HEADLINE

宮藤「FFSKMT?」ミーナ「そうわよ」【閲覧注意】

1 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:47:30.77 ID:M+aBmLxHo
バルクホルン「扶桑軍人解体ショーの始まりだ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1393756371/



宮藤「お待たせ致しました。こちらデジタルスティックになります」【閲覧注意】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1393973605/



とは、あんまり関係のない淫夢成分なしの初投稿です。

淫夢、特にこのSSの元ネタを知らない人は読まなくていいから帰って、どうぞ(最後の良心)

某SSまとめサイトでカンカンにキレてたノンケ兄貴ありがとーう!フラーッシュ! あぇ

上官と部下のラブラブエッチが始まるから見てけよ見てけよ~

ほらいくど~

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394473650



2 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:48:32.22 ID:M+aBmLxHo
ミーナ「おはよ↑ございます↓」

シャーリー「次は何をするんだ?もう待ちきれないんだ!早く教えてくれ!」(無邪気)

ルッキーニ「合体してるから、合体してるから安心!」

シャーリー「誰が大声出していいっつったオイオラァ!(激変)」

ルッキーニ「あぁー!痛い!痛い!!」

サーニャ「プレシャス!」

エイラ「お待たせ、途中参加だけどいいかな?」

ペリーヌッ「イイゾ~」

エイラ「イイスカ~?」

サーニャ「ありがとうございます…」


3 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:48:59.06 ID:M+aBmLxHo
ミーナ「さて、第三回目の会合を始めます」

全員「オンシャス、センセンシャル!」

ミーナ「さて、一回目と二回目の撮影を終了してそれを裏ルートで好事家に販売した結果」

「……」

ミーナ「…上層部にバレました」

シャーリー「は?(威圧)」

エーリカ「お前…窓際で…堕ちろ!(憤慨)」

リーネ「ふ・ざ・け・ん・な、ヤ・メ・ロ・バ・カ!」

ペリーヌ「怖いな~とづまりすとこ(傍観)」

ルッキーニ「(破滅へタイムリミットが)もう始まってる!」

エイラ「こちらに…サーニャ、お願いします」(転属届)

サーニャ「やべえよ…やベえよ…」(アサメシクッタカラ…)


4 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:49:39.40 ID:M+aBmLxHo




ミーナ「ダァマレ!殺されてぇかテメェ!!…さて、そこで情報を掴んだ上層部の一部との交渉の結果」

「……」

ミーナ「第三回目の撮影が決まりました」

バルクホルン「他人を売る(超速理解)」

リーネ「あっ…(察し)」

サーニャ「自分の故郷では罰ゲームでぇ~、公開オナニーってのがあったんですけど」

エイラ「エ、何それは…(ドン引き)」

ルッキーニ「やだ、やだ、小生やだ!」


―――第三回、撮影台本

主演・坂本美緒

攻め役・宮藤芳佳


ペリーヌ「やめてくれよ・・・(絶望)」


5 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:50:13.54 ID:M+aBmLxHo
―――カラン、カラン、カラン…

坂本美緒に付けられた首輪に繋げられた鎖が上に引っ張られていく。

同時に腕と足も柱に括り付けられ、上から降り注ぐ電灯の光で全裸の彼女の肢体は余すことなく照らし出されている。

かつては家族と表現した仲間たちが私を拘束し、そして見捨てた、

カラカラと回されたフィルムに映された私をどれほどの人間の目に入る事になるのか。

遠くない未来に誰とも知らない人物に頭の中で犯されるのか。

私は仲間に売られたのだ、そう考えると目頭が熱くなる。

そして、私の前に立つ宮藤―――あれほどの愛情を注いだ少女が私を裏切った。

もう何も考えたくない。


しかし、その考えはすぐに蹴り飛ばされることになった


6 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:50:47.27 ID:M+aBmLxHo
無言のまま、宮藤が近寄り身構える坂本。

宮藤「失礼しますね…」

坂本「……!?」

宮藤は坂本の傍で屈むと、右手で肛門の周りをなぞる様に刺激した。

坂本(な…そんな不潔な場所を…!)

坂本美緒も扶桑の乙女であり、もうこの時点で彼女の心の中は羞恥以上感情に染まっている。

宮藤「…ちゃんとほぐさないと…」

そのまま肛門の表面を掠る様に細かく動かしていく。

坂本(な、なんだ…何をする気なんだ…!?)

不快な感覚に身をよじらせながらも宮藤の前戯に耐え忍ぶ。



7 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:52:35.05 ID:M+aBmLxHo
宮藤「…よし、じゃあいいかな」

パチンと右手に手袋を装着し、潤滑油を万遍なく塗り付ける

坂本「宮藤、それは何だ。何をする気だ」

宮藤「良い事ですよ~」

坂本の尻にも潤滑油を丁寧に塗り込んでいき、指を一本肛門に突きいれた。

坂本「…ん!」

最初に感じたのは宮藤に入れられた指の異物感、それとヒリヒリするような肛門の感覚。

坂本「…はぁ…ん…!!」

すると宮藤はすぐに指を抜き、肛門の内側に潤滑油を塗り込む様にしながら再び指を一本だけ入れてまた抜く事を繰り返す。

宮藤の表情をうかがう事が出来ないが、部屋に響く粘着質な音と白い糸を引く淫靡な姿に美緒の体が火照っていく。


8 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:54:31.55 ID:M+aBmLxHo
しかし宮藤も肛門の拡張に精通しているわけではなく、拡張も一日でできる様な事ではない。

坂本「ハァ…ハァ…」

事実坂本も痛みを覚え、また指が腸を撫でる様に触れた時も吐き気に襲われた。

坂本「…んぅ…!?」

突然の刺激に視線を向け直せば宮藤が肛門を弄りながら坂本の秘部を掌で押すように撫でながら刺激していた。

坂本「あ…ダメだ…ダメだ宮藤…あぁ…!」

不快な感覚と押し寄せる小さいな快感の波に落ち着きなく何度も顔の向きを変える

そして宮藤は肛門に入れた一本の指を前後に速く細かく動かしていく

坂本「ああ…あ…!あ…!痛い…!宮藤痛い…!!ッああ…!」

拡張されていない坂本の肛門には未だ焼けるような痛みしか感じない。



9 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:54:58.36 ID:M+aBmLxHo
しかし、宮藤はそっと指を二本に増やす。

坂本「痛い…!痛い…!!ッ!痛い…!ハァ~…!」

一本でもキツイというのに、二本の指を捻じ込めば当然の反応だ。

再びゆっくりと丁寧に肛門に潤滑油を塗り込むと、坂本の肛門に冷たく硬い異物が入ってきた。

坂本「…!!な、何だ宮藤…!?」

宮藤「クスコ、ですよ。暴れないで、力抜いてください」

クスコ――所謂「クスコ式膣鏡」――は本来膣に挿入し内部に異常がないかを調べる医療器具だ。

宮藤「こういうのが好きな人もいるんですよぉ?」

使い方はシンプルで、挿入したあとにネジをゆっくり回していくと…

坂本「んぐぅ…!!」

くちばしの様な先が開いていき、覗き込むことで中を見る事ができる様になる

宮藤「あんまり力入れると…肛門が裂けちゃいますよ?」

坂本「…!」


10 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 02:55:28.40 ID:M+aBmLxHo
宮藤「…坂本さんのお尻の中見えちゃってます…v」

そう言いつつクスコを通して腸内に潤滑油を注入していく

坂本「…ぁ」

自分の腹の中に冷たいモノが流れ込んでくる間隔に、胃の中が逆流するような錯覚を感じる

宮藤「それじゃあ、一旦抜きますね…」

次に再び浣腸器で直接潤滑油を注入し栓をするように肛門に太めのプラグを押し込む様に挿入する

坂本「痛い…タスケテ…お願い…お願いだ…」

カメラマンに向けて悲痛な面持ちで告げても、カメラマンは手を差し伸べない


11 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 03:01:51.31 ID:M+aBmLxHo
宮藤も気にすることなく電動マッサージ機――電マ――をプラグに当て坂本の肛門を刺激する

坂本「あぁ…!あ…ん…ハァ~…!!痛い…!あ…!」

秘部に電マを当てたところで拡張されていない肛門に無理やり太いプラグを入れられれば快感よりも痛みが強いのも当然だ。

坂本「はぁ…あっ…ハァ…グスッ…ああ…」

宮藤「それじゃあ、そろそろ抜きましょうか」

声も涙交じりになっていくが、宮藤は躊躇わない

電マを置き、プラグを半ばまで抜くと―――強く奥まで押し込んだ

宮藤「やっぱり…駄目です…v」

坂本「…ッ!あああ…っ!!痛いぃぃ…!」

気が緩んでいた処に突然プラグを突きいれられ、痛みを誤魔化そうと身を縮めて歯を食いしばる



12 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 03:02:35.16 ID:M+aBmLxHo
宮藤「坂本さん…ほら、指がすんなり入っていきますよ…?」

坂本「うう…」

自分が年下の少女に好き勝手されている、しかも不浄な部分をだ

ただ、この先があるのならと背筋が凍るような考えが頭をよぎる

宮藤「はい、それじゃあもう一度クスコ入れますよー」

先程より少し大きいクスコを挿入するが、少しだけ緩んだのか先程よりすんなり入っていく。

それでも拡張されていない肛門をクスコで限界以上に広げようとしているので苦痛は変わらず続き、坂本は体を悶えさせる

坂本「もう嫌だ…もうやめてくれ宮藤…」

宮藤「…あ、そうですか。潤滑油入れますね、写真も撮っておきましょうね」

坂本「あああ…!やめてくれ…やめてくれ宮藤…!!」



宮藤「…嫌ですv」


13 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 03:05:24.09 ID:M+aBmLxHo
一旦ここまでだゾ~

肛門の拡張には最低でも一週間はかけて行わないとヒドい事になるゾ…
実際投稿者も風呂で緊張を解しつつローションで少しづつ広げてやっと幾らか立って指が三本程入る様になったゾ…

ホモガキもそのあたりを念頭に入れてプレイに考慮するようオナシャス!


14 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 03:18:37.89 ID:NO61/+cR0
FF(friendly fire)かな?(棒読み)


15 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 03:21:46.23 ID:M+aBmLxHo
>>14
ケツでしょ


16 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 06:28:29.43 ID:Dbxu8YDxo
クソノンケ煽りから始まり自身の開発経験談まであるとはたまげたなぁ…
(SSの感想は)ないです。


20 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 11:29:24.41 ID:zS+6+M4xo
バルクホルンとエーリカがちゃんと生きてることに涙がで……出ますよ


23 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 15:37:36.63 ID:4dl3vNeLo
拳を使いそうなスレタイだけど、何かスポーツとかやってたの?


26 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 17:01:18.02 ID:MhOIPFcBo

坂本「あああ…!!!宮藤…みやふじぃ……!!」

宮藤はクスコを『開いたまま』肛門から引き抜くと中から濁った潤滑油と血が混じって滲み出てくる

宮藤「次はコレです、見えますか?」

坂本が苦悶の声を漏らしつつも薄く目を開くと先端がピンボール程のサイズの大きい球が付いた柔らかい素材の棒の様だ

坂本「ま、待ってくれ…お尻が痛い…痛いから…あぁ…!」

宮藤「ゆっくり行きますね~…」

幾度か押し返され、一番抵抗が強くなる位置で力を加えて押し込むと後がするりと入っていく。

坂本「…駄目だ宮藤ぃ…!ホントに…ダメ…!!ああぁ…っ!」

宮藤「坂本さんのお尻の穴にどんどん入ってますよー?」

乱暴に扱われ過呼吸気味に宮藤に懇願しても前後左右、円を描くように細かく動かしていく


27 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 17:01:50.84 ID:MhOIPFcBo
宮藤「エッチなお尻になってきましたね…次はコレ、使いましょうか」

始めた頃よりは開くようになった肛門に潤滑油を刷り込むように指を動かしていく

次に宮藤が取り出したのは再びプラグだが、コレはまた趣が違う

坂本「ハァ…ハァ…ああぁ…」

宮藤の手元にあるポンプを握る事で空気をプラグに送り込み、プラグを大きくすることが可能だ

坂本「…あああ…!無理、無理無理だ…!痛い!痛い宮藤…!!」

内側から無理やり広げられる激痛に大きく声をあげ、そのままプラグも吐き出されてしまった

宮藤「もう…さっきから痛いしか言ってないじゃないですか。それにプラグも出しちゃって…」

宮藤芳佳は止まらない


28 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 17:04:30.95 ID:MhOIPFcBo
宮藤「ほら、もう指三本くらいなら平気ですよね。坂本さんのお尻はエッチになってるんですよ」

坂本は息を荒く吐きながら、徐々に肛門に挿入されるものが大きくなっている事に気付いた

坂本「ここまででいい…もうやめてくれ…私が何をしたんだ…!」

宮藤「良くないし、止めませんよ。それじゃあ、次です」

今度は電動のアナルバイブをいきなり二本挿入されるがすんなり飲み込んでいく

宮藤「ほら、やっぱりエッチな穴じゃないですか。気持ちいいんですか?」

坂本「気持ちよく…あ…ッ…!!なんか…無いぃ…っ!!」

宮藤「…こんなにキュウキュウ締め付けてるのに、強情ですねぇ」

坂本「違う…!ホントに…本当に痛いんだ…!やめて…」


29 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 17:13:38.24 ID:MhOIPFcBo
宮藤「坂本さん、もう一度クスコ入れますね」

三度目のクスコを挿入、間に拡張を繰り返したからか以前より遥かに入りやすくなっている

宮藤「ほら…さっきより開いてますよ…。バイブ、入れちゃいますね」

坂本「もう…止めろぉ…ああ…あああ…」

宮藤「…もう少し他の事も言ってみせてくださいよ…!」

バイブをONにしたまま腸内をかき混ぜる様に細かく動かしていく

坂本「ああ…ああああ…!」

宮藤「ほら、こんなに広がっちゃったんですよ?坂本さんのエッチなお尻の穴」

坂本「痛い…!痛いよぉ…

バイブを止め、クスコの先端で肛門を無理矢理開いていく


30 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 17:36:51.16 ID:MhOIPFcBo
坂本が縛り付けられている椅子の尻の部分に、腸液と血と潤滑油の混じった液体が溜まっている。

宮藤「坂本さん…もしかして意識しないとお尻の穴が開いちゃうんですか…?」

坂本「そんな…事は…」

宮藤「へぇ、まあいいです。ここからが本番ですよ」

今までの事は本番ですらなかったのだと静かに告げる

宮藤は指を窄め、四本の指を坂本の肛門に突きいれた

坂本「あ…あ!痛い痛い痛いぃ!!!止めてくれぇ!あ…っ!!」

宮藤「見えますか…?ほらぁ坂本さんのお尻からウ○チ出ちゃいましたよ?」

坂本「あ…あ…」

開いた肛門からこぼれる様に糞が出てくるが、それでも宮藤は手を止めない


31 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 17:39:50.54 ID:MhOIPFcBo
やっぱり糞じゃないか(激昂)


33 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 18:03:56.16 ID:MhOIPFcBo
宮藤「あ~もう…坂本さん、お漏らしですか」

坂本「…痛い!!痛い…!!」

激痛で失禁し、部屋が特有のアンモニア臭と排泄物の匂いでいっぱいになる。

宮藤「漏らしちゃう程気持ちいいんですか?」

坂本「あ…ああ…違う…もうお尻…止めて…」

指を四本を一定の規則でストロークさせ、徐々に肛門が強引ながらに開かれていく

宮藤「坂本さんのお尻の中…あったかいです…」

坂本「止めて…もうやめてくれぇ…!!あ…!無理…!無理!イタイ…!痛い…!」

宮藤「もう…指も五本くらい入る様になったのに強情ですね」


34 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 18:35:44.23 ID:SNJm36iAo
また君か壊れるなぁ
このまま無修正本編見る勇気ないクソザコナメクジなホモガキを調教する為に全本編書いて、どうぞ


35 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 18:36:17.30 ID:MhOIPFcBo
宮藤「ほら…いきますよ」

今度は拳を突きいれるくらいの勢いで肛門に押し込んでいく

坂本「ああああぁぁぁああ!!無理!!無理だ!!止めろぉ!!止めて!!止めてくれぇ!!!」

宮藤「違うでしょ?坂本さん。気持ちいい、でしょ?」

坂本「痛い痛い痛いいぃぃ!!…あああああ!!」

宮藤「まったくもう…それじゃあ、今日はここまでにしましょうか」

坂本「…はぁ…はぁ…」

宮藤「それじゃあ、明日もよろしくお願いしますね」



坂本「うううぅ…ああ…あああ…」

宮藤が去った後に、部屋には坂本のすすり泣く声が響いていた



36 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 18:38:38.69 ID:MhOIPFcBo
一旦ここまでです

あと、僕はストライクウィッチーズが好きです。


37 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 19:12:19.46 ID:J2AgB3nuo
>>36
ならどうしてインムバリアント君に載せられるような書いたんですかねえ…


38 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/11(火) 19:22:59.53 ID:MhOIPFcBo
>>37
最初は普通にストパンのSSかいてて
次にバルクホルン「やっぱり…宮藤の…料理を………最高だな!」って書きたいから書いてたらいつの間にかクソ塗れになるSS書いてました(半ギレ)


42 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 21:13:02.78 ID:LOXSedckO
(ストライカーに)詰め込もうぜ~


43 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/11(火) 23:04:19.04 ID:uN1HFJ4v0
ま、ノンケには無理かな(選民思想)


50 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/12(水) 04:17:25.07 ID:PFnl4daaO
そういや野獣も昔はSKMTでしたね…


55 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 18:14:29.99 ID:B2vaFm0ao

―――翌日

宮藤「おはようございます、坂本さん」

坂本「…さっさと私を解放しろ」

宮藤「おかしいなぁ…昨日はあんなに可愛かったのに」

坂本「ッ!!」

宮藤「…それじゃあ、始めますね」

昨日と同じように右手にゴム手袋を装着し、坂本美緒の肛門に潤滑油を塗っていく

坂本「…ああ…あ」

宮藤「あー…時間置いたら少し戻っちゃいましたね。でも昨日出来たんだから大丈夫です」

坂本「もうやめてくれ…私のお尻を…おもちゃにしないでくれ…」



宮藤「それじゃあ、もう一回クスコからいきましょうか」



56 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 18:15:41.38 ID:B2vaFm0ao
昨日の半ば無理矢理な拡張により、肛門はすんなりクスコを飲み込む余裕が出来ていた

しかし、それでも限界以上に肛門を広げようとするので痛みを感じるのは変わりがなかった

坂本「ああ…!ああぁ…!」

宮藤「はい、潤滑油いれますね」

そして、再び「開いたまま」クスコを引き抜いた

クスコはその仕組み状、開いた場合奥の部分の幅が大きくなるためその様な雑な扱いをすれば臓器の内部が傷ついてしまう事もある

現に坂本の肛門から昨日のような赤い血が潤滑油と混じって垂れていた

宮藤「…坂本さん、苦しいですか?」

坂本「はぁー…!…はあぁー…!!」

宮藤「…指、増やしますよ」


57 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 18:17:25.20 ID:B2vaFm0ao
赤く濁った潤滑油を刷り込むようにして指を増やしていく宮藤

宮藤「坂本さんはもう特に弄らなくても指がお尻の穴に四本も入っちゃう変態さんになっちゃいましたね」

坂本「……ハァ…ハァ…」

宮藤「…何も言ってくれないのもつまらないですね」

そう言って昨日も仕様したバルーン型のプラグを用意する

宮藤「昨日はすぐに取れちゃいましたからね、今度はしっかりと固定しましょうね」

入れやすい様にある程度の空気を入れてから挿入し、ガムテープでしっかりと固定していく

坂本「あー…あぁー…!」

しかし電マで刺激するとすぐに勢いよく潤滑油を吹き出しそのままプラグが排出される


58 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 18:18:22.47 ID:B2vaFm0ao
宮藤「あー…坂本さんのエッチなお尻じゃもうプラグじゃ満足できないんですね」

坂本「はぁー…ち、違う…そんな事は…」

宮藤「ガバガバなケツ晒して今更なんですか。もう開きっぱなしですよ?エッチな坂本さんの変態なお尻」

確かに、坂本の肛門は指が二本そのまま入るのではと思うほど開いておりヒクヒクと閉じては開いてを繰り返していた

坂本「痛い…!いたぁい…!!」

宮藤「それじゃあ変態な坂本さんのお尻が満足出来る様に、気持ちよくしてあげます」

坂本「み、宮藤…本当に…もう、やめてくれ…」


宮藤「行きます」


宮藤は握りこぶしを坂本の肛門に当て―――


59 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 18:20:39.64 ID:B2vaFm0ao
坂本「あああああ!!!痛い!!痛い…痛い痛い!待って…!待ってぇ!!」

宮藤「いいじゃないですか、エッチで変態な坂本さんのお尻にはこれぐらいしないと満足できませんよね」

坂本「そんな事…!!?ああ~…!!痛い!ムリムリムリ…あああぁ…!!!」

捻ってみたり、緩急を付けたり様々な刺激を加えながら押し込もうと奮闘する中坂本も暴れながら叫びつづける

坂本「無理…無理ぃ…!!止めて…止めて!!痛い痛い!!」

宮藤「もう…静夏ちゃん、リーネちゃん。手伝って」

「「はい」」

どこからか二人が現れ足の付け根と胴体を押さえ坂本の体をより固定する

坂本「お願い抜いて…抜いてください、お願い…抜いてええええ!!!」


宮藤「ダメです」


60 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 18:25:03.98 ID:B2vaFm0ao
坂本の懇願にも耳を傾けず拳を押し込もうとすると、坂本の腰が引けるがもう坂本は下がる事は出来ない

宮藤の拳も徐々に力を入れて押し込んでいく

坂本「あああああ!!!痛あああああい!!!!!痛い痛あああい!!!」

ついに坂本も髪を乱しながら絶叫するが、宮藤は外道であった

坂本「あ…っはぁ…ダメ…抜いて…抜いて…お願いだ、抜いてぇえええ…お願い…!」

宮藤が全体重を乗せ、拳を押し込み―――

坂本「ダメダメダメ!絶対!無理無理無理!痛い!痛い!……ごめんなさい!ごめんなさい!あああああぁぁぁ無理ぃぃぃ…ああああぁぁぁ無理無理無理無理無理!
すいま・・・無理です無理です無理です!ごめんなさい!ごめんなさい!無理ごめんごめんごめんなさい!」

宮藤「誰に謝ってるんですか?変な坂本さん」

坂本「ああ…」

そして宮藤が拳を思いっきり引くと、再び潤滑油が吹き出しやっと坂本は気絶した。


61 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 18:27:02.11 ID:B2vaFm0ao
>>5から先閲覧注意だゾ

ぬわ疲、外道で畜生でFF決めてくるクッソゲスい淫獣宮藤可愛い、可愛くない?

EMT(エーリカ・マジ・玉潰し)よりはいいと思います



62 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 18:31:09.88 ID:B2vaFm0ao
(あとは後日談しか)ないです
正直、NG編が溜まってるけどFFSNJの本編基準な幸せなエッチする宮藤と坂本のSSとか誰得だから多少はね?

宮藤「皆様、いかがでしたでしょうか・・・?この館では、SM・強姦・拉致監禁・・・様々な出来事が行われております・・・本日も、あるリベリオン軍人が一人の少女を拉致してきたようです・・・」


63 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 19:14:46.48 ID:R5ZEmAgPo
(こいつはもう)駄目みたいですね


64 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 19:24:23.00 ID:xGEqlRRH0
バルクホルン「やめろぉ!ナイスゥ!」書いてた人?
音madではトゥルーデリーおねえちゃんが好きです(語録無視)


65 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/13(木) 19:39:09.03 ID:B2vaFm0ao
>>64
違いナス!
ただそれをインムバリアント君がまとめてるのを見て書かなきゃ(使命感)と思って淫夢の本編セリフに便乗するクッソ貧弱ナメクジです

音madならサイクロップスPR犬姉貴.mp4が好きです
本編は関西クレーマーことカーリーのシリーズが好きです。


66 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 19:59:13.62 ID:ZF58Op760
あ、待てぃ、>>1大事なとこ(一章)書き忘れてるゾ


67 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 20:10:49.01 ID:408dvghDO
次は何を書いてくれるんですかねえ…(期待)

やっぱり僕は…王道を征く、KBSトリオ(が見たい)ですかね…


68 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 20:17:43.57 ID:Oy+oJWYHO
あぁ、KBS?(文章化するハードル)高いでしょでもKBS


69 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 20:20:50.82 ID:oCfhztro0
ピンキリですけどでもね


70 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 22:20:14.94 ID:jR94NAgF0
この>>1すっげぇ変態だぜ。
何という厭らしい>>1なのだ……

ヒゲクマ様はまぁ?だ時間かかりそうですかねぇ??


71 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 22:27:37.14 ID:xGEqlRRH0
空手部か1章見たい。
スカトロ系はもう勘弁してください。なんでもしますから!
(具体的に言えば全裸徘徊in北海道ぐらい)


72 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/13(木) 23:03:45.47 ID:E0boEAra0
良い天気だね今日は
うんこ日和だよ(のんのん日和)


85 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 03:05:01.16 ID:zEyhPZeEo

ミーナ「宮藤さん、お疲れナス!」

宮藤「いや…そんな…」

ミーナ「これで、この問題を知ってる上層部をそのまま罪パパパって押し付けて、終わり!」

宮藤「え…それじゃあ別に坂本さんのお尻拡張しなくても良かったんじゃ…」


坂本「なーにやってんだお前らぁ。私も仲間に入れてくれよ~」

ミーナ「み、美緒!?何言ってるの…」

坂本「とぼけちゃってぇ…」

そう言って宮藤に抱き着く様にしなだれかかる

宮藤「何だこのもっさん!?(驚愕)」


86 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/14(金) 03:19:12.76 ID:vAXmbbQ+0
これを真面目な顔してモニタの前で打ち込んでるのか…


87 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/14(金) 03:31:13.45 ID:BdcEonyu0
元 は ホ モ ビ


89 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/14(金) 06:04:39.73 ID:39B1ZR9m0
このSS読んで興奮したから元ネタの映像みたら死ぬほど後悔した。>>1は責任とって早く続きかけ


91 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:13:07.04 ID:zEyhPZeEo
ミーナ「止めて美緒」

坂本「何だ、二人だけでいい思いするつもりだったのか」

ミーナ「何言ってるの…」

坂本「いいだろぉ~」

そう言って坂本は覚束ない足取りでミーナに詰め寄る

宮藤「止めてください坂本さん!」

坂本「何だよ、お前よー」

そう言って坂本はニヤニヤと笑いながら宮藤の鳩尾に拳を入れ、宮藤は崩れ落ちる

ミーナ「み、美緒…誰から聞いたの…?」

坂本「何の事かは知らないが…いいだろ?」

そう言って坂本はミーナをも手にかけた


92 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:16:05.83 ID:zEyhPZeEo
ミーナ「う…」

椅子に縛られ身動きが取れないミーナ、叫んだところでこの広い基地では誰にも聞こえないだろう

坂本「それじゃあ、宮藤。脱がしてくれ」

言われるまま宮藤は軍服を脱がし、スクール水着も脱がしていく。

坂本「舐めろ、宮藤」

宮藤「……」

坂本「舐めろと言った」

宮藤「…!」

頭を押し付けられ、坂本の股に顔を埋めさせられる宮藤。

そのまま、緩慢に坂本の秘部を舐めていく


93 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:16:48.84 ID:zEyhPZeEo
坂本「どうだミーナ、いい眺めだな」

宮藤「…ン…ん…」

時に大きく舐め上げ、時に吸い付くように様々な刺激を交えて宮藤は無心で坂本の秘部にむしゃぶりつく

坂本「よし、宮藤。尻を向けろ」

宮藤「…ハァ…え…はい…」

坂本「そのまま向けてもしょうがないだろ。脱いでから向けるんだ」

宮藤「…はい…」

坂本の目の前でスクール水着を脱ぎ全裸になる宮藤、そして

坂本「いい尻だな…ハッ…!」

宮藤「あぎぃ…!」

―――仕返しとばかりに坂本の持っていた烈風丸の柄を宮藤の肛門に何も前準備もせずに捻じ込んだ


94 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:17:59.73 ID:zEyhPZeEo
宮藤「痛い…!痛い…!!」

坂本「ハッハッハ、あれほど好き勝手やっておいて今更何を言っている」

椅子に座った坂本に寄りかかる様に座る宮藤の尻には深く烈風丸の柄が入っており、坂本が体を揺らす度に肛門をえぐるように前後する

宮藤「痛い…あぁ…!うぅ…!ああぁ…!」

坂本「そういう割にはすんなり入ったじゃないか、お前もしかして自分で尻を弄ってたのか?」

宮藤「それは…!!…ああ…!ああ…!!」

坂本「…ほぉ、お前変態だったのか」

何度も抜き差しされる烈風丸の柄糸が強烈な刺激となって、宮藤を襲う

宮藤「止めて…止めてください坂本さん…!痛いです…!」

坂本「お前も変態ならそういうのがいいんだろう?」

烈風丸を思いっきり捻る様に回し、宮藤の腸内を先が曲がった柄が抉るように回る

宮藤「ああああぁぁああ!!!!??」


95 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:18:25.27 ID:zEyhPZeEo
ミーナ「宮藤さん…」

身動きできないミーナが歯がゆい表情で二人を見つめる

坂本「…お?見ろ、宮藤。隊長殿がビンビンでいらっしゃる、舐めてさしあげろ」

宮藤の尻に烈風丸を刺したままミーナの前まで二人で移動する

ミーナ「そんなことしなくていいから…!」

宮藤はミーナのパンツを脱がしていき、ほうと息を漏らして愛撫する

坂本「尻の穴も舐めてやれ。舐めろ」

宮藤「…」

舌を舐めるでけだは無く時になぞる様に、つつく様にと使い分け部屋に湿った音を響かせミーナを昂らせていく


96 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:21:58.10 ID:zEyhPZeEo
坂本「そろそろイカせてやれ。ヤれ、イカせて差し上げろ」

宮藤「あっ…!」

宮藤はミーナに覆いかぶさるよう

宮藤「…ん!…ん…んん!!」

秘部を秘部を触れ合わせて、擦りはじめた

ミーナ「あ…そんな宮藤さん…!あ…!」

宮藤「ん…んんん!…あっ…!気持ちいいですか…?あ…」

宮藤も秘部に感じるジンワリとした快感と、肛門に深く入った柄が引き抜かれる時にゾクゾクとした快感に挟まれ思考が正常に働いていなかった

坂本「…ミーナ、私のも舐めてくれ」

坂本もミーナの顔を跨ぐ様に秘部を押し付け、三人はさらに淫靡な音を響かせていく


97 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:26:25.72 ID:zEyhPZeEo
宮藤「いいよぉ…気持ちいいよぉ…」

肛門から烈風丸を抜かれ、足りない快感を得ようとするように一心不乱に腰を擦りつけていく宮藤

ミーナ「…んん!…ん!…はぁ…ん…」

坂本「いいぞミーナ、もっと気持ちよくしてくれ」

途切れない快感に包まれながら熱く湿った吐息を漏らして坂本の秘部を刺激を続け、坂本も刺激を欲して口元に秘部を擦りつける

宮藤「ハッ…あ…あ…イク…イッちゃう…あ…あ…あああ…!!」

坂本「私もイクッ…あ…!!」

二人同時に達し、ビクッと体を何度か震わせる

ミーナ「はぁ…ハァ…ん…」

もどかしい、物足りない。それはそうだ、自分勝手にイッて自分だけ放って置かれたのだから。


98 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:28:46.40 ID:zEyhPZeEo
坂本「おっと」

ミーナ「あ…」

秘部にそろそろと伸ばしたてを掴まれ、悪さをして見つかった子供のように縮こまるミーナ

坂本「すまないな…今度は二人でしっかりイカせてやる」

宮藤「はい…もっと気持ちよくなりましょうミーナ隊長…」

ミーナ「そんな…私は」

言葉とは裏腹に、ミーナの顔はとろけきっている

宮藤「もっとエッチしましょう…ね?」

坂本「そうだとも、まだまだ夜は始まったばかりだ」


ミーナ「……来て」

二人を招き入れる様に手を広げ、その晩は三人で混ざる様に性行を続けたのだった。


99 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 07:30:01.37 ID:zEyhPZeEo
三人は幸せなキスをして終了


102 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/14(金) 09:18:52.15 ID:siydhsPq0
一転攻勢になったのに幸せなキスで終了!?
肛門は射殺されないんですか!?


103 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 09:22:15.38 ID:zEyhPZeEo
>>102
肛門君は単体で存在していた…?

一章じゃないから多少はね?


104 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/14(金) 10:31:24.56 ID:zEyhPZeEo
という訳で、依頼出してきます


105 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/14(金) 10:41:29.31 ID:K0+jgZASo
おう、ゲイミルク牧場も書くんだよあくしろよ


107 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/14(金) 11:24:12.58 ID:OXB/BG2M0
次は女装男子が見たい(届かぬ思い)


109 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/14(金) 11:51:12.14 ID:pQQ07AW9o
うわぁこれが真烈風斬ですねたまげたなあ


126 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/15(土) 16:17:42.64 ID:3uupBe3To
次は
シャーリー「お前みたいな可愛いねぇ、この悶絶顔が大好きなんだよ!」【閲覧注意】

で立てるから、ハイ、ヨロシクゥ。


127 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/15(土) 18:15:33.43 ID:ij3MGSHVo
ひでをルッキーニで置き換えてほんへ観たら居た堪れなくなった(観たく無いとは言ってない)


128 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/15(土) 18:44:23.62 ID:xa1ymvbyO
この、じゃなくて子供の、じゃないんですかね…
ライダー教えて!


129 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/15(土) 19:20:45.28 ID:BLmMIGjC0
アーハキソ(憂鬱)


131 ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/16(日) 00:58:20.50 ID:0tqg8B5zo
今度こそクソが出ない奴にしたはずなのに良く考えたらクソ出してた…あー泣きそ

クソから逃れられない!!


132 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/16(日) 06:43:14.30 ID:1VWxfwwKo
ホモはクソ(暴論)


133 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/16(日) 08:30:16.81 ID:ON5/esVd0
>>1はクソから逃れられねぇよ、なんたってお前は便器だからな


134 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/16(日) 10:15:06.23 ID:awtcKcufO
あくしろよ


135 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/16(日) 10:55:12.46 ID:6T8GlPn80
あら^~


転載元

宮藤「FFSKMT?」ミーナ「そうわよ」【閲覧注意】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394473650/





-1000 以下、名無しにかわりまして管理人こばりあんとがお送りします :2222/02/22(金) 00:00:00.00 ID:COVARIANT




まだ続くんですか(白目)





関連記事
    コメント一覧
  1. あ [ 2014/03/16 18:11 ]
  2. まぁーた淫夢バリアントくんか壊れるなぁ
    [ 編集 ]
  3. 774@いんばりあん [ 2014/03/16 18:43 ]
  4. レズはホモ(断定)
  5. 名無しのエーリカ [ 2014/03/16 19:21 ]
  6. あんさぁ……

    もうちっと考えろや
  7. 774@いんばりあん [ 2014/03/16 21:20 ]
  8. お前精神状態おかしいよ・・・
  9. 774@いんばりあん [ 2014/03/16 21:24 ]
  10. またいつものホモガキか、壊れるなぁ…
  11. 774@いんばりあん [ 2014/03/17 00:31 ]
  12. もっさん陵辱は世界平和につながるからもっとやれ
  13. 774@いんばりあん [ 2014/03/17 03:49 ]
  14. だからこんなのまとめなくていいって言ってんじゃねーかよ(半ギレ)
  15. 774@いんばりあん [ 2014/03/17 07:14 ]
  16. ノンケとクソザコナメクジがカンカンでいらっしゃる、もっと続けてさしあげろ
  17. 774@いんばりあん [ 2014/03/17 10:13 ]
  18. シリーズ化しなくていいから(良心)
  19. 774@いんばりあん [ 2014/03/17 10:45 ]
  20. だがシリーズ化するだろうな・・・
    俺個人としては服を破ってほしい
    (俺そう言うフェチだから)

  21. 俺 [ 2014/03/19 23:13 ]
  22. ほんまにきもいな

    有害じゃ
    [ 編集 ]
  23. 774@いんばりあん [ 2014/03/24 18:11 ]
  24. AILEすき
    KVRANTだいきらい
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング