HEADLINE

シャーリー「トゥルーデちゃん!」

2 1 [saga]:2013/04/15(月) 20:04:10.63 ID:LUdldV5bo
バルクホルン「おい、なにを見ているんだリベリアン。私の顔に何かついているか」

シャーリー「へっへっへ~。トゥルーデちゃん!」

バルクホルン「!?…なっ、なんだ突然気持ち悪いな。その呼び方はやめてくれ。お前に呼ばれると寒気がする」

シャーリー「気持ち悪いとはなんだよ~。それに、私の事はシャーリーって呼んでくれ」

バルクホルン「フッ、私がなんと呼ぼうが私の勝手だろう。リベリアンはリベリアンだ」




3 1 [saga]:2013/04/15(月) 20:28:41.41 ID:LUdldV5bo
シャーリー「そーかそーか、じゃあ私もトゥルーデちゃんと呼ばせてもらうよ」

バルクホルン「なっ!……そうなるくらいだったら仕方ない、シャーリーと呼ばせてもらおう」

シャーリー「おっ、じゃあ試しに呼んでみてくれよ!」

バルクホルン「くっ…。しゃ、…シャーリー……」ボソッ

シャーリー「んー?なんだって?よく聞こえないぞ~」



6 1 [saga]:2013/04/15(月) 22:55:04.24 ID:LUdldV5bo
バルクホルン「……シャーリー」ボソッ

シャーリー「おいおい、本当に聞こえないぞ」

バルクホルン「ぐっ…シャーリーっ!!!!ふん、これでいいだろう!?」

シャーリー「び、びっくりしたー。よしっ、ありがとなトゥルーデちゃん。じゃーまた後でなー」スタスタ

バルクホルン「なっ…!待て貴様!待たんか!」

バルクホルン「あいつめ……。適当な事を……。というか、何がしたかったんだあいつは…」



7 1 [saga]:2013/04/15(月) 22:56:22.19 ID:LUdldV5bo
-----

シャーリー「よう、トゥルーデちゃん。なにやってるんだ」

バルクホルン「おい……まだ続けるのかリベ……」

バルクホルン(いや……もしかしてこいつは、私がシャーリーと呼び続けるようになるまでやめないつもりか?)

シャーリー「んー?どうしたトゥルーデちゃん」ニヤニヤ

バルクホルン「い、いやなんでもない、し…シャーリー。見ての通り、懸垂の最中だ。…貴様は何の用だ」

シャーリー「私か?私は…トゥルーデちゃんに会いにきたんだ」

バルクホルン「ななっ、何を言っている…!ぐっ!」ズルッ



8 1 [saga]:2013/04/15(月) 22:57:33.17 ID:LUdldV5bo
シャーリー「おいおい、カールスラントの怪力エース様は懸垂もできないのか??」

バルクホルン「ふん、汗で滑っただけだ。このくらい…なんともない」

シャーリー「へへーん、じゃあこれはどうだ?それっ」コチョコチョ

バルクホルン「なっ!?ばっや…やめろっくすぐるな…!ははっ、な…やめろと言っているんだリベリ…!!」

シャーリー「ん?リベリ…なんだって?」

バルクホルン「くっ…シャーリー…」

シャーリー「ははっ、しょうがないな~今日はこの辺にしといてやるよ。じゃーなっ」

バルクホルン「なっ…またか!待て!……逃げ足の早いやつめ」

バルクホルン(なぜだ…なぜ私があいつに振り回されているんだ…)



9 1 [saga]:2013/04/15(月) 22:58:37.68 ID:LUdldV5bo
-----

シャーリー「あー…今日は眠れなかったなー…」

バルクホルン「なんて顔だシャーリー。寝れる時はきちんと睡眠をとる。軍人として当たり前の事だぞ」

シャーリー「おっ、トゥルーデちゃん。今自然にシャーリーって言ったな」

バルクホルン「そ、それがどうした。それに、ずいぶん前からお前をシャーリーと呼ぶ事はあったはずだ」

シャーリー「ああ、そうだったな。それ以来全然呼んでくれないからさみしくってな~」



10 1 [saga]:2013/04/15(月) 22:59:51.54 ID:LUdldV5bo
バルクホルン「ふん、何を言うか。私に呼ばれたところで嬉しくもなんともないだろう」

シャーリー「お前こそ何言ってるんだよ。お前に呼ばれるから嬉しいんだろ」

バルクホルン「なっ、なな…!」

シャーリー「はははっ、おかげで目が覚めたよ。先に食堂行っててくれ」ダッ

バルクホルン「おい待て…!……ふっ、あいつめ」

バルクホルン(しかし少し具合が悪そうだったな…)



11 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:01:23.09 ID:LUdldV5bo
-----

シャーリー「あー…やっぱり今日は体調がよくないな…」

シャーリー(なんとかバレずに済んだか?あいつこういうところはよく見てるからなー…)

ウー

シャーリー「け、警報!?…出撃か」

-----

バルクホルン「敵は小型一機。他のものはいつでも出撃できるよう待機しているようだ」

シャーリー「……そうか」

バルクホルン「おいシャーリー、やはり具合が悪そうだぞ。他の者を呼んで、お前は基地に帰還した方が…」

シャーリー「…ははっ、ちょっと寝不足なだけだ。戦闘には支障を出さないよ」



12 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:04:07.79 ID:LUdldV5bo
バルクホルン「そうか、ならいいんだが……。来たぞ」

シャーリー「私があいつを引き寄せる。お前は後ろから頼むよ」

バルクホルン「おい、それではお前は…」

シャーリー「私には自慢のスピードがある。あんなやつすぐに巻くよ」

バルクホルン「……わかった。だが無理はするなよ。無理とわかったら私が奴を…」

シャーリー「ははっ、思ったより心配症なんだな。心配すんなって。帰ったら芋でも揚げてくれ、フライドポテトにケチャップをつけて食いたい気分なんだ」


13 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:09:44.27 ID:LUdldV5bo
バルクホルン「ふっ、そうか。なら、早く済ませてしまおう」

シャーリー「おう。…さて、いくぞっ!こっちだ!」

ネウロイ「ソッチカ」ドシュウ

シャーリー(ひゃー、思ったより攻撃が激しいな)

バルクホルン「後ろはとったぞ!」



14 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:19:21.83 ID:LUdldV5bo
シャーリー「……よし。さあ、頼むよマーリン!」

ガクッ

シャーリー「なっ…!?なんだ!?」

バルクホルン「どうした!?」

シャーリー「全然スピードが出ない…?くそっ、頼む!」

シュー

シャーリー「ダメだ…魔力がうまくコントロールできない…?」



15 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:33:44.61 ID:LUdldV5bo
バルクホルン「おいシャーリー!
次がくるぞ!」

シャーリー「くっ!避けられないか…!」ウィン

ドシュウ

シャーリー「ぐっ…この体制でシールドはきつ…っ!!」

バルクホルン「くそっ…狙えない!こうなったら直接こいつで……ずおりゃああああ!!」ドーン

グラッ


16 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:35:35.24 ID:LUdldV5bo
シャーリー「攻撃が止まった!?」

バルクホルン「シャーリー!私の銃はもう使い物にならない!頼む!」

シャーリー「こんのぉぉ!!」ダダダ

パリーン

バルクホルン「やったぞ!!……おい、シャーリー?」


17 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:46:05.67 ID:LUdldV5bo
シャーリー「…」

バルクホルン「なっ!?どうした!くそっ!」

ガシッ

シャーリー「……ん?ば、バルクホルン……ネウロイは……!?」

バルクホルン「ネウロイならお前が撃墜したよ。まったく、無茶をして」

シャーリー「そうか…よかった」

バルクホルン「さて、基地に帰還するぞ。…お前を休ませなきゃならないようだからな…」



18 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:54:21.96 ID:LUdldV5bo
シャーリー「ああ、そうしてくれ…ぐっ!」

バルクホルン「どうした!?…なっ、これは血!?被弾していたのか!?いったいいつ…!」

シャーリー「くっ……バルクホルン…もう基地までもちそうにない……」

バルクホルン「バカいえ!お前とはまだ話したい事が山ほど…!」


19 1 [saga]:2013/04/15(月) 23:58:12.13 ID:LUdldV5bo
シャーリー「……なあ、バルクホルン……私…お前の事が…ずっと……」

バルクホルン「ああ、わかっている…!私だってお前の事が……!」

シャーリー「……ははっ、そうか…。安心したよ……」

バルクホルン「ま、待て!だったら私を…もう一度トゥルーデと……トゥルーデと呼んでくれ……!!」

シャーリー「……トゥルー……で………」ガクッ



20 1 [saga]:2013/04/16(火) 00:05:46.76 ID:mGyIYB0Vo
バルクホルン「そんな……待ってくれ…私を置いていくなシャーリー……シャーリィィィ!!!」

シャーリー「……zzz」

バルクホルン「えっ」

シャーリー「……むにゃむにゃ……zzz」

バルクホルン「おい、ちょっと待て……。…なっ、これは……ケチャップ!?」

シャーリー「……足りねー…腹減った……zzz」

バルクホルン「こいつ……!!こんのぉぉおお…!」

バルクホルン「起きろ!!シャー……りっ、リベリアン!!!」

シャーリー「……トゥルーデ…ちゃん……zzz」


21 1 [saga]:2013/04/16(火) 00:40:01.04 ID:mGyIYB0Vo
-----

シャーリー「よぉ、バルクホルン!」

バルクホルン「なんだリベリアン。昨日あんな目にあっといて、今日はずいぶん元気なようだな」

シャーリー「皮肉を言うなよ~、トゥルーデちゃんっ」

バルクホルン「やっ、やめろ!もうその名前で呼ぶんじゃない!」

シャーリー「んー? “私だってお前の事が” ……なんだって??」


22 1 [saga]:2013/04/16(火) 00:49:01.72 ID:mGyIYB0Vo
バルクホルン「うるさい!なんでもない!わ、私はお前に合わせただけでだな…!」

シャーリー「私は、お前の事がずっと好きだったぞ?」

バルクホルン「~~っ!?」

シャーリー「お前の気持ちも、教えてくれよ」

バルクホルン「わっ、私は…その……あの……」

シャーリー「……いいよ気にすんな、忘れてくれ。じゃ、また後でな」

バルクホルン「待てシャーリー!
!」



23 1 [saga]:2013/04/16(火) 01:00:19.41 ID:mGyIYB0Vo
シャーリー「…っ!な、なんだよびっくりしたな」

バルクホルン「……いつもいつも、そうやって私を置いて行かないでくれ…っ。私と一緒にいてくれ……。私にはお前が…」ウルウル

ギュッ

シャーリー「もういいよ、ありがとう。もうお前を置いて行ったりしない。…泣くなよ」

バルクホルン「ば、バカ者っ…泣いてなどいないっ!」


24 1 [saga]:2013/04/16(火) 01:01:10.28 ID:mGyIYB0Vo
シャーリー「ははっ、そうかそうか。……なあ、トゥルーデちゃん」

バルクホルン「……なっ…なんだ…?」

シャーリー「たまに思うんだ。もしもこれが夢だったら…ってさ。そう思えると、普段言えない事も言いやすくなるだろ?」

バルクホルン「………そうか……そうだな。なら、私にも言わせてくれ」

シャーリー「どんと来い!」

バルクホルン「私は、お前の事が好きだ」

シャーリー「……ありがとう。私もお前の事が好きだよ」ギュッ



25 1 [saga]:2013/04/16(火) 01:02:28.37 ID:mGyIYB0Vo
-----

バルクホルン「…はっ!?」ガバッ

バルクホルン「なんだ……今のは夢か……?やけに生々しかったな…。あいつの唇の感触まで…って何を言っているんだ私は!」

バルクホルン「二人で出撃というのはどう考えてもおかしい。あれは夢で間違いない。そもそも、私とあいつがあんな関係になるはずがない。…いや、なったら困る。夢で良かったんだ。ああ、きっとそうだ」

バルクホルン(これで良かったんだ…)




26 1 [saga]:2013/04/16(火) 01:17:12.93 ID:mGyIYB0Vo
-----

シャーリー「……」

バルクホルン(なんだあいつめ…こっちをニヤニヤ見つめて)

バルクホルン(あいつは何も知らないんだ。私も気にする事はない)

バルクホルン「おい、なにを見ているんだリベリアン。私の顔に何かついているか」

シャーリー「へっへっへ~。トゥルーデちゃん!」

バルクホルン「!?…なっ、なんだ突然気持ち悪…………あれ……?」



27 1 [saga]:2013/04/16(火) 01:23:16.09 ID:mGyIYB0Vo
シャーリー「どうしたんだトゥルーデちゃん、変な夢でも見たのか?」

バルクホルン「……ふっ。ああ、とっておきの夢を見たぞ。人生を変えてしまう様な夢をな」

シャーリー「ははっ、そうかそうか。そいつはぜひ聞かせてもらいたいよ」

バルクホルン「これは私だけの秘密だ」

シャーリー「なんだよ冷てーなー。…さて、食堂に行くかな」

バルクホルン「……!待てシャーリー!!」



28 1 [saga]:2013/04/16(火) 01:26:22.84 ID:mGyIYB0Vo
シャーリー「なんだよ。さっき『もうお前を置いて行ったりしない』って言っただろ?」

バルクホルン「……っ!!!……そうか、そういう事か……。そうだったな。行こう、シャーリー」

シャーリー「ははっ。ああ、トゥルーデちゃん」

バルクホルン「……ところで、ちゃん付けはやめろ……。その…恥ずかしい…」

シャーリー「いいじゃないかー、可愛くて。なんて呼ぼうが私の勝手だろー?」

バルクホルン「なんだと~!?」


おわり


29 1 [saga]:2013/04/16(火) 01:29:50.09 ID:mGyIYB0Vo
というわけで以上でおわりです

シャーゲルはこんなに甘くないと思いながらも、夢という設定を利用して甘々にしてやりました

またいつか書きにきます

今まで書いたもの
ペリーヌ「誰も宮藤さんを覚えてらっしゃいませんの!?」


30 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/04/16(火) 03:33:11.50 ID:1q9VCb5qO
おつん
素晴らしい甘々なシャーゲルだった、またなんか書いてくれぇ


転載元

シャーリー「トゥルーデちゃん!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1366023825/







ストライクウィッチーズ劇場版 秘め歌コレクション2-シャーロット・E・イェーガー&フランチェスカ・ルッキーニ-
シャーロット・E・イェーガー(CV:小清水亜美) フランチェスカ・ルッキーニ(CV:斉藤千和)
日本コロムビア (2013-01-09)
売り上げランキング: 29,852

関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/04/21 12:49 ]
  2. またこれかい!
    それはさておき、シャーゲルは素晴らしいな~。
  3. 774@いんばりあん [ 2013/04/21 13:56 ]
  4. パンチが足りないでござる
  5. 774@いんばりあん [ 2013/04/21 23:30 ]
  6. トゥルトゥル
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング