HEADLINE

春香「プロデューサーさんが痩せたら引き抜きにあった」

2013/03/19 01:19 | CM(3) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:16:10.08 ID:3LiBkgyb0
春香「遅いなあ……」

P「春香ぁ~」ドスドス

春香「わ、プロデューサーさん、凄い汗!」

P「はー、はー」

P「いやー、すまんすまん、遅くなって」

春香「はい、ハンカチです」

春香「まだ寒いですから、風邪、ひかないようにしてくださいね?」

P「お、いいのか?はっはっは、ありがとう」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:17:00.11 ID:3LiBkgyb0
―事務所―

小鳥「あっ、プロデューサーさん、健康診断の結果来てますよ?」

P「はーい、どうもっす」

P「どれどれ……」

春香「どれどれ……?」

P「……」

春香「えー、どれがどういう数字なんですか?」

小鳥「赤い数字が基準値越えです」

P「……」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:18:38.53 ID:3LiBkgyb0
春香「わー、真っ赤っか……」

P「……痩せるか……」

春香「協力しますよ」



そしてPは計10日の有給を取得し、ダイエットに励んだのだった

現場での仕事も重なり、まともに事務所に顔を出すのは実にひと月ぶりであった


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:20:51.37 ID:3LiBkgyb0
伊織「あの馬鹿今日からまた事務所に来るのね」

小鳥「短期間で痩せられるだけ痩せるってあんまり体に良くないんじゃ?」

春香「そう言ったんですけど。決意が固かったので」

伊織「別に大して変わってないでしょ?」

春香「いやー、すっごい痩せたよ?プロデューサーさん」

律子「へえ……それは楽しみね」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:23:53.47 ID:3LiBkgyb0
P「おはようございまーす」

伊織「小鳥、お客さんよ」

小鳥「はーい、おはようございます……本日はどのようなご用向きでしょうか?
  私が伺ってもよろしいでしょうか?」

P「やだなあ。俺ですよ。随分ご無沙汰してます
 久しぶりだからちょっと緊張しちゃうな」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:25:20.84 ID:3LiBkgyb0
律子「もしかして……プロデューサー……?」

小鳥「…………マジですか?」

春香「おはようございます!プロデューサーさん」

伊織「べ……別人じゃないの……」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:26:58.67 ID:FmNE29WL0
よかった。…デブでいじめられてるPはいないんだ


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:27:42.67 ID:3LiBkgyb0
春香「痩せたのは痩せたけど……そんなに変わったかなあ?」

伊織「アンタ、何言ってんのよ?!
  肉の中からもう一人出てきたってレベルで変わってるわよ!」

小鳥「ど……どうやって痩せたんですか?」

P「それはですね……」

朝:春香の家まで自転車で弁当を取りに行く(ついでに朝飯食う)
昼:自宅まで戻る
夜:春香の家まで自転車で晩飯を食いに行く


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:29:23.71 ID:N5XLduZj0
太もも千早のウエストくらいありそうだ


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:29:49.55 ID:3LiBkgyb0
律子「……春香の家までって……何kmあるのよ……?」

P「朝も明けないうちから自転車こぎ出してなー。最初は大変だったよ」

春香「私が毎日、栄養考えてご飯作って、お弁当も作ったんですよ!」

P「ああ、春香のおかげで痩せられたな!はっはっは!!」

伊織「中身は変わってないわね……」

P「最近体調が良くてなー!朝晩運動してるぞ!!
 さ、この勢いで仕事仕事!」

律子「ま、元気なら何よりです」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:30:29.53 ID:rFNip5OE0
チャリだとどれくらいかかるんだ


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:31:09.88 ID:3LiBkgyb0
春香「じゃあ、私たちはレッスンだね」

伊織「まだ他が来てないわよ?」

P「あ、そうそう、音無さん」

小鳥「はい?」

P「この仕事の件なんですけど……」

小鳥「は、はいっ」

小鳥(何だか別の人が横にいるみたい……)


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:31:14.62 ID:9r0GSeNd0
アレ?この春香さんヒロインっぽくね?


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:32:34.61 ID:3LiBkgyb0
真「おはようございまーす!!」

P「おはよう!」

真「あ、お、おはようございます……」

真(し、知らない人だ……)

律子「真、そのパターンはもう小鳥さんがやったわ」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:34:15.13 ID:3LiBkgyb0
亜美「とりゃー、絶・天狼抜刀牙!!」

真美「ぐああああーやられたー!」

P「はっはっは、亜美と真美は元気だなあ!」

P「どれ、俺も混ざるかー、赤カブト役で」

亜美「……あっ……に、兄ちゃん……」モジモジ

真美「う、うるさくしてゴメンね……」モジモジ

P「えっ?」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:36:25.54 ID:Bhco6yey0
デブが痩せてイケメンになるのは都市伝説以外の何者でもないからな


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:36:44.39 ID:3LiBkgyb0
P「おう、雪歩ー、おはよう」

雪歩「ええ?!……はははははいっ……」

雪歩「おおおおおはようございますっ」

P「おーい、そんなに離れないでくれよ……」

雪歩「ええっ!?そそそそそうですねっ」

雪歩「でででででも!!」

P「……」


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:37:45.69 ID:3LiBkgyb0
響(こ、この人誰?)

美希(プロデューサーなの?)

P「よーう、おはよう」

響「…………あっ、やっぱプロデューサーか…」

響「おはよう、ございます」

美希「……おはよう、なの」

響(うー、何だか、違う人みたいだぞ……ちょっと照れちゃうじゃないか)

美希(何かいけすかない感じになったの……)


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:38:31.53 ID:HcoYJhLc0
ゆきぽ


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:39:04.18 ID:3LiBkgyb0
P「……」

P「……最近、何か変わったことないか?」

響「と、特にないぞ」モジモジ

美希「べ、別に無いの」

響「それじゃっ」

美希「あっ、響、待ってなの」

P「……」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:39:18.27 ID:z3iDHf1Y0
>>29
がっ


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:41:25.61 ID:3LiBkgyb0
貴音「そ、そのお姿は一体……?」

千早「プロデューサー……なんですか?」

P「うん」

千早「随分……痩せましたね」

P「おう、すごいだろ、はっはっは。かなり食べる量減らしたからな」

千早「へえ……」

貴音「何と……それでは……らぁめんを御一緒することは最早かなわないのですね……」

P「いや、ラーメンくらい食いに行くけど」

貴音「それを聞いて安心しました」

千早(別にプロデューサーはそこまで大食いだったわけではないと思うのだけれど)


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:42:06.48 ID:BCQjesUJP
昔は痩せてたわけではないのか?

それにしても、そんなPの面倒をみてしまう春香さんマジ天使


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:43:50.47 ID:dAXmewmJ0
油断してるとすぐにリバウンドするぞ


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:44:13.29 ID:3LiBkgyb0
あずさ「……凄い……ダイエットですね……」

春香「そんなに変わったかなあ?」

伊織「変わり過ぎでしょ!」

真「……」

あずさ「後でやり方聞こうかしら……」

春香「あ、私、やり方は大体知ってます!」

あずさ「あら本当?参考にしようかしら……」

真「……」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:46:03.64 ID:3LiBkgyb0
伊織「……真?」

真「結構、カッコいいかも……」

春香「……」ピク

伊織「は、はぁ?あ、アンタ正気?元はアレなのよ?」

真「そ、そうか……」

あずさ「確かに、ちょっと格好いいかもしれないわね~」

真「そ、そうですよね?」

伊織「はぁ~、あんた達、正常な判断能力を失ってるわよ」


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:46:39.16 ID:vipskHcq0
美希はデブ専か


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:48:15.17 ID:3LiBkgyb0
小鳥「プ、プロデューサーさーん、お電話ですー」

P「はーい……こんにちは、Pです」

P「…………本当ですか!ありがとうございます!」

P「はいっ、それではまた、後ほど」

P「……よしっ!」

社長「決まったのかね?」

律子「社長!?」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:50:00.79 ID:3LiBkgyb0
P「はいっ、東豪寺プロと、合同でカバーCDを出す話がまとまりました」

律子「休んでる間にそんなことしてたんですか?」

P「ただ休んでるのもどうかと思ってな。あちらからオファーがあった件でちょこちょこ
 交渉してたんだよ」

社長「そうそう」

小鳥「わ、私にも内緒で……」

P「いやー、こちらから結構条件を吹っかけちゃったもので、決まるか分からなかったんですよ」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:51:29.50 ID:3LiBkgyb0
伊織「え?麗華と仕事ができるの?」

P「うん」

春香「へぇー、凄いんですねー」

P「他人事のように言ってるけど、春香も歌うんだぞ?」

春香「ほ、本当ですか?!やった!」

P「あちらが魔王エンジェル3人で、こちらは伊織と春香だ」


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:53:33.61 ID:3LiBkgyb0
―スタジオ―

麗華「ちょっと!これどうなってるのよ!?何回言わせるの!」

スタッフ「ひっ、す、スイマセン!!」


春香「ひゃー……」

伊織「麗華とばしてるわね……」

P「はっはっは。いやー、デカい声だ。アレに負けないように元気に挨拶して行くか!」

春香「はいっ!」


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:54:36.01 ID:3LiBkgyb0
P「おはようございまーす!」

春香「おはようございまーす!」

スタッフ「あっ、おはようございます」

P「よろしくお願いしますよ、はっはっは」

春香「一生懸命頑張ります!」

スタッフ(よかった……765プロの人は優しそうだ……)


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:55:56.04 ID:P5xB2wyJ0
魔王エンジェルはSSで初めて見た気がするな


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:57:21.56 ID:3LiBkgyb0
麗華「……あれ?765プロのプロデューサーってあんな人だっけ……?」

ともみ「そういえば……もっと大柄な人だったような」

りん「新しい人でも雇ったんじゃないの?」

伊織「あれは昔からいるウチのプロデューサーよ」

麗華「あ、伊織、久しぶり……で、あの人ってどっか悪いの?」

伊織「逆よ逆。どっか悪くなりそうだったから痩せたのよ」


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/17(日) 23:59:06.80 ID:3LiBkgyb0
麗華「……痩せたってレベルじゃ無くない?アレ別人……」

伊織「そうね。アホみたいに痩せたわね。ホラ、昔の写真」

ともみ「……同じ人……?」

りん「嘘……」

麗華「ふーん……」


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:02:45.60 ID:RVOsF/Bl0
―収録中―

麗華「チッ、また上手く行かなかった……」

P「そうみたいだね」

麗華「あ、765プロのプロデューサー」

麗華「そうだ、何かアドバイスしてくれない?」

P「ええ?アドバイスねえ……うーん……」

麗華「何でもいいから」

P「この歌、歌詞難しいよね」

麗華「そうそう!」


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:03:54.29 ID:RVOsF/Bl0
P「一応ドロドロの恋愛ものなのか……うーん」

麗華「ちょ、ちょっと、そこまで悩まなくていいってば」

P「歌を聞いた感じだと、昼ドラっぽいドロドロ感を出そうとしてるって感じかな?」

麗華「え?う、うん……」

P「何かこう、待つ女の執念というか、内に秘めた感じというか
 そういうのを出してみたらどうだろう」

麗華「敢えて最初は感情出さない、とか?」

P「お、いいねえ」


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:05:31.60 ID:RVOsF/Bl0
春香「プロデューサーさーん!どこですかー?」

P「あ、呼んでる」

麗華「どうもありがと。参考になったわ」

P「そう?それは良かった」

麗華「また必要な時に連絡するわ」

P「え?あ、ああ、是非」


春香「はい、今日のお弁当ですっ」

P「ああ、今日も美味そうだなあ」


麗華「……ふーん……」


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:07:49.41 ID:RVOsF/Bl0
―後日 事務所―

社長「いやー、例のCD、売れてるね。結構結構」

P「ありがとうございます。今回は魔王エンジェルの名前によるところが大きいですが
 こちらの知名度も増していますね」

春香「おはようございますっ!プロデューサーさん!凄いんですよ
  学校で、みんな買ってくれて、CD!!」

社長「ははは、それは良かったね」

春香「……あ、社長……ごめんなさい、はしゃいじゃって」

社長「いや、結構結構!」

P「ああ、今回春香はよく頑張ったからな」

伊織「ふーん」

P「あ、もちろん伊織もな」


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:10:01.34 ID:RVOsF/Bl0
小鳥「社長、お電話です」

社長「はいはい」

社長「はい、765プロの……あ、これは東豪寺プロの社長、お世話になっております」

社長「え?……しかし……は、はぁ……」


小鳥「社長、先方はどんなお話を?」

社長「……引き抜きだよ」

小鳥「ええ!?ど、どの子を引き抜くんですか?」

社長「……アイドルじゃないんだ」


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:11:46.83 ID:RVOsF/Bl0
社長「……と、いうわけなんだ」

P「お、俺が引き抜き……どうして……」

社長「この間のCDの時に君を気に入ったらしい」

P「そんな気に入られるようなことはしてないと思うんですが」

社長「まあ、何がきっかけになるかは分からないからね」

P「直接断りましょうか?」

社長「……魔王エンジェルのプロデュースが出来るとしても……?」

P「……」ピクッ


71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:14:31.40 ID:RVOsF/Bl0
伊織「アイツが引き抜きですって!?」

小鳥「うん……みんなにも知らせておいた方がいいと思って……」

小鳥「魔王エンジェルのプロデュースを任せるって言ってるそうよ」

伊織「麗華……やってくれるわね……」

真「それって……まずいんじゃ……」

響「そ、そうだぞ!今プロデューサーに抜けられたら……」

律子「止めるしかないわね……」

真「うん、プロデューサーを行かせちゃ駄目だ!」

春香「……」


72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:16:31.36 ID:RVOsF/Bl0
伊織「ちょっと春香!何で黙ってるのよ」

春香「……止めた方がいいのかな……?」

伊織「はぁ?何言ってるの!」

春香「だって、この話……プロデューサーさんにとっては凄いチャンスなんだよ?」

みんな「!!」

春香「プロデューサーさんだって……この業界にいる以上、チャレンジしてみたいと
  思っても、私は責められないよ……」

律子「それはそうだけど……」


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:18:12.36 ID:RVOsF/Bl0
伊織「春香、あんたが言ってることは正しいわ。でもね」

伊織「あんた、本当にそれでいいの?」

春香「え……?」

律子「ちょっと伊織……」

伊織「あんた、プロデューサーのことどう思ってるのよ?」

春香「どうっ……仕事熱心で優しい」

伊織「それだけなの?」

律子「伊織、そこから先は」

伊織「わかってるわよ。春香、良く考えてみて」

春香「……」


74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:20:19.57 ID:RVOsF/Bl0
春香(良く考えてみて……か……)

春香(私にとってプロデューサーさんは……)

春香(いっつも優しいし、私のことを第一に考えてくれるし……)

春香(それだけなのかな……?)


76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:22:50.42 ID:RVOsF/Bl0
―次の日―

真「やっぱり、プロデューサーを止めようと思う」

響「そうだな……今抜けられたらやっていけないぞ」

やよい「プロデューサー、いなくなっちゃうんですか……?」

真美「そんな……困るよー」

亜美「最近あんまり絡んでなかったのにお別れなんて寂しすぎるよー」

伊織「そうよね。これは断固阻止しないと」


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:24:34.63 ID:RVOsF/Bl0
社長「おはよう。あれ?君たち随分早いね」

小鳥「それがその……プロデューサーさんを引き留めようという話になりまして」

社長「……ふむ、しかし彼は今日、あちらとの面談に直接行ったよ」

みんな「えー!?」

社長「私としても複雑だが……彼にとってもチャンスだからね」


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:25:21.30 ID:RVOsF/Bl0
―東豪寺プロ前 面談後―

春香「……」

P「うおっ、春香!?どうしたんだこんな所で」

春香「プロデューサーさん……」

春香「行かないで下さい!!」

P「……」


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:27:46.47 ID:RVOsF/Bl0
春香「今までずっと、プロデューサーさんのことを考えてました!」

春香「プロデューサーさんは私にとって、かけがえのない唯一の人なんです!」

春香「プロデューサーさんの笑う声を聞くと元気になるんです!」

春香「プロデューサーさんに相談すると一緒に悩んでくれて
  また頑張ろうって気持ちになるんです!」

春香「まだこの気持ちがどんな気持ちなのか整理できてないんですけど!」

春香「私、自分勝手言います!プロデューサーさん、行かないで下さい!」


81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:28:35.71 ID:I2wJW9Dl0
やっぱりメインヒロイン春香だ
やったー。


82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:28:46.32 ID:RVOsF/Bl0
P「……ああ、引き抜きの話か……」

P「あれ、断りに来たんだ」

春香「え……?だって魔王エンジェルの……」

P「ああ、プロデュース出来るって話だったけどな」


83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:31:00.54 ID:24iGL+7+0
これ、デブが痩せてイケメンになったんじゃなくて、
イケメンが色々あってデブってただけだろ。中身イケメンのままで


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:31:30.44 ID:RVOsF/Bl0
―事務所―

P「いやな、まず謎のプロデューサーXとしてサイバーなカッコして
 サングラスかけて売り出すって言われて」

P「受ける方向性によっては痩せる前と後の比較画像出して
  面白プロデューサーで売る、みたいな」

美希「うげー、そんなの嫌なの」

伊織「麗華、そんなこと考えてたのね……」

P「それはちょっと……と思ってな」

真「そうですよね、それで正解ですよ!」


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:33:21.63 ID:RVOsF/Bl0
千早「良いお話だと思っていたのですが、そういうことでしたか」

響「それにしても良かったぞ」

亜美「安心したところで、兄ちゃん、遊ぼうよー」

真美「そうそう」

P「ああ、遊ぶか!」

やよい「あ、あのっ、私も一緒に」

P「おう、よーし、俺張り切っちゃうぞー!」


87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:36:28.67 ID:RVOsF/Bl0
春香「……」

社長「どうしたんだい?」

春香「本当に良かったのかなって」

社長「……彼が決めたことだよ」

春香「社長は、知ってたんですよね?」

社長「ああ、サラリーはウチの8倍、
 楽曲のプロデュース自体は彼に一任するという話だったね」

社長「格好は彼の言ってる通りだったらしいけどね。誇張されてはいるが」

春香「……」

社長「君たちの可能性に、彼は賭けた……と、私は思ってるよ」

春香「可能性……」


88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:37:55.72 ID:RVOsF/Bl0
―その後―

P「いやーはっはっは!!」

小鳥「若干体重が戻りましたね」

P「そうなんですよ。まあ健康的な範囲で」

雪歩「こっちのほうがいいですぅ」

貴音「そうですね……またらぁめんを共に食べに行けます」

美希「痩せてた頃はいけ好かない感じだったし、こっちのほうがいいの」

P「がーん……そんな風に思われていたのか」

あずさ「どんな容姿でもプロデューサーさんはプロデューサーさんですよ」

真「ボクは痩せてた方が……」


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:38:54.29 ID:RVOsF/Bl0
春香「プロデューサーさん、お弁当です」

P「いやー、いつも済まないなあ」

春香「いいんですよぅ、私も楽しいですし」

P「やっぱり春香の作った料理が一番だよ」

春香「そんな……プロデューサーさん、ほめ過ぎですよ」

P「そんなことないぞ」

P「俺にとっては、春香はかけがえのない唯一の存在だからな」

春香「え……?」

P「じゃあ、外回り行ってきまーす」


90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:39:27.42 ID:RVOsF/Bl0
春香(……そうか……今ハッキリ分かった……)

春香(これ、好きっていう感情なんだ)

春香(私、プロデューサーさんのことが好きなんだ……)


92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:40:12.31 ID:UcYM4axbO
幸せ太りかよ…………


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:40:19.75 ID:RVOsF/Bl0
―東豪寺プロ―

りん「うーん、アレは無かったんじゃないの?」

ともみ「謎のプロデューサーX?」

りん「そうそう」

麗華「うっさいよ!!」

麗華(いいアイディアだと思ったんだけど……)

りん「でも、結構いい男だったね、あの人」

ともみ「あの大見得はなかなか言えることじゃないと思う」


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:41:20.82 ID:RVOsF/Bl0
―P『今は完全に原石ですが、765プロの所属アイドルは全員かなりの才能を秘めてます』―

―P『俺は、それを磨きたい』―

―P『特に、皆さんもご覧になった天海春香、彼女は魔王エンジェルという眩い宝石に匹敵する素材です』―

―P『だから、私はこのお話をお受けするわけにはいきません』―

麗華(アイツなら、私たちのことも受け止めてくれる。そう思ったけど……)

麗華(でも、担当中のアイドルを見捨てるような奴なら声はかけなかった……)

麗華(あーもう、めんどくさいわね!!)


麗華「ウチに喧嘩売るなんて、あの男いい度胸じゃないの!!」

麗華「正々堂々、受けて立ってやるわ!765プロ!」


終わり


96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:43:43.24 ID:RVOsF/Bl0
春香さんメインヒロインとだけ決めて
いろいろと思いつくままに書いてたら取り留めのない話になってしまいました
読んで下さった皆さん、ありがとうございました


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:45:50.12 ID:N0Vf31m40



98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:47:05.54 ID:1aCdJVxH0
真は面食いか


99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/18(月) 00:47:07.88 ID:/GgSkDkTO
アイマスキャラしか知らんけど、良いじゃない


転載元

春香「プロデューサーさんが痩せたら引き抜きにあった」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363529770/






特装版 THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス)
まな:漫画 高橋龍也:脚本 NBGI/PROJECT iM@S:原作
一迅社 (2013-03-27)



関連記事
2013/03/19 01:19 | CM(3) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/03/19 04:04 ]
  2. 魔王エンジェルがマトモに出てくるSS初めて見た
  3. 774@いんばりあん [ 2013/03/19 10:11 ]
  4. よすよす
  5. 名無しさん [ 2013/11/03 01:32 ]
  6. >魔王エンジェル
    創作キャラかと思った
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング