HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛「プロデューサーのことなんか別に好きじゃないけど?」

2013/03/03 04:10 | CM(6) | モバマス・グリマス SS
2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:04:03.86 ID:waQ3KnN30
「お疲れ様でしたー!」



凛「お疲れ様です」

凛「……ふぅ」

P「お疲れ、今日も良かったよ」

凛「ん、ありがと」

P「今日の仕事はこれで終わりだから……このまま送って行こうか?」

凛「あー、いや、事務所まででいいよ」

P「分かった。なら裏に車回してくるから……」

凛「」 テクテク

P「その間に控え室で着替えといて……って、あれ? もう凛行っちゃったし」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:05:07.76 ID:waQ3KnN30
ーーー
ーー



P「お、来たな」

凛「……」 ガチャ ストンッ

P「座れるか? 後ろ今ごちゃごちゃしてるけど」

凛「別に、大丈夫」

P「んじゃ行くぞー」

凛(あ、卯月からLINEきてる……) カチャカチャ

P「……」

凛「……」

P「……」

凛「……」

凛「ねぇ、プロデューサー」

P「んー?」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:05:59.98 ID:waQ3KnN30
凛「車の中、少し整理したら?」

P「あはは、やっぱ狭いか? すまんすまん」

凛「いや狭くはないけどさ……。なんか、ものが溢れ過ぎ」

P「あぁ……。みんなが勝手に俺の車にいろんなもの置いてるせいでな」

凛「これ、事務所の車じゃないの?」

P「そうだけど、使う人俺しかいないだろ? だから、ほとんど俺のみたいなもん」

凛「職権乱用だね。ちひろさんに言っておくよ」

P「おいおい、勘弁してくれよ」

凛「……」

P「……」

凛「……」

P「……え、マジで言う気?」

凛「さぁ、どうかな?」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:06:42.78 ID:waQ3KnN30
P「頼むから変なコト言わないでいてくれよー、凛」

凛「はいはい」

P「そうだ! 飴をあげよう。それで黙っといてくれ」

凛「どこぞのニートと一緒にしないで」

P「はは、そんなこと杏が聞いたらおこ……らないな。むしろ開き直りそうだな、あいつは」

凛「……いいから飴」

P「あれ、いるのか? 口ぶりからしていらないと思ったんだけど」

凛「ならいいや。ちひろさんに言っておくし」

P「ほら飴をあげよう今すぐあげよう。いや差し上げましょうむしろ受け取って下さい」

凛「ちゃんと前見てよ」

P「任しとけ」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:07:26.90 ID:kakXiia0O
正妻凛ちゃん正妻の余裕


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:07:48.12 ID:waQ3KnN30
凛「へぇ……濃厚ミルク入り、なんてあるんだ」

P「おぅ、杏の好きなやつでさ。前食べてみたけど、すごい美味しかった」

凛「……」

P「あいつがわがまま言ったら、それをあげてなんとか乗り切ってるんだよ」

凛「……ふーん」

凛「じゃあこれは、杏ちゃんのためにプロデューサーが車の中に置いた飴なんだ?」

P「いいや? 俺じゃなくて、杏が置いたやつだよ」

凛「……」

P「それより凛も食べてみろって。美味しいから」

凛「……」

凛「いや、いらない。私今ガム噛んでるし」

P「あれっ? そうだったか? いやー、すまんな。まぁ、後で食べてみてくれよ」

凛「……気が向いたらね」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:08:37.58 ID:waQ3KnN30
P「あっ、そうそう。後ろにピンクのクッションあるだろ?」

凛「……」

P「凛?」

凛「……なに」

P「クッション近くにないか? ピンクのやつ」

凛「ピンクの……うん、あったよ。このクッション、プロデューサーには似合ってないね」

P「ははは、だってそれ杏のだし」

凛「……」

凛「……へぇー」

P「あいつついに俺の車の中でもダラけだしてさ。マイクッション持ち込む始末だよ」

凛「事務所の車だけどね」

P「ちひろさんには、な? なっ? お願いします」

凛「……」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:09:24.88 ID:waQ3KnN30
凛「……」

凛「……」

凛(杏ちゃんが勝手に持ち込んだクッション……)

凛「……」

凛「」 ボスッ ボスッ

P「んー? なんか叩いてるような音がするけど?」

凛「なんでもないから運転してなよ」


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:10:06.35 ID:waQ3KnN30
凛「ねぇ、プロデューサー」

P「うわっ、ギリギリで信号捕まった……ん、なんだ?」

凛「さっきも言ったけどさ、車の中、綺麗にしようよ」

P「あー、俺もそろそろやんなきゃなーって思っててさ」

凛「それじゃあ、始めにこのクッションは本人に返しておくから」

P「いや凛がしなくても、俺があいつに返しておくよ」

凛「うるさい、私がやる」

P「えっ、あ、はい」

凛「次にタオルケットがなんで4枚もあるの?」

P「ん、あ、それな、他の子達のだな」

凛「……」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:11:11.02 ID:waQ3KnN30
P「エアコン付けてるんだけどな。寒いのかな? なぁ、寒いか、凛?」

凛「平気」

P「そっか。もし寒かったらそのタオルケット使っていいから」

凛「平気だって。使わないし、絶対」

P「それでなんだっけ? タオルケットだったか? 置いておかないと、もし寒いって時があったらなぁー」

凛「じゃあ一枚でいいよ、みんなで共通のやつ」

P「そうだな。今度暇な時間に買ってくるよ」

凛「私、買ってきてあげようか?」

P「本当か? なら頼むよ。お金は渡すからさ」

凛「うん。ちなみに……このタオルケット、それぞれ誰の?」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:12:11.09 ID:waQ3KnN30
P「えーっとー、んー……ポンデライオンのやつあるだろ」

凛「うん」

P「それ法子」

凛「法子、ね……」

P「白色のモコモコしたやつが、安部さん」

凛「あぁ、さんじゅうななさいね……」

P「ん? なんか言ったか?」

凛「何も言ってないから、続き」

P「ハート柄のは美穂の」

凛「……へぇ」

P「あとは……なんだろ? クローバーのやつないか?」

凛「あるよ」

P「それが智恵理のやつだ」

凛「ふーん、法子に菜々さん、美穂、智恵理、ね。分かった……」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:13:19.44 ID:ToQRXzUC0
なんだろうドキドキする


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:13:54.30 ID:waQ3KnN30
凛「あとは……雑誌も溜まってるし」

P「そんなにか? ほっといたらすぐ溜まっちゃうんだな」

凛「旅行雑誌ばっか……なに? プロデューサー旅行いくの?」

P「いやいや。それ俺のじゃなくて……」

凛「はぁ?」

P「えっ」

凛「あ、ううん、何でもないから。続けて」

P「お、おう」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:14:46.22 ID:waQ3KnN30
P「楓さん、温泉好きだろ?」

凛「……」

P「それでたまたまその雑誌で、温泉特集がやっててさ」

凛「……」

P「凛、聞いてる?」

凛「聞こえてるから。それで? なに?」

P「あぁ、うん。それで旅館の紹介ページ見ながら、ここ行ってみたいです、そうですよねー、って会話を楓さんと移動中によくやるんだ」

P「そのせいだな。雑誌溜まっちゃったのは」

凛「……」

P「凛?」

凛「なに? プロデューサーと楓さん、旅行いくの?」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:16:13.56 ID:waQ3KnN30
P「あー、行きたいですねー、って話はしたかな」

凛「結局行くの? 行かないの?」

P「どうだろ? お互い忙しいしな。ははは」

凛「……」

凛「私もそう、思うかな。今すごく忙しいし、トップアイドルにもなってないのに……誰かと旅行いく暇なんてないよ」

凛「だから楓……いや、旅行いくのはやめといたら?」

P「さずかだな、凛。その上を目指す姿勢」

凛「褒めてもないもないよ」

P「ははは。でも凛は頑張ってるからな。トップアイドルになるのは、そう遠くないさ」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:17:02.71 ID:waQ3KnN30
凛「まぁ、頑張るけど……」

P「……」

凛「……」

凛「旅行」

P「ん?」

凛「旅行。トップアイドルに誰かがなったら、記念に行ってみたら?」

P「おー、なるほどな。うん、そうか。苦労を労わないとな」

凛「誰かが、トップアイドルになったらね」

P「あぁ、任せとけ」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:17:50.54 ID:waQ3KnN30
凛「……ん」

P「うん? どうした?」

凛「いや、別に。いい匂いするけど、気のせい?」

P「あー、それさ。多分これのせい」

凛「なにそれ?」

P「アロマディフューザー……? だっけか。それの車用」

凛「プロデューサー、アロマとか好きなんだ……意外」

P「いや。これ美嘉が置いたやつ」

凛「……」 ウィーン

P「ん? 暑かったか? 今、こっちの窓も開けるな」 ウィーン


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:19:45.84 ID:waQ3KnN30
P「いやぁ、俺煙草吸うじゃん?」

凛「あっそう」

P「ははは、冷たいなー。まぁ女の子は煙草の匂い嫌な子多いもんな」

凛「ふーん……」

P「みんなを待ってる時とか、ちょくちょく吸ってたんだよ。車の中で。でさ、美嘉も煙草嫌いらしくて、乗る度にヤニくさいヤニくさいって怒られちゃって」

凛「……」

P「それである日、これ買ってきてさ。これアタシの好きなやつなんだー、って勝手に置いちゃって。そのせいで車の中では煙草吸えなくなっちゃったんだよなー、ははは」

凛「……」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:20:01.86 ID:0NDVeemk0
最近ヤンデレ気味の凛のSSが多いな


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:20:27.92 ID:waQ3KnN30
P「でもおかげで、吸う機会も減って禁煙してみようかな、って気にもなるしな。美嘉のおかげだよ」

凛「そう」

P「アロマとかあまり詳しくないけど、こういう匂いって、えーっと、柑橘系? だっけ? いい匂いだよな、最近好きになってきた」

凛「……」

凛「……プロデューサーさんの煙草の匂い、好きだったのに」 ボソッ

P「んー?」

凛「別に」ウィーン

P「お、ならこっちも閉めるぞー」 ウィーン


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:21:13.34 ID:8O5vA3pw0


1kgbo3d.jpg


2kbo3td.jpg



3lnbk3rs.jpg

渋谷凛(15)


4knbot.jpg

椎名法子(13)


5onkhr.jpg

安部菜々(17?)


6mnkdlg.jpg

小日向美穂(17)


7inodlbk.jpg

緒方智絵里(16)


8bkn30dolh.jpg

高垣楓(25)


9bowkcsa.jpg


城ヶ崎美嘉(17)


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:21:27.21 ID:waQ3KnN30
凛「……」

P「凛、なんかソワソワしてる?」

凛「気のせいじゃない?」

P「ふーん」

凛「……それ、センスいいじゃん」

P「これ? あー、これなー。前にぶら下げてるせいで、たまに見にくいんだけどな」

凛「そのキャラのキーホルダー、今けっこう流行ってるよ」

P「へー、俺にはさっぱり分からんな」

凛「分からないのに、ぶら下げてるの?」 クスッ

P「だって加蓮が飾ったやつだし」

凛「は?」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:22:22.11 ID:waQ3KnN30
P「一週間くらい前か? 加蓮の撮影が早めに終わった時があって、時間できたからどこか遊びにいくかー、ってことになって」

P「それでゲーセン行ったんだ。んで、これ取った」

凛「へぇ……」

P「ほら、赤と青ので2個あるだろ? それで、最初はどっちも加蓮にあげたんだけど、こっちはPさんの! ってくれて」

凛「……それがなんで車の中にあるのかな?」

P「それはその日帰りに車に乗った加蓮が、自分のぶら下げて始めてさ」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:23:18.10 ID:waQ3KnN30
P「そしたら次にPさんのも貸して、って言われて、こうなった」

凛「……」

P「あっ、そうそう! その時加蓮なんて言ったと思う? 一緒だね、って言って笑ったんだよ!」

P「始めと比べてすっごく素直になっちゃって……。俺なんかもう変な感動して、ウルってきたもん」

P「凛もそう思わないか? 加蓮ってすごく可愛くなったよなぁ?」

凛「……」

P「なー、そう思わないか?」

凛「うるさい。黙って運転して」

P「あれ、うるさかった? ははは、ついテンション上がってな。すまんすまん」


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:23:59.18 ID:waQ3KnN30
P「あ、そうだそうだ。コンビニ寄るけど、なにか欲しいものあるか?」

凛「……ガム」

P「ガム? 今噛んでるんじゃなかっt」

凛「いいから」

P「あ、はい」

凛「……」

P「……っと。おし、じゃあ少し待っててくれ」

凛「分かった」

P「」 ガチャ テクテク

凛「……」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:25:00.31 ID:waQ3KnN30
凛「……」

凛「」 スッ

凛「……」プルルルルル ガチャ

凛「もしもし、加蓮? 今空いてる?」

凛「うん、それでね、明日って加蓮事務所来る? え、来る? あぁ、そう、良かった」

凛「いや、別に。あのさ……少し話したいことあるんだけど。うん、そう」

凛「……違うよ、変なことじゃなくて。うん……えっ? なに? 全然怒ってないけど?」

凛「うん、ふつーだけど? そうだよ。あー……声が冷たい? 電話だからじゃない?」

凛「そんなことどうでもいいからさ。明日話せるよね? え、なに……話せるよね? ね? うん、なら待ってるから」

凛「それじゃあ明日ね。待ってるから。うん、ばいばい」

凛「……来い」 ガチャ ツーツー


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:25:45.26 ID:waQ3KnN30
ーーー
ーー



P「おーっす、待たせたな」

凛「待ったよ」

P「悪い悪い……って、あれ、助手席に移動したのか?」

凛「ダメだった?」

P「構わないけど、みんなの私物なかった?」

凛「後ろにまとめておいた」

P「ふーん、ならいいか。じゃ、いくぞー」


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:26:32.48 ID:waQ3KnN30
凛「プロデューサー」

P「なんだ?」

凛「これ、少し邪魔だから取っていい?」

P「あー、気になる? でも加蓮がさ」

凛「加蓮には私から言っておくから、大丈夫」

P「なら、いいのかな? うーん……」

凛「それにもう取ったし」

P「あーあー。加蓮にしっかり言っておいてくれよ?」

凛「うん、『しっかり』言っておくよ」


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:27:11.18 ID:waQ3KnN30
P「あぁ、加蓮といえばさ。今加蓮から電話かかってきて」

凛「……」

P「よく分からないけど、なんかすごい怯えてたような様子だったんだよ」

凛「へぇ……それは心配だね」

P「だろ? 凛さ、なにか知らないか? 加蓮に大変なことが起こってたりとか」

凛「んー、私には分からないなぁ」

P「そうか……」

凛「原因があるとしたら、自業自得かもね」

P「加蓮なにかやらかしたのか?」

凛「さぁね?」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:27:48.35 ID:waQ3KnN30
P「はい、到着」

凛「ん」

P「なら車駐めてくるから……」

凛「いや、少しここで待ってて」

P「え? おう、分かった」

凛「ついでにみんなの私物事務所に持っていくよ」 ゴッソリ

凛「じゃあ、待ってて」

凛「」 テクテク

P「あんなにたくさんあったんだな……」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:27:59.25 ID:a5kkqGXCO
あわわわ


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:28:24.09 ID:waQ3KnN30
凛「」 ガチャ パタンッ

凛「お待たせ」

P「どうした? どこか行くところでもあったか?」

凛「ううん、やっぱりこのまま家まで送ってよ」

P「あぁ、大丈夫だよ。ならいくぞ」


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:29:00.54 ID:waQ3KnN30
凛「……」

凛「ねぇ」

P「どうした?」

凛「プロデューサー、禁煙、するらしいじゃん?」

P「あぁ、かもな、って話だけど」

凛「それで、他のもので口紛らわすと、禁煙になるってよく聞くよね」

P「おー、あるある」

凛「だから、はい」

P「ん、なに? ……ってガム?」

凛「私からガムあげるよ」

P「これさっき俺買ったやt」

凛「文句ある?」

P「まったく」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:29:46.94 ID:waQ3KnN30
凛「プロデューサーのために、仕方なく私のガムをあげる」

P「うわー、ありがとうー」

凛「そういうことだから」

P「うん?」

凛「肌身離さず、私の私物を持っててね? プロデューサー」 ニコッ





ー終ー


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:30:34.58 ID:8O5vA3pw0


10bktndxw.jpg




48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:30:51.44 ID:waQ3KnN30
しぶりんはもっとクールな方がいいと思うんですよ。あとモバマスssのMVPは画像貼ってくれる人だと思います。では


49 誤送信した :2013/02/05(火) 01:31:22.00 ID:8O5vA3pw0
>>47
北条加蓮(16)


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:32:48.42 ID:xkr5NFh40
病んでるしぶりんが好きです




51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:33:36.92 ID:yxGLAUHQ0
かわいい


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:34:53.30 ID:8KMVbw/Q0
乙。


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:43:05.36 ID:C9X6L5gQ0
何でヤンデレとか変態になってしまったのですか
とてもいいと思います


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:53:33.07 ID:PXnUbQPv0
もし凛より先に誰かがトップアイドルになったら…((((;゜Д゜)))


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 01:54:38.31 ID:w3/Bsv030
最高に乙


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 02:05:06.03 ID:jpaKT0+q0
ただの嫉妬かと思ったらガチだった


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/05(火) 02:06:29.56 ID:IVH88ijPO
他の女の要素を排除する独占欲強い子は怖いなぁ……


転載元

凛「プロデューサーのことなんか別に好きじゃないけど?」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359993808/







関連記事
2013/03/03 04:10 | CM(6) | モバマス・グリマス SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/03/03 12:26 ]
  2. ヤンデレ凜ちゃんかわいいよおおお
  3. 名無し [ 2013/03/03 14:15 ]
  4. 嫉妬凛はいいけど、他の子全否定とか加蓮泣かせる必要無くね?
  5. 774@いんばりあん [ 2013/03/03 19:59 ]
  6. これのどこがクールなんだよ
    必死すぎるだろ
  7. 774@いんばりあん [ 2013/05/06 16:51 ]
  8. こういうのはすごく大好物です
  9. 774@いんばりあん [ 2014/03/27 14:54 ]
  10. ※3
    クール(鈍感P視点)
  11. 名無し [ 2014/05/11 15:49 ]
  12. そして本当にトップアイドル(シンデレラガール)になったしぶりん
    有言実行
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。