HEADLINE

P「女なんてみんなビッチなんだよ!」

2014/07/21 16:30 | CM(1) | アイドルマスター SS
2 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:24:04.98 ID:8SP5gSkio
P「女なんてみんなビッチなんだよ!」

小鳥「!?」

律子「はぁ!?」

P「もう何も信じられない……!」

小鳥「おおお落ち着いて下さいプロデューサーさんっ!いきなり何ですか!?」

律子「何をどうしたらそういう結論に至るんです!」

P「うるせーよビッチ野郎ども……!俺に話しかけんなっ!」

律子「なっ……!?」

小鳥「野郎て」

P「どうせ今日も仕事帰りにその辺の男引っ掛けてお持ち帰りぃ~なんだろ!俺は騙されんぞ!」



3 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:25:22.84 ID:8SP5gSkio
小鳥「ちょ、プロデューサーさん!酷すぎます、訂正してくださいっ!」

P「いーやーでーすー!」

律子「嫌とかじゃないですから!音無さん、言ってやってください。年長者としてこの身勝手な言動を――」

小鳥「律子さんはともかく私は経験なんてないわよ!」

律子「えぇ~……」

P「嘘つけ!その年で処女とか逆にこっちが引くわ!」

小鳥「」

律子「し、死んでる」

P「ビッチじゃないと言い張るなら、さっきのお前らの言動を思い返してみろ!」

律子「さっきってそんな変な会話は……」


4 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:26:38.73 ID:8SP5gSkio

~休憩時間~

P「~♪」

律子「プロデューサー、コーヒーどぞ」

P「お、サンキュー律子」

律子「あれ?そのスマホで読んでるのってジオジオですか?」

P「ん……そうだけど、知ってるのか?」

律子「はい。って言っても知ったのは、アニメ化した最近なんですけどね」

P「ふーん」

小鳥「お、ジオジオの話ですか?」

P「あれ、音無さんも?」

小鳥「ふっふっふ、まさかこんな近くに仲間がいるとは……意外!」


5 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 00:28:16.81 ID:8SP5gSkio
律子「音無さんは世代直撃ですしねぇ」

小鳥「いやいやそんな古くないですから!」

律子「どっちが?」

小鳥「私!私の方です!」

律子「まぁそれはいいです。プロデューサーが読んでるのは第何部ですか?」

P「ん、え……4部だけど」

小鳥「いいですねー!私、第四部の中では康ニくんが一番好きです!」

律子「どんなキャラなんですか?」

小鳥「ま、いっちゃアレですが少年漫画にはよくある成長系キャラなんですけど~……」

P「……」

律子「へぇー、興味出てきたなぁ。プロデューサーもいろいろ教えて下さいよ!私、ジオジオ気になります!」

小鳥「私もプロデューサーさんのジオジオ愛聞きたいです!今度そのネタで飲みましょう!」

P「ちょ……え……」




6 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:30:44.48 ID:8SP5gSkio
律子「これと言って特に変な部分は……」

P「とぼけてるのか?それとも気付かずにやってしまうレベルの救いがたいビッチだったか」

律子「へぇー……。で、どういうことなんですか」イラッ

P「完全に『あ、これ知ってるー。○○くん詳しいんだ?私にも教えてよー、仲良くしよ?』系ビッチだろうがあああああ!!!」

律子「えぇ~……」

P「そうやって人付き合いに慣れてない奴にも、さも共通の趣味を持ってるかのように見せかけて近付き……パックンチョ!」

律子「(妙にテンション高いなこの人……というか微妙にネタが古い)」

P「人付き合い慣れてないが故に相手が自分をオモチャにしてるとも分からず、そのまま付き合って貢がせるという黄金パターン!」

律子「ていうか恋愛の常套手段ですよね、それ」

P「クソッタレ!どうしてウチの事務所はビッチばかりなんだ!」

律子「他の子もですか……」

P「ああそうさ!まずは春香!」

律子「え、語るの?」


7 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:36:01.74 ID:8SP5gSkio
春香『プロデューサーさん!お菓子作ってきたんですよ、食べます?』



春香『プロデューサーさん!はい、誕生日のプレゼント!』

春香『……え?やだぁ、私がプロデューサーさんの誕生日忘れるわけないじゃないですか、もう!』



春香『え、日頃のお返し、ですか……?うわぁっ、こんな素敵なバッグもらっちゃっていいんですか!?』



春香『え――?告白だなんて……そんな、困ります……。ごめんなさい、私はプロデューサーさんの想いには答えられません』

春香『日頃のやりとり……?プレゼント……?え、いや、アレは仲間として付き合う上で当然というか仕方なくというか――』

春香『あっ……!仕方なくっていうのはナシです!すみません……』

春香『とにかく、プロデューサーさんとは付き合えません。ごめんなさい』

春香『……もう、そんな悲しそうな顔しないで下さい。まるで私が悪者じゃないですか』

春香『仕方ないなぁ……じゃあ、』


8 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:37:09.30 ID:8SP5gSkio





春香『一晩くらいならいいですよ、恋人』






9 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:38:39.66 ID:8SP5gSkio
P「完全に『そんなつもりじゃなかったの。○○くんは恋愛対象として見れないから……でも、』系ビッチだろうがあああああ!!!」

律子「えぇ~……」

P「親切に接して貢がせて男心を弄んで!勘違いさせたのはそっちなのに勇気を出して告白した男はバッサリ!」

律子「というか途中から完全に妄想入ってるじゃないですかそれ」

P「おお春香よ。お前は何の目的が合って俺たちの心を弄ぶのか――醜い。姿は美しくとも心が醜い」

律子「何か芝居がかった喋り方してるし……。それにこれ勘違いした方にも責任あるんじゃないですか?」

P「そしていざ付き合えてもATM扱いで結局そこから進展しない!本当に恋愛対象外だったという悲しみ!」

律子「話聞いてます?」

P「さて次は雪歩」

律子「無視かよ」


10 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:43:54.47 ID:8SP5gSkio
雪歩『プロデューサー。お茶、どうぞ』ニッコリ



雪歩『う゛え゛えっ!?ぷ、プロデューサー……!なんで事務所の真ん中で着替えてるんですかぁっ!///』



雪歩『うー、美希ちゃんならまだしも、私に金髪なんて似合わないよ……。自然なままの方が私には合ってるかなぁって』



雪歩『えへへ……私、プロデューサーと二人なら頑張れそうですぅ!』

雪歩『嬉しいなぁ……そんなこと言われたのプロデューサーが初めてです。えへへっ!』



雪歩『あの、私、プロデューサーともっと仲良くなりたいんです』

雪歩『ここまで二人で頑張って、二人で何とかやってこれたのは分かってます。でも……これ以上は自信がないんです』

雪歩『それで、私もっとプロデューサーさんとの繋がりを深められたらって思って』


11 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 00:44:35.76 ID:8SP5gSkio





雪歩『だから……ね、プロデューサー』






12 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:47:40.62 ID:8SP5gSkio
P「完全に『下ネタとか無理っ!でも、どうせ付き合うなら誠実な人がいいなぁ……(腹黒)』系ビッチだろうがあああああ!!!」

律子「えぇ~……」

P「はい決まり。ズバリ今流行の清楚系ビッチだよアレは。きっと散々遊ばれてすげーどうでもいい理由で別れさせられるに決まってる!」

律子「でも雪歩は男の人苦手で……」

P「残念だったな、トリックだよ。その言葉でいかにも恋愛初心者だということをアッピルしているのさ」

律子「は?リンゴ?」

P「でも俺は騙されない!そういう女を何度も(ネットの体験談で)見てきたからな!」

律子「アップル?」

P「次は真だ」

律子「iPhone?」


13 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:53:05.23 ID:8SP5gSkio
真『え?スカートで跳ねるとパンツ見えるって?』

真『ざーんねん、下はスパッツ――と見せかけて普通にパンツでしたー!』ヒラッ

真『あはは、プロデューサーったら顔真っ赤じゃないですか!そんな慌ててかっわい~』



真『え、これですか?透けてるんじゃないです、見せてるんですよ』



真『あ、プロデューサー!珍しいですね、こんなとこで会うなんて』

真『ボクですか?今ランニング終えて一休みしてるとこです!何ならプロデューサーも一緒にどうです?』

真『あれ、プロデューサー、どうしたんですか?そんなに汗で濡れたボクの体が見ちゃって』

真『へへ、ほんとプロデューサーって嘘がつけないですよね。それじゃボクんとこの道場の子たちと変わりませんよ?』

真『いいですよ。別に減るもんじゃありませんし、ボクもそういう気分になっちゃったし』


14 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 00:53:34.68 ID:8SP5gSkio





真『向こうの茂み、行きましょうか』






16 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 00:54:52.01 ID:8SP5gSkio





律子「まるっきり別人じゃねーか!!」






18 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 00:58:14.13 ID:8SP5gSkio
P「完全に『細かい事とかどーでもいいじゃないですか。早く気持ちいいことしませんか?』系ビッチだろうがあああああ!!!」

律子「えぇ~……」

P「もう単純かつ強烈な正統派ビッチ!王道を征ってるよあいつは!」

律子「前二人はまだ本人の面影ありましたけど、今回のは完全に別もんじゃ無いですか!!」

P「ピンクじゃなくてもIN-RANすぎる!いやむしろ黒だからなのかそうなのか!下着の色とか!」

律子「よく喋るわほんと」

P「個人的には赤とか紫より黒のが好きです!わほリティ高い!!」

律子「わほリティって……いや、いいです」

P「きっと中学生あたりから純情な道場の少年を喰いまくってる童貞狩りにちげえねえよ!」

律子「妄想もここまでくるとビョーキね……」

P「そして次は亜美真美だ」

律子「(いきなり冷静になるあたり躁鬱かしら)」


19 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 01:00:43.22 ID:8SP5gSkio
亜美『ね、兄ちゃん。今いい?』


真美『大丈夫?じゃあこっちきて』


亜美『はじめに言っとくけど、怒らないでね?』


真美『真美たちちょーっと勉強したいだけだから。じゃ、』


亜美『ちょっと脱いで』


真美『裸見して』


亜美『もちろんパンツも』


真美『脱がしてあげる』


20 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 01:04:02.05 ID:8SP5gSkio
P「思春期コワイ!性欲の魔物!」

律子「いくらなんでもこんな追剥ぎみたいな……」

P「肉体だけでは飽き足らず、やはりというべきか思春期の目線は下へ行く!まさに視線レイプ!」

律子「まあ思春期ってのはその通りですし、想像できなくはないというか」

P「あ、これ実話ですんで」

律子「アイエエエエエ!実話!?実話ナンデ!?」

P「何か保健体育の復習とか言ってて、気付いたら縛られてて……ううっ」グスッ

律子「うわ……ガチ泣きですか」

P「裸まで見られて……もうお婿に行けない……!」ホロホロ

律子「とりあえずあの子らは私が叱っておきますんで、泣き止んで下さい」


21 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 01:09:00.65 ID:8SP5gSkio
律子「ちなみに触られたりとかは……」

P「いや、流石に最後の一線は拒否した。これ以上いくと今までの関係が壊れかねない」ボロボロ

律子「(既に手遅れだと思うけど)」



P「ふぅ、泣いてストレス解消になった」スッキリ

律子「はい。分かりましたからそろそろ私たち含めてビッチの誤解解いてもらえませんか?昼休みもとっくに終わってるんですけど」

P「そうだな。何がとは言わないけど面倒だし手早く済ませよう」

P「美希はもう見た目からしてビッチ。ハイパービッチ」


美希『はい、じゃあ美希は友達とLINEしてるから適当にヤっといてね。気持良くしてくれたらまた相手してあげるの』スッスッ


P「食欲張ってる女は性欲もヤバいって言うから当然貴音もビッチ」


貴音『出会って即合体とは……話には聞いていましたが、いざやってみると流石に気分が高揚しますね。では――いただきます』



22 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 01:11:28.20 ID:8SP5gSkio
P「あと犬飼ってる女は大抵依存系ビッチ。またの名をメンヘラ」


響『自分、一人暮らしで寂しいんだ……。ね、今日はうちに来ない?』

あずさ『私、一人暮らしで寂しいんです……。ね、今日はうちに来ませんか?』

伊織『私、一人暮らしで寂しいの……。ね、今日はうちに来ない?』


P「もうみんなビッチ。ヤベぇよこれ」

律子「適当すぎでしょ!!しかも最後に関しては一気に3人いきましたよ!」

P「あっれ?おっかしーなー」

律子「伊織とかもう設定ガン無視じゃないですか!」

P「おいおい、設定とかメタ発言やめなよ」

律子「今更だろ!!」

P「ま、一つ言えることは、もはやウチで安全なのは千早とやよいくらいのもんだってことだな」


23 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 01:13:37.34 ID:8SP5gSkio
ちはやよ「「ただいま帰りましたー♪」」

P「っと、早速マイ天使たちが帰ってきた!!」

律子「ご都合すぎるでしょ……つか天使て」

P「お帰り二人ともっ!仕事はどうだった?楽しかったか?」ニコニコ

律子「(すっごい笑顔)」

千早「はい、良かったと思います。グラビアの仕事と聞いて、初めは断ろうかと思ったんですが――」

やよい「私が千早さんを説得したんです!」

千早「高槻さんがどうしても私と仕事をしたいって……///」

P「ん……?」

やよい「せっかくプロデューサーが持ってきてくれたお仕事、断っちゃダメですーって、私が!」

千早「ありがとう高槻さん、おかげでいい経験になったわ。それに……」

やよい「う?なんですか?」


24 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga sage]:2014/07/21(月) 01:16:00.79 ID:8SP5gSkio
千早「……た、高槻さんの水着、すごく可愛かったし……///」

P「(とてつもないレズの波動を感じる)」

やよい「うっうー!千早さんだってすーっごく可愛かったですよー!」

千早「高槻さん……///」

律子「全く、相変わらず千早はやよいにべた惚れね……って、あれ?プロデューサー?」

P「」

律子「し、死んでる」



千早「さて、一緒に帰りましょうか高槻さん」

やよい「はいっ!小鳥さん、私たちもう帰るので――」

千早「高槻さん?どうしたの?」

小鳥「」

やよい「し、死んでる」


25 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 01:17:41.89 ID:8SP5gSkio
音無小鳥とプロデューサーは次の日仕事を休んだが二日後には普通に出勤した。

END


26 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 01:18:30.72 ID:8SP5gSkio
終わりです。
悪いのは深夜のテンションです。


27 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 01:18:53.32 ID:xSD+TKbPo
面白かった
もうちょっと長かったら最高


33 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/21(月) 02:42:50.03 ID:Uo6RGh8WO
真の別人ぷりに草


転載元

P「女なんてみんなビッチなんだよ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405869730/






アイドルマスター 高槻やよい (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)
ファット・カンパニー (2014-11-30)
売り上げランキング: 1,003

関連記事
2014/07/21 16:30 | CM(1) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/07/22 07:46 ]
  2. 律子の突っ込みがヤバイ
    真とアップルで撃沈
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング