HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翠星石「どんぐりと山猫」

2013/02/27 18:58 | CM(3) | その他 ローゼン SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:03:51.50 ID:6G6TZ9d70
まいた世界 深夜

翠星石「真紅ぅ 何か眠れないですぅ」

真紅「あら… ではこれを貸してあげるわ」

翠星石「どんぐりと山猫?」

真紅「それでも読んでおやすみなさい」

翠星石「ええー! 真紅が読んでぇ!」

真紅「ええ… もう… 仕方がないわね…」

翠星石「…」どきどき…



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:07:10.85 ID:6G6TZ9d70
おかしな葉書が、ある土曜日の夕方、翠星石の家に来ました

すいせいせきさま 九月十九日

あなたは、ごきげんよろしいほで、けっこです
あした、めんどなさいばんしますから、おいでんなさい
とびどぐもたないでくなさい

山猫 拝


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:12:46.95 ID:6G6TZ9d70
こんなのです 

字はまるで下手で、墨もガサガサして指に付く位でした

でも翠星石は嬉しくて嬉しくてたまりませんでした
葉書をそっと鞄にしまって家中飛んだり跳ねたりしました

翠星石「山猫から手紙が来たんですぅ!」

真紅「ふぅん…?どんな…?」

翠星石「こんなんですぅ!」

真紅「あら…」

翠星石「きっとこーんな…ニャア!って顔した山猫ですよー」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:16:37.58 ID:6G6TZ9d70
でも翌朝目が覚めるともうとっくに朝でした

翠星石「あわわ… 遅刻遅刻ですぅ!」

表に出てみると周りの山は
皆たった今出来たばかりみたいで
真っ青な空の下に並んでいました

翠星石は谷川に沿った小道を上の方へ登って行きました


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:21:18.74 ID:6G6TZ9d70
透き通った風がざあっと吹くと、栗の木はばらばらと実を落としました
翠星石は栗の木を見上げて聞いてみました

翠星石「栗の木さん 栗の木さん 山猫がここを通りませんでした?」

栗の木「山猫なら今朝早く、馬車で東の方へ飛んで行きましたよー」

翠星石「東なら翠星石の行く方ですねえ おかしいですぅ
とにかくもっと行ってみましょう 栗の木さんありがとうですぅ!」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:27:35.59 ID:6G6TZ9d70
もう少し行きますと、滝に着きました
滝では金糸雀がバイオリンを弾いていました

翠星石「金糸雀ー 山猫がここを通りませんでしたか?」

金糸雀「んー? もうちょっと大きな声で言ってほしいかしら―!」

翠星石「えーと やまねこがぁ」

金糸雀「んー!」

翠星石「とおりませんでしたかぁー!」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:29:20.47 ID:6G6TZ9d70
金糸雀「あー! 山猫かしらー!」

翠星石「そーですよぉ!」

金糸雀「山猫ならさっき馬車で西の方へ飛んで行ったかしらー!」

翠星石「おっかしいですぅ 西は私の家ですのにー
けどまあもう少し行ってみるですよ!

ありがとー 金糸雀ぅー!」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:34:33.48 ID:6G6TZ9d70
もう少し行きますと、一本のぶなの木の下で
蒼星石が眠っていました

翠星石「ねえねえ 蒼星石ー」

蒼星石「ん…? ああ君か… どうしたの 
こんなとこで…」

翠星石「あのー 山猫がここを通りませんでしたか?」

蒼星石「山猫?そう言えば通ったな 今朝早く南の方へ…」

翠星石「南?そりゃあっちの山の方ですぅ
おっかしいなーですう

まあもう少し行ってみますか 
ありがとー 蒼星石ぃー!」


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:39:35.11 ID:6G6TZ9d70
深い森の中を進んで行きました
すると急に開けた所に出ました

翠星石「わあー… 一面金色の原っぱですぅ…
こんなとこがあったのですねえ…  あれ?」

すると、その草地の真ん中に雛苺がいたのです

雛苺は手に革鞭を持って、黙ってこっちを見ていたのです

翠星石「ありゃ? チビチビじゃありませんかー」

雛苺「うゆー 翠星石きたのー」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:43:28.88 ID:6G6TZ9d70
翠星石「? なーんかおっかしいですぅ
まあいいやですぅ

ねえ、チビチビは山猫知りませんか?」

すると雛苺はニヤッと笑って言いました

雛苺「山猫さまは今すぐに、ここに戻ってくるのー」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:47:12.89 ID:6G6TZ9d70
翠星石はびっくりして言いました

翠星石「ありゃりゃ? って事は翠星石を呼び出したのは…」

すると雛苺はますますニコニコしてしまいました

雛苺「翠星石は手紙見て来てくれたの?」

翠星石「ほよ? 見ましたよ それで来たんですぅ」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:51:19.07 ID:6G6TZ9d70
雛苺「でも… あの手紙の字は、きっととっても下手だったのー…」

雛苺は下を向いて悲しそうに言いました
翠星石は気の毒になったので、

翠星石「さあ… 中々文章が上手いようでしたよ?」

と言いますと、雛苺はとても喜んで、
苺大福を取り出して言いました

雛苺「翠星石にうにゅーあげるのー!」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 02:56:17.42 ID:6G6TZ9d70
うにゅーを食べていますと、雛苺はまた聞いてきました

雛苺「ねえ翠星石ぃ あの字もなかなか上手かったのー?」

翠星石は思わず笑いながら、返事しました

翠星石「そりゃー上手かったですよー!五年生だってあの位には
書けないですぅー!」

すると雛苺は、急にまた暗い顔をしました

雛苺「五年生って言うのは、小学校五年なのー…
翠星石は… ひっく… ヒナをバカにしてるの…」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:01:56.12 ID:6G6TZ9d70
その声があんまり可哀想でしたので、翠星石はあわてて言いました

翠星石「いいえ、大学校の五年生ですよー!」

すると雛苺はまたとても喜んで
苺大福を沢山取り出して言いました

雛苺「翠星石に好きなだけあげるの!二人で半分こなのー!」

翠星石「えっ?良いのです?こんなに沢山…」

雛苺「うん!翠星石は特別なのー!
実はね あの葉書はヒナが書いたのよ!」

翠星石はおかしいのをこらえて言いました

翠星石「それで…チビチビは山猫をどうして知っているのですか?」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:11:04.50 ID:6G6TZ9d70
雛苺「ヒナはね 山猫さまの馬車別当なの」

その時風がどうっと吹いて
振り返るとそこに水銀燈が立っていました

翠星石「あ…!」

翠星石はびっくりして動けなくなってしまいました
ところが水銀燈はくすりと笑って
おじぎをしましたので
翠星石も丁寧に挨拶してみました

翠星石「こんにちは水銀燈 
山猫って水銀燈の事だったのですか…?」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:21:07.54 ID:6G6TZ9d70
水銀燈「こんにちは翠星石… そうね…山猫で水銀燈なのよ…」くす

水銀燈はドレスをぱたぱた
はたいて言いました

水銀燈「今日はよく来てくれたわね まあお掛けなさいな」

水銀燈が木の根っこに腰掛けたので
翠星石も適当な根っこに掛けました

水銀燈「実は一昨日から面倒な争いがあってね… はぁ
ちょっと裁判に困ったから
貴女の考えを聞きたいと思ったのよ…」

翠星石「ふゆ? さいばん? 面倒な争いって何の事です?」

水銀燈「まあ直にどんぐり達が来るでしょう
どうも毎年この裁判には困ってしまうのよねぇ…」はぁ…


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:28:33.82 ID:6G6TZ9d70
水銀燈は懐からハイライトを取り出して
自分が一本取って言いました

水銀燈「いかが?」

翠星石はびっくりして

翠星石「け けっこですぅ!」

すると水銀燈はふっと笑って

水銀燈「ふぅん まだ若いから?」

と言いながら、マッチをしゅっと擦って
ちりちり火をつけました
青い煙がすうっと上がりました

雛苺は少し離れたところでしゃんと立っていましたが
いかにも煙草の欲しいのを無理にこらえているらしく
涙をぽろぽろこぼしました


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:35:23.44 ID:6G6TZ9d70
その時翠星石は、足元でぱちぱち
塩のはぜるような音を聞きました

翠星石「ふえ?! あっあわわー…すごい沢山
どんぐりですぅー!」

水銀燈「来たみたいね… ベルを鳴らしなさい
今日はそのあたりが日当たりが良いわ
雛苺 草を刈りなさい」

水銀燈は煙草を消して大急ぎで言いました
雛苺もあわてて鎌でそのへんの草を刈りました

するとそこへ四方の草の中から
どんぐりがきらきら光って飛び出してきました
皆わあわあ何か言っています


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:42:53.19 ID:6G6TZ9d70
今度は雛苺が鈴をがらんがらん鳴らしました
どんぐり達は少し静かになりました

水銀燈「はぁ… 裁判ももう今日で三日目よ
いい加減に仲直りをしたらどうなの?」

水銀燈が少し心配そうに言いますと
どんぐりどもは口々に叫びました

どんぐり「いえいえ!だめです!なんたって
頭のとがっているのが一番偉いんです
そして私が一番とがっています!」

すると別のどんぐりも言いました

どんぐり「いいえ違います!
丸いのが偉いのです!一番丸いのは私です!」

するとなぜか蒼星石も混ざっていて言いました

蒼星石「大きなことだと思うけど… この中では
僕が一番大きいから僕が一番偉いよ」


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:48:47.18 ID:6G6TZ9d70
翠星石「ええー…いやいや…」

すると金糸雀もいつの間にか紛れ込んでいて言いました

金糸雀「そうじゃないかしら!
カナの方がよっぽど大きいって、昨日水銀燈が言ったかしらー!」

翠星石「ちょ…金糸雀まで何やって… ってありゃ?」

真紅「お話にならないわ 一番背が高いのは私ですもの」

雪華綺晶「あら…なんならアリスゲームをして決めましょうか…
お姉さま方…」

もう皆わやわやわやわや
何が何だか訳が分からなくなりました


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:51:59.36 ID:6G6TZ9d70
そこで水銀燈が怒って言いました

水銀燈「やかましいわね ここをどこだと思っているの?
静まりなさい」

雛苺「静かにするのー!」

雛苺が鞭をひゅうぱちっ
と鳴らしましたので、どんぐりとかは
やっと静まりました


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 03:56:48.22 ID:6G6TZ9d70
水銀燈は「はぁ」とため息をついて言いました

水銀燈「裁判ももう今日で三日目よ
いい加減に仲直りしたらどう?」

するともう
どんぐりとかが口々に言いました

どんぐり「いえいえ、だめです!なんたって頭のとがってるのが」

蒼星石「じゃあ僕は帽子をかぶっているけれどこれは」

金糸雀「違うかしら!カナはハートの飾りを付けてるかしら!」

真紅「どうでもいいわ そんな事」

雪華綺晶「だからアリスゲームで決めましょうと」


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:00:58.21 ID:6G6TZ9d70
水銀燈「だまりなさいやかましい!
ここをなんと思っているの?静まりなさい!」

雛苺が鞭をひゅうぱちっと鳴らしました
水銀燈は「はぁ」とため息をついて言いました

水銀燈「裁判も今日でもう三日目よ
いい加減仲直りしたらどう?」

どんぐり「いえいえだめです!とにかくとがってるのが!」

真紅「雛苺!紅茶を持ってきて頂戴!こんなことではお話にならないわ!」

水銀燈「ばか真紅!だまりなさい!」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:05:54.71 ID:6G6TZ9d70
雛苺がひゅうぱちっ
と鞭を鳴らし、ようやく静かになりました

水銀燈は翠星石にそっと言いました

水銀燈「この通りよ どうしたらいいのかしらね…はぁ」

翠星石は笑って言いました

翠星石「それならこう言ってやればいいですよ!
この中で一番めちゃくちゃで、楽器も下手でハサミもさびてて、
バカでまるでアリスに相応しくないのが… 

一番偉いんですぅ!」


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:09:36.05 ID:6G6TZ9d70
水銀燈は成程と言う風に聞いていましたが
それからドレスのよれを正して言いました

水銀燈「よろしいわ 静かにしなさい 
申し渡しよ

この中で一番偉くなくて、真紅みたいにバカで、
てんでなってないようなのが――

一番偉いのよ」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:17:35.21 ID:6G6TZ9d70
するとどんぐりも、蒼星石も金糸雀も真紅も雪華綺晶も
みんなしいんとしてしまいました

それはそれはしいんとして、まるで元のどんぐりと人形に戻ったみたいでした

水銀燈はやっと安心して「はぁ」とため息をつきました
雛苺もよろこんでなのーなのーとか言いました

水銀燈は手袋を取って
翠星石に握手して言いました

水銀燈「どうもありがとう 翠星石
これ程のひどい裁判をまるで一分半で片付けてくれたのだから

どうかこれから私の裁判所の
名誉判事になって貰えないかしら

これからも、葉書が行ったら、どうか来てほしいのよ
そのたびにお礼はするわ」


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:23:06.88 ID:vewqmNrx0
宮沢賢治か


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:23:25.64 ID:6G6TZ9d70
翠星石「もちろんですよー!お礼なんかいらんですよ」

水銀燈「いいえ お礼はどうか受け取っておいて
私の人格に関わるし…

これからは、葉書に翠星石殿と書いて、
こちらを水銀燈と書くけれど、良いかしらね」

翠星石「いいですよ」

水銀燈「それから――
その後は一緒にお茶でもいかが…
と書いてもいいかしら…」


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:32:24.21 ID:jcRpf/CS0
今日読んだばっかだから何か嬉しいwwww


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:33:57.23 ID:6G6TZ9d70
水銀燈はどこか気まずそうに言いました
でも翠星石は笑って答えました

翠星石「もちろんですよー!」

水銀燈は一瞬とてもうれしそうな顔をしました
けれどもすぐに元に戻って言いました

水銀燈「さ 今日のお礼をしないとね
貴女、金のどんぐりと、お酒とどっちが好きなの?」

翠星石「金のどんぐりが好きですよ」

水銀燈「お酒はまだ飲まないの 
飲めるようになったら…沢山良いワインがあるのよ
また一緒に飲みましょう」くす

雛苺がその辺のどんぐりを升にいれて渡してくれました

水銀燈のドレスが風でバタバタ言いました

水銀燈「じゃあ馬車の支度をしなさい」


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:39:29.94 ID:wcHRuHQq0
好き


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:40:23.84 ID:6G6TZ9d70
ひゅうぱちっ

馬車は野山を飛んで行きました
木も山も空も、すごい勢いで流れていきます

翠星石はうとうとして、何時の間にか眠っていました――


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:42:24.88 ID:6G6TZ9d70
******

真紅「一郎は自分の家の前に
どんぐりを入れた升を持って立っていました

それから… あら ふふ…」

翠星石「くぅ…」

真紅「おやすみなさい 翠星石 おしまいだわ」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 04:50:40.98 ID:0tFFDYpP0
>>40
よだかもいいね
俺は雪渡りが一番好きかな

いちおつおつ


転載元

翠星石「どんぐりと山猫」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361898231/







どんぐりと山猫 (日本の童話名作選)
宮沢 賢治
偕成社
売り上げランキング: 186,099




関連記事
2013/02/27 18:58 | CM(3) | その他 ローゼン SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/02/27 21:28 ]
  2. ほのぼのしてていいね!
    でも 金糸雀ぅ が気になる
  3. MCC [ 2013/02/27 22:33 ]
  4. ただひたすら癒される♥

    良かったヨ!
    再アニメ化に伴い第二次ローゼンブームが到来する事を心から願う!
    [ 編集 ]
  5. 774@いんばりあん [ 2013/02/28 05:29 ]
  6. 真紅さん、マジ良いお姉ちゃん!
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。