HEADLINE

エーリカ「えっ 今日は全員イモ食っていいの!?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:19:30.16 ID:2dZF3plm0
坂本「ああ・・・・・・しっかり食え」

エーリカ「わーい!」モグモグ

バルクホルン「朝からがっつくな、ハルトマン」

エーリカ「だって久しぶりのおイモだもーん。トゥルーデ食べないならもーらいっ」

ヒョイ

エーリカ「エヘヘ、おいしー!」パクパク

バルクホルン「あっ、コラー!」

ルッキーニ「わーい! おイモおイモ~」ガツガツ

シャーリー「よーし! 大食い競争だー!」ムシャムシャ

芳佳「・・・・・・」

リーネ「あれ、芳佳ちゃん、食べないの?」パクパクパクパクパク

芳佳「え? あ、うん。私はお腹いっぱいだから」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:23:28.76 ID:2dZF3plm0
ミーナ「おかわりもいいわよー!」

エーリカ「やったー! ミーナおかわりー!」

ミーナ「フフ、いっぱい食べてね。今までの分も」

エーリカ「えへへー。いっぱい食べるー」モグモグモグモグ

ペリーヌ「はしたないですわ。きちんと咀嚼して・・・・・・」

エーリカ「ペリーヌ食べないならもらうよー」

ヒョイ

エーリカ「ぬふふ~」パクパクパク

ペリーヌ「あっ、ちょっと!」

坂本「・・・・・・」

芳佳「・・・・・・」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:27:17.36 ID:2dZF3plm0
ルッキーニ「ウジューイ! たくさん食べたー!」

シャーリー「あたしも、割と食ったなー」

エイラ「・・・・・・」

ペリーヌ「あら、エイラさんはあまり食べませんでしたのね」

エイラ「ン? あ、ああいや、ちょっと嫌な予感がしたもんでサ・・・・・・」

ペリーヌ「嫌な予感?」

エイラ「マアナ・・・・・・お前だって、アンマリ食べてナイじゃないカ」

ペリーヌ「ハルトマン中尉に取られてしまいましたわ・・・・・・」

エイラ「どんくさいナー」

ペリーヌ「ぐぬぬ」

バルクホルン「まったく、落ち着いて食事もできなかったぞ」

エーリカ「ごめんごめん。あまりにもイモが美味しくてさー」パクパク

リーネ「うめ。うめ」パクパクパク

シャーリー「まだ食うのか」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:32:09.09 ID:2dZF3plm0
坂本「・・・・・・時間だ! ミーナ、宮藤、マスクを装着しろ!」

バルクホルン「?」

シャーリー「なんだよ、突然。そのマスクなに?」

ミーナ「ただいまより、毒ガス訓練を開始します!」

ミーナ「宮藤さん。手はず通りに」

芳佳「はい」

カチ シュウウウウウウウ

ペリーヌ「この気体は・・・・・・? うっ!? ムグッ」

エイラ「!? ナン、ンヌゥ、ウオエエエエェェェェェェェ」

ビチャビチャビチャ


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:34:18.05 ID:lSr2yoyO0
おいやめろし


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:37:11.36 ID:2dZF3plm0
バルクホルン「これは、お、嘔吐ガス・・・・・・? ウプッ、オエエエエエぅぅぅぐぅ・・・・・・ェェ」

ビチャビチャ ビチャ ベチャァ

坂本「この感覚を身体で覚えろ! 今散布しているのは31%の嘔吐ガスだ!」

芳佳「心配しないでください。計算上、死ぬことはありませんので」

ミーナ「ただし、卑しく腹いっぱい食べた人ほど、苦痛は続くわ」

シャーリー「オェロロロロロロロぉぉぉえええっぇぇぇぼぇ」

ピチャ ベチィヤァ

ルッキーニ「ウジュジュジュジュジュジュリュレオェェェェ・・・・・・ウジュゥゥゥゥ」

ベチャ ブチャァァァァ ペシャ


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:37:18.21 ID:bGwWOWky0
エイラの吐瀉物なら言い値で買おう


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:42:05.37 ID:2dZF3plm0
エーリカ「うっ、おええええええええええ、くるじいいいいいいいいぐええええええええええ・・・・・・」

エーリカ「たすけ・・・・・・ウプ! おええええええええええええええぇぇぇぇぇぇぇ助けてぇぇぇ・・・・・・」

ビチャビチャビチャ ゲロロロロロロロロ

リーネ「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

リーネ「おおおおおおおおおおおお! おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」

ゲロラロレロロロロロロロ ビッチャブシャア ブチャァレロロロロゲロロロロ ブッシャロレゲロゥラァァァァァァ

坂本「・・・・・・そろそろだな。おい」

ミーナ「訓練終了! 宮藤さん、お願い」

芳佳「換気します!」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:43:27.41 ID:JSBW2SgH0
おいこのままいくとエーリカは


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:46:44.70 ID:lSr2yoyO0
ヤバイよヤバイよー


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:47:17.96 ID:2dZF3plm0
坂本「結果を報告しろ」

芳佳「はい。失神2、死亡2です」

坂本「なに? 死者が出たのか?」

ミーナ「計算以下の体力・・・・・・というよりも、計算以上の大食がいたのね」

坂本「誰だ」

芳佳「えーっと、失神したのが、シャーリーさんとルッキーニちゃん」

芳佳「死亡したのは、ハルトマンさんとリーネちゃんです」

坂本「ふむ。手痛い損失だな」

ミーナ「宮藤さん。さっそく皆の手当を」

芳佳「はい!」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:52:06.50 ID:2dZF3plm0
~数時間後~

ペリーヌ「いくら少佐といえど、今回の訓練は度を越していますわ!」

坂本「まあそう怒鳴るな、ペリーヌ」

エイラ「何考えてンダヨ! 死ぬとこだったゾ!」

芳佳「実際に死者出ちゃいましたけど」

バルクホルン「ハルトマンが何を・・・・・・何をしたっていうんだあああああああああああ」

ミーナ「落ち着いて、バルクホルン大尉」

ペリーヌ「大体、ネウロイがガスを使用してくるわけがありませんでしょ!?」

坂本「・・・・・・たしかに」

ミーナ「盲点だったわね」

芳佳「ペリーヌさん冴えてる~」


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:54:49.12 ID:SBOczLzU0
おいやめ


遅かったか


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 20:57:12.18 ID:2dZF3plm0
ペリーヌ「あ、貴方がたは・・・・・・!」

バルクホルン「くそ・・・・・・ハルトマン・・・・・・あんなに食べるから・・・・・・」

ミーナ「でも、必要な訓練だったのよ。私たちは各国の期待を背負ったエースなのだから」

ミーナ「いかなる事態も想定しないと」

エイラ「だからって・・・・・・やり方が酷いゾ」

坂本「まあまあ、寝ていたおかげでサーニャは訓練をまぬがれ、よかったじゃないか。はっはっは!」

エイラ「その点に関しては同意ナンダナ」

ペリーヌ「宮藤さん! あなた、お友達のリーネさんが死んでしまって悲しくありませんの!?」

芳佳「悲しいよ。オッパイがゲロまみれになっちゃって」

ペリーヌ「く、くるってますわ・・・・・・!」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:02:14.81 ID:2dZF3plm0
坂本「今回の件でもわかったが、やはり訓練をもっと強化するべきなんだ」

坂本「たかがガス程度で戦闘不能になるようでは・・・・・・今後の激戦を闘い抜くことができん!」

坂本「ネウロイの侵略を抑えるためにも、我々は更に強くならなければ」

坂本「さあ、こうしている時間も惜しい。次の訓練にうつるぞ」

ペリーヌ「えっ! も、もうですの!?」

坂本「ああ。宮藤、こんどはお前も参加だ」

芳佳「はい!」

ミーナ「皆さん、頑張ってね」

坂本「エイラ。サーニャとシャーリー、ルッキーニたちを起こしてこい」

エイラ「エエ! サーニャは哨戒任務から帰ってきたばかりだぞ! それに、シャーリーたちだって気絶したままで・・・・・・」

坂本「ごちゃごちゃ言うなぁ! 烈風斬で二等分にするぞ!!!」ギラリ

エイラ「ワー! りょ、了解!」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:03:53.32 ID:v0g9ZnSO0
エーリカはシュトルム使えばよかったんじゃね


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:07:22.21 ID:2dZF3plm0
坂本「集まったか」

シャーリー「うぇ・・・・・・まだ気持ち悪い・・・・・・」

ルッキーニ「ひぃーん」

サーニャ「眠い・・・・・・」

坂本「たるんでるな。その精神を鍛え直すためにも、今から私は鬼になる」

バルクホルン「鬼に・・・・・・?」

坂本「整列!」ブンッ

ペリーヌ「きゃっ」

エイラ「オイ危ないダロ! 刀を振り回すなヨ!」

坂本「口答えするなぁ!」ブンッ

サーニャ「ひっ」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:07:43.02 ID:bGwWOWky0
スオムス人は普段から劇薬食ってるからこういう時つよい


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:12:25.66 ID:2dZF3plm0
坂本「いいか蛆虫ども!」

ペリーヌ「う、蛆虫・・・・・・」

坂本「話しかけられたとき以外は口を開くな! 口で糞たれる前に"サー"と言え!」

坂本「わかったか! 蛆虫共!」

「「「 ・・・・・・ 」」」

坂本「返事はどうした!?」ブンッブンッ

「「「 さ、サー! イエス! サー! 」」」

坂本「ふざけるな! 大声を出せ! タマ落としたのか!?」

シャーリー「タマねえし・・・・・・」

坂本「誰だ! 今、発言したクソは誰だ!?」ブンッ

サーニャ「っ」ビクッ

エイラ「だ、大丈夫か、サーニャ(ボソッ」

坂本「どのクソだ! ネウロイの手先のフェラ豚め! ぶっ殺されたいか!?」

「「「 ・・・・・・ 」」」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:14:48.27 ID:YnJi0EbK0
なんだこれ
なんだこれ


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:17:39.28 ID:2dZF3plm0
坂本「答え無しか!? 上出来だ、頭が死ぬほどファックするまでシゴいてやる!」

坂本「ケツの穴でミルクを飲めるようになるまでシゴき倒す!」

カツカツカツ

坂本「貴様か!? 腐れマラは!?」

ペリーヌ「ち、違いますわ!」

坂本「糞たれる前に"サー"をつけろと言っただろ! 貴様のその耳は何を挿れる穴だ!」

坂本「性病持ちの性器をその穴にぶち込まれたくなければ、答えろ! 貴様か腐れマラは!?」

ペリーヌ「サー! ノー! サー!」

坂本「クソガキが! 貴様だろ、臆病マラは!」ブンッ

ペリーヌ「さ、サー! ノー! サー!」グスン

シャーリー「サー! 自分であります!」


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:20:11.24 ID:PgM90GXo0
なんか知らんがワロタ


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:22:46.19 ID:2dZF3plm0
坂本「そっちのクソか・・・・・・勇気あるファッキン・コメディアン」

ルッキーニ「ひぃぃ・・・・・・」

坂本「正直なのは感心だ。気に入った、家に来て妹をファックしていいぞ」

バルクホルン「ほ、本当か!? 少佐には隠れ妹がいたのか!?」

坂本「黙れ!!! 貴様の妹をファックするぞ!!!」ブンッ

バルクホルン「サー! し、失礼しました!」

坂本「この牛娘が! じっくり可愛がってやる! 泣いたり笑ったりできなくしてやる!」

坂本「隠れてマスかいてみろ! 胸切り落としてクソ流し込むぞ!」

坂本「貴様、なぜ501へ来た!!? 答えろ!!!」

シャーリー「サー! ネウロイを殺すためです!」

坂本「殺し屋志願か?」

シャーリー「サー! イエス! サー!」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:27:35.21 ID:2dZF3plm0
坂本「戦争の顔をしろ!」

シャーリー「・・・・・・?」

坂本「殺すときの顔だ!」

坂本「Aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaagh!!!!!!!」クワッ

坂本「これが殺しの顔だ!!!!」

サーニャ「」ドタン

ルッキーニ「」バタン

エイラ「ウワッ! サーニャが倒れたゾ!」

シャーリー「ル、ルッキーニ!」

坂本「む。刺激が強すぎたか。しかたない、精神訓練はここまでだ」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:32:31.77 ID:2dZF3plm0
ミーナ「サーニャさんとルッキーニさんがショック死・・・・・・」

坂本「はっはっは! 私の顔はそんなに怖かったか!」

シャーリー「ルッキーニ・・・・・・」

エイラ「ざああああああに”ゃああああああああああああああああう”お”お”お”お”おおおおおおおおん」

芳佳「大変なことになってきましたね」

ペリーヌ「あんな、あんな下品な言葉を並べるなんて・・・・・・坂本少佐・・・・・・」

バルクホルン「いくらなんでも、やりすぎだ・・・・・・!」

坂本「文句があるのか!? はっはっは! 受けて立つぞ!」ギラリ

坂本「れっぷぅぅぅぅぅぅぅ」

バルクホルン「わ、わかった! 従う!」

坂本「うむ! はっはっは!」

バルクホルン「ぐぬぬ・・・・・・」


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:34:26.55 ID:ioJRYEfnP
女性上官の場合ってイエスサーじゃなくて
イエスマムじゃなかったっけ


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:35:01.85 ID:bGwWOWky0
もっさんだからサーでいいんだよ


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:37:17.54 ID:2dZF3plm0
坂本「よぉし。次の訓練は、殺し合いだ!」

ペリーヌ「」

シャーリー「」

エイラ「」

バルクホルン「」

芳佳「えー」

ペリーヌ「こ、殺し・・・・・・?」

エイラ「ナニイッテンダこの眼帯」

バルクホルン「さ、流石に冗談だろう?」

坂本「私は冗談が嫌いだ!」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:38:51.62 ID:8MvoOnj30
どこの軍曹だよ


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:42:20.97 ID:2dZF3plm0
坂本「いいか! 501は各国のエースが揃ったスーパー部隊だ!」

坂本「貴重な戦力であり、かつ今後の戦局を揺るがす可能性でもある!」

坂本「だから、私はお前たちを戦場で死なせないためにも、今以上に強くしなければならない!」

坂本「人はいつ強くなるか、それは経験を積んだ時だ!」

坂本「戦士にとって最大の経験は、死と隣り合わせの戦場を駆けぬけること!」

坂本「つまり、真の戦場に出ることだ! だが、それは普通の訓練では達成できない!」

坂本「だから、この訓練では真の戦場をつくりあげる! つまり、これは訓練であって訓練でない!」

坂本「戦争だ! 戦争で死なないためにも、訓練で戦争しろ! ここで殺し合え!」

エイラ「無茶苦茶ダー!」

ペリーヌ「少佐! 正気に戻って!」

坂本「せいっ」ブンッ

ズバァ

ペリーヌ「きゃーーーーーーーーーーーーーー」


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:48:17.48 ID:2dZF3plm0
ペリーヌ「」

エイラ「ヒィ! ツンツン眼鏡ー!」

坂本「とおっ」ブンッ

ブシャァ

エイラ「グアーーーーーーーーーーーーーーー」

ドサッ

エイラ「」

シャーリー「お、おい! ペリーヌ! エイラ! そ、そんな!」

バルクホルン「な、なんてことを・・・・・・!」

坂本「これは見せしめだ! さあ、殺し合いをするぞ! 訓練だ訓練!」

坂本「そうだ! ミーナも呼ぼう! 全員参加だ!」

坂本「私も参加するぞー! 日々の鍛錬は欠かせないからな!」

坂本「さあ殺し合え! いくぞ!」

バルクホルン「くっ!」

シャーリー「ちょ、ま!」


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:53:26.75 ID:2dZF3plm0
~数日後・西部方面統合軍総司令部~

「つまり、501の隊員が殺しあったと・・・・・・」

「ええ」

「坂本美緒少佐、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ中佐の遺体から薬物の反応が出たとの報告が」

「精神を異常にさせた原因か。誰がそのようなことを」

「宮藤芳佳軍曹が自白しました」

「なんと・・・・・・内部犯か」

「他に生存者は?」

「ゲルトルート・バルクホルン、シャーロット・E・イェーガー、両大尉のみです」

「彼女らの働きによって、なんとか事態は収まったわけですな」

「嫌な事件だった」


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:57:45.81 ID:lSr2yoyO0
あらー


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 21:59:22.92 ID:2dZF3plm0
~拘置所・面会室~

ギィィ

芳佳「ああ、バルクホルンさん。シャーリーさんも、会いにきてくれたですか」

バルクホルン「宮藤・・・・・・」

シャーリー「おまえ、なんであんなことを・・・・・・」

芳佳「別に、理由はありませんよ」

バルクホルン「そんな、そんなわけないだろう!」

芳佳「いえ、本当に理由なんてないです。まあ強いて言えば、坂本さんたちを狂わせたらどうなるかなーって、思ったんです」

シャーリー「そんな理由で・・・・・・お前は・・・・・・!」

芳佳「ごめんなさい。ただ、これはリーネちゃんが悪いんですよ」

バルクホルン「リーネが・・・・・・?」


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:04:39.59 ID:2dZF3plm0
~数週間前~

リーネ「芳佳ちゃん、もう、私の胸を、その・・・・・・揉んだりとか、やめてほしいかなって」

芳佳「え~! なんで~!」

リーネ「なんでって・・・・・・変だよ。女の子同士で」

芳佳「え~! え~! どうしてもだめ!?」

リーネ「よ、芳佳ちゃんがどうしてもって言うなら・・・・・・」

芳佳「う~ん・・・・・・わかったよ。リーネちゃんが嫌だって言うなら、控えめにする!」

リーネ「揉むのはやめないんだ・・・・・・」

―――


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:09:07.78 ID:2dZF3plm0
芳佳「最近、リーネちゃんがおっぱいを揉ませてくれる回数が減ったんです」

芳佳「わたし、頻繁におっぱいを揉んでないと、ストレスが溜まって、思考がうまく回らなくて・・・・・・」

芳佳「正直、今の私が正常なのか、そうでないのか、それすらわからないんです」

芳佳「少佐たちの食事に薬物を混入させたの、悪いことなんですかね? よくわからないや。アハハ」

バルクホルン「・・・・・・冗談、だよな」

芳佳「冗談じゃありませんよ本当ですしょうがないんですよ揉ませてくれなかったんだから・・・・・・」ガクガク

シャーリー「・・・・・・あの。ちょっと」

看守♀「はい、私ですか? なんでしょう」

シャーリー「そいつに胸を揉ませてやってください。ガラス越しだと、あたしの胸を揉ませてやれなくて」

看守♀「はぁ・・・・・・?」

バルクホルン「頼む」

看守♀「・・・・・・は、はい」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:14:26.06 ID:2dZF3plm0
芳佳「・・・・・・おっぱい」モミッ

看守♀「っ・・・・・・」

芳佳「おっぱい・・・・・・?」モミモミ

看守♀「・・・・・・つぅ///」

芳佳「おっぱい・・・・・・おっぱい・・・・・・」モミモミモミ

看守♀「ちょ、あっ・・・・・・ん///」

芳佳「おっぱいおっぱい? おっぱいおっぱい? おっぱい。うん。おっぱい」モミモミモミモミ

看守♀「ふぁぁぁ、うぅぅぅ///」

芳佳「おっぱああああああああああああああああああああああああいい」モミモミモミモミモミモミモミ

看守♀「ん、いやぁぁぁぁぁぁああああああああ///」


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:18:54.17 ID:lSr2yoyO0
わけがわからないよ


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:19:30.99 ID:2dZF3plm0
芳佳「・・・・・・はっ!」

看守♀「・・・・・・はぁ、はぁ・・・・・・」

芳佳「わ、わたしは・・・・・・! わ、わたし・・・・・・」

バルクホルン「宮藤! しょ、正気に戻ったのか!?」

芳佳「わたし、な、なんて・・・・・・なんてことを・・・・・・!」

シャーリー「宮藤・・・・・・おまえ! しっかりしろ宮藤!」

芳佳「あ、ああ、ああああああ、ああああああああああああああああああああああ」

芳佳「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいぃぃぃぃぃ・・・・・・!!!!」ガクガクガク

看守♀「・・・・・・時間です。面会終了」

バルクホルン「あっ、待ってくれ!」

芳佳「嫌だあああああああああああああ銃殺は嫌だあああああああああああああああああ」

看守♀「暴れるな!!! こっちへ来い!!!」グイグイ

芳佳「おっぱあああああああああああああああああい」

シャーリー「宮藤いいいいいいいいいいいいいいいいい」

ガシャン


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:20:53.63 ID:kOU6V3rP0
なんなんだこのSSは


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:24:05.83 ID:2dZF3plm0
バルクホルン「・・・・・・どうして、こんなことに」

シャーリー「・・・・・・」

バルクホルン「くそ、仲間は、皆・・・・・・無駄死にだ!」

シャーリー「・・・・・・いや、無駄なんかじゃない。皆の死から、学んだことがある・・・・・・」

バルクホルン「・・・・・・?」

シャーリー「おっぱいを揉みたいという衝動を抑えるのは、愚かな行為だってことさ」

バルクホルン「・・・・・・ああ。そうだな」

その後、ふたりはおっぱいを揉みたいという人物の欲望を尊重し、

おっぱいを揉む大切さを説いていったのであった。

あの悲劇を、繰り返さないためにも―――

~完~


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:24:22.45 ID:lSr2yoyO0
陰獣


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:25:15.69 ID:bGwWOWky0
ちょっとシャーリーのおっぱい揉ませてもらってくる


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:27:03.50 ID:PgM90GXo0
銃殺の前に正気に戻すとか鬼畜の極みだな乙


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:27:05.77 ID:ioJRYEfnP
俺の人生がうまくいかないのもおっぱい
揉めないせいなのか…


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/11(水) 22:28:12.63 ID:lMJE6kPx0
結論 おっぱいは合法で揉み放題


転載元

エーリカ「えっ 今日は全員イモ食っていいの!?」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378898370/









関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/09/13 04:54 ]
  2. 774@いんばりあん [ 2013/09/13 07:21 ]
  3. タイトルで中身を想像してたらそれ以上異常だった件について
  4. ゆとりある名無し [ 2013/09/13 11:12 ]
  5. >バルクホルン「ほ、本当か!? 少佐には隠れ妹がいたのか!?」

    こんな状況でもシスコンはブレないのか…(困惑)
  6. 774@いんばりあん [ 2013/09/13 19:18 ]
  7. なんやワロタ
  8. 774@いんばりあん [ 2013/09/13 20:23 ]
  9. どうせやるなら微笑みデブの下りも使えばよかったのに…
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング