HEADLINE

少女「手をつなごう」

2013/12/14 06:52 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 HAM ◆HAM/FeZ/c2 :2013/12/08(日) 19:22:17 ID:iYqcwHD2
「手をつなごう」

少女はそう言って、右手を差し出した。
ふんわりと柔らかな髪。
白く透き通るような頬。
青く深く光る瞳。

優雅に差し出されたその右手を、少年は不思議そうに見つめた。

(この子は突然、何を言い出すのだろう)

(というか、この子は誰だろう)

少年には、その少女に見覚えがなかった。
こんなに小さな村に、知らない子がいるということが新鮮だった。



2 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/08(日) 19:29:13 ID:iYqcwHD2
少年は興味本位で聞いてみた。

「君、見かけない子だね?」

「……」

「引っ越してきたの? 遊びに来たの?」

「……」

少女は口を開かない。
右手はまだ、優雅に差し出されたままだ。


3 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/08(日) 19:38:09 ID:iYqcwHD2
少年は少し恥ずかしかったが、そのままレディに右手を硬直させていてはいけないと思い、優しく手を握った。
彼女の村では握手があいさつとして主流なのかもしれなかったし、
少年も女の子と手を握ることに特に抵抗がなかった。

「よろしく、僕は……」

少女はにっこりと笑い、少年の目をじっと観察するように見つめた。
少年の右手を握る右手にも、少し力が込められた。


4 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/08(日) 19:56:39 ID:iYqcwHD2
「え、えっと……」

少年は少したじろいだ。
握手なんてものは、きゅっと手を握って終わりだと思っていたし、
たまに熱い握手をする男がいるが、もっとぶんぶん手を振って唾を飛ばすのが普通だ。

少女の握手は、それとは違った。
何と言おうか。
静かで、強い。
そんな握手だった。

少年は頬が紅潮していくのが自分でもわかった。
少女の何らかのエネルギーが、つないだ手を伝って流れ込んできたようだ。


5 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/08(日) 20:07:58 ID:iYqcwHD2
「あーあいつ、オンナと手つないでやがる!」

レディとの高貴な挨拶を台無しにしてくれたのは、村のガキ大将だった。
そして横にはいつものように、チビですばしっこくて抜け目のない、いわゆる金魚の糞が鎮座していた。

「オンナと手ぇつないでるー」

「だっせえ」

「うひゃひゃひゃ」

少年は、先ほどとは違う頬の紅潮を感じ、急いで手を離した。
言い返したかったが、あいつらに逆らったら明日もっとひどい仕返しをされるだけだ。
少年はぐっとこらえた。
それが大人であると自分を錯覚させ、ぐっとこらえた。


6 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/08(日) 20:23:37 ID:iYqcwHD2
驚いたことに、少女は悲しんだりひるんだりすることなく、今度はガキ大将に向かって手を差し伸べた。

「手をつなごう」

「……っ」

ガキ大将は言葉を失い、表情を硬直させ、頬を紅潮させた。
金魚の糞は彼がどうするのか気になりつつも、少女の美しい瞳も気になるらしく、
視線をメトロノームと同じテンポで行ったり来たりさせていた。


7 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/08(日) 21:03:17 ID:iYqcwHD2
「お、オンナとなんて、手がつなげるかよっ」

「そ、そうだそうだ!」

「行くぞ!」

「バーカ、バーカ!」

結局彼らは考え付く限り最低レベルの語彙の貧困さで捨て台詞を残し、その場を逃げ出した。
少年は、彼のそんな姿を見ることは今までになかったので、たいそう胸のすく思いだった。


8 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/08(日) 21:10:19 ID:iYqcwHD2
ガキ大将たちの後ろ姿を眺めていると、少女もまた、歩き出した。

「ありがとう」

少女はなぜか、少年にお礼を言い、村のほうへ歩いて行った。

「ま、また会えるかな?」

その問いに答えはなく、少女はにっこりと笑い、そのあとはもう、振り返ることはなかった。
彼が少女の姿を間近で見るのは、これが最初で最後のことだった。


11 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 20:11:17 ID:FLUP92YY
村中で、少女のことが話題になったのは一週間ほど後のことだ。
なんだか得体のしれない少女が、村中の人と手をつなぎたがっている、と。

(あの子のことだ)

少年はすぐに思い至った。
両親に、その子と握手をしたことを話した。

村中のだれも、彼女のことを知らなかった。
しかし、子どもたちは面白がってすぐに手をつないだ。
知らない子でも、たった1分で友だちになれる。
それが子どもの強みだし、それが子どもの本能とも呼べるだろう。

ただ、少女が誰かと砂遊びをしたり人形遊びをしたなんて言う話は、誰もしなかった。

ただ、手をつなぐ。

それだけだ。


12 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 20:23:01 ID:FLUP92YY
やがて村中の子どもがみな手をつなぎ、大人も少しずつ面白がって手をつなぐようになった。
少女と握手をすることが、一種の流行のようになった。

しかし少年は、あれから彼女を見ることはなかった。
いつも噂話だ。
彼女の姿は覚えているが、いつ、どこにいるのか、全く見当がつかなかった。

都市伝説のように噂は広まり、情報だけが膨れ上がった。
もともとが、小さな村なのだ。
村なのに都市伝説とは、これいかに。


13 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 20:32:23 ID:FLUP92YY
「また少女が現れたらしい」

「いや俺はまだ見てない」

「どこに行けば会える」

「お前も握手してもらえ」

「すごい可愛い子だぞ」

「髪なんかお人形さんみたいだぞ」

「流行には乗っておけ」

などなど。


14 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 20:51:20 ID:FLUP92YY
噂によると、金魚の糞もこっそり手をつないだらしい。
ガキ大将は知らんぷりをしているが、噂が気になって仕方がないのは傍目にもわかる。

少年は、もしかしたら自分が最初に彼女と握手した人間かもしれないと、密かに誇らしげだった。
だけど、そんなこと、だれも信用してくれないだろうし、わざわざ言う必要性もないと思った。

今も彼女のことを、教室で誰かが噂している。
論点はすでに、誰が握手をしたかではなく、彼女は何の目的があってそんなことをするのか、ということだった。


15 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 20:58:52 ID:FLUP92YY
「友だちがたくさん、ほしいんじゃない?」

ある子がもっともらしい意見を述べた。

「でも、一緒に遊ぼうって誘っても、すたすた歩いて行っちゃったよ?」

そうだ。少年のときもそうだった。
質問には答えてくれず、彼女は歩いて行ってしまった。

「それに大人も子どもも、おじいちゃんにもおばあちゃんにも手を差し出すし」


16 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 21:17:30 ID:FLUP92YY
「握手が好きなんだ」

普通すぎる。

「手が大きい人を探しているんじゃない?」

何のために?

「あの右手は機械でさ、人の指紋を調べているのかも」

そんなSFチックな話も飛び出した。

「……病気をうつして回っている、とか」

誰かの発言に、場は凍り付いた。


17 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 21:27:47 ID:FLUP92YY
手で触れただけで、うつせる病気、ウィルス、そんなものがあるだろうか。
みな、一様に自分の右手を見つめた。

変な斑点が出てやしないだろうか。
青黒く変色してないか。
変な虫や機械はついていないか。

だが誰も手に異常はなかったし、握手をしたのはとっくの昔だ。手遅れだ。

それに。

あの少女は、病気をうつして回るようなテロリストには到底見えなかった。
どうせ死ぬなら道連れを増やそうと、絶望の中を這い回る病人にも見えなかった。


18 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 21:45:12 ID:FLUP92YY
「やっぱり友だちがたくさんほしいんだよ」

「大人も子どもも関係なく、たくさんの人と手をつなぎたいんだ」

明確な根拠はなかったけど、少年たちはそれで納得した。
誰もかれも、一度しか手をつないでいなくとも、少女のことを友だちだと感じていたのだから。
また会いたい、今度は一緒に遊びたい、みなそう思っていた。


19 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 21:58:33 ID:FLUP92YY
村中の人間が一通り握手を済ませ、少女の噂が減ってきたころ、ある若者が言い出した。

「あの少女が、山を越えた向こうの町でも同じことをやっているらしい」

町へ行商に行った若者は、そこで少女の話を噂で聞いたそうだ。
最近妙な少女が現れては、「手をつなごう」と言ってきて気味が悪い、と。

「それで? なんて言ってやったんだ?」

「もちろんこう言ってやったさ。『まだ彼女と握手をしていないんですか? もったいない』ってね」


20 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/09(月) 22:08:47 ID:FLUP92YY
「『うちの村では、もう彼女と握手をしていないのは犬と家畜くらいのもんですよ』とも言ってやった」

「ははは」

「彼女は順調に、友だちが増やせるかな」

「でかい町だし、時間がかかるかもねえ」

「俺たちはちょっと得した気分だな、町のやつらより先に流行が来たなんてよ」

「俺も今度町へ行ったら、そう言ってやろう」

村では誰もかれも、彼女のことを村人のように思っていたし、
町での様子をもっと聞きたいと思っていた。
頑張っているのを聞くと嬉しくなったし、もっと応援したいと思った。

そして、結局最後まで握手をしなかったガキ大将は、最近大人しい。
あの子と握手をしなかったなんて、もったいない。


23 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 20:17:36 ID:f4FbJxKw
町でも少女の噂が広まってきたころ、ある地元テレビ局が彼女を取材したいと市長に申し出た。
彼女の家や家族のことを知る者はいなかったし、市長の許しを得ることが必要だと感じたのだろう。

しかし、市長ももちろん少女の実態を知らなかった。

「いつ、どこに現れるか全くわからないんですよ」

「アポなしで突撃レポートするほか、ないでしょうな」

レポーターはそれを鵜呑みにし、カメラを連れて町中を探し回った。
何日も何日も探し回った。


24 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 20:32:43 ID:f4FbJxKw
「私はもう、握手したわよ。先週の水曜日にね。あなたまだなの?」

「小っちゃくて可愛いの。お人形さんみたい」

「名前聞いたんだけど、教えてくれねえんだよ、あの子」

「こここ、この手紙を、彼女に、会ったら、渡して、ください……」

「影がなかったんだ、あいつ、幽霊だぜ、きっと」

「夕方になるとよく現れるらしいけど、私はまだ見たことがないね。何しろ日中は会社に缶詰めだから」

たくさんの情報が集まった。
中にはよくわからないホラも含まれていたようだが、全員口をそろえるのは、
一度握手した者は、二度目に会うことがない、ということだ。


25 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 20:40:42 ID:f4FbJxKw
二度握手したという者はいなかった。
もちろん、まだ会ったことがない人間も少なからずいたが、生活サイクルが普通でないか、
もしくは人間性に問題がありそうな……
いや、これはレポーターの意見だ、「私」が言ったわけではない。

しかしある時、ついにレポーターは彼女に接触することができた。

夕方の人通りの少ない裏通りで、その声を聞いたのだ。

「手をつなごう」


26 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 20:56:21 ID:f4FbJxKw
レポーターは彼女に飛びつくように駆け寄り、口にマイクを突っ込まんばかりの勢いで矢継ぎ早に質問を浴びせた。

「お名前は?」

「きれいな髪ね、自分でとかしているの?」

「どこから来たの?」

「みんなあなたのことを噂しているわ、どう思う?」

「なぜあなたはみんなと握手をしようとするの?」

しかし少女はゆったりと手を差し出したまま、それらの質問には答えなかった。
息継ぎをしたレポーターは、ふと我に返り、その手を恐る恐る握った。


27 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 21:07:51 ID:f4FbJxKw
にっこりと少女は微笑み、レポーターの目をじっと見た。

そうだ、みな言っていた。

少女の握手は、どこか違うと。

じっと目を見つめられることで、自分の過ちや汚い心を見透かされるようだと。

レポーターも例にもれず、その眼差しを受け、自分の矢継ぎ早の質問を恥じた。

少女のほうが、よっぽど落ち着いていて、大人だと思えた。


28 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 21:20:33 ID:f4FbJxKw
「んん、失礼」

「みんながあなたのことを噂しているわ、握手をして回る美少女がいるって」

少女はにっこりとはにかみ、こくんと頷いた。
この映像だけで視聴率が取れる、レポーターは頭の中で考えつつも、
この無垢な少女を商売道具に使おうとしている自分の行動や思想を恥ずかしく思った。

「どうしてそんなことを始めたの?」

この質問に首をかしげていた少女は、言葉を選びながら、こう答えた。

「世界中のすべての人と、手をつなぎたいの」


29 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 21:31:23 ID:f4FbJxKw
この映像が繰り返しTVで放映され、少女は徐々に有名になっていった。
国全体を巻き込み、まだ彼女と手をつないでいない人はいないかと、大騒ぎになっていった。

どんなに遠くの町にも、彼女は現れた。
すぐに人だかりができ、長蛇の列になり、サインを求める者、写真を撮りたがる者もいた。

ただ、彼女は一人ひとり丁寧に握手をし、それだけだった。
サインは書かなかったし、写真には応じなかった。

少しいやそうに、ふるふると首を振るだけだった。

その姿を見て、強引にサインを書かせる者がいるだろうか。
無理に肩を組み、写真を撮ろうとする者がいるだろうか。
周りの人間も、「彼女を困らせるな」「余計なことはするな」と一致団結した雰囲気に包まれていた。


30 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 21:49:23 ID:f4FbJxKw
ひととおり握手が終わると、少女は少し寂しそうな表情で去っていく。

誰も追いかけようとはしない。

それは、ひどく背徳的な行動だと、誰もが無意識に感じていたからだ。

彼女がどこに帰ろうと、いいじゃないか。

俺たちは彼女と握手をして、友だちになったんだ。

みんな、仲間なんだ。

それでいいじゃないか。


31 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 22:03:03 ID:f4FbJxKw
小さな国の国境を超え、少女は他の国へも旅立っていった。

少女の移動をバックアップしようと、車やチャーター機を用意する者もあらわれた。

「かの有名な彼女は、もう私の友だちなのです」

「友だちのために力を貸す、そりゃあ当たり前の話でしょう」

彼らはとても誇らしそうで、少女への投資を心から喜んで行っていた。
しかし例にもれず、彼らも少女への直接的な接触はできなかったようだ。


33 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 22:13:39 ID:f4FbJxKw
「どこどこにどんな飛行機を用意したから使ってくれ」

「パイロットは君とまだ握手をしていない、できれば握手してやってくれ」

「目的地がどこでも君を乗せていくように命令してある、自由に使ってくれ」

そうTVで宣伝し、無理に接触をしようとしない紳士たちだった。
一部でよからぬことを企てる紳士のふりをした小悪党もいたようだが、そういう者の援助は決して受けなかった。

そのパイロットは後に、取材にこう答えている。

「彼女を乗せるとき、いつもよりも機体を軽く感じました」

「彼女を乗せた状態で、絶対に事故を起こしてはいけない、というプレッシャー」

「しかしなぜか、絶対に事故など起こらない、という不思議な自信もあったのです」


34 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/10(火) 22:20:05 ID:f4FbJxKw
少女はいつしか天使だと囁かれるようになった。

「ミカエル」と呼ぶものも現れた。

彼女は名前を名乗らず、また自分のことに関して、何も語らなかった。

そう呼ばれることに関しても、首をかしげて笑うだけだった。

それからいくらかの歳月が経ち、彼女を知る者はとても多くなった。
彼女はたびたび誰かの援助を受け、多くの国や都市を回った。
小さな村にも、山奥の集落にも、彼女は現れた。


37 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 20:34:47 ID:K.E1X2xw
ここでようやく、「私」が登場する。
小さな島国の小さな病院の医師だ。

私は彼女が病院に来て、入院している子どもたちと握手をしてくれないかと願っていた。
ことあるごとに、その願いを口にしていた。
そうすればきっと、子どもたちが手術を受ける勇気を持つことができる。
あわよくば少女の不思議な力で、病気を治してもらえる。

医師として正しくはないのかもしれないが、私は彼女を超常的な存在だと考えていた。

そしてある日、ついに私の国でも、彼女が現れたというニュースが飛び込んできた。


38 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 20:43:49 ID:K.E1X2xw
「手をつなごう」

私の胸は感動に打ち震え、その震えは目にも手にも伝染していた。
目は涙があふれそうな状態で表面張力を発揮していたし、手は汗と暑さと寒さで感覚がなかった。

私の病院の子どもたちは、みな喜んで彼女と握手をしてもらっていた。
こんな小さな病院に、彼女のような存在が舞い降りるなんて。
トップニュースだ。

我が国に彼女が現れたと報じられてから、彼女は誰よりも有名人だった。

仮に同時に、どんなスーパースターが現れても、私も子どもたちも彼女の方へ飛びついただろう。


39 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 21:06:36 ID:K.E1X2xw
病院のスタッフや入院患者、子どもたちが一通り握手をしてもらった後、私の番が来た。

院長だからと、はやる気持ちを爆発させ真っ先に飛びついたのでは具合が悪い。
私は最後だった。

差し出された右手に、私も右手で応じた。
震えは止まっていなかった。
しかしそれでも、彼女の温もりが伝わってくるのがわかり、とても嬉しかった。

「二度握手をした者はいない」と聞いていたので、これが最後とわかっていた。
悔いのないようにしっかりと記憶に刻み付けた。
その小さな手の形、温もり、力強さを。
そして、彼女の眼差しを。


40 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 21:18:34 ID:K.E1X2xw
私には一つ、不安があった。

古い友人のことだ。

彼は優しくて謙虚で、私の自慢の友人だ。

しかし彼には一つ、私と大きく異なる点があった。

彼には右腕がない。

子どもの頃から、事故で失った右腕の代わりに義手をはめていたのだ。


41 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 21:25:55 ID:K.E1X2xw
彼もまた、みなと同じように握手をしたがっていた。

「僕の手でも、彼女は握手をしてくれるだろうか」

「大丈夫、彼女は年齢や外見にとらわれず、誰とでも握手をしているそうだよ」

「しかし義手の人間と握手をしたというニュースはまだ聞いていない」

そう言われると、私も自信がなくなった。
どうか彼にも天使のご加護を。
そう願った。


42 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 21:33:52 ID:K.E1X2xw
彼を急いで病院に呼んだが、間にあわないかもしれない。

彼女はもう、ゆっくりと病院を後にしようとしている。
「頑張って」「ありがとう」とみなに見送られ、私に背を向けている。

誰にも引き止める権利はないし、またそんな勇気もなかった。
彼女を止めてはいけない。
世界中の人たちと、手をつなごうとしているのだから。
時間はいくらあっても足りないのだから。

そこへちょうど、私の友人が病院のドアをけたたましく開け、飛び込んできた。
たてつけが悪い。
そろそろ修理が必要だな、と私の頭の一部は、そんなことを考えていた。


43 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 21:42:11 ID:K.E1X2xw
少女は突然現れた男に少し驚いた様子だったが、その男が近づいて来て、手を差し出すと優しくそれに応じた。

明らかに義手とわかる銀色に光る指。

しかし彼女は指や手の質感など関係なく、友人の目をじっと見つめて握手をした。
友人が感動で打ち震えているのが、私にはよくわかった。
彼女は右腕の有無にも関係なく、握手をして回る天使だった。

しかしそのあと、誰も見たことのないことが起こった。

「その義手を外して、手をつないでほしいです」


44 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 21:52:29 ID:K.E1X2xw
少女の申し出に友人は驚いていたが、私も驚いた。
握手をしたら、二度と会えない。
そんな幻のような存在のはずの彼女に、二度目の握手をお願いされるとは。

「だめでしょうか?」

この純粋無垢な少女にお願いをされて断れる鬼畜がこの世にいるだろうか。

友人は不安と恥じらいの入り混じった表情で、義手をゆっくりと外した。


45 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 22:00:45 ID:K.E1X2xw
「……」

少女はその右腕の付け根ではなく、空中をすっと握った。

その、右腕の途切れた部分を握るのかと思っていたので、私は首をかしげた。

「ありがとう」

少女はそう言って、ゆっくりと病院を後にした。
友人はその場に突っ立ったまま、ピクリとも動かず、彼女を見送ることさえ、しなかった。


46 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/11(水) 22:09:35 ID:K.E1X2xw
後で聞いたところによると、彼は「ないはずの右腕を感じた」そうだ。
事故以来感じたことのない右腕の感覚。
義手とも違う感覚。

彼女が空中を握った時、彼は間違いなく「そこに自分の右腕があると感じた」そうだ。

その真偽は私には判断しかねるが、天使の所業であれば不思議ではない。
彼女はそういう存在なのだろう。

ちなみに、手術を控えていた子どもたちは、みな笑って手術に臨んだ。
彼女のおかげだろう。


50 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/12(木) 21:49:11 ID:LcDD7bP6
ある日、某巨大国家の大統領が、少女と手を握る瞬間が全世界で放映された。
大統領の下に現れたなら、すぐに放送できる体制を整えていたのだろう。

大勢の報道陣、たくさんのフラッシュの中、大統領と少女は握手をした。
少女はしかし、カメラの方へ顔を向けようとはしていない。
大統領だけをじっと見つめていた。

「僕に何かできることはないかな?」

「君は世界的に有名だ、たぶん、僕よりもね」

大統領のジョークに、報道陣は笑った。
少女も少し、ほほ笑んだ。


51 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/12(木) 21:55:46 ID:LcDD7bP6
「僕が、僕よりも有名なこの友人のために、何かできることがあれば教えてくれ」

「あなたも、私とお友だちだと思ってくれますね?」

「もちろんさ」

「それでは、私の友だちは、私の友だちを殺したりしませんよね?」

「ああ、もちろん」

しかし、そう言ったあと、大統領の表情は少し固まったように見えた。
この時の彼の心境を、たくさんのコメンテーターが代弁していた。
彼の国には、現在敵対関係にある国がいくつかあった。
そして、そんな国々にも、少女は現れていたのだ。
つまり、「もう戦争をするな」と、彼女は言ったのだ。

「みんなが仲良く暮らせる世界を、私は実現したいのです」

この瞬間の映像は、瞬く間に世界に広がった。


52 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/12(木) 22:04:36 ID:LcDD7bP6
この後、彼女は積極的に多くの国々を訪れた。
内紛がやまない国、飢餓に苦しむ国、病気に苦しむ国。

戦地にも赴いた。
病院にも、学校にも、刑務所にも。
海の上にも山の上にも、どうやってここまで来たんだというような格好で、少女は現れた。

「手をつなぎましょう」

今ではもう、誰もがその意味を理解している。
世界中の人と手をつなげば、世界は平和になる。

そんな夢物語を、彼女は実現しようとしている。


53 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/12(木) 22:10:27 ID:LcDD7bP6
今、世界は少しずつ、平和になってきている。
戦争がなくなったというニュースは聞かないが、争いが激化したというニュースも聞かない。
少女の投じた一石は、ゆっくりと世界に広がっている、と思う。

しかし、と、私は思うのだ。
あの時少女に差し出された手を、右手ではなく左手で握っていたとしたら。
私はどうなっていたのだろうか。


54 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/12(木) 22:18:27 ID:LcDD7bP6
あの時左手を差し出したとしたら、手をつなぎ、横を歩けたのではないだろうか。
娘と手をつなぎ、散歩をするように。
彼女は「握手をしよう」ではなく、「手をつなごう」と言ったのだから。

残念ながら、私がそれを試すチャンスはもう永久に失われてしまった。
もし、君の前に「手をつなごう」と話しかけてくる天使が現れたとしたら、そのチャンスは大切にしてほしい。

今後、私と同じことを考え、彼女と手をつないで歩く「誰か」が、現れるかもしれない。

それが私でないことが、ひどく残念でならない。

★おしまい★


55 HAM ◆HAM/FeZ/c2 :2013/12/12(木) 22:23:16 ID:LcDD7bP6
終わりです
短っww

    ∧__∧
    ( ・ω・)   ありがとうございました
    ハ∨/^ヽ   またどこかで
   ノ::[三ノ :.、   http://hamham278.blog76.fc2.com/
   i)、_;|*く;  ノ
     |!: ::.".T~
     ハ、___|
"""~""""""~"""~"""~"


56 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/12(木) 22:58:12 ID:XJfH5Cmo

不思議な魅力のある話しでした
俺はまだ手を繋いでもらってないんだが?


57 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/12(木) 23:10:57 ID:/RJw55VE
おつおつ!
ほっこりしました


59 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/12/13(金) 22:04:34 ID:o3PF3YsI
はむさんか よかったおつ


転載元

少女「手をつなごう」

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1386498137/






星空のした、君と手をつなぐ (ピュアフル文庫)
光丘 真理
ジャイブ
売り上げランキング: 1,005,116

関連記事
2013/12/14 06:52 | CM(0) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング