HEADLINE

魔王「頼んだぞ、勇者!」 【後編】

2014/03/25 02:40 | CM(1) | 創作・魔王勇者系 SS
魔王「頼んだぞ、勇者!」 【前編】



157 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 21:55:28 ID:ZK7IJXro




蜘蛛女「……で、あの子供も頼みを聞いてやることにしたのか?」

魔勇者「うん」

蜘蛛女「何の義理もない、それどころか敵である人類の頼みを?」

魔勇者「……うん」

蜘蛛女「しかも、その頼みが、あの人狼を殺してだって?」

魔勇者「…………」


158 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 21:57:07 ID:ZK7IJXro

蜘蛛女「あの年で、殺すとか、中々言わないぞ」

魔勇者「……そう、かも」

蜘蛛女「ってか、おまえ、あいつのことあからさまに疑ってたじゃねぇーか」

蜘蛛女「それをいきなり、どんな風の吹き回しだ?」

スライム娘「し、信じてあげることにしたの……?」

魔勇者「いや、そういうわけでもないんだけど……」


159 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:01:52 ID:ZK7IJXro

蜘蛛女「んじゃあ、一体何なんだ」

魔勇者「あの子のことは、正直疑ってる。でも……」

蜘蛛女「でも……?」

魔勇者「あの集落を守りたいって気持ちは変わらないかな……って」

蜘蛛女「……」

スライム娘「……」


160 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:04:01 ID:ZK7IJXro

魔勇者「え、えっと……?」

蜘蛛女「お前、本当にお人好しだよな……」

スライム娘「……」コク

魔勇者「あはは……」

蜘蛛女「ま、良いけどよ。行くんなら、さっさと行こうぜ」

蜘蛛女「あたしたち、ここで止まるわけにはいかないんだろ?」

スライム娘「……!」コクコク

魔勇者「……ありがとう」


161 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:07:17 ID:ZK7IJXro




子供?「ホント? 本当にやってくれるの?」

魔勇者「ああ、僕も、あの集落を守りたいって気持ちは同じだからね」

蜘蛛女「あたしは、金さえ貰えれば、何だっていいけどな」

スライム娘「もう、お姉ちゃん!」

子供?「……ふふっ、ありがとう。皆、優しいんだね」


162 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:11:35 ID:ZK7IJXro





人狼の住処

子供?「ほら、あそこ」

魔勇者「あの洞窟?」

子供?「そう。 この前、森で遊んでたら、あいつらが歩いているのを見つけたんだ」

子供?「少し怖かったけど、後を追っていったらあそこに入っていったんだ」

魔勇者「わかった。君はここで待ってて」

子供?「うん、わかった」


163 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:14:18 ID:ZK7IJXro

魔勇者「……じゃあ、僕たちは行こう」

蜘蛛女「待て待て、どれくらいいるか。知っておいたほうが良い」

蜘蛛女「相手は、人狼だぞ。用心するにこしたことはねぇよ」

子供?「中くらいのが三体。大きいのが一体。リーダーだと思う」

蜘蛛女「……随分詳しいな」

子供?「……見た限りの話だけどね」

魔勇者「わかった、蜘蛛女、スライム娘、行こう」


164 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:22:06 ID:ZK7IJXro




人狼(大)「……それで、手も足も出ずに逃げ帰ってきたって訳か?」

人狼1「そ、そうだ。し、しかし、あいつ本当に強かったんだ! 信じてくれ!」

人狼(大)「お前がそんな痛手を負ったんだから、きっとそいつは強かったんだろう」

人狼1「ああ、ああ! そうだ、そうなんだ!」

人狼(大)「だが、それが何だ?」


165 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:25:55 ID:ZK7IJXro

人狼1「! や、止めろ」

人狼(大)「敗北したお前は、もはや不用なんだよ」

人狼1「……しょ」

人狼(大)「ん?」

人狼1「……っくしょ」

人狼1「……ちっくしょぉぉぉぉぉぉぉ!」

人狼(大)「うるせぇ」ブン

グシャ


166 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:30:57 ID:ZK7IJXro

人狼1「」

人狼2「わ、私はまだ、ひゅー、たたかえ……」

人狼(大)「人狼3、殺せ」

人狼3「……」コク

人狼2「じ、人狼3、お前、冗談だろう?」

人狼3「……わりぃな」ガッ

メキメキ

人狼2「お、おまえ……っ」

ボキッ


167 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:36:59 ID:ZK7IJXro

人狼2「」

人狼(大)「人狼3、お前を生かしているのは、お前がまだ戦えるからだ」

人狼(大)「……わかってんな?」

人狼3「ああ……」

人狼3「……わかってらぁ」


168 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:40:29 ID:ZK7IJXro



魔勇者「……」

蜘蛛女「……」

人狼3「随分早ぇじゃねぇか」

魔勇者「協力者がいてね」

魔勇者「ほかの二人は?」

人狼3「死んだよ」

魔勇者「そっか」

魔勇者「どのみち死んでもらうつもりだったから、好都合かな」

人狼3「そうか」


169 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:45:02 ID:ZK7IJXro

魔勇者「んじゃあ、君を殺すよ。わかっていると思うけど」

人狼3「そりゃこっちの、セリフだっ」ダッ

魔勇者「! 蜘蛛女!」ザッ

蜘蛛女「分かってる!」ザッ

人狼3「おらぁっ!」ブン

ドガン

魔勇者(地面が……)

魔勇者「さすがに本気だね」


170 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:48:09 ID:ZK7IJXro

人狼3「俺はまだ死にたくないからなっ!」ブン

魔勇者「よっと」サッ

人狼3「ちょこまか逃げんな!!」

蜘蛛女(背中ががら空きだぜ)ニヤ

蜘蛛女「そこ!」ヒュ

人狼3「ぐあっ」

蜘蛛女(ちっ……浅いか)ザッ


171 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:51:28 ID:ZK7IJXro

人狼3「くそがっ」ダッ

蜘蛛女「!」

蜘蛛女(速い!)

人狼3「もらったぁぁ」ザン

ガキン

魔勇者「おっとと、危ない危ない」ガギギ

人狼3「ちっ」

人狼3(こいつ……!)


172 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:54:09 ID:ZK7IJXro

蜘蛛女「お、お前、それ……」

魔勇者「話は後!」

魔勇者「お、らぁっ!」

人狼3「うおっ」

魔勇者(……今っ!)

魔勇者「……シッ」キン


173 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/05(水) 22:59:51 ID:ZK7IJXro

人狼3「ぐっ」ザザッ

人狼3「……」

人狼3「……ははっ、ここまで、か……よ」

ズルッ  ドサッ

魔勇者「……ふー」

蜘蛛女「気ぃ抜くな!」


174 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/06(木) 23:49:10 ID:nZW3AW2o

魔勇者「え、だってさ……」

人狼(大)「」クビダケ

ズル、ズルズル……

スライム娘「ぷはっ」

スライム娘「う、うまくいった」

蜘蛛女「よくやったな!」ナデナデ

スライム娘「え、えへへ」


175 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/06(木) 23:53:25 ID:nZW3AW2o

魔勇者「形を自由に変形させるなんて……まあ、言われてみればそうなんだけど」

蜘蛛女「自慢の妹だからな!」

魔勇者「散々心配してたくせに……」

蜘蛛女「う、うるせぇ!」

スライム娘「ふふ、ありがとう、お姉ちゃん」

蜘蛛女「……おう」

魔勇者「じゃ、行きますか」


176 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/06(木) 23:57:48 ID:nZW3AW2o

蜘蛛女「集落には戻らないのか?」

魔勇者「うん。よく考えてみれば、僕たち、転送装置の場所すら掴めてないわけだし」

蜘蛛女「いや、だからこそ、戻るべきじゃないのか?」

魔勇者「あー……」

魔勇者「そうだね。じゃあ、一旦戻ろうか」


177 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 00:00:54 ID:KqV1ZlCQ

人狼4「う、うわあぁぁぁぁぁぁ!!」ダッ

蜘蛛女「! 魔勇者、後ろっ!!」

魔勇者「!」スチャ

魔勇者(間に合え……!)

?「お待ち下さい!」

人狼4「! ……あっ」

魔勇者「! ……うわっ」

ドンッ ゴロゴロ……


178 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 00:03:06 ID:KqV1ZlCQ

人狼4「うぐぐ……」

魔勇者「いてて……」

蜘蛛女「魔勇者!」

スライム娘「ま、魔勇者さん……!」

魔勇者「だ、大丈夫大丈夫。転んじゃっただけだから」

?「申し訳ありません。思わず、大きな声を出してしまいました」

蜘蛛女「っ! てめぇは何モンだ!」スチャ

?「……残念ながら、わたくしに名乗れる名前はございません」

蜘蛛女「何だと?」

?「ですが、ある人は、わたくしをこう呼びます……呼んでくれます」

?「……霧の女王、と」


180 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 23:26:28 ID:KqV1ZlCQ



スライム娘「ほ、本当に、いたん……ですね」

魔勇者「まあ、それも驚きなんだけど……」

蜘蛛娘「あいつしか呼んでなかったのかよ……」

霧の女王「? どうなされたのですか?」

魔勇者「いえ、何でもないです」


181 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 23:28:28 ID:KqV1ZlCQ

霧の女王「兎にも角にも、助けていただいてありがとうございます」ペコリ

霧の女王「わたくし、永らくこの森に住み、自らの能力を以て、この森の守り手のようなこともしてまいりました」

霧の女王「ですが、彼らの獣並みの嗅覚には敵わず……」

魔勇者「囚われの身になった、と」

霧の女王「彼らは、わたくしを利用して、権威の拡大を狙っていたようです」

蜘蛛女「つまりこの森が、霧の森と呼ばれる理由が、あんた?」

霧の女王「ええ」


182 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 23:41:34 ID:KqV1ZlCQ

蜘蛛女「……言っちゃ悪いが、見た感じ華奢な女の子みてぇだけど」

霧の女王「ふふっ、その油断も、わたくしの力を増してくれるのです」

子供?「そうだよ、お姉さん」

蜘蛛女「うおっ、お前どっから……」

子供?「どこを見てるの? 僕はこっちだよ?」

蜘蛛女「!」


183 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 23:42:26 ID:KqV1ZlCQ

蜘蛛女「……言っちゃ悪いが、見た感じ華奢な女の子みてぇだけど」

霧の女王「ふふっ、その油断も、わたくしの力を増してくれるのです」

子供?「そうだよ、お姉さん」

蜘蛛女「うおっ、お前どっから……」

子供?「どこを見てるの? 僕はこっちだよ?」

蜘蛛女「!」


184 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 23:43:51 ID:KqV1ZlCQ
すいません、ミスりました。

続き↓

スライム娘?「こ、こんなことも出来るんだよ。お姉ちゃん?」

蜘蛛女「!?」バッ

スライム娘「!」ブンブン

蜘蛛女?「この森の霧を一度吸い込めば、その者は既にわたくしのもの」

蜘蛛女?「気づかない限り、振り払うことは叶いません」

蜘蛛女「……わ、わかったから、元の姿に戻ってくれねぇか?」


185 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 23:46:50 ID:KqV1ZlCQ

蜘蛛女「その口調で喋ってる自分なんて、むず痒くてしょうがねぇ」

霧の女王「ふふふっ、お分かりいただけたようで何よりですわ」

魔勇者「じゃあ、あの人狼を助けたのは何故ですか?」

人狼4「ひっ、ご、ごめんなさい」

霧の女王「他の人狼と違い、彼は争いを望んでいませんでした」

霧の女王「わたくしを助けてくれ、その援助には、暖かさが垣間見えました」

魔勇者「だから、助けることにしたと」


186 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 23:48:54 ID:KqV1ZlCQ

蜘蛛女「お前に似て、お人好しというか、何と言うか……」

霧の女王「彼は、集落の一員になることを望み、わたくしはそれを許しました」

蜘蛛女「しかし、受け入れてくれるかね。集落を襲った同族を」

魔勇者「霧の女王自ら、事情を説明すれば良いんじゃない?」

魔勇者「集落長も憧れの女王に会えるわけだし」

霧の女王「そ、そんな……それは、出来ません!」

スライム娘「!」ビク


187 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/07(金) 23:50:57 ID:KqV1ZlCQ

蜘蛛女「ど、どうしたんだ。いきなり大声をだして」

霧の女王「も、申し訳ありません。ですが……」

霧の女王「そ、それは、出来ません」///

蜘蛛女(あぁ、これは……)チラ

スライム娘「!」コクコク


188 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 05:37:18 ID:fu197IK2
魔勇者「? 名案だと思うんだけどな」

霧の女王「いや、ですが、それは……」

人狼4「あ、あの、俺からもお願いします」

人狼4「俺から言ったところで、本当の信用は得られないでしょうから」

霧の女王「あ、あなたまで!」


189 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 05:51:42 ID:fu197IK2

蜘蛛女「まあ、まあ」トントン

霧の女王「!」

蜘蛛女「良いじゃねぇか。集落長にお近づきになれるチャンスだぞ?」ボソ

霧の女王「な、何故それを……!」ボソ

スライム娘「み、見てたらわかる」ボソ

霧の女王「ま、真ですか!?」アタフタ

蜘蛛女「せっかく、背中を押されてるんだ。行ってみたらどうだ」

スライム娘「……」コクコク

霧の女王「うう……」


190 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 05:54:45 ID:fu197IK2




霧の女王「で、では、い、行きましょうか」

人狼4「は、はい」

魔勇者「あの、大丈夫?」

霧の女王「え、ええ、だ……大丈夫ですわ」

蜘蛛女「しっかりな」ニヤ

霧の女王「は、はいぃ」

霧の女王「て、転送装置までの道は開いておきました」

霧の女王「この森が、あなた方を導いてくれるでしょう」

魔勇者「ありがとう」

霧の女王「こちらこそ……では」


191 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 06:02:26 ID:fu197IK2




転送装置

蜘蛛女「これが、転送装置?」

魔勇者「そう……だよ」

蜘蛛女「何だ、その間は」

蜘蛛女「しっかし、これ、ちゃんと動くのか? 苔むしてて、動きそうにないぞ」

魔勇者「そりゃ、古いからね。でも、形は保ってるから、まだ動く筈だよ」


192 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 06:04:59 ID:fu197IK2

蜘蛛女「まあ、お前に任せるよ」

魔勇者「了解、ちょっと待ってて」

魔勇者「原理は、跳躍魔法と一緒なんだ」

魔勇者「違いは、出発地と到着地が決まってるってことと、魔力を込めるだけで良いってこと」

魔勇者「そのための場所が、どこかに……っと」


193 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 06:07:08 ID:fu197IK2

魔勇者「おっ、これかな」

魔勇者「二人とも、ちょっと下がってて」

蜘蛛女「わかった」

スライム娘「……」コク

魔勇者「はぁっ」

ヴン

ヴォン ヴォン ヴォン……

ヴゥゥゥゥン

蜘蛛女「うわ、こりゃ、すごいな」

スライム娘「お、大きな黒い窓……?」

魔勇者「触ると自動的に、吸い込まれるから注意してね」


194 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 06:07:55 ID:fu197IK2


魔勇者「さて、と、二人とも準備は良い?」

魔勇者「こっから先は、人類の領域だよ」

蜘蛛女「当然!」

スライム娘「や、やるって決めたから……!」

魔勇者「うん……じゃあ、行こうか」



ヴン ヴン ヴン


195 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 23:25:44 ID:fu197IK2









境界北部(人類側)

大雪山

蜘蛛女「うおっ、寒っ!」

魔勇者「うわわっ、嘘、寒いねー」

スライム娘「」ガクガク


196 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 23:32:16 ID:fu197IK2

蜘蛛女「馬鹿野郎っ! こういうことは先に言えよ!」

魔勇者「いやぁ、僕もこっち側のことは良く知らなくて」

蜘蛛女「なん……お前なぁ!」

蜘蛛女「どうすんだよこれ!」

魔勇者「とりあえず……下山?」

蜘蛛女「どこに向かってだよ!」


197 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 23:34:27 ID:fu197IK2

?「……ハアッ!」

魔勇者「!」ザッ

蜘蛛女「!」ザッ

ザン

?「チッ!」

魔勇者(誰だ?)

蜘蛛女(フードの、男? まさか、人類か!?)


198 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 23:39:49 ID:fu197IK2

?「ッ……!」ザッ

魔勇者(ここで戦うだけ、不利だ)

魔勇者(一気に決める!)スチャ

?「!」カチャ

ヒュン

魔勇者「っ」ザッ

魔勇者(飛び道具!? いや、ナイフか!)


199 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 23:43:04 ID:fu197IK2

蜘蛛女「くそっ」ブンッ

?「……!」キン

蜘蛛女(あたしたちを相手にこの立ち回り……何者だ、コイツ)

魔勇者(隙をつかなきゃ、駄目だ!)

ザッ

?「!」


200 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 23:54:12 ID:fu197IK2

魔勇者「そこっ!」キ

ドサッ

蜘蛛女「スライム娘っ!!」

魔勇者「!」バッ

スライム娘「お、お姉ちゃ……」パキパキ

蜘蛛女「しっかりしろ、おい!」


201 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/08(土) 23:55:18 ID:fu197IK2

魔勇者(体が凍り始めてる……!)

魔勇者(当たり前じゃないか、こんなところに連れてきたら……)

魔勇者「くそっ」

魔勇者(どうする、どうすればいい)

ザッ

魔勇者「!」

?「……待て」

?「……着いてこい」

魔勇者「……」

?「……その娘、助けたくないのか?」


202 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/09(日) 20:54:11 ID:t/rmXaJ6

ほら穴

パチパチ……

?「……どうだ」

スライム娘「う……うぅ……」

蜘蛛女「な、何とか……」

?「……そうか」


203 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/09(日) 20:58:10 ID:t/rmXaJ6

魔勇者「すまない、僕のミスだ」

蜘蛛女「そうだな。その通りだ」

魔勇者「……」

蜘蛛女「でも、そんなお前に着いていくと決めたのは、あたしと、この子だ」

蜘蛛女「責められねぇよ」

魔勇者「……ありがとう」


204 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/09(日) 21:01:47 ID:t/rmXaJ6

?「……お前たちが、装置を使ってこっちに来たのがわかったからだ」

?「……何も知らない、お前たち魔族が」

魔勇者「僕たちが……何も知らない?」

?「……そうだ」ファサ

魔勇者「!」

魔勇者(あの耳……エルフ?)

?「俺の名は、ダークエルフ」

ダークエルフ「エルフ最後の一人だ」


205 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/09(日) 21:07:18 ID:t/rmXaJ6


蜘蛛女「エルフって、あのエルフか?」

ダークエルフ「……人類に与した裏切り者、という意味なら、そうだ」

蜘蛛女「まだ、生き残りがいたなんてな」

蜘蛛女「戦場にもまったく姿を表さないし、とっくに絶滅したと思ってたぜ」

ダークエルフ「……この耳さえ隠せば、人類とほぼ変わらないからな」

ダークエルフ「……最近はともかく、こっちに来た当初は、そこそこいたはずだ」

蜘蛛女「そうだったのか」


206 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/09(日) 21:11:45 ID:t/rmXaJ6

魔勇者「それで、最後の一人ってのは、どういうこと?」

ダークエルフ「……言葉通りの意味だ。俺を覗いて、もうエルフは、この世界に存在しない」

ダークエルフ「……その俺でさえ、人類との混血だ。純粋なエルフはもっと昔に途絶えた」

魔勇者「理由は? 人類と揉め事でもあったの?」

ダークエルフ「……簡単に言えば、そうなる」

ダークエルフ「……自らの力を過信しすぎた結果、人類に殲滅されたんだ」

魔勇者「そう、なんだ」

魔勇者(僕たちとの戦いで手一杯かと思っていたけど、人類にそんな力があったなんて)


207 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/09(日) 21:15:06 ID:t/rmXaJ6

ダークエルフ「それだけなら、良かったんだがな」ボソ

魔勇者「え?」

ダークエルフ「……いや、何でも無い」

ダークエルフ「……その娘が良くなるまでは、好きなだけいてくれて構わない」

魔勇者「その後は? また、僕たちを襲うの?」

ダークエルフ「……お前たち二人を一人でやるのは骨が折れる」

ダークエルフ「……出来ることなら、このまま帰ってくれると助かる」


208 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/09(日) 21:17:31 ID:t/rmXaJ6

魔勇者「帰らないと言ったら?」

ダークエルフ「……その理由を教えてもらってもいいか?」

ダークエルフ「……今になって、たった三人でこちら側に来て、一体何をするつもりなんだ?」

魔勇者「魔王様の命により、人類と和平を結ぶために来たんだ」

ダークエルフ「……和平?」

ダークエルフ「……ふふっ、和平か、そうか」


209 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/09(日) 21:25:13 ID:t/rmXaJ6

魔勇者「?」

ダークエルフ「……考えが変わった」

ダークエルフ「……動けるようになり次第、下山する道を教えてやる」

魔勇者「あ、ありがとう……?」

ダークエルフ「……その目で見て、確かめると良い」


210 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 21:05:37 ID:ksk8xEnc



数日後

スライム娘「心配かけて、ごめんね。お姉ちゃん」

蜘蛛女「馬鹿言うな。お前の姉なんだ、心配ぐらいさせろ」

魔勇者「二人とも、ごめん」

スライム娘「い、良いんです。着いてくるって決めたのは私たちだから」

魔勇者「……ありがとう」

ダークエルフ「……そろそろ出発するぞ」


211 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 21:09:47 ID:ksk8xEnc





魔勇者「道を教えてくれるのはありがたいけれど、どうして気が変わったの?」

ダークエルフ「……証人が欲しくなった」

魔勇者「証人?」

ダークエルフ「……我々の過ちを、見て、聞いて、感じて、後世に伝える者が必要だと思った」

魔勇者「我々の……過ち?」

ダークエルフ「……見たほうが早い。そろそろふもとの村だ」


212 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 21:35:55 ID:ksk8xEnc




ふもとの村

蜘蛛女「これが人間たちの、村……」

スライム娘「し、静かだね」

ダークエルフ「……こっちだ」

魔勇者「蜘蛛女、少し、警戒したほうが良いかもしれない」ボソ

蜘蛛女「わかった。でも何でだ?」

魔勇者「あまりに静か過ぎる。僕たちの姿を見て、パニックが起きないはずはない」ボソ

蜘蛛女「! ……た、確かに」


213 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 21:38:19 ID:ksk8xEnc

魔勇者「僕たちは、騙されているのかも」ボソ

スライム娘「!」

ダークエルフ「……心配はいらん。この村には、もう誰も住んでいない」

魔勇者「!」

ダークエルフ「……別に、騙すつもりなどない。真実を知ってもらいたいだけだ」

ダークエルフ「……わかったら、着いてこい」


214 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 21:43:30 ID:ksk8xEnc


魔勇者「本当に、誰もいない」

蜘蛛女「最近の話じゃねぇぞ。大分時間が経ってる」

魔勇者「境界付近だからあらかじめ避難したってことかな」

蜘蛛女「実った作物を収穫しないでか?」

魔勇者「うーん……」

ダークエルフ「……こうなっているのは、ここだけじゃない」

ダークエルフ「……信じられないかもしれないが、王都以外の全ての居住地も同じ事態になっている」

魔勇者「……どういうこと?」

ダークエルフ「……お前たちが、和平を結ぼうとしている相手は、もう存在しない、ということだ」


215 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 21:56:27 ID:ksk8xEnc




ダークエルフ「……当初、人類とエルフの関係は、良好なものだった」

ダークエルフ「……それこそ、俺のような存在が現れるほどにな」

ダークエルフ「……だが、魔物との戦争が激化するにつれて、お互いの間の溝は深くなっていったんだ」

ダークエルフ「……最終的には、互いの発展のために交換しあった技術を使って、争うまでになった」


216 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 22:00:17 ID:ksk8xEnc

ダークエルフ「……とはいえ、ここは、人類の領域だ。数も、資源も、比べるべくもなかった」

ダークエルフ「……劣勢だったんだ、エルフは」

ダークエルフ「……なり振りかまっていられなくなったエルフは、ある兵器を開発した」

ダークエルフ「……『人類』を資源に、エルフに忠実な兵士を創り出す」

ダークエルフ「……数と資源の問題を同時に解決する、画期的な兵器だったんだ」


217 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 22:04:48 ID:ksk8xEnc

ダークエルフ「……人類から見れば、考え難い蛮行だ。怒りに燃える人類に、エルフは、攻め滅ぼされた。結局な」

ダークエルフ「……しかし、兵器は、人類に鹵獲された。魔物との戦争に使えると考えたんだろう」

ダークエルフ「……その内、あらゆる居住地から人が集められ始めた。徴兵令だといってな」

ダークエルフ「……そして、一人として帰ってこなかった」


218 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 22:15:23 ID:ksk8xEnc




魔勇者「そんな……じゃあ、ここの人たちは」

ダークエルフ「……〝兵士〟になったんだろう」

蜘蛛女「……胸くそわりぃ話だな」

ダークエルフ「……言い訳をするつもりはない。エルフは過ちを犯した」

ダークエルフ「……取り返しのつかない過ちを」

スライム娘「……」


219 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 22:16:45 ID:ksk8xEnc

ダークエルフ「……真実は話した、証拠も見せた。これから、どうするのかは、お前たち次第だ」

ダークエルフ「……帰るというのなら、装置まで案内する」

魔勇者「……」

魔勇者「僕は、帰らない」

蜘蛛女「!」

スライム娘「!」


220 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/10(月) 22:18:04 ID:ksk8xEnc

魔勇者「もし、人類と和平を結べないなら、戦争が続くことになる」

魔勇者「そして、僕たちは、敵の指令系統の頂点を奇襲するのに、ちょうどいい位置にいる」

魔勇者「僕たちは、王都に向かうよ」

ダークエルフ「……そうか。全てを知っての判断なら、もう止めはしない」

ダークエルフ「……代わりに、俺から頼み事をしよう」

ダークエルフ「……エルフの、俺たちの過ちをどうか、終わらせてくれ」ドゲザ

魔勇者「がんばってみるよ」


222 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:13:28 ID:R721wKa.







魔勇者「今更だけど、二人とも、本当にごめん」

蜘蛛女「……あたしたちは、雇われた側だからな。文句は言えねぇよ」

蜘蛛女「ただ、一つだけ約束して欲しい」

蜘蛛女「何があっても、スライム娘だけは、生きて向こうに帰してくれ」

蜘蛛女「あたしの都合で、こんな血なまぐさいことしかやらせられなかった」

蜘蛛女「あいつは、もっと良い生き方をすべきなんだ」

魔勇者「……わかった、約束する」


223 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:16:56 ID:R721wKa.




王都

蜘蛛女「こうして見るとよ。人類はもういないんだって、実感するな」

魔勇者「……そうだね。少なくとも、生き物が住んでる雰囲気じゃない」

スライム娘「ど、どうするの?」

魔勇者「進むしか、ない。あの城に、きっと王はいる」

蜘蛛女「よっしゃ、んじゃ、前進!」


224 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:19:40 ID:R721wKa.



王の城

魔勇者「何の抵抗も無く来れちゃったね」

蜘蛛女「これ……誰もいないんじゃねぇのか?」

魔勇者「そんなはずないと思うんだけど……」

スライム娘「で、でもちょっと怖い」

魔勇者「注意は怠らずに行こう、ここは敵の本拠地なんだ」


225 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:28:23 ID:R721wKa.


玉座の間

魔勇者「ここが、玉座みたいだね」

蜘蛛女「やっとだな」

スライム娘「……」グッ

魔勇者「行くよ」

ガチャ  ギィィィ……


226 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:30:57 ID:R721wKa.

魔勇者「!」

ザッ

兵士「……」           兵士「……」

兵士「……」           兵士「……」

兵士「……」           兵士「……」

兵士「……」           兵士「……」

兵士「……」           兵士「……」

兵士「……」           兵士「……」



           王


227 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:34:37 ID:R721wKa.

蜘蛛女「あれが……王」

スライム娘「ね、眠ってるみたい」

王「ん……ああ、客人か。済まない、しばし微睡んでいた」

王「……最近は、我が城を訪れる者もめっきり減った」

王「久々の客人だ。くつろいで……」

王「……何だ、お前たちは」


228 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:36:28 ID:R721wKa.

魔勇者「人類の長、王よ。私は、魔勇者。魔王より、和平の申し入れを伝えに参りました」

魔勇者「後ろの二人は、蜘蛛女とスライム娘、私の仲間でございます」

王「何? 和平?」

王「くっくっくっ……ハーッハッハッ!」

スライム娘「……?」

王「そうか、和平か!」

王「彼らは上手くやっているらしいな。 いやぁ、愉快だ!」


229 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:37:53 ID:R721wKa.

魔勇者「彼ら……?」

王「我らの最精鋭、勇者一行のことだ。今頃は、魔物共を根絶やしにしているのだろう?」

魔勇者「な!」

王「策に困ったお前たちは、和平を申し入れに来たのだろう?」

王「蔑み、嬲り殺しにした相手に頭を下げにな!」


230 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:39:52 ID:R721wKa.




魔王城

ガチャ

兵士「報告します。勇者を名乗る四人組は、城下町を進攻中! 部隊は次々と突破されています!」

側近「! ……魔王様」

魔王「市民の避難を最優先させろ。奴らの狙いは私だ」

兵士「はっ」


231 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/11(火) 23:41:16 ID:R721wKa.

側近「しかし、それでは魔王様が!」

魔王「親衛隊がいる」

側近「しかし……!」

魔王「市民の避難に貢献できない部隊は、奴らの足止めにあたれ」

魔王「……これで満足か?」

側近「……はっ」

魔王「……私には、わかる。我が軍に奴らは止められん」

魔王「いずれ、雌雄を決せねばならんだろう。私の手で」


232 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/12(水) 20:24:49 ID:iuIhvB6g




?「ふぅ……さすがに少し疲れたな」

?「馬鹿言え。俺たちが疲れるわけないだろ」

?「気疲れって、意味でしょ。わかるわ、さすがに数が多いもの」

?「困りましたね。精神的なものは、私の管轄外です」


233 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/12(水) 20:28:14 ID:iuIhvB6g

?「んじゃあ、手分けするか?」

?「手分け?」

?「要は、お前が、あの城につければ良いんだろ」

?「だったら、全員がバラバラの方向から進んだほうが良いんじゃねぇかと思ってさ」

?「あら、意外とまともなこと言うのね」


234 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/12(水) 20:30:19 ID:iuIhvB6g

?「いや、それは困りますよ。私はどうすれば良いんですか」

?「さあ? その杖で殴れば良いんじゃないかしら」

?「これは、術式の触媒として働くもので……」

?「あー、はいはい。わかったわよ。じゃあ、あなたはあたしと一緒に来なさいな」

?「助かります」

?「良し、んじゃあ、決まりだな!」


235 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/12(水) 20:39:45 ID:iuIhvB6g

?「いやいや、僕何も言ってないんだけど。一応僕リーダーなんだけど」

?「まぁ、細かいことは良いじゃねぇか」

?「えぇー……」

?「んじゃ、そういうことで、俺こっち」

?「じゃあ、あたしたちはこっちね。頑張って、勇者ちゃん」

?「あ、ち、ちょっと。みんなー」

?「行っちゃった……」

?「はあ、しょうがないな」

勇者「……やりますか」


236 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 20:56:01 ID:11T7Q3Og




?「よっ」ザシュ

?「ほっ」ブシャ

?「たぁー」グシャ

?「いやー、楽しい楽しい楽しいねぇ!」

?「このスリル! あいつと一緒じゃ、絶対に味わえないからな」

?「おらおら、もっと来いよ!」

?「この戦士様を愉しませてみせろ!」


237 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 20:58:23 ID:11T7Q3Og

「散々仲間を殺してくれちゃってー!」

ヒュン

戦士「うおっ」ザッ

ヴン

鳥娘「ちょっと欲張り過ぎー」

戦士「あっぶねぇ! けど、すっげぇ! 何、その技!」


238 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:02:02 ID:11T7Q3Og

鳥娘「テンションたっかー」

戦士「おらっ!」ザン

ヴン

鳥娘「っと」

戦士「! 消えた!」

鳥娘「こっち、こっちー」


239 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:05:54 ID:11T7Q3Og

戦士「! すげぇ、すげぇ、どうやってんだっ!」ブン

ヴン

鳥娘「教えるわけないでしょっ!」ヒュン

戦士「おっと」

戦士「ははっ、良いぞ良いぞ。思ってたのとはちょっと違うが、これはこれで心が踊るぜ!」

鳥娘「悪いけど、あなたばっかりに構ってられないのー」

ヴン ヴン ヴン ヴン

戦士「おぉ、速ぇ速ぇ!」


240 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:08:28 ID:11T7Q3Og

鳥娘(戦況は不利。ここで手間取ってられない)

鳥娘(吸魂術で一気に決める……!)

戦士「どこだ? どこにいるんだ?」

ヴン

鳥娘(後ろを取った!)

鳥娘「ハァッ!」ズボッ


241 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:10:19 ID:11T7Q3Og

グッ

ググっ

鳥娘「っ!」ズキっ

鳥娘(何この感覚っ!)ザッ

戦士「おっと、逃がすかよ」ガッ

鳥娘「ぐっ」


242 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:12:55 ID:11T7Q3Og

戦士「おい、教えてくれよ。さっきの超速移動はどうやったんだ」

戦士「何かの魔術か? え? どうやんだよ?」

鳥娘「あ、あなた、一体何なの……?」

戦士「へっ、知るかよ。んなもんわかるわけねぇだろうが」

戦士「気がついてからずっと囁くんだよ。殺せ、殺せってな」

戦士「止めろ、止めろ。助けて、助けてってなぁ!!」

戦士「あぁぁぁぁぁぁぁっ、うるせえんだよぉぉぉぉぉぉ!!」

鳥娘「っ」


243 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:16:50 ID:11T7Q3Og

鳥娘(これが、本当に人類なの……?)

戦士「おい、教えろよ! どうやってんだよぉ!」

戦士「! ……わかった、わかったぜ! この翼だな?」

鳥娘「!」

戦士「何で俺は気づかなかったんだ。いかにも、って感じしてるじゃねぇか」

戦士「どうすりゃ良いんだ? え? 羽根を毟れば良いのか? 骨を折れば良いのか?」


244 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:19:31 ID:11T7Q3Og

鳥娘「い、いや……」

戦士「ああ、そうか。切り落としちまえば良いのか」

鳥娘「や、止めて……!」ジタバタ

戦士「おっとと、やっぱり、羽根を掴まれてちゃ何もできないみてぇだな!」

戦士「じゃあな、お前とのお遊びは、中々楽しかったよ」ブン

ザシュ  ブシュゥゥゥゥゥゥ

鳥娘「ああああああああああああ!」


245 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:21:33 ID:11T7Q3Og




魔勇者「では、和平は受けて頂けない、ということですね」

王「ふん、今更、何を言う! 」

王「我らは、もう後戻りができないところまで来ているのだ!」

王「我々が覇者となる! お前たちをこの大陸から一掃してやる!」

魔勇者「ならば、仕方がない」チャキ

蜘蛛女「!」ブン

スライム娘「……!」スッ


246 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:23:49 ID:11T7Q3Og

王「馬鹿共め! ここは、我ら人類の城だぞ! たかが三人で、何が出来る!」

バタン

ザッザッザッ……

兵士1~「……」

スライム娘「か、囲まれた……!」

蜘蛛女「へっ、どいつもこいつも辛気くせぇ顔並べやがって!」

蜘蛛女「あたしたちが、突破口を開く。あんたは、王をやれ」

魔勇者「わかった」


247 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:27:49 ID:11T7Q3Og

魔勇者(数が多い。いくら彼女たちでも、長くは保たない)

魔勇者(近づいて、確実に、一気に仕留める……!)

蜘蛛女「おっらぁっ!!」ブゥン

スライム娘「……っ!」ヒュンヒュンヒュンヒュン

蜘蛛女「行けっ!!」

魔勇者「っ!」ダッ

王「! ひ、ひぃっ」

魔勇者「覚悟っ!」


248 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:29:58 ID:11T7Q3Og

王「などと言うと思ったか?」ニヤ

魔勇者「!」ザザッ

王「フン!」ゴッ

魔勇者「がっ……!」

王「言っただろう。我々が覇者となるのだ」


249 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:34:07 ID:11T7Q3Og




鳥娘「はっ……はっ、はっ……」

鳥娘「っ」ズキン

戦士「先に切り落としたのは、失敗だったか」

戦士「鎧飾りにでもしようと思ったんだが、血で台無しだ」

戦士「ま、良いか。他にもいるだろ」


250 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:36:31 ID:11T7Q3Og

戦士「よっしゃ、とどめといきますかっ!」ザン

ヴン

ズガッ  ズズズ……

戦士「……え?」

鳥娘「はっ……ゆ、油断したわね……っ!」ズキン

ズキズキズキ……

鳥娘「これで、これで……終わり、よ!」


251 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:38:21 ID:11T7Q3Og

戦士「な、何しやがんだ! 離せ、離せ!!」

ズズズ……  ズボッ

戦士「」ガクン

ドサッ

鳥娘「っはっ、はっ、はっ……」

鳥娘「痛つ……っ」ズキン


252 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:40:58 ID:11T7Q3Og

鳥娘(夢じゃ、ないんだよね)

鳥娘(私の翼、勇者様が褒めてくれた私の翼……)

鳥娘「うっ……ぐすっ、ひぐっ……」

鳥娘「無くなっちゃったよぉ……」



鳥娘「う、くっ……」ズキズキ

鳥娘「もう、子供じゃないん、だから」

鳥娘「いつまでも、泣いてられないよねー」

鳥娘「とりあえず、魔王城に……」

ヴン


253 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:44:05 ID:11T7Q3Og




ドガっ

魔勇者「ぐあっ」

王「どうした、その程度か? 案外もろいものだな、魔物というものは」

王「今まで、手間取っていたのが嘘のようだ」

王「ここで、お前を捻り潰し、反撃の狼煙としてくれる!」


254 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:46:50 ID:11T7Q3Og

魔勇者「くっ」ザッ

ズガン

王「ふははは、この力、実に素晴らしい」

魔勇者(どうしよう、この人、強い……!)

蜘蛛女「くっ、キリがねぇ……!」

スライム娘「……はあ……はあ……」

魔勇者(二人とも限界が近い)

魔勇者(このままじゃ、やられる)

魔勇者(どうする、どうすればいい)


255 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:50:15 ID:11T7Q3Og

王「動きが止まっているぞ?」

魔勇者「! しまっ……」ガッ

魔勇者「う、く……」

王「ははは、無様だな」ググっ

魔勇者「か、はっ……」

王「そうだ、常々気になることがあったのだ」

魔勇者(息が……っ)


256 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:52:33 ID:11T7Q3Og

王「お前たちの体内というのは、どうなっている?」

〝……空間の狭間……呑み込まれる……〟

魔勇者「!」

王「我々と同じなのか? それとも、その強靭さの秘訣は、その体に隠されているのか?」

魔勇者(一か八か、やるしかない)

王「見せてもらいたいのだ。今、ここで!」ブン


257 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:55:40 ID:11T7Q3Og

魔勇者「オラぁっ!」ケリ

王「ぐあっ」

魔勇者「これでも、食らえっ!」

ズブっ

魔勇者「良し!」ザッ

魔勇者(頼むよ、鳥娘!)


258 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:57:54 ID:11T7Q3Og

王「な、何をした!」

王「おい、衛兵! こいつらを殺せ!」

ザッ

兵士「……」

王「うっ」

ズズズ……

王「ぐ、ぐああああああああ」

ヴォォォン

魔勇者(起動した!?)


259 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 21:58:48 ID:11T7Q3Og

王「これでか、勝ったと……があぁぁぁぁぁぁ!!!」

メキメキ ボキッ グシャ

ズルズル……

魔勇者「や、やった。上手く、いった」


260 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 22:01:23 ID:11T7Q3Og

ヴン

鳥娘「勇者、様、おむかえに……」

魔勇者「鳥娘!? どうしたんだ、その怪我!」

鳥娘「細かい話は、後に……」

鳥娘「今、は、魔王城に、早く……!」

魔勇者「わかった。蜘蛛女、スライム娘!」

蜘蛛女「おう! スライム娘、先行け!」

スライム娘「うん!」


261 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 22:03:47 ID:11T7Q3Og

ゴゴゴ……

魔勇者「おわっ!?」

スライム娘「きゃっ」

グラグラ……

魔勇者「し、城が、揺れてる!」

鳥娘「崩れるかもしれません! 急いで!」

スライム娘「お姉ちゃん!」


262 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 22:05:20 ID:11T7Q3Og


蜘蛛女「しつけぇんだよっ!」ブン

蜘蛛女「待ってろ、今行く!」

ゴゴゴ…… バキ メキ パキパキ……

ズズン

魔勇者「!」

蜘蛛女「!」

魔勇者(玉座の間の床が……!)

蜘蛛女(くそっ、何とか跳べるか?)


263 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 22:08:55 ID:11T7Q3Og

ガシ

兵士「……」

蜘蛛女「邪魔すんな!」バキっ

パキパキ……

スライム娘「お姉ちゃん、上!!」

蜘蛛女「!」

グシャッ

蜘蛛女「ぐあぁぁぁ!!」

スライム娘「お姉ちゃん!!」


264 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 22:10:56 ID:11T7Q3Og

蜘蛛女(脚が……挟まって、動かねぇ)

蜘蛛女(……ここまで、か)

蜘蛛女「魔勇者!」

魔勇者「今、助けに……!」

蜘蛛女「先行け! すぐには動きそうもねぇ」

スライム娘「そんな、何言ってるの? お姉ちゃん」

蜘蛛女「心配すんな、後から着いてく」ニコ


265 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 22:13:08 ID:11T7Q3Og

スライム娘「嫌、嫌だよ! お姉ちゃん!!」

蜘蛛女「魔勇者! 約束、覚えてるよな!」

魔勇者「……わかった」

魔勇者「行こう、スライム娘」

スライム娘「いや! だって、お姉ちゃん、まだ……!」

魔勇者「……くっ」ガシ

スライム娘「離して! いや!」

魔勇者「鳥娘!」

鳥娘「は、はい!」


266 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/13(木) 22:15:24 ID:11T7Q3Og

スライム娘「いや! お姉ちゃん! おねえちゃん!!」

蜘蛛女「生きろよ……」

ヴゥゥゥ……ン

ゴゴゴ……

ザッ ザッ

兵士「……」 兵士「……」 兵士「……」 …………

蜘蛛女「城が崩れようってときに、真面目なこって……」

蜘蛛女「……来な!!」


270 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/14(金) 22:19:35 ID:gC50qp0.






魔王城

ヴゥゥゥゥゥン

魔勇者「ここは……魔王城?」

鳥娘「無事に、戻って来れたみたい、です」

ドサ

魔勇者「鳥娘!」

鳥娘「わ、私は大丈夫、です。少し疲れただけ、ですから」

鳥娘「それよりも、魔王様を……」

魔勇者「わかった」


271 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/14(金) 22:21:50 ID:gC50qp0.

スライム娘「いや……お姉ちゃん……」

魔勇者「スライム娘……」

魔勇者「約束する。この戦いが終わったら、全力でお姉さんを探す」

魔勇者「……だから、今は協力してください」

スライム娘「……」

スライム娘「……わ、わかりました。私、勇者さんを信じます」

スライム娘「行きましょう」


272 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/14(金) 22:23:40 ID:gC50qp0.




玉座の間

魔王「……ひゅー……ひゅー……」

?「思っていたほどじゃ、なかったな」グイ

魔王「っ……」

?「さすがに、もう声もでないか」

?「まあ、まだ息してることのほうが驚きだけど」


273 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/14(金) 22:27:27 ID:gC50qp0.

?「……あんなに自信満々だったのにね」

?「それとも、あれは精一杯の強がりだったのかな」

?「さあ、どうしようか。どうしてほしい?」

?「このまま、死ぬのを見ていて欲しい? それとも、今すぐ楽になりたい?」

?「……僕としては、もう少し生きていて欲しいかな」


274 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/14(金) 22:30:50 ID:gC50qp0.

?「君が死んだら、僕の役目は終わり」

?「……でも、そうなったら、僕は何をすればいい?」

?「僕は……」

ギィィィィ……

?「誰?」

魔王「……あ……」

魔王「……ゆ、う……しゃ……」


275 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/14(金) 22:33:11 ID:gC50qp0.

?「何言ってるの? 勇者は僕だよ?」

魔勇者「魔王……」

勇者「ってか、喋れたんだ。だったら、もっと相手してくれても良かったのに」

魔王「……ゆ、うしゃ……!」

魔勇者「魔王!」

勇者「え、何この感じ。邪魔? 邪魔なの?」

勇者「ってか、無視しないでよ」


276 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/14(金) 22:35:48 ID:gC50qp0.

魔勇者「魔王を離せ!!」

勇者「ちょっと、何でそんなに怒ってるの?」

勇者「……まあ、良いけどさ」

メキメキ ボキッ

魔王「あ、ああ……!」

魔勇者「!」

勇者「おっと、手が滑っちゃった」ニヤ


277 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/14(金) 22:37:22 ID:gC50qp0.

魔勇者「てんめぇぇぇぇぇぇ!」ダッ

勇者「単純なやつ……」ポイ

ドサッ

魔王「うっ……」

スライム娘「ま、魔王様……!」

魔勇者「っ」ザン

勇者「よっ」タッ

勇者「ほらほら、しっかり狙わないと」

魔勇者「っ!!」


278 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 21:47:39 ID:mlmWr4zA



スライム娘「魔王様っ!」

スライム娘「!」

魔王「……う……」

スライム娘(酷い……)

スライム娘(た、助けないと……!)


279 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 21:49:37 ID:mlmWr4zA

スライム娘(と、とりあえず血を止めなきゃ)

スライム娘(出血がひどいのは、右手足……)

スライム娘(……完全に潰れてる)

スライム娘「!」

スライム娘(私の一部を使えば、どうにか止血できるかも)


280 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 21:52:27 ID:mlmWr4zA



魔勇者「ハァッ!!」ザン

勇者「はずれ」

魔勇者「ハァッ!!」

勇者「はずれ」

魔勇者「ハァッ!!」

勇者「はーずれ」


281 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 21:53:41 ID:mlmWr4zA

勇者「……ふぁ、何か、つまんないな。君は」

魔勇者「黙れ!」ブン

勇者「魔王のほうが、もっとおもしろかったな」

勇者「強さ的にも、反応的にも」

魔勇者「この、くそ野郎が!!」


282 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 21:57:54 ID:mlmWr4zA

勇者「……当然の権利だろ」

勇者「お前たちのしてきたことを思えば、こんなこと!」ザン

魔勇者「!」

ガキン

勇者「お前たちのせいで、人類はめちゃくちゃになった!」

勇者「皆連れて行かれて! ぐちゃぐちゃにされて!」

勇者「もう自分が、誰なのかも分からないんだ!」

勇者「僕は勇者だ! けどそれが何だって言うんだ!」

勇者「僕には、それ以外何もないんだぞ!」ザン

勇者「……だから、仲間みたいな、君と魔王みたいな関係を見るとイライラするんだ」

勇者「自分たちのやったことへの代償も払わず、僕たちがするはずだった、できるはずだった甘ったれた関係を見ると……」

勇者「全部、壊したくなるんだ」


283 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 21:58:30 ID:mlmWr4zA

勇者「……当然の権利だろ」

勇者「お前たちのしてきたことを思えば、こんなこと!」ザン

魔勇者「!」

ガキン

勇者「お前たちのせいで、人類はめちゃくちゃになった!」

勇者「皆連れて行かれて! ぐちゃぐちゃにされて!」

勇者「もう自分が、誰なのかも分からないんだ!」


284 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:00:23 ID:mlmWr4zA
再びのミス すいません↓

魔勇者「はー……はー……」

勇者「へぇ、僕の斬撃を、全部耐えたんだ。意外とやるね」

勇者「肌を硬化させる能力か。良いなぁ、僕もそんな能力が欲しかった」

魔勇者「……余裕、かましちゃって」

勇者「事実だし、仕方ないね」

魔勇者「……ちくしょう」

魔勇者「結構努力したつもりなんだけどな」


285 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:01:40 ID:mlmWr4zA

魔勇者「世界は広いな、やっぱり」

勇者「何、悟ってんの。これから死ぬんだよ、君」

勇者「あの魔王みたいに」

勇者「何か、必死に応急処置してるみたいだけど、多分無駄だよ」

魔勇者「……」


286 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:03:39 ID:mlmWr4zA

魔勇者「僕は、死なないよ」

勇者「根拠は?」

魔勇者「……約束、したから」

勇者「約束?」

魔勇者「そう、約束」グッ

勇者「驚いた、まだ立ち上がるんだ」

勇者「約束、かぁ。すごいな」


287 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:05:13 ID:mlmWr4zA

魔勇者「驚くのは、まだ早いよ」チャキ

魔勇者「勝負は、これからだ」

勇者「……良いよ、相手をしてあげる」

勇者「旅の終わりが遠のくのなら、僕は、何だってするさ」

勇者「で、どうするの? 僕から仕掛けても良いの?」


288 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:06:18 ID:mlmWr4zA

魔勇者「いや、僕からだよ。……正確には、僕からだった」

勇者「え?」

ブシュゥゥゥ パタッ パタッ

ドチャ

魔勇者「一本、もらい」

勇者「……あ、僕の腕が」

勇者「何か、ちょっとフェアじゃなくない、これ」

魔勇者「平然としてる時点で充分フェアだと思うけど」


289 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:09:46 ID:mlmWr4zA

勇者「まあ、良いや。これは、授業料ってことで」

ザッ

勇者「要は、その物騒な剣を壊せば良いんでしょ?」ザン

魔勇者「させるか!」

ガキン

勇者「出た、硬化」

ガギギ

勇者「でも、壊せる」


290 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:11:28 ID:mlmWr4zA

魔勇者「!」ザッ

ポタ……ポタ……

勇者「惜しかったなー。あと少しで、僕と同じにできたのに」

魔勇者「くっ……」

勇者「んじゃ、もう一発!」ザッ

キン

勇者「やっぱり、剣で受けたね」


291 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:13:30 ID:mlmWr4zA

ベキン

魔勇者「!」

勇者「はい、終了」

魔勇者「……くそ」

勇者「じゃ、あ……ね?」


292 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/16(日) 22:15:12 ID:mlmWr4zA

勇者「え、な……なにこ、れ?」

カラン

魔勇者「!」バッ

グサッ

勇者「……かはっ……?」

勇者「……な、な……んで……?」

ドサッ

魔勇者「……はー、はー……」

ドサッ


293 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/18(火) 18:47:58 ID:JhcUetpU
何が起きたんだってばよ!?


294 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 08:04:15 ID:HMBFLpoM
想像力を働かせるのだ……


295 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/20(木) 23:52:35 ID:kRb53T76
妄想なら得意だぜ!


297 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 19:43:35 ID:Vw2l1fjg






数ヶ月後

魔王城

カチャ カチャ

?「それで、調査の結果は?」

?「はっ、解剖の結果、『勇者』と名乗った者の体内は、そのほとんどが人工物で置き換えられていることが判明しました」

?「ただ……あの場で突如として停止した原因は不明です」

?「……そうか。なら、また突然動き出す可能性もあるわけだな?」

?「その可能性は充分にあります」


298 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 19:45:20 ID:Vw2l1fjg

?「では、監視と検査を続けろ。もし、次があるとしたら、我々の滅亡は避けられない」

?「対策を練るんだ」

?「はっ」

?「……他には?」

?「はっ、魔勇者様がいらっしゃっています」

?「わかった、呼んでくれ、側近」

側近「かしこまりました、魔王様」


299 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 19:46:34 ID:Vw2l1fjg

ガチャ

魔勇者「魔王……」

魔王「勇者、もう体は大丈夫なのか?」

魔勇者「僕のは、ほら、かすり傷だから」

魔王「そうか。それは良かった」

魔勇者「魔王は? もう、その、大丈夫なの?」

魔王「ああ、まだ全快、というわけにはいかないが」


300 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 19:51:41 ID:Vw2l1fjg

魔勇者「……ごめん」

魔王「何故謝る」

魔勇者「何故って……僕が不甲斐ないばかりに……」

魔王「この義手のことか?」カチャ

魔勇者「……」コク

魔王「泣きそうな顔をするな。……そうだな、触ってみろ」


301 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 19:52:56 ID:Vw2l1fjg

魔勇者「……」

魔王「良いから、ほら」グイ

魔勇者「……!」

魔王「どうだ? 暖かいだろう?」

魔勇者「……うん」

魔王「ちょうど人肌ぐらいだ」

魔勇者「……うん」


302 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 19:54:01 ID:Vw2l1fjg

魔王「私も、お前の暖かさを感じる。感じることができる」

魔勇者「金属製なのに?」

魔王「うむ、私は、我が国の発展を身を以て体験している」

魔王「それに、このデザイン。いかにも魔王っぽくて、気に入っている」

魔勇者「そうなんだ」

魔王「……コホン、話が逸れたな。つまり、私が言いたいことは、だ」


303 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 19:54:53 ID:Vw2l1fjg

魔王「私は、以前の自分と何ら変わりない、ということだ」

魔王「だから、お前が謝る必要はないし、気に病む必要もない」

魔王「わかったな」

魔勇者「……ありがとう」

魔王「礼には及ばん」

魔王「というより、礼を言わねばならないのは、私のほうだ」

魔王「命じた通り、良く、帰ってきてくれた」


304 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 19:55:56 ID:Vw2l1fjg

魔勇者「……約束、したからね」

魔王「そうか」クス

魔王「……そうだ、何か褒美をとらせよう」

魔勇者「え、良いよ、そんなの。幼馴染なんだし」

魔王「そうはいかん。お前は、人類の王を倒し、我ら魔族滅亡の危機を救ったのだぞ」

魔王「褒美をとらせなければ、民衆が納得しない」


305 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:35:28 ID:Vw2l1fjg

魔勇者「そういわれてもなあ……あ」

魔王「お、何か思いついたか?」

魔勇者「うん、何となく」

魔王「何だ?」

魔勇者「うーん、でもな……」

魔王「遠慮するな、私は魔王だぞ、大抵のことは……」

魔勇者「結婚しよう」

魔王「……え?」


306 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:37:30 ID:Vw2l1fjg






スライム娘「……いい天気」

スライム娘「おはよう、お姉ちゃん」

スライム娘「この花、お姉ちゃんに似合うかと思って、買ってきたんだ」

スライム娘「ここに、置いておくね」

スライム娘「元気にしてた? お姉ちゃん」

スライム娘「私は元気。魔王様や魔勇者さんが良くしてくれるし、あ、そうそう、魔王城に側近っていう人がいてね………」


307 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:40:01 ID:Vw2l1fjg




スライム娘「……ついつい喋り過ぎちゃった。もう、こんな時間」

スライム娘「……」

スライム娘「ねえ、お姉ちゃん?」

スライム娘「私、待ってるんだよ?」

スライム娘「お姉ちゃんを探して、魔勇者さんがどれだけ苦労したか、わかってる?」

スライム娘「ごめんなさい、ごめんなさい……って、何度も謝ってくれた」

スライム娘「八つ当たりしようと思ってたのに、申し訳なくて、できなかったよ」


308 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:43:35 ID:Vw2l1fjg

スライム娘「……お姉ちゃん」

スライム娘「私、どうしたらいいの? お姉ちゃんが……」

スライム娘「……」

スライム娘「お姉ちゃんが、死ん……」

?「勝手に殺すな、縁起でもねぇ」

スライム娘「え……?」

?「後から着いてくって、言っただろ?」


309 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:46:30 ID:Vw2l1fjg

スライム娘「……」

スライム娘「お、遅いよ」

スライム娘「この……馬鹿姉ぇぇぇ!!」ダッ

蜘蛛女「うおっ!?」

スライム娘「どれだけ……どれだけ、心配したと思ってるの!!」

スライム娘「皆を散々心配させて!!」


310 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:52:52 ID:Vw2l1fjg

蜘蛛女「あ、あはは……ごめんな」

スライム娘「もっとちゃんと謝って!」

蜘蛛女「し、心配かけて、すまなかった」

スライム娘「魔勇者さんにも、ちゃんと謝るんだよ?」

蜘蛛女「わかってるよ」


311 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:54:02 ID:Vw2l1fjg

スライム娘「……」

スライム娘「本当に、本当に、お姉ちゃん?」

蜘蛛女「おう、正真正銘あたしだ」

スライム娘「でも、どうやって……?」

蜘蛛女「ああ、あいつが助けてくれたんだ」

スライム娘「あいつ……?」

蜘蛛女「おい、感動の再会は終わったから、遠慮しないで出てこい」


312 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:57:00 ID:Vw2l1fjg

ザッ

スライム娘「!」

ダークエルフ「……」

ダークエルフ「……俺には、別の目的があった。彼女を助けたのは、そのついでだ」

蜘蛛女「そうだな。あたしはついでだった」

蜘蛛女「でも、あたしはこいつに助けられた。それは事実だ」


313 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 21:59:52 ID:Vw2l1fjg

スライム娘「……」

ダークエルフ「……?」

スライム娘「あ、ありがとうございました」ペコリ

ダークエルフ「……ああ」

スライム娘「それから、お姉ちゃん」

蜘蛛女「な、何だ?」

スライム娘「話したいことはいっぱいあるけど、とりあえずこれだけ」

スライム娘「……おかえりなさい」

蜘蛛女「おう、ただいま」



おわり


314 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 22:03:00 ID:rN4MkEvI
おつおつ、よかった


315 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 22:13:34 ID:Vw2l1fjg
ここまで読んでいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

この作品は、これで完結となります。

少しでも楽しんでいただけたら、幸いです。


316 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 22:22:44 ID:qGjxFtCY
乙でした

欲言えば蜘蛛女がどう助けられたのかが気になる


317 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 23:01:35 ID:XQsHCZQ.
あと「勇者」のその後もね


318 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/23(日) 23:16:22 ID:.crINHVs
乙!


319 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/03/24(月) 00:27:23 ID:FeE/zgs2
>>1


転載元

魔王「頼んだぞ、勇者!」

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1393422626







関連記事
2014/03/25 02:40 | CM(1) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/03/25 07:07 ]
  2. 話広げようと思えばもっと広がりそう
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング