HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渚カヲル「シンジ君の傍には僕だけがいればいいんだ」

2013/07/15 17:56 | CM(3) | エヴァ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 14:41:21.62 ID:P6gb6IKi0
カヲル「他の存在は、シンジ君が幸せになるための邪魔にしかならない……」

レイ「あ、ぁぁっ! ひっ、ああ、ぃはぁん! あっあーーーー!!」ビクビク

どさっ

カヲル「だから君も、もうシンジ君に必要以上に関わってはダメだよ?レイ」

レイ「……ハァ、ハァ……」

カヲル「レイ」

レイ「ぁ…カ、カヲルの、カヲルの言うとおり、するわ…………だから、もっと……」

カヲル「そう。僕に従うならもっと快楽を与えてあげる。他に、シンジ君に近づこうとするリリンはいるかい?」

レイ「……葛城三佐。学校の女子生徒、それから、弐号機パイロット―――」

カヲル「それらを皆、排除しなくてはね。シンジ君の幸せのために」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 14:49:34.95 ID:J3H3i8IKO
安定のホモ思考


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 14:56:34.27 ID:P6gb6IKi0
カヲル「まずは葛城三佐かな。彼女を協力者にすれば動きやすくなるし、なによりシンジ君のためにならない存在だ」

むにっ

レイ「あ…っ」

カヲル「だけど彼女は僕を警戒してる。中々チャンスがないだろうね」

もみもみもみもみ

レイ「ん…ぁ……私が、機会を作る……わ」

カヲル「ありがとう、レイ」

もみもみもみもみ

レイ「あん、あっ、あっ、あっ」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:05:29.32 ID:P6gb6IKi0
ミサト「レイのアパートに??」

レイ「はい。葛城三佐に見ていただきたい物と、お話があります。赤木博士にも内密に」

ミサト「…」

ミサト(どういうこと? でも、司令に近いレイからの内緒話……無視もできないわね)

ミサト「念を押すけど、リツコに言うなってことは、誰にも言うなってことね?」

レイ「はい。プライベートな問題なので、お願いします」

ミサト「プライベートねえ……」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:13:45.86 ID:P6gb6IKi0
レイ「どうぞ」

ミサト「お、お邪魔しマース」

ガチャ

ミサト「なんというか、すんごい部屋に住んでんのねレイ」

レイ「…」

カヲル「やあ。お待ちしていましたよ」

ミサト「!? 渚カヲル……! どうしてここに」

レイ「数日前から、彼はほとんどこの部屋に泊まっています」

カヲル「君が帰らせてくれないからじゃないか」

レイ「///」

ミサト「レイ……?」



シンジ「あ、ミサトさんからだ」

アスカ「遅くなる日は、電話もっと早くよこせって行っといて」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:15:40.62 ID:li1wq7ZE0
ババアはいいからアスカはよ


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:25:11.73 ID:P6gb6IKi0
シンジ「もしもし、シンジです」

『ぁ……しんじくん……?』

シンジ「はい」

『わ、わたし、今日……泊まりになる、からぁ……ンン…』

シンジ「?」

『…ハァァ……ぁ、戸締まり、ぉ、ぉねがい……おねがぁい……ふぁっ』

シンジ「分かりましたけど……ミサトさん、なんか声が変ですよ?大丈夫ですか?」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:26:15.43 ID:P6gb6IKi0
アスカ「ちゃんと私の文句も伝えときなさいよ」

シンジ「あとアスカが、こういう日はもっと早めに電話しろって横で言ってます」

『ん、んぅ…ごめん。ごめんねぇ……ぁぁ、はぁ、はぁ、ぁぁぁ……っ!』

シンジ「いえ……」

『…………それじゃ』

ぷつっ

シンジ「切れた。なんだったんだろ」

アスカ「なにがよ」

シンジ「ミサトさん、すごくおかしな様子だったから」

アスカ「ふーん。どっかの居酒屋で呑みながらなんじゃないの」

シンジ「そっか……そっかな」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:36:16.89 ID:P6gb6IKi0
ミサト「ハァ、ハァ、ハァ、ハァ。い、い、言うとおり電話したわ……! 渚くんの言うとおりに!」

カヲル「いい子だね。ご褒美をあげる」

ずっちゅ

ミサト「あっっっはぁぁ~~~~~~~~~~~~~~!!」

カヲル「…」

ミサト「あああ! あっあああ! ふへっいひぃあああああ!」

レイ「『侵食』されながら犯される……とてもとても気持ちがいいでしょう?」

ミサト「イイイぃぃっぃいぃ、きもぢっきもひぃィィっ!!! 狂っああああぁぁぁぁ!!」

カヲル「これからも僕の言うことに従えるね…?葛城ミサトさん」

ミサト「はひぃ! はいぃ! いふほぉりにひまふぅぅぅぅおおおおおおおお……っっ」ガクガクガク

レイ「……はっ、はぁ、ン、はぁ……」クチュクチュ


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:41:02.24 ID:P6gb6IKi0
カヲル「―――宴?」

ミサト「っていうと大げさだけど。クラスの女の子達を、アスカも含めて一堂に集めちゃえば一網打尽にできるわ」

カヲル「一度に、か……手間は省けるけど、逃げられたりするリスクも高まるよ」

ミサト「そうね。その辺りをどうするか、詰めを考えないと」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:51:33.58 ID:y3tfGQ9F0
急に冷静だな


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 15:52:56.91 ID:li1wq7ZE0
事後で落ち着いてからの作戦会議じゃね

アスカはよ


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 16:20:46.10 ID:P6gb6IKi0
カヲル「じゃあ、シンジ君の邪魔になる残りのリリン達を数名ずつのグループに分けて考えよう。グループ毎に排除していくんだ」

ミサト「グループ……10名ずつくらい?」

カヲル「そうした判断は最後は君に任せるよ。葛城三佐を信頼して」

ミサト「///」

カヲル「確かに、全てまとめてとはいかなくても、一人一人に機会を設けるよりは効率的だしね」

レイ「学校の女子生徒をコントロールするなら……」

カヲル「なんだい?レイ」

レイ「引き込んだ方がいい人がいるわ。碇君と、そう関係があるわけではないけれど」



カヲル「初めまして。洞木ヒカリさんだね?」

ヒカリ「……え?」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 16:28:51.77 ID:P6gb6IKi0
……

ちゅぱ、ちゅっ、ちゅっ、くちゅちゅっ

ヒカリ「んふぁ、んっ、あふ、ンン……ん」

カヲル「ゴメン。君には想いを向けている相手がいるらしいのに、こんなことをして」

ヒカリ「すき……すき、です……ぁぁ、好きぃ」

カヲル「そういえば名前を教えていなかったね。僕は渚カヲル」

ヒカリ「なぎさく、あっ、ン、なぎさくぅん、ああぁっぁ」

ちゅっちゅくっちゅぅぅ

ヒカリ「ン~~~~~~~っ! ハァァ……」トロン

カヲル「君に頼みたいことがあるんだ。聞いてくれる?」

ヒカリ「はぃ、はひぃ…………」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 16:40:16.94 ID:P6gb6IKi0
シンジ「アスカ、出かけるの?」

アスカ「そ。女子会」

シンジ「女子会??」

アスカ「学校の女の子達でさ、ちょっとしたお屋敷?みたいなとこ借りてパーティするんだって」

シンジ「へえ」

アスカ「しょーもないけど、主催がヒカリってんだから、行かないわけにもいかないじゃない」

シンジ「いいじゃないか、楽しそうで」

アスカ「ガキだけで集まってハシャぐとか嫌いなのよ。あ、夕御飯は家で食べるから」

シンジ「分かった」

アスカ「美味しいもの用意しときなさいよ? 行ってきます」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 16:45:15.13 ID:P6gb6IKi0
女子「すっごーい!」

女子「ホントに『お屋敷』って感じー」

アスカ「いいとこじゃない。こんなのどうやって借りたの?ヒカリ」

ヒカリ「ふふ、秘密。後で教えてあげるね」



ヒカリ「飲み物全部行き渡った? それじゃ……カンパーイ」

「「「「「かんぱーい」」」」」

アスカ「んく、んく」

ヒカリ「…」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 16:49:35.54 ID:P6gb6IKi0
女子「……スー、スー」

女子「ん、ん…」

女子「むにゃ……」

アスカ「クー……」

レイ「間違いなく全員寝てるわ」

ミサト「じゃあ、この子から運びましょ。刺激を与えすぎると起きちゃうから気をつけて」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 16:59:40.82 ID:P6gb6IKi0
女子「―――?」

女子(あれ? 私…ここ、どこだっけ…)

女子(ベッド……?)

カヲル「やあ、目は覚めたかい?」

女子「ふぇ」

女子(わあ……! す……っっっごい、キレイな人……!)

女子「だ、れ?」

カヲル「……」ニコッ

女子「はぁぅっ ///」

女子(なにこれ。これ、夢? 私まだ、夢見て……?)ドキドキドキ

カヲル「そのまま、身を任せて―――」

ちゅっ

女子「あ…………♥」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 17:02:49.94 ID:P6gb6IKi0
ミサト「浮かない顔ね。皆を騙す形になった罪悪感?」

ヒカリ「い、いえ。皆、とっても素敵な体験できるだけですし。ただ」

ミサト「ただ?」

ヒカリ「アスカには……悪いことしたかなって、少し」

レイ「平気。きっと感謝されるわ」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 17:09:28.97 ID:P6gb6IKi0
女子「ンふぁぅ! あっあへっああああ~~~~~~っっ」

女子「いひぃぃぃぃっすご、あっぁぁぁぁぁぁふへひゃうぅんぁあ!」

女子「かをるさまぁ……私にもぉ、また、またくださぁぃ……」

女子「ああ……カヲルさまぁぁ」

アスカ「ん、ぅぅ―――」

女子「イぁ、ああイっ、いくっあああああああああああアアアア!!!!」

アスカ「!!?」ガバッ


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 17:17:38.35 ID:P6gb6IKi0
アスカ「んな…っ、なによ、この有様!?」

カヲル「こんな状態ですまない。部屋が足らなくて、思ったより散らかってしまったんだ」

アスカ「あんた―――! 渚っ」

女子「もっとぉ、もっとぉ」

女子「キモチよくして、イカせてぇ」

アスカ「な、な、な、ナニしてんのよっっっ!!!」

カヲル「目的遂行のための努力、かな。そして今日は君で最後なんだ。アスカ」

アスカ「人の名前を気安く呼ぶんじゃ……」

アスカ(距離はある。扉はこっちのが近い。現状の把握もできてないし、ここはさっさと退却!)

アスカ「……っ」ダッ

キュピン

アスカ「え……ATフィールドぉ!?」


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 17:26:19.94 ID:P6gb6IKi0
カヲル「さすがにそろそろ疲れてきたからね。手早く終わりにさせてもらう」

アスカ「渚じゃなくて……使徒……!?」

カヲル「僕は渚カヲルだよ。初めから、君たちリリンの言う使徒でもある」

アスカ「ひっ」

カヲル「……彼女の動きを封じて」

女子「はぁい♥」

女子「カヲル様に従います…どんなことでも…♥」

アスカ「ちょ、こらっあんた達、やめなさい! こいつは人類の敵の化物なのよ!!」

ヒカリ「構わないわ。彼が何者だって」ガシッ

アスカ「ヒ……ヒカリ!?」

女子「ふふっ、捕まえた」ガシッ

女子「じっとしててね、アスカ。すぐにカヲル様が天国に連れてってくれるから」ガシッ


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 17:28:08.01 ID:zK3zOmoO0
パンツ破り捨てた


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 17:36:15.89 ID:P6gb6IKi0
カヲル「…」

アスカ「近寄るなっ化物! ヒカリ、お願いだから正気に戻って!!」

ヒカリ「うん。私、狂ってるかも知れない……渚君に」

アスカ「ウソ。ウソ。どうしちゃったのよ、ヒカリぃ」

ヒカリ「でもそれって、渚君を知らずに生きてた時には想像も出来なかったくらい、底なしに幸せなことなんだよ? アスカ」

アスカ「あんた……だって、す、鈴原は……」

ヒカリ「あんなの、ほんの一瞬で忘れさせられちゃった。アスカもきっと、私と同じになるわ」

アスカ「ふっざけんな! なるわけない―――渚カヲル、指一本でも私に触れたら殺してやる!!!」

カヲル「…」スッ

アスカ「殺してやるっ殺してやるっ殺してやるっ殺してやるっ」


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 17:45:36.27 ID:P6gb6IKi0
ずぷっ

アスカ「!!?」

アスカ(指……貫かれ…っ!?)

カヲル「心配しなくても、君のお腹には傷一つついていないよ。僕の指先が融合しているだけさ」

ずぷっ

アスカ「あ、が」ビクッビクッ

カヲル「『侵食』には性的快楽を伴う。それを通り越して『融合』になればなおさらね」

アスカ「く、ぅぅ、あく、コロス。コロス!」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 17:53:12.01 ID:P6gb6IKi0
カヲル「抵抗は無意味だよ。融合の度合いを深めていけば、ますます―――」

ずぬぬ…っ

アスカ「ああっ! ふっぐっうぅぅっ」

カヲル「快楽が増大していく。そして、融合を意図して官能のために操れば……こんな風に」

ずぷぷぷ…

アスカ「ひぅ!!! ぃ、ひぃぃぃぃィィィィィィィィ!!!!」

カヲル「リリンの行う性行為とは、比較にならないほど深い甘美が魂に刻まれるんだ。もう、説明されるまでもないだろうけど」

アスカ「あ……あー、あー……」


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 18:07:01.26 ID:P6gb6IKi0
ヒカリ「ああ……アスカ。すごい顔」

女子「いいなぁ……ん、んん」クチュクチュ

カヲル「ここまで強引なことをするのは君で初めてだよ。アスカ」

アスカ「は、ふ……ぁ、ぁぁ…」

カヲル「さっきも言ったように手早く済ませたい上、君は誰より激しく抗おうとするだろうからね」

ずちゅっずちゅっ

アスカ「ひッ! い゛ッ!」

カヲル「さて。こうしてカラダの中を、僕の腕と指先で直にかき混ぜられる気分はどうかな?」

アスカ「あ♥ あ♥」ビクッビクッ

カヲル「触れるより遥かに深刻に君を犯している僕を……殺せるかい?」

ずちゅっずちゅっ

アスカ「こ、ころひ、ィ、ひぁ、ぁぁっ、きもひっ、ぁっ」

カヲル「もし……最後まで堕落せずいられるなら、僕以外に君だけは、シンジ君の傍にいることを許してあげる」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 18:08:18.07 ID:li1wq7ZE0
パンツが卍解した


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 18:19:39.13 ID:P6gb6IKi0
アスカ(し………しん、じ…? シンジ……シンジ……っ)

ヒカリ「ほら。アスカは碇君のことが好きなんでしょ? 私が鈴原を好きだったみたいに」

アスカ「しんじ……ああ、すき、シンジ、好きなの。助け……しんじぃぃ」

ミサト「…アスカが、あんな素直に認めるなんて」

レイ「もう、心の壁を保つ余裕がないんだわ」

カヲル「…」

アスカ「シン、ジ……シンジ、ぅ、ぅ」

カヲル「舌を伸ばして。アスカ」

アスカ「っ」ビクッ

カヲル「文字通りの、溶けるキスをしてあげる」

アスカ「ひぃぃ」


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 18:28:35.88 ID:P6gb6IKi0
アスカ「や…っ、やめ、キスなんて……ぇ」

アスカ(こいつの―――この力で―――キスなんて―――)

アスカ「イヤ……やめへ……ふぇ」

女子「あ~ぁ、言いながら舌出しちゃってる」

カヲル「肉体のほうが本能に忠実だからね。あとは精神の問題さ」

ちゅぅ

アスカ「ンンっ」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 18:38:58.85 ID:P6gb6IKi0
ちゅく、ちゅく、れろっ

アスカ「ふぅ、ンぁ」

ちゅぱ…………ずにゅ!

アスカ「ッッッ」ビクン

アスカ(ぁ……! 始まっちゃっ……た。舌、さき。唇、も)

アスカ(溶け―――)


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 18:45:28.40 ID:JYSKxjN40
わっふる


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 18:46:14.46 ID:P6gb6IKi0
ずにゅ、ぬちゅ、ちゅぷぷぷっ

アスカ「ーーーーーー……!!!」ガクンッガクンッ

アスカ(舐められ、へ。くちゅくちゅ、され、へ)

アスカ(あ、あ、あたま、も。わたひ、溶け、え、あ、あ、すご、あ)

ヒカリ「…泣いてる」

ミサト「でも、悲しいわけじゃないわ。ただ幸福なのよ」

ちゅぱっ

カヲル「ふぅ」

アスカ「へひ、ふへ♥」トロン…

カヲル「アスカ。こうして呼びかけてももう、会話はできそうにないね」

アスカ「あ、は♥」


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 19:01:55.55 ID:P6gb6IKi0
カヲル「それじゃお開きにしよう。オワリに、僕と君の下半身をほんの一瞬融合して―――」

アスカ「??」

レイ「カヲル。そんなこと、私も」

カヲル「そう。刺激が強すぎると思って、まだ他の誰にもしたことがない」

ミサト「ずるぃ……」

カヲル「君たちにも、後日してあげる」

ぐぃ

アスカ「あんっ♥」

カヲル「さぁ、いくよ」

アスカ「ぁ……ぁ、ふぁ?」

ずず…!

アスカ「!!!」ビククッ

ずずずず……
ぬずちゅっ!

アスカ「          ぁ            」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:14:27.53 ID:ZBojpxxw0
アスカ「イ―――――――――――っ」

アスカ「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っっっーーーーーーーーーーーーーーー♥♥♥♥♥」

アスカ「~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッッ!!!!!」ビクビクビクビクッ




女子「アスカ。アスカ、起きて」

アスカ「……ぇ。え?」

女子「もー、ずうっとうたた寝してたんだよ」

女子「やっぱ疲れてる? ほら、締めにもう一回乾杯するってさ」

ヒカリ「大丈夫?アスカ。それじゃ」

「「「「「かんぱーい」」」」」

アスカ「あ。か、かんぱーい」


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:18:01.71 ID:ZBojpxxw0
アスカ「ただいま…」

シンジ「おかえり。どうだった?」

アスカ「んー。なんか私、ずっと寝てたみたい」

シンジ「寝てたって、女子会の間中?」

アスカ「んー。やっぱ、疲れてんのかなぁ」

シンジ「そ、そっか。今日はミサトさんいないし、アスカの好きな物作ったから。食べて元気つけてよ」

アスカ「ダンケ。部屋いるから、食べる時呼んで」

シンジ「うん」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:21:57.68 ID:vjS3veeU0
『もうすぐご飯になるよ、アスカ』

アスカ「はーい」

タマシイノルフラーン♪

アスカ(着信…)

―――渚カヲル

アスカ「!!」ビクッ


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:26:19.40 ID:vjS3veeU0
『こんばんは』

アスカ「な、何の用よ。あんたが私に電話してくるなんて…」

『アスカ』

アスカ「ひっ」ビクン

『君が堕落したかどうか……シンジ君の傍にいる資格があるか、今からテストをしようと思うんだ』

アスカ「……!」

アスカ(やっぱり、夢なんかじゃ……)

『選択肢をあげるよ』


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:35:32.20 ID:vjS3veeU0
アスカ「ハァ、ハァ、くぅ」モゾモゾ

アスカ(渚の……こいつの声聴くだけで……カラダ、熱く…)

『ひとつは、そのままシンジ君と一晩過ごすこと』

アスカ「ハァ、ハァ」

『それだけで、君の彼への想いが本物だと認めるよ。本当に』

アスカ「も、もう一つ……もう一つは?」

『聞きたいのかい? ここで電話を切ってしまえば、それで終わりにできるのに』

アスカ「もったいぶらないで言いなさいよ! 聞いてから考えてやるって言ってんの!」

『期待してるのかい?』

アスカ「違うっっ」

『―――もう一つの道は、今すぐ家を出て、僕の部屋に来ることだよ』

アスカ「!!」


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:42:17.43 ID:vjS3veeU0
アスカ「ハァ、ハァ、ハァ」

アスカ(熱い。熱い、熱いよぉ)

『二つ目の選択肢は、君の期待通りだったかな。僕の知ったことではないけど』

アスカ(そうよ! こいつは私になんて興味無い。これからだって、私を見る気なんてカケラもないくせにぃ)

『葛城三佐に、君が外泊する場合の許可は得ている。それに、今夜は他に誰も呼んでいない』

アスカ「!! ふー、ふー、くぅ、うううっ」

『もしも君が来たなら』

『朝までずっと、悦びを与えてあげる。アスカ』


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:47:12.00 ID:vjS3veeU0
コンコン

『アスカ? もう用意できたってば』

ガチャ

アスカ「…」

シンジ「あ、やっと出てきた。食べよ」

アスカ「…」

シンジ「アスカ? どうかしたの」

アスカ「…………シンジ」

シンジ「なに?」

アスカ「私ね―――あんたのこと、ずっと好き『だった』の」

シンジ「!?」



アスカ「出かけるから、ご飯、食べといて。ごめんなさい」


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:50:29.93 ID:vjS3veeU0
2週間後

シンジ「…はぁ」

ペンペン「クェェ」

シンジ「今日も僕とお前だけだね、ペンペン」

ペンペン「クゥ」

シンジ(最近、ミサトさんもアスカも外泊ばっかり。楽は楽だけど、なんだか寂しいや……)

シンジ「トウジでも呼ぼうかな」


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:56:25.68 ID:vjS3veeU0
ミサト「ああ、あっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!♥」

レイ「ひぅっくぁ、あ~~~~~~~~~!!♥」

ヒカリ「ぃ、ふぁ♥ イク、わたしまた、イキ、あひっぁぁァァァァァァ……♥」

アスカ「かをるぅ♥ かをる、らいしゅきひっ♥ はへっあっあっあああああ!!!」

どさっ

カヲル「はぁ」

カヲル(ようやく全員満足したかな。まったく、リリンの女性の欲深さは本当に醜悪だね)

カヲル「でもこれで時間もできた。遊びに行くから、待っていてねシンジ君」


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 20:57:49.23 ID:vjS3veeU0
カヲル「…」テクテク

カヲル(今度こそ。今日こそ君を幸せにしてみせるよ……! シンジ君!!)

ピンポーン

カヲル「…」

ピンポーン

カヲル「…」


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 21:03:23.91 ID:vjS3veeU0
カヲル(留守かな。事前に電話で連絡しておくべきだった)

『ア~~~~~~~~~~~~~~!』

カヲル「ッ!? 今の悲鳴は―――」

カヲル「シンジ君!!!」

バキッ どたどたどた

カヲル「大丈夫かいシンジく…………………ん」

シンジ「あっ、あっ、あっ、あっ」

トウジ「どうやセンセ、ここか? ここコスられるのがええんか?」

シンジ「あっ、あっ、あっ、すごぃ、トウジ…! 奥まで、きて……ああっ!」

ぱんっぱんっぱんっ

カヲル「」

シンジ「ア~~~~~~~~~~~~~~!!!!!」



こうして使徒は全滅した

終わり


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 21:04:22.53 ID:xgmG1Pwp0
寂しかったんだからね、しょうがないね


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 21:07:18.13 ID:4z8putmS0
面白かった
>>1


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 21:10:11.33 ID:BEKJVZLy0
女達はカヲル追って自殺しそうだ


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/14(日) 21:24:00.12 ID:3Qw7AzOG0
おっつおっつ


転載元

渚カヲル「シンジ君の傍には僕だけがいればいいんだ」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373780481/






Shiro SAGISU Music from“EVANGELION 3.0
鷺巣詩郎
キングレコード (2012-11-28)
売り上げランキング: 3,393

関連記事
2013/07/15 17:56 | CM(3) | エヴァ SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/07/15 22:08 ]
  2. 大好物です
  3. 774@いんばりあん [ 2013/07/15 23:39 ]
  4. 寂しさを忘れられるから人は生きていけるのさ(白目)
  5. 774@いんばりあん [ 2013/07/20 16:29 ]
  6. シンジ君かわいいからね、しょうがないね
    トウジの行動も、残念ながら当然
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。