HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇者「割と皆常識的」

2014/02/26 18:00 | CM(1) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:14:20 ID:ZSAYsDqI
側近「陛下、神々の天啓を賜った若者、勇者が見えました」

陛下「通せ」

勇者「陛下、私に魔王討伐のご指示を!」

側近「……」

陛下「最低限の支度はしてやろう。勝手にするがいい」

勇者「へ、陛下?」

陛下「例え神々の天啓を受けていようとも、戦術が戦況を覆せると思っているのか」

陛下「故に勝手にするがいい。だがしかし、我が軍、いや我々連合軍の邪魔だけはするな」



2 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:18:23 ID:ZSAYsDqI
勇者「君達がこの旅の同行者か」

戦士「一応な」

魔法「陛下から聞いているわ。敵戦力への陽動」

僧侶「少し攻撃したら退けばいいとのお達しです」

勇者「え……」

戦士「ま、戦力として期待されていないのさ」

戦士「随時、戦況の情報が入ってくる。俺らはそれに合わせて敵を退き付ければいいんだよ」

勇者「えー……」


4 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:24:39 ID:ZSAYsDqI
騎士「北西の泉の国の防衛線が下がっている」

騎士「大きく西から回り、敵戦力を挟撃せよ!」

兵士「西部に敵防衛線を確認!」

兵士「弓兵、魔術兵の部隊を集めろ! 正面突破だ!」

騎士「弓兵を南北に配置。射撃後、騎兵を前面に押したて突撃!」

騎士「魔術兵は騎兵散開後、集中砲火!」


5 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:29:03 ID:ZSAYsDqI
勇者「! 敵の大群!」

戦士「数40……半端だな。遊撃か?」

魔法「北東に進行……泉の国への支援部隊を叩くつもりかしら」

僧侶「友軍に伝達完了、通り過ぎた後攻撃し、私達は南下し友軍に対して敵の背後を向けさせましょう」

勇者「え……?」

戦士「この先は深い茂みだ。はぐれない様注意しろ」

魔法「各自に認識魔法をかけておくわ。ある程度の距離なら味方の位置を知覚できるようなるわ」

勇者「み、皆……なんで?」

戦士「今時、訓練受けていないのって地方の町や戦線から通いところぐらいだろ」


6 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:35:29 ID:ZSAYsDqI
戦士「よし、このまま南に転進!」

魔物「人間だー! 殺せー!」

魔族「少なすぎる……斥候か?」

魔族「敵は全て排除しろ! イレギュラーは残すな!」

勇者「どど、どうしたら」

僧侶「意外と早いですわね」

魔法「この先に開けた場所があるわ。そこまで進めば敵を一気に焼き払えるわよ」


7 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:40:32 ID:ZSAYsDqI
騎兵「全部隊突撃!」

騎兵「うおおおおお!!」ドドドド

魔族「敵戦力、背後に出現!」

魔物「謀られたか!」

魔族「先の人間は捨て置け! 後方部隊の戦力の方が危険だ!」

戦士「友軍に気付いたか」ガササ

魔法「魔法により攻撃を開始するわ」

戦士「弓により支援攻撃も開始する」ギリギリ

僧侶「敵の襲撃に備え、索敵魔法にて周囲を警戒」

勇者「……」


8 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:44:59 ID:ZSAYsDqI
騎兵「貴官らの協力に感謝する!」ザカッ ザカッ

戦士「初陣にしてはまずまずの戦果だな」

勇者「あの……俺って何をすれば」

僧侶「何ができるんですか?」

勇者「え……け、剣と魔法を少し」

魔法「孤立した時には有用な器用貧乏ね。団体行動中じゃ活躍できないわね」

勇者「……」

僧侶「それでしたら物資運搬を中心にしていただきましょう」

勇者「……」

戦士「やっぱ平均的に強いよか特化してくれた方がいいよな。互いでフォローすればいいんだし」


9 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:51:38 ID:ZSAYsDqI
戦士「もうすぐで町に着くぞ」

勇者「……」ズッシズッシ

魔法「勇者、水筒」

勇者「あ、はい」

戦士「そう落ち込むなよ。お前は言わば……そうあれだ物資補給課だ」

僧侶「無くてはならないですよね」

勇者「そういう慰めいらないから」


10 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 19:56:37 ID:ZSAYsDqI

勇者「魔物が南の洞窟を占拠!? 我々に任せて下さい!」

町長「周囲にいる魔物の数は15、交代などで確認できているだけども40」

町長「既に支援は要請してあり、50人ほどの兵士が向かっている」

町長「洞窟からここまではここのルートを通らなくてはいけない」

町長「協力してくれるならここで防衛線を貼って欲しい」

町長「ここならば狭く、一度に戦う敵の数も少ない」

勇者「あ、はい」


11 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 20:00:57 ID:ZSAYsDqI
戦士「よーしトラップ設置完了だ」

僧侶「周囲に敵影無し」

勇者「ど、どうするんだ?」

魔法「援軍到着まであと一時間ほどよ」

戦士「30分後に敵を攻撃。敵をおびき寄せトラップ網に引っ掛ける」

戦士「攻撃は俺と魔法使い、勇者は撤退準備、僧侶は対物理障壁展開準備」

魔僧「了解」

勇者「……りょ、了解」


12 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 20:09:02 ID:ZSAYsDqI
魔物「ぐあああ!」

魔族「トラップか?!」

魔族「魔法で吹き飛ばせ!」

戦士「魔法使い相殺!」

魔法「分かっているわよ!」

勇者「……」

僧侶「友軍到着まであと15分……敵の進行が早いわ」

僧侶「少し下がりましょう」

勇者「え? ああ……うん。俺何の為にいるんだっけ」


13 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 20:17:29 ID:ZSAYsDqI
援軍「正面突破ぁ!!」

戦士「支援攻撃開始!」

魔法「飛距離重視で撃つわよ!」

僧侶「対物障壁展開!」

魔術兵「我々はここで支援攻撃を行う! 総員的戦力を撃て!」

勇者「えっと……撤退準備中……」


14 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 20:30:30 ID:ZSAYsDqI
しばらく後
戦士「ここから南西にある町に噂がある」

魔法「へえ?」

戦士「結構な機密事項だけどもさ」

戦士「何でも魔女がいるらしい」

魔法「へえ……」

僧侶「魔女裁判とか昔ありましたよね……」

勇者「だ、大丈夫なのかそれって」

戦士「さあなあ……ただ戦力的にはかなりなもんだろう」

魔法「あわよくば保護と言う建前で仲間にするって?」

戦士「そうそう」


15 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 20:37:57 ID:ZSAYsDqI
町長「何度か国の役人が来ている」

町人「や、やはりあれなのでしょうか……」

町長「あの母子はきっと……」

町人「な、なんという……どうしたら」

町人「お、追い出すか? 魔女つったらあれだろ……」

町人「は、迫害でもするのか?」

町長「馬鹿もの! やる事は決まっているであろう!!」

町長「我々がすべき事はただ一つ!」


16 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 20:51:32 ID:ZSAYsDqI
噂の娘「こんにちは~」

町人「娘ちゃん、今日も元気だねー」

噂の娘「はい!」

町人「これ持っていきな!」

噂の母「何時もありがとうございます」

町長「為すべき事はただ一つ……気付いていないフリだ」

町人「何かして怒りを買ってもな」

町人「追い出したとして魔女の力がどのくらい威力、そして飛距離があるか分からんし」


17 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 21:12:00 ID:ZSAYsDqI
魔王「現状は」カツカツ

側近「人間側の攻撃が予想以上に激しく……」

側近「敵の推定被害状況は二割」

側近「大してこちらは既に三割に達しております」

魔王「連合軍……甘くて見ていたな」

側近「何より攻めるとなると、広範囲に戦力を展開せざるを得ませんからね」

魔王「我々の取るべき行動は一つだな」


18 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 21:33:39 ID:ZSAYsDqI
勇者「ま、魔王軍が撤退……?」

陛下「戦線を維持できなくなったからだろうな」

陛下「これが報酬だ」

勇者「え? うわっ」

戦士「結構な量だな」

陛下「期待はしていなかったが君達も十分に貢献してくれた」

勇者(という事は勇者としてこれからも!)


19 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 21:37:09 ID:ZSAYsDqI
陛下「隠密として十分に役割を果たしてくれた」

勇者「……」

陛下「? 下がっていいぞ。魔王軍が退いた今、こちらも体勢を整える時間もある」

勇者「……え」

陛下「軍人でもあるまいし、それ以上の手当てがつくと思っているのか?」

勇者「……えー」

   勇者「割と皆常識的」 終


20 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/22(土) 21:50:37 ID:tF98qeQQ
おつ


21 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/23(日) 00:36:00 ID:BfGtODXE
終わってた


23 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/02/23(日) 06:43:52 ID:upFNF2lc

そうだよな、魔女迫害とか本当に魔法のある世界じゃ出来ないよな


転載元

勇者「割と皆常識的」

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1393064060/








関連記事
2014/02/26 18:00 | CM(1) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/05/23 00:53 ]
  2. 神嫌いじゃ僧侶は市ねるし精霊便りの魔法使いも
    使い物にならなくなるというシリアスとのジレンマ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。