HEADLINE

リーネ「買い物するならブリタニアデパートで。屋上遊園地もあるよ」

tibn39opw.jpg


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 17:20:41.93 ID:ZfYZkx0O0
―宮藤の部屋―

芳佳「うーん……」

リーネ「芳佳ちゃん、そろそろ訓練の時間だけど」

芳佳「あ、うん。すぐに行くよ」

リーネ「どうかしたの? 悩んでたみたいだけど」

芳佳「そろそろ色々と買い揃えないとなぁって思ってたの。着替えもないし。いつまでも坂本さんやバルクホルンさんにズボンの替えを借りるわけにもいかないし」

リーネ「そっか。ごめんね、芳佳ちゃん。買い物できるところに案内するって最初に約束してたのに……」

芳佳「いいの、いいの。毎日訓練ばっかりで大変だったし」

リーネ「芳佳ちゃん。今度のお休みの日に買い物行こうよっ。近くに大きなデパートもあるんだよ」

芳佳「デパート?」

リーネ「衣服や食料、雑貨、ラジオなんかの機器もあるし、屋上には遊園地もあるの」

芳佳「遊園地!? すごい!! 行ってみたい!!」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 17:26:08.63 ID:ZfYZkx0O0
―滑走路―

美緒「買い物?」

芳佳「はいっ! 今度のお休みに外出許可をください!!」

美緒「どこまでいくつもりだ?」

リーネ「ブリタニアデパートです」

美緒「あそこか。構わないぞ」

芳佳「ぃやったぁ!」

リーネ「ありがとうございます」

美緒「我々もよく利用するしな」

芳佳「そうなんですか?」

美緒「特にルッキーニとエイラは暇さえあれば足を運んでいるようだが」

芳佳「ルッキーニちゃんとエイラさんが……」

リーネ「芳佳ちゃん、折角だからたくさん買い物しようね」

芳佳「うんっ」

美緒「さ、訓練だ、訓練。走れっ」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 17:30:22.82 ID:ZfYZkx0O0
―食堂―

リーネ「これが広告だよ」

芳佳「わぁぁ……。いっぱいあるんだねぇ。扶桑にも似たようなところはあるけど、ここまで大きいのはないよぉ」

リーネ「そうなんだ」

芳佳「目移りするぅ」

シャーリー「あー。ハラへったぁ」

リーネ「シャーリーさん。今、用意しますね」

シャーリー「いいよ。自分でやるから。宮藤と話してろって」

リーネ「そ、そうですか?」

シャーリー「ふんふーん」

芳佳「リーネちゃん、リーネちゃん。台所用品なんかもあるよね?」

リーネ「勿論だよ。無いモノがないって言ったほうがいいかも」

芳佳「すごーい。今からたのしみぃー」

シャーリー「何が楽しみなんだ?」

芳佳「今度のお休みにデパートにいくことになったんですよー」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 17:38:09.88 ID:ZfYZkx0O0
シャーリー「ブリタニアデパートか?」

リーネ「はい。芳佳ちゃんはまだ行ったことがないんで、私が案内をすることになったんです」

シャーリー「そうかぁ。あそこはいいぞぉ、宮藤ぃ?」

芳佳「どんなふうにですか?」

シャーリー「そうだなぁ。一言でいうなら飽きない。一日中遊べる」

芳佳「へぇぇ……」

シャーリー「まぁ、私の場合は工具と部品が売っている階を練り歩くだけなんだけどね」

芳佳「洋服とか見ないんですか?」

シャーリー「それはルッキーニと一緒に行ったときぐらいかな。服を買う場所は決めてるから」

芳佳「シャーリーさん、お洒落そうですもんね」

シャーリー「あそこはいい物もあるから、買ってもいいんだけどね」

リーネ「そういえばルッキーニちゃんもよく行っているって坂本少佐が言ってましたけど、シャーリーさんはいつも一緒ってわけじゃないんですか?」

シャーリー「最初のうちはよく行ってたね。一時期、ルッキーニは屋上の遊園地に病み付きになってたから。ブレーキ役がいないと帰ってこなかったぐらいにね」

芳佳「そ、そんなに楽しいところなんですか?」

シャーリー「宮藤も気をつけろよ?」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 17:44:02.96 ID:8Wdsm5rR0
アメリカ人なのにオシャレなシャーリー可愛い


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 17:44:12.55 ID:ZfYZkx0O0
芳佳「もし帰れなくなったら……どうしよう……」

リーネ「その心配はないと思うけど、不安なら遊園地は行かないほうがいいかも」

芳佳「そ、それはそれで……」

リーネ「芳佳ちゃん……」

芳佳「リーネちゃん、もし私に万が一のことがあったら止めてくれる?」

リーネ「うーん……自信ないよ。そうなったら私も一緒に遊んじゃうかも……」

シャーリー「あははは。かわいいなぁ、二人とも」

芳佳「だ、だって……」

シャーリー「なら、誰かに引率を頼めばいいんじゃない? 頼れる年上とかにさ」

芳佳「それなら……」

リーネ「やっぱり、坂本少佐かなぁ?」

芳佳「ミーナ中佐やバルクホルンさんもいいよね」

シャーリー「……」

芳佳「あ、シャーリーさんはどうですか?」

シャーリー「え? 私か? まぁ、頼れる年上っていったら、私になるかな。うん」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 17:51:21.90 ID:ZfYZkx0O0
ミーナ「宮藤さんとリーネさんの引率?」

美緒「はじめてのおつかいじゃあるまいし」

シャーリー「でも、ほら、道に迷う可能性も」

ミーナ「そのためにリーネさんが案内するんじゃないの?」

リーネ「そうなんですけど……」

芳佳「だけど、坂本さん。私がルッキーニちゃんみたいになったら誰かが傍にいないと大変なことになりますよ」

美緒「ルッキーニ?」

ミーナ「ほら。以前にルッキーニさんが遊びすぎてデパート内に閉じ込められたことあったでしょう?」

美緒「あいつが閉店の時間に気が付かなかったときか。あのときは各所から苦言を呈されたな」

シャーリー「まぁ、そういうわけで、いいですか?」

美緒「宮藤。自制する自信がないということだな」

芳佳「はい」

美緒「……」

ミーナ「こうはっきり言われると、不安になるわね……」

美緒「一考しよう。ルッキーニの二の舞は御免だからな」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 17:57:11.79 ID:ZfYZkx0O0
―ブリーフィングルーム―

美緒「――というわけで、貴重な時間をお前たちにも割いてもらったわけだが」

エイラ「はいはいはいはい!!!」

ミーナ「エイラさん、どうしたの?」

エイラ「年上でいいなら、私がやるっ」

美緒「お前がこういうことで張り切るとはな」

エイラ「よし。決まりダナ」

サーニャ「エイラ、ただ遊びにいきたいだけじゃ……」

エイラ「ち、ちがうぞ!!」

サーニャ「最新のメダルゲームが設置されたって昨日言ってたし……」

エイラ「あぁ!! それとこれとは関係ないってぇ!!」

美緒「……」

バルクホルン「少佐。私が引き受けても構わないが」

美緒「おぉ。そうか」

バルクホルン「シャーリーに引率させれば大幅に予定が狂うだろうからな」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:04:06.28 ID:ZfYZkx0O0
シャーリー「なんだよ? そんなわけないだろ」

バルクホルン「知らないとでも思っているのか?」

シャーリー「な、何がだよ?」

バルクホルン「ルッキーニにあそこでの遊び方を教えたのは、他ならぬお前だろう。リベリアン」

シャーリー「……っ」

バルクホルン「リーネはともかく、宮藤にとっては未踏の地だ。お前が余計なことを吹聴することも十分に考えられる」

バルクホルン「そうなれば、第二のルッキーニが生まれるだけだ」

シャーリー「だから、そうならないようにだな……!!」

エーリカ「かといって、トゥルーデと一緒じゃ堅苦しすぎて、宮藤とリーネも楽しめないんじゃないのか?」

バルクホルン「買い出しで楽しむ必要があるのか?」

エーリカ「楽しく買い物したいよねぇ? 宮藤ぃ?」

芳佳「あはは……」

バルクホルン「何を言っているんだ、全く。いいか? 私物となるものを買いに行くにしても、軍人として規律ある行動を心がけてだな――」

美緒「バルクホルンに任せるのも、シャーリーに任せるのも一長一短か」

ミーナ「この際、美緒が引率してみたらどうかしら?」


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:08:19.88 ID:exeU9fof0
ミーナ以外の歳上組に不安しか無い


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:09:33.32 ID:ZfYZkx0O0
美緒「私か? しかしな……」

ペリーヌ「ダメですわ!! そんなこと!!!」バンッ!!

リーネ「きゃっ!? ど、どうしてですか?」

ペリーヌ「そ、それは……」

美緒「ペリーヌの言うとおりだ。私は買い物のアドバイスなどできないからな」

ミーナ「あら? それはリーネさんの仕事でしょう?」

リーネ「え?」

美緒「私は傍にいるだけでいいということか」

ミーナ「そうよ」

美緒「うむ……」

ルッキーニ「結局、誰が一緒にいってくれりゅのぉ?」

エーリカ「当日、ついていくのは誰だっけ?」

芳佳「私とリーネちゃんです」

エイラ「あと、エイラさんダナ」

ルッキーニ「ルッキーニちゃんもだよぉー」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:14:23.01 ID:ZfYZkx0O0
美緒「……」

エーリカ「ハルトマン中尉も一緒ですよー」

バルクホルン「何を言っている、ハルトマン?」

美緒「……ミーナ」

ミーナ「なに?」

美緒「引率、頼めるか?」

ミーナ「わ、私が? 駄目よ。仕事もあるし」

美緒「いいじゃないか。息抜きだと思えば」

ミーナ「美緒……」

シャーリー「こら、エイラとルッキーニは違うだろ?」

リーネ「そ、そうですよぉ」

エイラ「なんだよぉー。差別すんなぁ」

ルッキーニ「つれていってー!!」

エーリカ「あそこの地下にさぁ、新しいケーキ店が出来たんだって。知ってた?」

芳佳「え!? そうなんですか!?」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:20:38.98 ID:ZfYZkx0O0
美緒「では、宮藤、リーネを引率するのはミーナで決定だ。二人ともミーナの言うことを聞くようにな」

芳佳・リーネ「「了解」」

バルクホルン「……」

シャーリー「あぁー。新しい工具が入ってないか見ておきたかったんだけどなぁ」

芳佳「ありがとうございます、ミーナ中佐」

ミーナ「いいのよ。楽しみましょうね」

リーネ「はいっ」

エイラ「なぁなぁ。私はメダルゲームコーナに行っててもいいよなぁ?」

ルッキーニ「あたしは屋上ー!! にひぃ!!」

エーリカ「やったぁー。ケーキだぁ! おかしだぁ!!」

サーニャ「たのしみ……」

美緒「おい。名前を呼ばれなかった者は全員、待機だぞ」

エイラ「私の魔法させ使えば、開店から閉店までメダルゲームで遊べるんダ」

ルッキーニ「にゃは!! エイラ、メダルちょっとわけてー!!」

美緒「……」


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:26:16.04 ID:ZfYZkx0O0
―数日後 食堂―

ミーナ「二人とも朝食を済ませたらすぐに外にきてね。車の用意しておくから」

芳佳「あ、はい!」

リーネ「ありがとうございます」

ミーナ「いいのよ。それじゃ、待っているわね」

芳佳「いそごっ、リーネちゃん! ミーナ中佐を待たせちゃ悪いし!!」

リーネ「う、うん!! はむっ……はむっ……」

エイラ「たのしそうだなぁ……」

ルッキーニ「よしかたちばっかりずりゅいー」

美緒「お前たち。ゲンコツが足りんようだな」

ルッキーニ「あにゃ!?」

エイラ「ジョウダン ニ キマッテルダロ」

美緒「宮藤、くれぐれもミーナには迷惑をかけないようにな」

芳佳「気をつけます」

リーネ「はむっ……はむっ……」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:31:55.63 ID:ZfYZkx0O0
―格納庫―

ペリーヌ「よっと……」

シャーリー「今から訓練か?」

ペリーヌ「ええ。あら、シャーリー大尉はこの時間はまだ……」

シャーリー「ああ。車の整備をしてたんだ。宮藤たちのためにね」

ペリーヌ「そうでしたの。もう出発されたのですか」

シャーリー「今しがたな。本当に楽しそうだったよ。まるでピクニックにでもいくのかってぐらいな」

ペリーヌ「そうでしょうね。宮藤さんなんかはそういったことをしているほうがお似合いですし」

シャーリー「軍人らしくないってことか?」

ペリーヌ「別に」

シャーリー「それを言ったらペリーヌだって、デパートの遊園地で遊んでても違和感がないと思うけどな」

ペリーヌ「わたくしは宮藤さんのようにお子様ではありませんわっ!!」

シャーリー「はいはい」

バルクホルン「シャーリー、ペリーヌ。ハルトマンを見なかったか?」

シャーリー「え? いや、見てないけど?」


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:38:27.55 ID:ZfYZkx0O0
―街道 車内―

芳佳「あの、ミーナ中佐。一階から順番に見ていくのって大丈夫ですか?」

ミーナ「そうね。あそこは広いし、ゆっくり見ていたら日が暮れるかもしれないわね」

芳佳「そうですかぁ……」

リーネ「見たいところを重点的に見ていって、あとはついででいいんじゃないかな?」

芳佳「それしかないよね」

ミーナ「うふふ。残念そうね」

芳佳「そういうわけじゃ……」

ミーナ「できるだけゆっくりしても構わないわよ。坂本少佐も時間はかけていいって言っていたでしょう?」

リーネ「それだとミーナ中佐に迷惑を……」

ミーナ「あら、引率を頼んでおいて今更そんなことをいうのかしら?」

芳佳「あ、すいません……」

ミーナ「ふふっ。冗談よ。私も久しぶりに羽を伸ばせるから、出来る限り時間を使いましょう?」

芳佳「は、はい!!」

ミーナ「あら? 通信が……。はい、こちらミーナ。どうかしたの? え? ハルトマン中尉?」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:43:18.75 ID:ZfYZkx0O0
―基地 通信室―

バルクホルン「そうか、わかった。いや、大したことはない。少し姿が見えなくなって、もしやと思っただけだ。ああ、楽しんできてくれ」

美緒「どうだ?」

バルクホルン「一緒ではないようだ」

美緒「そもそもミーナがそんなことを許すはずもないだろうがな」

バルクホルン「ハルトマンのやつ、どこへ消えたんだ。いつもなら惰眠を貪っているはずなのに」

美緒「ふむ……」

シャーリー「ダメだ。どこにもいないよ」

ペリーヌ「お風呂場にもサウナにもいませんでしたわ」

美緒「そうか」

シャーリー「付いていったわけじゃないよな?」

バルクホルン「ミーナに確認をとったが、一緒ではないそうだ」

ペリーヌ「まぁ、いくらハルトマン中尉でもそのようなことをするとは思えませんわね」

美緒「……シャーリー。ルッキーニは一緒じゃないのか?」

シャーリー「ルッキーニ? さぁ……。どっかで寝てるんじゃないですか?」


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:48:07.35 ID:ZfYZkx0O0
―ブリタニアデパート 駐車場―

リーネ「ここだよ、芳佳ちゃん」

芳佳「わぁー!! すごーい!!! おおきいー!!! 本当になんでもありそー!!!」

リーネ「ほら、上を見て」

芳佳「おー!! 観覧車だぁー!!!」

リーネ「結構、大きいでしょ?」

芳佳「うんっ!! 最後に乗ろうね!!」

リーネ「勿論だよ」

芳佳「ぅわぁーい!!」

ミーナ「二人ともあまり騒がないでね。他のお客さんもいるのだから」

芳佳「あ、すいません」

ミーナ「さ、どこから行く?」

芳佳「あの、服を!! 新しいズボンも欲しいんです!!」

ミーナ「分かったわ。行きましょう」

芳佳「わーい。たのしみー」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:54:27.40 ID:ZfYZkx0O0
―衣服売り場―

リーネ「ここがデパートの4階、服を売っているところだよ」

芳佳「いっぱいあるぅー!!」テテテッ

ミーナ「宮藤さん」

芳佳「す、すいません……つい……」

ミーナ「私は向こうのほうを見てくるわね。何かあったら呼んで」

芳佳「え? ミーナ中佐?」

ミーナ「ふんふふーん」

芳佳「……」

リーネ「ミーナ中佐、昨日の夜真剣に広告を読み漁っていたから……」

芳佳「そ、そうなんだ」

リーネ「ミーナ中佐は大丈夫だから。ほら、私たちも行こうよ。ズボンはこっちだよ」

芳佳「うんっ」

リーネ「あ、ちょっと待って。この服かわいい……」

芳佳「ホントだぁ。リーネちゃんに似合いそう」


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 18:57:16.17 ID:GtksUtiu0
ほのぼのするね


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:02:07.31 ID:ZfYZkx0O0
ミーナ「うーん。こういう服もいいわね。美緒、着てくれるかしら……」

ミーナ「あら、また通信機が……。はい?」

美緒『ミーナ。そちらにハルトマン、ルッキーニ、エイラ、サーニャは居ないか?』

ミーナ「え? いないわよ。何を言っているの?」

美緒『そ、そうか……』

ミーナ「どうしたの?」

美緒『基地から4人が姿を消した……』

ミーナ「なんですって? よく探したの?」

美緒『ああ。基地にいる者たちが総出で探したがどこにもいない』

ミーナ「……」

美緒『……車のトランクは見たか?』

ミーナ「まさか。確認なんてしてないわ」

美緒『ミーナ、もしものときは頼む』

ミーナ「私一人で? そんなの無茶よ……」

美緒『分かっている。すぐに応援を向かわせる。心配するな』


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:06:50.55 ID:ZfYZkx0O0
芳佳「リーネちゃん、これなんてどうかなぁ?」

リーネ「うーん……。芳佳ちゃんはもっとフリルのついた服がいいかも」

芳佳「こんなの着た事ないよー」

リーネ「似合うよー。ベルトもしてみる?」

芳佳「えー? 似合うかなー?」

リーネ「芳佳ちゃんは可愛いから何でも似合うよー」

芳佳「じゃあ、着てみるねっ」

リーネ「うん」

芳佳「すいませーん!! この服、試着させてくださーい!!」

リーネ「芳佳ちゃん、わざわざ言わなくても大丈夫だよ!!」

ミーナ「リーネさん」

リーネ「ミーナ中佐?」

ミーナ「すぐに戻ってくるからここにいてね」

リーネ「え? なにかあったんですか?」

ミーナ「車に忘れ物をしたかもしれないのよ。少し見てくるわ」


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:09:12.69 ID:cV7y9qpv0
この二人はなごむ


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:16:17.68 ID:ZfYZkx0O0
リーネ「忘れ物って……。お金以外に持ってきたものってあったかな……?」

リーネ「……」

芳佳「――リーネちゃん、どうかな!?」バッ

リーネ「わぁ。素敵っ。やっぱり、芳佳ちゃんは何でも似合うね」

芳佳「えへへ。ありがとう。でも、これ、値段みたら結構するんだね……。買おうか悩む……」

リーネ「芳佳ちゃん、お金そんなに持ってきてないの?」

芳佳「かわいい服をいっぱい買っても、着る機会があまりないでしょ? だから……」

リーネ「そっか。扶桑の制服を着てないといざってとき困るもんね」

芳佳「だから、どうしようかなって。無駄遣いはしたくないし」

リーネ「そっか。でも、気に入ったのがあれば買ってもいいと思うよ。お休みの日や気分を変えたいときに着るのもいいし」

芳佳「そうだね。それじゃ、一着だけ買っちゃおうかな」

リーネ「……ねえ、芳佳ちゃん」

芳佳「どうしたの?」

リーネ「ミーナ中佐、何か荷物になるもの持ってきてたっけ? さっき、忘れ物をしたかもっていって駐車場まで戻ったみたいなんだけど」

芳佳「え? 知らない。何も持ってきてなかったと思うけど……?」


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:20:41.23 ID:ZfYZkx0O0
リーネ「様子が変だったんだ、ミーナ中佐の」

芳佳「何かあったのかな?」

リーネ「……そういえばここに来る途中、バルクホルンさんから通信がはいったよね」

芳佳「ハルトマンさんがいないって言ってたね」

リーネ「それと関係してるのかな」

芳佳「どういうこと?」

リーネ「例えば、ハルトマンさんがついてきたとか……」

芳佳「えぇぇ!? そんなこと……」

リーネ「ハルトマンさんならありえそうだけど」

芳佳「それじゃあ、ミーナ中佐はハルトマンさんを探しにいったの?」

リーネ「分からないけど」

芳佳「本当にそうなら大変だよ。リーネちゃん、ミーナ中佐のところに行こう! 私たちも一緒に探そうよ!! バルクホルンさんだって心配してるだろうし!!」

リーネ「でも、買い物……」

芳佳「そんなのあと!! はやくっ!!」

リーネ「あ、芳佳ちゃん!! まってー!!」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:26:13.83 ID:ZfYZkx0O0
ミーナ(結局、トランクの中にもいなかった……)

ミーナ(といっても、私たちが移動してから外に出たのだとしたら、もうこのデパート内に……)

ミーナ「一応、探さないといけないわね……。もう……折角、遊べるとおもったのに……」

ミーナ(まずは二人と合流して――)

ミーナ「……あら?」

ミーナ(宮藤さんとリーネさんはここで試着していたはず……)キョロキョロ

ミーナ「……いない」

ミーナ「宮藤さーん、リーネさーん」

ミーナ「うそ……」

美緒『――ミーナ。応答してくれ』

ミーナ「は、はい!!」ビクッ

美緒『今、そちらにバルクホルンとペリーヌが向かった。合流してくれ』

ミーナ「あ、あの……美緒……」

美緒『どうした? 声が震えているぞ?』

ミーナ「宮藤さんと……リーネさんも……いなくなったのだけど……」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:30:17.50 ID:ZfYZkx0O0
―駐車場―

芳佳「ミーナ中佐、いないねー」

リーネ「入れ違いになったのかなぁ」

芳佳「戻ろうよ」

リーネ「うん」

ペリーヌ「お二人とも!!」

芳佳「あ、ペリーヌさんとバルクホルンさん」

バルクホルン「ミーナはどうした?」

リーネ「それが逸れちゃったみたいで……」

ペリーヌ「はぁ!? 貴方たち何をしていますの!?」

芳佳「ご、ごめんなさい!!」

バルクホルン「ミーナが迷子になったのか?」

芳佳「それは……」

リーネ「どっちだろうね?」

ペリーヌ「まぁ、いいですわ。とにかく行きましょう。ここに4人がいる可能性が高いのですから」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:34:54.34 ID:Dbx1Z+bY0
迷子のミーナさんじゅうきゅうさい


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:36:41.05 ID:ZfYZkx0O0
―1階 食料品売り場―

芳佳「えぇぇ!? ハルトマンさんたちがいないんですか!?」

リーネ「やっぱり……」

バルクホルン「少佐も私もお前たちに付いていったと見ている。ミーナにもそれは伝えている」

芳佳「それじゃあミーナ中佐は今、デパート内を捜索しているんですか?」

バルクホルン「恐らくな」

ペリーヌ「さてと、ルッキーニさんはこういう場所にいるはず……」

芳佳「私たちも探します!!」

バルクホルン「いや、お前たちはミーナと合流しろ。もしかしたらミーナも二人のことを優先して探しているかもしれないからな」

リーネ「そ、そうですね」

芳佳「リーネちゃん、4階に戻ろう!!」

リーネ「うんっ」

バルクホルン「私は暫くここにいるからミーナとともに戻ってきてくれ」

芳佳「わかりました!!」

ペリーヌ「ルッキーニさーん。どこですのー? お菓子なら一つだけ買ってもよろしいですわよー」


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:41:59.68 ID:ZfYZkx0O0
―4階 衣服売り場―

芳佳「ミーナ中佐ー!!!」

リーネ「芳佳ちゃん、しーっ。他のお客さんが見てるから」

芳佳「あ、ごめん」

リーネ「でも、いないみたいだね」

芳佳「どうしよう?」

リーネ「こういうときは同じ場所に留まるほうがいいっていうけど」

芳佳「そっか。ここで待っていればミーナ中佐も見つけてくれるよね」

リーネ「うん」

芳佳「……」

リーネ「……」

芳佳「服を見てても怒られないよね?」

リーネ「うん、それぐらいなら……」

芳佳「えっと、それじゃあ――」

ミーナ「いたっ!! 宮藤さん!! リーネさん!!」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:47:06.90 ID:ZfYZkx0O0
芳佳「あ!! ミーナ――」

ミーナ「心配したでしょう!?」ギュッ

リーネ「むぐっ……!?」

芳佳「ミ、ミーナ中佐……」

ミーナ「ここに居なさいっていったのに……!!」

リーネ「ご、ごめんなさい」

芳佳「あの、何かあったんじゃないかって思って……それで……」

ミーナ「……もう。でも、よかったわ。さ、行きましょう」

芳佳「どこに行くんですか?」

ミーナ「買い物の続きよ。まだ何も買っていないでしょう?」

リーネ「でも、バルクホルンさんとペリーヌさんが合流してほしいって」

ミーナ「もう着たの? ああ、そうね。丁度、それぐらいよね」

芳佳「買い物よりもハルトマンさんたちを探しましょうよ」

リーネ「はいっ」

ミーナ「そうね。それじゃあ、早く見つけて買い物を再開させましょう。――魔法を使うわ」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:53:08.49 ID:ZfYZkx0O0
―7階 遊戯場―

エイラ「……ここだ」ピッ

ルッキーニ「おぉぉ!! いっぱいでてきたぁー!!!」

エイラ「ダロ?」ジャラジャラジャラ

ルッキーニ「エイラ、メダルわけてー!!」

エイラ「もってけもってけ。いっぱいあるからな」

ルッキーニ「にゃはははー!!」

エイラ「億万長者ダー」

ルッキーニ「さいこー!!!」

ミーナ「私にも分けてくれるかしら?」

エイラ「いいぞ、いいぞ」

芳佳「わー。メダルが取り出し口にあふれてますよぉー」

エイラ「私が魔法を使えばこれぐらい余裕だかんな」

ミーナ「本当に凄いわね。エイラさん?」

エイラ「ダロー? あははは――」


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:55:37.05 ID:lfqCi4d50
あちゃー


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:55:37.66 ID:Dbx1Z+bY0
こええw


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:57:59.11 ID:cV7y9qpv0
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:58:32.18 ID:ZfYZkx0O0
リーネ「こっちです」

ペリーヌ「もう見つかりましたの?」

バルクホルン「ペリーヌの予想に反して上階に来ていたのか」

ペリーヌ「申し訳ありません……」

リーネ「いえ。ミーナ中佐がいうにはルッキーニちゃんとエイラさんだけみたいで――」

「うぇぇぇぇぇぇん!!!!!」

ペリーヌ「あら、迷子かしら?」キョロキョロ

バルクホルン「この声は……ルッキーニだ」

リーネ「あっちです!!」

ルッキーニ「ごめんなざぁぁぁぁい!!!!」

エイラ「やめてくれぇ……もうゆるしてくれぇぇ……ぐすっ……わるかったぁ……」

ミーナ「顔をあげなさい」

芳佳「あの、ミーナ中佐……そのへんで……」オロオロ

バルクホルン「ミーナ!!」

ペリーヌ「こ、これは……お、おぞましい……」


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 19:58:42.49 ID:lfqCi4d50
これは自室禁固だな


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:04:42.45 ID:ZfYZkx0O0
リーネ「あぁぁ……」

ルッキーニ「うえぇぇぇん!!!」

ミーナ「静かにしなさい。他のお客さんに迷惑でしょう?」

ルッキーニ「うじゅっ」ビクッ

ミーナ「……」

バルクホルン「ミーナ。もういいだろう」

ミーナ「よくありません。貴方たち、坂本少佐やバルクホルン大尉を心配させて楽しいの?」

エイラ「……」

ルッキーニ「ごめっ……なさ……」

ミーナ「それに今日は――」

サーニャ「エイラー、メダルわけて」テテテッ

芳佳「サーニャちゃん……!?」

サーニャ「あ……」

ミーナ「……ここでは目立つわね。三人とも人目につかないところに行きましょうか?」

サーニャ「……」


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:05:39.27 ID:lfqCi4d50
サーニャンが怒られるとこ想像出来ねえな・・・


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:06:10.77 ID:Dbx1Z+bY0
さーにゃ…


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:10:08.48 ID:ZfYZkx0O0
芳佳「バ、バルクホルンさん、止めてください……」

バルクホルン「無理だ。完全にスイッチが入っている」

リーネ「そ、そんな……」

ペリーヌ「自業自得ですわ。まぁ、少し可哀相ですけど。それよりも残るは……」

バルクホルン「ハルトマンだけだな。こうなったら、奴もここにいるはずだ」

ペリーヌ「この階にはいないようですが……」

バルクホルン「神出鬼没だからな、あいつは」

芳佳「そういえばハルトマンさん、地下のケーキ店がどうのって言っていた気がしますけど」

バルクホルン「地下か。ペリーヌ、いくぞ」

ペリーヌ「はい」

リーネ「……でも、サーニャちゃんまで一緒なんてどうしたんだろう」

芳佳「誘われたのかな……」

リーネ「誰に?」

芳佳「ハルトマンさんかエイラさんに。サーニャちゃん、断りきれなくて……とか」

リーネ「……」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:11:09.33 ID:lfqCi4d50
黒リーネ


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:14:04.83 ID:FDW8nLe3i
サーニャワロタ


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:17:42.14 ID:ZfYZkx0O0
ミーナ「――お待たせ、二人とも」

芳佳「ミーナ中佐!! あの、みんなは……?」

ミーナ「みんな聞き分けが良いから、分かってくれたわ」

リーネ「そ、そうですか」

芳佳「あの、どうしてみんなは付いてきちゃったんですか?」

ミーナ「……ルッキーニさんとエイラさんはどうしても遊びたかったそうよ。最近、ここへは来てなかったから」

リーネ「サーニャちゃんは?」

ミーナ「サーニャさんは宮藤さんと一緒で一度も来た事がなかったから、つい一緒に来てしまったみたいね」

芳佳「それじゃあ、ずっと前から……私が来る前から行きたかったってことですか?」

ミーナ「そういうことね」

芳佳「……」

バルクホルン『ミーナ。応答してくれ』

ミーナ「どうしたの?」

バルクホルン『地下1階でハルトマンを拿捕した。新しくオープンしたケーキ店に来たかったそうだ』

ミーナ「すぐに行くわ。逃がさないようにね」


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:27:09.84 ID:ZfYZkx0O0
―駐車場―

ミーナ「それではバルクホルン大尉、4人の護送は任せます」

バルクルン「了解。この車両を使わせてもらうが構わないか?」

ミーナ「そうね。3時間後に迎えにきてもらえれば」

バルクホルン「よし。行くぞ、お前たち」

ルッキーニ「うじゅぅぅ……」

エイラ「ごめんな、サーニャ……わたしのせいで……」

サーニャ「いいえ。覚悟の上だったから」

エーリカ「……」

ペリーヌ(中尉……表情に生気が感じられませんわ……)

ミーナ「――宮藤さん、リーネさんっ。買い物を続けましょうか」

芳佳「……あのぉ。帰ります」

ミーナ「え……?」

バルクホルン「宮藤、何を言っている? 今日はお前のためにこうして……」

芳佳「私、自分のことしか考えてませんでした。私がずっと楽しそうにしてたから、ルッキーニちゃんたちは堪え切れなくなって……こんなことを……」


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:29:42.43 ID:Dbx1Z+bY0
よしかちゃんprpr


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:32:45.74 ID:ZfYZkx0O0
リーネ「芳佳ちゃん!?」

ミーナ「宮藤さんが責任を感じることなんてないのよ?」

芳佳「責任とかそういうんじゃなくて……。私だけが楽しんでも、楽しくないっていうか……」

ペリーヌ「貴女はただ買い物に来ただけでしょう? 何を言っていますの?」

芳佳「私は楽しく買い物がしたいです」

バルクホルン「宮藤。あのな……」

芳佳「わ、わかってます。これは私の我侭です。でも、もう買い物をする気にはなれないんです……すいません……」

ミーナ「……」

リーネ「芳佳ちゃん……」

芳佳「ごめんなさい。ミーナ中佐。ごめんね、リーネちゃん」

ペリーヌ「貴方たちの所為ですわよ?」

エイラ「うぐっ……」

サーニャ「すいません」

ルッキーニ「ごめぇぇぇん……よしゅかぁぁ……」

芳佳「いいの。また今度のお休みに来るから。さ、帰ろうよ。ルッキーニちゃん」


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:33:32.69 ID:lfqCi4d50
凄く不安定な運転
やっぱりシャーリーが1番


71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:37:13.46 ID:ZfYZkx0O0
バルクホルン「……仕方ない。だが、車は定員オーバーだ。どちらにせよ宮藤たちは待っていろ」

芳佳「はいっ」

バルクホルン「ハルトマン。運転を頼むぞ」

エーリカ「はい……」

ペリーヌ「ほら、お乗りなさい」

エイラ「あぅ……」

バルクホルン「すぐに戻ってくる。待っていてくれ」

ミーナ「ええ」

バルクホルン「全員、乗ったか? さ、いけっ」

エーリカ「りょうかぁい……」

芳佳「……」

リーネ「芳佳ちゃん、気にすることなんてないのに」

芳佳「ごめんね。観覧車はまた次の機会に乗ろうね」

リーネ「……うんっ」

ミーナ「はぁ……」


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:43:01.05 ID:ZfYZkx0O0
―基地 格納庫―

バルクホルン「ほら、しっかり歩け」ドンッ

エーリカ「うぁぁ……」ヨロヨロ

美緒「戻ったか。随分とやられたようだな」

バルクホルン「仕方ないだろう」

シャーリー「ルッキーニっ」

ルッキーニ「シャーリー……」

シャーリー「せめて私に一言告げてからじゃないと擁護できないだろ」

美緒「そういう問題ではない」

バルクホルン「シャーリー。宮藤たちを迎えにいってくれ」

シャーリー「は? まだ買い物の時間だろ? もう終わったのか?」

バルクホルン「宮藤がハルトマンたちを気の毒に思ったらしくてな。もう買い物はいいと」

美緒「……困った奴だな」

エイラ「反省してる」

美緒「お前ではない。宮藤だ。――シャーリー、車を回せ。私も運転する」


74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:45:47.83 ID:9nGgEGyF0
支援ですわ


75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:48:31.07 ID:ZfYZkx0O0
―ブリタニアデパート 駐車場―

芳佳「……」

ミーナ「宮藤さん? 屋上が気になるならせめて遊んでからでも……」

芳佳「え? そんな!! いいですよぉ!!」

ミーナ「我慢しなくても……」

芳佳「我慢なんてしてません。ここならいつでも来れますし」

ミーナ「そうだけど」

リーネ「あ、来たよ!」

ミーナ「あら……? どうして二台も……?」

芳佳「……?」

美緒「――みやふじー!!!」

芳佳「坂本さん!?」

ミーナ「美緒!? どうしたの!?」

美緒「迎えにきただけだ。全員でな」

リーネ「全員でって……」


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:54:31.03 ID:ZfYZkx0O0
シャーリー「よー。宮藤、リーネ。買い物まだなんだろ? なら、行ってきなよ」

芳佳「で、でも……もう……」

美緒「全員がここで遊べればお前も満足だろう?」

芳佳「えぇぇ!?」

ミーナ「美緒!! 何を言っているの!? いつネウロイの襲撃があるのかわからないのに!」

美緒「心配するな。万が一のために後ろの車両にはストライカーユニットを積んである」

ミーナ「何もそこまで……」

美緒「二度はしないさ。だから今回は特例として許してくれ。私も新しい服が欲しいと思っていたところだったんだ。はっはっはっは」

ミーナ「知っているわ。だから、私が買っていこうと……思って……」

美緒「宮藤。服はどこに売っている?」

芳佳「え? え? あのー!?」

美緒「リーネもいくぞ!! はっはっはっは!!!」

リーネ「ま、まってー!!!」

ミーナ「あ……」

シャーリー「中佐も一緒にどうぞ。こっちの引率は私とバルクホルンでやりますから」


82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 20:59:42.15 ID:ZfYZkx0O0
―衣服売り場―

美緒「ここかぁ。私にぴったりの服はどこにあるんだ、宮藤?」

芳佳「坂本さん……」

美緒「どうした?」

芳佳「私のためだけにこんなことしなくても」

美緒「自惚れるな」

芳佳「え?」

美緒「お前一人のためだけに全員が基地を離れるものか」

リーネ「坂本少佐、それって……」

美緒「なぁ、ミーナ? 我々はそんなに甘くはないな?」

ミーナ「え、ええ……」

美緒「話し合った結果だ。全員がここに来たいと申し出た。ならば、一回ぐらいはいいだろうと私が判断した。お前のためではない」

芳佳「……」

リーネ「芳佳ちゃん。選ぼうよっ。私も一緒に探すから」

美緒「できれば私のも見繕ってくれ」


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:05:53.99 ID:ZfYZkx0O0
リーネ「芳佳ちゃーん!! これどうかなー!?」

芳佳「こ、これ……? ドレスみたいだけど……」

リーネ「着るだけ着るだけ」

芳佳「あぁ、リーネちゃん。おさないで」

美緒「うーむ……」

ミーナ「美緒。これなんてどうかしら?」

美緒「おいおい、ミーナ。私にこんな服は無理だ。ルッキーニに勧めてやれ」

ミーナ「あら? そうかしら? 私は似合うと思うけど?」

美緒「腹が丸見えになるぞ」

ミーナ「それがいいんじゃない」

美緒「しかし……」

ミーナ「ほら、試着してみて」

美緒「分かったから、ひっぱるな」

シャーリー「……バルクホルンはいいのか? 見ていかなくて」

バルクホルン「問題ない。いくぞ」


86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:09:20.59 ID:Pn1+qT390
面白い


87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:12:26.17 ID:ZfYZkx0O0
―遊戯場―

シャーリー「ほら、好きなだけ遊んで来い。ここにいるから」

エイラ「……」

シャーリー「どうした? 基地を抜け出してまで遊びたかったんだろ?」

エイラ「無理にきまってるだろー!! 怒られたばっかだぞ!!」

シャーリー「あははは。だろうなぁ。だから、基地にいろって言ったのにさ」

エイラ「そうすると宮藤とリーネが帰ってくるだろ。凄く楽しみにしてたのに」

シャーリー「中佐も熱心に広告みてたからなぁ」

エイラ「……」

シャーリー「こうなること、少し考えれば分かるはずだろ?」

エイラ「すぐに帰るつもりだったんだ」

シャーリー「はいはい」

エイラ「……宮藤とリーネのところに行ってくる」

シャーリー「おぉ。そっか。おーい、バルクホルン。エイラも宮藤たちと一緒に行動したいってさ」

バルクホルン「ルッキーニとサーニャも同意見のようだ。ハルトマンは……勝手についてくるだろう」


88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:20:06.74 ID:ZfYZkx0O0
芳佳「――どうかな?」モジモジ

リーネ「うんっ。こういう大人っぽい服もいいねっ」

芳佳「ありがとう。でも、ペリーヌさんには笑われそう……」

ペリーヌ「では、お望み通りに笑ってさしあげますわ。おーほほほ。まるで似合いませんわ。馬子にも衣装ともいえませんわねぇ」

芳佳「なぁ……!?」

リーネ「ペ、ペリーヌさん!! 芳佳ちゃんに失礼ですよ!!!」

ペリーヌ「リーネさんのコーディネートもそれなりではありますが、ここはわたくしの選んだ服を――」

芳佳「ペリーヌさん!!!」

ペリーヌ「な、なんです!?」

芳佳「リーネちゃんに謝ってください!!! この服、リーネちゃんが一生懸命選んでくれたんですよ!!!!」

ペリーヌ「ちょっと……」

リーネ「芳佳ちゃんに謝ってください!!!」

芳佳「リーネちゃんに謝って!! ペリーヌさん!!!」

ペリーヌ「あぁ……あの……もうしわけありません……」

芳佳「もう!!」


91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:25:10.53 ID:ZfYZkx0O0
シャーリー「おいおいー。静かになー。注目の的だぞー」

芳佳「シャーリーさん。すいません」

ルッキーニ「よっしかぁー!! この服はどうどうー!?」

芳佳「え? これ? こんな水着みたいな服はちょっと……」

エイラ「じゃあ、こっちだ。私も同じ奴もってるんだ」

芳佳「エイラさんまで!?」

サーニャ「芳佳ちゃん、これどう? ナイトウィッチが好んで着るんだけど……」

芳佳「こんな透けてるの無理だよー!!!」

リーネ「あ、あの!! みんな!! 順番に……」

エイラ「リーネもこれどうだ? 胸が強調されるぞ?」

リーネ「い、いやです!!」

エイラ「着るだけ着るだけ」

リーネ「やめてぇー!!」

ペリーヌ「……わたくしの選んだ服……」

シャーリー「少佐たちはどこかなーっと」


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:32:27.22 ID:ZfYZkx0O0
美緒「うーむ……。やはり、腹が冷えそうだな」

ミーナ「そんなこと言わないの」

美緒「背中も見えているしなぁ……」

ミーナ「そこがかわいいのよ」

美緒「分からん。これが流行なのか?」

バルクホルン「私もそういうのはよく分からない。ハルトマンはどう思う?」

エーリカ「ん? まぁ、いいんじゃない?」

シャーリー「お。いたいたー。バルクホルン、向こうが大騒ぎだから頼むよ」

バルクホルン「なに? 何を騒いでいるんだ、あいつらは……」

シャーリー「たのむなー」

美緒「シャーリー、この服装はやはり似合わないだろう?」

シャーリー「いや、いいんじゃないですか? 少佐ならお腹をだそうが、背中を出そうが着こなせてますよ。やっぱり、容姿がかっこいいって大きいですよ」

美緒「シャーリーがそういうなら、真に受けてみるか」

ミーナ「やった。それなら、こっちもどうかしら?」

美緒「ミーナ、待て。私を着せ替え人形にするな」


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:33:57.70 ID:lfqCi4d50
ミーナさんかわいい


95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:35:00.72 ID:cV7y9qpv0
もっさんの腹筋!
もっさんの腹筋!!


96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:39:44.85 ID:ZfYZkx0O0
―雑貨売り場―

芳佳「私専用の包丁が欲しかったんだぁ」

リーネ「そういえば、お鍋も欲しいって言ってたよね」

芳佳「それは基地にあるので十分だけど、包丁はしっくり来るのがなくて」

ルッキーニ「にゃはー。マグカップ買っちゃおうかなー?」

ペリーヌ「まだありますでしょう?」

ルッキーニ「あれには飽きたのー」

エイラ「勿体ないなぁ。壊れるまで使えよ」

サーニャ「エイラ。その枕、買うの?」

シャーリー「あぁー……バルクホルーン……」

バルクホルン「どうした?」

シャーリー「工具、いいのがなかった……」

バルクホルン「そうか」

美緒「ほう? 夫婦茶碗まで置いているのは知らなかったな」

ミーナ「それ、買う?」


97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:42:41.89 ID:2d4X855Z0
サーニャオススメの服…アレか


98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:45:12.07 ID:9nGgEGyF0
ペリーヌ、気にすんなよな


99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:46:54.52 ID:ZfYZkx0O0
芳佳「買えましたー」テテテッ

美緒「よし。では、そろそろ帰るか。いつまでも基地を留守にするわけには行かないからな」

芳佳「はいっ! 今日は楽しかったです!!」

エイラ「色々とわるかったな、宮藤」

芳佳「そんな。エイラさんが選んでくれた服を買えて、私嬉しいですよ? 感謝するのは私のほうですよぉ」

エイラ「そ、そうか?」

ルッキーニ「リーネもあれ着るのぉ?」

リーネ「サーニャちゃんのオススメだから、買ってはみたけど……勇気が……」

エーリカ「もう終わり?」

バルクホルン「十分だろう。早く帰投するぞ」

リーネ「あ、あの!!」

シャーリー「どうした?」

芳佳「リーネちゃん?」

リーネ「う、うえ……に行きませんか……なんて……」

美緒「上? 7階にある遊技場か?」


100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:51:24.18 ID:ZfYZkx0O0
ルッキーニ「んにゃ!?」

ミーナ「ルッキーニさん。目を輝かせない」

ルッキーニ「うじゅ……」

リーネ「い、いえ、屋上、です……」

ルッキーニ「にゃはー!!」

ミーナ「怒りますよ?」

ルッキーニ「すいません……」

バルクホルン「屋上は遊園地だったな。リーネはそこで遊びたいのか」

リーネ「ほんの30分だけでも……い、いえ、10分でもいいんです……」

芳佳「リーネちゃん、もういいよ」

リーネ「み、見るだけでも」

美緒「確か、観覧車があったな?」

ミーナ「ええ。一周するのに10~15分はかかるわね」

美緒「分かった。ならば30分だけだぞ」

リーネ「あ、ありがとうございますっ!!」


102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 21:56:08.14 ID:ZfYZkx0O0
―屋上―

芳佳「わぁぁぁ!!! たのしそー!!!」

リーネ「芳佳ちゃん!! 観覧車にのろ!! はやくっ!!」

芳佳「うん!!」

バルクホルン「少佐。甘いのではないか?」

美緒「二度はない」

バルクホルン「何かあってからでは遅いぞ」

美緒「今更言うな」

ルッキーニ「シャーリー!! こっちー!!」

シャーリー「お、また、アレに乗るのか」

ルッキーニ「コインいれて!! コイン!!」

シャーリー「よっしゃー。いくぞー、ルッキーニ」チャリン

ルッキーニ「うにゃぁー!!!」

エーリカ「なんだあれ?」

ペリーヌ「乗り物を模した遊具ですわ。ああしてコインを入れると一定時間前後左右に動きますの。それだけですわ。何が楽しいのやら……」


103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:00:51.56 ID:ZfYZkx0O0
エイラ「詳しいな、ペリーヌ?」

ペリーヌ「べ、別に。たまたま知っていただけですわ」

美緒「楽しそうだな、シャーリー」

シャーリー「まぁまぁです」

美緒「このジープに乗ってみるか。誰か一緒に乗るか?」

ペリーヌ「わたくし、立候補しますわー!!」

美緒「はっはっはっは。こい、ペリーヌ」

バルクホルン「少佐!!」

美緒「宮藤とリーネはもう観覧車に乗った。じっと待つにしてはここは誘惑が多い。私の行動は自然なはずだ」

バルクホルン「……勝手にしてくれ」

エーリカ「トゥルーデ。向こうにパンチ力測るやつあったけど」

バルクホルン「ほう?」ポキポキ

ミーナ「ちょっと!! 魔法はダメよ!?」

エイラ「サーニャ、メダルゲームあるぞ。いっぱいメダル出してやるから待っててくれ」

サーニャ「うん。お願いね、エイラ」


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:08:20.37 ID:ZfYZkx0O0
―観覧車内―

芳佳「わー!! たかーい!!」

リーネ「いい眺めだね。いつも空を飛んでるけど、また違う感じがするね」

芳佳「うんっ」

リーネ「うふふ」

芳佳「……リーネちゃん、ごめんね」

リーネ「え?」

芳佳「急に帰るなんて言い出して」

リーネ「それは芳佳ちゃんの気持ちを考えれば……」

芳佳「でも、リーネちゃんは私と約束したから、ここまで案内してくれるって言ってくれたのに」

リーネ「いいんだよ、そんなこと。私は芳佳ちゃんが楽しんでくれたらって思って」

芳佳「今度はリーネちゃんのお買い物に付き合うから!!」

リーネ「うんっ。そのときはよろしくね」

芳佳「あ! リーネちゃん、基地がみえるよー」

リーネ「ホントだー」


107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:10:38.48 ID:lfqCi4d50
サーニャ「エイラ…ズルは駄目よ…?」


108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:15:48.23 ID:ZfYZkx0O0
芳佳「もうお終いかぁ。楽しい時間はあっと言う間だもんね」

リーネ「また、一緒にこようね。もう少しゆっくり見たいし」

芳佳「それなら次来るのは今度のお休みにする?」

リーネ「いいの? 貴重なお休みだから考えて使わないと」

芳佳「なに言ってるの?」

リーネ「な、なにが?」

芳佳「リーネちゃんと一緒にお買い物だよ? それ以上に有意義な休日の使い方なんて考えられないよ」

リーネ「……」

芳佳「あれ? リーネちゃん?」

リーネ「芳佳ちゃん」ギュッ

芳佳「は、はい?」

リーネ「大好きだよ」

芳佳「私も。リーネちゃんのこと大好きっ」

リーネ「芳佳ちゃん……」

芳佳「あ、もう着いちゃった。降りないと」


109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:22:04.74 ID:ZfYZkx0O0
美緒「はっはっはっは!! 連コイン!! 連コイン!!」チャリンチャリン

ペリーヌ「少佐との一時が永遠になりそうですわぁ」

シャーリー「おいおい……」

ルッキーニ「シャーリーも連コインして!! 連コイン!!」

シャーリー「ダメだ。終わらなくなるぞ」

ルッキーニ「えぇぇー!?」

バルクホルン「はぁぁぁ……!! せりゃぁぁぁああ!!!!」ドゴォ!!!!

エーリカ「うわぁ!? 数値がおかしくなった!?」

バルクホルン「ふん。計測不能ということか。軟弱な機械だ」

ミーナ「こ、こわれてないわよね?」

エーリカ「どうだろう? まぁ、このまま帰っちゃえばバレないって」

エイラ「サーニャ!! 大フィーバーだぁ!!」ジャラジャラ

サーニャ「エイラ……素敵……」

エイラ「好きなだけ持っていっていいかんなー」

サーニャ「大盤振舞ね、エイラっ」


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:24:15.79 ID:hBhf4OM50
やっぱりエイラは財布なんだよね
しょうがないね


112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:25:48.68 ID:9nGgEGyF0
うーんこのサーニャ


113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:26:34.89 ID:gHUv9PBWi
連コすんなw


114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:27:15.55 ID:ZfYZkx0O0
芳佳「おまたせしましたー!!」

リーネ「ごめんなさーい!!」

シャーリー「おー。戻ってきたかぁ」

芳佳「帰りますか?」

シャーリー「もうちょっと待ってくれ。少佐やエイラが遊び足りないみたいだからさ」

芳佳「そ、そうなんですか」

シャーリー「何かいるか? 折角だから飲み物でも奢ってあげるよ」

リーネ「い、いいですよ」

シャーリー「遠慮しない。どれがいい?」

芳佳「そ、それじゃあ……」

ルッキーニ「エイラー、メダルちょーだーい」

エイラ「いいぞー」

サーニャ「エイラ、500枚もらうね」

エイラ「もってけー」

サーニャ「景品と交換……」テテテッ


115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:30:39.57 ID:cV7y9qpv0
いや景品と交換しちゃダメだろ


116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:30:57.88 ID:zyOOqn6j0
さーにゃんwww


118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:34:37.76 ID:ZfYZkx0O0
―駐車場―

芳佳「あー、たのしかったぁー」

バルクホルン「アレだけ遊べばな」

美緒「私とバルクホルン、シャーリー、ハルトマン、エイラ、サーニャは一足先に基地に戻るぞ。急げ。予定の時間よりも10分遅れている」

ミーナ「坂本少佐。今回の一件は軍規に違反する行為です。それなりの処分は覚悟してください」

芳佳「えぇ!? そ、そんな!?」

美緒「構わん。お咎めなしというわけにはいくまい。あらゆる状況に備えて手を打ってはいたが、ウィッチ全員を基地から離した責任は重大だ」

リーネ「それは……」

美緒「乗ったか?」

バルクホルン「問題ない。出してくれ」

シャーリー「ルッキーニ。またあとでな」

ルッキーニ「あい!」

エイラ「サーニャ? その猫のぬいぐるみ、どうしたんだ?」

サーニャ「エイラのメダルで交換したの。ありがとう、エイラ」

エイラ「なんだ、そうか。大切にしてくれ、サーニャ」


120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:41:40.00 ID:ZfYZkx0O0
ペリーヌ「ミーナ中佐? あの……何卒穏便に……」

ミーナ「大丈夫よ。私も一緒に遊んだんですもの。私も同罪」

芳佳「すいません。私の所為で」

リーネ「ごめんなさい」

ミーナ「やめて、二人とも。楽しい時間をもらったのは私のほうだから」

芳佳「ミーナ中佐……」

ミーナ「いい休暇になったわ。本当に楽しかった。でも、二人が居なくなったときは冷や汗がでたけど」

芳佳「どうしてですか?」

ミーナ「宮藤さんもリーネさんもかわいいから、誘拐されたかと思ったの」

リーネ「ゆ、誘拐なんて……」

ルッキーニ「芳佳はボーっとしてるからありえそー」

芳佳「そんなことないよー!!!」

ペリーヌ「否定はできませんわね……。宮藤さんならお菓子一つでついていってしまいそうですわ」

芳佳「えぇぇー!? ひどーい!!!」

ミーナ「ふふ。ほら、早く乗って。急いで基地に戻るわよ」


121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:45:25.36 ID:ZfYZkx0O0
―基地―

ミーナ「――では、坂本少佐に処分を言い渡します」

美緒「……」

ミーナ「今度、私と一緒に買い物に行くこと」

美緒「ミーナ、ふざけるな」

ミーナ「ふざけてないわ。私と買い物は辛いわよ?」

美緒「お前……」

ミーナ「訓告のほうがいいかしら?」

美緒「表向きはそれで処理してくれ」

ミーナ「了解」

美緒「……行ってよかっただろう?」

ミーナ「またみんなで行きたいわね」

美緒「平和になれば好きなだけいける。あんな近場ではなく。世界中、どこへでもな」

ミーナ「楽しみね。その日が」

美緒「全くだな」


123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 22:51:27.62 ID:ZfYZkx0O0
―食堂―

エイラ「おい、リーネ。サーニャが選んでくれたスケスケのやつどうしたんだよ?」

リーネ「き、着る勇気が……」

シャーリー「おいおい。リーネ、サーニャの気持ちも考えてやれよ」

リーネ「そ、そんなこと言われても」

エーリカ「これかぁ。サーニャん。ナイトウィッチはこんなの着るの?」

サーニャ「はい。ハイデマリー大尉も本来なら夜間哨戒中にもこの服がいいと言っていました」

バルクホルン「夜はナイトウィッチを大胆にさせるという噂は本当だったのか」

ペリーヌ「なんで下品な……」

芳佳「エイラさーん!! 着てみましたー!!」

エイラ「おお! 宮藤、似合ってるゾ」

芳佳「どうですか、バルクホルンさーん!?」

バルクホルン「あ、ああ……いいんじゃないか……?」

芳佳「バルクホルンさん?」

エーリカ「今度はいついけるかなー」


125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:00:19.08 ID:ZfYZkx0O0
―数週間後 格納庫―

エイラ「みやふじー。メダルゲームの新台がでたんだ! 一緒にいかないかー?」

芳佳「えぇ!? でも、お休みじゃないですよぉ」

エイラ「休憩時間にぱっと行って帰ってきたらいいじゃないか」

芳佳「えぇぇ!?」

ルッキーニ「よっしかー、いっしょにいこー!!」

芳佳「ダメだってばぁ」

リーネ「また怒られますよ?」

エイラ「だって、アレから全然行かせてもらえないんだゾ。ストレスたまるって」

ルッキーニ「たまるたまるー」

芳佳「そういわれても……」

エーリカ「なら、こうしない?」

リーネ「ハルトマンさん?」

エーリカ「デパートまでランニングするってことにしちゃえば、合法的に――」

ミーナ「あら、いい方法ね、ハルトマン中尉?」


126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:02:10.30 ID:cV7y9qpv0
ドドドドドドドドドドドド


127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:02:46.41 ID:b0YHcQoO0
ゴゴゴゴゴゴゴゴ…


128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:03:52.82 ID:lfqCi4d50
キュッ


129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:04:04.54 ID:cV7y9qpv0
つーかお店としてはエイラ出禁だろwwwww


132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:08:47.26 ID:W/iY6Lo20
ミーナさんこえぇぇ


133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:08:48.60 ID:ZfYZkx0O0
エーリカ「げ……」

美緒「全く懲りてないのか」

エイラ「だってさぁ。サーニャもまたメダルがいっぱいでるところを見たいっていってるんだ」

ミーナ「あのね……」

芳佳「坂本さん。また、みんなで行きませんか?」

美緒「無理な相談だ。ほら!! 任務や訓練に集中しろ!!!」

ルッキーニ「うぇぇぇん」

芳佳「リーネちゃん!! 訓練始めよう!!」

リーネ「う、うんっ!!」

バルクホルン「……反省はしているようだが、そろそろ限界か」

シャーリー「また逃げ出す前に手は打っておきますか、少佐?」

美緒「いっそのこと、基地の中にメダルゲームの台を設置するか」

ミーナ「坂本少佐」

美緒「冗談だ。ミーナ、なんとか調整してみてくれ。全員は流石に無理だが、半数なら可能だろう?」

ミーナ「やってみるわ」


135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:16:33.32 ID:ZfYZkx0O0
―数日後―

バルクホルン「いそげ!! 時間がないぞ!!」

芳佳「はーい!! リーネちゃん!!」

リーネ「まってくださーい!!」

エーリカ「のったかー? はい、出発ー」

ルッキーニ「あたしもいきたーい……」

シャーリー「来週まで我慢だ」

エイラ「やっぱり残されるほうは辛いよなぁ」

ペリーヌ「子どもなんですから」

エイラ「なんだと?」

美緒「全員で行けるようになるためには、お前たちが強くなるしかない。ということで……」

ルッキーニ「くんれんだー!!!」

美緒「その通りだ!! 平和になればいくらでも買い物させてやる!! 遊ばせてもやる!!! だから、今は耐えて訓練だ!!!」

ミーナ「うふっ。何事も程々にね」


END


136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:17:34.45 ID:I/zB5wbG0
おつ


137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:18:47.46 ID:Kg3GuaIoi
乙乙!


138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:19:48.54 ID:LLJ8WkVP0
お疲れ!!!


139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/18(月) 23:20:19.78 ID:TxbS8EhT0
おつおつ

中佐がメインで絡んでて珍し面白かった


転載元

リーネ「買い物するならブリタニアデパートで。屋上遊園地もあるよ」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1384762841/








関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/11/19 02:25 ]
  2. やっぱりストパンはほっこりする話に限るな
  3. 774@いんばりあん [ 2013/11/19 02:27 ]
  4. この>>1さん最近よく見るね
    ここで言ってもしかたないけど
    多いに捗ってます、ありがとう。
  5. 774@いんばりあん [ 2013/11/19 03:22 ]
  6. 画像はなんなんだよw
  7. 774@いんばりあん [ 2013/11/19 15:06 ]
  8. エイラはメダルがくるのは分かっても鬼が来るのは分からなかったんだな
  9. 774@いんばりあん [ 2013/11/19 16:38 ]
  10. エイラはメダルゲームに集中しすぎて後ろの狼を感知するのが遅れたんだろう
    筐体にたどり着くまではエンカウントをうまく避けていたはず

    それよりも宮藤とリーネ以外は結構な有名人だよな
    騒いでたら人集りできそう
  11. 774@いんばりあん [ 2013/11/20 08:47 ]
  12. サーニャのキャラがおいしすぎるんだよなぁ・・・
     
  13. 774@いんばりあん [ 2013/11/20 16:57 ]
  14. エイラ「あと、エイラさんダナ」

    ルッキーニ「ルッキーニちゃんもだよぉー」



    かわいい
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング