HEADLINE

幼女「とうもろこし、いる?」 part2

2010/10/04 20:35 | CM(0) | 創作・男女系 SS
関連:幼女「とうもろこし、いる?」 part1



266 ◆3LsjyiVMzQ :2010/09/27(月) 14:24:51.51 ID:MSADbkGP0
ただいま、保守感謝。
 


267 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:26:04.54 ID:MSADbkGP0
男「──へぇ、それで女の子とライバルになったのか?」

幼女「うん!」

男「こんな年齢から三角関係……なのか?」

幼女「ちがうよ、らいばるだよ」

男「うーん……、そうだな。ライバルだな」



268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:27:43.23 ID:MSADbkGP0
幼女「うん、ふぉれでね。ふぉれでね」

男「口にもの入れたまま喋るんじゃない、しっかり噛んでからにしなさい」

幼女「……」コクコク

幼女「……」モグモグ

幼女「……」ゴックン

幼女「おいしい!」

男「そうかい」

269 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:28:39.67 ID:MSADbkGP0
男「よし、お昼ご飯食べ終わったら買い物に行こう」

幼女「わー! おでかけー!」

男「隣町に新しく出来たっていうショッピングモールに行こうとおもう」

幼女「ゆうえんち?」 

男「ショッピングモールだよ、人がたくさん居て色んなものが売ってて広くて大きい建物だ」

幼女「う~~~~、たのしみ!」

男「はは、そうかい」

270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:29:01.97 ID:p7vIlOobO
今日の猫村さん並にスローな展開だな

273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:29:58.26 ID:MSADbkGP0
パタン

男「よし、乗ったな?」

幼女「うん」

男「シートベルトは?」

幼女「つけたよ」

男「よし」

幼女「しゅっぱーつ!」

ブロロロロロロロロロ……

274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:31:37.02 ID:MSADbkGP0
幼女「くるまはやーい」

男「そうだな、自転車よりは速いかな」

幼女「ろけっととどっちがはやいの?」

男「う~ん、そりゃロケットの方が速いなぁ」

幼女「う~~~~」

男「空とんでるからな、相手は」

幼女「おじさんも空とべる?」

男「どうだろう」

275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:33:28.69 ID:MSADbkGP0
幼女「あ、止まっちゃった」

男「赤信号だからな」

幼女「う~~~~」

男「歩いてる時も赤は止まれだろ?」

幼女「?」

男「車も同じさ」

幼女「おんなじなの??」

男「交通ルールってやつさ、守らないと皆が困るからね」

幼女「そっか、わかった!」

276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:35:07.61 ID:MSADbkGP0
男「よし、着いたな」

幼女「うんっ」

男「じゃー、何から買おうか」

幼女「なにをかうのー?」

男「晩御飯の食材と、日用品と。あと好きなもの何でも1個買ってあげよう」

幼女「ほんとっ?!」

男「あぁ、本当さ」

幼女「やったぁ!」

277 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:36:46.35 ID:MSADbkGP0
幼女「わぁ……ひろーい」

男「そうだね、広いなあ」

幼女「おうちより広いね」

男「はは、家の100倍はあるかもな」

幼女「あ! きらきらがある!」

男「きらきら?」


○○宝石店


男「なん……だと……」

278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:37:05.84 ID:lPtPfFuD0
日用品をしってることに驚き

279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 14:39:10.84 ID:MSADbkGP0
幼女『おじさん、これ欲しい!』

男『お、決まったか』

幼女『うんっ』

男『どれどれ』

幼女『あのね、なんでもひとつかってくれるんだよね』

男『ああ、約束だからね』

幼女『じゃあ、これっ!』

男『なになに……、真珠のネックレス?』


価格35万円


男『なん……だと……』

281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:00:13.40 ID:MSADbkGP0
ナン……

ダト……


幼女「おじさん」

男「なん……だと……」

幼女「おじさーん?」

男「はっ?!」

幼女「おじさんどうしたのー?」

男「あ、あぁ、なんでもないよ」

幼女「おいていくよー?」

男「あぁ、すまない。もうきらきらは良いのかい?」

282 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:02:07.16 ID:MSADbkGP0
幼女「うんっ、あたしこれあるもん!」

キラッ

男「貝のネックレスか」

幼女「うん」

男「似合ってるぞ」

幼女「えへへ、おじさんとおそろい」

男「そうだな、おそろいだな」


283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:05:48.03 ID:MSADbkGP0
男「それじゃあ食材を買おうか」

幼女「ごっはん、ごっはん♪」

男「好きなもん作ってやるぞ、何が良い?」

幼女「う~~~」

男「なんでもいいぞ?」

幼女「とうもころし!」

男「とうもろこしだろ?」

幼女「う~~~~~」

男「ははっ」

284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:09:16.74 ID:MSADbkGP0
男「じゃあトウモロコシと、あと何だ?」

幼女「たこさんういんなー」

男「トウモロコシとウインナー……、パスタでいいか?」

幼女「あのね」

男「ん?」

幼女「おじさんのりょうり、何でも好き! だからパスタも好き!」

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:14:57.30 ID:MSADbkGP0
ワイワイ

ガヤガヤ


──ザリッ

『ターゲットを目視で確認しやした』

──、了解ですの。

『これから手はず通りに事を進めますぜ』

──、やっておしまい。

『はぁ……、しかしいいんですかい? あんな小さな子を……』

──、お灸を据えてやりますの! 天罰ですのよ! その為のお金は支払ってますの!

『はいはい、わかりましたぜ』

288 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:25:59.11 ID:MSADbkGP0
『ん』

──、どうしたましたの?

『ターゲットに接近する人物を確認しやした』

──、誰ですの?

『さあ? 資料にはなかった顔ですぜ』

──、むきーーーー! ここにきて邪魔者ですの?!

『どうしやす? 中止にしやすか?』

──、中止なんてありえないですの!

『はぁ……了解、切りますぜ』

──ザリッ

289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:30:08.92 ID:MSADbkGP0
先生「あれ?」

男「あ、どうも」

幼女「わー、せんせー」

男「こんにちは、先生もお買い物ですか?」

先生「こんにちは、偶然ですね。そちらも?」

幼女「とうもころしと、たこさんういんなーだよ!」

先生「そう、良かったわねぇ」

幼女「うんっ」

290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:32:32.03 ID:MSADbkGP0
男「今日はいつもとなんだか印象が違いますね先生」

先生「あはは、いつも幼稚園ではジャージですもんね」

男「そのスカート、とってもお似合いですよ」

先生「あ……ありがとうございます」

男「それでは、また明日」


先生「あ! あのっ!」

男「はい?」

先生「よ、よければ一緒に回りませんか?」

291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:37:14.53 ID:MSADbkGP0
男「ええ、いいですよ。せっかくですからね」

先生「や、やった」

男「?」

幼女「……」じー

男「じゃあ行きましょうか」

先生「はいっ」

292 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 15:39:53.54 ID:MSADbkGP0
男「これと、これと。あと、これ……か」

先生「たくさん買われるんですね?」

男「ええ、大型店だとディスカウントされてますからね。このトイレットペーパーなんか地元のスーパーより150円も安いんですよ」

先生「そ、そうなんですか」

男「先生のカゴは随分インスタントが多いみたいですね?」

先生「え、あ、はい。あの、私……あんまり料理が得意じゃなくて、ついついこういうのに頼ってしまうんですよね」

男「それじゃあ栄養も偏るでしょう」

先生「そうなんですよ~」

295 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 16:04:32.90 ID:MSADbkGP0


男『よろしければ今度の日曜日、うちでご飯をご馳走しますよ』

先生『えぇ?! いいんですか?』

男『あの子がいつもお世話になっている御礼です』

先生『そんな……私は何も……』

男『いいえ、この際だから申し上げます』

先生『は、はい? なんですか?』

男『先生、ずっと一目見た時からあなたの事が好きでした。結婚を前提にお付き合いください』

先生『は……はい……喜んで……』



296 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 16:06:29.32 ID:MSADbkGP0
先生「そんな……でも……あぁ……」

男「先生?」

先生「ひゃっ!?」

男「どうしたんですか? 何か考え事でも?」

先生「な、なんでも! なんでもないです!」

男「そうですか?」

先生「ええ、なんでも! はい!」

297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 16:09:27.29 ID:MSADbkGP0
男「……好き……な……ありますか?」

先生「好きっ?!」

男「何か好きな食べ物はありますか?」

先生「あ、……食べ物、ですか」

男「えぇ」

先生「肉じゃがとか、ビーフシチューとか」

男「おぉ、家庭的ですね」

先生「……を、作ってみたいです」

男「なるほど」

298 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 16:15:03.48 ID:MSADbkGP0
男「料理もやってみると意外と楽しいものですよ」

先生「そうでしょうか、私……不器用だから……」

男「始めてみると、新しい自分が見つかったりするかもしれませんよ」

先生「新しい……自分、ですか」

男「私もあの子を預かってから色々と初めてみましたが、料理も一通りは作れるようになりましたよ」

先生「すごいですね……子育てされてるんですもんね」

男「いや私なんてまだまだ。むしろあの子から教えられる事の方が多いくらいですよ」


299 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 16:17:18.58 ID:MSADbkGP0
>>298
すみません、誤字でした。


× 男「私もあの子を預かってから色々と初めてみましたが、──」

○ 男「私もあの子を預かってから色々と始めてみましたが、──」

301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 16:33:26.31 ID:MSADbkGP0
先生「……あの」

男「?」

先生「こうしてると、その、夫婦、みたい……ですよね」

男「……しまった」

先生「え、どうしたんですか?」

男「あの子が居ない」

先生「へ?」

302 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 16:36:02.48 ID:kVF/MPtCO
なっなんだってー!

304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 16:43:16.60 ID:MSADbkGP0
先生「どうしよう……、あの、私ったら会話に夢中になってて……ああ、ごめんなさい!」

男「落ち着いてください、子供の足です。そんなに遠くに行ったとは思えない」

先生「そ、そうですね」

男「先生はこの事を警備員に伝えてください、私はあの子を探してきます」

先生「は、はいっ」

317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 18:53:48.22 ID:MSADbkGP0
ワイワイ

ガヤガヤ


便利屋「で」

幼女「次はあそこあそこ!」

便利屋「なんであっしはお嬢ちゃんのお守りなんぞやってんでしょうね」

幼女「次は二階~!」

便利屋「へいへい、ちょいと待つっすよ」

幼女「はやくはやく~」

便利屋「っていうか、ターゲットが向こうからこっちに来るなんて。あっし今日まだ何もしてないっすよ……ラッキーというか幸運というか」

幼女「おいていくよ~」

便利屋「あ~もう、ちょっと待つっすよ~」


319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 18:55:17.81 ID:MSADbkGP0
便利屋「はぁ……、いつまでこんな便利屋なんて仕事をやってるんすかね……あっしは」

幼女「るんるん♪」

便利屋「お得意さんからの依頼だから引き受けちまったけど……」

幼女「るーんるん♪」

便利屋「よく考えたらこれ誘拐なんじゃ……」

幼女「るんるーん♪」

便利屋「はぁ……正直もうこんな仕事辞めて実家に帰りたいですぜ……」

幼女「次あっち~」

便利屋「あ、こらこら。一人で行っちゃだめっすよ~、迷子になるっすよ~」

320 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 18:56:44.86 ID:MSADbkGP0
幼女「次はここ!」

便利屋「へいへい」


幼女「次はあっち~!」

便利屋「ふえ~い」


幼女「えっとね、次は──」

便利屋「屋上の遊園地がそんなに楽しいんすかねぇ」


321 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 18:58:18.12 ID:MSADbkGP0
幼女「つぎは~あっちに行きたい!」

便利屋「お嬢ちゃん、ちょっと休憩しやせんかい?」

幼女「う~~~~」

便利屋「アイスでも買ってきやすから」

幼女「わー! ありがと!」

便利屋「はぁ……子供は暢気でいいっすねぇ。ほら、あそこのベンチに座るっすよ」

322 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 18:59:28.60 ID:MSADbkGP0
便利屋「ほい、買ってきたっすよ」

幼女「お兄さんありがと!」

便利屋「お安い御用っすよ」

幼女「ねーえ?」

便利屋「何ですかい?」

幼女「お兄さん、だーれ?」

便利屋「あっしですかい?」

幼女「うんっ」

便利屋「お嬢ちゃんのおじさんのお友達……っすよ」

幼女「おじさんの?」

便利屋「えぇ、そうっすね」

323 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:03:53.40 ID:MSADbkGP0
幼女「じゃあ、お兄さんもとうもろこし食べにくる?」

便利屋「トウモロコシ?」

幼女「うんっ、ばんごはん」

便利屋「トウモロコシ、……か」

幼女「?」

便利屋「いや、なんでもねぇです」

324 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:06:11.49 ID:MSADbkGP0
幼女「あのね、とうもろこしってとってもおいしいんだよ!」

便利屋「知ってやすぜ」

幼女「たいようのあじがするの」

便利屋「っ」

325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:07:04.26 ID:MSADbkGP0
────────
────
──


『いいかぁ、よく聞け息子よ。農家ってのは太陽の味を作ってんだよ』

『太陽の味?』

『おうよ、お天道さんがくれたものを父ちゃん達がこうやって形にしてるのさ』

『ふ~ん』

『見ろ、この玉蜀黍。太陽の色してんだろ?』

『ただの黄色じゃん』

『かっかっか、お前にゃまだわからんか』

『むー、なんだよ』

326 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:08:32.40 ID:MSADbkGP0

便利屋「……太陽の味、……か」




幼女「とうもころしきらい?」

便利屋「とうもろこし、ですぜ」

幼女「すき?」

便利屋「あっしの実家は農家ですぜ、玉蜀黍なんか毎日食ってやした」

幼女「えぇ~! いいなぁ」

便利屋「本場の玉蜀黍をしらないとはお嬢ちゃん、モグリですぜ」

幼女「もぐら?」

328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:12:15.99 ID:MSADbkGP0
幼女「じゃあこんど、お兄さんの作ったとうもころし食べさせてね!」

便利屋「……っ」

幼女「どうしたの?」

便利屋「いや……、なんでも無いですぜ」

幼女「どこかいたいの?」

便利屋「心が……少し」

幼女「あのね」

便利屋「?」

幼女「なきたいときは、ないてもいいんだよ?」

便利屋「……はは」

幼女「いいんだよ」

便利屋「……お嬢ちゃんの方が大人っすね」

幼女「こどもだよ?」

329 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:19:15.74 ID:MSADbkGP0
────────
────
──


『子供なんかじゃねぇよ!』

『なんだと! 父ちゃんに向かってその口の利き方はなんだ!』

『うるせえ! なんでわかってくれねぇんだよ! もう……もう、こんな家かえらねぇよ!』

『……今何て言ったっ?!』

『もう出てくって言ったんだよ!』

『……お前はまだ子供だ、……アテはあるのか? ちゃんと食べていけるのか?』

『今更父親面すんじゃねーよ!』

330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:22:47.65 ID:MSADbkGP0


便利屋「お嬢ちゃん、よく聞いてほしいっす」

幼女「なあに?」

便利屋「あっしは、お嬢ちゃんに嘘をついてやした。あっしは本当はおじさんの友達なんかじゃないんですよ」

幼女「えぇっ、そうなの?」

便利屋「本当は……悪の組織に雇われてる悪い人間なんですよ」

幼女「あくのそしき?」

便利屋「だから……、騙しててごめんなさいっす」

331 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:26:42.90 ID:kVF/MPtCO
無邪気ほど究極の武器はないし、無邪気ほと脆弱な防具はないな

332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:27:48.51 ID:MSADbkGP0
────────
────
──

『お前……俺を騙してた……のか?』

『はっ、ひっかかるお前の方が悪いんだろうが』

『ちょっと待ってくれよ、お前を信じて家まで飛び出してきたのによ!』

『そんなの知ったこっちゃねぇよ。金さえ貰えれば俺はそれでいいの、じゃ』

『まっ……待てよ! 待ってくれ!』

『ははは、あばよ~』

『そん……な……』

333 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:29:06.39 ID:MSADbkGP0

『くそ……あいつ……畜生っ……』

『何が儲かる話だ! 何が……くそ!』

『あれだけ親父に啖呵きって……家出までして、これからどうすりゃいいんだ……』

『金も全部もっていかれちまったし……』

ゴソゴソ

『ん? カバンの奥のほうに……なんだこの箱?』

カパ

『封筒と、なんだこりゃ、トウモロコシ?』

『ん? 封筒の裏に何か書いてるな』



少ないけれど、もっていきなさい。

それと、おなかがすいたらたべなさい。


父より。

334 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:29:59.76 ID:A5MbJTbm0
ブワッ

335 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 19:36:36.03 ID:8XuTAM2o0
いい話しすぎてワロタ

343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:22:23.48 ID:MSADbkGP0
モグモグ

『あぁ……』

モグモグ

『しょっぺぇなあ』

モグモグ

『……』

モグモグ

『太陽の、あじ……か』


344 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:28:57.77 ID:MSADbkGP0


便利屋「……あっしは、本当に……っ。……大バカ野郎なんすよ」



便利屋「ごめん。ごめんな、お嬢ちゃん」

幼女「お兄さんはわるくないよ?」

便利屋「いや、事実こうやってお嬢ちゃんを──」

幼女「お兄さん、一緒にあそんでくれたもん」

便利屋「そういう手口なんすよ」

幼女「アイスもくれたし」

便利屋「大人は金持ちなんすよ」

幼女「それに!」

便利屋「……それに?」

幼女「とうもころし好きなひとに悪いひとは居ないんだよ」

便利屋「──っ」

345 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:29:54.29 ID:MSADbkGP0
幼女「お兄さん、ちゃんとごめんなさいしたから」

便利屋「……え?」

幼女「あたし、今日はお兄さんと遊んだだけ」

便利屋「お嬢、ちゃん?」

幼女「お兄さんも、今日はあたしと遊んでただけ」

便利屋「お嬢ちゃん……」

幼女「あくのそしきなんかにまけないで」

便利屋「あぁ……、合点承知ですぜ」

幼女「それじゃ、あたしおじさんのところに戻るね」トコトコ

346 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:30:50.81 ID:MSADbkGP0
便利屋「お嬢ちゃん!」

幼女「うん?」

便利屋「あっしは……もう一度、最初から頑張ってみるっすよ!」

幼女「うんっ」

便利屋「あっしの作ったとうもろこし、食べてくれっす」

幼女「わかった!」

便利屋「達者で!」

幼女「ばいば~い」

347 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:37:23.96 ID:MSADbkGP0

男「……はぁ……。あの子、一体どこに行ってしまったんだ……」

男「私さえもっとしっかりしていれば……」

男「……だから、文章も書けなくなってしまったんだろうな……」

男「いや、今は弱音を吐いている場合じゃない」

男「まだ探していないところがあるはずだ」

349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:41:31.84 ID:MSADbkGP0
先生「あのっ!」

男「あ、先生」

先生「警備員の人にも協力してもらいましたが、1階と2階には居ませんでした」

男「となると、3.4.5階ですか」

先生「それと、あと屋上ですね」

男「屋上?」

先生「えぇ、子供があそべる、ちょっとした遊園地みたいなのがあるらしいですよ」

男「遊園地?」

350 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:42:18.62 ID:MSADbkGP0
男『隣町に新しく出来たっていうショッピングモールに行こうとおもう』

幼女『ゆうえんち?』

男『ショッピングモールだよ、人がたくさん居て色んなものが売ってて広くて大きい建物だ』

幼女『う~~~~、たのしみ!』


男「まさか……」

先生「あ、っと。どこ行くんですかっ?」

男「屋上です! たぶんそこにっ」 

351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:51:47.83 ID:MSADbkGP0
先生「……居ませんね」

男「くっそ! 私は……、私は一体何をやっているんだ……」

先生「諦めないでください!」

男「っ」

先生「私達が諦めて、どうするんですか」

男「……」

先生「大丈夫です、きっと」

男「えぇ、すみません。ちょっと頭に血が昇っていました」

352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:53:16.99 ID:MSADbkGP0
先生「きっと、きっと……お腹がすいたらもどってきますっ」

男「どういう理論ですか、それ──」


ピンポンパンポーン

「迷子センターです。白のワンピースに、貝のネックレスをした4歳の女の子を預かっております」

「繰り返します、迷子センターです──」

「──、2階の管理事務局までお越しください」

ピンポンパンポン


先生「ね?」

353 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 20:57:04.46 ID:MSADbkGP0
男「すみません、さっきの放送の子。私の家族かもしれないのですが」

「はい、お名前を教えていただいてもよろしいですか?」

幼女「あ、おじさん!」

トコトコ

幼女「わ~、おじさんだ~!」

男「まったく……、急に居なくなるから、びっくりしたぞ」

幼女「ごめんなさい」

男「こわかったか?」

幼女「ううん、こわくなかったよ!」

男「そうか、よかった……本当に、よかった」

354 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:01:43.32 ID:MSADbkGP0
「しっかりしたお子さんですね。泣きもせず自分から’迷子です’って尋ねてきましたよ」

男「そうなのか?」

幼女「うんっ」

男「はは、こいつは参ったな」

「これからはちゃんと見ていてくださいね」

男「はい、ご迷惑をおかけしました」

「いえいえ」

356 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:08:50.25 ID:MSADbkGP0
幼女「あ、せんせ~」

先生「良かった、ちゃんと見つかったんですね」

男「えぇ、本当に色々協力していただいてありがとうございました」

先生「そんな、頭を上げてください。私は何も……」

男「いえ、感謝してもしきれないくらいです」

先生「いえいえ、それじゃあ私はこれで……」

男「一度きちんと御礼をさせてください」

先生「え?」

357 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:09:31.59 ID:MSADbkGP0
男「次の休みの日にでも、私でよければご飯でもご馳走させてください」

先生「……」

男「先生?」

先生「へ?」

男「どうでしょうか?」

先生「え? あぁ、もう全然、全然オッケーです!」

男「でしたらまた詳しい事は後でご連絡致しますね」

先生「はひっ!」


359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:11:09.34 ID:w00nqtfD0
先生かわいいよ先生

360 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:12:20.31 ID:MSADbkGP0
幼女「せんせ~、何かヘンだったね?」

男「そうか?」

幼女「む~~~~」

男「さあ、帰って晩御飯を食べようか」

幼女「とうもろこし!」

男「パスタな」

幼女「とうもころし!」

男「とうもろこし、な。ん? ちょっと待ちなさい、口の周りに何かついてるぞ」

幼女「えっと、これはね。ア」

男「あ?」

幼女「あ~~、なんでもなーい」

361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:16:09.53 ID:MSADbkGP0
ワイワイ

ガヤガヤ


男の子「んだよお前、迷子になったのか?」

女の子「えぇ? そうなの?」

幼女「うんっ」

女の子「だいじょうぶだったの? ヘンな人に連れていかれたりしなかった?」

幼女「ヘーキだよ!」

男の子「だっせーな、俺だったら絶対迷子なんかになんねーし!」

女の子「わたしだったら……、どうなるんだろう」

男の子「お前だったらぴーぴー泣いてそうだな!」

363 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:18:20.04 ID:MSADbkGP0
女の子「なっ、なんですって!」

男の子「ひえっ?」

ポーン

幼女「あ、ボールが」

男の子「やべっ、また雷ジジイの畑に……」

女の子「ふん、ジゴウジトクよ」

男の子「く……」


「こらー、誰っすかー。あっしの畑にボール蹴りいれたのはー、ダメっすよー」


三人「ご、ごめんなさーい」


365 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:18:51.05 ID:/nv0oD+q0
まさか・・・・

369 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:34:47.50 ID:MSADbkGP0
保護者『失敗! 失敗ですの! あんな子供如きに諭されてどうするんですの! 連れ去って近くの公園に放置する契約でしたの!』

『奥さん、あっしはお金よりももっと大切な事を教えてもらいましたぜ』

保護者『むきーーーーーーーー! 何を生意気な! 世の中金、金、金ですの!』

『貰った金は返すっす、そんなに金が好きならもっていきやがれ』

保護者『べ・ん・り・や・ふ・ぜ・い・がぁぁぁぁぁぁぁ~~~!!!』

『あっしはもう店をたたみますぜ、仕事なら他を当たってくれ』

保護者『むきーーーーーーーー!』

保護者『おさまらない! このままでは腹の虫がおさまりませんの!』

保護者『このままでは終わりませんの!』

370 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:34:52.58 ID:WskByJ0K0
ちょっと便利屋に萌えた

371 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:36:36.75 ID:/nv0oD+q0
便利屋のせいで濡れた

372 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 21:40:56.85 ID:MSADbkGP0
たぶんこの後すぐさるさんになるからこの辺りでちょっと休憩します
風呂入って11時くらいにまた戻ってきます



383 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:04:20.55 ID:MSADbkGP0
◇ ◇ ◇ ◇



キュキュ


ゴクゴクゴク


男の子「……、ぷはー! 生き返るぜ!」

女の子「もう、水道水がぶ飲みなんてはしたないわね」

男の子「こまけぇことはいいんだよ!」

女の子「まったく……おおざっぱなんだから。そう思わない?」

幼女「うん、おおざっぱ」

女の子「ほら、2対1よ?」

男の子「ぐ……」

384 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:07:14.07 ID:MSADbkGP0
男の子「2対1がなんだ、すーてきふりでも突破しなきゃゴールはうばえないだぜ!」

女の子「数的不利なんて難しい言葉よくしってるわね、意味わかってんの?」

男の子「もっちろん!」

女の子「どうだか、怪しいもんね」

男の子「あ、カアちゃんだ! おーーーーーーーーーーーーーーい!」

「かえるわよー」

男の子「じゃあな二人とも! まった明日~」

幼女「ばいばい」

女の子「またあしたね」

男の子「じゃあな~!」

385 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:14:39.45 ID:MSADbkGP0
女の子「それじゃあ次は何してあそぼっか?」

幼女「んーとね」

女の子「あやとりする?」

幼女「うんっ」

女の子「じゃあ取ってくるね」

幼女「あ、おじさんだ!」

男「おーい、迎えにきたぞ」

幼女「おじさーん!」

男「今日も楽しかったか?」

幼女「うんっ、あのねっ、今日はね──」

男「そうかそうか、帰ったら詳しく聞かせてくれ」

幼女「うんっ! それじゃああたし、帰るねっ」

女の子「あっ、うん……ばいばい」

幼女「ばいば~い!」

386 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:23:21.21 ID:MSADbkGP0
保護者「あーーーーーーーーーーーーーら?」

男「?」

保護者「ごきげんあそばせ」

男「保護者さん、こんにちは」

保護者「男性が毎日こんな時間に送り迎えって大変じゃあーーりませんの?」

男「いえ、私は自由業ですので時間の融通はきくんですよ」

保護者「まっ、まままままままま。定職には就かれてませんの?」

男「えぇまあ」

保護者「そのお年で定職に就かれてない……不憫、不憫ですの。わたくし、涙がほろりほろりとこぼれてしまいますの」

男「はぁ……」

保護者「知り合いの会社を紹介してあげてもいいですの。ちょーっと1年くらい遠い海での仕事ですの、オーッホッホ」

男「せっかくのお話ですが謹んでお断り致します」

保護者「まっ、人の厚意を無下にするなんて……ひどい人ですの」


388 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:28:09.25 ID:MSADbkGP0
男「私は今の生活に満足していますから」

保護者「後で後悔しても遅いですのよ」

男「えぇ、ありがとうございます」

保護者「……ふん」


女の子「……」

幼女「おじさんたち、むつかしいおはなししてるね」

女の子「ごめんね」

幼女「え?」

女の子「おかあさん、……ああいう人だから」

保護者「帰りますのよ!」

女の子「はい」

幼女「ばいばい」

女の子「ばいば──」

保護者「ほら! さっさと行きますの!」


390 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:39:33.47 ID:MSADbkGP0
男「私達も帰ろうか」

幼女「あのね、おじさん」

男「なんだ?」

幼女「あたしのおかあさんって、どんなひと?」

男「……ん」

幼女「おとうさんは?」

男「……」

幼女「どこに居るの?」

男「お前の両親は」

幼女「うん」

391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:41:15.32 ID:MSADbkGP0
男「……すまん、今は話せない」

幼女「む~~~」

男「すまない……」

幼女「それじゃあ」

男「ん?」

幼女「さんたさんに聞いてみるね」

男「あ……あぁ、そうだな」

393 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:46:56.08 ID:MSADbkGP0

幼女「おやすみなさーい」


スヤスヤ

スヤスヤ


パタン


Prrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr......


男「姉さん?」

『よー、元気してるか弟よ』

395 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:52:52.30 ID:MSADbkGP0

男「元気さ、相変わらずだよ」

『相変わらず暗い声してるなー!』

男「姉さんに似て暗い声してるよ」

『あっそ』

男「そっちはどう?」

『さっむい、昨日から雪ふってる』

男「こっちはまだ暑いよ」

『日本の夏は世界で一番蒸し暑いわ、誇って良いわよ』

男「あんまり誇らしげに思えないんだけど」

397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/27(月) 23:57:26.42 ID:MSADbkGP0
男「それで、今日はどうしたのさ。声がいつにも増して弾んでる気がするけど」

『捜査に進展があったの』

男「へぇ」

『これであの人の冤罪を証明できるかもしれない』

男「……姉さん」

『なによ』

男「その台詞、聞いたの5回目だよ」

398 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:00:58.27 ID:6NeKsvfc0
『捜査にはね、現場100回っていう言葉があるの』

男「うん」

『まだ5回目よ』

男「……101回になったら?」

『そんなの決まってるわ』

男「?」

『102回目になるだけよ』

男「いつになるんだよ、それまで」

『いつまでもよ』

399 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:03:56.40 ID:6NeKsvfc0
男「今日、あの子に言われたよ」

『何て?』

男「お母さんはどんな人かって」

『……そう』

男「なぁ姉さん、そろそろ帰ってこいよ、一回でいいから会ってやれよ」

『だめ、まだだめ。もう少し』

男「あの子の子供時代は一回しか無いんだぞ」

『わかってる』

男「わかってない」

『わかってるわ』

男「わかってないよ……」

『……そうね、ごめん』

400 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:11:04.65 ID:HNWWWlYAO
読ませるねー

401 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:14:24.24 ID:6NeKsvfc0
男「姉さんにとって大事なものは何か、もう一度かんがえなよ」

『……』

男「旦那さんの事、諦めろって言ってるんじゃないよ。ただ、自分の娘と顔を合わせるくらい……」

『怖いの』

男「怖い、ね」

『あの事件の後、あたしは夫を選んだ。……この手は二つあるのにね』

男「あの子は姉さんを待ってる」

『あたしがあの子の立場だったら母親の事、きっと憎んでると思う』

男「姉さん」

『自分を捨てて外国で旦那の冤罪を証明する事が生き甲斐のバカな女、それがあたしよ』

男「あんまり自分の子供を見くびらない方が良い」

『──っ』

男「あの子は、姉さんが思ってるよりずっと強いよ」

402 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:17:10.15 ID:6NeKsvfc0
『はっ、だったらなおさらよ』

男「……姉さん」

『……もう切るわね』

男「クリスマス、あの子が楽しみにしてる」

『クリスマス?』

男「サンタさんがモンブランを持ってきてくれるってな」

『そう』

男「姉さん」

『切るわよ』

男「姉さん!」


プツッ

ツーツー……ツーツー……

404 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:32:12.58 ID:6NeKsvfc0

男「アメリカ合衆国と日本か」

男「絶望的な距離だな……物理的にも精神的にも」

男「いっそのこと、こちらから乗り込むか?」

男「いや、……それじゃあ意味がないんだよな」

男「姉さんが、ちゃんとあの子を受け入れる事ができなきゃいけないんだ」


男「その時が来たら……」


男「その時が来たら、私は喜べばいいんだろうか?」

男「はっ、何を」

男「そんなの喜ばしいに決まってる」


男「……喜ばしいに、決まってる」

406 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:36:20.95 ID:6NeKsvfc0
チュン……

チュンチュン


幼女「おじさーん、朝だよー!」

男「ん……、あぁ、おはよう」

幼女「おはよー!」

男「随分はやいな」

幼女「えへへ、早起きしちゃった」

男「偉いな、早起きは三文の得と言うからね」

幼女「さーもん?」

408 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:42:18.54 ID:6NeKsvfc0
男「……プ」

幼女「?」

男「……ク、あはははは」

幼女「おじさん?」

男「いや、すまない。……ははは、さーもん、そうか。サーモンか」

幼女「おじさんがおかしいー」

男「はぁ笑った、ありがとう。暗い気持ちも吹き飛んだよ」

幼女「う~~~~」

男「ん?」

幼女「おじさんばっかりわらってずるい!」

男「あはは」

幼女「う~~~~、またわらった~!」

410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 00:58:38.37 ID:6NeKsvfc0
男「よーし、それじゃ着替えて朝ごはんだ」

幼女「うんっ」

男「今日のお弁当は気合を入れて作ってあげるよ」

幼女「えーっ、なになに?」

男「そうだな、トウモロコシとタコさんウインナーと、あとそれから──」

幼女「やったぁ!」

418 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 02:18:02.86 ID:dEbzPf3N0
こっち夏で向こう雪、オーストラリア付近かと思ったらアメリカ…?
こまけー事はいいかw

428 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 06:23:45.37 ID:UjRRr5JjO
今北産業

429 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 07:08:11.88 ID:2BCb9FObO
>>428
とうもろこし
便利屋
濡れるじゃねーか

450 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:11:32.67 ID:6NeKsvfc0
幼女「う~~~~~」

「わん!」

幼女「わんわん!」

「う~~~~~~」

幼女「う~~~~」

「わん! わん!」

幼女「わん!」

「う~~~~」



男「どっちが犬だ」


452 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:19:09.05 ID:6NeKsvfc0
「わん! わん!」

幼女「このこ、どうしたの?」

男「お隣さんが旅行に行くみたいでな、預かってきたんだ」

幼女「へぇ~」

男「こわいか?」

幼女「ううん」

男「実を言うとな」

幼女「うん?」

男「私は……その、すこし」

幼女「どうしたの、おじさん?」

男「犬が、怖いんだ……」

「わん!」

男「……」ビクッ

454 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:23:02.35 ID:6NeKsvfc0
幼女「こわくないよー?」

男「そ、そうか?」

幼女「あたまなでなでしてあげると喜ぶよ?」

男「頭……噛まれないか?」

幼女「だいじょうぶ、ほら」

「くぅ~ん……」

幼女「ね?」

男「む……」

幼女「ほらほら」

男「……ぐっ」

「わん!」

男「ひっ?」


455 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:25:05.76 ID:6NeKsvfc0
幼女「……」

男「……」

幼女「……おじさん」

男「あー……ゴホゴホ。おかしいな、風邪か? すこしうがいをしてこよう」

スタスタ

幼女「おじさん、君がこわいんだって」

「わん!」

幼女「こんなにかわいいのにねー」

「わんわん!」

456 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:26:14.91 ID:6NeKsvfc0
幼女「お名前はなんていうの?」

「わん!」

幼女「んー?」

「わん! わん!」

幼女「あ! ワンちゃんね?」

「わん!」

幼女「よろしくね、ワンちゃん」


457 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:31:45.18 ID:6NeKsvfc0
男「エサは……、貰ったドッグフードでいいんだよな」

男「お手、伏せ、おかわり、待て……」

男「ちょっと難易度高すぎやしませんか?」


幼女「おじさーーん」

男「ん? なんだ?」

幼女「ワンちゃん、おなかすいたみたい?」

「くぅ~ん……」


男「そ、そうか」

458 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:34:12.14 ID:6NeKsvfc0
男「このお皿に盛って……と」

「わん!」

男「う……さすがにゴールデンレトリバー、……でかいな」

幼女「よかったね、ごはんだよー?」

「わん! わん!」

459 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:37:01.54 ID:6NeKsvfc0
幼女「さあお食べ~」

男「ちょ、ちょっと待て」

幼女「なーに?」

男「なんでもこの’大型犬の育て方’という本によるとだな……」

幼女「おて」

「わん!」

幼女「ふせ」

「くぅ~ん……」

幼女「おて」

「わん!」

幼女「まて」

「くぅ~ん……」

幼女「よくできました~、たべていいよ」

「わん!」

男「なん……だと……」

461 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 15:43:44.04 ID:6NeKsvfc0
幼女「つぎはどうするの?」

男「え~とな、ちょっと待て」

幼女「わくわく♪」

男「ええっと、なになに? ’一日一度は適度な散歩に連れていくべし’?」

幼女「わ~、おさんぽ!」

「わん!」

幼女「わ、すっごくよろこんでるよワンちゃん」

男「尻尾がふりふりだな」

幼女「散歩に行けるのがうれしいんだねっ」

463 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:02:44.42 ID:6NeKsvfc0
男「次は散歩か……幸い晴れてるし。となると問題は……首輪にこの紐を引っ掛けないといけないのか」

「わん!」

男「……」

「わん?」

男「……お、おとなしくしててくれよ……」

「くぅ~ん?」

男「よし……良い子だ、そのまま、そのまま……」

「わん!」

男「ひえっ?!」

幼女「も~、おじさんこわがりなんだから」

男「不甲斐ない……」


464 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:04:36.52 ID:6NeKsvfc0
幼女「ほ~ら、散歩いこうね~」

ヒョイ

カチ

「わん!」

男「この手際の良さ……私よりデキる……」


男「いかんいかん……気を取り直して。それじゃあ近くの公園でも回っていこうか」

幼女「うんっ」

男「こうして見ると同じくらいの身長だなあ」

幼女「背中に乗れそう?」

男「はは、まさかそんな事──」

「わん!」

幼女「わーい」

男「──ちょっとパワフルすぎるんじゃないかあの犬……」

465 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:05:58.60 ID:6NeKsvfc0
幼女「おじさんおじさん」

男「ん?」

幼女「なんだかもっと遊んで欲しそうだよ?」

「わん!」

男「ええっと? ’ボールやフリスビーで遊んであげてください’って書いてあるな」

幼女「ぼーる?」

男「あぁ、たしかお隣さんから預かっていたものが……」

ガサゴソ

男「あった、これか」

幼女「これをどうするの?」

男「投げるらしい」

幼女「投げてどうするの?」

男「とってきてくれるみたいだぞ?」

幼女「え~! かしこい!」


466 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:07:07.93 ID:6NeKsvfc0
男「よし、まず私が手本を見せてやろう」

「わん!」

男「いくぞ」

「わん! わん!」


ポーン

テンテンテン……

コロコロコロコロ……


「くぅ~ん?」


男「なぜだ……なぜ動かん……」

467 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:10:31.52 ID:6NeKsvfc0
幼女「おじさん」

男「うん?」

幼女「つぎあたしが投げてみるね」

男「あ……ああ、そうだね」

幼女「ワンちゃん投げるよ~」

「わん!」

幼女「えいっ」

ポーン

「わんっ」

パクッ

幼女「きゃ! すご~い!」

テクテクテク

幼女「ちゃんと持ってかえってきて、えらいねぇ」

「わん! わん!」

468 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:15:28.53 ID:D+lOTTgoP
シェー

469 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:21:12.16 ID:6NeKsvfc0
男「はは、すごいな。子供は」

男「なんでも吸収して、素直で」

男「それに引き換え、私ときたら……」


「くぅ~ん?」

男「ん?」

「くぅ~ん」

男「なんだ? ひょっとして心配してくれているのか?」

「わん!」

男「……」ビクッ

幼女「お~じ~さんっ。こわくない、こわくないよ?」

男「あ、あぁ……」

470 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:23:12.28 ID:W38iIZkg0
保護者さん可愛い

471 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:26:39.09 ID:6NeKsvfc0
────────
────
──


姉『こわくない、こわくないってば』

『でもさっきこいつ、俺の事噛んだもん!』

姉『ちょっとじゃれてただけじゃない、大げさな』

『血! 血がでたよ!』

姉『あー、はいはい。青い血じゃなくて良かったねえ』

わん!

『ひえぇ?!』

姉『おー、じゃれてるじゃれてる』

『姉ちゃん助けて!』

姉『はっはっは~! あんたこいつに相当気に入られたねぇ』

『嫌だっ、こわいよ』

姉『だから怖くないって』

472 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:29:43.34 ID:6NeKsvfc0
『う~~~~』

姉『よかったねぇ、一日遊んでもらえて』

『……もう犬なんか大っ嫌いだ!』

姉『あらそう』

『きらいきらいっ、大っ嫌い! 噛んでくるし、のしかかってくるし、吠えるし怖いし』

わん!

『ひあっ?!』

姉『あっはははははは、あんた面白すぎ!』


477 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:36:28.84 ID:6NeKsvfc0
姉『あのね』

『なんだよ』

姉『こっちが怖い怖いって思ってたら向こうもそう思っちゃうの』

『だから何だよ』

姉『まず心を開かないとね、人間関係も一緒なのよ?』

『むつかしい話はわかんねーよ』

姉『そうね、おこちゃまにはちょーーーっと早かったかなーーー?』

『バカにすんな!』



男「心を、開く……ね」


478 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 16:40:05.49 ID:6NeKsvfc0
幼女「おじさーーーん」

男「ん? どうした?」

幼女「そろそろかえろっ」

男「あぁ、そうだな。日も暮れてきたからね」

「わん!」

幼女「えへへ、いっぱい遊んだね?」

「わん! わん!」

幼女「わわっ、くすぐったいよう」

「くぅ~ん」

幼女「も~」

男「はは、すっかり仲良しだな」

幼女「うんっ!」

481 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:06:02.91 ID:6NeKsvfc0
幼女「ただいまっ」

「わん!」

男「さて、晩御飯つくるか」

幼女「今日はなに~?」

男「今日は肉じゃがだ」

幼女「わ~い!」

男「すぐ作るからリビングで待っててくれ」

幼女「うんっ」

「わん!」

幼女「いこっ、ワンちゃん!」

「わん!」

483 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:08:42.43 ID:6NeKsvfc0
幼女「その前にワンちゃんもご飯だべようねっ」

男「ちょっといいか?」

幼女「うん?」

男「あの、その」

幼女「どうしたの?」

男「わ、私にやらせてくれないか?」

幼女「うんっ!」

男「ありがとう」

幼女「おじさん、がんばって!」

男「あぁ、やってみるよ」

484 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:11:13.98 ID:6NeKsvfc0
「わん!」

男「だいじょうぶ……こわくない、こわくない」

「くぅ~ん?」

男「お、おぉお、お手」

「わん」

男「ふ、せ」

「わんっ」

男「おかわり」

「わん!」

男「ま、待て」

「くぅ~ん……」

男「よしっ、食べていいぞ」

「わん!」


485 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:13:33.19 ID:6NeKsvfc0
幼女「わ~、食べてる食べてる」

男「上手くいった……」

幼女「ねえおじさん」

男「うん?」

幼女「こわくなかったでしょ?」

男「あぁ……そうだな」

幼女「ねっ!」



男「よーし、じゃあもう一回だ!」

「わん!」

幼女「うんっ」

「わん! わん!」


486 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:16:52.80 ID:6NeKsvfc0
幼女「たくさん食べてるねっ」

「わん!」

男「……なんだ、こんなに簡単な事だったんじゃないか」

「わん!」

幼女「そうだよ? かんたんかんたん♪」

男「……最初の一回を踏み出す勇気が、私には足りなかったのかもな」

幼女「ゆーきゆーき」

男「はは」

幼女「わたしもおなかすいた~」

男「おっと、ごめんごめん。もう出来てるよ」

幼女「わーい」


488 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:19:20.37 ID:6NeKsvfc0
幼女「いただきますっ」

「わん!」

男「ゆっくり噛んでたべなさい」

幼女「……」コクコク

幼女「……」モグモグ

幼女「……」ゴックン

幼女「おいしいっ!」

「わん!」


489 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:24:03.11 ID:6NeKsvfc0




「すみませんね、旅行中この子を預かってもらっちゃって」

男「いえいえ、お役に立てて光栄ですよ」

「今度お菓子でもお作りしますね」

幼女「わ~い、おかしおかし♪」

「ほら~、ポチ。かえるわよ」

「わん!」

「あら? ポチったらちょっとおデブちゃんになったかしら~? 明日からダイエットしましょうね~」

「くぅ~ん……」




男「ポチよ……すまん……、ついつい食べさせすぎてしまった……」

幼女「またおいで~」

「わん!」

490 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:32:01.63 ID:6NeKsvfc0
とりあえずポチ編はここまで。
また晩御飯たべたら戻ってきます。



491 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 17:51:35.36 ID:V5lr16+h0
せっかくだから俺はこのスレを保守するぜ

493 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/28(火) 18:03:58.37 ID:32mbwJ74i
なぜかおっさんの少年時代回想で泣いた


さむがりやのサンタ (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)
関連記事
2010/10/04 20:35 | CM(0) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング