HEADLINE

幼女「お願いです、命だけは助けてください」魔王「グフフッ……」

2013/04/06 12:00 | CM(3) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:11:43.61 ID:g+pvpcn50
魔王(勇者の故郷の村が盗賊に滅ぼされたと聞いて見にきたら人間のメスが一匹生き残っておったわ)

幼女「お願いします、どうか命だけは」

魔王「ならば我のことを『お兄ちゃん』と呼ぶが良い」

幼女「お兄ちゃん!」

魔王「ブフォッ!」ブフー

幼女「!?」

魔王(いかん、鼻血が)



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:14:09.37 ID:g+pvpcn50
幼女「あのね、わたしは隠れてたんだけどね、お父さんもお母さんも殺されちゃったの」

魔王「他に家族はおらんのか?」

幼女「んー……いるような、いないような……」

幼女「わかんない!」

魔王「そうか」

魔王(身寄りはなさそうだな……)

魔王「お兄ちゃんの家に来るか?」

幼女「うん!」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:17:42.68 ID:g+pvpcn50
側近「人間を連れてくるなんて一体何を考えているのですか」

魔王「下等生物でも幼体は愛らしいものだろう」

側近「いくらなんでも……」

魔王「お前だってよくわからん鳥やら犬やらを飼っているだろう、同じようなものだ」

側近「はあ……」

幼女「お兄ちゃん、この人だぁれ?」

魔王「こわーいおばさんだ、近付いたら駄目だぞ」

幼女「うん」

側近「……」ピキ


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:20:52.07 ID:g+pvpcn50
幼女「お兄ちゃんのおうちっておっきいね」

魔王「なんせお兄ちゃんは王様だからな」

幼女「そうなの? すごーい!」

魔王(かわゆいのう)ナデナデ

幼女「おててもおっきーい!」

魔王(少し力加減を間違えば、触れただけで折れそうなほど細くて柔らかい体だな)

魔王(この儚さが何とも……うむ、良いものだ)


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:23:11.14 ID:g+pvpcn50
幼女「お兄ちゃん、一緒にお風呂はいろ?」

魔王「ふ、風呂……だと……」

魔王「ブフォッ!」ブフー

幼女「ああっお兄ちゃんったらまた鼻血出してる……だいじょうぶ?」

魔王「う、うむ」

魔王(別種族の幼体に対して一体何を考えておるのだ我は)


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:27:03.96 ID:g+pvpcn50
魔王(一緒に入ってしまうか、別の者に任せるか……)

魔王(下手に任せるとうっかり部下が幼女を食べてしまいかねないな)

魔王(いや、だからといって本当に一緒に入浴してしまうのはいろいろとアウトなのでは……)

幼女「お兄ちゃん、お風呂どこー?」

魔王「う、うむ、こっちだ」

幼女「おっふっろ♪ おっふっろ♪」

魔王(親を亡くしたばかりだと言うのにやたら元気だな……)


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:29:42.71 ID:g+pvpcn50
幼女「えへへー」ヌギヌギ

魔王「お、おいちょっと待て」

幼女「お兄ちゃんもはやく脱いでよー」

魔王「うむ」


魔王(うっかり脱いでしまった……)

幼女「このお湯泡がボコボコしてるよ……入れない……」

魔王「人間に沸騰した湯は熱すぎるのか」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:33:19.90 ID:g+pvpcn50
魔王「このくらいで良いか」

幼女「ちょっと熱いけど大丈夫」

魔王(40度もないではないか……)

幼女「お父さんはもっと熱いお湯でも平気なんだけどねー」

魔王「お前はまだ皮膚が薄そうだからな」

魔王(うっかり爪で引っ掻いて傷付けぬよう気をつけねばな)

幼女「あ、先に体を洗わないと」

幼女「背中流しっこしよ?」

魔王「うむ」

魔王(間違っても子供相手に欲情したりはせぬぞ)


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:38:04.13 ID:g+pvpcn50
幼女「お兄ちゃんの背中おっきーい! ゴツゴツー!」

魔王「まあ、王様だからな」

幼女「腕も太くって硬くってすごーい! きんにくー!」

魔王「ゲホッゴホッ」

幼女「むせたの? 大丈夫?」

魔王(太くて硬いは駄目だろう色々な意味で)

幼女「次わたしの背中流してー?」

魔王「うむ」

魔王(真に小さいな……)


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:41:17.03 ID:ye+Y5pff0



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:44:56.36 ID:g+pvpcn50
幼女「おふろー♪」ジャバジャバ

魔王(はしゃぐ姿も良いものだ)

幼女「おててをこう重ねたらね、お湯が飛び出してくるんだよ」ピュッピュッ

魔王「ほう」

幼女「んー……きもちいい……」

魔王「こ、こら、くっついてくるな」

幼女「……だめ?」

魔王「うっ……」

魔王「……わかった。こっちに来い」

幼女「えへへー」ベタベタ

魔王「…………」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:47:42.74 ID:g+pvpcn50
幼女「ん……」ウトウト

魔王「眠いのか」

幼女「遊んでから寝たい……」

魔王「なら目を覚ませ」

幼女「うん……」コクッコクッ

魔王「無理ならさっさと服を着て寝るぞ」

幼女「やぁだ……」

魔王「ううむ……」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:52:28.51 ID:g+pvpcn50
魔王「結局寝入ったな」

幼女「……」スー

魔王「つい我の寝台に寝かせてしまったが……一緒に寝てはうっかり潰してしまいはしないだろうか」

幼女「……」ゴロン

魔王「無防備な寝顔だ。多忙な毎日を忘れさせてくれる」

幼女「おか……さ……」ギュ

魔王「こらこら、裾を掴むでない」

幼女「かーしゃ……おと……さ……」ジワ

魔王「……やはり寂しいのか」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:56:06.31 ID:g+pvpcn50
チュンチュン

魔王「何とか潰さずに済んだか」

幼女「ん……おはよ、お兄ちゃん」ニコ

魔王「うっ……」ダラダラ

幼女「お兄ちゃん、鼻血でやすいの?」

魔王「うむ、そういう体質なのだ」

幼女「おなかすいた」

魔王「朝食を持ってこさせる。少し待っているが良い」


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 20:59:47.36 ID:hMblN1cl0
スレタイの幼女と同一人物とは思えない


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:00:06.25 ID:g+pvpcn50
魔王「良いか、人間が見ても驚かないような食事を用意するのだぞ」

召使「と仰いましても、人間の食生活を知っている者なんておりません」

魔王「ううむ……お前は何を食べたいのだ?」

幼女「何でもいいけど……クロワッサンと目玉焼きを食べたい」

魔王「よし、今すぐに用意しろ」

召使「はっ」


幼女「わーおいしそー!」

魔王(良かった……料理名が同じでも魔族の物と人間の物とで内容が不一致だったらどうすれば良いかと心配したぞ)


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:02:07.09 ID:9/htNc+F0
腹黒幼女


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:03:09.09 ID:g+pvpcn50
幼女「いただきまーす!」

魔王(部下に人間の食について調べておくよう命令しておくか)

魔王「旨いか?」

幼女「うん!」パクパク

幼女「これ食べたら何して遊ぶー?」

魔王「ううむ……そうだな……お前の好きな遊びをすれば良い」

魔王(人間を食わなさそうな種族の子供を遊び相手として手配することにしよう)


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:08:27.03 ID:g+pvpcn50
幼女「お兄ちゃん大好き!」ギュウッ

魔王「うおっ」

幼女「んー!」スリスリ

魔王(きゃ、きゃわわ)

幼女「ずっとここにいていいの?」

魔王「うむ、もちろんだ」ナデナデ

幼女「嫌っちゃやだよ?」

魔王「可愛いお前を嫌うわけがなかろう」


幼女(良い子にしてたら、ずっと一緒にいてくれるよね……?)


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:14:11.68 ID:g+pvpcn50
魔王「なあ側近、お前の犬を貸してくれぬか」

側近「お断りします」

魔王「そんなはっきり言わなくとも……」

側近「あの人間のメスの遊び相手にでもするつもりなんですよね?」

側近「そんなの溜まったもんじゃないですよ」

魔王「えー……」

側近「代わりに私の甥を呼んでおきますからそれで我慢してください」

魔王「待て! 男は駄目だ! 何か嫌だ! 姪にしてくれ」

側近「面倒ですねえ……わかりましたよ。あの人間のメスよりは多少年上ですが姪を呼びます」

魔王「助かる。流石叔母さん」

側近「私は結婚適齢期です!」

魔王「年齢的な意味でのおばさんではなくてd」

側近「あ゛?」

魔王「すいません」


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:18:58.07 ID:g+pvpcn50
魔王(とにかくバのつく呼び方は駄目なようだ)

魔王「ほーらお友達だぞー」

魔子「よ、よろしく……」

幼女「よろしくね!」

魔子(魔王様の命令だもん、ちゃんと仲良くしなくちゃ……)

幼女「どうして植木鉢を持ってるの?」

魔子「私、この木が本体で……」

幼女「?」


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:26:38.28 ID:g+pvpcn50
魔王「ではお兄ちゃんはお仕事をしに行ってくるからな。仲良くするんだぞ」

幼女「待って!」ギュ

魔王「ん?」

幼女「お兄ちゃんとも遊びたい……」

魔王「わがままはいかんぞ」

幼女「ん……でも……」

魔王「ううむ……」

魔王「…………」

魔王「側近、今日の仕事は頼んだ」

側近「ええ!? ちょ、ちょっと」

魔王「よーし幼女と魔子ちゃんと兄ちゃんの三人で遊ぶぞー!」

幼女「わーい!」

側近「えー……何のために姪っ子を呼んだんだか……」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:32:33.17 ID:g+pvpcn50
魔王「その代わり、明日からは魔子ちゃんと二人で遊ぶんだぞ」

幼女「うん!」

魔王「良いか側近、子供には妥協を教えることが大切なのだ」

側近「貴方が幼女と遊びたいだけでしょう……」


幼女「魔子ちゃんこっちこっちー!」

魔子「幼女様、足がお速いです」

魔王(幼子が二人無邪気に遊び回っている……うむ、良い風景だ)

魔王(実の所、我は妹が欲しくて欲しくてたまらなかったのだ)

幼女「お兄ちゃんも一緒におっかけっこしよー?」

魔王「うむ」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:37:06.47 ID:g+pvpcn50
魔王「待て待て~!」

幼女「きゃはは!」

魔王「捕まえちゃうぞ~!」

魔子「きゃー!」

側近(私が忙しくデスクワークをしている時にあいつは……)カリカリ

魔王(……我何やってるんだろう……)


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:44:40.24 ID:g+pvpcn50
幼女「わー! 夕日きれー!」キラキラ

魔子「光合成できる時間が終わってしまう……」

魔王「良い運動になったな……」

魔王(そういえば、このごろデスクワークばかりで体を動かしていなかったな)

魔王(勇者襲来に備えて鍛え直しておかねばな)

幼女「ねえねえ夜は何して遊ぶ?」

魔王「まだ遊ぶのか!?」

幼女「うん!」

魔子「元気な事は良いことですわ」


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:50:00.55 ID:g+pvpcn50
魔王「チェスはまだ早いだろうしな……」

魔子「トランプで簡単な遊びでもしましょうか」

幼女「ババ抜きする!」

魔王「三人でババ抜きか、物足りんな」

魔王「おい側近」

側近「私は忙しいのです。そこらへんの兵士でも呼んだらどうですか」

魔王「最近冷たいぞ」

側近「変質者に構っている暇などないのです」


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:54:37.04 ID:g+pvpcn50
魔王「へん……しつしゃ……」

幼女「お兄ちゃん、へんしちゅしゃってなーに?」

魔子「変質者というのは……」

魔王「ええい! ババ抜きをするんだろう! カードを配るぞ!」

魔王「その前に兵士A、B! ちょっと来い」


魔王「良いか幼女、このようなゲームはポーカーフェイスが肝心なんだ」

幼女「ぽ……?」

魔王「どのような状況になっても表情に出さぬようにするのだ」

幼女「わかった!」


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 21:58:23.90 ID:g+pvpcn50
魔王「さーてどれを引くか……」

幼女(あ……それ取っちゃやだ……)

幼女(だめだめ、表情を変えちゃだめ)プルプル

魔王「こっちが良いだろうか……」

幼女(それ引いて! ババ引いて!)

幼女(だめ、にやけちゃだめ……)プルプル

魔王「ぷっくくく……」

魔王(表情を変えぬよう頑張っておるな……バレバレだが……くくくく……)

魔王(ここはババを引いてやろう)

幼女(やったー!)パアア

魔子「くすくす」

兵士A「魔王様も物好きだな」コソコソ

兵士B「な」コソコソ


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:05:01.50 ID:g+pvpcn50
兵士F「魔王様、この頃人間のガキをペットにしているらしいぞ」

兵士V「まあ使い捨ての愛玩具だろ」

兵士F「ちょっとした暇つぶしなんだろうな。飽きたらきっとおやつにするに決まってる」

兵士V「旨そうだもんなーあのガキ。きっと柔らかいんだろうな」


幼女「……?」

魔子「幼女様、どうされました?」

幼女「なんでも……ない……」

幼女(ペット……かあ)


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:10:07.95 ID:g+pvpcn50
幼女「ねえ、お兄ちゃん」

魔王「何だ?」

幼女「お兄ちゃんは、わたしのことどう思ってるの?」

魔王「ん? そうだな……」

幼女「わたしはお兄ちゃんのペットなんでしょ?」

魔王「誰がそのようなことを言ったのだ」

幼女「……ほら、最初に、側近さんがわんちゃんを飼っているのと同じようなものだって……」

魔王「いや、あれは側近を上手く丸め込むために言っただけであってだな」

魔王「本気でお前を愛玩動物だと思っているわけではないぞ」

幼女「……そうなの? 飽きたら食べちゃったりしないの?」

魔王「するわけがなかろう」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:13:37.72 ID:g+pvpcn50
幼女「そっか。良かった」

魔王「お前はお兄ちゃんの妹のような存在なのだ」

魔王「言わば家族だ。一生大切にするぞ」

幼女「……えへへ」

幼女「じゃあ、わたしがお嫁に行ったりしたらいや?」

魔王「嫁になんぞやらん! お前はお兄ちゃんのお嫁さんになるのだ!」

幼女「そっか! お兄ちゃんだぁいすき!」

魔王「うむ、大好きだ」ナデナデ

幼女「んん……」スリスリ


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:19:25.45 ID:g+pvpcn50
魔王(魔族しかおらぬ城にいるのだ。やはり不安にもなるのだろう)

魔王(心の傷を埋めてやらぬとな)

幼女「お兄ちゃんのお嫁さんになったらね、おいしい料理を作って、」

幼女「ちゃんとお洗濯もして、お部屋がピカピカになるまでお掃除して……」

魔王「そのような雑用は全て召使がやるからお前はのんびり過ごして良いのだぞ」

幼女「あ、そっかあ……」

魔王「だが、お前の手料理は食べてみたいものだ。もう少し大きくなったら料理長に習いに行くと良い」

幼女「うん!」

幼女「あと、いっぱい赤ちゃん産みたい!」

魔王「ブフォッゴホッガハッ!」


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:25:21.61 ID:g+pvpcn50
魔王(さて、幼女も寝付いたことだし体を動かしに行くか)

魔王(夜中に一人で目を覚まして寂しがらなければ良いのだが……)

魔王(これも幼女との明るい未来のためだ)

魔王(怠けてばかりでは勇者に負けてしまうからな。若造とは言え舐めてはいかん)

魔王(多くの魔王は勇者をたかが人間だからと舐めていたために敗北してしまったのだ)

魔王(奴等と同じ轍を踏むつもりはない)

隠密「魔王陛下」

魔王「どうした」

隠密「勇者が近付いているようです」

魔王「……そうか」


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:30:45.66 ID:g+pvpcn50
魔王(意外と腕は鈍っていないようだ)

魔王(幼女を勇者に託すと言う発想もあったが、我が死んだら幼女が悲しむだろう)

魔王(魔族の元にいたというだけで、人間達から差別される可能性もある)

魔王(というか他の男になんぞ渡したくはないわ)


幼女「おにーちゃー……」トテトテ

魔王「幼女、起きたのか」

幼女「寝てる間にどっかいっちゃやだぁ……」

魔王「すまないな、寂しかったろう」

幼女「んー……」


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:36:09.15 ID:g+pvpcn50
魔王「ほら見ろ、星が綺麗だぞ」

幼女「んう……ほんとだー!」パアァ

魔王「あれが砂時計座で、あれが弓座、あれが猫座だ」

幼女「お父さんやお母さんから教えてもらったのと違う……」

魔王「魔族が名前を付けた星座だからな。人間の文化とは異なるのだろう」

幼女「そっかぁ」

魔王「さて、部屋に戻るか。夜は冷えるからな。女の子は体を冷やしてはならぬのだ」

幼女「男の人ならいいの? 何で?」

魔王「元気な子を産むには体を温めねばならないのだ。鳥も卵を温めるだろう。わかったか?」

幼女「わかった。ちゃんとあっためるね」

魔王「うむ」


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:39:37.64 ID:g+pvpcn50
幼女「赤ちゃんが生まれてくる穴ってどこにあるの?」

魔王「えっ」

幼女「昔お母さんに聞いたんだけど教えてくれなかったの」

幼女「お腹のどのあたりに赤ちゃんのお部屋があるのかなあ?」

魔王「うっ……」

魔王(いかん、鼻血が……)

魔王「もう少し大人になったら教えてやろう」

幼女「何で教えてもらえないんだろう……」

魔王「…………」


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:42:29.70 ID:g+pvpcn50
魔王(間違ってもあと十年経つまでは手を出さんぞ)

魔王(大事に大事に育てるのだ)

魔王(……最初はただの自己満足のために拾ったのだが、いつのまにか本当に大切な存在になってしまったな)

幼女「……」スースー

魔王(いつまでもこの純粋さを保ち続けて欲しいものだ)

魔王(……反抗期に『お兄ちゃん気持ちわるーい』なんて言われたらどうしよう…………)


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:47:57.84 ID:g+pvpcn50
数日後

幼女「なんだか騒がしいね」

魔王「……」

幼女「お兄ちゃん、どうしたの?」

魔王「良いか、奥の部屋に隠れているのだぞ」

幼女「え? どこ行くの?」

魔王「絶対に帰ってくるからな。ちゃんと待っているのだ。良いな?」

幼女「お兄ちゃん? お兄ちゃん!?」


83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:56:28.50 ID:g+pvpcn50
魔王「ついにこの時が来たか……」

勇者「魔王……倒す!」

魔王「貴様等人間はいつもそう我等を憎む」

魔王「貴様の村を滅ぼしたのが何者かは知っているか?」

勇者「……盗賊だろ。それがどうした」

魔王「人間を襲うのに、魔族も人間もないのだ」

魔王「遠い魔族を倒すより先に、近くにいる同族をどうにかすることを優先したらどうだ」

勇者「黙れ!」

魔王「魔族を滅ぼせば傭兵が職を失い、盗賊はより増えるであろう」

魔王「我を倒したところで、平和が訪れると本気で思っておるのか?」


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 22:58:56.69 ID:g+pvpcn50
勇者「魔族に殺される人間だってたくさんいるんだ!」

勇者「頭を潰せば幾分かマシにはなるさ!」

魔王「聞く耳無し、か……やむを得んな」

魔王「かかってくるが良い」

勇者「うおぉぉぉおおおおお!」

――――

魔王「なかなかやるではないか」

勇者「くっ」

魔王(五分五分といったところか……)


86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:03:24.03 ID:g+pvpcn50
幼女「お兄ちゃーん……」トテトテ

魔王「幼女っ!?」

幼女「ごめんなさっ……でも、お兄ちゃんが心配だったから……来ちゃった……」グスッ

勇者「幼女……?」

勇者「君……もしかしてはじまりの村の幼女か!?」

幼女「? そ……だけど……」

勇者「ずっと探してたんだぞ!」

魔王「何だと?」


88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:07:42.44 ID:g+pvpcn50
勇者「幼女の死体だけ見つからなかったから、きっと生きてるって信じて探していたんだ!」

勇者「俺のこと、覚えてないかい? 俺が旅立った時、君はまだ小さかったから……」

幼女「……?」

勇者「お兄ちゃんだよ! 君は俺の妹なんだ!」

幼女「!?」

魔王「何だと……」


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:08:11.17 ID:DUtkEM3i0
騙されんな!


92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:09:39.32 ID:UsttdkhR0
幼女を騙そうとする勇者卑怯すぎぃ!


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:12:11.01 ID:g+pvpcn50
勇者「こっちにおいで! そんなところにいたら危険だ!」

幼女「え、えっと……」オロオロ

魔王(そういえば似ているな)

魔王(勇者が旅立った頃、幼女は大体2歳程だっただろう)

魔王(本物の兄を覚えていなくともおかしくはない)

幼女「…………」

勇者「おいで……」

幼女「……やだ!」

勇者「どうして……」


96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:15:18.84 ID:g+pvpcn50
幼女「わたしのお兄ちゃんは魔王だけだもん!」

幼女「助けてくれなかった勇者なんてお兄ちゃんじゃない!」

勇者「でも……」

魔王「幼女、逃げろ。すぐに決着を付ける」

幼女「やだやだ!」

魔王「……側近、生きているか」

側近「ええ、何とか」

魔王「幼女を連れてここを離れろ」

側近「はい」

幼女「やだぁー! お兄ちゃんと一緒にいるー!」

魔王「……じゃあな、幼女」

幼女「おにいちゃぁぁあああん!」


98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:18:34.61 ID:g+pvpcn50
勇者「俺が勝ったら……幼女を返してもらう!」

魔王「ふん、いいだろう」

勇者「いくぞ、奥義――――」




魔王(そうか、肉親がいたか)

魔王(幼女を天涯孤独にしてしまうくらいならば……)


100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:21:11.33 ID:g+pvpcn50
幼女「ねえ、側近さん、お城が爆発しちゃったよ!?」

側近「……」

幼女「お兄ちゃん、大丈夫かな?」

幼女「お兄ちゃん、強いもんね、きっと勝ってるよね?」

魔子「幼女様……」




勇者「幼女!」

幼女「あ……」

勇者「魔王との約束なんだ。幼女をこちらに渡せ。そうすれば命は奪わない」


102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:22:23.86 ID:PhrQafWr0
魔王・・・


106 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:15) :2013/03/30(土) 23:23:57.16 ID:0qjYlcEn0
さすが勇者空気読まない


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:24:38.60 ID:g+pvpcn50
幼女「ぐすっお兄ちゃん……おにいちゃあん……」

勇者「幼女……」

勇者(そんなにあいつのことが……)

幼女「お父さんもお母さんも、村の皆も死んじゃった」

幼女「私を助けてくれたお兄ちゃんも……もう……」

幼女「私もお兄ちゃんのところにいくー!」ジタバタ

勇者「こら! 幼女!」

幼女「私にも、お兄ちゃんにしたことしてよ! 天国に逝かせてよ!」

勇者「っ……」

幼女「いやあああああああああああああああああああ」


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:28:26.08 ID:g+pvpcn50
幼女「あれ? あそこに……」

勇者「子供が倒れてる……!? 助けないと!」

少年「うう……お腹空いた……」

勇者「どうしたんだい」

少年「僕、身寄りがなくて……」

勇者「俺達と一緒においで」

少年「いいんですか? ありがとう……ございます……」






少年(あー人間のガキに化けるのつらいわー)


116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:32:21.51 ID:g+pvpcn50
少年(勇者が必殺技を繰り出した直後に瞬間移動魔法で城の外に脱出)

少年(そして人間に化けて拾われる)

少年(そうすれば幼女の家族を殺さずに済むし幼女とずっと一緒にいられる)

少年(我ながら完璧だ)

幼女「どこか怪我してない? 大丈夫?」

少年「うん」

少年「これからもずっと一緒にいような」コソ

幼女「!? うん!」パアア

勇者(いきなり元気になったな……? まあいいか)


118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:33:39.15 ID:ITNABNIa0
どっちが正義の味方かわからないな


121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:35:57.62 ID:g+pvpcn50
少年「お義兄さん、僕にも幼女ちゃんに『お兄ちゃん』と呼んでもらう許可をください」

勇者「まあ俺が拾ったんだから俺達の兄弟みたいなもんだしな、いいよ」

幼女「お兄ちゃん!」

少年「幼女ー!」

こうして魔王と幼女はこっそりと幸せに暮らしたのでした

終わる


126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:41:38.27 ID:g+pvpcn50
少年(人間の子供として成長しているように見せかけるのつらいわー)

少年(この姿を保っていると肩がこるのだ)

幼女「また肩こり酷いの? 揉んであげるね!」

少年「ありがとう、幼女」

幼女「側近さんから手紙届いてたよ」

幼女「人間に襲われない安住の地を見つけたって」

少年「そうか、良かったな」


127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:47:23.23 ID:g+pvpcn50
約十年後

勇者「まさかあの時拾った少年と妹が結婚しちまうなんてな……」

勇者「はじまりの村も再興したことだし、盛大に祝ってやるか」


幼女(大人)「子供何人欲しい?」

少年(大人)「自然に任せれば良いさ」

幼女「結婚した後も『お兄ちゃん』じゃ、なんだかおかしいね」

少年「いや、それ以外の呼び方は認めん」

幼女「人前では名前で呼ぶからね?」

少年「それは仕方ないか……」


その後、子宝にも恵まれ、ご近所から羨ましがられるほどラブラブに暮らしたとのことだった

ほんとに終われ


129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:53:14.27 ID:NAMWi5c30
流石に乙


130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:54:32.81 ID:vlIPH/CN0
楽しかった乙


131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:54:34.52 ID:NH70YtWQ0



132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:57:08.26 ID:JZqUOmIU0
乙乙


133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/30(土) 23:57:12.99 ID:G96kEyNU0

おもしろかった


137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/31(日) 00:08:23.47 ID:uWnB3Cdr0
(;∀;)イイハナシダナー


転載元

幼女「お願いです、命だけは助けてください」魔王「グフフッ……」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364641903/







新妹魔王の契約者II (角川スニーカー文庫)
上栖 綴人
角川書店(角川グループパブリッシング) (2013-01-31)
売り上げランキング: 11,489

関連記事
2013/04/06 12:00 | CM(3) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 名無し [ 2013/04/06 15:49 ]
  2. いくらなんでも魔王が肩入れしすぎだけど
    幸せそうなら何より…なのかね?
  3. 774@いんばりあん [ 2013/04/06 17:26 ]
  4. 幼女(大人) 少年(大人)

    何 か が お か し い
  5. 774@いんばりあん [ 2013/04/08 02:04 ]
  6. ※2
    つっこんだら負け
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング