HEADLINE

姫妹「兄上ー! すりすりすりすりぃ」

2014/01/22 12:25 | CM(1) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 01:36:55.43 ID:cSI0Ys+p0
妹「んー兄上大好きー!」スリスリスリスリ

兄「まったく……いつまでたっても甘えん坊だな」

兄「そんなに体を擦りつけるんじゃない。お嫁に行けなくなるぞ」

妹「兄上の妻になるからいーんですー」スリスリ

兄「せめて胸を擦るのはやめてくれないか」

妹「いやですー」

兄「そんなに俺に触って欲しいのか?」

妹「うん!」

兄「こらこら……」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 01:38:26.57 ID:cSI0Ys+p0
妹「王のお仕事は大変ですか?」

兄「ああ……議会でも反対されることが多くてな」

兄「なに、近い内に信頼を勝ち取って見せるさ」

妹「まだこんなに若いのに王になることになってしまって……」

妹「私、お仕事のお手伝いは出来ませんけど」

妹「私生活では兄上を癒してさしあげますから!」

兄「ああ……俺は妹が支えてくれるから頑張れるんだ」

兄「これからも頼むよ」

妹「はい! すりすりすりすりーぃ」スリスリスリスリ

兄「体は擦りつけなくて良いぞ」

妹「だってすりすりしたいんですもの」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 01:39:39.58 ID:cSI0Ys+p0
食事

妹「はい兄上、あーん」

兄「…………」

妹「あーん!」

兄「こら……恋人同士じゃないんだから。はしたないぞ」

妹「なら恋人になれば良いではありませんか!」

兄「駄目だ」

妹「んもう。お堅いんだから。ほら、あーん!」

兄「わかったわかった。あーん」パクッ

妹「うふふ!」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 01:42:05.17 ID:cSI0Ys+p0
妹「ねえ兄上、どうして私達は付き合ってはならないのですか?」

妹「私はこんなに兄上が好きなのに」

兄「お前はまだ狭い世界しか知らない」

兄「俺を選ぶにしても、もっと多くを学んでからにすべきだ」

兄「以前からそう言っているだろう?」

妹「兄上のケチー」

執事「兄様、そろそろ会議のお時間です」

兄「そうか。なら妹、行ってくるよ」

妹「はーい。いってらっしゃいませ、兄上」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 01:46:21.16 ID:cSI0Ys+p0
兄「両親がいないからと甘やかし過ぎてしまったよ」

執事「しかし、妹様はしっかりなさっておられます」

執事「成績も非常に優秀であらせられるでしょう」

兄「でもまだまだ甘えん坊だ」

兄「これから、出来る限り妹の傍にいてやってくれないか」

兄「俺がいついなくなっても良いように」

執事「兄様……」

兄「自分の立場くらい理解している」

兄「俺はいつ暗殺されてもおかしくない」

兄「俺がいなくなったら、妹はどうなってしまうかわからないんだ」

兄「頼む」

執事「は……」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 01:48:07.84 ID:cSI0Ys+p0
妹「お帰りなさいませ兄上ー!」

兄「ああ、ただいま。勉強はもう済んだのかい」

妹「予定より早く進んだので、今日はもう自由にして良いと家庭教師に言われました」

兄「そうか。頑張ったんだな」ナデナデ

妹「えへへー!」

妹「兄上だぁい好き」ギュウウ

兄「ああ、俺も大好きだよ」

妹「本当ですか!?」

兄「兄妹として、な」

妹「まあそうですよねー」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 01:53:11.06 ID:cSI0Ys+p0
妹「今日も大変だったでしょう?」

兄「大きな組織をまとめるなんてそんな物だ」

兄「苦労は覚悟の上でやっている仕事だからな」

妹「叔父上が病死されたために…………」

妹「ああ、父上さえ生きていらっしゃれば……」

兄「良いんだよ。そんなことより、早く改革を進めないと」

兄「議会は叔父上のやり方に染まっているけれど、そのままでは駄目なんだ」

兄「国の上層部のみが得をし、下層部が損をしてしまう制度だからね」

妹「その通りでございます!」

兄「段々と賛成派も増えてきてくれているんだ。きっとこの国を変えられる」

妹「さ、一緒にお風呂に入りましょう!」

兄「もう大きいんだから……」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 01:54:05.66 ID:cSI0Ys+p0
妹「うふふ、兄上ー」

兄「せめてタオルで前を隠してくれないか」

妹「別に良いではありませんか。兄妹でしょう」

兄「こら……」

妹「すーりすりー!」ヌチャヌチャ

兄「こ、こら! 今は裸なのだから」

兄(背中に胸が……)

妹「私を女として見ていないというのに何を仰るのです」

兄「だ、駄目だ!」

妹「えー……」

兄「………………」

妹(……あれ? 何か硬くなってる……?)


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:01:47.18 ID:cSI0Ys+p0
妹「ん?」サワサワ

兄「ちょ、触ったら駄目だって!」

妹「この硬い物は一体なんですか?」ニギニギ

兄「……ああもう! 放してくれ!」バッ

妹「あっ……ごめんなさい」

兄(妹が後ろにいて良かった……見られはしなかった)

妹(あれは何だったのでしょう)

兄「も、もう俺上がるからな!」ガラッ

妹「兄上…………」シュン


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:04:25.24 ID:cSI0Ys+p0
…………
……

兄「ふふ……」

妹「兄上? 嬉しそうですね」

兄「今日の演説で大分味方が増えたんだ」

妹「本当ですか!? 良かったですね!」

兄「少しずつ制度を変える準備が整ってきた」

兄「この国はきっと平和になる」

妹「ふふふ。今日、厨房に行って料理をしてきたんです」

兄「妹が?」

妹「御夕食、美味しくできていると良いのですが」

兄「美味しいよ。ありがとう、妹」

妹「えへへ。良かったです」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:09:17.81 ID:3Z97ps7w0
見せしめに妹が暗殺されなければいいが・・・。


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:10:13.61 ID:cSI0Ys+p0
兄「……ありがとう。俺は、妹がこうやって支えてくれるからここまでやってこれた」

妹「これからも、ずっと、ずぅっっっと一緒です、兄上!」

兄「……ああ、ずっと一緒だ」ナデナデ

妹「あにうえぇ」ギュウウウ

兄「さあ、もう寝なさい」

妹「はーい」グイッ

兄「……妹、手を放して」

妹「一緒に寝ましょうよ」

兄「後で妹の部屋に行くから、待っていて」

妹「はーい」タタッ


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:11:21.21 ID:cSI0Ys+p0
執事「……兄様」

兄「暗殺者の数は」

執事「以前よりは減りましたが……」

兄「そうか。まったく、毎晩送りつけてくるなんて本当に迷惑だ」

兄「こういうものだとは理解しているが、命を狙われるのは良い気分ではない」

執事「真に彼等を差し向けた者を処罰しなくてよろしいのですか」

兄「ああ。特定だけしてくれれば良い」

兄「味方についている振りをしている可能性のある者もいるからね」

兄「だが、きっと彼等も説得してみせる」

兄「貴族や政治家だけが得をしていては駄目なんだ」

執事「ええ」

兄「絶対に暗殺者を此処に近づけるな」

兄「妹だけは守る」

執事「了解しました」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:16:25.57 ID:cSI0Ys+p0
妹「兄上、遅いー」

兄「すまないね。執事と大人の話をしていたんだ」

妹「え……執事さんといやらしい会話を!?///」

兄「そっちじゃないよ」

妹「そうですかぁ」

妹「……ふふ、兄上ぎゅー」

兄「よしよし」ナデナデ

妹「……兄上に、恋人はいらっしゃらないのですか」

兄「いないよ。妹が嫉妬するだろう?」

妹「安心しました」

兄「妹がもっと大人になってからだね」

妹「私を兄上の恋人にするのがですか?」

兄「違うよ。妹じゃない、他の女の人の恋人になるのが」

妹「……ですよねー」ギュウ


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:18:57.09 ID:cSI0Ys+p0
妹「あに……うえ……」スー

兄「妹…………愛しているよ」ナデ

兄「でも、俺はきっと長生きできない」

兄「俺が死んだら、君が俺の……俺と父上、母上の遺志を継いでくれたら良いな」

妹「…………」スースー

兄「妹…………」ギュウ

兄「…………おやすみ」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:20:10.08 ID:cSI0Ys+p0
妹「兄上ー! ちゅ! ちゅう! ちゅっちゅちゅっちゅ!」

兄「……いもう……うおわぁああああ!?」

兄「首筋や胸にキスするなんていつ覚えたんだい!?」

妹「覚える? 兄上が起きないのでなんとなくやっていただけです」

兄「そ、そうか……」

妹「兄上にちゅーちゅーしてると唇が気持ち良いんです」

兄「も、もうやったら駄目だからな」

妹「え? 何故ですか?」

兄「駄目なものは駄目なんだ!」

妹「気持ち悪かったですか? ならば兄上、私にも同じ事をして下さい」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:22:14.68 ID:cSI0Ys+p0
妹「それならおあいこでしょう」

兄「!? もう朝の支度をしに行くからな!」ダダッ バタン

妹「兄上ぇ……」

妹(どうして怒られたのかな……)



妹「兄上……先程は申し訳ございませんでした」シュン

兄「い、いや……」

妹「今度からはちゃんとした起こし方をしますので、どうかお許しください……」シューン

兄「い、良いんだ。朝食を取ろうか」

妹「はい!」

妹(もう怒ってない……のかな……)

兄(油断していたら妹を襲ってしまう……)


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:25:59.06 ID:cSI0Ys+p0
兄「じゃあ行ってくるからな」

妹「はい、いってらっしゃいませ」

バタン

妹(兄上が王として政を行っている間は家庭教師と勉強)

妹(大変だけれど、兄上を支えるためにしっかりしないと)

妹(でも、寂しい……)ショボーン


侵入者「……姫様。我らと共に来ていただきます」

妹「な、何者ですか!?」


人いないな めげないけど


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:26:39.24 ID:5V5xcIMt0
妹ってもしかして兄の(カリ)首狙ってね?


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:30:19.33 ID:cSI0Ys+p0
侵入者「さあ」ジャキッ

妹「ひっ!」

執事「させません!」ガッ

侵入者「ぐっ……」バタン

妹「し、執事さん……」

執事「……危ない所でした」

妹「この者は一体……」

執事「貴女様を人質とし、兄様に何らかの要求をする算段だったのでしょう」


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:31:27.24 ID:cSI0Ys+p0
執事「この頃は暗殺者は減っていたのですが……」

妹「暗殺者……? 暗殺者って……」

執事「心配されては良くないと思い、黙っていたのですが」

執事「毎晩のように暗殺者が差し向けられていたのです」

妹「毎晩……」

執事「兄様がやっておられる事は非常に危険な事なのです」

妹「……反感を抱いている者は多いでしょうね」

執事「自分達の利益が減るわけですからね……」

執事「ご安心を。貴女様と兄様はこのわたくしめが必ずお護りいたします」

妹「…………」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:32:32.29 ID:cSI0Ys+p0
兄「妹を人質に……そうか」

執事「妹様の私室まで侵入させてしまったのはわたくしのミスです。申し訳ございません」

兄「今後は四六時中妹の傍で護ってやってくれ」

執事「はっ」

兄「……それと、敵国からの刺客の事だが」

執事「ええ……現在こちらに向かっているとの報告があります」

兄「……そうか」

執事「相当な強者が十名ほどだそうです」

執事「早急に対処すべきだと判断し部下を送ったのですが、皆殺されてしまいました」

兄「………………そうか」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:33:11.80 ID:8wzjZzJ/0
あーこれはNTRの匂いがするわ


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:34:10.39 ID:cSI0Ys+p0
妹「兄上ー!」

兄「妹、大丈夫だったか?」

妹「兄上こそ、常に暗殺者に狙われているだなんて怖くないのですか?」

兄「王なんてこんなものだし、じきにほとんどいなくなるさ」

妹「うっ……うぅっ……」ギュウ

兄「お前も狙われやすい立場にいるのだから、気をつけるんだぞ」

妹「大丈夫です……私、これでもけっこう……戦えますから……」

兄「そうか」ポンポン


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:34:40.17 ID:5V5xcIMt0
>>27
エロゲのやりすぎ

だろ?そうだと言ってくれ


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:34:46.77 ID:cSI0Ys+p0
妹「兄上、死なないでくださいね」ギュゥゥウウ

兄「……妹を残して死んだりなんてしないさ」ナデナデ

兄(国内の暗殺者はともかく、敵国からの抹殺部隊はかなり強力)

兄(この城へ辿り着かれる前に殲滅できれば良いのだが……)

兄(……いや、殲滅よりも、敵対関係の緩和に力を入れた方が良い)

兄(どうか間に合ってくれ…………)

妹「兄上……私、兄上が心配で心配でなりません」

妹「どうかずっと隣に置いてください……」グスッ

兄「……ああ。わかったよ」ナデナデ

兄(こうやってさらに甘えさせ、妹が強くなる機会を奪っている)

兄(……悪い兄だな)


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:35:27.94 ID:cSI0Ys+p0
妹「兄上……兄上……大好き」

兄(妹……本当は后にしたい)

兄(だが、これ以上距離を近くしては、俺を失った時妹は壊れてしまうだろう)

兄(それに、妹はもっと多くを知ってから判断すべきなんだ)

兄「なあ、妹……」

妹「兄上、今日も一緒に寝てください」

兄「……そうだな。今日は怖かったもんな」

兄(一人で寝させるのは……無理か)


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:38:15.81 ID:cSI0Ys+p0
妹「ぐすっ……兄上……」

兄「よしよし……」

兄(妹の潜在魔力は考えられないほど大きいが、父上と母上により)

兄(余程の事が起きない限り目覚めないよう封じられている)

兄(その力が目覚めるような事にならなければ良いのだが……)

妹「兄上……」ソソソ

兄「俺の筋肉の筋をなぞるのはやめてくれるかい。くすぐったいぞ」

妹「じゃあ撫でます」

兄「おいおい……」

兄(くそっ可愛いな……)

妹「ん……」ツンツン

兄「うっ……乳首をツンツンするのもやめてくれ」

妹「じゃあおへそを……」

兄「やめてくれ」


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:38:49.88 ID:cSI0Ys+p0
兄(そんな事をされたらこっちから襲いたくなってしまう)

妹「何かしていないと落ち着きません」

兄「じっとしていればきっとすぐに眠れるさ」

妹「うう…………」

兄「……よしよし」ナデナデ

妹「兄上……」スリスリ

兄「明日起きれなくなったら困るだろう?」

兄「……暗殺者なら執事が片付けてくれるから」

妹「…………はい」


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:39:27.04 ID:cSI0Ys+p0
…………
……

妹「兄上、お怪我をなされたとは本当ですか!?」

兄「大丈夫、もう魔法で治したから」

妹「……将軍の一人が裏切ったと聞きました」

兄「ああ……叔父上の右腕だった南の将軍だ」

兄「仕方ないさ。戦好きで、叔父上の心酔していた者だから」

妹「っ……あに、うえぇっ…………」ブワッ

兄「大丈夫だよ。部下に殺されたりなんてしない」

兄「今の地位は強さが認められないと就けない事は知っているだろう?」

妹「でも、でもっ……」


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:41:00.72 ID:cSI0Ys+p0
兄「大丈夫……大丈夫だよ」ナデナデ

妹「兄上っ…………」

兄「……………………」

兄(……一瞬だけ死ぬかと思った)

兄(覚悟をしているとはいえ、妹を残して死ぬのは流石に怖い)

妹「あに……う、え……えぐっ……」

兄「そんなに泣かなくても大丈夫だから」

妹「……………………兄上、キスして」

兄「い、妹!?」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:44:12.97 ID:cSI0Ys+p0
兄「そ、そんな」

妹「兄上と少しでも強くつながっていたいのです」

兄「つ、つながっ…………」

妹「兄上…………」

兄「…………っ!」ドクッ

妹「あに、うえ…………」

兄「駄目なんだっ!」ダッ

妹「兄上!」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:46:27.21 ID:cSI0Ys+p0
妹(最近、兄上に避けられることが多い……)

妹(兄上は、本当は私のことがお嫌いなのでしょうか)クスン



兄「…………」

執事「本当にこのままでよろしいのですか」

兄「執事……」

執事「妹様、酷く泣いていらっしゃいましたよ」

兄「だが…………」

執事「妹様は幼いながら、兄様を心の底から愛していらっしゃいます」

執事「貴方も、妹様のことを一人の女性として愛していらっしゃる」

執事「愛し合っても、罪ではないでしょう」

執事「敵国と違い、近親婚が禁止されているわけでもないのですから」

兄「…………」


>>37
×叔父上の ○叔父上に


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:48:53.61 ID:cSI0Ys+p0
兄「…………妹」

妹「……兄上、申し訳、ござ……い、ません……でした」エグッ

兄「……いや」

妹「このような愚妹で、真に苦労してらっしゃるでしょう」

妹「もう……私のことは嫌いですか……?」

兄「そんなこと…………あるわけないだろう!!」

妹「っ!」ビクッ


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:49:20.72 ID:cSI0Ys+p0
兄「愛しているから、一歩間違えばお前を傷付けてしまう……」

兄「だから、俺は自分の気持ちに素直に行動してはならないと……そう思っていた」

妹「兄上……」

兄「だが、拒絶した方が、お前を傷付けてしまうのだな……」

妹「では、兄上……」

兄「俺は、お前を愛している。異性として」

妹「…………あにうえぇ!」ギュッ


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:50:11.02 ID:cSI0Ys+p0
兄(……俺は必ずしも早死にすると決まったわけではない)

兄(このまま……妹と愛し合いたい)

兄「……キス、しても良いか」

妹「はい、喜んで……!」

兄「…………」

妹「ん…………」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:52:47.07 ID:cSI0Ys+p0
兄「……………………」クチュ

妹「んっんぅ!? んー!」

兄「……ごめん、大人のキスは知らなかったか」

妹「兄上の舌が、私の口の中に…………」

妹「なんだか……すごく甘かったです」

兄「…………」ドクッ ドクッ

兄(やばい……衝動が)

妹「……兄上? どうかされましたか?」

兄「妹……すまないっ」


50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:54:01.01 ID:cSI0Ys+p0
…………
……

妹「ふふふ」~♪

メイド「近頃の姫様は、なんだか幸せそうね」

召使「ええ。良い事でもあったのでしょう」

妹「ねえ、厨房をお借りしてよろしいでしょうか?」

メイド「ええ、もちろんでございます」

妹「ふふっ兄上にお菓子でも焼こうと思って」

妹(兄上……喜んで下さったら嬉しいな)


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:55:23.96 ID:cSI0Ys+p0
…………
……

兄「だから話を聞けっ!」キィン

「お前等の所為で! お前等の所為で……!」ガガッ

兄「聞く耳を持て!」ギギギ

「結局先代から何も変わっていないじゃないか!」ガキィンッ

兄「くっ…………」


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:57:16.84 ID:cSI0Ys+p0
兵士A「大変だー!」

兵士B「避難しろーっ!」

兵士C「上級兵は迎え撃てー!」

妹「……騒がしいですね。一体何が……」

兵士D「閣下!」

執事「……何だと」

妹「執事……?」

執事「……妹様、落ち着いて話をお聞きになってください」

妹「…………?」

執事「……敵国の抹殺部隊に、攻め込まれました」


56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:58:34.81 ID:cSI0Ys+p0
妹「では、兄上は……」

執事「直ちに避難を」

妹「兄上っ!」ダッ

執事「妹様、行ってはなりません! 妹様!」



妹「兄上っ!」


兄「ぐっ……」ドサッ


妹「あに……うえ…………?」


「……やった! ついに倒したぞ!」

「やりましたね!」

「これで平和が戻る……!」





勇者「魔王を倒したんだ!」


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 02:59:39.58 ID:x09Ieue/0
( ゚Д゚)


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:00:12.18 ID:sZ34KLIK0
えっ


61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:01:14.00 ID:cSI0Ys+p0
妹「兄……上……」フラフラ

勇者「……君は?」

妹「兄上…………」

兄「妹…………最期に会えて、良かっ…………た…………」

妹「兄上…………兄上…………?」

勇者「君は……魔王の妹!?」

妹「兄上、目をお開けください、兄上!」

兄「…………」

妹「焼き菓子を作ったんです。食べてください!」

兄「……………………」

妹「兄上……そんな…………」


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:02:14.61 ID:cSI0Ys+p0
妹「……どうして兄上を殺したの」

勇者「どうしてって……魔族が人間を襲うから……」

妹「兄上は優しい魔王様だったんだよ……?」

妹「奴隷をなくして、平民も裕福な生活を送れるようにするために、ずっと頑張ってきたんだよ……?」

妹「人間との争いを止めるために、何回も何回も魔貴族達を説得して、」

妹「やっと準備が整ったところだったのに……!」

勇者「う、嘘だ! だって……代替わりしたって……」

妹「まだ兄上が魔王になってから、二か月しか経ってないんだよ……?」

妹「どうしてもう少し待ってくれなかったの……?」


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:02:46.23 ID:cSI0Ys+p0
勇者「な、なあ賢者、今の魔王も悪い奴なんだよな? そうだよな!?」

賢者「……その小娘の言葉に耳を傾けるな」

妹「君……確か、南の将軍の息子……」

妹「そっか……魔族の暗殺者じゃ殺せなかったから、人間を利用したんだ……」

妹「たった一人で戦った兄上を、こんな大勢で……」

魔法使い「そういえば、魔王、何か言おうとしていたわね……」

勇者「その子の言ってること……本当なのか?」


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:04:29.08 ID:cSI0Ys+p0
妹「……許さない」ボワッ

僧侶「ひっ」

魔法使い「何? あの子の纏っている魔気の大きさ……!」

妹「お前等……皆殺しだ」

…………
……

妹「ふふ……皆弱ってきたね」

妹「一人ずつ、息の根を止めようか」



執事「お待ちください!」


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:05:48.89 ID:cSI0Ys+p0
妹「執事さん……邪魔しないで」

執事「……どうか、怒りと悲しみをお沈めください」

執事「……人間の抹殺部隊は、魔王の代替わりによって待機する予定だったと情報が入りました」

執事「彼等を突き動かしたのは、魔族である賢者です」

執事「彼は、こちらで裁きます」

妹「でも、こいつらは!」

執事「貴女様が誰かを殺めれば、兄様は悲しまれるでしょう」


69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:07:02.35 ID:cSI0Ys+p0
妹「兄上が…………」

勇者「助かった……のか……?」

賢者「くっ……」

執事「……そして、これを」

妹「これは……?」

執事「……超古代魔術の書です」

執事「この書を解読する事が出来れば、死者を蘇生する事も可能なのです」

妹「兄上は……助かるのですか……?」

執事「解読できたとしても、相当の魔力を消費しますが……」

執事「今の妹様の魔力ならば不可能ではないでしょう」


72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:08:19.87 ID:cSI0Ys+p0
執事「ですから、兄様を蘇生できるその日まで、どうか兄様の遺志を継ぎ」

執事「平和に向けて、国をお治め下さい」




……兄上

あれから大分時間が経ってしまいました。

兄上ほど上手く政を行う事は出来ないけれど、なんとか乗り越えています。

貴方がいなくなってから、私は多くを学び、多くを知りました。

でも、貴方以外の男性に愛を覚えたことは一度もありません。


いつか書の解読を終え、再び貴方に相見える時を信じています。




「いも……うと……?」

「兄上!」




74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:08:58.96 ID:cSI0Ys+p0
最初はバッドエンドにしようと思っていた。
別ルートで
数ヶ月前に妹が兄にフラれて家出

勇者と一緒に旅

勇者に惚れられるけど最終的に兄とラブラブハッピーエンド
を考えていたけど長くなりそうで書く気力がない。


76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:09:57.02 ID:x09Ieue/0
エピローグやたらあっさりだな



77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:10:19.00 ID:cSI0Ys+p0
兄の「多くを知ってから判断すべき」発言は妹が旅に出るという伏線のつもりだった


78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:10:36.96 ID:5V5xcIMt0
あい乙


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:11:11.32 ID:GuQczxRA0
バッドエンドじゃなかったからおk


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:11:41.04 ID:NXyRCQM/O
いや、ひたすらイチャイチャでよかったよ

勇者なんぞいらない


81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:16:55.33 ID:P0GMFhVY0
おつ


83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:23:16.87 ID:cSI0Ys+p0
執事「一生互いを愛し合うと誓いますか」

兄「誓います」

妹「誓います」


勇者「妹さん……可愛いな……」

魔使「何言ってんのよあんた」


妹「王位は兄上に返却します」

妹「魔族の王には貴方こそふさわしい」

兄「お前もこれまでよくやって来ていたじゃないか」

妹「貴方が土台を築いてくれていたからです」


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:24:43.83 ID:cSI0Ys+p0
妹「では王冠を……」

兄「……ああ」

妹「兄上……愛しています」

兄「ああ、愛しているよ、妹」

今度こそ終わる


85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:27:06.01 ID:BxDvlG6U0



86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:29:30.89 ID:BYjOohkh0



87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:30:13.62 ID:89RzQIyr0

よかったよかった


88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:32:10.19 ID:cSI0Ys+p0
敵国と違って近親婚が認められているのは
兄妹でも固有の遺伝子を持って生まれてくることが多いため
っていうのを入れ忘れた


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 03:38:23.67 ID:nyXdhL1J0
面白かった


93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 04:00:16.14 ID:aFV9WfLs0
素晴らしい



94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/03(火) 04:55:16.24 ID:qpVtnSQS0
ちゃんとまとまってたよ乙


転載元

姫妹「兄上ー! すりすりすりすりぃ」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333384615/






新妹魔王の契約者II (角川スニーカー文庫)
上栖 綴人
角川書店(角川グループパブリッシング) (2013-01-31)
売り上げランキング: 35,948


関連記事
2014/01/22 12:25 | CM(1) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 名無し [ 2014/01/26 21:20 ]
  2. 素直に面白かった。
    鬱フラグビンビンだったけどハッピーエンドでよかった
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング