HEADLINE

P「伊織って叩いても『行かないで』って言って泣きつきそう」

2013/11/23 21:23 | CM(3) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 08:36:29.86 ID:6mFJXl6G0
                ____
                  |  |  __`ヽ
                  |  | │ } }
                  |  | └ ’ ノ < wwwwwwwwwwwwワロタwwwwwwww
                ryv|  | iZZ´yァ
           くて`Y⌒Yし勹广ア
          /`ー┴‐┴─┴ ヘ
           〃o -=ニ二三三二ニ=-\
        / ゚=ニ二三三三三三二ニ=ヽ
        .′ニニ三| 生  |三三二ニニハ
          i ニ二三三|  ゴ  三三二ニニニ}
          { ニ二三三|   ミ |三三二ニニ='
    -=ニ三乂‐=二三三三三三三二彡 ノ三ニ=-
     -=ニ三≧=‐------------‐=≦三ニ=-


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 08:37:45.43 ID:fCVuuGqNi
ζ*'ヮ')ζ<ゴミがしゃべってますー



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 09:22:32.67 ID:6mFJXl6G0
P「伊織」

伊織「なによ?」

P「伊織って……俺の事好きか?」

伊織「な、何バカな事言ってるのよ!?///」

P「まぁまぁ。で、どうなんだ?」

伊織「あ、あんたなんか好きなわけないでしょ!!///」

P「そ、そうか……」

伊織「べ、別に嫌いって訳じゃないのよ」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 09:24:55.36 ID:i1ohLHQ90
ほう続けたまえ


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 09:26:53.30 ID:6mFJXl6G0
P「……本当か?」

伊織「本当よ」

P「そっか、良かった」

伊織「な、なんでそんな事で嬉しそうにするのよ!!///」

P「だって伊織が俺の事を嫌ってなかったからさ」

伊織「ふ、ふん」

P「でも、やっぱり……好きって言ってもらいたいなぁ……」

伊織「は、はぁ?///」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 09:34:09.29 ID:6mFJXl6G0
P「や、やっぱりダメか?」

伊織「な、なんで私がそんな事言わなきゃいけないのよー!!」

P「ダメだよな、やっぱり……」シュン

伊織「……う、うぅ……す、好き///」

P「え?」

伊織「だ、だから……好き」

P「伊織」

伊織「な、何よ」

P「俺も大好きだぞ!!」

伊織「……ふん、当たり前でしょ///」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 09:36:52.54 ID:6mFJXl6G0
~一ヵ月後~

P「伊織ー」

伊織「何よ?」

P「好きだぞー」

伊織「わ、分かったから毎日言うんじゃないわよ///」

P「へへへ」

伊織「も、もう///」

P(さて、そろそろ頃合かな……)


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 09:38:36.24 ID:hWayzSgE0
伊織をたぶらかすとはこのP死にたいようだな


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 09:48:26.19 ID:6mFJXl6G0
~次の日~
ガチャ
伊織「おはよ……あら、今日はあんただけなの?」

P「あぁ」

伊織「ふーん……」

P「……」

伊織「……ね、ねえ?」

P「ん、なんだ?」

伊織「なんか……あんた今日大人しいわね?」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 09:57:58.89 ID:6mFJXl6G0
P「そうか?」

伊織「だ、だっていつもなら……」

P「ん?」

伊織「その……す、好きとかなんとか騒ぐじゃない」

P「んー、そうだっけ?」

伊織「そ、そうよ!」

P「……まぁ、アイドルにそんな事を言うのはセクハラだしな。今回を機に止めるよ」

伊織「!?」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 10:03:46.39 ID:6mFJXl6G0
伊織「私は別に気にしないわよ!!」

P「でも律子にも止めろって言われてたし……やっぱり止めとこう」

P「ファンに見られても大変だしな」

伊織「……ふ、ふたりっきりの時なら他の人に見られないじゃない」

P「確かにそうだが、ふいに間違えた時にマズイだろ?」

伊織「そうだけど、でも……」

P「もしかして伊織は……俺に好きって言って欲しいのか?」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 10:10:49.10 ID:6mFJXl6G0
伊織「そ、そんな訳ないじゃない!!」

P「なら無理に別に言わなくてもいいだろ?」

伊織「……」

P「すまなかったな無理に好きだなんて言っててさ」

伊織「……しい」

P「ん?」

伊織「……す、好きって言って欲しい」

P「え? なんだって?」

伊織「~!! わ、私が好きって言って欲しいの!!///」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 10:11:04.59 ID:fCVuuGqNi
ζ*'ヮ')ζ<……


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 10:19:54.63 ID:6mFJXl6G0
P「……ふむ」

伊織「だ、だからこれからも言いなさいよ」

P「……」

伊織「ふたりっきりの時だけでいいから」

P「……俺が言うだけなのか?」

伊織「え?」

P「言って欲しいなら、そういう態度を取るのが普通なんじゃないか?」

伊織「……どうしろって言うのよ」

P「……」

伊織「……ど、どうしたらいいんですか?」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 10:36:10.83 ID:6mFJXl6G0
P「別にそんなかしこまらないでくれよ」

P「俺はただ伊織にも好きって言って欲しいだけなんだ」

伊織「……す、好き」

P「俺も好きだぞ」

伊織「……大好き」

P「俺も伊織の事が大好きだ」

伊織「……///」

P(よし、これを後一週間続けたら次の段階だな……)


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 11:01:05.49 ID:6mFJXl6G0
~4日後~

小鳥「お先に失礼します、あら?伊織ちゃんはまだ帰らないの?」

伊織「ちょ、ちょっとあるのよ」

小鳥「そうなの、じゃあお先にね」ガチャ

P「お疲れ様です」

伊織「……」

P「……」

伊織「ね、ねぇ……好き///」

P(4日でここまで来たか、予想より早いな)


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 11:11:25.82 ID:6mFJXl6G0
伊織「ねぇ、好き大好き」

P「……」

伊織「……ねぇ」

P「伊織」

伊織「な、何よ? 早く言いなさいよ」

P「やっぱり、好きとか言い合うの止めよう」

伊織「え……」

P「よく考えたら、こんな事何の利益にもならないからな」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 11:26:38.86 ID:6mFJXl6G0
伊織「なんでそんな事いうのよ……」

P「意味がないことはやりたくないんだ」

伊織「……意味」

P「あぁ」

伊織「い、いやよ……言いなさいよ……」

P「……」

伊織「言ってよ……いつもみたいに好きって言ってよ……」

P「……」

伊織「お願い、言って……」

伊織「言ってくれたら何でもするから」


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 11:54:07.98 ID:6mFJXl6G0
P「ん? なんでも?」

伊織「……なんでもするから」

P「いま何でもするって言ったか?」

伊織「え、えぇ! なんでもする。なんでもするから好きって言ってほしいの」

P「……殴ってもか?」

伊織「え」

P「伊織のお腹を力いっぱい殴りたいと言ってもか?」


91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 17:20:51.06 ID:hv1uXso30
                /         r三ヽ,  ,. r:'_:_:_ : : : :":':-:.、
                l           l三三ムェェ≡≡三スッェ.、: : :`ヽ、
   な  頭  何     l     _______/j三,.=ィ'^: : : : : : `:'ー:.、三ミッ、: :\
                l、   ヽ三三三r'"、:〈 :,: -:、: : : : : : : : : `ヽ≡ヽ: :ヽ.
   い  お  よ     /    \三/: : :.nV: ,:。 -ー- 、: : : : : : : : :\ミ.: : : i.
                /      /1: : _i^ `~      \: : : : : : : : ヽミi : : :i.
   の  か  こ    /       j: : :.r'l          \ : : : : : : :.':=: : : i
               /       l: : : l ':,        u   ヽ; : i : : : :.i : : :;l
   ?  し  れ    l        .j: : : j.i\\   i          ヽ;l : : : :.l: : : l
               l    ,.、  ;': : :.,' i  l ;メ   ヽ、__,..。 -‐'"  ':i: : : : :i: : : |
       い  !    \  / j  /.: : / ヽ..ノ    l."l ̄ ̄/    j : : : :.j: : :.j
              r'^`  l l /: : :.i ' '         ヽ、....ノ     / : : : /: : : i
.      ん     ,r'^^' ,..,r‐l l./: : : :l.           , , ,   / : : : /: : : :;i
             /  r-l l ni、.|': : : :./:':、  .r'" ̄`ヽ、      /: : : :/: : : : ;i:
       じ   l.   }、 ':,ノl入 `): : :/: : :ヽ、(    └i.    ./: : : /:; ; : : :i:l
           |   〈`'┘ r'" /: : rl: : : : :l:.':..`'ー- 、.,__l  _,. 、/: : : /: i.:i: : : ;i:l
       ゃ   .l    `i,    ,/: : :/.| : : : :h: : :.:.:..-- ー='",. -i/: : :./i: :i :l : : :i.:l
ー、   _____   r'     ノ  / : : / l; : ,:::、!-ーr1^/::::r‐'"~ ,/: : : / l: :l: i. : : i :|
  l_/  `’ヽ/     /   l: : :/ ,.イ"/./ . . !.l,/:::::::} ,.r'",j: : : :/.7l :l、_:、: : l :i
                 /    l.: :/ ,ノ l j../ . . ! ソ:::::r'^y'. /!: : :i' ./..i; i, `ヽ、i :i.
             /    .l:/r'"  ij./. . . . . ..i.l:::::::::y'./ . .l: : :l.../. .l1:l、/ 'i;:i: :l


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 17:23:47.85 ID:6mFJXl6G0
伊織「お、お腹? 殴る?」

P「あぁ」

伊織「……」

P「やっぱり嫌か? じゃあこの話はやっぱりなかった事に……」

伊織「ま、まって……」

P「ん?」

伊織「……やる」

P「いいのか? きっと痛いぞ?」

伊織「……大丈夫」


96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 17:30:00.08 ID:6mFJXl6G0
P「じゃあ、早速やろうか」

伊織「……ちゃ、ちゃんと好きって言いなさいよ? 伊織の事愛してるって」

P「分かってるよ」

伊織「じゃあ……いいわよ」

P「あっ、そうだその前に」

伊織「?」

P「伊織、愛してるよ。大好きだ」ボソッ

伊織「えっ///」

P「らっ!」ドゴォ


108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 17:56:32.50 ID:6mFJXl6G0
伊織「がっ……かはっ……」ドサッ

P「大丈夫か伊織?」

伊織「……ひぅ……ひゅ……」

P「あぁ、かわいいよ伊織、愛してよ伊織」

伊織「くふっ……はぁはぁ……」ニコ

P「大好きだよ伊織、いつも最高にカワイイ伊織」ナデナデ

伊織「私も……はぁ……好きぃ……」


110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:07:22.02 ID:6mFJXl6G0
P(腹パンされても喜ぶ程の依存……)

P(このまま続けて依存する過程のデータを取っていけば、いずれは他の奴にも……)

伊織「けほっ……けほっ……」

P(っと、今日はこのくらいにしておこう。無理して伊織が嫌になったらどうにもならないし)

P「大丈夫か伊織?」

伊織「……ん、大丈夫、ね、ねぇ?」

P「あぁ、わかってる。今日はここまでに──」

伊織「ち、違うの、もう一回……また殴っていいから好きって言って欲しいの」

P「……」ゴクッ


112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:12:33.95 ID:6mFJXl6G0
~一ヵ月後~

伊織「ちょっとプロデューサー! そろそろ、次の仕事場に行くわよ!」

P「え? でもまだ早くないか?」

伊織「私は余裕を持って行きたいのよ」

P「でも仕事がな……」

小鳥「プロデューサーさん、行って下さい。残りは私がやっておきますから」

P「そ、そうですか? じゃあ、すいません」


113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:16:50.63 ID:6mFJXl6G0
小鳥「お仕事頑張ってきてくださいねー」

P「はい、行ってきます」

伊織「早く行くわよー」
バタン

小鳥「伊織ちゃんてば、すごいやる気ね」

律子「そうなんですよ。伊織ってば、最近すっごいやる気があるんですよ」

小鳥「そうなんですか。何かいいことでもあったんですかね?」





伊織「ねぇ、もういいでしょ……車ならふたりっきりでしょ? ねぇ、殴って……早く……」

P「ばかっ、車なんて簡単に他の人に見られるって」


114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:17:13.00 ID:54RmPUQz0
ふむふむ


115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:17:44.95 ID:DX4fGmUu0
メロメロじゃねーか


118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:22:21.63 ID:6mFJXl6G0
伊織「どこならいいの……早く殴りなさいよ、早く」

P「ダメだ」

伊織「お願い殴って……殴ってよ……」

P「ほら、そろそろグラビア撮影なんかもあるんだから身体に痣なんかがあったらマズイだろ?」

伊織「いや……大丈夫だから殴って……ちゃんと医者に見せて撮影までには直すから」

P「いや、殴らなくても言うから。愛してる好きだ伊織」

伊織「……」

P(ふむ、もう伊織の中では殴られる=愛情表現みたいな感じになったみたいだな……)


120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:28:52.17 ID:6mFJXl6G0
P(最近は愛してるって言わなくても殴るだけで満足してたからな)

P(もう殴られることに依存したのかな)

伊織「……やっぱり殴って、お願い」

P「だから殴らなくても好きだって」

伊織「信じられないの……専属の医者に診せるから、ねぇ、お腹にちょうだい……」

P「……控え室についたらな」


122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:35:24.43 ID:6mFJXl6G0



律子「プロデューサーちょっといいですか?」

P「どうした?」

律子「実は伊織の事で相談が」

P「……伊織がなんだ?」

律子「それが伊織の親御さんから連絡があって、ケガが酷いみたいなんです」

P「……」

律子「家のお医者さんによく見てもらってるそうなんです……そこまできついレッスンはしていないんですけと」

P(……ここらが潮時かな)


124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:46:32.90 ID:6mFJXl6G0
P(依存に関していいデータも取れたし、次に生かそう)

P(愛情を感じる為には殴られなきゃいけなくなった伊織には悪いが、しょうがない)

P(今回の事で水瀬家に調べられたら俺の身も危ないしな)

P「そうだったのか、俺も伊織には無理しないように注意するよ」

律子「はい、お願いしますね」


125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:50:46.26 ID:6mFJXl6G0
ガチャ
伊織「あっ、こんな所にいたわね」

P「ん、まぁ仕事がたまってるからな」

伊織「あんたにダンス見て欲しいから……ちょっと来なさいよ」

P「で、でもな……」

律子「いいですよプロデューサー。行ってきてください」

P「えぇ」

律子「無理しないように監視して下さいって事です、お願いしますよ」ボソッ

P「はぁ、わかったよ」

伊織「本当! じゃあ早く行きましょ」


126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:56:27.89 ID:6mFJXl6G0
伊織「はい、ふたりっきりになったわね」ニコニコ

P「……」

伊織「言わなくてもわかってるんでしょ? ね?」

P「伊織」

伊織「何? あっ、上着めくった方がいい? お腹見えてた方がいいんでしょ?」

P「……俺はもう伊織を殴らない」

伊織「……は?」

P「伊織の家族からケガの事で連絡あってな、さすがにバレたらまずいから殴るのはもう無しだ」

伊織「……えっ? えっ?」


127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:57:01.52 ID:8B2lOCsN0
いおりん、殴られなくなったらどうなっちゃうの?


128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:57:41.52 ID:yv5+ddhW0
その心配のしかたはおかしいwww


129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 18:58:42.04 ID:lhtdmRSc0
このいおりんはもうPが好きなんじゃなくて殴られたいだけだな


133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:04:10.02 ID:6mFJXl6G0
伊織「な、なんで……だ、だ、大丈夫よ」

P「無理。さすがにこれがバレたら俺クビだろうし」

P(クビって言うか、物理的にクビだけになりそうだし)

伊織「な、そんなの大丈夫よ、問題ないことだわ」

P「問題が大有りだから言ってるんだ」

伊織「な、殴られないなんて……だ、ダメ、やだ!!」

P「だから、殴らなくても愛してるよ。伊織の事好きだよ」

伊織「そんな言葉じゃあ信じられないの!! ちゃんとお腹殴ってよ!!」


138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:10:38.30 ID:6mFJXl6G0
P「……」

伊織「お願い……殴って殴って殴って……」

P「……伊織の親御さんもケガ心配してたって言ってたぞ」

ペロン
伊織「ほら、お腹見て……いつもみたいに殴りたいでしょ?」

P「……」ゴクッ

P「さあ、話がこれだけなら事務所に戻ろうか? 仕事もたまってる事だし」

伊織「……いや……やだ」

P「……ほら、行くぞ」

伊織「なんで……やだ……やだ……」


139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:12:25.94 ID:KxGpSDVN0
神スレ


140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:17:33.75 ID:6mFJXl6G0
~一ヵ月後~
律子「プロデューサー」

P「……ん?」

律子「あの伊織の事なんですけど」

P「……なんだよ?」

律子「前話したケガのことです。おかげさまで最近は伊織もケガをしなくなったみたいで」

P「……あぁ、そう」

律子「でもなんか元気なくて……なんかプロデューサー知りませんか?」

P「……さあな」


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:21:21.87 ID:6mFJXl6G0
律子「……そうですか」

P「……もういいか?」

律子「あっ、はい……あの、プロデューサー?」

P「はぁ……まだ何かあるのか?」

律子「最近イライラしてるみたいですけど大丈夫ですか? 何か心配事があるなら相談にのりますけど」

P「!……い、いや、なにもない」

律子「何もないならいいんですけど……」

P「心配かけたなら悪かった」

律子「いえ、私の思い違いだったみたいですね。じゃあ、私はこれで」


143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:23:35.69 ID:lhtdmRSc0
お?次はリッちゃんが標的か?


145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:24:21.10 ID:bFXh/Azy0
りっちゃんのケツを思い切り引っ叩きたい


147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:26:34.62 ID:/SyG3bw40
ヤンデレになったいおりんに腹パンされる
Pでオナシャス!


148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:29:05.40 ID:6mFJXl6G0
P(……イライラしてる? 俺が?)

P「……」

P(そんな訳ないだろ……)

雪歩「プ、プロデューサー」

P「ん、どうした雪歩」

雪歩「ちょっと相談があるんです」

P(次の標的の雪歩も上手く依存させるように進んでる……)

P(何もイライラする理由がないだろ……)


151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:33:28.43 ID:6mFJXl6G0
雪歩「あ、あのまたお仕事に自信が出なくて」

P「そうか」

雪歩「あれをまたやって欲しいんです……」

P「あぁ、ほら……」


P「大丈夫だ。雪歩なら大丈夫だぞ、よしよし」ナデナデ

雪歩「え、えへへ///」

P(今回は強依存しても大丈夫なように頭を撫でるだけにした、問題になることはない……)


152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:34:31.00 ID:ZRVIjhcF0
ゆ、ゆきぽ…



俺得


153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:37:17.95 ID:6mFJXl6G0
P(全ては計画通り上手くいってる……)

P(……)

P(だが! なんでこんなにイライラするんだ!!)

P(いや、もう分かってる……分かってるんだ……)

P(なんで俺がこんなイライラしているのか)

雪歩「プ、プロデューサー? どうかしたんですか?」

P「……もうダメだ」

雪歩「え?」


155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:41:00.33 ID:6mFJXl6G0
P「すまん、用事を思い出した、じゃあな」タタッ

雪歩「え? プ、プロデューサー!」



P(何故こんなにイライラするか? そのイライラがどこから来てるかなんて明確だ)

ガチャ
P「伊織いるか!!」

律子「わっ! いきなり事務所のドア開けないで下さいよ!!」

P「伊織」

伊織「!……な、何?」

P「話がある、来てくれ」


156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:43:32.04 ID:6mFJXl6G0
伊織「う、うん」

P「じゃあ行くぞ」

バタン
律子「い、一体なんなんですか!!」

小鳥「うわー、なんかあれみたいですね」

律子「あれ?」

小鳥「ほら……駆け下ちするカップルみたいな」

律子「あはは、何言ってるんですか小鳥さん。テレビの見すぎですよ」

小鳥「ですよね~」


157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:45:23.46 ID:uyCI1Ojl0
現実の話だったらドン引きよね


158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:45:32.43 ID:IXhxayOR0
それはフラグだ…!(確信)


159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:45:57.58 ID:6mFJXl6G0
伊織「……なんなのよ急に!?」

P「……伊織」

伊織「……何よ?」

P「お腹に力いれろ」

伊織「……は?」


ドコン!


162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:49:53.67 ID:6mFJXl6G0
伊織「……ガッ……ハッ……」

P「あぁ、伊織好きだ愛してる、大好きだ大好きだ」

伊織「カハッ……私も……好きぃ……大好きぃ」

伊織「もっと……もっとちょうだい……」

P「あぁ、俺ももう我慢できない……」


P(簡単な話で、伊織が殴られる事に依存をしたように俺も殴ることに依存をしてしまったんだ)

P(もう、俺には伊織がいないとダメだし。伊織には俺がいないとダメ。完全に依存しあってしまっているのだ)


163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:50:43.64 ID:DX4fGmUu0
強依存な共依存


164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:54:07.11 ID:/3fVJBnni
この世界線はダメね


166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:56:12.01 ID:hybAFFfl0
これが運命石の扉の選択か…!


167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 19:57:05.28 ID:6mFJXl6G0
伊織「けほっ……」

P「大丈夫か? さすがに久しぶりすぎて加減が分からなくて」

伊織「だ、大丈夫……私も最近お腹鍛えてなかったからつらかっただけ」

P「そうか」

伊織「……でもいいの? お父様達にバレたら大変なんでしょ?」

P「よくないけど……俺にはもう伊織がいないともう無理だし。しょうがない」

伊織「な、何言ってるのよ!?」

P「……二人で暮らさないか? 知ってる人が誰もいない所でさ」

伊織「何よそれ……そんなの駆け落ちじゃない……」

P「やっぱりダメか?」

伊織「あんたって、本当にバカ……」


伊織「……私もあんたがいないともう生きていけないんだから、一緒に行くに決まってるじきゃない」




170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:00:27.44 ID:duIPReUZ0
最高に退廃的だな乙


172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:06:58.59 ID:hybAFFfl0
おつ
ノーマルエンドって感じだな


175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:12:08.56 ID:uyCI1Ojl0
ノーマルではないがよく頑張った
可哀想だけど可愛い


177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:15:48.01 ID:WuPqKohv0
ゆきほが追ってくる展開はよ


179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:27:52.11 ID:qUTvwOGb0

ゆきほなでなではよ!


180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:34:45.61 ID:MAI7q56wi
千早なでなではよ


181 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:44:55.44 ID:0kwEBZdP0
真美ペロペロはよ


182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:45:07.88 ID:zbPndpPh0



183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/22(金) 20:49:27.32 ID:Wdn/zxqlO
これもヤンデレなのかなとおもいましたまる


転載元

P「伊織って叩いても『行かないで』って言って泣きつきそう」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385076989/






アイドルマスター 水瀬伊織 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ファット・カンパニー (2014-04-30)
売り上げランキング: 354

関連記事
2013/11/23 21:23 | CM(3) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2013/11/23 22:05 ]
  2. お尻にしとけば
  3. 名無しさん [ 2013/11/23 23:39 ]
  4. 伊織「信じられないの……専属の医者に診せるから、ねぇ、お腹にちょうだい……」

    この台詞でおっきした俺って・・・
  5. 774@いんばりあん [ 2013/11/24 03:09 ]
  6. おなか鍛えてたのかよwww
    いおりんの腹筋ぺろぺろ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング