HEADLINE

お嬢様「セバスちゃんおはよー」セバスちゃん「おはよー」

2013/07/29 22:15 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/28(日) 23:50:23.87 ID:ciD2VCB10
お嬢様「あうー・・・月曜また始まっちゃったねー・・・」

セバスちゃん「もーwwwお嬢様ったらぁwwwなんて顔してるのよっwww」

お嬢様「だってぇー・・・そりゃああたしはセバスちゃんみたいに優等生じゃないし?」

セバスちゃん「あたしだって別に優等生なんかじゃないよぉーwww」

お嬢様「それにセバスちゃん可愛くて男子にもすっごいモテモテでさぁー」

セバスちゃん「そんなぁー///あ、あたしなんてほらっ!ヒゲ面だし・・・///」

お嬢様「またまたそんな謙遜しちゃってぇーwww」

セバスちゃん「だ、だってぇ・・・///」

お嬢様「それにマイケル君もセバスちゃんのこと可愛いって言ってたよっwww」

セバスちゃん「えっ・・・?マイケル君がっ・・・?///」

お嬢様「あーwwwセバスちゃん照れてお髭ぴくぴくしてるーwwwかわいーwww」

セバスちゃん「あーーーもぅ言わないでぇーーーーっ///」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/28(日) 23:56:29.94 ID:ciD2VCB10
マイケル「おっ・・・お嬢様にセバスちゃんじゃねーか」

お嬢様「あっマイケル君おはよー」

セバスちゃん「お、おはよー・・・」

マイケル「んー?セバスちゃんどしたの?具合でも悪いのかー??」

お嬢様「あのねーwwwセバスちゃんはねwwwマイケル君に会えてk・・・」

セバスちゃん「ああああーっっ!!なんでもないのっ!大丈夫!あたし元気っ!」

マイケル「?」

セバスちゃん「ほらっ!お嬢様遅刻しちゃうっ!!行くよっ!!」ズルズルズル・・・

お嬢様「あっそんなっ引っ張らなくても・・・あああー・・・」

マイケル「・・・?なんなんだ?あいつら・・・」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:01:30.44 ID:nh3EqHCE0
セバスちゃん「もう!お嬢様!!マイケル君に変なこと言わないでっ!!」

お嬢様「だ、だってセバスちゃんマイケル君のことす・・・」

セバスちゃん「だから!!・・・そうやって余計なこと言わないでっ!!」

お嬢様「ご・・・ごめん・・・」

セバスちゃん「・・・あ、あたしも言いすぎた・・・ごめん・・・」

お嬢様「い、行こっ・・・遅刻しちゃう!」

セバスちゃん「そ、そだね・・・」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:06:51.73 ID:nh3EqHCE0
・・・

セバスちゃん「はぁー・・・次はプールの時間かぁ・・・」

お嬢様「プールだぁぁぁ!wwwやっほーぃwww」

セバスちゃん「お嬢様はいいよねぇwww痩せてるし水着似合うもんねぇ」

お嬢様「セバスちゃんだって・・・」

セバスちゃん「あたしはヒゲ面だしすね毛は生えてるし胸毛もだし・・・お腹だってビールっ腹で・・・」

お嬢様「だ、大丈夫よっ・・・セバスちゃん可愛いからっ!!」

セバスちゃん「うぅー・・・慰められてるぅー・・・」

お嬢様「まぁまぁwwwほらっ!着替えよっ!」

セバスちゃん「う、うん・・・」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:13:29.00 ID:nh3EqHCE0
お嬢様「・・・ぬぎぬぎ・・・」

セバスちゃん「(お嬢様・・・おっぱいはちっちゃいけど痩せてるし・・・)」

お嬢様「・・・んっしょ・・・」

セバスちゃん「(肌だってもちもちですべすべだし・・・いいなぁ・・・)」

お嬢様「・・・んっ?あーwww今見てたーwwwおっぱいちっちゃいとか思ったんでしょーwww」

セバスちゃん「そっ、そんなことないよっ」

お嬢様「絶対思ってたーwwwさーセバスちゃんも脱げぇーwwww」

セバスちゃん「ちょwwwやめてっwwwくすぐったい」ぬぎぬぎごにょごにょ


ガラッ

マイケル「あっ・・・!」

お嬢様&セバスちゃん「・・・!!」

マイケル「ごっ・・・ごめんっ!!」

ピシャッ

セバスちゃん「マ、マイケル君に見られたよぉーーーーーっ!!」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:17:31.55 ID:fa3Osf8i0
代行お願いします

羽川「アララギ君の部屋…」クンカクンカ


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:17:58.32 ID:nh3EqHCE0
>>6
ごめん俺セバスちゃんのことでいっぱいいっぱいだから・・・


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:39:33.90 ID:UKPZrNeA0
言葉に表せないが凄いな


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:44:06.84 ID:nh3EqHCE0
セバスちゃん「お嬢様一緒に帰ろー」

お嬢様「あー・・・ごめん・・・今日ちょっと用事があって・・・」

セバスちゃん「そっか・・・わかったぁー」

お嬢様「ごめんねっ・・・また明日ねーwww」

セバスちゃん「うんっばいばーいwww」

お嬢様「(うまくやってね・・・)」

セバスちゃん「ふぅ・・・さっ・・・あたしも帰ろっかな」

ガタッ

マイケル「お、おぅ・・・」

セバスちゃん「あっ・・・ま、マイケル君・・・」

マイケル「い、今から帰るのか?」

セバスちゃん「う、うん・・・」

マイケル「そか・・・じゃ、じゃー一緒に帰ろーぜ」

セバスちゃん「えっ!?」

マイケル「あっ・・・い、嫌なら・・・いいんだけどさ・・・」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:48:02.03 ID:nh3EqHCE0
セバスちゃん「嫌じゃないよっ!!・・・一緒に・・・帰りたぃ・・・」

マイケル「お、おぅ・・・」


テクテク・・・


マイケル「あ、あのさっ・・・」

セバスちゃん「!?・・・なっ・・・なにっ?」

マイケル「今日・・・プールんとき・・・ごめんな・・・」

セバスちゃん「い、良いんだよっ・・・気にしてないから・・・」

マイケル「そ、そっか・・・」

セバスちゃん「う、うん・・・」

マイケル「あ、あのさっ!!・・・俺セバスちゃんに・・・」

セバスちゃん「えっ・・・!?」


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:50:40.78 ID:oIye46vbP
なんだこれは俺の頭がおかしくなったのか


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:53:28.00 ID:nh3EqHCE0
マイケル「セ、セバスちゃんに聞きたいことあってさ・・・」

セバスちゃん「な、なにかなっ・・・?」キョロキョロ

マイケル「・・・ああーもう言うからなっ!!笑うなよっ!!」

セバスちゃん「うん・・・///」

マイケル「お嬢様って好きな奴いるかなっ!?」

セバスちゃん「えっ・・・?」

マイケル「俺お嬢様のこと好きなんだ・・・だからお嬢様と仲良いセバスちゃんなら・・・」

セバスちゃん「・・・大丈夫だよ・・・きっとマイケル君なら・・・」

マイケル「そっ・・・そうかなっ?www」

セバスちゃん「うんっ・・・お嬢様も可愛いしっマイケル君もカッコいいしお似合いだよっ!www」

マイケル「セバスちゃんがそう言ってくれるなら間違いねーなwww」

セバスちゃん「うんっ!」

マイケル「あ、ありがとう!!俺告白するよっ!!」

セバスちゃん「うんっ!応援してるっ!頑張ってねっ!!」

マイケル「ありがとうー!!じゃーなー!!」スタスタ


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:57:52.68 ID:sULbk3qv0
泣きそう
色んな意味で


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 00:59:34.59 ID:nh3EqHCE0
セバスちゃん「ふふっ・・・わかってたのに・・・涙がっ・・・あうぅ・・・」ぽろぽろ・・・


翌日


お嬢様「セバスちゃんおはよー」

セバスちゃん「おはよー・・・」

お嬢様「昨日マイケル君と二人っきりで帰ったんだってぇー?www」

セバスちゃん「・・・そんなんじゃないから・・・」

お嬢様「・・・?・・・何かあったの・・・?」

セバスちゃん「何でも・・・ない・・・」ぽろ・・・

お嬢様「!?・・・な、なに?何にもないのに泣くわけないじゃん!!言ってよ!!」

セバスちゃん「マイケル君はお嬢様のことが好きなのよっ!!」

お嬢様「えっ・・・!?・・・うそでしょ・・・?」

セバスちゃん「昨日相談されたのよっ!!お嬢様に告白したいって!!」

お嬢様「だって・・・そんなっ・・・」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:02:29.77 ID:nh3EqHCE0
マイケル「あっ・・・おっおはよー!!」

お嬢様&セバスちゃん「!?」

マイケル「・・・どうしたー?・・・」

セバスちゃん「何でもない・・・あたし先行くねっ」タッタッタ

お嬢様「・・・」

マイケル「な、なんだろうな?www俺達二人っきりにしてwww」

お嬢様「・・・」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:05:34.03 ID:nh3EqHCE0
お嬢様「せ、セバスちゃんお昼一緒に食べよー」

セバスちゃん「あたし・・・別の人と食べるから・・・」

お嬢様「・・・そ、そう・・・わかった・・・」


セバスちゃん「・・・あたし・・・なにやってんだろ・・・お嬢様は何も悪くないのに・・・」


マイケル「お、お嬢様っ・・・一緒に昼飯食わないっ?」

お嬢様「えっ・・・?う、うん・・・」

マイケル「お、屋上に行こうぜっ・・・」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:09:47.30 ID:nh3EqHCE0
マイケル「ふぅー・・・やっぱ晴れてる日の屋上は気持ちいいなー」

お嬢様「・・・」

マイケル「なんか朝から変だけど・・・具合悪いの・・・?」

お嬢様「あっ・・・?・・・ごめん・・・大丈夫・・・」

マイケル「お、俺さ・・・実は話したいことがあってさ・・・」

お嬢様「・・・ごめん・・・」

マイケル「・・・えっ・・・?」

お嬢様「セバスちゃんから聞いたの・・・気持ちは嬉しいけど・・・ごめん・・・」

マイケル「・・・なぁーんだwwwそっか・・・うん・・・わかった・・・うん・・・」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:13:25.67 ID:nh3EqHCE0
ドォォォォォォォォンッッ!!

お嬢様&マイケル「!?」

お嬢様「なっ・・・なにっ!?」

セバスちゃん「ククク・・・どうせあたしは誰にも必要とされない・・・」

ドクンッ

セバスちゃん「ならばあたしもこんな世界など必要としないッッッ!!」

ドクンッ

セバスちゃん「世界など・・・


――壊れてしまえばいいッッッ―――


マイケル「お、おい・・・グラウンドにいるのって・・・」

お嬢様「セバスちゃんッッッ!!」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:18:33.42 ID:nh3EqHCE0
ギロッ・・・

マイケル「うわっ!?・・・と、飛んでるっ・・・!?」

フワッ

セバスちゃん「人の気持ちも知らないで・・・イチャイチャしちゃって・・・」

お嬢様「ち、違うのっ!?これはっ!!」

セバスちゃん「だまれぇぇぇぇぇぇぇぇぃッッッ!!」

ドピュゥゥゥゥンッ!!

お嬢様「きゃぁぁぁぁぁっっ!!」

マイケル「や、やめろセバスちゃんっ!!」

セバスちゃん「・・・やっぱり・・・お嬢様のことは大切なのよね・・・」ぽろぽろ・・・

ドサッ

お嬢様「ケホッケホッ・・・」

セバスちゃん「ふふふ・・・もう誰にも止められない・・・」

お嬢様「せ、セバスちゃん・・・何をしようとしてるの・・・?」

セバスちゃん「世界を壊すのよ・・・ニヤリ」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:24:18.85 ID:nh3EqHCE0
お嬢様「やめてっ!!・・・あたしが悪かったから・・・」ぽろぽろ・・・

セバスちゃん「やめてよ!!思ってもないこと!!」

お嬢様「あたしが一番大事なのはセバスちゃんなのっっ!!」

セバスちゃん「嘘っっ!!今もマイケル君といちゃついてたじゃないっ!!」

マイケル「俺・・・振られたよ・・・セバスちゃん応援してくれたのに・・・ごめんな・・・」

セバスちゃん「!?・・・なんで・・・?あたしに同情したのっっ!?」

お嬢様「違うッッ!!」

セバスちゃん「じゃあなんでっっ!?」

お嬢様「あたしはっ!!・・・あたしはセバスちゃんが好きなのっっ!!」

マイケル「!?」

セバスちゃん「!?」

お嬢様「気味悪がられると思って・・・言えなかったけど・・・」

セバスちゃん「・・・」

お嬢様「あたしはセバスちゃんが好きなのっっっ!!」


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:29:29.52 ID:nh3EqHCE0
セバスちゃん「お嬢様・・・」ぽろぽろ・・・

お嬢様「だからっ・・・お願いっ・・・もとのセバスちゃんに戻って・・・」ぽろぽろ・・・

セバスちゃん「・・・うん・・・」


―――すでに契約はなされた―――

ドピュゥゥゥンッ!!

セバスちゃん「きゃぁぁぁぁぁっ!?」

ドサッ

お嬢様「セバスちゃんっ!!大丈夫!?」

マイケル「今の声・・・一体・・・」


―――我は破壊の神―――

セバスちゃん「・・・」

お嬢様「セバスちゃん・・・」

セバスちゃん「憎しみに捕らわれた私は破壊の神と契約したの・・・」

お嬢様「そ、そんな・・・」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:34:41.03 ID:nh3EqHCE0
マイケル「な、何か方法はないのかっ!?」

セバスちゃん「一つだけ・・・」


―――ククク・・・我との契約を破棄するというのか・・・?―――

ドピュゥゥゥゥンッ!!

お嬢様「きゃぁぁぁぁっっ!!」

セバスちゃん「やめてっっ!!」

マイケル「お、おいセバスちゃん・・・な、なにするつもりだよ・・・」

セバスちゃん「私の命と引き換えに破壊の契約を破棄するわ・・・」

お嬢様「だ・・・だめっ・・・」

マイケル「お嬢様・・・怪我してるじゃないかっ・・・」

セバスちゃん「・・・もとはといえばあたしのせいだもん・・・」

マイケル「お、おい・・・セバスちゃん・・・」

セバスちゃん「お嬢様・・・マイケル君のこともう一回考えてあげて」

お嬢様「!?・・・や、やめてセバスちゃんっ・・・いやぁっ・・・」


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:36:44.61 ID:T3EnomEX0
言葉で言い表せない何かがあるな…


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:38:03.39 ID:nh3EqHCE0
セバスちゃん「マイケル君・・・大好きだったよ・・・」

マイケル「セバス・・・ちゃん・・・」

セバスちゃん「お嬢様・・・ありがと・・・」

ダダダッ


―――自らの命を捧げるか・・・よかろう・・・―――

セバスちゃん「うおおおおおおおおっっ!!クーリング・オフッッッッ!!!」


ブワァァァァァァァァッ

お嬢様「セバスちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんッッッ!!」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 01:44:34.31 ID:nh3EqHCE0
後日


女子生徒「生徒会長・・・そろそろスピーチの時間です・・・」

お嬢様「コクン・・・」


お嬢様「もう破壊の神はいません・・・」

お嬢様「皆さんはこれから安らかに学校生活を送れるでしょう・・・」

全校生徒「シーン・・・」

お嬢様「だけどとてもたくさんの犠牲も出ました・・・」

全校生徒「うぅ・・・」

お嬢様「忘れたいって思うかもしれないけど・・・」

お嬢様「いなくなってしまった人のこと・・・時々で良いから思い出してください・・・」


~end~


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 02:02:56.20 ID:w5wvR7BHP
これは名作だった予感


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 02:41:57.97 ID:YXq6gobX0
なにこのすれ


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/29(月) 03:36:30.25 ID:YAWnoJ+/0
うん…



















うん…


転載元

お嬢様「セバスちゃんおはよー」セバスちゃん「おはよー」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1375023023/








関連記事
2013/07/29 22:15 | CM(1) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/07/30 00:04 ]
  2. これがしたかっただけだろwwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 11月 (19)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング