HEADLINE

男(五浪 )「やった!念願の大学へ入れたぞ!」

2013/09/21 12:00 | CM(13) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:10:57.25 ID:UUN/6n9h0
男「ぼっちになってしまった……」


2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:11:55.06 ID:UUN/6n9h0
大学

周囲「ガヤガヤガヤwwww」



五浪「…………」

五浪「…………」

五浪「…………」

五浪「(講義が始まるまでのこの時間が辛い)」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:12:52.30 ID:UUN/6n9h0
周囲「ガヤガヤガヤwwww」

五浪「(入学してからまだ二週間しか経っていないのに、もうグループができている)

五浪「(………………)」

五浪「(この疎外感。……堪らない)」




五浪「(何がいけなかったのだろう……)」

考えてみる。

原因はひとつしか思い当たらなかった。


五浪「(話しかけなかったもんなぁ……、誰にも……)」

消極性のせいだ。


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:14:06.76 ID:UUN/6n9h0
俺は五浪だ。

名前が五郎じゃない。五浪なだけだ。

大学受験に失敗した人を「浪人」と呼ぶけど、それの五倍ほど凄い版だと考えてくれればだいたいそれで合ってる。

ちなみに、どれくらい凄いのかを簡単に説明すると

まず、周りの奴らと五歳年齢が違う。


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:14:34.38 ID:UUN/6n9h0
つまり、俺と同い年の奴が現役で大学に入っていた場合、そいつはその大学を卒業して

さらにもう一度その大学に入りなおして、さらにさらに、進級して二年になって入ってくる後輩がようやく俺ってわけだ。

ピチピチの後輩どころじゃない。むしろシケシケ。

今一番シケてる男。そんなシケ男が俺。

どれだけ凄いかわかってくれただろうか。

これでわからないようなら馬鹿の烙印を押されてしまうぞ。

俺だった。


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:18:10.98 ID:UUN/6n9h0
五浪「………………」

五浪「(しかし、あれだな……)」

五浪「(よく、周りを観察してみると、まだグループに属してないような人もちょっとは居るみたいだ)」

五浪「(………………)」

五浪「(話しかけたら、友達になれるだろうか)」

五浪「(………………)」

五浪「(………………)」

五浪「(………………)」ペラッ


考えるだけ考えて、実行しない男。

俺です。


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:20:57.78 ID:UUN/6n9h0
講義「英語Ⅰ」


教授「……であるからして、この文は倒置が起きているわけで」

五浪「…………」カキカキ

五浪「(しかし、講義中は楽だ)」

五浪「(周りもうるさくないし、ぼっちでも疎外感を感じなくて済む)」

五浪「(私語厳禁が素晴らしい。いや本当に。)」

五浪「(もう大学構内ごと私語厳禁にすればいいのに)」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:23:08.87 ID:UUN/6n9h0
教授「……つまり、ONLYなどが先頭に着た場合は」

五浪「(いっその事、友達禁止というのはどうだろうか)」

五浪「(あ、でも友達とただの知り合いの区別はどうやってつければいいんだ?)」

教授「……では、三人一組になってディスカッションをしてみてください」

五浪「(生徒は顔面マスク着用を義務付けして、アイデンティティーを無くせば誰が誰だかわから)」

五浪「(………………)」

五浪「な、なんだって……?」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:25:39.81 ID:UUN/6n9h0
困った。

いや、実に困った。

これほど困ったのは三浪目のセンター試験時に腹を壊した時並だ。

嘘だ。

あれ以上困ったのは、人生規模で考えても俺の中に1つしか存在しない。

四浪目のセンター時に糞漏らしたときだけだ。

センターの時に腹壊し過ぎだろ。


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:26:43.87 ID:UUN/6n9h0
そんなことはどうでもいい。

問題は今。ナウ。

そう事件が起きてしまった。

ぼっちにとって最もつらい状況。

「スリーマンセル」

俗に言う三人一組。


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:28:41.59 ID:XI1GMaY3O
三浪中の俺にはタイムリーなスレ


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:30:11.40 ID:b+OZ1+lxO
>>16
三浪して、尚こんな時間にこんなところを見てる君は多分五浪してもここを見てる


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:30:29.56 ID:UUN/6n9h0
五浪「(つーかさぁ、生徒の自主性に任せるっていうのもどうよ)」

五浪「(聞こえはいいかもしれないけど、それって要は丸投げってことだろ?)」

五浪「(名前順とか、座ってる順とか適当に決めればいいのに、なんで誰でも自由なんて言っちゃうの?)」

あーあ、ほらほら。

現在進行形で三人組ができてきた。

3人一組ング。

あっちも三人。こっちも三人。

俺一人。


笑えない。


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:31:24.22 ID:UUN/6n9h0
五浪「(俺が三人いれば、それで三人組できるのになぁ)」


とか考えてみる。


実際は一人組が3つできるだけだった。

それ組じゃなくね?


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:32:31.56 ID:wppLHYZ80
勉造


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:34:53.10 ID:UUN/6n9h0
教授「みなさん組めましたでしょうか?」

五浪「(うるせーばか!組めてねぇよ!)」


ゴミクズ教授に心の中で罵倒しまくる俺。

周りを見てみると、「はーい」とか言っちゃってんの。

なにここ。小学校?

馬鹿かよ。こいつら。

そんなに仲良しこよしがしたいなら、12年前からやり直して来いよ。

俺の場合は17年前だけどな。

だから笑えない。


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:36:13.39 ID:fj8rh8p40
三浪で大学入った俺からすれば、自分でネタにする勇気と三歳下と同じ目線で話せれば普通に話せるぞ


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:37:30.64 ID:qVRZiRd20
大学の友人に三浪いるけど気にしたことねえ


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:41:43.11 ID:UUN/6n9h0
教授「それでは、組めた人はシットゥダウン(流暢)して、余ってしまった人はスタンダッフ(流暢)してください」


え、ちょっと待って。

なにその羞恥プレイ。

組めなかった事を周りにアピールしてんじゃん。

周りを見てみると、「はーい」とか言って座ってんの。

何なのお前ら。イクラちゃんなの?

ていうか、ほとんど座ってるし。


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:42:04.60 ID:4XiKuddH0
本人が勝手に壁作っちゃうと孤立するよな
まぁ自業自得だししゃーない


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:42:25.33 ID:fj8rh8p40
--それが彼女との出会いだった


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:48:01.40 ID:UUN/6n9h0
五浪「(ど、どうすればいいんだ……)」


うろたえる俺。

客観的に見るとかなり情けない様子だっただろう。

主観的にもそう感じるから間違いないはず。


まぁどうしようもないので、そのまま立ったままでいると、

俺以外にも組めてない人が二人ほど居た。


そいつらもオロオロしてた。




うん。

やっぱりさっき感じたのは間違いじゃなかったみたいだ。


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 06:55:32.99 ID:UUN/6n9h0
教授「お、ちょうど余ったのは3人ですね」

余り物みたいに言うな。

給食の牛乳かよ。俺は。


そう思いながら、立っている他二人を見てみた。

そこには、

中肉中背っぽい眼鏡の男と。

ダボッダボの白のパーカーと、デニムを履いた女が居た。


向こうも自分以外に余った人間が気になったのだろうか。

俺と目が合う。

二人ともに。


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:03:55.82 ID:UUN/6n9h0
「そこの3人で組になってください」


という教授の一言で、俺たちの組が決まった。


まぁなんだ。

英語Ⅰの組というべきか。

このクラスの組というか。

これからずっとつるんでいく組っていうか。

とにかく。

切っても千切っても、何をしようとも無くならない。

縁ってやつが、この時生まれたのさ。


まぁ痛んではいるけどな。


うまくねぇか。


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:06:16.83 ID:UUN/6n9h0
教授「席移動は終わったでしょうか?」

ちなみに、これから私の授業ではその3人でずっと作業をしてもらいます。

と、教授。

そりゃないぜ。



ふと、周りを見てみると、露骨に喜んでるグループとそうじゃないグループがあった。

もちろんそうじゃないグループは俺たち。


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:09:07.40 ID:UUN/6n9h0
この後、教授から話があった。

曰く、これからの授業は、3人が全員そろっていないと出席を取らない。

曰く、テストの点も3人の合計点数を加味する。

曰く、これらの制度は自分が考えたもの。


とのことだ。


ねぇ馬鹿なの?教授。


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:13:53.81 ID:UUN/6n9h0
意味がわからねぇよ。

何で俺の出席が、ほかの二人に関係してるんだよ。

ていうかテストの点も全部ごちゃまぜってどういうこと?

馬鹿と組んだら終わりってこと?

すべてが意味不明。



教授「みなさん。今はまだこの制度に納得がいかないと思います」

全員「「「(あたり前ぇだ!!)」」」


初めてこのクラスと心を通わすことができたと思った。


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:14:59.61 ID:UUN/6n9h0
教授「不満を感じて当然です。自分の出席が他人に影響する」

教授「それどころか、授業の評価はもちろんテストの点まで他人と共同にされてしまう」

教授「みなさんは、この講義を受けて今非常に後悔しているかもしれません」

クラス「………………」

教授「ですが、私は自信を持って言えます」

教授「1年後。この教室で。同じ事を私が言ったときに」

教授「みなさんは、今とは違う気持ちを抱いているはずです」

教授「その気持ちが何なのかは、今言及しません」

教授「しかし、その時抱いている気持ちが、過去の先輩たちと同じ気持ちだったとしたら」

教授「それ以上嬉しいことは、私にはないです」


では、これからの授業ですが。

と、教授。


うっかり感動しそうになったのは秘密である。

ちょろすぎる。


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:18:59.13 ID:UUN/6n9h0
教授「今日は、組になって初めての顔合わせということで、自己紹介から始めてもらいたいと思います」

それでは、自由に始めてください。


と、教授。


あなたはわかっていない。

この教室に存在している組には二種類あることを。


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:19:46.08 ID:UUN/6n9h0
αパターン

男1「えぇーーとwww男でーすww一応初めましてwww」

女1「えぇーーww知ってるしーーwwいまさらww」

男2「じゃあ僕も初めましてーww」




βパターン

俺「………………………………」

眼鏡「……………………………」

ダボダボ「………………………」


β→俺たち

α→それ以外


いや、マジでどうすりゃいいの?


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:23:38.74 ID:UUN/6n9h0
考え込んでると、眼鏡が何やらもぞもぞしてるし。

控え目に見ても気持ち悪い。

何?この人。

変質者を見る目で眺めてると

眼鏡「……あの。…………とりあえず自己紹介…………しませんか?」

と言い出した。


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:26:38.66 ID:UUN/6n9h0
ナイス眼鏡!よくやった!

きもいけど。


ダボダボ「……そ、そうですね……しましょう…………か?」

俺「……い、いいですね。…………じゃあ誰からします……?」

内面と外面が一致しない男。

俺だ。


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:30:46.37 ID:UUN/6n9h0
眼鏡「そ、それじゃあ言いだしっぺの俺から……、えと○○って言います。よろしくお願いします」

ふむ。○○さん、と。

なんだろうな。この人は。

特徴が無い。ってわけでもないんだけど、強いてあげるほどのこともない。

無難な人って感じだ。体型も服装も言動も。



ダボダボ「えと、じゃあ私も……。△△って言います。お願いします」

この子はこの子で、逆に特徴が多い。

まず身長。

女性としても、小柄の部類に入るだろうな。だいたい140から150ってところか。

幅広いな。10センチて。

そのせいか、普通のサイズであろうパーカーがダボダボになってる。

髪型は若干長め、顔はなんというか、整っていてかわいい系に入るのだろう。

が、好みじゃない。

で、声が高い。そんな感じ。


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:30:58.60 ID:qv7qiKFj0
だぼだぼかわいい


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:34:29.18 ID:UUN/6n9h0
ていうか、この二人見てて違和感を覚える。

さっきからずっと感じてる。

それが何なのかはわからないけど。

まぁどうでもいいか。


と、

五浪「最後は俺ですね……。※※って言います。若干老け顔です。よろしく」


自己紹介の時に、キッチリ予防線を張れる男。


まさしく地雷回避家としての面目躍如。

言われたことないけど。


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:35:34.31 ID:UUN/6n9h0
ダボダボ「え……?老けてますか?」

眼鏡「そうでもないと……思いますけど」

五浪「え……?そ、そうですか?」


い、いかん!

これは危険な流れだ。

地雷を回避したと思ったら地雷を設置していたでござる。


なんとかこの話を変えなければ、取り返しがつかないことになるぞ!


ダボダボ「あの、失礼なんですけど、もしかして浪人……とかしてたりします……?」

ドカーン!


地雷を設置して、踏む男。


俺(地雷回避家)。


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:39:53.64 ID:UUN/6n9h0
五浪「え、えと…………はい。……してます……」


ていうかさ。

初対面の相手に浪人してるかどうか普通聞くか?

これ相当失礼だぜ?

例えるなら、いきなり面と向かって

「あなた整形してますか?」って聞いてんのと一緒だよ?

しかも俺の場合5浪だから、5回整形してんだよ?


目、鼻、頬、顎、口。

もはや全とっかえである。


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:43:44.00 ID:t03d8do60
二浪目e判定の俺にはなかなかきつい擦れだわ


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:48:20.23 ID:UUN/6n9h0
ダボダボ「ご、ごめんなさい!失礼でしたか!?」

俺「い、いえ……別に気にしてないんで」

そう。俺は心が広いのだ。

だからこんな些細なことで、気にしたりはしないのだ。



ダボダボ「よ、よかった。………………あの、……ちなみに何浪ですか……?」


学習しろよ!

二行前に謝罪してるだろ!そういう事聞くなよ!


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:51:23.39 ID:UUN/6n9h0
俺が複雑そうな顔を浮かべてると、何かを感じ取ったのか。

ダボダボ「ち、違うんです!あ、あたしもなんです!」

とか言い出した。



俺「……え?」

ダボダボ「わ、私も浪人してここに入ったんです……。」


ま、マジかよ。

まさか、俺以外にもこの世界に浪人が居たとはな。

などと中二病をやってる暇はない。



俺「…………えと、…………ちなみに……何浪……?」

ダボダボ「……さ、…………三浪…………ですけど……」


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:52:25.33 ID:UUN/6n9h0
俺が衝撃を受けていると、隣の眼鏡がガタッと席を立った。

眼鏡「お、俺も!浪人です!…………よ、四浪ですけど……」

ダボダボ「うそっ!?すごい!私より上が居た!」

あまりの展開に空いた口が塞がらないでいると、ダボダボがまた余計なこと言っていた。

こいつさっきから余計なことしかいわねぇな。




そんな二人を見ていて、ふと気付いた。

二人に違和感を覚えた理由。

単純だった。

二人とも、周りの学生に見られるようなガキ臭さがしなかったんだ。

言うなら同世代の空気を無意識に感じていたんだろう。


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:55:20.58 ID:UUN/6n9h0
そんなことを考えていたら、眼鏡とダボダボから見られていた。

ダボダボ「………………」

眼鏡「……………………」

五浪「え、えっと…………はい。……俺もまぁ……多浪って奴です……」

ダボダボ「………………」ワクワク

眼鏡「……………………」ワクワク


あぁもうワクワクしてるのが見えるんだよ。

期待されてるのが丸わかりなんだよ。

あぁ恥ずかしい!


71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 07:57:47.55 ID:UUN/6n9h0
でも


五浪「…………ちなみに…………五浪です…………」

ダボダボ「……………………」

眼鏡「…………………………」

ダボダボ「…………す、…………」

眼鏡「…………す、………………」

ダボダボ&眼鏡「「すっげぇーーー!!」」



ダボダボ「やったーー!!すごい!3,4,5だ!」

眼鏡「まじかよwwすごいな!俺、絶対一人だけ浮くと思ってたのに!」

ダボダボ「すごいすごい!長老レベルだよ!五浪って!」


こんな空気でカミングアウトできるなら。

やっぱりそれは、幸せなことなんだろうな。


74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:00:17.82 ID:Iv3B0xUb0
なんか泣けてきた


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:00:22.40 ID:eXhf0PWY0
ダボダボ可愛いな


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:06:11.52 ID:+5qMPXBJO
長老ww


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:06:59.99 ID:UUN/6n9h0
ダボダボ「いやぁ、でもよかったなぁ。わたし絶対浮くと思ってたから……」

眼鏡「俺もそう思ってた……、ました?……あれ?タメ口大丈夫?……っすか?」

五浪「あ、俺はぜんっぜん気にしないから、タメ口でも全然大丈夫」

ダボダボ「あ、そっか。わたしが最年少ってことになるんだ……。ふふっ……なんかすんごい不思議」

眼鏡「俺もだよ。入学して周り見ても、やっぱり圧倒的に年下だからさ、気後れしちゃって」

ダボダボ「あ、わたしも!もう話しかけていいのかわからなくて、気づいたらあぶれちゃってた!」

五浪「俺も全く一緒だ……。やっぱりみんな同じような結末をたどるんだなぁ……」

ダボダボ「でもよかったぁ……さっきまで何でこの講義取っちゃったんだろう、って思ってたのに一気に気が楽になったよ」

眼鏡「俺も俺も。ていうかさっきから同意しかしてねぇな。俺たち」


あははっ!と笑っていると

教授がプリントを一枚、俺たちの机に置いて行った。


82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:11:07.92 ID:pJbeBWlqO
浪人生だけど勉強ほっぽりだしてここ読んでる


87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:15:03.70 ID:HdyxeGYS0
浪人じゃなくてもぼっちになるからな


88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:17:06.17 ID:UUN/6n9h0
教授「さて、みなさん。手元のプリントを見てください」

見てみると、そこには三人分の名前を書く欄と

その横にニックネームと記された欄があった。


教授「これからみなさんには、同じ組になった人にニックネームをつけてもらいます」

教授「同時に、三人のうちから一人代表者を選んでください」

教授「代表者には、雑務が待っている代わりに、特典もいくつかあります」

教授「それでは、今から三〇分間時間を与えますので、取りかかってください」


92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:20:53.49 ID:UUN/6n9h0
五浪「………………」

ダボダボ「………………」

眼鏡「………………」

プリントを眺める俺ら。

ていうかいきなり黙んなや。さっきまでのテンションどこ行ったんだよ。


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:23:43.46 ID:UUN/6n9h0
と、言いつつ俺もしんみりと考える。

五浪「ニックネームかぁ…………懐かしいなぁ……もう五年以上前かよ」

ダボダボ「私も高校時代思い出してたぁ……、懐かしいなぁ……」

眼鏡「俺も俺も」


ってもう、あるあるネタは飽きている。


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:29:45.12 ID:UUN/6n9h0
五浪「……で、どうする?」

眼鏡「どうする……とは?」

五浪「あだ名だよ。自分で決めるか?それとも」

眼鏡「いや、やっぱり他人が決めるのが一番でしょ!」

ダボダボ「だしょ!やっぱり人に決めてもらったあだ名が一番だよ!」

五浪「まぁどっちでもいいんだけど、……じゃあどうする?時間取って、それぞれが他二人のあだ名を考える?」

ダボダボ「いいね!じゃあ三十分後に発表するってのはどう?」

眼鏡「却下」

ダボダボ「な、なんで!?」


アホか。プリント回収されてるわ。


98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:33:38.16 ID:UUN/6n9h0
ダボダボ「じゃ、じゃあ一五分!これ以上譲れない!」

眼鏡「五分で決めない?で、残りの時間で代表者」

五浪「いいんじゃない?じゃあそれで」

ダボダボ「ちょ、ちょっと!」

時間は有限である。

アホに構ってる暇はないのです。


99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:34:32.36 ID:UUN/6n9h0
五分後

五浪「よし。決まった?」

眼鏡「一応決まったよ。そっちは?」

ダボダボ「あたし、まだ…………あ、もうちょっと!もうちょっとなんだけど!」


何で、ただあだ名を決めるのにもう少しとか有るんだ。



眼鏡「じゃあ先に俺たちが発表してるってのはどう?」

五浪「いいんじゃないか?俺から言う?」

眼鏡「じゃあよろしく」


101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:37:24.40 ID:VNRYuZ4v0
おもろいな④


102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:37:53.87 ID:UUN/6n9h0
俺発表


○○→眼鏡くん

△△→だぼちゃん



五浪「どう?」



眼鏡「却下」
ダボダボ「却下」

え?なんで?


105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:41:57.43 ID:UUN/6n9h0
眼鏡「眼鏡くんってあだ名が許されるのは小学生までだろ……。普通に考えて……」

ダボダボ「というよりわたしのだぼちゃんって何……?え、ダボ……?どういう意味??」

五浪「服がダボダボしてるからダボちゃんって意味だよ^^」

ダボダボ「嫌だから!たまたま着てた服であだ名とか嫌だから!」

ふむ。まぁ確かに一理ある。



眼鏡「俺も同意見だよ。たまたま付けてた眼鏡であだ名は困るわ」

おめーのはたまたまじゃねぇだろ。糞眼鏡。

眼鏡「あ、ちなみにこれ伊達ね」

伊達でした。

アイデンティティーが既に崩壊している件について。


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:47:47.78 ID:UUN/6n9h0
眼鏡「じゃあ次は俺な」

五浪「…………はい。どうぞ」


人のあだ名を馬鹿にしたんだ。

お前はそれなりのをもちろん用意してるんだろうな!?

あんっ!?クソ眼鏡!




眼鏡発表


※※→長老

△△→だぼちゃん



ダボダボ「何でまた、だぼちゃんなの!?」

五浪「お前も同レベルじゃねぇか!」バンッ

眼鏡「…………いや、……だって、…………だぼだぼしてるんだもん……」

同レベルでした。


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:52:38.04 ID:UUN/6n9h0
五浪「ていうか……俺の長老って何よ……?」

眼鏡「いや、もう俺の中ではそれしか出てこなかった……」

五浪「まぁ確かに一番年食ってるけどさ……、ひとつ違いだぜ?俺と君。」

眼鏡「いや、大きな違いだよ。五浪は」

五浪「四浪が言うなや……」



ダボダボ「よし決まった!!」

と、ダボダボが大声をあげた。


114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:57:22.52 ID:UUN/6n9h0
五浪「ていうか遅いな。まぁいいや、それじゃ発表よろしく」

眼鏡「あ、もう眼鏡くんとか天丼ネタはこりごりなんで」

五浪「だからお前が言うなよ……」


まぁ確かに天丼ネタを天丼されるとすこし微妙だ。

どんぶりがダブってしまったな。

というレベルではない。

ダボダボ「もうくだらないことはいいから!」


115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 08:58:00.16 ID:UUN/6n9h0
ダボダボ発表



※※→ゴローくん

○○→ヨン様




五浪&眼鏡「「うわぁ…………」」

ダボダボ「な、なんで!?」


118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:01:00.79 ID:UUN/6n9h0
五浪「なんていうか、理由を聞くのすら面倒なんだけど……」

眼鏡「ていうか、わかるしなぁ……」

ダボダボ「えっ!?えっ!?聞いてよ!すっごい上手く出来てるんだから!」

眼鏡「どうせあれだろ……。四浪だからヨン様だろ……」

ダボダボ「あ、……正解……」

五浪「というより俺の場合、そのまんま五浪だしな」

ダボダボ「だめ…………かな?」

駄目に決まっている。

そもそもそれがまかり通るならお前のあだ名は何になるんだ。


119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:03:21.63 ID:+/IuwtZA0
くっ目にゴミが


120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:03:28.78 ID:UUN/6n9h0
ダボダボ「え?…………うーん、…………サンちゃん…………?……とかかなぁ」

五浪「ダサすぎだろ」

眼鏡「それだったら、三をミって捉えてミキとかミヨとかどう?」

ダボダボ「あっ!それいい!いただき!!」

勝手に食ってろ。


121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:03:51.82 ID:UUN/6n9h0
五浪「ていうか、ミヨだったら、四も入ってねぇ?」

眼鏡「あ、そっか。紛らわしいな。俺とかぶるし」

ダボダボ「紛らわしくないよ!ミヨってなんかかわいいし!」

五浪「ミミでよくね?ミミちゃん」

眼鏡「あ、それだったら紛らわしくないわ。ちゃんと一発で三浪ってわかる」

ダボダボ「わかるわけないでしょ!全国のミミちゃんに謝ってよ!」

ちなみにミミだと三十三浪と間違われる危険性も無きにしもあらず。

面倒くさくなるのは分かっているのでこれ以上は言わない。


122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:08:34.32 ID:Nq6Liqtt0
シケた会話だなあ


123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:11:10.84 ID:Iv3B0xUb0
ダボちゃんは俺がもらっていきますね


124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:11:29.43 ID:UUN/6n9h0
眼鏡「ていうか既に十五分経ってるんだけど……」

五浪「うそっ!?全然気付かなかった……」

ダボダボ「じゃあしょうがないからあだ名は私ので良い?」

よくねぇよ。

五浪「え?何でさりげなく自分のを採用してるの?」

ダボダボ「だって、これ以外ってなると、私、無条件でだぼちゃんだもん」

眼鏡「もう正直どれでも良いって感じだわぁ」

ダボダボ「決まり!じゃあパパッと書いちゃうね!」

五浪「…………まぁ、いいか。」

どうせ、他は長老とかだし。



決定

○○→ゴローくん

△△→ヨンさま

※※→ミミちゃん


126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:20:43.34 ID:d9VsejGc0
結局リアが自虐風なんちゃらしてるだけかよ
もうげんしけんでお腹いっぱいですわ


127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:22:01.84 ID:UUN/6n9h0
五浪「さて、次は代表者か」

ダボダボ「これはもう……」

眼鏡「……なぁ?」

ミミとヨンがアイコンタクトで何かを伝えあう。

なんかこれ外国人の名前みたいだな。

やっぱりダボダボの方がいいと思うのだが。


128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:26:18.62 ID:UUN/6n9h0
ダボダボ「やっぱり代表者は長老であるゴローくんがやるべきだと私は思います」

眼鏡「俺もそう思います」

五浪「いや。それはおかしい」

ちょっと待ってみようか。


ダボダボ「でもほら、最年長だし」

眼鏡「責任感強そうだし」

五浪「まだ出会って二十分ちょいだろ……」

ていうかさっきから長老とか最年長とか。

ちょっとは傷つくんだから。

控えろよ。そこんところ。


131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:36:01.20 ID:UUN/6n9h0
結局。

なし崩し的に俺が代表者になり

そのままその講義は終了となった。

ちなみに、代表者の特典の説明一切なし。

予想通りです。


132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:36:59.60 ID:UUN/6n9h0
そして俺たちはというと。

三人が三人ともに、その日最後の授業がさっきの英語だったんで

そのままマックへとやってきた。


ようやくできた友達なんだ。

あの英語の授業だけで終わらすのはもったいない。

そう思ったのは俺だけじゃないはず。



眼鏡「……ていうかさ、いい加減予備校きまずくなかった?」

ダボダボ「わかるわかる!すっごいきまずいんだよね!周りが全員年下だから!」

五浪「俺も二浪までは金払って予備校行ってたけど、三浪目からは自習室だけ利用してたわ」

眼鏡「俺もだ!!あの解放してある自習室だろ!?」

ダボダボ「あたしもあたしも!で、たまに抜き打ちチェック入るんだよね!」

五浪「そうそう!予備校生徒以外が無断で使うからってな!」


133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:45:34.82 ID:UUN/6n9h0
眼鏡「で、売店とか食堂とかのおばちゃんに顔覚えられてんじゃないかって心配だったり」

五浪「あるあるすぎるんだけど!なに?お前俺なの?」

ダボダボ「参考書のコーナーにさ、○○大学に受かった人の伝記とかなかった??」

眼鏡「あぁーあれなぁ。あれ見て俺も東大行けるんじゃねぇの?とか思ってたわぁ」

五浪「俺、あの類読み過ぎて、四浪目辺りから見る物なくなってたわ」

ダボダボ「あたしもあの類ずっと読んでたなぁ……なんか面白いよね」

眼鏡「……ちょっとさ、…………恥ずかしいこと言ってもいい?」

五浪「……?……別にいいけど」


135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:48:26.02 ID:UUN/6n9h0
眼鏡「俺さ、……四浪ってばれた時にさ、言いわけっていうの……?……いろいろ考えてたんだよ」

ダボダボ「……?それで?」

五浪「ちょ、ちょっと待った!」

眼鏡「な、なんだよ?」

五浪「お前、……その言いわけってもしかして、…………いったん就職してたから。じゃないよね?」

眼鏡「ちょ、ちょっと!なんでわかんだよ!やめろよ!やーめーろーよー!」

五浪「お前どんだけ俺なんだよ!俺すぎて引くわ!っていうか引くわー!」


なんてくだらない会話を何時間も。何時間もした。

この五年間。

バイト以外で全く知り合いが居なかった俺が、久しぶりに得た友達。

仕事仲間じゃない。

ただただ対等の友人がそこにいて。

仕事じゃない話題を共有できる。

それだけのことが。

俺の胸に染みた。


140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 09:59:28.25 ID:yN0GGSWu0
浪人はネタにした方が楽


141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 10:01:45.85 ID:UUN/6n9h0
受験に疲れた諸君。
ぜひ勉強を頑張ってほしい。


高校三年生で、追い込みをかけている君。

今頑張ると、四月から倍楽しくなれるぞ。


そして浪人生(一浪、二浪)

東大には浪人生が四割を占めるらしいぞ。

気にすることはないぞ。


そして多浪生(三,四,五浪)の諸君。

大学に入ったって友達も作れないなんて悲観することはない。

どんな所にも似たような奴は集まるもんだ。

諦めないで大学に入ってみてほしい。

きっと世界が開かれるから。


そして最後に超多浪生(六,七,八浪~)の諸君。

死んだ方がいいぞ。


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 10:02:17.65 ID:UUN/6n9h0
じゃあ、俺はこれから代ゼミで勉強頑張るから。


大学?受かってねぇよ。


じゃあの。


145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 10:04:07.71 ID:XI1GMaY3O
>>142

ちなみに何浪?


146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 10:04:59.27 ID:UUN/6n9h0
>>145
二浪


147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 10:06:55.67 ID:HdjgbawI0
>>146
おっすジロー


148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 10:08:13.40 ID:XI1GMaY3O
>>146
oh...
二浪まではセーフだな
志望校受かるといいな!


151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 10:15:56.27 ID:pJbeBWlqO
おつコラ


152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/12/13(木) 10:16:57.25 ID:TGahDTNe0
面白かった



153 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(-1+0:15) :2012/12/13(木) 10:22:51.21 ID:Hb326GRW0
話しかけてもぼっちになるよ
どうも俺の話はつまらないらしい


転載元

男(五浪 )「やった!念願の大学へ入れたぞ!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355346657/






それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと
林 英恵
あさ出版
売り上げランキング: 36,306

関連記事
2013/09/21 12:00 | CM(13) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/09/21 13:12 ]
  2. 医学部だけは多浪でも許される
  3. 774@いんばりあん [ 2013/09/21 13:14 ]
  4. 俺5浪だったわ
    浪人としか言わなかったけど
  5. 名無しの日本人 [ 2013/09/21 13:31 ]
  6. 妥協して入った大学に対しては、その後、長く続く人生で本当に後悔するもんだ

    長く浪人してまで入ったらぼっちになるかもしれんが、その後は後悔することは少ない

    私がいた医学部では5浪、8浪はたくさんいた。

    でも、今は充実した人生をみんな送っている。ぜひ頑張ってほしい
  7. 774@いんばりあん [ 2013/09/21 13:54 ]
  8. 教授「じゃあちょっと二人か三人でこのことについて話し合って」
    (ガヤガヤ)
    ぼっち「・・・」←最前列の右端に一人で座ってる
    教授「・・・君!一番前の君は話しあったのか?」←マイク入ったまま大声で
    ぼっち「いえ・・」
    教授「君毎回一人だけど授業困らない?」
    ぼっち「特には・・・」
    教授「え?今話し合ってないけど大丈夫なの?」
    ぼっち「いや、あの・・・」
    教授「指示したことができなくても問題ないってこと?」
    ぼっち「そ、そうではなくて、一人で考えて・・・」
    教授「一人じゃ話し合えないでしょ!?2・3人でやれっていっただろ?」
    教授「これ試験だったらどうするの君?落ちちゃうよ?」
    ぼっち「それならしょうがないです・・・」
    教授「ふーん、名前なんて言うの?あと学籍番号」
    ぼっち「いや、名前とかは・・」
    教授「いやじゃなくて、これ中間の課題にするから成績つける関係で名前分からないと困るの」
    ぼっち「もういいっす」(ダッ)←ノートと筆記用具ときもいリュックを小脇に抱えてものすごい速さで退出w
    教授「何、どうしたの」
    教授「何しに来てたんでしょうね彼は」
    (ドッ)教室中大爆笑w
  9. 774@いんばりあん [ 2013/09/21 15:32 ]
  10. やめろ

    浪人の話はマジでやめろ
  11. 774@いんばりあん [ 2013/09/21 16:21 ]
  12. サークルに2浪のやついたけどイマイチ話し合わなかったな
    後輩に4浪もいたけどそいつはそうでもなかった
    ようするに周りと合わせられりゃ大丈夫
  13.    [ 2013/09/21 17:25 ]
  14. ダボダボ「いやぁ、でもよかったなぁ。わたし絶対浮くと思ってたから……」
    眼鏡「俺もそう思ってた……、ました?……あれ?タメ口大丈夫?……っすか?」
    五浪「あ、俺はぜんっぜん気にしないから、タメ口でも全然大丈夫」
    ダボダボ「あ、そっか。わたしが最年少ってことになるんだ……。ふふっ……なんかすんごい不思議


    俺「・・・・」←立たなくて余り
  15. 774@いんばりあん [ 2013/09/21 17:47 ]
  16. 一浪したけど普通に過ごしたな、同年代の2年生にも敬語使ってたから特に浮かなかったし
    現役でも老け顔はいるから顔とかでは判断されんだろ
    ただハゲは知らん
  17. 774@いんばりあん [ 2013/09/21 18:48 ]
  18. 東大、東工大とかには5浪位ざらにいる
  19. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2013/09/22 13:43 ]
  20. ホント大学入るのが人生の目標みたいなやついるんだな
    5年間も浪人してその後なにしたいんだとw
  21. 774@いんばりあん [ 2013/09/24 04:41 ]
  22. 人生短いのに。五年も無駄にするのか……大体、五浪もする人間が成功するわけないじゃん
    学力の問題でなくてさ、判断力という意味で。まぁ人には事情があるし、一概には言えないけどさ
    医学部や防衛大とかの一部の閉鎖社会は仕方がないところがあるけど
    ま、好きにするが一番だろうなぁ……自己肯定のために詭弁を巷で振りまくはやめて頂きたいが
  23. 774@いんばりあん [ 2014/11/28 05:24 ]
  24. 四浪五浪の時点で既に超多浪だろ……
    普通は一か二。多くて三浪までだと思う
  25. 774@いんばりあん [ 2015/03/16 23:03 ]
  26. ※4
    やめろォ!!(泣)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング