HEADLINE

P「でも小鳥さんって別に俺のことが好きなわけじゃないですよね」

2013/11/11 17:34 | CM(7) | アイドルマスター SS
keobhjopr.jpg



1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 14:39:47.44 ID:vPwjQRm90
小鳥「はぁ…」

P「どうしたんですか小鳥さん、ため息なんてついて」

小鳥「次の日曜に友達の結婚式があるんです」

P「へえ。めでたいことじゃないですか」

小鳥「…そりゃ当人にはおめでたいことでしょうけど…これでまた独身仲間が減るかと思うと…」

P「あー…そういうこと」

小鳥「私もなあ…早くいい人見つけないと…まぁ…近くに気になる人がいないじゃないですけどね…」チラッ

P「…前々から思ってたんですけど…小鳥さんってちょいちょい俺にアプローチしてくるじゃないですか」

小鳥「えっ!?そ、そうだったかしらぁ…?あはは…」

P「でも小鳥さんって別に俺のことが好きなわけじゃないですよね」

小鳥「え…」

P「さっさと結婚して独身じゃなくなりたいから手近なところに声かけてるだけですよね」

小鳥「べ、別に私は…そ、そういうつもりでプロデューサーさんにアピールしてるわけじゃ…」

P「この際だからハッキリ言いますけど、そういうの迷惑です。というか不愉快です。やめてもらえますか」

小鳥「そんな…そ、そんなこと…うぅ」



2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 14:41:49.07 ID:b/Dm1gEU0
ピヨちゃんさいてー!


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 14:45:23.23 ID:r0BXIEfI0
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
         ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ィ≦´ ̄ ̄ ̄ ̄゛¨゙'゚ : 、.:.:.:.:.:.:.:.
       i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:イ   _.-‐-≠、,,.. -‐ 、  \.:.:.:.:.i
       |.:.:.:.:.:.:.:.:/  ィ''゙´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶、 ヽ.:.:.}
       |.:.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ !.:!
       |.:.:.:.:.:.,' /.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾy
       !.:.:.:.:.:.i/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       i;!.:.:.:.:_i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:,イ.:ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.i.:.:.:.:.:.:.:.i
      /;{.:.:./i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/ !,rヾ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}.:.i.:.:.:.:.:.:.:.i
       ⌒}.:.i ! |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| /´i |^!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.トi:i.:.:.:.:.:.:.:.:}
     _ _厶.:゛y!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|}/  ! ! {r 、:_:_:_:_.:j、!.:.:.:.:.:.:.:.:}
.   /    从.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|゛ / ./ ! i } i  i |/〉.:.:.:.:.:!
   /       i!:/i.:.:.:.:.:.:.:.:.! '  ′/ / i } } i!'i .:.:.:.:.:.!
  ,'        {/:::}.:.:.:.:.:./      /  " ´ ' /::l.:.:.:.:.:/ i
  {     ヽ   {::::从/    , '´     / :::::i{.:.:.:./  !
  ハ      \  i::::_〈    イ {    -ァ"i :::::::/ |/!/   !
  |::ヽ、     '、!:::| ̄\   ト、!  ./   { :::/      /
  |:::::::\       ゙/   `ー-'y'゚一'    ',     /


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 15:11:51.95 ID:G3hKtte+0
P「もしほんとに本気なら、そりゃ俺だってちゃんと考えますけど、
  結局小鳥さんいつもはぐらかすじゃないですか。
  つかず離れずを楽しんでるつもりなんでしょうが、
  学生じゃないんですから、そう言うの卒業しないと結婚なんて無理ですよ」

小鳥「そ…そこまで言わなくても…」

P「簡単に言うと、誠意がないんですよね。
  誠意がない人とは一緒に暮らすなんて無理なわけですよ。
  その点、例えば美希の方がよっぽど現実に実直ですから。
  あれで結構お金とか仕事のことも考えて、
  自分のしたいことと相手の負担を天秤に掛けて、
  それであれこれ計画したり、話したりしてくれてる分、
  妙な思わせぶりよりずっと説得力があるし、
  中学生だからってバカにしようとも思いません」

小鳥「…」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 15:23:54.86 ID:rvcRMkSY0
P「春香もそうですよ。
  自分なりに恋愛と家庭ってのを、どちらも意識してます。
  こないだの女性誌の春香の対談、読んだでしょう?
  『恋愛は夢で、家庭は現実。夢を現実にするには、当然努力が必要』って。
  これを言われたら、男の方もじゃあがんばろうってなりますよね。
  誠意がありますから。
  それを小鳥さんは、結婚はともかく家庭のことまで夢か何かだと勘違いしてませんか?」

小鳥「うぅ…」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 15:35:14.84 ID:UYi5WSNf0
春香さんがリアル過ぎる


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 15:41:27.92 ID:970vRnBO0
P「とにかく、『こうしていればそのうち』みたいな浅はかな思わせぶりはやめてください。
  相手に失礼ですよ。
  もっと言うなら、相手にだけリスクを負わせようとするのは卑怯です。
  俺は同僚としては小鳥さんをすごく尊敬してますし、
  丁寧な仕事にもいつも感謝しています。
  けど、俺は公私ははっきり分けるので、そこのところはよろしくお願いします」

小鳥「は…は…ぃ…」

P「俺は漫画とかゲームのキャラクターじゃないんです。
  もちろん小鳥さんも。
  夢を見るなとは言いませんが、足元の現実もちゃんと見てください。
  そしたら、小鳥さんなら良い相手がすぐに見つかりますよ。
  そこは保証します」

小鳥「…」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 15:54:49.50 ID:YBQK26pj0
律子「…それで、こんなになってると」

あずさ「えぇ…困りましたねぇ」

小鳥「うぅ…ううぅ…だって…だってぇ…
   恋愛の仕方なんてわかんないわよぉ…そんなのしたこともないのにぃ…」エグエグ

律子「まぁ、プロデューサー殿の言い方がきつすぎるのはともかく…」

あずさ「…プロデューサーさんの気持ちも、ねぇ」

小鳥「…え?」

律子「最初は結構、プロデューサー殿も乗り気だったし…」

あずさ「音無さんが終電なくなって、家まで送ってもらったのに、
    急に玄関でプロデューサーさんを追い返したのがやっぱり…」

小鳥「あ、あれは、あの時は部屋が散らかりまくってて…え?
   それがどうして…え?」

律子「どうして、ってそりゃ」

あずさ「プロデューサーさんも、その気だった、ってことですよねぇ」

小鳥「えええっ!?」ビクッ


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 15:57:59.24 ID:4cM+rJZN0
希望が出てきたぞ


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 15:59:45.20 ID:PFUA30g00
律子「あの時はプロデューサー殿の方が凹んでましたよ」

あずさ「ちょうど、美希ちゃんと春香ちゃんが二人とも調子が悪くて、
    色々悩んでた時期でしたし…」

律子「たぶん、頼りたかったというか、甘えたかったというか」

あずさ「音無さんも、どんと来てください!って言ってましたしねぇ」

律子「それを、あんな風に、いろんな意味で無碍にされたら…」

あずさ「うーん…」

小鳥「そ、そんな…」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:01:12.51 ID:UYi5WSNf0
終電なしで追い返すのは相当酷い・・・


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:06:04.62 ID:i30WZW3l0
律子「まぁ、過ぎたことを言っても仕方ないですけど、
   小鳥さんはほんとにプロデューサー殿のこと好きなんですか?」

小鳥「えっ」

律子「いや、そこがわからないとどうしようもないですよ」

あずさ「男性として、プロデューサーさんがどうか、ってことですよねぇ」

小鳥「そ、それはその、あの、たぶん…すき、だと…」

律子「美希よりも?」

あずさ「春香ちゃんよりも?」

小鳥「…」

律子「…まずは、そこですね」

あずさ「ですねぇ」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:14:17.66 ID:A9op4k/u0
春香「好き、ですか?」

小鳥「う、うん。
   春香ちゃんの言う『好き』って、どんな気持ちなのかなぁと」

春香「そうですねー…色々言い方はあると思いますけど、
   例えば『この人じゃなきゃダメ』とか…ちょっと違うかなぁ。
   うーん、『自分より、この人が大事』とかかなぁ」

小鳥「自分より…?」

春香「自分が苦しかったり、恥をかいたりしても、
   もしその人に嫌われても、それでもその人が良い、大事、みたいな、ですかね。
   でも、やっぱり嫌われたくない!とか。そんなのが混ざったやつと言いますか」

小鳥「…」

春香「その人のために、一番良いことをしたいと思うのが、
   好きってことじゃないですか?」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:26:50.61 ID:rJKEifXk0
美希「ハニーのこと? もちろん大好きなの!」

小鳥「その、美希ちゃんの好きって、どんな気持ちなのかなぁって…」

美希「んー? どんな、って?」

小鳥「こう、具体的に、というか…」

美希「へんなこと聞くんだね、小鳥。小鳥はショートケーキ好きでしょ?」

小鳥「え、えぇ、まぁ」

美希「夜中にお腹が空いて、それでこっそり食べるショートケーキは?」

小鳥「うっ…も、もっと好き、です…」

美希「そーゆーことなの。その『もっと好き』のなかの、『一番好き』が大好きなの。
   理由とか、意味?って、どーでもよくって。
   ショートケーキが好きなのは『甘いから』って言われても、ミキはなんかへんだと思うな。
   甘いだけなら、蜂蜜とか練乳とかでいいでしょ?」

小鳥「えっと…?」

美希「ショートケーキが好きなのは、ショートケーキが好きな風に生まれてきたからなの。
   ミキがハニーを大好きなのも、ミキががハニーを大好きになるために生まれてきたからなんだよ、あはっ!」

小鳥「な、なるほど…」


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:29:46.74 ID:EKFZ9ZJW0
JCに恋の教えを解かれる2X歳


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:33:49.51 ID:MW+zozds0
春香『だから、私はアイドルとしてトップを目指してるんですよ。
   そうするのが、一番プロデューサーさんを喜ばせてあげられるから…
   後のことは、また後で考えますよ、えへへ』

美希『だから、ミキはトップアイドルになるの。
   ハニーの一番になるなら、まず皆の一番にならないとダメなの。
   だって、ハニーはプロデューサーのお仕事が大好きで、
   ミキを皆の一番にするのが、ハニーのお仕事なんだから。
   あ、もちろん春香には負けないの!』



律子「…それで、ますますわからなくなったと」

あずさ「あらあら」

小鳥「私って…なんにも考えずに生きてきたんですね…」ズーン


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:39:01.57 ID:YTKTEc3Q0
なんか俺まで心が痛くなってきた


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:42:10.04 ID:4Q58cfd70
律子「まぁ、あの子達はちょっと特殊だから…」

あずさ「でも、春香ちゃんも美希ちゃんも、
    ほんとにプロデューサーさんのことが大好きなのねぇ」

小鳥「…律子さんとあずささんは、どうなんですか?」

律子「…」

あずさ「…」

小鳥「…?」

律子「私達は、その、アレですよ」

あずさ「すでに、ダメでしたと言うか…」

小鳥「?! えぇっ!」

律子「まぁ、それこそ小鳥さんのことを何回も相談されるぐらいですし?」

あずさ「相手にされてなかった、ですねぇ」

小鳥「なっ、え、えええ?!」

律子「あーあ…」

あずさ「はぁ…」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:48:16.96 ID:OtkgBH6m0
律子「まぁ…今はチャンスかもしれませんけどね?」

あずさ「そうですねぇ、プロデューサーさん的には失恋中ですし…」

小鳥「なっなななっ、なにがチャンス、し、失恋?!」

律子「凹んでるときに優しくされたら、ってやつですよ」

あずさ「春香ちゃんや美希ちゃんは、
    その辺を何となく察してアイドル活動を頑張ってるみたいですし」

小鳥「…あれ? ひょっとして私、…やらかしちゃいました…?」

律子「今更ですが、そうですね、はい」

あずさ「うまく行かないものなんですねぇ、誰も彼も」


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 16:51:32.97 ID:i9V2mroi0
小鳥「わ、…わたしはどうしたら…」

律子「そんなの、自分で考えてくださいよ。
   好きなら好き、嫌いなら嫌いで」

あずさ「はっきりしておいた方が、後々後悔はしないと思いますし」

小鳥「…」



小鳥「…」





小鳥「…」


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:01:03.69 ID:C2PMKozn0
ガチャッ、



P「ただいま戻りました。
  あ、小鳥さんだけですか?」

小鳥「はい、お疲れさまです、プロデューサーさん。
   どうでした? 2人のオーディションは」

P「いやぁ…どうにも俺の力不足でして。
  役は貰えましたが、ヒロイン、とまでは…」

小鳥「そうですか…
   …でも、プロデューサーさんの力不足なんてことはありませんよ。
   春香ちゃんも美希ちゃんも、全力を出し切れたって言ってましたし」

P「…だと、良いんですが」

小鳥「運の要素もあるでしょう?
   先方の好みの話ですよ。
   もし違う人なら、絶対2人で主役でしたよ」

P「ははは、そう言っていただけるとありがたいんですけどね。
  しかし、なんとも、…はぁ。
  会心の出来だったんですけどねぇ…」

小鳥「プロデューサーさん…」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:07:56.79 ID:OkrPJIB70
P「…あぁ、なんか、辛気くさくなってすみませんね。
  もう、切り替えて次のことを考えないと…」

小鳥「…プロデューサーさん」

P「次は…違うタイプの企画で…あの会社とは、もう営業実績があるから…そうすれば」

小鳥「プロデューサーさん!」

P「うわっ! は、はい、どうしました?」

小鳥「今日はもう遅いんで、帰って休んでください」

P「い、いや、しかし」

小鳥「プロデューサーさんが頑張ってるのは皆知ってます。
   だから、皆プロデューサーさんのことを心配してるんですよ。
   体壊したらどうするんですか」

P「…そう、ですね」

小鳥「今ならまだ終電に間に合うでしょう?
   後片付けは私がやっておきますから」

P「…ありがとうございます」


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:12:36.03 ID:EF4eDBnr0
小鳥「お疲れさまです、プロデューサーさん」ニコッ

P「…」

小鳥「…ん? どうかしましたか?」

P「あの…この間は、ひどいことを言ってしまって、本当にすみませんでした…」

小鳥「え? あ、あぁ! い、いえいえ、私もその、色々無神経で…ごめんなさい」

P「小鳥さんが謝ることじゃありませんよ、偉そうに言って、
  俺の方が子供だっただけですから…」

小鳥「…」

P「…」

小鳥「…だったら、…」

P「?」


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:18:37.61 ID:OkrPJIB70
小鳥「…子供だったら、甘えても良いですよ。
   疲れてるときも、あるでしょう?」

P「甘えても、って、…」

小鳥「私、考えたんです。
   プロデューサーさんのことを、私自身どう思ってるのか」

P「…」

小鳥「でも、それよりも、私がプロデューサーさんに、何をしてあげられるかを、
   それを考えた方が良いって…春香ちゃんや美希ちゃんや、
   律子さんやあずささんに教えて貰いました。

   …私は、皆みたいに、表に出て頑張ることはできません。
   だから、プロデューサーさんのことを、
   後ろから、ちょっとお手伝い出来たら、って思ったんです。
   プロデューサーさんに、頼りにして貰えるように、私なりに頑張ろうって」


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:25:01.99 ID:cgrIO1N90
P「小鳥さん…」

小鳥「だから、もし…その、プロデューサーさんが、…疲れてるなら…
   ひ、ひざまくら!…ぐらい、します、よ…?」

P「ぶっ…な、なんで膝枕なんですか…」

小鳥「だ、だって、前にプロデューサーさん、言ってたじゃないですか、
   私に膝枕してほしいって!」

P「いや、あれは酔ってて…と言うか、小鳥さん、嫌がってたじゃないですか」

小鳥「そりゃ、あの…余計な、お肉が…その…と、とにかく!
   もし、もしですよ? プロデューサーさんが、構わないなら、こんなのでよければ、…」

P「…小鳥さん、そんなこと言ったら、…今から頼みますよ?」

小鳥「い、いまからですか?
   で、でも、終電が…」

P「…」

小鳥「…?」

P「あー、もう、なんでこんな…」

小鳥「ぷ、プロデューサーさん…?」


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:26:03.34 ID:7DfAlVkd0
切ない


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:36:48.55 ID:RsICwm5q0
P「あんな、格好悪いことまで言って、吹っ切れた…いや、振られたつもりになろうとしたのに、
  なんでこう…小鳥さんは、そんなこと言うんですか」

小鳥「え、ええっ、な、何でって言われましても!」

P「…今度も、思わせぶり、ですか?」

小鳥「違います!
   …ち、違います。
   私は、私にできることなら、できるだけのことを、したいんです」

P「じゃあ…膝枕、お願いします」

小鳥「は、…はい」

P「朝まで」

小鳥「えっ! あ、…わ、わかりました!」

P「…途中で抱き枕に変更してもらうかもですが」

小鳥「だきっ…、…こ、こんな、ぶよぶよで、よければ、その…
   う、うまくできるか!わかりませんが…」モジモジ


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:39:52.00 ID:rJKEifXk0
P「…」

小鳥「…」

P「ダメだ、もう我慢できん」ギュッ

小鳥「ひゃああっ! ちょ、プロデューサーさん! まず、膝枕のはずじゃ」

P「…」ギューッ

小鳥「も、…もう、…あ、甘えんぼなんですね、プロデューサーさんは…」ナデナデ






終わり。


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:40:44.97 ID:rJKEifXk0
ID変わりまくってたが、一応全部自分。
なんとかならんかな、この仕様。


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:41:04.97 ID:vyD6Jg4wO
イイハナシダナー


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:41:28.07 ID:QEh+Tkm60
鳥つければ解決




68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/10(日) 17:41:38.51 ID:SEf7wpyB0
なぜ小鳥さんは可愛いのか


転載元

P「でも小鳥さんって別に俺のことが好きなわけじゃないですよね」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1384061987/







関連記事
2013/11/11 17:34 | CM(7) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/11/11 19:45 ]
  2. ピヨちゃんが可愛いのは宇宙の真理
    2X歳処女可愛いよ
  3. 774@いんばりあん [ 2013/11/11 20:01 ]
  4. やっぱりアイマスの正ヒロインは小鳥さんピヨ
  5. 774@いんばりあん [ 2013/11/11 21:26 ]
  6. 何か自分も心が痛かった
  7. 774@いんばりあん [ 2013/11/12 02:00 ]
  8. やっぱり小鳥さんナンバーワン
  9. 774@いんばりあん [ 2013/11/13 00:34 ]
  10. 何か考えさせられるな…
  11. 774@いんばりあん [ 2013/11/17 00:38 ]
  12. いい大人で同僚なのに、確証もなく「好きですつきあってください」
    てきな告白は無理だよ

    どの距離感まで許されるのか、雰囲気で伝えないと酷であるぞ

  13. 774@いんばりあん [ 2014/08/09 10:58 ]
  14. てか小鳥さんってぶよぶよってよりスタイル圧倒的に良いし太ももも細すぎず太すぎず良い肉付きしてるし顔も美形で整ってるのに何故モテないのか
    性格も申し分なしの聖人だしな
    まあ、趣味がアレだけどさ

    んー、なんでやろ・・・小鳥さんみたいな妻が居たら最高だと思う、てか10歳以上差あっても結婚したいレベルだろ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング