HEADLINE

少年「じゃあ、また明日!」

2014/02/09 23:33 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:19:47.63 ID:dZaQwsey0

 **「はい、じゃあみんなに挨拶してね。」

 少年「今日からみんなと一緒にお勉強することになりました。よろしくお願いします。」

 **「あいつのウチ、かーちゃんいないらしいぜ。」

 **「なんかヨニゲ?してきたらしいよ?」

 **「ヨニゲってなんだ?」

 **「知らない。」




2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:20:43.47 ID:dZaQwsey0

 **「こら、そこ、ちゃんと聞きなさい。」

 **「はーい。」

 **「分からない事があったら、みんなに聞いてね。」

 少年「うん。」

 **「みんなも仲良くしてあげなさい。わかった?」

 **「はーい。」



3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:21:20.34 ID:dZaQwsey0

 お婆「どうだったぇ?ガッコは?」

 少年「うーん…」

 お婆「友達ぁでぎだが?」

 少年「わかんない。」

 お婆「前のガッコよりぁ子供すぐねだろ?」

 少年「うん。」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:22:24.91 ID:dZaQwsey0

 お婆「はよぅ馴染めだらええだがな…」

 少年「うん…」

 お婆「何ぞ嫌なこどでも言われだが?」

 少年「ううん。」

 お婆「おやつ出しといたで、食ってええど。」

 少年「ありがとう。」



6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:22:59.79 ID:dZaQwsey0

 少年「お父さんは?」

 お婆「さーで…今夜も遅くなるでねが?」

 少年「そっか…」

 お婆「寂しがか?」

 少年「ううん。おばーちゃんが居るし。」

 お婆「お前はええ子じゃの。」



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:24:18.53 ID:dZaQwsey0

 **「お前んち、かーちゃん居ないってホントか?」

 少年「お母さんは入院してるんだ。」

 **「ふーん。」

 **「なんで引っ越してきたんだ?」

 少年「お父さんの仕事で…」

 **「ふーん。」



8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:25:00.81 ID:dZaQwsey0

 **「もういいや、行こうぜ。」

 **「そーだな。」

 少年「どこに行くの?」

 **「秘密基地。」

 少年「あ、待って。僕も…」

 **「お前はダメだ。まだニュウダンシカクもってない。」



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:27:37.91 ID:dZaQwsey0

 お婆「ほうか、秘密基地なんぞ作っておるがか。」

 少年「おばーちゃん何か知ってる?」

 お婆「いんや。なーんにも。」

 少年「そっか…」

 お婆「たんだ、河童を退治するばゆうとったこだあっだな。」

 少年「河童?居るの?」

 お婆「見たちゅうもんはおる。が、ババは会ったこだねえなぁ。」



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:28:24.12 ID:dZaQwsey0

 **「なんだ、仲間に入れて欲しいのか?」

 少年「うん。」

 **「じゃあ、ニュウダンシケンをしてやろう。」

 **「えー?こいつ入れんの?」

 **「昨日のアレ…な?」

 **「ああ!そういうことか。」

 **「そうだな!使ってみないとな!」



13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:29:04.01 ID:dZaQwsey0

 **「みんな持ってきたか?」

 **「おー!」

 少年「何をすればいいの?」

 **「昨日作った特製ゴム銃の実験台になってもらう。」

 少年「へ?」

 **「河童に通用するか試すんだよ。」



14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:30:03.11 ID:dZaQwsey0

 少年「痛い!痛いよ!」

 **「輪ゴム無くなった。分けてくれ。」

 **「その袋に入ってるよ。赤いのは取るなよ。トドメ用のスペシャルだ。」

 少年「まって!もうやめて!」

 **「ふーん…じゃあ、シケンは不合格な。」

 少年「そんなぁ…」

 **「わかったら帰れ。ついて来るなよ。」



15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:31:26.08 ID:dZaQwsey0

 少年「うー…」

 ??「アハハ、ひどい顔してるな。」

 少年「なんだよ?」

 ??「あの悪ガキどもにやられたんだ?」

 少年「君…誰?」

 ??「僕?僕はあいつらが退治しようとしてるモノだよ。」

 少年「河童!?」



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:32:24.16 ID:dZaQwsey0

 河童「そのとーり。」

 少年「ふーん…」

 河童「なんだ、驚いて逃げないのか。」

 少年「別に…怖くなんかないし…」

 河童「あ、そっか、今日は変装してないや。」

 少年「変装?」



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:32:55.72 ID:dZaQwsey0

 河童「河童って、どんな格好してると思ってた?」

 少年「皿があって…くちばしと水かきがあって、甲羅。」

 河童「うん、皿と水かきは合ってるけど、くちばしと甲羅は変装なんだよ。」

 少年「嘘だ。僕が都会から来たから騙そうとしてるんだろ?」

 河童「騙す意味がないと思うけどなぁ…」

 少年「河童なんているわけがないじゃん。」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:33:32.07 ID:dZaQwsey0

 河童「ほら、僕の手。ちゃんと水かき付いてるよ。」

 少年「手袋か何かでしょ。」

 河童「疑り深いヤツだなぁ…じゃあ、ちょっとこっちの手を引っ張ってみなよ。」

 少年「引っ張る?」

 河童「うん。思いっきりね。」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:34:43.75 ID:dZaQwsey0

 少年「手が、伸びた・・・!?」

 河童「伸びたっていうのはちょっと違うかなぁ。こっちの手は縮んでるでしょ?」

 少年「あ…」

 河童「ちょっとは信じる気になったかな?」

 少年「うん…」

 河童「じゃあ、悪いけど今度は逆にこっち引っ張ってよ。元に戻して。ね?」



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:35:26.89 ID:dZaQwsey0

 少年「なんで僕に話しかけたの?」

 河童「なんでかな?友達になれたらいいなーって思って。」

 少年「なんだよそれ。」

 河童「なんだろうね?友達いない同士だから?みたいな。」

 少年「…っ!僕には…!」

 河童「いないだろ?」



21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:36:38.86 ID:dZaQwsey0

 少年「引っ越す前は居たんだよ。」

 河童「僕もここに来る前は居たよ?」

 少年「前?」

 河童「あの川のずっと上流、源流近くに住んでたんだけどさ。」

 少年「引っ越した?」

 河童「大雨の時に流されちゃって。」

 少年「戻らないの?」

 河童「恥ずかしいじゃん。」



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:37:23.41 ID:dZaQwsey0

 河童「河童の川流れって知らない?」

 少年「なにそれ?習ってないよ。」

 河童「まあいっか。」

 少年「でも、今は友達いないけどそのうち作るもん。」

 河童「その初めの1人が僕じゃあ駄目なのかい?」

 少年「え…?」



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:38:01.41 ID:dZaQwsey0

 少年「…別に…いいよ。」

 河童「それはどっちの『いい』なのかな?」

 少年「友達になっても…いいよ。」

 河童「やったね!」

 少年「一緒に…遊ぶ?」

 河童「うん!じゃあねぇ…とりあえず、相撲取ろう!」



25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:38:45.25 ID:dZaQwsey0

 お婆「今日はどうしだ?泥んこでねが。いじめが?」

 少年「ううん。違うよ。」

 お婆「ん?なにやらいい事でもあったべ?」

 少年「うん。まあ…わかるの?」

 お婆「その顔ば見りゃあな。」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:40:03.06 ID:dZaQwsey0

 少年「そう言えば、なんで変装なんてしてるの?」

 河童「ギャワ!ギャワ!」

 少年「それ外して。」

 河童「ギャワ…ああ、ごめんごめん。で、何?」

 少年「そのくちばしとか甲羅、なんで変装なんかするのって。」



27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:40:49.52 ID:dZaQwsey0

 河童「人間が寄って来ないようにだよ。」

 少年「なんでさ?」

 河童「怖いものには近付かないだろ?」

 少年「そうじゃなくて、人間を近づけたくない理由。」

 河童「めんどくさいから…かな?人間は僕らを捕まえようとするって聞いた。」

 少年「変装してたら逆に目立つんじゃないかな?」

 河童「さあね。昔からこうしてきたみたいだし、効果はちゃんとあったんだと思うよ。」



28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:41:29.35 ID:dZaQwsey0

 少年「僕はいいの?」

 河童「なにがさ?」

 少年「人間は近づけたくないのに、僕はいいの?」

 河童「いいんじゃない?まあ、君は友達だしね。」

 少年「そっか。そうだね。」

 河童「言ってなかったけど、僕のこと誰かに話した?」

 少年「話してないよ。でも、話しても誰も信じないよ。」



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:42:30.33 ID:dZaQwsey0

 河童「大人はそうかな。でも、あの悪ガキ達はどうだろ…」

 少年「それだったら心配いらないよ。話すわけがないじゃん。」

 河童「別にあの子たちと話をするのはいいよ。僕の事は内緒にしてほしいだけ。」

 少年「でもなぁ…」

 河童「話をしろって言ってるんじゃないんだよ。」

 少年「ん?」

 河童「君が他に友達作るのを邪魔したくないの。」



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:43:15.58 ID:dZaQwsey0

 少年「でも、あいつら秘密基地とか作ってて僕をのけものにしてるし。」

 河童「じゃあさ、僕たちも作ろっか。」

 少年「秘密基地を?」

 河童「そう、僕たちのだ。」

 少年「引っ越してきたばっかりだから、いい場所が分からないよ。」

 河童「僕のとっておきを教えるよ。そのかわり絶対秘密にして。」



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:43:59.97 ID:dZaQwsey0

 河童「こっちこっち。」

 少年「そっちは川じゃないの?」

 河童「そうだよ?」

 少年「川の中に基地つくるの?」

 河童「まあ付いてきてよ。このカヤの茂みを抜けると…」



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:45:30.53 ID:dZaQwsey0

 河童「ここなんかどうかな?」

 少年「すっげー!」

 河童「靴は濡れちゃうだろうけど、この辺は浅いからさ。」

 少年「まあ、それは仕方ないよ。」

 河童「雨が降ってもこの木が雨避けになるんだ。ま、僕は平気だけどね。」

 少年「この石に座ればズボンも濡れないね。」

 河童「僕は濡れてもいいけどね。」



33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:48:46.62 ID:dZaQwsey0

 河童「周りはさ、カヤに囲まれてて外から見えないし。」

 少年「この木にカゴとか付ければいろんなもの置けるね。」

 河童「気に入ってくれたかな?」

 少年「うん。でも、いいの?」

 河童「もう教えちゃったんだし、いまさらダメとは言えなくない?」

 少年「わかった。絶対秘密は守るよ。」



34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:50:32.43 ID:dZaQwsey0

 河童「あー…でも、1つだけお願いしてもいいかな。」

 少年「うん。何?」

 河童「ここじゃ、ちょっと無理だから一旦あがろ。」

 少年「だから、何?」

 河童「また僕と相撲取ってよ。」



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:54:46.97 ID:dZaQwsey0

 少年「また負けたー!」

 河童「でも、惜しかったじゃん。」

 少年「相撲好きなんだ?」

 河童「うん。大好きだ。」

 少年「ここに来る前は他の河童とやってたの?」

 河童「ううん。僕は取らせてもらえなかった。」

 少年「ふーん。」

 河童「だから今は凄くうれしい。」



38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:55:11.54 ID:dZaQwsey0

 河童「もう…日が暮れちゃうね。」

 少年「そんな時間か。じゃあ明日いろいろ持ってくるから、基地作ろ。」

 河童「あ、あの…僕、鉄とか金っ気がニガテなんだ。だから…」

 少年「木とかロープならいい?」

 河童「それも、できれば切ってから持ってきてほしい。ハサミとかいらないように。」

 少年「わかった。じゃあ、また明日!」

 河童「うん。また明日!」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 19:58:36.44 ID:dZaQwsey0

 少年「だいぶそれっぽくなってきたんじゃない?」

 河童「うーん…そういうのは良く分からないな。」

 少年「今日はキュウリ持ってきたんだ。後で食べよ。」

 河童「ほんとに河童がキュウリ好きだと思ってるの?」

 少年「違うの?」

 河童「違わないけどね。」


>>37登場人物の年齢的にアウト


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:02:14.49 ID:dZaQwsey0

 河童「人間は河童にくちばしがあると思ってるんでしょ?」

 少年「普通はそうでしょ。」

 河童「くちばしでキュウリ、上手く食べれるかな?」

 少年「カラスとかは食べるよ。おばーちゃんが言ってた。」

 河童「あれは食べるっていうより、ついばむ。だね。」

 少年「大きいくちばしだったら食べれるんじゃないかな。」

 河童「くちばしがあるってことは、歯がないってことだよ。」



41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:06:32.00 ID:dZaQwsey0

 河童「だから、ちぎることはできても噛めないってわけ。」

 少年「それは食べることにはならないの?」

 河童「わかんない。でも、キュウリはこのポリポリの歯ごたえがいいんじゃないか。」

 少年「あー…それはわかるなぁ。茄子はポリポリしないもんね。」

 河童「茄子は嫌い?」

 少年「あんまり好きじゃないなぁ。でも、ちゃんと残さず食べれるよ。」



42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:10:05.26 ID:dZaQwsey0

 河童「相撲が好きなのに甲羅があるのも変だよね。」

 少年「そうなの?」

 河童「背中に固い甲羅があったら、体曲げられないよ。」

 少年「そっか、体をひねったりできなくなっちゃうね。」

 河童「まあ、人間が見るのはそういう格好に変装してる河童だから、仕方ないか。」

 少年「そうだね。仕方ないね。」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:13:52.98 ID:dZaQwsey0

 お婆「おめ、最近靴ブダブダにして帰って来るだな。」

 少年「あ、ごめんね。おばーちゃん。」

 お婆「あぶねトコさ寄っだりしでねばええだが。」

 少年「危なくないよ。川で遊んでるの。」

 お婆「んなら、今度がらは長靴履いて遊びに行くとええが。」

 少年「うん。そうする。」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:14:24.29 ID:dZaQwsey0

 河童「ねえ、これは何?昨日は無かったよね?」

 少年「鉄砲のおもちゃ。バネの力でこの弾を飛ばすの。」

 河童「弾?このつぶつぶが?」

 少年「BB弾っていうの。」

 河童「ふーん。これで遊ぶの?」

 少年「違うよ。警備のための武器にするの。ちょっと手のひら出して。」



45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:18:05.87 ID:dZaQwsey0

 河童「痛っ!これ痛いよ!?」

 少年「ね。もしもあいつらが来たらこれで追い払うんだ。」

 河童「でも、これ、怪我するよ。」

 少年「あいつらもゴム銃たくさん持ってたし。対抗するものがないと。」

 河童「ここにはそういう物は置いてほしくないな。」

 少年「何もないときには絶対に使わないよ?」

 河童「しょうがないか…本当は嫌だけど…」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:19:19.33 ID:dZaQwsey0

 少年「じゃあさ、君が持っててよ。本当にダメなら隠してもいいから。」

 河童「捨てちゃうかもしれないよ?」

 少年「それでもいいよ。」

 河童「じゃあ、預かるよ。」

 少年「………」

 河童「………」

 少年「相撲取ろっか?」



48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:22:01.61 ID:dZaQwsey0

 河童「負けた…」

 少年「勝ったー!」

 河童「なんか強くなった?練習とか稽古とかしてる?」

 少年「してないよ。」

 河童「じゃあ今度から本気出そうかな。」

 少年「だったら僕は本気の本気を出すもん。」



51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:27:34.29 ID:dZaQwsey0

 少年「あのさ、合言葉決めない?」

 河童「2人しかいないのに合言葉なんかいるの?」

 少年「あったほうがふいんき(←なぜか変換できない)出るじゃん。」

 河童「そんなものかな?」

 少年「なんにしよっか?」

 河童「うーん…そうだなぁ…」



53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:28:00.21 ID:dZaQwsey0

 河童「じゃあ、『ハッケヨイ』と『ノコッタ』で。」

 少年「合言葉にならないよ!」

 河童「駄目だった?」

 少年「知らなくても思い付きで答えられるじゃん。」

 河童「じゃあ『サラ』と『ナガグツ』で。」

 少年「なんのこと?」

 河童「『サラ』は僕のこと、『ナガグツ』は君だ。」

 少年「なるほど。」



56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:31:56.89 ID:dZaQwsey0

 **「それでさ、昨日爺ちゃんから凄い情報教えてもらった。」

 **「なんだよ。俺にも教えろよ。」

 **「河童は鉄が嫌いなんだって。だから針金でお守り作ったんだ。」

 少年「……?」

 **「河童が出てもこれを着けてれば近付いて来れないってわけ。」

 少年「……」



59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:34:37.87 ID:dZaQwsey0

 **「なに見てんだよ。なんかもんくあんの?」

 少年「…別に。」

 **「行こうぜ。」

 **「パトロールもあるしな。」

 **「付いて来るんじゃないぞ。」

 少年「行かないよ。」



61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:38:37.69 ID:dZaQwsey0

 少年「なんかさ、針金でお守りを作ったとか言ってたよ。」

 河童「へえ…それはちょっと嫌だな。いや、かなり嫌かな。」

 少年「鉄に触ると死んじゃうの?」

 河童「死んだりはしないよ。鉄のにおいとかが凄く怖いんだ。」

 少年「鉄ってにおうの?」

 河童「くさいとかそういうのじゃないけど、においはするよ。」



62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:43:04.90 ID:icOgURY00
血の匂いか


63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:43:45.41 ID:dZaQwsey0

 少年「でも、針金で作ったものなら小さいんじゃない?見てないけど。」

 河童「お守りってことは持ち歩くってことでしょ?」

 少年「うん。」

 河童「鉄の機械や建物はさ、自分から近付かなければいいだけなんだ。」

 少年「あ、付けた人間が近づいて来るかもしれない?」

 河童「僕が言おうと思ってたのに…」



64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:46:43.38 ID:dZaQwsey0

 河童「しっ…誰か来たみたい。」

 少年「あいつらかな?」

 河童「話し声がしないから1人だけじゃないかな…」

 少年「でも、見つかりたくないね…」

 河童「ちょっと僕が見てくる。」

 少年「あ、変装は?」

 河童「見てくるだけだから。」



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:50:42.47 ID:dZaQwsey0

 **「だっ、誰か居るのか?」

 河童「……」

 **「気のせいか…ビックリさせやがって。」

 河童(このにおいは…!ダメだまずい!)

 **「おっ!お前は誰だ!?」

 河童「ぼ、僕は…その…」



66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:54:59.94 ID:dZaQwsey0

 **「もしかして、お前が…」

 少年「ギャワ!ギャワ!(帰れ!)」

 河童「!」

 **「!」

 少年「ギャギャギャギャ!(帰らないとタタリだぞ!)」

 **「うわ!ホントに河童が出た!!」



67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:55:28.79 ID:dZaQwsey0

 少年「ギャワ!ギャワ!(早く行けったら)」

 **「来るな!こ、この!おまままま…お守りが有れば…」

 少年「ギャウギャウ!ギャワワ!(そんなもの効かないよ)」

 **「うわーん!おかーさーん!!」

 少年「クー…ポロロロ…(追い返したよ)」

 河童「くっ…」



68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 20:57:57.97 ID:dZaQwsey0

 少年「キュー?(大丈夫?)」

 河童「…ふっ!」

 少年「キュー?(どうしたの?)」

 河童「アハハハハハハハ!!」

 少年「ギャワ!ギャワ!(なんだよ!)」



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:01:35.86 ID:wocRlnwNO
和むなあ


70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:02:27.99 ID:dZaQwsey0

 河童「ごめんごめん。その…いろいろとおかしくって…プッ…クックック…」

 少年「ひどいや。せっかく助けたのに。」

 河童「だからごめんってば。それと、ありがとう。」

 少年「もういいや。」

 河童「だってさあ、君の格好…」

 少年「しょうがないじゃん、服着てたら模様でバレるし、髪の毛も隠さないと…」

 河童「それは分かってるよ、頭に巻いてるのは着てた服でしょ。」



71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:02:57.68 ID:dZaQwsey0

 河童「くちばしと甲羅だけは河童だけど、後はどう見ても人間じゃないか。ダハハ…」

 少年「笑うなよ。」

 河童「君を笑ってなんていないよ。それを見て『河童だー!』って逃げたのがおかしくて。」

 少年「ほんとに?」

 河童「やっぱりごめん、半分うそだ。」

 少年「もう!」



72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:06:58.52 ID:dZaQwsey0

 少年「このくちばし付けて喋ると、勝手に鳴き声になるんだね。」

 河童「うん、凄いでしょ。」

 少年「おかげで上手く騙せたよ。」

 河童「あ、血が出てるよ。痛くない?」

 少年「裸で茂みの中突っ切ったからかな…でも、そんなに痛くないよ。」

 河童「バイ菌はいったらいけないよ。ちょっとじっとしてて。」



73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:09:31.96 ID:dZaQwsey0

 少年「ひゃうっ!なんで舐めるの!?ちょっ、くすぐったいってば!」

 河童「らっへ…犬も猫も怪我したら舐めて治すし、河童のツバって効きそうじゃない?」

 少年「わけわかんないよ。効きそうってなんだよ。」

 河童「なんとなくだよ。ガマの油?みたいな?」

 少年「もういいよ。自分でやるから。」

 河童「そっか、じゃあハイ。あー…」

 少年「自分のツバつけるからいいよ!」



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:11:34.84 ID:dZaQwsey0

 少年「もう血も止まったし、大丈夫かな。」

 河童「家族の人が傷を見て心配しないかな?」

 少年「服を着てれば見えないし、お風呂も1人で入れるから。」

 河童「今日は本当にありがとうね。」

 少年「友達だろ。」

 河童「うん。じゃあ、また明日。」

 少年「うん。また明日。」



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:15:23.07 ID:dZaQwsey0

 **「昨日、河童に会ったんだ。」

 **「まじ?」

 少年(あ、あいつだ…)

 **「お守り効いたか?やっつけたのか?」

 **「お守りは効果なかった。ぜんぜん平気みたい。」

 **「なーんだ。じゃあ、もういらないな。」



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:15:33.27 ID:rcsSsxCB0
胸が熱くなったわけですが


77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:15:56.58 ID:dZaQwsey0

 **「で、でも、河童はやっつけたぞ!逃げて行った!」

 少年「…ぷっ」

 **「なんだよお前?」

 少年「なんでもないよ。」

 **「どの辺で見たんだ?」

 **「今日の学校終ったら、みんなで行こうぜ。」

 少年(!!)

 **「え!…それは、その…」

 **「逃げたんだろ?みんなで行けば降参させられるって。」



78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:19:20.47 ID:dZaQwsey0

 河童「今日はずいぶんあわてて来たんだね。」

 少年「え?」

 河童「だって、最近はいつも長靴に履きかえてから来てたじゃないか。」

 少年「今日はあいつらがみんなで来るんだって。学校で言ってた。」

 河童「1人じゃ怖くても、みんなでやれば怖くない…ってことか。」

 少年「ううん。昨日のヤツが嘘ついたんだ、1人でもやっつけたって。」

 河童「なんだか君って、前に言ってたスパイみたいだね。」



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:22:03.26 ID:dZaQwsey0

 少年「そんなことより、どうしよう?」

 河童「今日は僕が変装して行くよ。」

 少年「うまくいくかな?」

 河童「うまくいかなくてもいいよ。」

 少年「なんで?」

 河童「これ、返すから、君が僕を追い払うの。」

 少年「?」



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:24:56.45 ID:dZaQwsey0

 河童「なるべく当てないように撃ってね。これ痛いから。」

 少年「どういうこと?」

 河童「僕があの子たちを困らせるから、君が登場して僕をやっつけるんだ。」

 少年「なんでそんなことするんだよ?」

 河童「そしたら君はあの子たちと仲良くなれるかなーと思ってさ。昨日のお返しだよ。」

 少年「そんなのダメだよ。嫌だよ。」

 -ここか?-



82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:27:45.76 ID:dZaQwsey0

 -本当にこの辺だったのか?-

 河童「あ、来たみたいだね。」

 -うん…鳴き声がして飛び出してきたよ-

 河童「ちょっと待ってから出てきてね。」

 少年「……」

 -ギャワ!ギャワ!-

 -うわー!出たー!-



83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:29:24.33 ID:OI9QuFhe0
ははははははやく


84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:30:12.01 ID:dZaQwsey0

 -撃て!撃て!-

 -ギャギャギャギャ!-

 -逃げないぞ?-

 -効かないのか?-

 -ギャワワ!-

 -もう輪ゴムないよ!-

 少年「くっ…」

 -うわ、こっち来るぞ!-



85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:31:49.19 ID:dZaQwsey0

 **「や、やめろ!来るな!」

 少年「マテ!ボクガアイテダ!」

 **「お前…?」

 少年「コレデモクラエ!」

 河童「ギャン!キー…キー…」

 少年「ミンナ!イマノウチダ!ニゲロ!」

 河童「!?」

 **「!!」



86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:32:24.88 ID:dZaQwsey0

 **「うわぁぁぁ!!」

 **「あ、待ってよー!!」

 **「おいてかないでよー!!」

 少年「…また…明日。」

 河童「……」



87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:35:22.41 ID:dZaQwsey0

 **「はぁ!はぁ!」

 少年「もう大丈夫、追いかけて来ないみたいだ。」

 **「お前…すげえな。」

 **「河童に全然効かなかったぞ!嘘ついたのか?」

 **「だって…だって…」

 少年「あの近くは河童のナワバリみたいだ。もう近付かない方がいいよ。」



88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:37:24.44 ID:dZaQwsey0

 **「あの鉄砲があれば河童に勝てるんじゃないか?」

 少年「あ、逃げる途中で落としちゃった。」

 **「そっかー…でも、あの河童なんとかしないと…」

 少年「あそこに近づかなかったら何もしてこないよ。」

 **「そうだな、他の場所で河童見たこと無いもんな。」

 **「あそこで見たのも初めてだけど。」



89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:39:21.30 ID:dZaQwsey0

 **「あのさ、お前…あの…その…」

 少年「僕はもう帰るよ。なんか疲れた。」

 **「あ、うん。」

 少年「じゃ、また明日ね。」

 **「またな。」

 **「グッバイ…」



90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:41:00.77 ID:dZaQwsey0

 **「なあ、昨日はサンキューな。」

 少年「ん?あ…ううん。」

 **「それで、みんなと話したんだけどな。」

 少年「何の話?」

 **「河童退治はもうやめようって決めた。」



91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:43:04.47 ID:dZaQwsey0

 河童「そうか、一応仲良くはなれたんだね。」

 少年「んで、今度はツチノコを探すんだってさ。」

 河童「そんなことまで聞き出したのか。」

 少年「実は仲間に誘われたからね。副隊長にしてやるって。」

 河童「おー良かったじゃん。」

 少年「断ったけどね。」

 河童「なんで?」



92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:44:44.76 ID:dZaQwsey0

 少年「みんなと一緒に行ったら、こっちに来れないじゃん。」

 河童「僕とはたまに遊んでくれればいいんだよ。」

 少年「僕は君と毎日遊びたい。」

 河童「むう…」

 少年「イヤ?」

 河童「そんなことは無いけど…」



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:47:38.90 ID:dZaQwsey0

 **「それでは、明日から夏休みですが、みなさん健康には気をつけてください。」

 **「はーい。」

 **「夏休みの間も、早寝早起きを心がけましょう。だらけてはいけません。」

 **「はーい。」

 **「それと、おうちの人に心配をかけないように。宿題も忘れてはだめですよ。」

 **「はーい。」

 少年(……)



95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:52:59.08 ID:dZaQwsey0

 少年「明日から夏休みなんだ。」

 河童「昨日も言ってたよ?ずーっと学校が休みになるんでしょ?」

 少年「うん。だからさ、毎日たくさん遊べるよ。」

 河童「そうだね。」

 少年「明日はお弁当作ってもらって、朝から来るよ!」

 河童「うん、待ってる。」



96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 21:56:24.63 ID:dZaQwsey0

 少年「おはよう!」

 河童「ああ、おはよう。」

 少年「今日もお弁当持って来たよ。おばーちゃんが2人分作ってくれた。」

 河童「今日は何をしようか?」

 少年「一緒に探検に行こう。だめかな?」

 河童「僕はこの辺はだいたい知ってるけど、君が一緒なら退屈はしないよ。」



97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:01:04.44 ID:dZaQwsey0

 河童「僕の思いすごしかもしれないけど、君は最近あせってないかい?」

 少年「え?」

 河童「一緒に遊んでて楽しいって思ってる?」

 少年「楽しいよ。」

 河童「うわの空っていうのかな。別のことを考えてる時が良くあるよ。」

 少年「そんなことないよ…」

 河童「やっぱり、僕だけよりもみんなと一緒に行った方が良かったんじゃない?」



98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:03:29.70 ID:dZaQwsey0

 少年「そうじゃないよ。そんなんじゃないんだ。」

 河童「やっぱり何かあるんだ。」

 少年「僕、また引っ越しするんだ…」

 河童「そうだったのか。じゃあ、準備とかで忙しいのを抜け出して来てるの?」

 少年「違うよ。引っ越し先が凄く遠いんだ。」

 河童「自転車でも行けないくらい?」

 少年「引っ越したら……もうここには来れないくらい遠いの。」



99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:07:13.55 ID:dZaQwsey0

 河童「…………」

 少年「…………」

 河童「そっか、会えなくなっちゃうんだね。」

 少年「うん、だから今のうちにいっぱい遊ぼうって…」

 河童「いつ、引っ越すの?」

 少年「夏休みが終わったら、そのあとすぐ。」

 河童「じゃあ、いっぱい遊ぼうね。」

 少年「うん、いっぱい遊ぼう。」

―――――――――― ― ― - - ・…


100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:09:30.18 ID:Bwn+gTdQ0
皆見ている


101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:10:33.13 ID:dZaQwsey0

…・- - ― ― ― ――――――――――

 お婆「おお、早がっだな。もう着いでだが。」

 青年「あ、お婆ちゃん。これからまたご厄介になります。」

 お婆「こっぢの子供らでん、都会のガッコに進学するもんのおるだになぁ。」

 青年「正直言うと、学校はどこでもいいんだ。僕はこっちに住みたかっただけ。」

 お婆「ほうか、その……母ちゃんのこだぁ残念だったな。」

 青年「まあ、仕方ないよ。僕らがくよくよしてても喜ばないしね。」

 お婆「そーだな。」

 青年「懐かしいところとか、回ってこようと思うんだ。荷物の整理は後でいいかな?」

 お婆「ああ、好きにしたらええで。」



102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:13:39.34 ID:dZaQwsey0

…・- - ― ― ― ――――――――――

 お婆「おお、早がっだな。もう着いでだが。」

 青年「あ、お婆ちゃん。これからまたご厄介になります。」

 お婆「こっぢの子供らでん、都会のガッコに進学するもんのおるだになぁ。」

 青年「正直言うと、学校はどこでもいいんだ。僕はこっちに住みたかっただけ。」

 お婆「ほうか、その……母ちゃんのこだぁ残念だったな。」

 青年「まあ、仕方ないよ。僕らがくよくよしてても喜ばないしね。」

 お婆「そーだな。」

 青年「懐かしいところとか、回ってこようと思うんだ。荷物の整理は後でいいかな?」

 お婆「ああ、好きにしたらええで。」



103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:14:05.21 ID:dZaQwsey0

 青年(道路とか随分変わったけど、このあたりは変わらないな。)

 **「よう!久しぶりだな。」

 青年「やあ。」

 **「戻って来てたんなら連絡くらいくれたっていいじゃねーか。」

 青年「いや、さっき着いたばっかりだよ。」

 **「お前、こっちの高校に通うんだってな。」

 青年「うん。みんなは?」



104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:18:36.00 ID:dZaQwsey0

 **「俺は家業を継ぐよ。もう勉強なんてしたくねーし。」

 **「俺は進学。まあ、その後はこっちへ戻って跡取りだけどな。」

 **「執行猶予3年か、せいぜい遊んで過ごせよ。」

 **「うるせーよ。」

 **「俺はお前と同じ高校だよ。やっぱり故郷には愛着がーってな?」

 **「お前の成績で行けるトコが他になかっただけじゃねえか。」

 **「あ、それ言う?言っちまう?」

 青年「はは、みんな変わらないな。」



105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:20:24.26 ID:sgB+vjd30
河童…


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:22:55.68 ID:dZaQwsey0

 青年「でも、小学生のころ少し居ただけなのに良くわかったね。」

 **「生徒がすくねーからな。その分記憶に残るんだろ。」

 **「そこは俺とお前の仲だろ。とか言えよ。」

 青年「いろいろと思い出すなぁ。そう言えば、河童は?」

 **「河童?お前、いまだに河童とか信じてんの?」

 **「俺は今でもサンタクロースは居るって信じてるけどな。」

 青年「……じゃ、まだ他にもいろんなところ回りたいから。」

 **「おう、またな。」



108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:28:14.45 ID:dZaQwsey0

 -そう言えば、なんで仲良くなったんだっけ?-

 -さあ、なんかの成り行きだったと思うぜ-

 青年(…………)

 -まあ、忘れたって事は大したことじゃなかったんだろ-

 青年(まだ、居るかな?)



109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:30:14.23 ID:dZaQwsey0

 青年「確か、こっちだったはず…」

 青年「このカヤ、昔は背よりも高い気がしてたけど、そうでもなかったんだな。」

 青年「あの木も、家の屋根くらい大きい気がしてた。」

 青年「あいつは…居ないか…」

 青年「元居た場所に帰ったのかも知れないな。」



110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:34:34.38 ID:dZaQwsey0

 青年「待ってたら、ひょっこり来たりしないかな……」

 青年「…………」

 青年「もう少し、もう少しだけ待とう。」

 青年「…………」

 青年「……何やってんだろ。」



111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:39:41.15 ID:dZaQwsey0

 青年「?」

 青年「……気のせいか。」

 -ギャワ!ギャワ!-

 青年「!」

 青年「なあ、いるのか?」

 -キュー……-

 青年「俺…僕だよ!どこなの?」



112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:45:33.01 ID:wocRlnwNO
良いなあ


113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:46:39.77 ID:dZaQwsey0

 -皿……-

 青年「姿を見せてよ。どこに居るの?」

 -サ! ラ!-

 青年「!」

 -…………-

 青年「ナガグツ!」



115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:49:02.71 ID:dZaQwsey0

 河童「ふふ、僕たちの秘密基地へようこそ。久しぶりだね。」

 青年「あ!」

 河童「ちょっと意地悪だったかな? 元気そうで何よりだよ。」

 青年「うん……君も……」

 河童「姿を見せろって言ったくせに、どうして目を逸らすんだい?」

 青年「いや、えーと……その……」



116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:51:31.87 ID:dZaQwsey0

 河童「随分大きくなったね。最初は誰かわからなかったよ。」

 青年「それはお互いさまじゃない?」

 河童「僕はそんなに伸びてないと思うけど……あ、おっぱいのこと?」

 青年「いや、違うよ!」

 河童「違うのか、それはそれで残念だな。」

 青年「あー、違うけど、違わない。」



117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:54:46.83 ID:dZaQwsey0

 青年「何か着ないの?」

 河童「僕は河童だよ?」

 青年「せめて何か巻こうよ。」

 河童「そうしよっか。君がこっちを向いてくれないからね。」

 青年「うすうすそんな気はしてたけど、女の子だったんだ?」

 河童「隠してるつもりは無かったけどね。気にするかい?」

 青年「いや、別に。以前はそういうのあんまり意識してなかったし。」



119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:56:49.75 ID:dZaQwsey0

 青年「あれから何をしてたの?」

 河童「まあ、いろいろだね。詳しく聞きたい?」

 青年「うん。」

 河童「時間はあるの?急ぐ用事は無い?」

 青年「またこっちに引っ越してきたから、時間はいくらでもあるよ。」

 河童「じゃあ、話をする前に…」

 青年「なに?」

 河童「相撲取ろっか。」


――――――――――――――――――――おわり


120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:58:45.33 ID:dZaQwsey0
以上になります。
お付き合いどうもでした。


121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:59:18.14 ID:sgB+vjd30



122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:59:22.96 ID:Bwn+gTdQ0
お疲れ!!


123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 22:59:59.60 ID:2UfW8W3CO
お疲れです


124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 23:00:34.96 ID:wocRlnwNO
まさかの女の子w
乙!良かった


129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 23:12:00.00 ID:L4erK+LW0
乙!すごく和んだ


転載元

少年「じゃあ、また明日!」

http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318846787/






ぼくの夏休み革命
ぼくの夏休み革命
posted with amazlet at 14.02.09
つちもと としえ
国土社
売り上げランキング: 561,308

関連記事
2014/02/09 23:33 | CM(1) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/06/03 17:36 ]
  2. 女の子と相撲を取るとか胸熱
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 06月 (100)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

最新記事
Ads
人気SSランキング
アクセスランキング