HEADLINE

モバP「ゆっくり…?」

2014/08/17 05:00 | CM(4) | モバマス・グリマス SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 03:41:17.71 ID:OiBndk2Y0
モバP「なんすかこいつら…。」
ちひろ「さあ…朝来たら既に。」
???「ゆっくりしていってくださいね!」
モバP「お、おう…。」
???「まあぼくはかわいいですからね!けんぶつりょうはのーとさんでいいですよ!」
モバP「おい幸子ぉ!!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371494477



2 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 03:48:35.67 ID:OiBndk2Y0
幸子「なんですかいきなり。いくら可愛いボクに会いたいからってそんなに怒鳴らなくても。」
モバP「これ見てみ。」
幸子「えっ?」
???「ゆっくりしていってくださいね!」
幸子「なんですかこれ?というか生き物なんですかね?」
ちひろ「幸子ちゃんのペットか何かじゃないの?」
幸子「いくら可愛いボクでもお饅頭は飼いませんよ。」
モバP「しかし…性格といい容姿といい、いくらなんでもお前に似すぎている。」
幸子「プロデューサーさんにはボクがお饅頭に見えてるってことですか!?」
モバP「取りあえず今日は他の子達の仕事も落ち着いてますから心当たりを探しましょう。」
ちひろ「一人一人当たってみるしかなさそうですね。」
幸子「スル―ですかそうですか。」


3 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/18(火) 03:49:12.51 ID:uXvZ5xfno
ゆっくりしていってね!!!


4 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 03:55:30.11 ID:OiBndk2Y0
case1

モバP「おーい晶葉。」
晶葉「なんだね助手。」
モバP「お前最近は饅頭の整形の研究してるのか?」
晶葉「私の専門は工学であって菓子作りではないんだが。」
モバP「いやさ、これ作ったのお前かなと思って。」
さちこ「さちこはさちこですよ!かわいいでしょう!かんどうしたならのーとさんかあまあまをくださいね!」
幸子「いや、やっぱりボクとは絶対似てませんってこれ。」
晶葉「…寝る。」
モバP「おい待ってくれ。一番頼りになりそうな奴がお前なんだ。」



5 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 04:03:04.28 ID:OiBndk2Y0
晶葉「知るか!こんなもん夢に決まっているだろう!私にどうしろというんだ!」
モバP「いや、いつものチート発明品で何とかならないか?」
晶葉「なんだチートって!あれらはちゃんと理論を立ててから実装してるんだ!こんな突然出てきたものに急に対応できるわけがない!」
幸子「まあ、ボクらも水あげるくらいしかできませんでしたしね。」
晶葉「とは言え、なにも出来ないというのは私のプライドが許さん。」
モバP「何かあるのか晶葉えもん!」
晶葉「あわてるな助手。後その呼び名は絶対にやめたまえ。」
ちひろ・幸子(やってることは大して変わらないんですけどね。)



6 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 04:08:12.28 ID:OiBndk2Y0
晶葉「そもそもこの饅頭は本当に輿水君と関係があるのか?」
モバP「いや、流石にこれだけ似てるんだし。親戚か何かじゃね?」
幸子「お饅頭からお年玉もらったり、暑中見舞いが届いたことはありませんが。」
晶葉「先入観は捨てよう。まず共通点や相違点を洗い出すんだ。」
モバP「よし、まずはあれだな。」


7 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 04:17:42.17 ID:OiBndk2Y0
10分後

さちこ「やめてくださいね!いまならかわいいぼくにめんじてゆるしてあげますよ!」
晶葉「事務所の窓からバンジーとは…。いっておいてなんだがエグいことをするな君は。」
モバP「幸子といえばこれだからな。いちいち上空から投下するわけにはいかないし。」
幸子「自分と似てないと理解していても何か気分が…」
モバP「しかし幸子なら涙目ドヤ顔で強がるはずなんだが…。ボクは完璧ですからね!(裏声)とかいって。まあいいや、投下。」ガコン

さちこ「ゆっくりできないいいいいいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」
幸子「なんだか夢に出そうなんですが。あれ。」
モバP「お前は自分の夢くらいしょっちゅう見てるだろ。性格的に。」
晶葉「そういう夢じゃないと思うが…。しかしまあ、これで相違点の一つは見つかったわけだ。」
モバP「だな、とりあえず本体ほどメンタルは強くないっと。」カキカキ
幸子「本体ってなんですか本体って!」
モバP「よし、このアプローチがいいみたいだ!じゃあ次の心当たり行こう!」
幸子「」


8 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 04:27:53.66 ID:OiBndk2Y0
case2

かな子「今日は帰りに何食べよっかな。ふんふふ~ん♪」

モバP「おーい、かな子ー。」

幸子「心当たりって三村さんですか。確かにお菓子の専門家ですが。」

かな子「あっ、プロデューサーさん!どうかしましたか?」

モバP「いやな、ちょっとこいつを見てくれ。」

さちこ「さちこはさちこですよ!」ドヤッ

かな子「あら?幸子ちゃんにそっくりなお饅頭。またちひろさんの新商品ですか?」

モバP「流石にあの人でも生首ライクスな饅頭は作らんよ。実はカクカクシカジカで。」

かな子「なるほど、なんとも不思議な話ですね。ということは、私になにか手伝えるからいらっしゃったんですよね?」

モバP「その通りなんだ、今からお前のお勧めで、あるものを用意してほしい。」


9 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 04:38:37.03 ID:OiBndk2Y0
10分後

ガチャッ
ちひろ「Pさん、その後経過はどうですか…って甘ッ!なんですかこの匂いは!」

モバP「しっ。今あいつが幸子か饅頭かを見極めるテスト中です。」

ちひろ「あれは、さちこちゃんの前に大量のケーキと幸子ちゃんのドヤ顔ブロマイド?」

幸子「テスト結果以前に、餡子と天秤に掛けられることが既に不服ですがまあ良しとしましょう。これでボクの可愛さが唯一無二であると証明できるわけですからね!」ドヤッ

モバP・幸子・かな子(めんどくせえ)

さちこ「ゆっ?ゆっ?」キョロキョロドヤッ

かな子「いや確かにあのケーキは私が選んだ自信の一品なんですが、共食いじゃないんですかあれ。」

モバP「幸子なら菓子なんか目もくれず自分のブロマイドに行くはずだからな。これでどちらか判定できるだろ。」




10 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/06/18(火) 04:45:48.87 ID:OiBndk2Y0
さちこ「む~~、こうですっ!」ササッ

ちひろ「あっ!ケーキ一つだけ掠めてブロマイドに見惚れてます!」

かな子「いやだから共食いですよねあれ。」

幸子「帰っていいですか。早くもなんか色々と精神的に限界なんですが。」

モバP「現実を受け入れろ。見てみろ、ケーキ味わいながら至福の表情でパラパラ写真めくってるぞ。」

ちひろ「一応結果としてはお菓子の本能が優先されたということになりますね。」


15 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/18(火) 06:18:55.60 ID:i2c0PqVL0
ぷちどるとは似て非なるもの……それにしても、さちこの役のハマりっぷりよ


17 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 01:22:29.36 ID:UXv0I6+F0
モバP「ますます相違点出てきてるじゃねえか。まさか本当に幸子の親戚じゃねえのか…。」

幸子「だから最初からそう言ってるでしょう。ボク以外にこんなかわいい顔はいませんしね!」ドヤッ

モバP「次行くぞ次」

幸子「もう慣れましたよ、ええ。」


18 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 01:28:22.86 ID:UXv0I6+F0
case 3

輝子「き、来たよ親友、フヒッ。」

幸子「何故に輝子さんですか。」

モバP「こうなったら不思議には不思議で対応するしかない。輝子、こいつを見てくれ。」

さちこ「ゆっくりしていってくださいね!」ドヤッ

輝子「さ、幸子ちゃんの頭が新しくもう一つ?似てる…。」


19 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 01:33:45.84 ID:UXv0I6+F0
幸子「なんか某パンヒーローみたいな扱いになってるんですが。それで?どうするんです?」

モバP「ある意味パンヒロインだろお前は。まあ慌てるな。」

さちこ「!!!おねーさん、そのうえきさんをぼくにちかづけないでくださいね!」

輝子「え…。植木じゃなくてきのこだけど…。お、おいしいよ?」

さちこ「しらないです!とにかくちかづけないでくださいね!なんだかゆっくりできないです!」


20 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 01:42:54.67 ID:UXv0I6+F0
モバP「やはりな…。やはり精神的には饅頭の面が大きいのか。」

幸子「どういうことです。」

モバP「菌類は饅頭の天敵だからな。おそらく本能で感じ取ったんだろう。」

輝子「わ、わかったよ、別の部屋に置いとくね。ご、ごめんね。」シューン

さちこ「きにしなくていいですよ!ぼくはかわいいうえにかんだいですからね!おともだちになってあげます!」


21 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 01:50:14.80 ID:UXv0I6+F0
輝子「あ、ありがとう。し、親友、友達増えたよ…フヒッ。」

モバP「こういうところは幸子なんだが。」

幸子「まあボクに多少なりとも似ているというなら、これくらいじゃないと困りますね!」

さちこ「それでもきになるなら、のーとさんかあまあまをくださいね!たっくさんでいいですよ!」

モバP「こういう所もか。」

幸子「これは違います。」


22 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 01:51:34.93 ID:UXv0I6+F0
輝子「え、あまあまってな,何?」

モバP「あー気にするな、こいつの持ち芸みたいなもんだから。次のとこに持ってくぞ。ほらつかまれ。サンキューな、輝子。」ヨイショッ

さちこ「ぼくはつばさをてにいれましたよ!」

輝子「うん親友。ま、またね。」



23 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 01:57:28.00 ID:UXv0I6+F0
case4

モバP「さて…次はどうするか…。」

さちこ「じょせいをまんぞくにえすこーとできないなんて、かわいそうなぷろでゅーさーさんですね!」

???「あら、あそこにいるのは…。P君に幸子ちゃん。そんなに急いでどうしたのかしら。」

モバP「あ、お疲れ様です、和久井さん。」


24 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:08:37.65 ID:UXv0I6+F0
留美「P君が持ってるのは…あら可愛い。幸子ちゃんのぬいぐるみ?」

さちこ「ゆっくりしていってくださいね!おばさん!」

留美「」ビキィ!

モバP「」

幸子「」


25 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:10:19.28 ID:UXv0I6+F0
留美「…」

モバP「す、すみません!こいつよく言葉わかってないみたいで!誰にでもこう言ってしまうんです!」

留美「そ、そうよね。玩具の言うことだものね。しかし言葉までしゃべるなんて最近のはすごいわね。」

幸子「あれ?でもさっきは輝子さんにおねーさんって言っていたような。」

モバP「おい馬鹿!」

留美「」ビキビキィ!

モバP・幸子「(アカン)」


26 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:10:50.20 ID:UXv0I6+F0
ヒャッハー!
ユッグリデギナイイイイイイイ!

10分後

さちこ「ずびばぜんでじた、きれーなおねーざん…。」

留美「わかればいいのよ。で、どこのメーカーなの。これを作ったのは。」

モバP「そ、それなんですが…。どうも生き物みたいなんですよこれ。実はカクカクシカジカ…。」



27 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:12:08.28 ID:UXv0I6+F0
留美「…なるほどね。一瞬P君と幸子ちゃんが一線越えたのかと思っちゃったじゃない。危うく早苗さんに一報入れるところだったわ。」

モバP「それ絶対にちひろさんの前では言わないでくださいね。あの人は何するかわからないので。」

留美「それが賢明ね。それと、これ渡しておくわね。私はもう書いて印鑑押したから。後はあなただけよ。」

モバP「ああどうも。毎日すみません。(またファイルが分厚くなるな…)」


28 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:13:22.10 ID:UXv0I6+F0
さちこ「なんですかそれは!さてはるーずりーふさんですね!」バッ

モバP「あっ、返せ!」

さちこ「ぼくのたっぴつなじをみせてあげますね!」カキカキドヤァ!

幸子「いつの間に鉛筆まで!うわ…筆跡までボクにそっくりですよこれは。」


29 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:14:00.97 ID:UXv0I6+F0
さちこ「かんどうしましたか!なみだをながしてはくしゅかっさいでもいいですよ!」ドヤァ

留美「」ビキビキビキィ!

モバP・幸子「(アカン)」

ヒャッハー!アンヨヤキダァァァァァ!
ユッグリデギナイイイィィィ!


30 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:15:30.78 ID:UXv0I6+F0
case 5

モバP「あの後も色々聞きまして。相違点もあるんですが、失言癖やナルシストな部分はまんま幸子なだけに判定が非常に難しい状態です。」

ちひろ「お疲れ様でした。幸子ちゃんは見ていてどうでしたか?」

幸子「どうもこうもないですよ!やっぱり全然似てませんって!大体ナルシストとかってなんですか!」

ちひろ「まあそれはいいとして…この子どうするんです?とりあえず食べ物はペット用で良いのはわかりましたけど。ラムネ食べたら急に寝ちゃいましたし。」


31 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:16:00.69 ID:UXv0I6+F0
さちこ「ムニャムニャ…ボクハカワイイデスカラネ…」スヤスヤドヤッ…

モバP「事務所においていくわけにもいかないし…。すまん幸子、今日の所は寮に連れて帰ってやってくれないか?」

幸子「えっ!いやですよ!なんでボクが!」

ちひろ「私の所はペット禁止ですし。」

モバP「俺の所もペット禁止ですし。うちの寮なら多少は融通が利くはずだ。」

幸子「むう…仕方ないですね。今日だけですよ!」



32 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:17:16.00 ID:UXv0I6+F0
帰路にて

幸子「はぁ~、寮のみんなになんて説明しましょう。」

さちこ「どうかしましたか!ぼくのかわいさでげんきをだすといいですよ!」

幸子「クスッ…、しょうがないですね!これからボクの可愛さに少しでも近づけるように色々教えてあげますよ!」

さちこ「ゆっ!ゆっ!」キャッキャ

幸子・さちこ「ゆっくりしていってくださいね!」

おわり



33 ◆RfAfeJGpd.kK [saga]:2013/06/19(水) 02:21:58.21 ID:UXv0I6+F0
終了。
後半は息切れ感が半端じゃなかった。
>>1見てもわかる通り、最初は色々出そうと思っていたが無理でした。
れいぱーきらりの群れに襲われるゆっくりあんの話とか、
隙あらば机に婚姻届入れてくるゆっくりわくいの話とかいろいろ書きたかったんですが
終了です。

html化依頼出してきまふ^q^。

長々とお目汚ししてすまぬ…。


35 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/19(水) 03:51:21.83 ID:EmDxR9Hzo
乙。


40 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/20(木) 02:47:19.34 ID:S5G5gDxB0
えっ、続かないの!?


41 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/06/20(木) 20:36:01.98 ID:Auz5PDWHo
あれって霊夢がまんじゅうで魔翌理沙が大福なんだよな


42 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2013/06/21(金) 03:53:39.98 ID:VuPBQnXbo
頼む~~~~続き書いてくれ~~~~


転載元

モバP「ゆっくり…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371494477/







ゆっくりしていってね!!!痛ンブラー
ごるえ門
売り上げランキング: 370,749



関連記事
2014/08/17 05:00 | CM(4) | モバマス・グリマス SS
    コメント一覧
  1. ユックリスレイヤー [ 2014/08/17 12:07 ]
  2. ドーモ、ユックリスレイヤーです!全ゆっくり滅ぶべし!それが!真の慈悲だ!
  3. 鬼意参 [ 2014/08/17 12:36 ]
  4. ひゃっはー!
  5. 774@いんばりあん [ 2014/08/17 14:01 ]
  6. 申し訳ないけどゆ虐はNG
  7. あ [ 2014/08/20 11:17 ]
  8. アイマス番ゆっくりか、変態鬼威惨が増えるなぁ
    [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング