HEADLINE

ベジータ「はたらく王子さまだとぉ!?」

4 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 19:20:30.23 ID:MDn0A/v20
ーーベジータが地球に着く前の話ーー

キーン…………

ベジータ『地球に着くのは1年後………といったところか』

ナッパ『なげぇなオイ………』

ベジータ『さて………ひさしぶりにドーンと睡眠をとるか…じゃあ1年後を楽しみにな』



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ザワザワ…………

ベジータ「………うん?」ムクッ

ナッパ「あん………?着いたのか?」

人A「お、おい何だよあいつら…………」

人B「う、宇宙人………………?」

ベジータ「どうやら着いたようだぜ」

ナッパ「ああ、そいじゃピーピーうるせぇヒヨコ達にちぃと挨拶してやるか」クンッ



シ~ン……………



5 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 19:21:01.01 ID:YG9sx7570
ベジータの配下なんているのかよ
どうなるんだ


9 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 19:40:53.51 ID:MDn0A/v20
ナッパ「…………………あ?」

ベジータ「…どうしたナッパ?軽めに挨拶してやらんか。ほらクンッと」

ナッパ「………出ねぇ……?」

ベジータ「は?」

ウーウーウー

ベジータ「な、何だ!?」

警察A「はいはーい、そこの君達、おとなしくしてねー」

警察B「ちょっと事情聞かせてもらうよー」ガシッ

ベジータ「!!」バッ

ベジータ「貴様!!サイヤ人の王子ベジータ様に気安く触れるな!」

ベジータ「はぁーーーー…………」

ベジータ「ギャリック砲!!」バッ


シ~~ン…………………


ガチャッバタン

ウーウーウー


10 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 19:44:29.75 ID:fl307KKDO
>ギャリック砲!シーン

想像したらシュールで吹いたwwwwww



11 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 19:47:24.95 ID:X2SEAMXDO
はたらく魔王さま簡単に解説

勇者との対決に負けて異世界から地球にきた魔王と腹心(両方男)
地球には魔翌力がなく一般人になった魔王様は数ヶ月後すっかり勤労青年になっていた。
勇者や異世界からの刺客がおこす事件でたまに力を取り戻すが事件の被害を回復させるために力を毎回使い果たす。


12 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 19:47:51.32 ID:MDn0A/v20
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『取り調べ室1』

警察A「さて……事情を聞かせてもらうか」

ベジータ「フンッ」クビチョップ!

警察A「うぉ!?…………」バタン

ベジータ「……チッ、やはりな、力が…………」スタスタ




『取り調べ室2』

ベジータ「おいナッパ!」バンッ

ナッパ「」

カツ丼「ハンブンモクワレタゼベイベー」

ベジータ「…………ナッパ…」

ナッパ「い、いや!こ、これはだな…」

警察B「き、キミ!勝手に入って来たら………」

タンッ

警察B「おぅっ………」バタン


13 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 19:57:13.22 ID:MDn0A/v20



ベジータ「………この世界のことを色々調べたが、なるほどな………」

ナッパ「ど、どうなってんだよベジータ……?」

ベジータ「ここは確かに『地球』という星だが…どうやら俺達が目指していた地球とは別の世界線…ということではないだろうか」

ナッパ「なん……だと……!?」

ベジータ「俺達が目指していた地球は、ラディッツから送られてきたスカウターの情報によると、全部で43地区あるらしい………だが、ここの地球という星には、約200の区分…国というものがあるらしい……」

ベジータ「さしずめ『パラレルワールド』といったところか…………」

ナッパ「じ、じゃあさっき力が使えなかったのは…………?」

ベジータ「恐らくこの世界には我々のような『チカラ』の概念そのものがないため、この世界では我々のチカラが使えないんだろう……」

ナッパ「じ、じゃあさっきの食い物は…………?」

ベジータ「あれはこの星の食べ物だ、『カツ丼』という食べ物らしい」

ナッパ「な、なるほど…『カツ丼』………いい響きじゃねぇか…」

ベジータ「え?いや、これはさして重要なことではないぞ………」


14 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 19:59:39.37 ID:ozsdmgC80
これは悟空たちがいる世界なの?
それともはたらく魔王さまの世界なの?


15 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 20:05:22.69 ID:MDn0A/v20
>>14
どっちでもない
設定がはたらく魔王様で、ドラゴンボールの世界線から俺達の住むような普通の何もない地球になんかの作用で移動してしまった感じ




ベジータ「とりあえず『コセキ』というものを作ったぞ、次は当面の住む場所を決めねばならん」

ベジータ「他人の家で過ごしてもいいが、それだと『ハンザイ』という行為とみなされて『ケイサツ』に捕まってしまうらしい」

ナッパ「なぁ、他人の家でいいじゃねぇか」

ベジータ「貴様は『カツ丼』が食べたいだけだろう」

ナッパ「ギクッ」

ベジータ「住む場所は『フドウサン』というところで決めるらしい」

ベジータ「早速出かける、後に続けナッパ!」


18 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 20:14:09.01 ID:MDn0A/v20
ーーアパート『血祭理荷死荘』ーー

不動産「ここが一番安い物件ですが…………」

ベジータ「ボ、ボロい…………」

ナッパ「ひでぇなこりゃ………いつか行った『惑星ボンビラス』並じゃねぇか………」

ベジータ「いや、あれよりはマシだ」



ベジータ「さて、物件を買ったはいいが、『オカネ』なるものがこの世界では必要らしい」

ベジータ「それには働いて『オカネ』を稼ぐしかないそうだ、というわけで今、俺達は先程気絶させた警官から『オカネ』を拝借し、『リレキショ』というものを書いているが………」

ナッパ「誰に話しているんだベジータ………あ、書き間違えた」

ベジータ「貴様!『リレキショ』だってタダではないのだぞ!」

ナッパ「す、すまねぇ………」


19 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 20:18:36.00 ID:MDn0A/v20
ナッパ「それにしても、この『夏葉 光(なつは ひかる)』って………変な名前だなぁオイ………」

ベジータ「これが日本の名前らしい、我慢しろ」←『辺仕 太郎(べじ たろう)』

ベジータ「くそぅ………何でこんなことに……………」

こうして、ベジータとナッパの波乱の生活が、始まるのであった……………


20 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 20:25:40.86 ID:MDn0A/v20
ーー数ヵ月後ーー


『203号室(仮惑星ベジータ)』


ナッパ「おいベジータ!ゴミは分別しろって毎日言ってんだろうが!!業者の苦労もちったぁ考えろ!!」

ベジータ「ふん、うるさいぞ夏葉!」

ナッパ「ナッパって呼べ!」

ベジータ「しまった!もうバイトの時間ではないか!行ってくる!」タタッ

ナッパ「あっ!逃げんな!」

ベジータ「行くぞ『王子号』!」チャリンチャリン


すっかり馴染んでいた……………


21 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 20:25:50.50 ID:ODvuSZQU0
管理人の原 賀明日(はら があす)さん
とか 原 呂瓜(はら ろうり)さん
とか居そうだな


22 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 20:32:50.05 ID:MDn0A/v20
ーーマクドナルドーー

ベジータ「いらっしゃいませー!」

女店員(やっぱり辺仕さんかっこいいなぁ…………///)





店長「辺仕、君はホントによく働いてくれるな、働きしだいでは正社員もありえるぞ」

ベジータ「はい!ありがとうございます!今後とも精進します!」

ベジータ「ではお先に失礼します!」

店長「おつかれさまー」

女店員「お疲れ様でしたー!」

ベジータ「おう!貴様も頑張れよ!」

女店員「///」


23 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 20:35:57.63 ID:jwa9GJto0
ヒロインはやっぱブルマになるんかな


25 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 20:38:37.67 ID:MDn0A/v20
ベジータ「はーっはっはー!とばせ王子号!」チャリンチャリン

ドサッ

???「おいキサマ」

ベジータ「む?」キキッ

???「まさかこんなところであうとはな………ベジータ」

ベジータ「………!貴様、何者だ!」

???「ふん、俺は貴様に会ったことは無かったな」

パラガス「俺はパラガス、貴様の父ベジータ王には随分と世話になったよ」

ベジータ「!!サイヤ人………!?」

パラガス「貴様に復讐するこの時をまっていた!覚悟!」シュッ

パシッ

パラガス「シュワット!今はゴミのような戦闘力だった!」

ベジータ「お前もか…………」


26 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 20:40:54.69 ID:4V9GQgRao
まさかのパラガス


27 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 20:41:45.75 ID:RgQ81iGq0
ベジータって周りに比べて声衰えたよな


28 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 20:46:27.45 ID:MDn0A/v20
ベジータ「何があったかは知らんが、俺のアパートに来い」

パラガス「くっ……………」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベジータ「さぁ着いたぞ…………ん?」


『203号室(仮惑星ベジータ)』


ブロリー「今日からここに引っ越して来ました、『原ヶ 夫郎(はらが ぶろう)』と申します」

ナッパ「あ、これはこれは、夏葉と申します…………」

ベジータ「ナッパ!今帰ったぞ!」

ナッパ「ベジータ!今はお客様が………」

ブロリー「ベジータだと?」

パラガス「えええええ!?隣の部屋だと!?」

ベジータ「ダニぃ!?こ、こいつは………?」

パラガス「俺の息子だ」

ナッパ「ベジータ、その方は…?」


29 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 20:56:49.24 ID:MDn0A/v20














ベジータ「なるほど………それで俺に復讐をしようとしたのはいいが、突如謎のブラックホールに飲み込まれてこの世界に着いたと…………」

ナッパ「俺達もそのブラックホールに飲み込まれたのかもな………」

パラガス「俺達親子は一ヶ月前に目を覚ましてだな、この世界のことを調べ、持つ限りの金品は売りつくし、今に至るというわけだ」

ブロリー「まさか貴様らが来ていたとはな…………親父、今すぐ殺すかぁ?」

パラガス「今俺達にはゴミ程の戦闘力しかないだろう」

ブロリー「ああ、そうだった………」

ベジータ「貴様らはどこで働くのさあだ?」

パラガス「そんなことをしなくても金ならいくらでもある」

ベジータ「ふざけるな!働かない野郎に生きている価値は無い!」

パラガス「なぜかは分からんが、貴様に言われるとイラッとくる」


30 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/09(水) 21:03:03.20 ID:MDn0A/v20
パラガス「ではブロリーよ、存分に働くがいい」

ブロリー「親父は働かないのか?」

パラガス「俺はもうトシだ、ゴホゴホ」

ブロリー(うぜぇ)

ベジータ(さっき俺のこと殺そうとしてた癖に)

ナッパ「とりあえず戦闘力を手に入れる術を探すしかないようだな…………」

パラガス(まぁそれまでの辛抱だ、ブロリーは伝説のスーパーサイヤ人、力さえ戻ればあんな奴等…………)



ーーさらに数ヵ月後ーー


パラガス「むぅ………それでどうするのだ?」

ナッパ「ここで、ニンニクをすり下ろし………」




ベジータ「いらっしゃいませー!」

ブロリー「新商品をよろしくお願いしまーす!」

すっかり馴染んでいた…………




パラガス(何か忘れてるような………まぁいいか)


33 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/09(水) 21:20:25.26 ID:qYGueAk60
やさしいサイヤ人達すき


36 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 22:44:05.43 ID:9mjbZboG0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベジータ「ブロリー、今日は卵が1パック30円とお得らしいな」スタスタ

ブロリー「なるほど……親父達を連れて1パックでも多く買うか…」スタスタ

ベジータ「さっさと行くぞ、後に続けブロリー!」



???「…………………」ピッ



ドォォン……………

ベジータ「な、何だ!?」

ブロリー「ぬぅ……!?」

フリーザ「ほっほっほ………久しいですね、ベジータさん」

ベジータ「フ、フリーザ様!?」

ベジータ(な、なぜフリーザがここに………それに今の光線は…………!)


37 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 22:48:36.82 ID:9mjbZboG0
ベジータ「フリーザ様…………いや、フリーザ!貴様なぜチカラを使えるのだ…………」

フリーザ「ほっほっほ………私もこの世界に来た時にはチカラを使えず戸惑いましたよ」

フリーザ「しかし、私の近くにたまたまいた人間が私を見て悲鳴をあげた途端、私の中に僅かですがチカラが戻ってきたのです!」

フリーザ「実験をした結果、人間の『恐怖』によって私のチカラが戻っていくことが分かったのです!」

ベジータ「き、恐怖のエネルギーだとぉ!?」

ブロリー「しかし、そんなことをベラベラ喋ってしまっていいのか?」

フリーザ「…………………………………ハッ!」


38 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/04/11(金) 22:51:24.14 ID:N2cJjphs0
フリーザ様は調子に乗るのが玉のキズ


39 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 22:53:27.21 ID:9mjbZboG0
ブロリー「そうなれば話は早い!恐怖を集めに行くだけだぁ!」

フリーザ「ち、ちくしょう……!」

ベジータ「やめろ!ブロリー!」

ブロリー「何ィ………?」

ベジータ「この世界に俺達を巻き込んではならん…………!ましてや恐怖を与えるなどもっての他だ!」

ブロリー「ハッ………!」

フリーザ「ほーっほっほ!血と戦闘を好むサイヤ人ともあろうものが、随分と甘くなられたものですねぇ!」

ベジータ「へっ………ほざけ!だったらテメェを恐怖に震わせてやればいい話だ!」


40 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/04/11(金) 22:56:12.52 ID:N2cJjphs0
ベジータ普通にいいヤツになっているやんけwwwww


41 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 23:00:21.94 ID:9mjbZboG0
フリーザ「果たしてそのようなことができるんでしょうかねぇ………限定的なチカラとはいえ今の私の戦闘力は約3万………たとえあなたのチカラがフルに戻ったとしても到底勝ち目はありません」

ベジータ「へっ………これでも腹筋とか色々しているんだ、サイヤ人の王子を舐めるなよ」

フリーザ「ホホッ、ワロスww」

ベジータ「え?」

フリーザ「ハッ!コホン………ではしとやかに殺らせていただきましょうか」ピッ

ベジータ「ふぉっ!」ゴロンゴロン

ガシャアアアアアン

ベジータ「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおじごおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!俺の王子号がああああああああああああああ!!!」

ブロリー「そうこなくちゃ面白くない」ブン

フリーザ「ふん!…………うわっ!?」グチャッ

フリーザ「ペ、ペイントボール…………!?」

ブロリー「走れ、ベジータ!」

ベジータ「くっ!弁償しろよフリーザめ………!」


42 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 23:07:49.53 ID:9mjbZboG0
ーーー駅ーーー

ブロリー「ハァッ………ハァッ……」タタタタ

ベジータ「ゼェ……ゼェ……こ、ここまで来れば…………」

フリーザ「逃がしませんよ」スッ

ベジータ「!!」

フリーザ「そぉれ!」ピッ

ドオオオン

ワーワーキャーキャー

フリーザ「ほーっほっほっほ!!!今度こそ終わりですねぇ!!」

モクモク……………




ブワァッ!!!!!

フリーザ「何!?」

ベジータ「………へっ、お前の言ったことは本当のようだな、力が戻って来てやがる」シュインシュインシュイン

ブロリー「気が高まる………溢れる……………」シュインシュインシュイン

フリーザ「しまった!ここは……………駅!?」

ベジータ「よりによって恐怖のエネルギーが溜まりに溜まる場所でこのようなことをするなど……余裕もいいところだな!フリーザ!」

フリーザ「………ふ、ふん!たとえ力が戻ったとて、私を越えることはできんっ!!」ボォッ

ベジータ「そうかな?………やってみなければ何も分からん!!!」ボォッ


43 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 23:14:58.42 ID:9mjbZboG0
フリーザ「消し飛べぇっ!」ピッ

ベジータ「ふん!」キィン!

フリーザ「何!?」

ベジータ「ちぇああっ!」バキッ

フリーザ「ぐあっ!」

フリーザ「こ、この………」

ベジータ「後ろだウスノロ」

フリーザ「!?」

ベジータ「フンッ!」ドンッ

フリーザ「ぐおっ!!」ヒューーーー

ベジータ「コンドコソギャリック砲だあああああ!!」ギュオッ

フリーザ「ぬおおおおおお!!」ズガガガ

フリーザ「!!ぐあああああああ!!!!」


ズオオオオオオオ


フリーザ「お、おのれ…………なぜ!?なぜ俺の戦闘力を上回っている!?」ハァハァ

ベジータ「ククク……フリーザ様ともあろうお方がサイヤ人の性質を忘れたとはな……………」

ベジータ「俺達サイヤ人は死の淵から蘇るたびに強くなる!この数ヵ月間、この脆い体で俺は何十度も死にかけた!しかも筋トレとかした!戦闘力も軽く10万は越えているだろうな………!」

フリーザ「くっ…………!退散!」

ナッパ「おっと、そうはさせんぜ」

ベジータ「ナッパ!!」

パラガス「俺もいるぞ」

ベジータ「パラガス!」


44 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 23:18:56.53 ID:9mjbZboG0
フリーザ「おのれ雑魚がぞろぞろと…………!ならば!俺の真の姿を見せてやる!!光栄に思え!!俺の真の姿を拝めるのは貴様らが最初で最後だ!!」

フリーザ「はあああああああ……………」ゴゴゴゴ………

ベジータ「こ、これは………!」

ナッパ「なんかやばい感じがするぜ…………!」

フリーザ「はぁーーーーっはっはっ!!恐れおののけ!!これが俺の真n」

ポーピー

デデーン

ベジータ「!?」

ブロリー「とっておきだぁ………」


45 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 23:27:02.44 ID:9mjbZboG0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フリーザ「調子乗ってスミマセンでした」

ベジータ「わかればよろしい」

ブロリー「しかし力はまた消えてしまったな」

パラガス「街の瓦礫を元に戻すのに使ってしまったからな」

ナッパ「まぁいいじゃねぇか!ガハハ!」

フリーザ「ちくしょう!私はどうすれば……………」

ベジータ「ならばウチにこい」

フリーザ「!?」

ベジータ「元の世界に帰るための方法を一緒に探すのだ、いいな」

フリーザ「ふ、ふざけるなよ…」

ベジータ「ちなみにブロリーにはまだ少し力が残っているぞ」

フリーザ「一生ついていきますだから許してください」

ブロリー「そんなことよりベジータ」

ベジータ「何だ?後にしろ……」

ブロリー「卵のタイムセールがあと10分で終了なんだが……」

ベジータ「それをもっと早く言わんかあああ!!!」ダッ

ナッパ「俺も行くぜ!」ダッ

パラガス「俺もだ!!」ダッ

ブロリー「俺もだぁ!」ダッ

フリーザ「わ、私も……」

『お前は来なくていい!!』

フリーザ「」

ベジータ「さぁ行くぞお前ら!!後に続け!!」




46 1 ◆5jwCKZHLWI [saga]:2014/04/11(金) 23:27:58.07 ID:9mjbZboG0
これで終わりです
皆さんありがとうございました


47 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/04/11(金) 23:28:01.60 ID:N2cJjphs0
え?




え?


48 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/11(金) 23:29:19.96 ID:6G6rdEXVo
は?


49 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/11(金) 23:31:14.42 ID:2ESEpraAo
えっ


50 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/11(金) 23:33:40.13 ID:ba/jV4Jdo
ダニィ!?


51 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/11(金) 23:34:35.91 ID:b7Eue5yUo
ちーちゃんは出てこないんすか!?


53 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/11(金) 23:36:54.58 ID:fam7W4Rb0
そのようなことがあろうはずはございません


54 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/04/12(土) 02:49:28.79 ID:JmGHD5ODo
どうやって瓦礫直したんだよwww
精々邪魔にならんように消し飛ばすか一箇所に持ってきて固めとくくらいしかできねぇだろwww


転載元

ベジータ「はたらく王子さまだとぉ!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397038379/






はたらく魔王さま! (5) (電撃コミックス)
柊暁生
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-03-27)

関連記事
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング