが布団になってるー!!」

P「えっとその…」

響「ど、どういうことだ?あ、もしかして…自分が寝不足なのわかってて用意してくれてたのか!?」

P「お、おう…そうだよ?」

響「プロデューサー…自分、感動だぞ!」

P「はは、そうか、じゃあ感動ついでに…添い寝なんてどうだ?」


409 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:23:59.13 ID:rYpYw+Qh0
響「へ?」

P「添い寝、1回5分500円です」

響「………添い寝?」

P「ああ」

響「…自分が…そこで?」

P「おう」

響「だれと?」

P「…俺と」

響「………」

P「………」

響「う、うがー!!そんなの恥ずかしくてできるわけないぞ!!」

P「(こういう反応をまってたんだ…俺は…)」

P「そうだよなぁ…普通できないよなぁ…うんうん」

響「ど、どうしてプロデューサーがそんなに感慨深い感じになってるんだ?」

P「なんでもない、なんでもないよ響」


415 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:28:22.58 ID:rYpYw+Qh0
響「も、もう…冗談か?プロデューサー!」

響「心臓に悪いぞ…てっきり本気なのかと思ったじゃないか…」

P「はい料金表」

響「うわー!!本気だったぞー!!」

P「…響はまじめだなぁ…」

響「ぐぬぬ…ほ、ほんきなのかプロデューサー…」

P「まぁ…お金を払えばやる、別にまったくやらなくてもいいんだぞ?」

響「うう…でも眠いのは本当だし…自分いつも家族と寝てるからそばにだれか居ないと安眠できないし…」

P「ほ、ほらベットをつかうのは自由だからな!な!?」

響「で…でもこんなチャンスもないかも…」

P「いやいや、チャンスでもなんでもないぞ?」

響「…ちょ、ちょっと考えさせて?」

P「お、おう…」


423 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:33:00.59 ID:rYpYw+Qh0
P「………」

響「………うん、プロデューサー」

P「…おう」

響「自分、やるぞ!はい!」チャリーン

P「500円でいいのか?」

響「う、うん!その足りなかったらまた足せばいいかなって!」

響「それに…いっぱい入れても直ぐ寝ちゃったらもったいないぞ」

P「それもそうだな」

響「えっと、じゃあどうすればいいんだ?」

P「あ、ああ…俺が先にベッドに入るよ」ゴソゴソ

P「…ど、どうぞ」

響「…その前にプロデューサー、ちょっと自分が良いって言うまで目を閉じてて欲しいぞ」

P「?」

響「いいから!」

P「お、おう」


426 (´・ω・`)ちょっと疲れてきたんよ実は…全員分かくけどね :2013/02/06(水) 00:36:12.22 ID:rYpYw+Qh0
P「(なにをするきなんだろうか…響)」

シュルシュル

P「(なんだか布がすれる音がする…)」

ゴソゴソ

P「(お、入ってきたか)」

P「響、もう目、開けてもいいか?」

響「い…いいぞ」

P「…特になんにも変じゃないな、なにしてたんだ?」

響「き、気にしないで!ね?だめだぞ気にしちゃ!」

P「?…そうか?まぁならいいんだけど」

響「あと…あんまりこっちみないで」

P「あ、悪い、料金発生しちゃうもんな」

響「…う、うん」


429 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:39:38.45 ID:rYpYw+Qh0
P「そ、それで…どうする?」

響「えっとね…じゃあ…手、握って欲しいぞ」

P「おう、手はどこに」フニョン

響「ひゃん!」

P「わ、わるい!どこか触っちゃったか!?」

響「う、ううん…あ、足にあたっただけだぞ…き、気にしないで」

P「そうか?なら…えーっと…」

響「あっ!」

P「!?」

P「(な、なんだかやわらかいものに当たった気が)」

響「手!ここだぞここ!ほら!」

P「う、うん…確かに」

響「はぁ…プロデューサーの変態」

P「なぜだ」


434 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:43:27.72 ID:rYpYw+Qh0
響「…えへへ、プロデューサーの手…大きいな」

P「そうか?逆に響の手はちっちゃいなぁ…」

響「自分だって女の子だぞ?」

P「そりゃそうだ、こんな小さな手で頑張ってるんだなぁ…」スリスリ

響「うひゃぁ!!だ、ダメだぞプロデューサー!」

響「(今…なんだか自分敏感になってるぞ…)」

P「ご、ごめんつい」

響「も、もう…ま、自分完璧だからな!触りたい気持ちもわからなくは無いぞ!」

P「…そういうことにしといてくれ」

響「へへ…じゃあ次は…抱きしめて…ほしいかな?」

P「お安い御用だ」

響「あ、女の子をそんな簡単に抱きしめたらだめなんだぞ!」

P「…お高い御用だ」

響「5千円もするもんね」


435 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:45:47.22 ID:EBi2MmPV0
響が一番女の子してるな


440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:48:00.07 ID:rYpYw+Qh0
P「じゃ、じゃあ抱きしめるぞ」

響「う、うん…」

P「…!?」ギュ

P「(い、今腕をうごかした表紙に布団の隙間にやや光がはいって中がみえたんだが)」

P「(みょ、妙に肌色の面積がおおきかったような…)」

響「えへへ…なんだか安心するな、これ」

P「ひ、響さん!?」

響「どうしたプロデューサー、そんな素っ頓狂な声だして」

P「つ、つかぬ事をお伺いしますが…」

響「うん」

P「その…あのな、変な話なんだけど…ふ、服…ぬいでたり…する?」

響「!?」

響「…な、なんのことだか…わからないぞ」

P「そ、そうだよな!はは!俺もへんなこと聞いちゃったよ!」


444 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:50:52.73 ID:rYpYw+Qh0
響「そ、そうだぞ…そういうの、セクハラって言うんだぞ」

P「…あ、アイドル抱きしめてる時点でそれもどうなんだろうな」

響「うが、たしかに…」

P「はは…まぁさっきのはなかったってことで」

響「……プロデューサー、頭、なでて欲しいぞ」

P「…うん、髪留めは?」

響「…プロデューサーがはずして」

P「…はいよ」

P「…すごい髪の毛の量だな」

響「うん…髪の毛長い子…嫌い?」

P「いや、どっちかっていうと長いほうが好きだよ俺は」

響「…へへ、よかったさー…じゃあなでて?」

P「ああ」ナデナデ

響「へへ…きもちいいさー」


449 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:54:33.34 ID:rYpYw+Qh0
P「それはよかった、こんなことしてるかいがあったよ」

響「…プロデューサー」ガッ

P「うお!」

響「顔、見ないで」

P「わ、わかった!」

響「…自分、さっき嘘ついたぞ」

P「…そうか」

響「実は、自分…今なにも着てない」

響「へ、変な風に捉えて欲しく無いぞ!」

響「自分いつも寝るときはこうなんだからな!だから脱がないと安眠できなくて…その…」

P「ああ、だから布団で首まですっぽり」チラッ

P「!?(抱き合ってるから布団の無い隙間から…た、谷間がっ!!)」

響「み、見ちゃダメ!だめだってば!」

P「す、すまん!!」


450 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:55:22.35 ID:Ro7fLUrtT
自分が脱ぐという発想の大勝利
さすが響ちゃん


452 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:58:36.02 ID:rYpYw+Qh0
響「…やっぱり変…かな?裸で寝るなんて」

P「い、いや…そういう人も世の中には大勢いるんじゃないか?」

響「…で、でも…自分でやっておいてなんだけど男の人と一緒に居るのに脱ぐ子ってどうかなって」

P「…は、破廉恥だと思います」

響「わ、わかってるさー!で…でも…プロデューサーの前だったら…いいかなって…」

P「ひ、響…それって…」

響「破廉恥な女の子…嫌い?」

P「(涙目上目使いの破廉恥な格好の響とか…)」

P「…き…嫌いじゃない…です」

響「へへ…よかった…自分プロデューサーに嫌われたらと思うと…眠るにも眠れなくて…」

P「そ、そうか」

響「なんだか安心したら…眠くなってきちゃったぞ…」

P「…寝てもいいぞ?」

響「変なこと…しない?」


453 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 00:58:43.38 ID:npszsOBX0
これは罰金5マソだな


455 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:00:47.29 ID:rYpYw+Qh0
P「す、するか!!」

響「…しないの?」

P「…し、しません…しません!!」

響「えへへ…ちょっといぢわるだったね、ごめん」

響「じゃあ…自分寝るさー…」

P「ああ、お休み響」

響「うん…おやすみ…ぷろでゅーさー…」

響「…スゥ…スゥ」

P「………」

P「………そ~っと」

小鳥「なにしようとしてるんですか?」

P「!?」


457 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:05:24.77 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「いちゃいちゃラブラブしよってからに…」

P「そ、そんなことないですよ!」

小鳥「ぐぬぬぬぬ…会計です!!」

添い寝基本料金 25分 2500円
+手を握る     500円
+接近(肩がぶつかるくらい)  500円
+目と目を合わせる 1000円
+頭なでなで    1000円
+名前を読んでもらう 1000円
+寝落ち       3000円
+抱きしめ 5000円
+抱き返し 3000円
自分で服を脱ぐ 50000円

計 60500円

小鳥「もう!ほんとうなら出禁ですよ!出禁!」

P「まぁ、響の生活スタイルの話ですし!」

小鳥「このお金はしっかり徴収させてもらいますからね!!」

P「は、はは…じゃあ響どうしましょう」

小鳥「私が運びます!もう!」


459 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:06:48.48 ID:8NHuXNj20
>自分で服を脱ぐ 50000円

ファッ!?


465 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:08:48.82 ID:/6uBRKwp0
ぴよちゃん・・・・・


466 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:09:16.10 ID:rYpYw+Qh0
P「はぁ…響のおかげでなにか大切なものを取り戻せた気がする」

P「そうだよなぁ…ああいううぶな反応こそが正しいんだよなぁ…」

/ウヘヘヘヘマコトチャン!ヤメテヨユキホ!プロデューサークンカクンカ\

P「………頑張ろう」

小鳥「響ちゃん寝袋に入れてきましたよ」

P「お疲れ様です」

小鳥「はぁ…あの肌のつや…若さねぇ…」

P「…音無さんもまだわかいですよ」

小鳥「プロデューサーがおっさんなのに?」

P「へ?」

小鳥「………」ニコニコ

<ガチャ

P「あ!ほら次の子が来ましたから!」

小鳥「ふふふふふ」シュタ


467 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:09:47.12 ID:c8PgaHqe0
高すぎワロタ


471 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:11:02.50 ID:hezQCkiF0
貴音を早く!


475 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:12:50.73 ID:npszsOBX0
ぴよちゃん若いからもうやめてあげて


488 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:18:19.33 ID:rYpYw+Qh0
貴音「おはようございます」

P「おはよう貴音」

貴音「…はて、みなが居るような居ないような…」

P「!?な、なにを言っているんだ貴音!?ここにはお前と俺しか居ないぞ!?」

貴音「…そうですね、すみません勘違いでした」

P「はは、おかしなことをいうなぁ貴音は」

貴音「ふふ、よく言われます」

P「な、ならみんなを待つまで座って待ってたらどうだ」

貴音「はい、そうさせてもらいます」

貴音「それにしても今日は寒いで…おやお布団が」

P「はい、お茶」

貴音「ありがとうございます」

P「………」ズズズッ

貴音「………」ズズズッ

P「………添い寝、する?」


489 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:21:43.37 ID:rYpYw+Qh0
貴音「!?」ブフッ

P「うおっ!!」

貴音「失礼しました、今なんと?」

P「貴音が茶を吹く姿なんて見れると思ったなかった…」

貴音「あなた様、今なんと」

P「いやその…布団で添い寝…するかって」

貴音「…添い寝ですか」

P「ああ、もちろんしなくてもぜんぜんいいんだが」

貴音「………あなた様、すこしそこに正座を」

P「え?」

貴音「はやく!!」

P「はい!」

貴音「よいですか、世には男女七歳にして席を同じうせずということわざがありまして」

貴音「!!!」クドクドクドクド


492 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:25:53.15 ID:rYpYw+Qh0
P「はい、はいもうしわけありません」

貴音「お分かりになられましたか?」

P「はい、自分が愚かでした、プロデューサーとしての本分を忘れていました」

貴音「そうです、もう大人の男女が気軽に床を一緒にするなど…」

P「はい、はい、すみません」

貴音「…それで」

P「…それで?」

貴音「それで…添い寝はなにをすればやっていただけるのですか?」

P「え?」

貴音「…なにか対価を支払えば、それに対する支払いということで許されるのです」

貴音「お金ですか?それともお仕事でしょうか?」

P「………貴音」

貴音「なんでしょう」

P「添い寝…したいの?」

貴音「………はい」


494 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:29:09.22 ID:rYpYw+Qh0
貴音「…いけませぬか?」

P「いやだってあれだけ俺に説教」

貴音「ですから申し上げました、なにかそれそうおうの対価を支払えば許されることだと」

貴音「男女七歳にして席を同じうせずをいつまでも守っていたら人類は衰退してしまいますよ?あなたさま」

P「そ…ソウデスネ」

貴音「それに…思いを馳せる殿方とともに床に入る…なんともよきことではないでしょうか」

P「それって…つまり」

貴音「ふふ、もちろん冗談です」

P「…冗談か」

貴音「ええ、それでどうすればいいのですか?」

P「…添い寝、1回500円です」

貴音「ではこれで」チャリーン

P「たしかに」


497 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:33:44.32 ID:rYpYw+Qh0
P「じゃあ、俺先にベッドにいくから」モゾモゾ

貴音「では私も…」モゾモゾ

P「………」

貴音「………」

P「………貴音」

貴音「………なんでしょうか」

P「…もしかして、緊張してる?」

貴音「………初めて殿方と一緒に床に入ったのです」

貴音「あたりまえではありませんか」

P「…いや、ちょっと意外」

貴音「心外な、私とてまだ齢19歳ですよ?そこまで達観などしておりません」

P「はは、そうだな…今日の貴音はよく喋るし」

貴音「………いけずです、わかっているなら聞かないでください」


499 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:37:53.53 ID:rYpYw+Qh0
P「ついついな…あ、オプションどうする?」

貴音「おぷしょん?」

P「ああ、そのなんだ…抱き合うとか…頭をなでるとか…そういうのが別途料金でできるぞ?」

貴音「なるほど…追加注文ということですね」

P「まぁ、そんなもんだ」

貴音「…でしたら、あなた様、向こうを向いてもらってもよろしいでしょうか?」

P「?いいぞ…これでいいか?」クルッ

貴音「ありがとうございます、これからすることはそのおぷしょんですので、気になさらず」

P「お、おう…おてやわらかに」

貴音「それでは…いざ」ギュ

P「おほっ」

P「(明らかに質量のあるなにかが俺の背中に…)」

P「た、貴音!?ど、どうした抱きついてくるなんて…」

貴音「いえ、私があなた様を抱きしめたくなったのです」


503 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:42:36.49 ID:rYpYw+Qh0
P「…?」

貴音「普段からあなた様はとても私たちのために頑張っておられます」

貴音「きっと今回のこれも、なにか思惑があってのことでしょう」

貴音「息抜き…いやあいどるとのこみゅにけーしょんでしょうか」

貴音「なんにせよ、いつも私たちのことを考えているあなた様のことです」

貴音「わたくしには到底思いも及ばぬことをお考えなのでしょう」

P「(音無さんに言われて流されてるだけとはいえない…)」

貴音「いつも、いつも私はあなた様にこのご恩をお返しできないかと考えておりました」

貴音「それはあいどる活動を精一杯勤め上げること、そう思い今日までやってきたつもりです」

貴音「ですが…こうして機会がめぐってくるのなら…私は…」

貴音「…あなた様を休ませてあげたいのです」

貴音「私には、抱きしめることしかできませんが…」

貴音「人の温かみというのは、心安らぐものだと信じております」

貴音「…あなた様、いつも…本当に感謝しております」


504 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:45:51.59 ID:rYpYw+Qh0
P「…貴音…」

貴音「本来でしたら、面と向かってやればよいのですが…」

貴音「わたくしには、そのような勇気はありません…これでも…精一杯なのです」

貴音「お許しください…」

P「貴音」ギュ

貴音「あ、あなた様っ!!」

P「俺も…いつも貴音に助けられてるよ…こんなことを思われてたなんて…嬉しいよ」

貴音「あなた様…」

P「俺も…いつもどうやってありがとうって伝えようか考えてるんだ」

P「…だから、貴音のまねになっちゃうけど…その…」ギュ

貴音「!!」

P「いつもありがとう…貴音」

貴音「あなた様…」


508 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:48:17.56 ID:rYpYw+Qh0
P「………」

貴音「………」

P「あったかいな」

貴音「ええ」

P「それになんだかいいにおいがする」クンカ

貴音「や!やめてくださいまし!」

P「髪の毛もサラサラだし…」ナデナデ

貴音「ふぁ…」

P「…それに…やわらかい」

貴音「…む、む~どが台無しです」

P「はは、ごめん」

貴音「………あなた様…」

P「………貴音…」

小鳥「はいストップー!!ダメー!だめだめー!!」

貴音「おや小鳥嬢、おはようございます」


509 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:49:05.54 ID:w9wh7j9v0
こんな嫁が欲しいわぁぁぁぁぁぁぁぁ


510 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:49:42.47 ID:TFmqMZzl0
お尻ちんはかわいいなぁ


515 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:53:08.15 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「貴音ちゃん…平然とプロデューサーさんを抱きしめたまま挨拶するのね」

貴音「…言わないでください、これでも平然を装うのに精一杯でございます」

小鳥「ふふ、貴音ちゃんも女の子だもんね」

貴音「そういうことです」

小鳥「でも女の子タイムは終了でーす!はいはなれて離れて!」

貴音「あなた様、続きはまたの機会に」

P「あ、ああ…貴音…ありがとう」

貴音「…真顔で仰るのは…反則です」ボッ

P「へへ…」

小鳥「ラブコメ禁止!禁止ですよ!!」

小鳥「もう!何なんですか!はい!お会計!」

添い寝基本料金 20分 2000円
+目と目を合わせる 1000円
+頭なでなで    1000円
+名前を読んでもらう 1000円
+抱きしめ 5000円
+抱き返し 3000円

計 13000円


517 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:54:13.59 ID:6h/URs250
このピヨは悪いピヨ


519 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:55:47.22 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「ぐぬぬ…私の心の傷にくらべたらあまりにもすくない金額だわ…ぐぬぬぬぬぬ」

貴音「ふふ、しばらくは二郎にいけませんね」

P「…こんど、おごるよ」

貴音「約束ですよ?」

小鳥「だから禁止ー!!!はい貴音ちゃんこっち来て!」

貴音「はい、ではあなた様、後ほど」

P「ああ、またな」

小鳥「なんなの!なんなのもう!!」

P「………俺、プロデューサーでよかった」

P「…こんなことやってるけど…そうだな、うん」

P「アイドルを癒す!そういう心意気で行けばいいだな!」

P「貴音には教えてもらってばっかりだな…」


523 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 01:58:35.83 ID:rYpYw+Qh0
P「…」シュッシュ、パッパ

P「…ふう、シーツもぴっちり」

小鳥「…やけに綺麗にしてますね」

P「ええ、次の子が来たときにしっかり休んでもらえるように!」

小鳥「けっ…またどーせラブコメするんでしょ!」

P「…さっきのラブコメでした?どっちかっていうと師弟愛とか家族愛のような…」

小鳥「…ふふ、貴音ちゃん、苦労するわね、お互いに」

P「?」

<ガチャ

小鳥「いいですか、プロデューサー!過度なラブコメ禁止ですよ!禁止!」

P「わかってます!アイドルに癒しをですね!」

小鳥「…ふんだっ!」シュタッ


590 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 07:39:54.00 ID:rYpYw+Qh0
あずさ「おはようございます~」

P「おはようございます、あずささん」

あずさ「あら?私が一番乗りなんてめずらしいこともあるのね~」

P「はは、そうですね」

あずさ「ふふ、ならみんなを待つ間にちょっとせんべいでもつまんじゃおうかしら…あら」

あずさ「お布団?」

P「え、ええ」

あずさ「…なんでお布団がここにあるんでしょう?」

P「えーっとその…あずささん」

あずさ「はい?」

P「…そこの布団で、添い寝、1回500円です!」

あずさ「………あ、あらあら、あらあらあらあら~こここ困ったわね!あは、あはは」

P「…その、あの…やりますか?もちろんやらなくてもいいんですけど」

あずさ「その…なんでそんなことを?」

P「…内緒です」


594 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 07:44:04.08 ID:rYpYw+Qh0
あずさ「そうですか…」

あずさ「(お金に困ってるのかしら?)」

P「…5分500円でそのほかにオプションもあります、価格表です」

あずさ「見させてもらいますね」

P「(正直あずささんとはまずいと本気で思う)」

P「(お互い成人もしてるし…冗談にならんきが…)」

あずさ「ふふ、結構いいお値段しますね」

P「ええほんとうに…」

あずさ「(プロデューサーさん…そんなにお金に困ってたのね…言ってくれればいいのに…)」

あずさ「ふふ、じゃあやってみます♪」

P「まじですか!?」

あずさ「…冗談なんですか?」

P「い、いえ…じゃあ…ここにお金、お願いします」

あずさ「はい♪とりあえず30分、お願いしますね」

P「はい、確かに」


596 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 07:50:21.21 ID:rYpYw+Qh0
P「じゃあ…先に布団に入りますね」モゾモゾ

P「ど、どぞ」

あずさ「ふふ…なんだか不思議、事務所に来てまさかプロデューサーさんとお布団に入るなんて」

P「お、俺もそう思いますです」

あずさ「じゃあ、失礼しますね」モゾモゾ

P「………」

あずさ「………」

P・あずさ「あ、あの!」

P「あ、あはは!どうぞあずささんから!」

あずさ「い、いえいえ!どうぞプロデューサーさんから!」

P「…じゃ、じゃあその…な、なんだか緊張しますね!あはは!」

あずさ「…ぷっくくくっあはは、プロデューサーさん、それ私も言おうとしてたんです!」

P「え、やっぱりですか?」

あずさ「そうですよ~、こんな経験ありませんでしたし…心臓、バクバクです」

P「お、俺もですよ…」


598 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 07:54:27.37 ID:rYpYw+Qh0
あずさ「ふふ…あ、そうだプロデューサーさん、オプション、いいですか?」

P「はい、どれにしますか?」

あずさ「えーっと…じゃあそうですねぇ…腕枕、なんていいですね」

P「わかりました、じゃあ…はい、どうぞ」

あずさ「では失礼します…しょっと」

P「………」

あずさ「………」

P「ど、どうですか?」

あずさ「…不思議なんです、だって絶対普通の枕のほうがやわらかくて、頭にも合ってると思うんです」

P「そりゃ枕ですから」

あずさ「でも…なんででしょう…プロデューサーさんの腕枕のほうが…安心できますね」

P「…そ、それは…その、ありがとうございます」

あずさ「ふふ、私がお礼を言う立場じゃないですか?これ」

P「そ、そうなんですかねぇ!あはは」

あずさ「プロデューサーさん、ありがとうございます」


603 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 07:59:28.42 ID:rYpYw+Qh0
P「どういたしまして!」

あずさ「ふぅ…本当におちつく…」

P「…そうやって落ち着いてもらえると嬉しいです、俺も」

P「あずささんとは…竜宮が始まってからこうやってしっかり向かい合うことなんて少なくなっちゃいましたね」

あずさ「ええほんとうに…プロデューサーも急がしそうで…」

P「まぁ…それなりに…でもあずささんも竜宮でその、年齢的にも一番上ですから」

あずさ「…おばさんって言いたいんですか?」

P「ち!ちがいますよ!ただその…年長者だから…いろいろ目配りとか、気配りして…疲れてないかなって…」

P「ほら!俺だってここじゃかなり年上の部類ですから!その…なんとなく…思って…」

あずさ「…プロデューサーさん…」

P「はは!変ですよね!別にあずささんのプロデューサーってわけじゃないのに!ははは!」

あずさ「………プロデューサーさん、オプション、追加してもいいですか?」

P「オプションですか?ええどうぞ」

あずさ「…えい」クルッ

P「?」


605 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:02:16.21 ID:drTXCk/90
あずささんは癒される


606 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:03:50.49 ID:rYpYw+Qh0
あずさ「…わたし、あっち向いてますから…後ろから…抱きしめてください」

P「う、後ろからですか?」

あずさ「ええ…お願いします」

P「…じゃ、じゃあ…その…失礼します」ギュ

あずさ「っ!」

P「………ど、どうでしょうか」

あずさ「…ふふ、プロデューサーの心臓、どくどく言ってます」

P「あ、当たり前ですってば!」

あずさ「…あ、手は腰と肩にお願いしますね、包み込む感じで」

P「こ、こうですかね?」

あずさ「…なんだか手馴れてません?」

P「まさか!」

あずさ「ほんとうですか~?」

P「もう!いぢめないでくださいよ!あずささん!」

あずさ「ごめんなさい、つい」


607 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:05:37.02 ID:yd7iVTtt0
いい距離感だ


608 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:08:15.22 ID:rYpYw+Qh0
あずさ「…でも…なんだか嬉しいです、そんなこと思ってもらったなんて」

P「いや…俺だっていろいろ…見てますから」

あずさ「…愚痴、聞いてもらってもいいですか?」

P「…はい」

あずさ「竜宮って、私と、伊織ちゃんと、亜美ちゃんと、律子さん、4人です」

あずさ「その中で20歳越えてるのは私だけ、それに律子さんはプロデューサーですから」

あずさ「グループのアイドルって考えると伊織ちゃんでも15歳、亜美ちゃんなんてまだ13歳です」

あずさ「わたしと…最低でも6歳も差があるんですよ」

あずさ「わたしおっとりしてるっていうか…どうしても二人に元気で負けちゃってる気がするんです」

あずさ「二人を引っ張らなきゃ、私がしっかりしなきゃ、そう思えば思うほど」

あずさ「どじばっかりやってるような、私が引っ張ってもらっているような気がして…」

あずさ「でもみんなは、私を頼りになる、信頼してるって言ってくれるんです」

あずさ「…正直、言われるたびに辛くなるんです、そんなことない、私はそんなにしっかりしてないって」

P「(…あずささん、震えてる)」


609 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:11:15.02 ID:rYpYw+Qh0
あずさ「…逃げたく…なっちゃうんですよね…ふふ…おかしい」

あずさ「…こんなこと…思ってちゃだめですよね?これからなのに…」

あずさ「…ごめんなさいプロデューサーさん、変な話しちゃって、わすれてください」

P「…忘れません」ギュ

あずさ「ぷ、プロデューサーさん?」

P「…逃げたいって思って、何が悪いんですか」

P「…期待に押しつぶれそうになってなにがおかしいんですか」

P「…俺だって時々…いいえ毎日かもしれない、逃げ出したくなります」

P「だって9人…いえ、竜宮もです、10人を越えるアイドルの期待も、責任も、何もかも」

P「自分の肩に任されてるんだって思うと…正直立ってられなくなります」

P「そんなに期待しないでくれ、俺はそんなにできるやつじゃないって日々思います」

あずさ「プロデューサーさん…」


611 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:14:09.05 ID:rYpYw+Qh0
P「…でもね、やっぱり逃げれないんですよ」

P「…だって、俺プロデューサーですから、あいつらの夢、一緒にかなえるって約束しちゃったんです」

P「たぶん逃げたら、投げ出したら、そこで俺は死ぬんです」

P「だってそうでしょう?あいつらから逃げ出して、全部捨てて、そんな俺…俺じゃないです」

P「それに見たいじゃないですか、やっぱり」

P「みんなが、トップアイドルになって、最高に輝く瞬間」

P「…それが、その夢が、俺を立たせてくれるんです、逃げそうな気持ちを抑えてくれます」

P「…あずささんにもきっと…そういう想いがあるから…今まで頑張ってきたんだと思います」

あずさ「……」


616 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:18:37.42 ID:rYpYw+Qh0
P「…でも、逃げたい気持ちがどうしても抑えられなかったり」

P「居ても立ってもいられなくなったりしたら…」

P「俺が、居ます」

P「俺が隣にいますから」

P「また今みたいに、抱きしめて、愚痴だってなんだって聞きます」

P「だから…逃げないでください、みんなの期待から、責任から、なにより…自分の夢から」

P「…へへ、ちょっと臭すぎましたね…すみません」

あずさ「~~~っ!!」

P「あ、あずささん?」

あずさ「見ないで、見ないでください!顔…今はだめです」

P「…はは、俺、後ろにいるから見たくても見れませんよ」

P「だから、泣いたって大丈夫です、誰も…みてませんから」

あずさ「~~~うぅ…ううぅぅぅ!!」

P「………」ギュ


620 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:22:53.73 ID:rYpYw+Qh0
P「…おちつきました?」

あずさ「…大変おみぐるしいところをお見せしました」

P「いえいえそんな!滅相も無いです!」

あずさ「…プロデューサーさん」

P「…はい」

あずさ「私、頑張ります、これからも」

P「はい」

あずさ「…だから…頑張って…頑張って…トップアイドルになったら…」

あずさ「…もう一度、抱きしめてください、そして…褒めてください」

P「…お安い御用です」

あずさ「ふふっ…ありがとうございます」

あずさ「えーっと…このあとどうすればいいのかしら?」

P「あー、どうしましょう…たぶん…音無さーん!?」

小鳥「グスッ…いい話ですね…肉染みすら沸きませんでした…」


622 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:25:44.75 ID:rYpYw+Qh0
あずさ「え…音無さん?」

P「す、すみません…実は何人かその…天井裏で…」

あずさ「!?!?」

小鳥「だいじょうぶです!みんな聞いて無いですから!いろいろ夢中で!」

あずさ「…りゅ、竜宮の人は…」

小鳥「亜美ちゃんが居ましたけど、大丈夫です、疲れて寝てます」

あずさ「ほ…よかった…」

小鳥「じゃあ、お会計です!」

添い寝基本料金 40分 4000円
+腕枕  3000円
+名前を読んでもらう 1000円
+目と目を合わせる 1000円
+抱きしめ 5000円
+愚痴を聞いてもらう 1500円

計 15500円


624 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:29:12.74 ID:rYpYw+Qh0
あずさ「はい、これで」

小鳥「…随分とぽんと出すんですね」

あずさ「うふふ、だって…お金じゃ買えない思い出をもらえましたから」

小鳥「!?」

あずさ「プロデューサーさん、このことは…二人の秘密ですよ?」

P「…はい!」

あずさ「うふふふ~♪」

小鳥「…こ、こっちに来てくださいあずささん…ぐぬぬぬぬ」


625 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:29:25.49 ID:50z/Gnec0
ひどく良心的にみえるな


627 すごく眠いよかあちゃん :2013/02/06(水) 08:34:22.66 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「…寝袋に入れてきました」

P「おつかれさまです」

小鳥「あずささんったら…なんでああも安心しきった顔でまた寝るんだか…」

小鳥「…なんだかとっても充実した顔をしてますね」

P「ええ…俺、今日一番添い寝屋やっててよかったって思ってます」

小鳥「そうですか、でもお金は取ったんですけどね!」

P「…言わないでください、今充実感でいっぱいなんですから」

<ガチャ

P「…もう誰でもこい!」

小鳥「…くやしい…でもあの流れは…くっ」シュタッ


634 寝落ちしたらごめんなさい :2013/02/06(水) 08:39:37.75 ID:rYpYw+Qh0
律子「おはようございまーす!」

P「おう律子!おはよう!」

律子「ふふ、元気ですねプロデューサー殿?いいことですよ」

P「だろ?ふふ…今の俺はなんだかみなぎってるからな」

律子「いいことでもあったんですか?」

P「ちょっちな、内緒だけど」

律子「ふ~ん、まぁいいですけど」

律子「さ~って!書類整理からはじめますかねーって」

律子「………なんで事務所に布団なんか」

P「ああ、それか。えーっと…これ」

律子「………は?」

P「添い寝屋、始めました」

律子「………」

P「1回5分500円、どう?」

律子「………正座」


635 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:41:02.71 ID:h2qgARlO0
最近やっと律子がカワイイと思えるようになった


637 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:43:41.80 ID:rYpYw+Qh0
P「え?」

律子「せ・い・ざ!!」

P「は、はい!」

律子「なーに馬鹿なことやってんですかあなたは!」

律子「事務所になんでかベッドなんか作っちゃって!」

律子「それでやってることが仮眠とかじゃなくて添い寝屋?」

律子「馬鹿なんじゃないですか!?馬鹿なんじゃないですか!?」

律子「あなた自分の職業わかってます!?」

P「プロデューサーです」

律子「そうプロデューサー!なのになんでアイドルと同じベッドに入ろうとしてるんですか!」

律子「自分のやってることわかります!?ええ!?」

P「…はい、調子乗ってました」

律子「ほんっとに…目を離すとすーぐ変なことはじめるんだから…」

律子「どうせ小鳥さんの入れ知恵でしょうけど」

P「…黙秘権を行使します」


639 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:49:32.51 ID:rYpYw+Qh0
律子「…それで、なんでこんなことしてるんですか」

P「…内緒です」

律子「ああん!?」

P「…あ、アイドルに…り、リフレッシュしてもらおうと…」

律子「…プロデューサーと添い寝することがリフレッシュになると?」

P「…はい、思いました」

律子「…はぁ、美希じゃあるまいし…ちょっと自意識過剰じゃないですか?」

P「そう思います、調子に乗ってました」

律子「まったくです、気をつけてくださいね」

P「はい、じゃあもうやめ」

律子「るまえに!私が確かめてあげます」

P「へ?」

律子「いやほら、実際にプロデューサーに添い寝をしてもらったらリフレッシュできるのかどうか」

P「…でもさっき自意識過剰って…」


641 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:54:11.57 ID:rYpYw+Qh0
律子「そ・れ・が!本当かどうか確かめてあげるって言ってるんです!」

P「いやでも俺もそう思うし…」

律子「ほらまた、自分で勝手に決め付ける、そういうところが自意識過剰って言うんですよ?」

P「…はい」

律子「他人の意見を聞いて、正しく判断することが大切なんです」

律子「と、いうことで私が、ほかのアイドルに害がありそうなこれをまず調査します」

律子「ええあくまで調査ですから、確認ですから、わかってますよね?」

P「わかってます」

律子「よろしい、じゃあどうすればいいんですか?」

P「えっと…ここに利用する時間分の料金を入れてもらえば…」

律子「何時間でもいいんですか?5分500円なら1時間6000ですよね?それでもいいんですか?」

P「えっと…とりあえず30分くらいにしておいたほうが無難かなーって」

律子「ふ~ん…じゃあそうします、はい」

P「ま、まいどあり…」


644 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 08:57:04.09 ID:rYpYw+Qh0
律子「あ、スーツしわになるから縫いじゃいますね」

P「お、おう」

律子「ほらプロデューサーも、くしゃくしゃのスーツで営業に行くつもりですか?」

P「…そうだな、しわになったらいけないもんな」

律子「ほら、脱ぐの手伝ってあげるから…」

P「い、いいってばっ!」

律子「遠慮しない!遠慮しない!」

P「くっ!わ、わかったよ…ほら、頼む」

律子「ふふんっ!最初から素直になればいいんですよ…はーい、ヌギヌギしましょうね~」

P「そんな歳じゃないんですけど」

律子「精神年齢はどうなんですかね」

P「ぐぬぬ」

律子「…ふふ、じゃあ添い寝してもらいましょうかね!」


651 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:04:17.51 ID:rYpYw+Qh0
P「あ、その前に実はオプションなんてのもあるんだが…」

律子「オプション?ったく…ほんとに接客業ってか、お水みたいな料金形態してるんですね」

P「す、すまん」

律子「えーっと…はぁ!?スーツの上着脱がせただけで1万円!?馬鹿じゃないの!?

P「俺もそう思います」

律子「抱きしめる5000円!?目と目を合わせるだけで1000円!?」

律子「…法外すぎてちょっと引きます…これ」

P「…ごめんなさい」

律子「…これは、価格を訂正する必要があるんじゃないですかねぇ」

律子「…実際にどのくらい価値があるサービスなのか、これも調査しなきゃですね」

P「え、やるの」

律子「当たり前です、どんなのがどれだけアイドルに悪影響を及ぼすかわかりませんから」

P「(もう半分以上のアイドルがやってるなんて死んでもいえないな…)」


653 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:09:18.80 ID:rYpYw+Qh0
P「じゃあ…はじめるか」モゾモゾ

律子「ええ、よろしくお願いします」モゾモゾ

P「…な、なにからする?」

律子「…じゃあ、手を握るから」

P「…はい」ニギッ

律子「………ふ、普通ですね!ええ」

P「そりゃ…手を握ってるだけだし」

律子「ふ~ん、手を握ってるだけねぇ~…ずいぶんと慣れてるご様子で」

P「そ、そんなことはないぞ?」

律子「どーだか!」

律子「(こっちなんて心臓ばくばくよ!なんであっちは落ち着いてるのよ!)」

律子「じゃ、じゃあこのまま…目と目、あわせてみましょうか」

P「う、うん…」

律子「………」

P「………」


655 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:10:11.54 ID:VHurk4xb0
ぶひいいいいい


657 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:14:10.80 ID:rYpYw+Qh0
律子「…な、なんてことないですね」

P「…(ははーん)」

律子「じゃ、じゃあ次はこの接近してってやつを」

P「ああ、それまどろっこしいからとばそう、抱きしめなんかいいと思うぞ」

律子「ふぇ!?」

P「じゃあほら、はい」ギュ

律子「なななななななにをいきなり抱きついてるんですかかかか!!」

P「いやだって調査するんだろ?このペースじゃ日が暮れちゃうぞ?」

律子「そ、そうですけど」

律子「こんないきなりだなんて…私にも心の準備って物が…ゴニョゴニョ」

P「じゃあ次はこのまま頭をなでなでっと」ナデナデ

律子「ひ、ひゃぁ!!」

P「強かったか!?」

律子「い、いえ!!…だ、大丈夫ですよ!?ぜんぜん!!」


661 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:21:32.78 ID:rYpYw+Qh0
P「律子…毎日お疲れ様…」ナデナデ

律子「ふ…ふぁ…」

P「…髪留め、じゃまだからとっちゃうな」

P「…結構髪の毛…長いよなぁ…律子」

律子「そ…そうですね…め、めんどうだから切ってみようかな!あはは!」

P「…俺、髪の毛長いほうがじつは好きなんだ」

律子「!?」

P「…サラサラで気持ちいい…できれば…切らないで欲しいかな」

律子「かかかかかか考えて考慮にいれて思慮しておきますはい」

P「…これから、どうする?」

律子「どど…どうする…って…」

P「もう結構…オプションつけちゃったけど…まだやる?」

律子「ま…まままだやりますよ…まだ全部やってないですから…ええ」

P「そうか、よしよし」ナデナデ

律子「え…えへへ…」


666 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:25:11.09 ID:rYpYw+Qh0
律子「………!こ、これじゃいけないわ律子!流されちゃだめ!」

P「…何がだ?」

律子「くっ…でもこのなでられる感覚…耐え難い快感が…ぐぬぬ…恐ろしいわね…添い寝屋…」

律子「私じゃなかったらきっと財布の中身全部使ってるわよ…」

P「それで…どうする?」

律子「…えーっと…じゃあその…私から…抱き返してみてもいいですか?」

P「おう、ご自由に」

律子「…では」ギュ

P「おうふ…」

P「(わすれてた、律子も結構なナイスバディの持ち主だった)」

律子「…ど、どうですか?」

P「ど、どうと言われましても」

律子「…一応、スタイルには自信…それなりにあるんですけど」

P「…正直…たまらんです」


667 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:28:48.20 ID:rYpYw+Qh0
律子「…や、やっぱり変態ですね、プロデューサー」

律子「こうやって女の子に抱きしめられるのが目的だったんですね」

律子「ほーら私の考えたとおり、あぶないあぶない、アイドルをオオカミさんに食べられるところだったわ」

P「(とかいいつつ胸とかあしとか押し付けないでください…起ちそう)」

律子「ふふ…さっきまでの勢いはどうしたんですかプロデューサー殿?」

律子「あんがい責められると弱いんですか?」

P「…かもしれない」

律子「ふ~ん…えいっ!」ギュッ

P「あふっ!」

律子「ほ~らほら!どうだ!どうだ!」

P「あ、当たってるから!当たってるから律子!」

律子「あ・て・て・ん・の・よ!」

P「(やわらかいやらあったかいやらなんやらもうなにこれ!)」


668 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:29:50.84 ID:KJE0oyG5i
りっちゃんのりのり


671 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:34:11.45 ID:rYpYw+Qh0
律子「ふぅ…これは危険な商売ですね」

P「そ…そうだな…うん、危険だ」

律子「…ほかにもいろいろオプションがありますけど…さすがに全部はやってられないですね」

律子「お金も持ちませんし…なによりも」

律子「(私が持たない)」

P「なによりも?」

律子「い、いいんです!」

律子「じゃあ、最後にえーっと…あ、これにしよう」

P「な…なんでしょう」

律子「…耳元でささやいてもらう、5000円」

P「そ、そんなのもあるんだね…」

律子「これ、言ってもらうセリフは私が決めてもいいんですか?」

P「じゃ、ないのかな…」

律子「ふ~ん…じゃあなにを言ってもらおうかな…」


674 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:38:39.80 ID:rYpYw+Qh0
P「えっと…じゃあなにを言えばいいんだ?」

律子「………ちょっと耳、貸して下さい」

P「ん?はい」

律子「ゴニョゴニョゴニョ」

P「ブフッ!!」

律子「な!なんなんですか!おかしいですか!?」

P「い、いや…なんだその…ほ、本当にそれ言うのか!?」

律子「あ、あたりまえです!さぁ早く!!」

P「り…律子、顔真っ赤だぞ」

律子「う、うるさい!!いいから言いなさい!!」

P「で…では…その…笑うなよ?」

律子「笑うわけないじゃないですか、いいから早く…」

P「………」

P「お…お前が…い、一番…す…好きだ!」

律子「ぶほぁ!!」


676 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:40:57.44 ID:rYpYw+Qh0
P「り、律子!?」

律子「ふ…ふふふふふふ…いえ、大丈夫です」

P「は、鼻血出てるけど…」

律子「問題ありません、ティッシュでもつめておけば直ります」

P「それ女の子としてどうなの」

律子「…」ポチ

<お…お前が…い、一番…す…好きだ!

P「え!?」

律子「…芸能関係に勤める人間として、ボイスレコーダーは必須ですから」

P「…とったの、今の」

律子「…」ポチッ

<お…お前が…い、一番…す…好きだ!

P「ぐおおおおおおおおおおおおおお」


677 うひょー!眠気を越えてなんだか健やか! :2013/02/06(水) 09:44:28.14 ID:rYpYw+Qh0
P「ねぇ消そう!消そうよ律子さん!」

律子「いやです、これはいざというときのためにとっておきます」

P「こんなの使ういざなんてとき無いよ!」

律子「わかりませんよ?たとえば…アイドルに手をだしたときとか」ポチリ

<お…お前が…い、一番…す…好きだ!

律子「これがあれば、即破局&あなたは地獄です」

P「あ、あわわわわ」

律子「ふふふ、なーんて嘘ですよ!」

律子「ほら、消します、消しますよ!」

P「ほ…本当に消した?」

律子「ええ、ほら」

P「…な、ないようだ…うん」

律子「ね?大丈夫でしょう?」

P「…はぁ…心臓にまずいよ…まったく…」


681 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:48:14.79 ID:rYpYw+Qh0
律子「こーんなアコギでセクハラな商売してる罰です!」

P「うう…そういわれると言い返せません」

律子「…さて、もう十分かな?調査は終わりです」

P「…で、どうでしたかね」

律子「そうですねぇ…ま、いいんじゃないですか?」

律子「ちょーっと、いやかなーりアウトな感じですけど…」

律子「このくらいのほうが、みんなのガス抜きにはちょうどいいかもだしね」

P「え?今なんて」

律子「なんでもないですよー!ほら、このあとどうすればいいですか?ここにお金入れれば?」

P「あ、えーっとだな…音無さーん!」

律子「え!?」

小鳥「ラブコメfu●k!!見ててハンカチをかみ締めたくなるってこういうことなんだってわかりました!」

律子「プロデューサー殿~!!」バシッ

P「わ、痛い!痛いから!!」


686 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:53:01.62 ID:rYpYw+Qh0
律子「…なるほど、やっぱり小鳥さんの入れ知恵だったと…」

P「はい…そうです」

小鳥「律子さんだって楽しんでたじゃないですか、はい、お会計」

添い寝基本料金 30分 3000円
+手を握る     500円
+目と目を合わせる 1000円
+頭なでなで    1000円
+名前を読んでもらう 1000円
+腕枕  3000円
+抱きしめ 5000円
+抱き返し 3000円
+好きなセリフをささやく 5000円
+スーツ(上着)脱ぎ 10000円 
ギルティ 自分で服を脱ぐ 50000円

計 82500円

律子「は?ギルティって」

小鳥「自分で服脱いだじゃないですか!反則ですよ反則!!」

小鳥「これ許しちゃうとモラルがなくなっちゃうんですからね!厳しく行きますよ!!」

律子「こんな商売にモラルもなにもあるのかしら」

P「さ…さぁ?」


687 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 09:55:53.22 ID:rYpYw+Qh0
律子「はぁ…いいですよ、ちょっと足りないのでギルティ分はあとで」

小鳥「…いいでしょう」

律子「はい、じゃあこれ3万2千500円」

小鳥「た、確かに…」

律子「プロデューサー殿」


689 途中送信しちゃった :2013/02/06(水) 09:58:09.27 ID:rYpYw+Qh0
律子「プロデューサー殿?」

P「なんだ?」

律子「アイドルに…手、だしたら…だめですよ?」

P「…はい」

律子「ふふっ」

小鳥「事務員とかおすすめですよ?」

P「…善処します」

小鳥「…まるで政治家のような顔をして言いますね」

小鳥「もう、はい律子さんはこっち」

律子「…天井裏?いつのまに…」

小鳥「いいからいいから詰める詰める!」

律子「ちょ、ちょっと押さないでくださいよ!」


691 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:01:38.72 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「…寝袋にぶち込んできました」

P「こ、言葉が荒いですよ音無さん」

小鳥「そういえば、なんだか律子さんにやにやしながらボイスレコーダー?みたいなのいじってましたね」

P「え」

/お…お前が…い、一番…す…好きだ!\

P「………」

小鳥「………」

<ガチャ

P「…律子にはかなわん」

小鳥「(あとで複製してもらおーっと)」シュタッ


692 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:02:43.65 ID:dNSHBSpC0
ええい金持ちと貧乏人はまだか!セットでもいいぞ!


694 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:07:31.02 ID:rYpYw+Qh0
伊織「ふぁ~、おはよう」

P「おう、おはよう伊織」

伊織「なによ、なんだか疲れた顔してるわね」

P「ちょ、ちょっとな」

伊織「気をつけなさいよ?ただでさえ寒いんだから風邪でも引かれたら事だわ」

P「心配してくれるのか?」

伊織「だ、だれがよ!私は風邪を引いたアンタが事務所でばら撒かないかどうかを心配してるのよ!」

P「ははは、伊織はやさしいなぁ」

伊織「あんたを心配してるんじゃないからね?わかって…え」

伊織「…なんで事務所に布団なんてあるのよ、ってかここソファーなかった?」

P「まぁ、あったな、今は布団だけど」

伊織「…どういうこと?」

P「…こういうこと」

伊織「?」

P「添い寝…1回500円です」


698 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:13:00.31 ID:rYpYw+Qh0
伊織「…あんた、ついに頭に蛆わいたの?」

P「酷い言われようだ」

伊織「だってそうじゃない、あんたプロデューサーでしょ?アイドルと添い寝って…」

P「ま、まぁ…なんだ、コミュニケーションもかねて…」

伊織「まんまセクハラする男と一緒ね」

P「酷い」

伊織「…それで、添い寝、1回って何分なのよ」

P「え?」

伊織「ふ、布団でなんか寝る機会あんまりないからっ!ね、寝てあげてもいいわ!」

伊織「べ、別にあんたと添い寝がしたいわけじゃないのよ?むしろ嫌よ!」

伊織「で…でも…しかたないわよね、添い寝しなきゃ布団で寝れないものね…」

P「………」

伊織「………なによ」

P「なんでも」

伊織「きー!!なによそのじゃっかんわかってますよ?みたいなにやけ顔は!!」


701 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:18:36.06 ID:rYpYw+Qh0
P「…1回5分、500円です」

伊織「やけに高いわね」

P「まぁ…ニッチな商売だから」

伊織「なにそれらしいこと言ってんのよ」

P「あとオプションとかもあるけど…」

伊織「へぇ~、なにげに充実してるのね」

P「あの…伊織さん?」

伊織「なに?ってスーツ脱がせるだけで1万?馬鹿じゃない!?」

P「その…有り余る財力で買占めとか、なるべく控えてもらえるとうれしいかなって…」

伊織「…は?するわけ無いでしょ」

P「えしないの?」

伊織「あんた私をなんだと思ってるわけ…」

P「いやてっきり札束でも出して『ふふんっ?これで足りるかしら?たりないならもっとださせるけど?』」

P「みたいなこというもんだとばっかり」

伊織「あんたには一度私のイメージについてみっちりお勉強が必要なようね」


705 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:23:43.26 ID:rYpYw+Qh0
P「え、じゃあどうするの?」

伊織「そりゃ払うわよ?現金で」

P「さ…札束?」

伊織「だから、んなわけないでしょ、ちゃんと財布に入る常識的な金額でよ」

P「…な、なんで?」

伊織「あのねぇ…もちろん家のお金で私が自由に使っていいお金もあるわよ?」

伊織「たしかに家かお小遣いだってもらってるわ、でもね」

伊織「そういうお金は使った用途をすべて控えられるのよ?」

伊織「あんた…私の両親に添い寝しましたって言えるの?」

P「………いえません」

伊織「でしょ?まぁ言えたとしても言ったら冗談じゃなく死んじゃうと思うわ」

伊織「だから、こういう私事は自分で稼いだお金で払うの」

伊織「私の場合はアイドル活動で得た収入ね、だからそんな馬鹿みたいに使えるわけじゃないのよ」

P「な…なるほど」


709 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:30:21.76 ID:rYpYw+Qh0
伊織「さて…どうしましょうか」

P「…ちなみに中学生はオプション50%オフです」

伊織「妙に良心的ね、なにロリコンなの?」

P「ロリコンちゃうわ!!」

伊織「ま、どっちでもいいけどね!」

伊織「(ロリコンだろうが熟女好きだろうが私にめろめろにさせちゃえば問題ないもの)」

P「えーっと、じゃあどうする?」

伊織「そうねぇ…じゃあとりあえず30分、お願いするわ」

P「じゃあこれに料金を」

伊織「はい、よろしく」

P「まいど」


710 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:34:50.28 ID:rYpYw+Qh0
P「じゃあその…布団に入ってくれ」モゾモゾ

伊織「やすっちい布団ね、用意した人間の底が知れるわ」

P「…あんまり言わないでおいてあげて」

伊織「わかったわよ、じゃあ入るわ」モゾモゾ

P「………どう?」

伊織「…変な感じ、なんで私事務所であんたなんかと布団に入ってるんだろう」

P「な、なんでだろう」

伊織「にひひ…でもなんだかおもしろいわ」

P「そ?そうか?」

伊織「だってこんなこと普通じゃありえないもの」

P「ま、まぁなぁ…」

伊織「じゃあ、オプション頼むわ」

P「おう、どれだ?」

伊織「…目と目を合わせるね」


712 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:38:58.70 ID:rYpYw+Qh0
P「…そんなんでいいのか?」

伊織「うるっさいわね、いいのよまずはこれで」

P「そうか、じゃあ…はい」

伊織「………」

P「………」

伊織「なにか言いなさいよ」

P「…え、その…伊織って改めてみると…なんだ、可愛いな」

伊織「!?ば、ばっかじゃない!!なにいきなり言ってんのよ!!」

P「ほら、ちょっと前に髪型変えただろ?」

伊織「そ、そうね。イメージチェンジよイメージチェンジ」

P「大人っぽくなったよな、でもなんだろう…可愛さはきっちり残ってるって言うか…」

P「…美人と可愛いが同居してる感じ、すごい奇跡のバランスだとおもう」

伊織「~~~っ!」

P「可愛いよ、伊織」

伊織「ばか!ばかばかばか!!はずかしいからやめなさいよ!!」


713 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:41:53.93 ID:rYpYw+Qh0
P「…そういえばちゃんと見詰め合ったの初めてか?」

伊織「だってアンタと私じゃ身長差が20センチ以上もあるのよ?」

P「あー、そんなにあるのか」

伊織「首が疲れるのよ…だから、目と目を一度しっかり合わせてみようと思ったの」

P「なるほど」

伊織「人の目を見れば…いろんなことがわかるわ」

P「たとえば?」

伊織「体調とか、気分とか、その人の気持ちとか…」

伊織「自分の…気持ちとか」

P「え?」

伊織「いいの!いろいろわかるのよ!」

P「そうか?」

伊織「じ、じろじろ見るんじゃないわよ」

P「…俺には伊織が可愛いということしかわからん」

伊織「うるさいっ!!」


714 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:42:37.46 ID:7n24NGydi
天使か


715 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:43:03.90 ID:Qg3XyuFL0
Pさんマジジゴロ


716 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:43:29.48 ID:/o/hOWtW0
これはタラシですわあ


717 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:45:28.73 ID:rYpYw+Qh0
伊織「次よ次!わ、私を抱きしめなさい!!」

P「お、積極的だな」

伊織「うるさいわね!命令よ命令!!」

伊織「こんな機会でも無いと抱きつけやしないじゃない…」

P「えーっと…じゃあその…失礼します」

伊織「…やさしくしなさいよ」

P「もちろん」ギュ

伊織「ふぁ…」

P「…ど、どうだ?」

伊織「わ、わるくはないわねっ!うん!」

P「そうか?」

伊織「…もうすこし強くしなさいよ」

P「強く?このくらいか?」

伊織「にひひ…ちょっと痛いわよ、馬鹿」

P「す、すまん…」


719 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:48:48.39 ID:rYpYw+Qh0
伊織「いいのよ、そのくらいで…そっちのほうが抱きしめられてるって感じがするわ」

P「…なんだかいいにおいがする、シャンプーの臭いか」

伊織「に、臭いってなによ、香りっていいなさい!ってか嗅ぐんじゃないわよ!!」

P「いや俺髪フェチで…」

伊織「…変態」

P「…サラサラで綺麗な髪だなぁ…」ナデナデ

伊織「な!なに勝手になでてんのよ!!」

P「あ、わるい、いやだったか?」

伊織「嫌じゃないわよ!あ、やめるな!」

P「え?」

伊織「だからその…頭、なでなさいよ」

P「伊織はかわいいなぁ」ナデナデ

伊織「きー!!」

P「まるで伊織が俺のシャルルみたいだ」


720 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:52:56.02 ID:KTHap6vMO
【悲報】P調子に乗る


721 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:54:52.05 ID:rYpYw+Qh0
伊織「なによそれ、私があんたの人形だっていいたいわけ?」

P「いや、ただたんにこう腕の中にすっぽりと納まる感じが…」

伊織「…どうせ小さいわよ」

P「いやこれもなかなかどうして…」

伊織「…やっぱりロリコンなの?」

P「…伊織のためならロリコンでもいいかもしれん」

伊織「…どういう意味よ」

P「…どういう意味だろう?」

伊織「………からかってるわね、あんた」

P「…ばれた?」

伊織「むかつくわ、すっごい…むかつくから…」ギュ

P「うお」

伊織「仕返しに私からも抱きついてやるんだから、にひひ」

P「…可愛いなぁ…」


722 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:55:53.11 ID:ulTad4wN0
おでこにしゃぶりつきたいです
はい


723 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 10:59:45.56 ID:rYpYw+Qh0
伊織「………あのね」

P「どうした?」

伊織「…い、今から言うことは独り言だから」

P「お、おう」

伊織「…さびしかったの、竜宮に入ってから、アンタとの接点がめっきり減って」

伊織「そりゃ竜宮はやりがいがあるわ、私はリーダーだし、あのグループで頂点をとるって決めたの」

伊織「…でもね、やっぱりすこし寂しい、ううん、とっても」

伊織「あんたと…そりゃ今ほど売れてなかったけど…二人っきりでレッスンしたり」

伊織「小さな、小さな仕事を一生懸命にやって、そして二人で成功させる」

伊織「…ふとね、思い出すの、最近」

伊織「…なんでかしらね、別に今に不安があるってわけじゃないのよ?」

伊織「ただ…なんとなくよ、こういう機会があったから言っただけ」

P「伊織…」

伊織「…気にしないで、私もいうほど気にして無いわ」


726 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:03:33.73 ID:rYpYw+Qh0
P「…こんど、ソロでライブとかやってみるか」

伊織「…」

P「…律子にでも頼んでさ、俺がプロデュースして」

伊織「だめよ、やめなさい」

P「え、でも今」

伊織「だめなの、今そういうことをしたらだめ」

伊織「たぶんどっちつかずになっちゃうわ、私」

伊織「…今は、竜宮で、みんなで歩んでいく大切な時期なの」

伊織「だから…だめ、アンタのその優しさはとっても嬉しいわ」

伊織「…でも、時にそれは劇薬にもなるのよ」

P「伊織…」

伊織「…だから…待ってて?」

伊織「私たちが…トップアイドルになったら…そのときは…」

伊織「また、一緒に小さなライブをしましょう?」

伊織「約束して?」


728 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:07:22.46 ID:rYpYw+Qh0
伊織「あんたが約束してくれれば…私はその約束だけで、これからも頑張れるわ」

伊織「そりゃさびしいし…時にはこうやって甘えちゃうかもしれないけど…」

伊織「…アンタが、いいなら…お願い」

伊織「私を…待っててください」

P「………当たり前だ、俺はいつまでも待つさ」

P「…それに竜宮ならあっというまだろ?トップアイドルになるなんて」

P「そんなに待つこともないさ!俺も…トップアイドルに見合うプロデューサーにならなきゃだしな!」

伊織「…そうね、あっというまよ」

伊織「にひひ!アンタもしっかり成長するのよ!」

伊織「アタシに見合う男になりなさい!」

P「ああ、待ってろよ?」

伊織「もちろん、私だっていつまでも待つわ」

P「………ははっ!あはは!」

伊織「にひひ!」


731 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:10:39.81 ID:rYpYw+Qh0
伊織「さって!もういいわ!」

P「そうか?」

伊織「ええ、もう十分エネルギーを充電したもの」

P「…俺はコンセントかなにかか?」

伊織「使い捨ての単3電池ね」

P「酷い」

伊織「う・そ・よ!ばーか!」

P「…もう馬鹿でいいや」

伊織「…このあとどうすればいいわけ?お金とか」

P「ん?ああ、音無さーん、出番ですよー」

小鳥「私もプロデュースしてください☆プロデューサーさん♪」

伊織「へ?」

P「…」

伊織「はぁあぁあぁぁぁ!?なんであんたここにいんのよ!!」

小鳥「私事務員なんだけど…」


733 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:14:08.38 ID:rYpYw+Qh0
伊織「どういうことよ!!」

P「えっと…その、そういうことです」

小鳥「ではお会計で~す」


添い寝基本料金 30分 3000円
+目と目を合わせる 1000円
+頭なでなで    1000円
+名前を読んでもらう 1000円
+抱きしめ 5000円
+抱き返し 3000円
+愚痴を聞いてもらう 1500円

計 15500円

伊織「…結構するわね」

小鳥「商売ですので」

伊織「まぁ…いいわ、はい」

小鳥「ふふ、確かに」


737 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:16:14.35 ID:rYpYw+Qh0
伊織「あんた!」

P「お、おう」

伊織「忘れんじゃ…ないわよ」

P「…わすれないよ」

伊織「…にひひっ!ならいいわ!」

小鳥「ラブコメめっ!めっ!」

小鳥「はい伊織ちゃんこっち!こっち!」

伊織「ちょ!なにここ天井裏!?」

伊織「うわ蓑虫がいっぱい!キモッ!」

小鳥「ふふふ…伊織ちゃんもこうなるのよぉ~」

伊織「ふふざけんじゃないわよ~」

<わよ~ワヨー

P「…頑張ろう」


738 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:19:53.57 ID:rYpYw+Qh0
P「…」シュッシュ

小鳥「ふぅ…いい仕事したわ」

P「…」シュッシュ

小鳥「…無視ですか?プロデューサーさん?」

P「いや…だって残ってるのってあと…ねぇ」

小鳥「あー…そうですね」

P「たぶん…次はあのこかなーって…どうしよう」

小鳥「価格は…下げませんよ?」

P「鬼ですね」

小鳥「商売ですから」

<ガチャ

小鳥「では、上手く乗り切ってください」シュタッ

P「…まじでどうしよう」


759 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:38:00.80 ID:rYpYw+Qh0
やよい「おはよーございまーす!!」

P「やっぱりやよいか…おはよう」

やよい「う?やっぱり?」

P「なんでもないよ、ほら寒かったろう…あったかいお茶だ」

やよい「うっうー!ありがとうございますー!」

P「………」ズズズズズ

やよい「………」ズズズズズ

やよい「えへへ、とーってもあったまりますね!プロデューサー!」

P「そうだな…そうだなぁ…」

やよい「?…あ!プロデューサーさん!お布団がありますよ!」

P「あるな」

やよい「うう…お布団ってほこりがまっちゃうから掃除が大変なんですよね…」

P「いつもありがとうやよい…本当にありがとう…」


760 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:42:13.50 ID:rYpYw+Qh0
やよい「…でも、どうして事務所にお布団が?」

やよい「はっ!まさか誰かが風邪でも引いちゃったんですか!?」

やよい「た、大変です!!わ、わたしおかゆとか作ったほうがいいですかね!?」

P「違うんだ、違うんだやよい」

やよい「へ?」

P「…だれも風邪なんかひいてない、大丈夫だ」

やよい「ほんとうですかー!よかったですー!」

やよい「冬の風は大変ですからね!プロデューサーも注意しなきゃめ!ですよ?」

P「…はい」

やよい「じゃあどうしてお布団が…」

P「…やよい」

やよい「は、はい!」

P「…俺と…添い寝…」

やよい「…う?」

P「俺と添い寝!1回…5分…500円です」


767 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:47:11.06 ID:rYpYw+Qh0
やよい「!?!?!?!?」

P「…ど、どうする」

やよい「…ぷ、プロデューサーとそいねですか!」

P「ああ、その布団で…」

やよい「それはあったかそうですね!うっうー!やりたいですー!」

やよい「あれ…でもたしか…」

P「一回…500円です」

やよい「えぇぇぇぇぇぇ!?500円ですか…」

P「あ…ああ…」

やよい「近所のスーパーのタイムセールでもやしが一袋10円だとすると500円で50袋」

やよい「…50袋!?…もやし祭りが何回でもできます…」

やよい「…その、とーってもそいねはしたいんですけど…500円は…無理です…」

やよい「だって…500円もあったら…何日分の食費か…」

やよい「ううぅ…びんぼーでごめんなさい…ごめんなさい…」


774 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:50:29.01 ID:F5RCs1oE0
ゃょぃヵゎぃそぅ・・・


776 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:50:59.40 ID:rYpYw+Qh0
P「や…やよい…」

やよい「えへへ、でも大丈夫です!我慢ならなれてますから!」

やよい「それに、プロデューサー!ハイ!」

P「タァーッチ!」

やよい「イェイ!」

やよい「ハイタッチならできますから!」

やよい「えへへ…ぜんぜん大丈夫ですよ!」

P「ああ…あああ…」

やよい「私のお給料は…弟たちの給食費とか、お父さんたちの借金でなくなっちゃいますから…」

P「もう…いいんだやよい…」

やよい「…ごめんなさい、こんなきかいをくれたのに…」

やよい「私がもっとランクの高いアイドルじゃないから…」

P「…も、もう…俺が金を!!」

ヒラッヒラッ

P「!?」


782 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:54:20.21 ID:rYpYw+Qh0
P「紙が…舞い降りてくる…」

ヒラッヒラッヒラッ

やよい「な、なんですかこれ…!?」

やよい「プロデューサーさん!お金ですよこれ!」

P「なんだと!?」

やよい「の、野口さんが降ってきますー!」

P「な…なんで…はっ」

伊織「………」ヒラッヒラッ

P「………」

伊織「(見るんじゃないわよ)」ヒラッヒラッ

あずさ「(うふふふふふ)」ヒラッヒラッ

P「お…お前たち…」


784 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:56:28.49 ID:mfMCew0F0
やよいのことだから交番に届け出るに違いない


789 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:57:44.60 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「(…今回だけは…見逃すわ…)」

やよい「うっうー!お金がいっぱいですー!」

P「そうかぁ!よかったなやよい!!」

やよい「はい!でも…拾ったものは交番にとどけなきゃですよね…」

P「!?」

やよい「拾ったものを勝手にとったらドロボーさんなんですよ!」

P「で…でもそんなのばれなきゃ…」

やよい「だめです!そういう気持ちから悪いことをやっちゃうんです!」

やよい「ばれなきゃいいは理由になりません!」

やよい「たしかに…今お金がすっごい欲しいです」

やよい「でも!拾ったお金をドロボーするほど心まで貧しくないです!」

P「」ブワッ


792 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 11:58:55.68 ID:F5RCs1oE0
やよいぃぃぃ(´;ω;`)


798 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/02/06(水) 12:01:20.91 ID:J7/AqVzni
ショーケースを医師投げて割ってゲームボーイ盗む長介


799 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:01:31.26 ID:rYpYw+Qh0
P「…やよい、なら俺が!大人として!責任を持って届けよう!!」

やよい「本当ですか!よかったー!今日実は夕方タイムセールがあって…」

P「そして!知っているかやよい!!」

P「落し物はな…1割もらう権利があるんだ!!」

やよい「へ?」

P「今ここにあるのは…5万円…つまり」

P「やよい…この5千円は…お前のものだ」

やよい「で…でも!」

P「いいんだ、これは正当な…お金を拾ってくれたやよいに対する…正当な権利だ…」

やよい「う…」

P「受け取るかは…やよいの自由だ…」

P「でも…これを受け取っても…なにもおかしくないんだ!」

やよい「!!!」

P「どうする!やよい!!」

やよい「…わ…わたし…」


801 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:04:46.37 ID:rYpYw+Qh0
やよい「…ほんとうに…もらってもいいんですか?」

P「ああ」

やよい「…じゃ…じゃあ…」

やよい「わわ…ご…五千円もの大金…どどどどうしましょう!!」

P「…添い寝、1回…5…いえ30分500円ですっ!!」

P「タイム…セールだ」

やよい「…セールなら…いいよね?」

やよい「…かすみ…長介…みんな、ごめんなさい」

やよい「おねえちゃん、すこし…贅沢をします…」

やよい「プロデューサーさん…添い寝、1回、おねがいします!」

P「はいよろこんでー!!」


803 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:08:00.26 ID:rYpYw+Qh0
P「…じゃあ、俺が先に入るな」モゾモゾ

やよい「えへへ…はい!」

P「さぁやよい!いつでもいいぞ!こい!」

やよい「高槻やよい!いっきまーす!」モゾモゾ

P「おうこっちにこいこっちに」

やよい「え…でも触ったりしたらお金が…」

P「………俺のほうからにじりよってやる」モゾモゾモゾモゾ

やよい「わわ!」

P「俺のほうから勝手にやったんだ、やよいはお金を払う必要なんてないぞ?」

やよい「え…えへへ…じゃ…じゃあ…」ピト

P「………どうだやよい」

やよい「…あったかいです、プロデューサー」

P「ああ、俺もだ」

/ヤッタワ!!\


805 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:11:51.76 ID:rYpYw+Qh0
P「えーっと…どうする?」

やよい「ど…どうしましょう?」

P「…そうだよなぁ…添い寝なんていわれてもわからんよな」

やよい「家族と一緒に寝るのは毎日ですけどね!」

P「じゃあ、そのときどんな風に寝てる?」

やよい「どんなふうにですか?そうですね…」

やよい「やっぱり寒いので、よくかすみとギューってやりますよ!」

P「こんな感じか?」ギュ

やよい「はわ!」

P「…やよいは…ちっちゃいなぁ…」

やよい「えへへ…よく言われます」

P「苦しくないか?」

やよい「ちょっとだけ、あ!でもこのままでいいです!」

やよお「なんだか…お兄ちゃんに抱かれてるみたい…」


811 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:16:35.10 ID:rYpYw+Qh0
P「!?」

やよい「あ!お兄ちゃんなんて居ないんですよ!」

やよい「あの…その…なんていうか…」

P「…話してごらん?」

やよい「…私って、長女じゃないですか」

やよい「長女って…嫌です」

やよい「長女だから、みんなの世話をしなさい、長女だから、我慢しなさい」

やよい「長女だから、親を手伝いなさい、長女だから、みんなに頼られなさい」

やよい「長女だから長女だから…そればっかりです」

やよい「別に家族がきらいってことじゃないですよ?だいだいだーいすきですから!」

やよい「でも…でもですよ?お父さんもお母さんも家にいなくて…」

やよい「家族はみんなわたしよりちいさくて…私がまもらなくちゃで…」

やよい「…わたしは、誰に守ってもらばいいんですか?」

やよい「わたしは…だれに頼ればいいんですか?」

やよい「わかんないです…」


812 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:19:17.18 ID:LJpYR90DP
小鳥「これは愚痴を自分から言ってるからオプション追加ってことよね」


813 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:20:05.83 ID:t2suhMbO0
はるかっす達はまだ寝てるのか?


814 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:21:07.94 ID:rYpYw+Qh0
やよい「そういうときに、もしわたしにおにいちゃんが居たらいいなーって思うんです!」

やよい「お姉ちゃんでもいいんですけど…なんででしょう?プロデューサーを見てたら…お兄ちゃんが欲しいなって!」

やよい「私を守ってくれて、わたしが頼ってもぜーんぶ助けてくれる!そんなおにいちゃんが…居たら…いいなって…」

やよい「あ、あれ…なんででしょう、涙がでてきちゃいました」

やよい「えへへ…悲しくなんかないのに、おかしいですね」

やよい「むしろこうやってプロデューサーにだきしめられてるのに…うれしいのに…」

やよい「うぅ…うわ…うわぁぁぁん!!」

P「やよいっ!!」

P「俺が!お兄ちゃんだ!」

やよい「ふぇ?」

P「いいか、よく聞けやよい」

P「残念ながら、本当のお兄ちゃん…になるのは無理だ」

やよい「はい…」


818 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:24:41.13 ID:rYpYw+Qh0
P「でも!それでも!」

P「俺はやよいより年上だし!お前を守ってやれるくらいの力はある!」

P「ほら!強いだろ!」ギュ

やよい「えへへ…痛いですよ、プロデューサー」

P「…それに、やよいが困ってるならなんだってする!」

P「特売で人がたりないなら駆けつけるし!荷物がおもいなら持つぞ!」

P「届かないものがあったらとってやるしなんだってする!」

P「だから…俺がやよいを守って!助ける!」

P「おれが…俺が!やよいのおにいちゃんだ!」

やよい「…プロデューサー…」

P「ちがう!お兄ちゃんだ!」

やよい「お兄ちゃん!!」

P「やよいいいいいい!!」


822 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:27:27.84 ID:rYpYw+Qh0
やよい「えへへ…うれしいです…おにいちゃん♪」

P「おう、俺もこんなに可愛くて素直で出来た妹ができてうれしいぞ」

やよい「…えへへ…おにいちゃーん」

P「どうしたやよい」

やよい「…読んでみただけです!」

P「可愛いなぁ!!」ワシャワシャ

やよい「うわわ!もう髪の毛ぐしゃぐしゃですよー!」

P「なんくるない!家族のコミュニケーションだ!」

やよい「むむむ…ならえい!」

P「うがー!俺の髪も!」

やよい「かぞくのこみゅにけーしょんです!」

P「ならしょうがないな!」

やよい「ですね!」


828 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:31:21.03 ID:rYpYw+Qh0
P「…どうだ、添い寝、楽しかったか?」

やよい「はい!とーっても楽しかったです!」

P「…これからも…お兄ちゃんって…呼んでいいんだぞ?」

やよい「…えへへ…あ…でも…やっぱりプロデューサーはプロデューサーがいいなって!」

P「!?」

P「お…俺じゃ…やっぱり嫌か?」

やよい「そ、そういうことじゃないです!えっとですね…」

やよい「その…家族だと…プロデューサーがお兄ちゃんだと…」

P「お兄ちゃんだと?」

やよい「け…けっこん…できないかなーって、えへへ!」

P「…せやな」

P「(やよいがもうなんだこれなにこの可愛い生き物…)」

P「なら、また俺はプロデューサーだな!」

やよい「はい!よろしくお願いします!」

P「こちらこそ!おねがいします!」


829 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:31:25.75 ID:B5SBZ7SBi
ぴよちゃんまじ鬼畜


830 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:32:17.70 ID:B5SBZ7SBi
イイハナシダナー


833 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:35:33.65 ID:rYpYw+Qh0
やよい「えーっと…お金…いくらになっちゃいましたかね?」

小鳥「私が説明しよう」

やよい「はわ!音無さん!?」

P「音無さん、わかってますよね?」

小鳥「ええ、大丈夫ですよ?」


添い寝基本料金 30分 特別価格500円
+頭なでなで    1000円
+名前を読んでもらう 1000円
+抱き返し 3000円
+頭クシャクシャー! 1000円
+頭クシャクシャー!返し 1000円
+愚痴を聞いてもらう 1500円
オプション割引5割

計 4750円

P「アンタってひとはぁ!!!!」

小鳥「…商売ですから」

やよい「いいんです!プロデューサー!」


846 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:41:35.35 ID:rYpYw+Qh0
やよい「えへへ、ちゃーんとお金は払わないとだめなんですよ?」

やよい「はい!ちょうどです!」

小鳥「…たしかに」

P「音無さん…あなたそれでも…」

小鳥「ちがいますよプロデューサーさん」

小鳥「私は、ルールを守っているんです」

小鳥「やよいちゃんは…お金を拾ったときも、ちゃんと交番に届けようとしました」

小鳥「ですから!!私も…私のルールに従って…会計を頼むんですっ」

P「……それでも…そんなのって!!」

やよい「小鳥さん!ありがとうございます!」

やよい「えーっと…私だけ特別扱い?しようとしてくれてたなら…それはそれで嬉しいんですけど」

やよい「みんなと、同じあつかいをしてもらって…すーっごく嬉しいです!」

やよい「だって、びんぼーな私も、私ですから!」

P「やよい…ええこや…」


855 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:44:51.81 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「………やよいちゃんは届けました」

P「………どうでした?」

小鳥「………伊織ちゃんにすんごい目で見られました」

P「…そりゃそうですよ」

小鳥「…でも、いいんです」

小鳥「わたしは私なりに…やよいちゃんと向き合ったのだから…」

P「…そんなもんですかね」

小鳥「さて、たぶん次が一番難所ですよ」

P「かもしれません」

小鳥「………生きて、帰って来てくださいね」

P「そんな死ぬみたいに」

小鳥「死にはしないでしょうけど…」

<ガチャ

小鳥「搾り取られるかも」シュタッ

P「…えぇ…」


867 う…埋まるとこまりんす… :2013/02/06(水) 12:50:26.43 ID:rYpYw+Qh0
美希「あふぅ…眠いの…」

P「美希、おはよう」

美希「あ、ハニー!おはようなのー!」ダッ

P「こら抱きつかない!」

美希「挨拶のハグなの、あは☆」

P「ここは日本なの」

美希「あ!お布団があるの!」

P「ああ、そうだな」

美希「ねーねーなんで?あ…もしかしてハニーが美希のために用意してくれたの!?」

P「…まぁ、そうなるのか?」

美希「えへへ…ハニーも変態さんなの…こんな日の明るいうちから…いやん♪」

P「なにがいやんだいやん」

P「えーっとだな美希」

美希「なにハニー?」

P「添い寝、1回5分500円だけど…やるか?」


869 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:51:40.96 ID:t2suhMbO0
大正義正妻ミッキきたああああ


870 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:51:56.86 ID:F+J7LpwU0
純情ミキミキの予感!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


872 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:53:21.64 ID:rYpYw+Qh0
美希「………」

P「…美希?」

美希「…ハニー」

バシッ!!

P「………へ?」

美希「ハニー、二度と美希にそういうこと聞かないで欲しいの」

P「…え?」

美希「ハニーは、美希にお金をだして添い寝しろって言うの?」

P「え…あ…あの」

美希「馬鹿にしないで欲しいの!!!!!!!!!!!!」

P「!?」

美希「美希ね!絶対ハニーとはそういうこと!お金で解決なんかしない!!」

美希「お金で解決しちゃ!絶対にいけないことなの!!!!!!!!!」


880 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 12:57:02.96 ID:rYpYw+Qh0
美希「美希ね、ハニーのことが大好きだよ?」

美希「だからね、添い寝だってしたい、手もつなぎたい。チューだってしたい」

美希「でもね、でもね、それを絶対にお金を払ってなんかやらないの!」

美希「だって!それは美希が!ハニーと恋人になってやりたいことだから!」

美希「美希が好きで!ハニーも美希が好きで!それで…それで!お互いがやりたくてするの!」

美希「それを…それをお金を払ったからやるなんて…ぶじょくもいいところなの!!!!!!」

美希「美希の気持ちを馬鹿にしないで!!!!!!!!!!!」

美希「美希の…美希の夢を…穢さないで…」

P「み…美希…」

美希「う…うえぇぇぇぇん…ひっく…うわぁぁぁぁぁぁああん!!」

P「………ごめん…美希」


894 あの、ほんとに埋まっちゃうから…あとすこしなんで… :2013/02/06(水) 13:02:56.53 ID:rYpYw+Qh0
美希「ぐすっ…美希、まだこどもなのはわかってるの」

美希「でも…でもね、ハニーを好きって気持ちはほんとのほんとに好きなの!」

美希「だから…ハニーも…向き合うならちゃんと向き合って」

美希「かわすなら…かわし続けて!!」

美希「中途半端に…美希の気持ちに踏み入れないで…」

P「………美希、ごめん」ギュ

美希「ハニー…」

P「…俺、間違ってた、本当にごめん」

美希「ううん…いいの…気が付いてくれたならそれで…嬉しいの」

P「…たしかに…俺はいつも美希は子供だ子供と思ってた」

美希「うん」

P「でも…そうだよな、好きって気持ちに…子供もなにもないよな…」

美希「えへへ…そうなの」

P「美希、聞いて欲しい」


898 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:06:02.23 ID:rYpYw+Qh0
美希「なに?ハニー」

P「…今、俺の意思で、美希を…美希と添い寝したい」

美希「………」

P「確かに…俺は今美希の気持ちにはいとは言えない…でも!」

P「今…今からでも…ちゃんと…向き合わせて…くれないか、美希の気持ちに」

P「美希、添い寝しよう」

美希「…はいなの!」

………

美希「えへへ…美希、今ハニーと添い寝をしてるの」

P「ああ…そうだな」

美希「…不思議、あんなに泣いたのに…今すんごく気分がいいの」

P「…そうか」


900 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:08:48.10 ID:rYpYw+Qh0
美希「今ね、美希は夢を見てるの」

P「夢?」

美希「うん、ハニーと添い寝をする夢」

美希「美希はね、この夢…絶対に正夢にするの」

美希「だから、今美希は…夢を叶えるために夢を夢見てるの!」

P「…あはは!夢夢いいすぎてなんだかよくわからないや!」

美希「美希もなの!あは☆」

P「えっと…どうしようか?」

美希「手…つないで欲しいかな」

P「うん、わかった」

ギュ

美希「えへへ…ハニーの手…」

P「ああ、美希の手だ」


906 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:11:46.98 ID:rYpYw+Qh0
美希「…ハニー、お話して?」

P「お話?なにを話せばいいんだ?」

美希「なんでもいいの、お仕事の話、趣味の話、好きな食べ物の話…」

美希「ハニーのことなら何でもいいよ?」

P「そうか?きっとつまらないぞ?」

美希「つまらなくなんてないの!だって」

美希「好きな人のことを知っていくって…とっても素敵なことなの」

美希「知らないところを知って、また好きになって、また知って…それを繰り返して、好きって気持ちがどんどん輝くの」

美希「だから、美希もハニーに美希のお話するね?」

P「…ああ、聞かせてくれ」

美希「えーっとね…美希の好きな食べ物はー」

P「おにぎり、だろ?」

美希「なの!」

………
……



909 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:15:28.86 ID:rYpYw+Qh0
美希「Zzzzzz....」

P「………音無さん」

小鳥「なんでしょう」

P「…みんなから取ったお金、返してください、全員に」

P「…美希に言われて…気が付きました」

P「もっと…もっと俺は…あいつらの気持ちに…向きあわなきゃいけない」

P「今まで…のらりくらりとかわして、時たま気まぐれでこうやって土足で入って」

P「…これじゃ、男として…最低ですよね」

P「…だから、お金は返してください」

P「…おれは、みんなに頭下げます、許してくれるかわからないけど…あやまります」

P「そして、もう一度…いや、ようやく…俺は、本気で彼女たちの気持ちと…向き合えると…思うんです」

小鳥「………わかりました、全員にお金はかえします」

P「…はい、お願いします」


918 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:19:50.74 ID:rYpYw+Qh0
律子「…美希…こんなに泣いちゃって…」

P「…はは、面目ない」

律子「…それと、小鳥さん」

小鳥「はい?」

律子「…この料金表、なーんかしたのほう余白があるなーって思ったんです」

律子「それで…火であぶってみたら…」

☆特別メニュー:なんでも言うこと聞いちゃう! 30万円 ☆

律子「…これでしたね?狙いは」

P「…30万…たしかに今までの金額を合わせたら…とどくか?くらい」

律子「ええ、たぶん見越して設定していたのでしょう」

小鳥「………ええ、そうです」

P「…音無さん…」

小鳥「だって!だって!」

小鳥「私だって…私だって…そんな理由がなきゃ…いいだせなかったんです…」

小鳥「勇気が…出せなかったんです…」


930 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:24:19.12 ID:rYpYw+Qh0
小鳥「う…うう…」

P「音無さん」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「…俺は、みんなに謝ります、そして、向き合います」

P「…だから、音無さんも…謝りましょう」

P「そして…俺と向き合ってください…今度は大丈夫ですよ」

P「だって…俺も、音無さんも…向き合ってるんですから…」

小鳥「プロデューサーさぁあああん…」

律子「…これにて、一件落着かしらね?」

これにて765プロ添い寝屋騒動は終わった

向き合う、その大切さをみんなが知った1日であった

あなたも、大切な気持ちと、向き合ってみませんか?


終わり


932 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:25:04.25 ID:/6uBRKwp0
おつ!


945 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:27:53.02 ID:YrQH7Vut0

でも音無さんも添い寝させたげてよ


946 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:27:57.70 ID:rYpYw+Qh0
おまけ

小鳥「私も添い寝したい!」

律子「いいですよ?」

小鳥「え!本当ですか!」

………

P「…で、俺は横に寝ておけばいいのか?」

律子「ええ、それだけでいいですよ!」

小鳥「なんで私簀巻きになってるんですか!ねぇ!!」

律子「だって自分で手が出せたらおしおきにならないじゃないですか」

小鳥「そんなぁ!!プロデューサーさん!せめてプロデューサーさんから!」

P「あは…あはは…その」

<お…お前が…い、一番…す…好きだ!

P「すみません」

小鳥「な…生殺しぴよー!!!」


終わり


963 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:30:23.24 ID:/N1XEHkFO

面白かった


967 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:30:48.88 ID:rYpYw+Qh0
日またいだどころか保守までさせて本当にごめんなさい
別に小鳥さんネガキャンしたいわけじゃないよ?そういう役どころだったの…ファンの人ごめんね
いろいろ荒れちゃったりしてごめんなさい、もっと上手にみんなが楽しく読めるもの書けるよう頑張ります
保守と支援ありがとうございました、また別のSSでよろしくお願いします


968 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:31:09.83 ID:G7x+UXW60
乙 律子大勝利だな


969 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/02/06(水) 13:32:05.18 ID:J7/AqVzni
響裸で寝袋入ってたのかな


970 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:33:05.63 ID:+a5b9fiR0
大層乙であった


993 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/06(水) 13:44:39.82 ID:Z/PB4pQ90
>>967
おつ!面白かったよ!


転載元

P「添い寝、一回500円です」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360063206/







PETIT IDOLM@STER Twelve Seasons! Vol.7
三浦あずさ&みうらさん(CV:たかはし智秋) 三浦あずさ みうらさん たかはし智秋
メディアファクトリー (2013-02-27)
売り上げランキング: 253



PETIT IDOLM@STER Twelve Seasons! Vol.8
菊地真&まこちー(CV:平田宏美) 菊地真 まこちー 平田宏美
メディアファクトリー (2013-02-27)
売り上げランキング: 252

関連記事
2013/02/08 23:57 | CM(5) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1.    [ 2013/02/09 18:46 ]
  2. 2000円課金してやろう
  3. 774@いんばりあん [ 2013/02/09 23:41 ]
  4. 高木「わたしも添い寝したい」

    黒井「わたしも添い寝したい」
  5. 名無し春香さん [ 2013/02/27 18:31 ]
  6. 美希のセリフが迫真すぎてちょっと涙出た
  7. 774@いんばりあん [ 2013/04/07 02:45 ]
  8. ホストにはまって身を持ち崩す女ってこんな感じなのかな
  9. 774@いんばりあん [ 2013/04/23 19:50 ]
  10. え?社長は?
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング