HEADLINE

八幡「無想転生…?」ラオウ「うむ…。」

2014/02/05 05:19 | CM(1) | 俺ガイル SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 22:11:32.56 ID:HdbTRzHB0
雪ノ下「………」

由比ヶ浜「………」

ラオウ「………」

八幡(……部室内の空気が重い
    八幡大菩薩でも裸足で逃げ出しだすレベルだよ)

八幡(あれもこれもこの平塚先生がこの男を連れてきたからだよ
    どうしてこうなった…)



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 22:29:37.11 ID:HdbTRzHB0
八幡(悪夢のはじまりは三十分前だったな…)

~三十分前~

平塚「入るぞ」

由比ヶ浜「あ、先生!」

平塚「おう!」

雪ノ下「先生、だからノックを…」

平塚「細かいことを気にするな!寿命が縮むぞ!」

八幡「…相変わらずですね先生、だから良い相手に逃げられ…」

セッカッッコー!

八幡「あべし!」

平塚「なに言ったか~?はちま~ん?」

八幡「イイエナンデモアリマセン」


7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 22:38:11.57 ID:HdbTRzHB0
由比ヶ浜「うわぁ~、ヒッキー大丈夫?」

雪ノ下「そこに転がっている虫けらはともかく、何か御用ですか?」

八幡「虫けらとはなんだ、虫けらとは…」

雪ノ下「あら?普段役に立たない貴方にはお似合いでしょ?
     それともそれ以下のゴミクズの方が良かったかしら?」

八幡「それ以上言うとしまいにゃ、泣くぞ…」


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 22:46:42.11 ID:HdbTRzHB0
平塚「ああ、今回は友人を連れてきてな」

由比ヶ浜「友人…ですか?」

平塚「ああ、通っている道場で知り合った友人だ」
   
雪ノ下「道場…。」

平塚「おもいっきり人を殴るのはストレス解消にもなるしな!」

八幡「その鍛えた拳で生徒を殴らないでくださいよ・・・」

平塚「大丈夫だ、まだ秘孔は突ききっていないから
    ミンチになることもないさ!」

八幡(ミンチ!?今ミンチって言ったこの人?!)


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 22:51:55.34 ID:RL0mUeQe0
やっぱりカイオウよりラオウ派
ブラコンな所がいい


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 22:57:10.86 ID:HdbTRzHB0
雪ノ下「…その友人がどうして奉仕部に?」

平塚「実はな、彼にも解決して欲しい問題があるのだよ」

雪ノ下「それを解決しろとおっしゃるのですか?」

平塚「ご名答」

雪ノ下「…分りました、依頼をお受けしましょう」

平塚「では早速…おーい入ってくれ盟友!」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 23:02:11.49 ID:HdbTRzHB0
ラオウ「……(ヌゥ」

雪ノ下「」

由比ヶ浜「ひっ」

八幡「」

八幡(な、なんだこの有無をいわさぬ威圧感は…)

ラオウ「……(ガン」

八幡(…肩パットと兜が邪魔になっていて、入り口で挟まってやがる…)


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 23:14:20.83 ID:HdbTRzHB0
八幡(その装備品を外しても入れなくて
    結局扉を外して入ってくるとか、なんちゅう規格外な漢だ)

平塚「紹介しよう、通っている道場で知り合ったラオウだ」

ラオウ「…拳王だというておろうが」

平塚「それだと呼びづらいだろ!こまけぇことはいいんだよ!」

ラオウ「ぬぅ…」

八幡(その大男と気さくに話し合ってる平塚先生も平塚先生だよ…
    女子力は親のお腹の中にでも置いてきたのかよ…)


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 23:21:30.19 ID:HdbTRzHB0
雪ノ下「……せ、先生。この方の相談と言うのは…?」

平塚「ああ、それについてだが…細かいことはラオウに聞いてくれ」

雪ノ下「はい?」

平塚「じゃあ、私は仕事があるから!ではな!」

由比ヶ浜「え、そ、そんな…」

一同「……」

八幡(部室に肩パットを装備した大男が放置されてる身にもなってくれよ…)


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 23:38:39.77 ID:HdbTRzHB0
ラオウ「うぬらが奉仕部か、平塚から聞いておる
     早速だが、相談させてもらうことはだな」

由比ヶ浜「はぁ…」

ラオウ「悲しみを背負うことだ」

八幡「はいぃ?」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 23:53:10.12 ID:HdbTRzHB0
ラオウ「北斗神拳奥義、無想転生を習得するには
     大きな悲しみを経験せねばならぬ」

雪ノ下「悲しみ?具体的にはどのようなものなのかしら…?」

ラオウ「うむ、例えば想い人の命を自らの手で断つことよ!
     過去の伝承者はこのような悲しみを背負ってきた」

由比ヶ浜「え!そ、そんな酷いことを…サイテーだよ?!」

ラオウ「…北斗神拳伝承者は何もかもを捨てぬといかぬのだ」

八幡「解っているならなんで相談を…」

ラオウ「このご時世で犠牲者を出すなとリュウケンに厳命されてな…」

八幡(さっきまで漫画っぽい話だったのに…急に現実に引き戻された感じだな)


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/04(火) 23:59:44.93 ID:HdbTRzHB0
ラオウ「その事を飲みに行った際に平塚に愚痴を吐いたら
     『ちょうど傷ついて、濁った目になった生徒が居る!』
     と言い出してな」

八幡「…それで俺にお鉢が回ってきたと」
   (釈然としないし、改めて言われると涙が出らぁ…)

ラオウ「そうだ、それでうぬの元へ拳王直々に頭を下げにきたのだ」

八幡(その拳王ってなんだよ、世紀末覇者かなんかですか…?)


20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 00:05:09.39 ID:RUKITNYt0
台詞だけ抜き出すと材木座と変わらんな


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 00:08:55.92 ID:8nbEX8bi0
雪ノ下「つまり、比企谷くんのトラウマを蒸し返すだけで人助けが出来ると
     皆が幸せになる素敵なことだと思うわ」

八幡「ひ、ひでぇ…せめて皆でトラウマを公開しあうとかじゃないと死ぬっつーの」

雪ノ下「あら?売るほど嫌な思い出があるぐらいが、貴方の特技なのに…」

八幡「俺は検索してはいけない単語まとめか何かかよ…」

雪ノ下「では、皆で一つづつ言い合う形でいいかしら?」

ラオウ「うぬらの協力が心地よい…」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 00:20:43.81 ID:8nbEX8bi0
雪ノ下「では私から…、中学校の頃にいじめを受けていたの」

八幡「確か帰国子女だった事に目をつけられたんだっけか?」

雪ノ下「そうね、お陰で物を隠される、トイレで水を掛けられると散々だったわ…」

由比ヶ浜「うわー…酷い事ばかり…」

雪ノ下「それらのは慣れてきたけど、上履きを燃やされた事は衝撃だったわ
     あの不快な臭いは忘れられない…」

ラオウ「ゴフォぁ!」

八幡(拳王が血を吐いた!メンタル弱すぎるだろ!)


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 00:25:35.97 ID:8nbEX8bi0
由比ヶ浜「キャア!だ、大丈夫ですか?!」

ラオウ「ぬっうぅ…心地よき痛みというべきか…
     うぬも深い悲しみを背負っていたのか…」

雪ノ下「もう慣れたわ…」

ラオウ(目に生気が宿っておらぬわ…恐ろしき女よ…)


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 00:34:44.07 ID:8nbEX8bi0
由比ヶ浜「ラオウさん次は私の番だけど大丈夫?」

ラオウ「俺に後退はない!! あるのは前進勝利のみ!!」

八幡(目が座ってるぞ…大丈夫か…?)

由比ヶ浜「じゃあ、言っちゃうね…私は小さい頃に好きな男の子がいたんだ」

由比ヶ浜「だけど、ある日その男の子が立ち話が耳に入ってきて…
       
        『由比ヶ浜とか好きじゃねぇし!嫌いだし!』

        …からかいに対しての強がりだったのだろうけど、ショックだったなぁ…」

雪ノ下「小さい子供は時に残酷ね…」

ラオウ「」

八幡(白目向いてやがる…)


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 00:46:48.76 ID:8nbEX8bi0
雪ノ下「さて、真打ちの登場ね。トラウマ発生器さん?」

八幡「否定出来ないのが辛い所だが…拳王さん大丈夫ですか?」

ラオウ「いま…すべてが終わる。永かった…。」

八幡(oh…うわ言をブツブツ呟いとる…)

八幡「…落し物を届けようとしたら、泥棒と勘違いされ説教」

ラオウ「グフゥ!」

八幡「教師から『目が死んでるなぁ』と言われ、一週間は笑いの種にされる」

ラオウ「ゲフゥ!」

八幡「教室で本を読んでるだけで「アレラノベじゃないキモ!」と難癖つけられる」

ラオウ「俺の…心に傷を…」

雪ノ下、由比ヶ浜(バスケのボールみたいにビクンビクンと跳ねている…)


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 00:49:53.65 ID:8nbEX8bi0
八幡(やべぇ…言い過ぎたか…?)

八幡「拳王さーん…大丈夫ですか…?」

ラオウ「…拳王は決して膝など地につかぬ!!」

八幡(生まれたての子鹿みたいなってるんですが…)


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 00:57:49.77 ID:8nbEX8bi0
ラオウ「!…俺も悲しみを背負うことが出来たわ…!」

八幡「拳王の目が変わった…?!」

由比ヶ浜「ラオウさんの身体が分裂してるよ!何これヒッキー?!」

雪ノ下「…これで依頼は達成ね」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 01:10:57.72 ID:8nbEX8bi0
ラオウ「フゥー…我の学生時代のトラウマまで思い出した時には
     どうなるかと…」

八幡「拳王さんも、ボッチか何かだったのかよ…まぁそんな強面じゃな」

ラオウ「言うな…」


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 01:14:02.58 ID:8nbEX8bi0
ラオウ「このラオウ、ここまで苦戦するとは思わなんだ…
     この奉仕部を精神修行の場と検討したわ…」

八幡「旗から見て、急に図体が大きくなったり小さくなったりで
    心臓に悪いのでこれっきりでお願いします!本当に!」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 01:16:24.55 ID:8nbEX8bi0
こうして、奇妙な依頼は解消されたとさ

おわり


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 01:18:58.27 ID:Tloj/hZA0
でも平和な時代ならトキが伝承者になると思いました。


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 01:26:46.42 ID:Kwnz6w7n0

最近やってった、デフォルメ北斗の世界ならもしかするとありえる。見てないが。


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/05(水) 01:35:10.99 ID:8nbEX8bi0
拙い文章に最後までお付き合いいただいて
本当にありがとうございました

刹活孔は、安心しろ、まだ秘孔は突ききっていないって平塚先生が


転載元

八幡「無想転生…?」ラオウ「うむ…。」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391519492/






やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 クッション
ブロッコリー (2013-09-14)
売り上げランキング: 34,550

関連記事
2014/02/05 05:19 | CM(1) | 俺ガイル SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/02/05 11:49 ]
  2. もうタイトルだけでwktkが止まらない
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング