HEADLINE

【シュタゲSS】Mr.ブラウン「またこの時期がきたか……」

1 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:00:47.28 ID:BGLV33+Vo
「ふう、忘れ物はないな……」


自分で確認するようにつぶやき愛車の軽トラを走らせる


数十分ほど走った小高い丘が俺の目的地だ


「また来ましたよ、鈴さん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1395241247



2 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:02:05.35 ID:BGLV33+Vo
墓参りに来る人のいないために汚れたままの墓を丁寧に磨いて行く


あたりの雑草も抜かなきゃならないのが結構手間だ


しかし来たときとは見違えるように綺麗になった墓石に一息つく


3 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:02:32.61 ID:BGLV33+Vo
「さてと……」


一旦軽トラへと戻りお供えの品を持ってくる


とは言っても特にかわったものがあるわけでもない


彼女の好きだった花と少しの酒、それとぼたもちだ


4 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:03:10.46 ID:BGLV33+Vo
「見てくれが悪いのは勘弁してくださいよ?」


男で一つで娘を育ててはいるがだからと言って料理が全て上手に作れるわけではない


特に確固たる目標があるこのぼたもちは……


「少しは貴女の味に近づけましたかね?」


5 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:04:58.34 ID:BGLV33+Vo
火事で妻と家を亡くし路頭に迷っていた俺を拾ってくれた女性


それが目の前の墓に眠っている女性だ


6 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:05:26.90 ID:BGLV33+Vo
あまりの出来事に生きる気力を失ってしまっていた


そんな俺を励ましてくれたのも彼女だった


親子ほど歳の離れた彼女からしたら俺は息子のようなものだったのかもしれない


なにせ彼女には血のつながった身内といったものが一人もいなかったのだから……


半ばそれに甘えてしまっていたのだろう


鈴さんに俺、そして娘の綯という奇妙な家族生活はずっと続くと思っていた


7 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:06:15.36 ID:BGLV33+Vo



しかしそんな生活はある日突然終わりを迎えた






8 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:07:04.86 ID:BGLV33+Vo



鈴さんが倒れたのだ






9 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:08:51.89 ID:BGLV33+Vo
病院に担ぎ込まれた貴女の病状を聞いて俺は愕然とした


原因不明で完治の見込みなし


別の医者なら診断もかわるかもしれない


しかし現実はそう甘くなかった


診せる医者診せる医者が同じ診察をくだしたのだ……


10 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:10:48.12 ID:BGLV33+Vo
それでも俺は貴女の回復を信じていた


毎日毎日来る日も来る日も見舞いに行った


しかし貴女の思いは俺とは違っていたようだった


11 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:11:18.51 ID:BGLV33+Vo
きっと貴女は自分の死期というものを悟っていたんだろう


自分の資産の管理を全て俺に任せてくれた


だんだん弱っていく貴女


それを見るのがどれほど辛かったか……


12 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:13:20.42 ID:BGLV33+Vo



そして貴女は亡くなった……






13 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:15:02.45 ID:BGLV33+Vo
喪主として葬儀などを執り行ったが弔問客はほとんどいなかった


それに不思議と悲しいという感情もわかなかった


置いて枯れた貴女と置いてかれた俺


きっと妻が死んだときもそんな感情だったのだろう……


14 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:15:35.08 ID:BGLV33+Vo


鈴さんの死後しばらくして遺品の整理をしていてふと目についた


あのおはぎのレシピが……





15 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:16:01.38 ID:BGLV33+Vo
「一応素晴らしい師匠のレシピ通りのはずなんですがねえ……」



毎年2回


彼岸が近づくと作ってくれたぼたもちとおはぎ


その美味さは今でも鮮明に覚えている


娘の綯は覚えてないかもしれないがな……


16 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:16:34.05 ID:BGLV33+Vo
それ以来俺も年2回ぼたもちとおはぎを作るようになった


最初は失敗ばかりでとても食えた代物じゃなかったが……


最近では少しは納得のいくものが作れるようになってきた


娘も美味いと言ってくれる


といっても貴女の味には全然届いちゃいませんがね……


17 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:17:39.73 ID:BGLV33+Vo
「じゃあそろそろ帰りますね」


娘も学校から帰ってくる頃だろう


墓に供えたぼたもちを下げる


カラス共に食わせてやるにはもったいなからな


18 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:19:00.87 ID:BGLV33+Vo


「じゃあまた来ます」





19 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:20:25.52 ID:BGLV33+Vo
来たときと同じように軽トラを走らせる


家にたどり着くとちょうど娘も帰って来たところだった


「ただいまー、お父さん」


「おう、おかえり」


「今日のおやつはなに?」


「ぼたもちがあるからちゃんと手を洗ってうがいをしてから食べるんだぞ?」


「うん!」


20 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:21:11.36 ID:BGLV33+Vo
さて……


たしか上にいるのは8人だったか……


いつも綯も世話になっているしこれくらいしてやってもいいだろう


本当はあまり付き合ってほしくないやつもいるが嬢ちゃんになついてるしな……


21 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:21:39.38 ID:BGLV33+Vo
まあいいさ


心して食えよ?


鈴さんのバカ息子からバカ息子たちへのぼたもちを……



                                おわり


22 ◆SUZUHAec1I [saga sage]:2014/03/20(木) 00:23:25.83 ID:BGLV33+Vo
以上です

自スレであったネタを書いてみました

小説版の鈴さんとMr.ブラウンのやり取りが好きです

>>1の妄想にお付き合いいただいた方、ありがとうございました


23 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/20(木) 00:27:51.19 ID:icaYtFq4O

ブラウンと鈴羽の関係イイよね


24 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/03/20(木) 00:28:12.06 ID:FeUG/UxMo



転載元

【シュタゲSS】Mr.ブラウン「またこの時期がきたか……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395241247/







関連記事
    コメント一覧
  1. あ [ 2014/03/20 13:01 ]
  2. 不覚にもうるっときた

    こういうお話大好き
    [ 編集 ]
  3. 774@いんばりあん [ 2014/03/20 15:25 ]
  4. どの世界線なんだろうね?
    公式の漫画本の中のブラウンが主人公の過去話のやつがあるけど、鈴葉がブラウンとブラウンの妻との接点を生んだ人物みたいなものだったし。
  5. 774@いんばりあん [ 2014/03/21 12:49 ]
  6. 作者が補足説明を後からしてるのにそれはまとめないの?
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング