HEADLINE

千早「梅花」

2014/02/26 15:49 | CM(1) | アイドルマスター SS
1 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:01:23 ID:qZmS8UNw

寒さの残る2月下旬。
この日も私は、階段を上りいつもの。
私の居場所へ。

軋んだ音を立てる古い鉄扉を開く。
ここは事務所の屋上。
事務所で昼食をとる時は決まってここに来ています。


2 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:02:15 ID:qZmS8UNw

静かな屋上で、のんびり歌を聴いたりしながら食事をするこの時間が私にはとても大事な物になりました。
時たま事務所の仲間達が来て一緒に食事をすることもあるのだけれど。

4色のレジャーシートを敷き、その上に座り鞄からランチボックスを取り出します。

千早「今日は風がないから過ごしやすいわね。」

空には雲一つなく、風のない穏やかな天気です。
とは言え気温は低いので上着を脱ぐわけにはいきませんが。

ランチボックスの蓋を開けて早速お昼ご飯を食べましょう。



3 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:03:21 ID:qZmS8UNw

今日のお弁当は梅のおにぎりとお野菜、卵焼き、水筒にはお味噌汁を入れて持ってきました。
それじゃあ手を合わせて。

千早「いただきます。」

ふわりと軽く風が吹き、それに乗って一片の花弁が舞い込んできました。
梅の花ね。

そういえば、春香が今日は近くの公園に梅の花を見に行くって言っていたような。
桜の花とはまた違った景色なんでしょうね。
ちょっと、見てみたいかも。


4 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:04:19 ID:qZmS8UNw

ランチボックスのおにぎりに手を伸ばし、口を開けたところで軋む音が聞こえ扉が開いたことに気づきます。
誰かが屋上にやって来たようです。

高木「おや、如月くん。昼食かね?」

千早「あ、社長。お疲れ様です。」

立ち上がろうとした所を手で制されました。

高木「あぁ、いやいいんだ。そのままそのまま。」

千早「ありがとうございます。」


5 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:04:51 ID:qZmS8UNw

高木「気温が上がってきたとは言え、まだ冷えるね。」

千早「そうですね。でも、今日は大分過ごしやすいです。」

高木「そうだね、だが体調には気を付けてくれたまえよ。我が765プロには誰ひとり欠かせないのだから。」

社長の言葉には、私達は全員で765プロなんだという思いが含まれているように思えました。

千早「そうですね、なるべく早めに下に戻ります。社長も、風邪引かないように気をつけてください。」

高木「あっはっは。参ったね、これは一本取られたよ。」


6 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:05:46 ID:qZmS8UNw

千早「社長は、どうして屋上に?」

高木「いやぁ、実は私もここがお気に入りでね。昔はよくここで時間を潰したものだよ。」

千早「私達が、売れていない頃ですか?」

高木「その更に前だね。まだ、所属アイドルのいなかった頃さ。」

社長の目が、ここではないいつかを懐かしむように空に向けられました。


7 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:07:09 ID:qZmS8UNw

高木「あの頃はまだパイプ繋ぎやら何やらで走り回っていてね、

   それでもやることがなくなるとここでタバコを咥えながらぼーっとしてたものだよ。」

千早「プロデューサーも、ここで良くタバコを吸ってぼんやり考え事をすると言っていました。」

高木「ほう、彼が。」

千早「はい、普段は私達に気を使って吸わないタバコもここでなら吸えるようです。」

それを聞いた社長は楽しそうに目を細めました。


8 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/25(火) 23:08:22 ID:qpuj9LRw
てっきり千早が拳法するスレかと思った


9 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:08:29 ID:qZmS8UNw

千早「他の皆も、嬉しい時、悲しい時、辛い時、ここでそれぞれ過ごすみたいです。」

高木「嬉しいものだね。最初は私と音無くんしかいなかったこの事務所に皆がやってきて

   そして皆がこの事務所を好きでいてくれているというのは、社長冥利に尽きるね。」

千早「皆765プロが大好きなんです。」

高木「如月君もかい?」


10 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:10:11 ID:qZmS8UNw

千早「勿論です。765プロでなければ、私はここまで成長できなかったと思います。

   歌もそうですけど、色々と。」

高木「そうか、それを聞いて安心したよ。」

私のそばに立っていた社長は屋上の端まで行き、柵にもたれかかりました。

高木「だがそろそろ、君もここ以外の景色を見てもいい頃合じゃないかな?」

千早「ここ以外の……景色?」


11 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:10:53 ID:qZmS8UNw

高木「ああ、君がこの屋上を愛してくれているのは私としても嬉しい。

   だが、ここだけに囚われてしまうのもどうかと思ってね。」

そうなのかしら?
私にはよく分かりません。
この屋上は確かに私にとって大切な場所の一つだけれど、それはこの場所に囚われてしまっているのかしら?


12 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:11:26 ID:qZmS8UNw

高木「勿論、如月君がそうと言っている訳じゃない。だが、私は君にもっといろんな物を見てもらいたい。

   それがきっと、君の世界を広げる事になるはずだと思っている。」

私の……世界。
今見えている景色と、一体どう変わるのだろうか?

高木「焦る必要はないよ、ゆっくりでいいんだ。それに…」

社長の言葉を遮るようにして軋んだ音が耳に飛び込んできた。


13 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:12:26 ID:qZmS8UNw

春香「千早ちゃんっ。」

千早「春香?」

春香「やっぱりこk…って社長!?あ、お疲れ様です。」

高木「おはよう天海君、今日も元気そうだね。」

春香「はい!元気いっぱいですよ!公園で梅の花を見てましたから。」

梅の花と元気の関連性が良くわからないのだけど、春香らしいといえば春香らしいわね。


14 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:13:33 ID:qZmS8UNw

高木「それはそうと天海君、何か用事があったんじゃないかね?」

春香「あ!そうだった!千早ちゃん、近くの公園で梅の花がすごいんだよ!」

千早「今日見に行くって言ってたわね。」

春香「うん、もう凄かったんだよ!わ~っていっぱい咲いてて。」

千早「ふふっ。春香ったら、それじゃあよく分からないわよ。」


15 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:14:05 ID:qZmS8UNw

春香がかなり興奮していることしか伝わってきません。
そのくらい綺麗だったということかしら。

高木「そんなに凄かったのかね?」

社長が春香に問いかけます。

春香「はい!梅の木が並んでてそれが皆綺麗に花が咲いてて。」

高木「それはきっと見ものだろうね。」


16 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:15:33 ID:qZmS8UNw

春香「えへへ、凄かったんですよ~。ね、千早ちゃん。千早ちゃんも一緒に見に行こう?」

千早「私も?」

春香の突然の提案。

春香「うんっ。私一人で見ても寂しいし、それにあんなに綺麗な景色だったら

   誰かと一緒に見た方が、その感動も2倍になるんじゃないかな?」

確かに、見てみたい気もしてたのは事実。
そもそも私は、歌以外の物への興味がなさ過ぎたのだろう。
そこにこうして春香がきっかけをくれたのなら、私はそれに答えるべきなんだと思う。


17 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:16:28 ID:qZmS8UNw

千早「わかった、一緒に行きましょう。」

春香「やったぁ!あ、社長も行きませんか?」

高木「魅力的な誘いだが、私はこれから出かけなければいけなくてね。」

春香「そうなんですか…。残念です。」

高木「何、2人で楽しんできたまえ。」

春香「はい!」


18 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:17:18 ID:qZmS8UNw

レジャーシートを片付け、屋上を後にしようと扉の前まで行った時、ふと背後に目を遣ると社長がタバコに火をつけていました。
きっと社長は気を遣ってくれたんだと思います。
そして、私が他の景色を見る事を喜んでくれているんだと。

社長、ありがとうございます。

心の中でそう呟き、扉を開けて階段を降りていきました。


19 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:20:06 ID:qZmS8UNw

人のいない静かな屋上で、社長の口から言葉がこぼれる。

高木「それにね、如月君。君にはあんなに素敵な仲間達がいるんだ。

   きっと、すぐに見つかるはずだよ。」

吐き出した言葉は、紫煙と共に空へ溶けていった。


20 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:20:57 ID:qZmS8UNw


春香と二人で公園まで歩き、途中興奮した春香を宥めつつ件の梅の並木まで辿り付きました。
公園内の、その通りを一面梅の木が立ち並び綺麗な花が咲き誇っています。

千早「すごい、本当に綺麗……。」

春香「でしょ!?」

まだ冷たい風に吹かれて花弁がそこかしこに舞っています。
梅の回廊のような通りを、春香と並んで歩く。
嬉しそうに歩く春香を、横から眺めているだけで私まで楽しくなってきます。


21 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:21:30 ID:qZmS8UNw

春香「そうだ!」

何かを思いついたのか、鞄から携帯電話を取り出した春香。

春香「えへへ、千早ちゃん。梅の木の下で写真撮っても良いかな?」

何かと思えばそういう事だったのね。

千早「ふふっいいわよ。携帯で撮った事はあまり無いのだけど。」


22 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:22:41 ID:qZmS8UNw

春香「ううん、違うよ。千早ちゃんを撮りたいの。」

千早「わ、私を?」

春香「うん、何となく画になりそうな気がして。」

私なんかよりも春香の方がよっぽど画になると思うのだけど…。

千早「それが春香のしたい事なら。」

春香「ありがとう、千早ちゃん!」


23 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:23:53 ID:qZmS8UNw

一番近くの梅の木の下に立って、撮られるのを待ちます。
グラビアや雑誌の撮影なんかで慣れているとはいえ、やっぱり恥ずかしいですね。

シャッターを切ると機械音が聞こえ、携帯電話を構えていた春香が満足そうな顔をしていました。

春香「ふぅ、いいのが撮れたよ!ほらっ!」

満面の笑みで携帯のディスプレイを私に見せてきます。


24 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:24:30 ID:qZmS8UNw

千早「い、いいわよ見せなくて…。」

春香「あ、千早ちゃん照れてる。」

千早「もう、春香ったら…。」

談笑しながら回廊を歩いているとあっという間に端まで到達してしまいました。

春香「はー、綺麗だったね千早ちゃん。」

千早「そうね、春香。皆にも見せてあげたいくらい。」


25 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:25:18 ID:qZmS8UNw

春香「うん、でも皆忙しいからなぁ…。」

千早「そうね…。」

こんなに綺麗な回廊を、どうにかして皆にも見せてあげられたらいいのだけれど。
何か、良い手は無いかしら?
この梅の回廊を皆に見せてあげる方法を考えます。

ふと、以前屋上で四条さんの写真を撮った事を思い出しました。
あの時はインスタントカメラだったけれど、ちゃんとしたカメラならもっと綺麗にこの景色を残せるかもしれない。


26 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:26:00 ID:qZmS8UNw

春香「それじゃあ、帰ろうか。」

千早「……。」

春香「千早ちゃん?」

千早「ねぇ春香。私、ちょっと行きたい所があるの。」

春香「そうなの?」


27 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:26:43 ID:qZmS8UNw

千早「ええ、良かったら一緒に着いて来てもらえると嬉しいのだけど。」

春香「うん!付き合うよ!」

千早「ありがとう春香。」

もう一度ここに来るまでに、梅の花がまだ咲いているといいわね。
そうしたらきっと、私の世界も広がるような、そんな気がします。

おわり


28 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:29:22 ID:qZmS8UNw
終わりです。

誕生日おめでとう千早。
以前書いた物の設定を引き継いで、かつ映画の千早に繋がるように頑張ってみましたがいかがだったでしょうか?

ほんの少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。

それはお目汚し失礼しました。


29 ◆sIPDGEqLDE [saga]:2014/02/25(火) 23:31:39 ID:qZmS8UNw
あと赤心少林拳は真ちゃんが似合うと思います。


30 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/25(火) 23:35:05 ID:sJpDgydg
おつ!


31 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/26(水) 01:45:18 ID:FEAHOq8Y
おつなの!
素敵なSSだった


転載元

千早「梅花」

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1393336883/






劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』オリジナル・サウンドトラック(通常盤)
音楽:高田龍一
日本コロムビア (2014-02-05)
売り上げランキング: 44,803

関連記事
2014/02/26 15:49 | CM(1) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. なり [ 2014/05/18 19:29 ]
  2. 梅花と聞いて仮面ライダーネタかと思った
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング