HEADLINE

勇者「僧侶が化物に変えられてしまった」僧侶「ワタシヲコロシテ」

2014/02/02 20:22 | CM(4) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:19:48.21 ID:7S2BZSJrP
僧侶「ウボオオオォ」

勇者「くっ……なんて恐ろしい魔術なんだ! 僧侶を化物にしてしまうとは……」

側近「ククク、魔王の側近をつとめる私の魔術にかかればこの程度造作もない」

魔法使い「ど、どうするの勇者!?」

戦士「とりあえず僧侶をどうにかしないと!」

勇者「……」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:22:30.93 ID:ObZkKHWA0
ザビエルカットの僧侶はハゲモノからバケモノに変えられたのか……


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:24:50.80 ID:7S2BZSJrP
側近(今まで魔王様を討伐しようと来たものたちも、皆この戦法で屠ってきた)

側近(特に勇者パーティーなんて仲良しこよしパーティには、このやり方はもってこいだ!)



勇者「仕方ない、とりあえず限界ギリギリまで追い詰めよう」

魔法使い「ほ、本気で言ってんの勇者!?」

戦士「お前……! 仮にも仲間だろっ!」

側近(ほう。意外と冷静だな。だが、その冷静さもいつまで持つかな?)


勇者「うらああああぁぁっ!」

僧侶「うばあああぁあぁぁっ!」

側近(剣で串刺しだと……! コイツためらいがないぞっ!)


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:29:24.27 ID:7S2BZSJrP
魔法使い「ちょっ……アンタなにやってんの!?」

戦士「僧侶はオレたちの大切な仲間だろうが! 死ぬぞ!」

勇者「黙れ。たとえ仲間だろうと、敵の手に堕ちたヤツを生かしておくわけにはいかん」

側近「き、キサマ……それでも勇者か!」

勇者「黙れ。敵はなにがなんでも殲滅する。これは勇者世界の常識だ」

勇者「もと仲間のよしみとして、楽にあの世へと連れて行ってやろう」

側近「あ、ぁあああ……わ、ワタシヲ……」

戦士「ゆ、勇者、僧侶が喋ったぞ!」

魔法使い「私たちの強い思い出なんとか正気を取り戻したんだわ」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:33:50.03 ID:4Kst7/XW0
おい側近


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:36:15.37 ID:7S2BZSJrP
僧侶「ゆ、ユウシャサマ……ワタシヲ……」

勇者「……」



側近(き、きたぞ……『私を殺して』的な展開だ!)

側近(どんな屈強な強者もこの展開になると、とたんに手出しができなくなる!)

側近(これで感動的なシーンになったら、まとめて殺してやる……ククク)


僧侶「み、ミナサマモ……も、モウシワケゴザイマセンデシタ……」

戦士「も、もういい……僧侶よ……喋るなっ!」

僧侶「な、ナカナイデクダサイ……ワタシハ、モウ……」

魔法使い「ううぅ……こんなのってあんまりだよぉ……」

側近(完璧にスキだらけだ……今ならコイツらを一網打尽に……)


勇者「なに敵の手に落ちてんねん!」ズクシッ!

僧侶「ぎゃああああああああっ!


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:41:59.16 ID:7S2BZSJrP
側近(コイツ、ひでえ……悪魔みたいだ)


勇者「お前のせいで、どれだけ敵を倒すのに時間がかかっていると思ってんだ」

僧侶「あぁぁ……そ、それは……とりあえず、私を殺して……死んで詫びますから……」

勇者「ふむ。聖職者らしい懺悔の仕方だな」

戦士「いやいや、ちょっと待て。いくらなんでもダメだろ」

魔法使い「そ、そうだよ! なんとか正気を取り戻したんだから」

戦士「もしかしたら、僧侶をもとに戻す手段があるかもしれないんだぞっ!


側近「むだむだ……その姿になって、もとに戻れたヤツは今まで誰もいない」

勇者「そうなのか?」

側近「そのとおり。キサマらもそのシスターと同じようにしてやるっ」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:49:03.64 ID:7S2BZSJrP
勇者「敵になるぐらいだったら、見捨てようかと思ったが、そう言われるとなんかこう、
   もとに戻したくなるな」

側近「いや、だから無理だっつーの。何対の人間を化物に変えたと思ってんだ」

勇者「参考までに何体やったんだ?」

側近「1000体」

勇者「それはなかなかすごいな」

側近「だろう?」

勇者「だが、証拠がないな。本当にそこまで敵を化物に変えたのか、証拠を見せて欲しい」

側近「はい」


化物25「よこはまああああああああああああああ」

化物178「べいべええええええええええええええええええ」

化物1090「らいああああああああああああああああああああ」


魔法使い「ちょっと千超えてるし! ていうかなんで勇者も余計なこというのよ!」

勇者「まさか本当にこんなにいるとは……」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:52:35.49 ID:7S2BZSJrP
戦士「この数を相手にするのは無理だ!」

勇者「とりあえず逃げるぞ……僧侶っ!」

化物54「うぼあああああああっ!」

魔法使い「それちがう人だよっ!」

僧侶「わ、わたしは……ここですっ!」

勇者「ええいっ! ややこしい! とりあえず転移魔法でこの場を脱出!」


ぶわっ


側近「ふっ……逃げられたか。しかし、あの僧侶をもとに戻すのは不可能……!」


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 16:59:15.50 ID:7S2BZSJrP
勇者「なんとか逃げきれたな」

魔法使い「でも、どうするの? あんなに敵の数が多いなんて夢にも思わなかった」

戦士「ああ、オレもだ……」

僧侶「わ、わたしもだばあああばああああああっ! うんばあああああっ!」


魔法使い「た、大変よ……また僧侶が暴走しはじめたわ!」

戦士「な、なんとかしないと……」

勇者「うるさい少し黙ろう」ずぶりっ!

僧侶「うぎゃああああああっ! ……あ、あれわたしは……ぐぅっ!?」

勇者「お前、また暴走してたぞ」

僧侶「ぬぁああぁっ……い、いたいっ……ゆ、勇者様……あ、ありがとうございます……」

魔法使い「だからなんで、そんなあっさりと僧侶をぶっさすのよ!?」

勇者「仕方がないだろう。暴走されたら面倒だ……まてよ」

戦士「どうした?」

勇者「こいつ、死にそうになるたびに正気を取り戻すよな?」

戦士「……そうだな」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:00:59.73 ID:9vCTkRkO0
僧侶しなないんか


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:01:18.98 ID:imtl/Jp30
脳筋勇者


16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:02:47.27 ID:7S2BZSJrP
魔法使い「どうも致命傷に近いダメージがあると、正気に戻るみたいだね」

僧侶「はあはあ……ぐううぅぅ……そのようです……」

勇者「だったら、こういうのはどうだ?」

魔法使い「というと?」

勇者「一回僧侶を殺そう」

戦士「ふ、ふざけてるのかっお前!」

勇者「ふざけていない。オレは極めて真面目だ。いいか、よく聞け」

僧侶「はあはあ……はぃ……」

勇者「一回僧侶を殺して、そのあと教会で復活させるんだ」

魔法使い「あ、そっか。そらならもとに戻るかも」

戦士「頭いいっすね」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:03:04.15 ID:qvhUj4ao0
戦士だったらよかったのに


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:06:42.00 ID:7S2BZSJrP
勇者「そういうわけだ。聞いていたか僧侶?」

僧侶「はぁはぁ……はうぅ…………ぉ、おねがいしま、すぅ……」

勇者「うん。じゃあさっそく」

ずぼっ

僧侶「かはっ……!」



僧侶「」

魔法使い「ホント、勇者ってばためらいがないわね」

戦士「ああ。まさかここまでサクッとやるとは」

勇者「オレも本当は悲しいんだ。それより教会へ行くぞ」

僧侶「」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:12:50.14 ID:7S2BZSJrP
神父「あの……この魔物を復活させるんですか?」

勇者「悪いか?」

神父「いちおう、うちの教会では人間様のみがお取り扱いの対象となっておりまして」

勇者「コイツは僧侶だぞ」

僧侶「」

神父「またまたー、なにを言ってらっしゃるんですかあ」

勇者「こういう術なんだ。自分の姿を魔物に変える術をやったんだ」

神父「ほ、本当ですか?」

勇者「本当だ」

神父「まあわかりましたよ。じゃあ、やりますよ」

勇者「ああ、頼む」


魔法使い「成功するといいね」

戦士「ほんとそれな」


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:16:52.79 ID:7S2BZSJrP
僧侶「うぼああああああああああああああああああああああああっ」

神父「えっと、やっぱりこれ化物じゃないんですか」

魔法使い「ごく普通に化物まま復活したね」

戦士「しかもまた正気を失ってるしな」

勇者「ふむ、そう簡単に一筋縄ではいかないか」

ずぶりっ

僧侶「ぎゃああああああああぁあぁっ」


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:21:02.20 ID:7S2BZSJrP
僧侶「はあはあ……わ、わたしはいったいなにを……」

勇者「さっきオレがお前を殺しただろ?」

僧侶「うぐううっ……そういえば……」

勇者「それで教会で蘇生をしてもらったんだが、残念ながらもとの姿には戻らないみたいだ」

僧侶「な、なるほど……あ、あの……ゆ、勇者様……」

勇者「なんだ?」

僧侶「や、やっぱりわ、わたしを……殺してもらえないでしょうか?」

勇者「ダメだ。お前はオレの仲間だからな」

戦士「勇者……」

魔法使い「なんだかんだ、優しいよね」

勇者「当然だ。それにあの側近を見返したいしな」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:21:32.99 ID:9vCTkRkO0
優しい…?


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:23:19.77 ID:UEaNc+A20
優しさってなんだろう


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:23:21.13 ID:UkTg9Gun0
面白い


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:24:10.07 ID:ogAGvjT10
勇者:男 戦士:男 僧侶:女 魔法使い:女
でいいんだよな
この男女構成じゃないと話にならんぞ


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:24:38.97 ID:nuKk3m9c0
なんて仲のいいPTなんだ


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:26:27.18 ID:7S2BZSJrP
……
………
…………

僧侶「何度も生き死にを繰り返してたら、正気を失うことはなくなりましたけど……」

魔法使い「やっぱり姿は元に戻らないんだね」

戦士「これだけやっているのに……」

勇者「悔しいなあ。まんまあの側近の言ったとおりだもんな」

戦士「ていうか、これってつまりあの化物全員とは、やっぱり戦うしかないってことだろ」

魔法使い「そ、そんなの無理だよ……」

勇者「いやあ、色んな意味でマジ悔しいな。ていうか魔王城を前にして、あの敵の数はやばい」

戦士「正直僧侶よりそっちなんとかしないと」

魔法使い「ほんとうにね。このまま街とか襲撃されたら私たちアウトだよ」

勇者「おい僧侶」

僧侶「なんでしょうか」

勇者「なにかいいアイディアはないか?」

僧侶「もう神のもとへ行きたくてそれどころじゃありません」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:32:49.19 ID:7S2BZSJrP
勇者「おまえっ……! ふざけてんのかっ!」

僧侶「きゃっ……! ゆ、勇者様なにを……!?」

魔法使い「女の子の胸ぐらをつかむのはダメだよ!」

勇者「黙れ……オレの知っている勇者はなあ! そんなことを言うヤツじゃなかった! 
   意外と強くて……時には厳しく時には優しく……とにかく素敵なヤツなんだよ!」

僧侶「は、はい……」

魔法使い「勇者……」

勇者「お前が苦しいのはわかる! だけどお前と同じように化物になった人も苦しいんだぞ!

僧侶「わ、わたしは……」

勇者「お前が頑張らなくて誰がアイツらを救えるんだよ! おいっ僧侶!」

戦士「ふっ……さすがオレたちの勇者様だ」


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:36:37.13 ID:nuKk3m9c0
なんて熱い男なんだ・・・


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:36:45.18 ID:mST6LIER0
(´・ω・`)?


36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:40:07.64 ID:7S2BZSJrP
魔法使い「そうだよ! 私たちが諦めたら……勇者パーティが諦めたらダメだよねっ!」

勇者「そうだ。希望を捨てるなっ! 走り続けるかぎりたどり着ける場所は必ずあるっ!」

戦士「まったく……オレたちの勇者はやはりアツアツだぜ……」

僧侶「み、みなさん……ほ、本当にすみません……私のせいでこんなことになっているのに……」

勇者「気にするな。オレたちは仲間だ。一蓮托生だろ」

戦士「そのとおりだぜ、僧侶」

僧侶「み、みなさん……わ、わだじみなざんのながまで、よがっだ……うぅぅ」

勇者「なくなよ、僧侶。可愛い顔が台無しだ」

魔法使い「それで勇者。どうやって僧侶をもとに戻すの?」

勇者「ああ、それはもう百回トライして無理だったから諦めよう」

魔法使い「おっけー。じゃあ……」

戦士「どうやって残りの化物を倒すか、だな」


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:45:33.78 ID:WljYjDFE0
ずっと茶番


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:45:45.46 ID:7S2BZSJrP
僧侶「でも、あの数の敵を四人で倒すのはいくらなんでも無理なのでは?」

戦士「ああ。オレもそう思う」

魔法使い「なにか強大な魔法とかで、ハメたりするしかないよね」

勇者「いや、そんな荒っぽい方法はダメだ」

魔法使い「どうして?」

勇者「彼らは僧侶と同じように、もとは人間だったんだぞ? 
   理不尽に姿を変えられたのに、その上傷つけれるなんて可哀想すぎる」

僧侶「しかし、どうすれば……」

勇者「オレにひとつアイディアがある。これだ」

化物54「うぼああああああああああああああああああああああああっ」

戦士「これ、勇者が僧侶と間違えて連れてきちゃったヤツじゃん」

勇者「今の今まで息の根を止めてもらってたんだ」

魔法使い「これでどうするの?」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:51:18.60 ID:7S2BZSJrP
勇者「戦士、ためしにコイツとコミュニケーションをとってくれないか?」

戦士「オレが? まあ、やってみるよ……へいへいっ?」

化物54「……」

戦士「ぎみゆぁばーでぃ?」

化物「うぼああああああああああああああああああああああああっ」

戦士「ぎゃあああああっ!?」

魔法使い「バッドコミュニケーションだよ、これじゃあ」

勇者「ああ。おそらく原因の一つはもとが女性だったからだろう。
   で、もう一つの原因は姿形がちがうからだと思う」

戦士「ぐっ……じゃあ、はあはあ……どうするんだ?」

勇者「そこで僧侶の出番だろ?」

僧侶「なるほど。同じ姿の私だったらなんとか会話できるかもしれません」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 17:57:20.03 ID:7S2BZSJrP
勇者「ちょっとやってみれくれないか?」

僧侶「はい。えっと……初めまして」

化物54「あ、どうも……」

僧侶「……よかった。きちんとお話できるんですね」

化物54「ええ。同じ姿の人とならなんとか……///」



魔法使い「すごいね、僧侶」

戦士「だ、だが……ぐっ……うううぅ……これでどう、するんだ……」

勇者「一人一人懐柔していくに決まってるだろ」

魔法使い「時間かからない?」

勇者「メガホンとかなんかで適当に叫べば、聞こえたヤツは勝手に願えるだろ」

魔法使い「それもそうだね。これだけあっさりあの化物も寝返ったし」

戦士「へっ……面白く、なってきたぜ………………ぐっ……」

戦士「」


44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:01:24.89 ID:sD4LLn4A0
54たそ~


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:03:33.55 ID:7S2BZSJrP
……
…………
……………


勇者(こうして、オレたちは化物を懐柔させるための活動を始めた)

勇者(その道のりは決してらくなものではなかったが、なんとか全化物を味方につけることができた)

勇者(途中新しい戦士の加入イベントや、過労で僧侶が死んでしまったりもしたがなんとか魔王城の前までたどり着いた)



側近「し、信じられない。ま、まさか勇者たちが私のしもべをすべて手懐けるとは……」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:08:53.35 ID:7S2BZSJrP
勇者「ようやくここまで来たな……」

魔法使い「長かったね」

戦士「ここまで様々な犠牲があったらしいが、あとはこの魔王城の門番を倒すだけだな」

勇者「失った仲間の代わりに千を超える仲間も手に入ったしな」

魔法使い「交尾させて数を増やすってアイディアはよかったね」

戦士「ああ」

勇者「これから魔王城の門番たちをけちらしにいくぞ…・・・!」




勇者「一番うしろのほうまで聞こえているかー! へーい!」


化物17854「「「「うぼああああああああああああああああああああああああっ」」」」


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:10:58.07 ID:mFJ3ipsvO
あ、頭が勇者なだけで魔王軍だこれ


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:14:21.43 ID:7S2BZSJrP
勇者「これから魔王城に乗り込むわけだが、聞いて欲しい」

化物17854「……」


勇者「オレたちずっと戦い続けることで色んな景色を見せてもらってきました」


化物17854「……」


勇者「そして、そのどれもが本当に感動的で愛しくてかけがえのないものですっ!」


化物17854「……!」


勇者「強くたって弱くたってとにかく戦い続ければたどり着ける場所があるということ……」




勇者「教えてくれたのはみんななんだよおおおっ!」

化物17854「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:15:34.68 ID:hwApKrxk0
こういうどっちが悪者なのかわからなくなるような展開好きだわ


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:20:19.31 ID:7S2BZSJrP
勇者「そうやって今日たどり着いたこの場所、ここ魔王城の前で今こうやって見てる景色……」

勇者「これもホントさいこおですううううぅっ!」


化物17854「「「いえええええええええええいっ」」」


勇者「是非お互いこの瞬間を胸に焼き付けて……また今度笑顔で会える日まで……」

勇者「戦い続けましょうよねえっ!」


化物17854「「「「うおおぽおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」」」」


勇者「魔王倒すんだぞおおおおおお!!」

勇者「やくそくだぞおおおおおおおおおおおおお!!!!!」


化物17854「「「「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」」」」


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:22:58.31 ID:LbTqZaMt0
混乱した仲間は殺しとくに限るからな


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:23:54.03 ID:7S2BZSJrP
勇者「今まで戦ってきてくれた仲間たちに心から感謝します!」

勇者「どうもありがとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」


化物17854「「「「「おええええええええええええええええええええええええええい!!!」」」」



魔法使い(この勇者が『ああ、自分のパーティ作りてえなあ』って言わなかったら)

魔法使い(魔王を倒す瞬間に立ち会えたりもしなかったんだよね……うん)


59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:26:35.13 ID:sD4LLn4A0
パーティ(総勢17858)


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:29:14.52 ID:7S2BZSJrP
魔法使い(その後は化け物たちは激しい争いの末、門番や側近をやっつけました)

魔法使い(でもぶっちゃけ、敵に化物に変えられるような雑魚だったので一人一人は雑魚そのもの)

魔法使い(結局最後は、魔王チームも化物チームも互いに全滅しました)



魔法使い「……いよいよだね」

戦士「オレ、初めて戦うから緊張するぜ!」

勇者「みんなの犠牲は忘れなよ……魔王城へいくぞ……!」



魔法使い(そうして、私たちは魔王城へ乗り込もうとうするも、まさかの魔王が魔物を引き連れて)

魔法使い(入口前に現れて和平交渉をしようだのと揉めたり、色々とあるんですけど、それはまた別の話)




おわりでいいよね


64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:29:59.14 ID:sD4LLn4A0
よく考えたら僧侶いなくても化物がいれば済む話なんだよな


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:32:06.58 ID:7S2BZSJrP
というわけでお前ら、


LIVE DVD&Blu-ray「B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER -XXV BEST-」
2014年01月29日リリースされたから買えよ!


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:32:39.89 ID:ogAGvjT10
B'zのステマスレだったのか


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:33:13.53 ID:Tv/Ex+fK0
長いステマだな
最後は僧侶も死んだのだろうか


68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/02(日) 18:34:33.48 ID:qvhUj4ao0
僧侶も雑魚呼ばわりしやがったww


転載元

勇者「僧侶が化物に変えられてしまった」僧侶「ワタシヲコロシテ」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391325588/






オーバーロード6 王国の漢たち[下]【ドラマCD付特装版】
丸山くがね
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 100

関連記事
2014/02/02 20:22 | CM(4) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/02/02 21:02 ]
  2. (これ側近が頑張れば人類総魔物化イケたんとちゃんうか…?)
  3. 名無し [ 2014/02/02 21:06 ]
  4. ちょくちょく2008年のライブ混じってんじゃねーかよ。
  5. 774@いんばりあん [ 2014/02/02 22:10 ]
  6. 17854のとこで盛大に吹いたわwwwww


    まっちゃんネタはどうした。井戸とか出せよ井戸とか。
  7. 774@いんばりあん [ 2014/02/02 23:43 ]
  8. >>3化け物1090とかしっかりまっちゃんの楽曲タイトルも出てるじゃん
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング