HEADLINE

アルミン「君と僕との」アニ「境界線」

2013/09/20 22:32 | CM(0) | 進撃の巨人 SS
2 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:49:07 ID:b4kjLV46


この想いが罪だというのならば。

僕は罪人のままでいい。

君を憎むこの世界を憎み切れない僕は―――きっと、異端者。


3 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:49:39 ID:b4kjLV46


最初は、僕の行動の視界に君が入るだけだった。

エレンとよく対人訓練を組み、ミカサとやりあう。

僕はこの三人のやりとりを、時には慌て、時には笑いながら見ているしか出来なかった。



4 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:50:14 ID:b4kjLV46


アニ「アルミン」

アルミン「どうしたの、アニ」

アニ「…恋ってなんだと思う?」

胸が、何故かツキリと痛む。

君のその表情は、誰かに恋をしているの?

その灰青の瞳は一体誰を映しているの?

僕は、この日、恋を知った。


5 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:50:56 ID:b4kjLV46


アルミン「うーん…難しいね」

アニ「頭がいいアンタでも分からないの?」

アルミン「うん。だって感情は本に書いてないから」

僕の感情が一冊の本だったら。

きっと今、項目に君の名前が増えたと思う。

厳しいことを言っても、優しい君の姿。

実は友達思いな所。

俯きがちな瞳が時たま宿す、決意。


6 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:51:37 ID:b4kjLV46


(それが何なのかは、この時の僕はまだ知らなかった)


(あぁ、僕はこんなにも、君を追っていた)

知らない間に落ちているのが恋だと、誰かが言ったらしい。

ならば僕のこの未知なる感情は―――恋、なのだろう。

アルミン「気になる人でもいるの?」

アニ「…別に」

アルミン「そっか。僕に出来ることがあったら言ってね。協力するから」

嘘つき。

自覚してしまった感情を抑え込めるほど、大人じゃないくせに。


7 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:52:08 ID:b4kjLV46


知らない間に彼女の姿を目で追っていた。

だから僕は気付いてしまった。

僕と同じ感情で、君を見ている男の存在に。

僕よりもはるかに背が高く、僕よりも強く、僕よりも男らしい。

まるっきり正反対な、僕と、彼。

そして僕の本の項目に、“嫉妬”が追加された。


8 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:52:52 ID:b4kjLV46


(協力するなんて言って、本当は彼女が好きなくせに)

アニは訓練が休みの日に図書館にいることが多い。

エレンやミカサと座学の復習をしに行くと、高確率で本を読んでいる。

何を読んでいるのかなと、考えたこともあった。

今日は、僕だけで図書館にいる。2人が街へ出かけてしまったから。

アルミン(…あ)

アニ「」ペラッ

アルミン(どうしよう、声、かけようかな……あ)

アニ「」ピクッ


9 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:53:27 ID:b4kjLV46


アニ「…アルミン。珍しいね、今日は1人なんだ」

アルミン「あ、うん。エレンとミカサは買い物に行ったから…」

アニ「…2人で?」

アルミン「うん」

アニ「そう」

“珍しいね”確かに彼女はそう言った。

それはつまり、普段は僕たち3人で図書館にいると知っているということ。

極力静かにしていたし、見られているとは思っていなかった。


11 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:54:00 ID:b4kjLV46


アルミン(やっぱり、アニはエレンのことが好きなのかな)

アルミン「…ねぇアニ。そっちに行ってもいいかな?」

アニ「いいけど」

アルミン「ありがとう」

彼女の前に、席を移す。読んでいた本に目を落としたが、内容が入ってこない。

ちらりと、アニを見て。

透き通るような白い肌に触れてみたいと、胸が高鳴った。

もっと彼女を見ていたい。でも、気付かれたらどうしよう。あぁ、でも。


12 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:54:39 ID:b4kjLV46


アニ「アルミン?」

アルミン「え!?あ、ご、ごめん」

アニ「…別に、いいけど」

まつ毛が長いな、とか、今ちょっと笑った、とか。

彼女の一つ一つが、僕の中の本に刻まれていく。

だから僕が呟いてしまった言葉は、本当に無意識。

アルミン「好きだよ」


13 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:55:13 ID:b4kjLV46


アニが顔を挙げる。僕は慌てる。

言うつもりなんて、なかったのに。

ぐらぐらと目の前が揺れる。どんな訓練の時よりも心臓がどくどく言って、苦しい。

僕たちしかいない図書館。向かい合う、君と僕。

お願いアニ。何か言って。でないと僕、恥ずかしくて死んでしまうよ。

白い肌が、薄紅に染まって。

そこには今まで見たことがないアニが、いた。

アニ「アル、ミン」

アルミン「アニ…?」


14 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:56:00 ID:b4kjLV46


普段の表情からは想像もできない姿に、どきりとする。

こんなアニに想ってもらえる幸運な人は誰なのだろう。

さようなら、僕の初恋。

アルミン「ご、ごめんねアニ。言うつもりは」

アニ「私、」

アルミン「え?」

アニ「私も、アンタが、好き、だよ」


15 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:56:30 ID:b4kjLV46


おかえり、僕の初恋。

震える手をアニに伸ばして、想像通りの柔らかい髪に触れる。

そのまま頬に触れ、もう一度、好きと呟いた。

太陽の逆光の中、彼女は見たことのないような微笑みを僕にくれた。

僕はこの日、愛を知った。


16 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:57:10 ID:b4kjLV46

******

アルミン「ねぇアニ。ベルトルトのことどう思う?」

そんな質問をしたのは、出来心。

ベルトルトがアニに気があることに気付いているのは、多分僕だけ。

本人は気付かれていないつもりなのが余計に気になる。

時々彼女と過ごすようになった消灯後に、アニを抱きしめて問いかけた。


17 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:58:23 ID:b4kjLV46


アニ「…ベルトルトは、強い、よ」

彼女はそれしか言わなかった。

(彼女は嘘や冗談を言える人ではないから)

(誤魔化せないことは、最初から言わない)

(この時も彼女はきっとそうだった)

僕の背中に回っていた腕の力が、ほんの少し強くなったくらいだ。

アニがベルトルトのことを本当はどう思っているのか。

言葉以上の感情を持っているのは明らかだった。

それはきっと恋愛感情ではないだろうけど、それでも僕は怖かった。


18 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:58:55 ID:b4kjLV46


アニが誰かに連れ去られてしまう。

エレンやミカサに思う感情と、似て非なるもの。

失ったら僕はきっと立ち上がれない。

だから僕は、賭けに出た。


19 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 01:59:25 ID:b4kjLV46


やや蒸し暑く、人によっては寝苦しさを覚える夜。

僕は空き教室でアニを抱いた。

―――ベルトルトがそこを通り過ぎると信じて。

極端に寝相の悪い彼のことだ。動き回れば余計に暑くなって目が覚めやすくなるはず。

きっと彼は、誰も起こさないよう慎重に部屋を出て、水を飲みにくるはずだ。

彼にしっかり教えてあげなきゃ。

(アニは僕が好きなんだから)

僕の初恋は、歪んでいるのだろうか?


20 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:00:03 ID:b4kjLV46


やぁ、ベルトルト。

良かった、僕の思った通りになったよ。

君…そんな顔出来たんだね。初めて知ったよ。

今どんな気分?僕を憎んでいる?殺したい?

ごめんねベルトルト。でも僕、アニが好きなんだ。

アルミン(…もう一人、いる?)

アルミン(誰かがベルトルトを連れて行った…誰だろう)


21 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:00:35 ID:b4kjLV46


アニ「ァ、ルミン…?」

アルミン「ごめんね、アニ。…続き、しよっか?」

安心したように微笑むアニは本当に綺麗で。

彼女を独り占め出来る僕は、とても幸せなのだろう。

…だから、罰が当たったのかな。


22 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:01:43 ID:b4kjLV46



信じられなかった。信じたくなかった。

(違う、君だから僕を殺せなかった)

僕は考えた。君を助ける方法を。

君と幸せになれる未来を。何日も何日も何日も何日も何日も。

(そんな答えが見つからないことくらい、分かっていたのに)

君に好きと言った僕の口が、君を疑う理由を告げる。

マルコの立体機動、エレンのあだ名。

推測だと言っても、口にすればするほど疑いは強まる。

きっと僕は確信していた。僕の好きな人は、人類の敵だったと。


23 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:02:17 ID:b4kjLV46


アルミン「僕は罰が当たったんだ」

アルミン「僕が無力で、エレンもミカサも、…君も助ける方法を思い付けなかったから」

アルミン「僕の作戦は皆を傷つけた」


24 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:03:00 ID:b4kjLV46


君を信じるための地下通路。

僕のいる暗いこの場所と、君がいる明るいその場所。

光と影が、僕たちを徹底的に別った。

越えることが出来なかった、僕たちの境界線。

この境界線を踏み越えて、君を助けることが僕に出来たならば。

僕に勇気がなかったから。


25 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:03:46 ID:b4kjLV46


アニ「一体…いつから、アルミン」

アニ「アンタは私をそんな目で見るようになったの?」

君の灰青の瞳に、一体僕はどう映っていたのだろう?

その答えは怖くて聞けない。

聞くことも、出来ない。

僕は君にとっての“いい人”でいたかった。

(君の正義は、一体なんだったの?)


26 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:04:30 ID:b4kjLV46


******

アルミン「僕が人類の味方でいる限り、この中には入れないんだろうね」

触れた水晶は、相変わらず冷たい。

重たく巻かれた鎖の隙間から、変わらない君の姿が見える。


27 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:05:04 ID:b4kjLV46


アルミン「ライナーもベルトルトも、いってしまったよ」

反応しないアニに、僕は何度でも声をかける。

目覚めてほしくて。目覚めてほしくなくて。

僕を好きだと言ったその唇は、僕にどんな言葉をかけるのだろう。

それが、堪らなく恐ろしい。


28 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:05:48 ID:b4kjLV46


アルミン「アニは嘘が吐けない人だから、黙っているの?」

それとも、この世界に絶望したから、出てこないの?

君が“いない”世界に取り残された僕は、どうしたらいいのだろう。

(彼女を裏切ったのはお前のくせに)

(なんて身勝手)


29 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:06:21 ID:b4kjLV46


アルミン「あの日の話の続きをしよう」

アルミン「恋っていうのはきっと、その人の幸せを願うことだ」

アルミン「その人を想うと胸が痛くて、切なくて、苦しい」

アルミン「でもその人が笑ってくれれば、それだけで幸せになれる」

アルミン「僕はそういうことだと思う」

アルミン「だから僕は、今でも君に恋をしている」

アルミン「君のことを想うと、胸が痛くて、切なくて、苦しい」

アルミン「でも君が笑っていないから、辛いんだ」

(君を裏切ったのは僕のくせに)


30 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:06:56 ID:b4kjLV46


君が眠り続ける水晶は、美しく透明だ。

混じり気がなく純度の高いそれは―――他の物質の存在を許さないのだろう。

僕の存在を、許してくれない。

手を伸ばせば届く距離に、君がいるのに。

あぁ、なんて、遠いのだろう。

この水晶はきっと、君と僕との境界線。





31 1 ◆/Tn0cyOHKw :2013/09/20(金) 02:08:19 ID:b4kjLV46

以上です
書き殴り失礼しました


32 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/20(金) 02:09:38 ID:cGGH0gM2
乙乙…
アルアニ切ないなぁ
ちょうど23話見たばっかだったから
泣きそうになった


33 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/20(金) 02:10:31 ID:fK0fIFco
乙です!
切なくて泣けた…


35 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/20(金) 03:04:59 ID:BT3RRxWU

魅せる文章を書く人だ


36 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/20(金) 03:43:50 ID:79wllgaM
これは良かったわね乙


転載元

アルミン「君と僕との」アニ「境界線」

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1379609286/







関連記事
2013/09/20 22:32 | CM(0) | 進撃の巨人 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング