HEADLINE

ゾンビ娘「レイ〇されました。死にたいです」 【前編】

2014/09/01 18:30 | CM(0) | 創作・魔王勇者系 SS
1 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:15:05 ID:awKHlJx.


ゾンビ娘「よくも私に蘇生呪文なんてかけてくれましたね。おかげで生き返ってしまったじゃないですか」

賢者「それは悪いことなの?」

ゾンビ娘「私みたいなゾンビにとって、レイズなんてレイプと同じ位酷いことなんですよ?」

賢者「レイ…ッ!?」

ゾンビ娘「出会い頭に即レイズってなんなんですか?出会って即ハメですか?」

賢者「いや…ごめん。僕も襲われそうになったことはあるから、その気持ちはわかるよ?
   でも、普通は旅の途中でモンスターにエンカウントしたら攻撃するでしょ」

ゾンビ娘「だからって開幕レイズは無いでしょう?MP消費【大】なのに…」

賢者「アンデッド系はこれ一撃で消滅するし、産まれつき持ってる得意呪文だからさ」

ゾンビ娘「」



3 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:17:57 ID:awKHlJx.


賢者「そういえば君は消滅してないね?女の子のゾンビだから?」

ゾンビ娘「産まれてから…?Lv.1でレイズ覚えて使えるって…」ブツブツ

賢者「お~い」テヲフリフリ

ゾンビ娘「どんな魔力量してるんですか…」オッカネェ…

賢者「ざっと魔王7体分だよ」

ゾンビ娘「」

ゾンビ娘「私の苦労は一体…鬱だ死のう」ザクッ

          ――――ドサッ

賢者「えっ!?」

  ゾンビ娘はナイフで自らの心臓を貫き力尽きた▼

賢者「え、ちょっ」オロオロ

  へんじがない ただの しかばね のようだ▼


4 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:18:32 ID:awKHlJx.


賢者「レッレイz…ゾンビ娘「やめてください生き返ってしまいます」…う?」

  なんとみるみるうちにゾンビ娘の傷が回復し、身体が青く、ツギハギだらけになっていく!

ゾンビ娘「ふぅ。死に返れて良かったです」

賢者「嘘でしょ…?エンカウント時と同じ姿に…」

ゾンビ娘「あーやっぱり身体が軽いですね」

賢者「【 ア レ イ ズ 】」

ゾンビ娘「」†完全回復†

ゾンビ娘「…なんで蘇生するんですか?」ドヨーン

賢者「逆になんで死んだままでいたいんだい。しかもやっぱり消滅してないしね。」

ゾンビ娘「実験半分で発動しないで下さい」


5 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:19:23 ID:awKHlJx.


賢者「それはさて置き」

ゾンビ娘「さて置いていい問題じゃあないでしょう…」

賢者「結局どうして死にたいの?」

ゾンビ娘「ハァ…。魔王が冥界から召喚したオリジナルアンデッドと違って、
     私のような人間ベースのゾンビは知性がある分、しがらみが多いんでsッ」ブッツン

  ゾンビ娘は舌を噛み切った▼

賢者「しがらみって?」【ホイミ】

  しかし治されてしまった▼

ゾンビ娘「人の心を持っているので、人間を喰べたりしません。
     それでも、身体は人ではなく怪物です」つナイフ

賢者(レイズ使うとお腹が空くのが早いなぁ…)ボッシュウ

ゾンビ娘「その身体の本能なのか、そのうちゾンビであることがアイデンティティーになっていくんです」ショボーン


6 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:20:30 ID:awKHlJx.


ゾンビ娘「私がゾンビ化してからはや200年。家族もパーティーも死んでいるでしょう。
      今更、人間の世界に未練なんて何一つ無いんですよ」つ毒薬

賢者「もぐもぐ」【キアリー】

ゾンビ娘「人に質問しておいて何を食べてるんですか」つ苦水

賢者「おやつだよ。これでも僕は育ち盛りの15歳だからさ」ゴックン

ゾンビ娘「美人で僕っ子のモデル体型15年物…もっと上だと思ってました」

賢者「君こそ見た目16~7歳なのに、その大きさなの?」

ゾンビ娘「あなたに言われたくないです」ツルペター

賢者「胸でなく身長の話だよ」←165㎝

ゾンビ娘「くっ…」←150㎝


7 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:21:22 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「…もういいです。そこらのモンスターに殺されて来ます。さようなr(ぐぅ~)」

ゾンビ娘「んなっ///」キュルルゥ~

賢者「おやおや」

賢者「お腹空いたのかい?それなら、そこの街でお昼ご飯でも一緒にどう?」

ゾンビ娘「そんなお金ありませんよ」クルル~

賢者「勿論ご馳走するよ!」

ゾンビ娘「まぁ、私も餓死だけは嫌ですから…仕方ありませんね」キュウ…

賢者「シチューが有名みたいだよ」テクテク


10 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:24:00 ID:awKHlJx.
基本的にDQとFFがごちゃ混ぜになった世界だとお考えください。


11 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:25:01 ID:awKHlJx.

 ―――――――
  ~時計塔の街 -大衆食堂‐

店主「いらっしゃいまほー!こっちのカウンター席へどうぞー」

賢者「シチュー2人前お願いします」

<ハーイ!ショウショウオマチヲー

ゾンビ娘 ガジガジ

賢者「お腹が空いたのはわかるから、僕の腕を噛まないで。ていうか地味に鋭いね、歯」イタイイタイ

ゾンビ娘「ゾンビ化の影響ですね。お腹が空くと、何かをかじりたくなります」ガ~ジガ~ジ

賢者「今は生き返ってるでしょ」

ゾンビ娘「+αであなたへの個人的な恨みです」


12 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:25:42 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「それに、私は普通のゾンビ化とは誕生に大きな違いがありましたから」ピクッ

賢者「まずゾンビ化自体、数件しか確認されてない珍しい事例だから、普通がよくわからないよ」

ゾンビ娘「まぁ、お昼奢ってもらうわけですし、教えてあげましょう。でもその前に…」クンクン

店主「はいっシチュー2人前!おまちどーさま!」

ゾンビ娘「ご飯を食べましょう」ジュルリ

賢者「君の鼻は犬か何か?」

ゾンビ娘「ゾンビです」<●> <●>ジーー

賢者「獲物を狙うモンスターの眼だ…」


13 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:26:58 ID:awKHlJx.

 ―――――――
  ~時計塔の街 ‐時計塔展望台‐

ゾンビ娘「ごちそうさまでした」ケプッ

賢者「あの後、3回もおかわりするとは思わなかったわ…」

ゾンビ娘「200年ぶりのまともな食事でしたからね。
     ゾンビ状態は味覚が麻痺してましたし」

賢者「普段は何を食べてるの?」

ゾンビ娘「野生動物の肉とか、キノコとかです。味はわからないから、腹に押し込んでいただけですけどね」

ゾンビ娘「それを考えれば、レイズされたことには感謝しますよ。ご飯に関して だ け はね」

賢者「君は本当にご飯のことになると性格が変わるね」

   ――――ゴォーン―ーーー ゴォーン―
        賢者「彼から聞いた通り変わってないね」ボソ
             ーーー――ゴォーン――――

ゾンビ娘「何か言いました?」

賢者「3時の鐘だなって」


14 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:27:47 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「おやつの時間ですね。さっきの店主がくれたクッキーでも食べましょう」つ クッキー

賢者「ふふっ面白いよね。『お嬢ちゃんらべっぴんさんだから、サービスであげるよ』だもん」つ クッキー

ゾンビ娘 カリカリカリッ

ゾンビ娘 モッキュモッキュ

ゾンビ娘 サクサクサクッ

ゾンビ娘 モッキュモッキュ

賢者(リスみたいでかわいいなぁ…)サクサク

賢者「街の外ではあんなに自殺しようとしてたのに、今はやらないんだね」ノコリハアゲル

ゾンビ娘「それは当たり前です」ドウモ

賢者「どうして?ここから飛び降りれば一発だよ?」

ゾンビ娘「あなたは私を生かしたいのか、殺したいのか…」サク…


15 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:28:30 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「まぁ理由としては、ここが街の中心だからですよ」

ゾンビ娘「モンスターになれば、住人は怯えて警備兵を呼ぶ。
     そうなったら、私が街の外に出ることは叶わないでしょう」

賢者「もしかして…ゾンビの状態で死んだりしたら…」

ゾンビ娘「人として死ねない私にとって、本当の『死』になるかもしれません」

ゾンビ娘「私も、死ぬのは怖いですから…」ポリ…

賢者「……………。」

ゾンビ娘「あ…。そ、それで、ゾンビ化についてでしたね」

ゾンビ娘「え~と。普通、ゾンビ化というのは…」


16 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:30:27 ID:awKHlJx.
   ――――――――――
 ――――――――――――

  一般的に、人間は死んだ後、少しずつ『魂』が劣化して消えていく。
  そのとき、完全に魂が消える前に、『ネクロマンサー』と呼ばれる者達が呪術によって、
 魂に無理矢理身体を定着させる呪いをかけることで生まれる存在。それこそが『ゾンビ』である。

  術者の奴隷として使役されるが、身体が朽ち果てるまでしか活動できない。
 稀に術者を殺して、使役状態から解放される個体もいる。

  冥界から召喚される【喰鬼(グール)】と呼ばれるアンデッドの違いは大きく2つ。
 1つは、すでに魂が現世から消えていること。
 もう1つは、魂の入れ物たる肉体が、魔力によって創られた偽物であること。

  これにより身体が朽ちることは無いが、本物の「ニク」を求め、喰らおうとする欲求が生まれる。

 ――――――――――――
   ――――――――――


17 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:31:16 ID:awKHlJx.


ゾンビ娘「…という感じです」

賢者「なんか凄く渋い声がナレーションした気がする」

賢者「死者使役呪文 か…それは確かに数が少ない訳だね」

ゾンビ娘「いわゆる禁術ですからね」

賢者「それで、君は他のゾンビとは違うと言っていたよね?生前は何の職業だったの?」

ゾンビ娘「私はゾンビになる前…



     かつての勇者のパーティーの1人。巫女、つまり僧侶をやっていました」


18 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:31:54 ID:awKHlJx.
賢者「勇者の…」

ゾンビ娘「はい。回復から蘇生呪文まで使える万能ゾンビです」エッヘン

賢者「でも僧侶等の神官職は、その魂に神の加護を受けるから、呪術的な力に耐性があるって聞いたけど?」

ゾンビ娘「私は魂に呪いがかけられた訳じゃないんです」

賢者「それはどういう…」
          ――ゴォーン―――ゴォーン――――ゴォーン―――――ゴォーン―――ーーー

ゾンビ娘「…………すぐに暗くなるでしょう。それでは、さようならっ」タッタッタッ

賢者「あ、ちょっと!」

賢者「行っちゃった…」


19 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:32:40 ID:awKHlJx.

 ―――――――
  ~時計塔の街 ‐大衆食堂‐

賢者「宿が取れなくてどうしようかと思っていたけど、食堂の店主が泊めてくれたよ。やったね」

<ギシギシアンアン

賢者(隣室から聞こえる、店主と奥さんの営みの音さえ無ければなぁ)

<ジュモンデドクゼメッ? ァン!

賢者「……【結界呪文】」

      シーーーン

賢者「よし、寝よう」

  テーレレーレ レッテッテン♪
 ―――――――


20 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:33:18 ID:awKHlJx.

  ~森 ‐木のウロ‐

ゾンビ娘(…危なかった。あのままペースに乗せられていたら…)つナイフ

ゾンビ娘「くぅっ!」ドスッ

  ゾンビ娘は力尽きてしまった▼

       ポゥ…メキメキ  シュウゥゥ…

 ゾンビ娘はゾンビとなった▼

ゾンビ娘(こんなもの、誰にも見せたくありませんから…)ギチッ

 ――――――――――――――――――

???「夜が明けるまで、彼女は自らの肩を抱いて震えていましたとさ」

 ――――――――――――――――――
 ――――――――――――――
 ――――――――――――――――――――


21 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:34:12 ID:awKHlJx.

~時計塔の街 ー門前ー

賢者「わざわざ見送りまで…ありがとうございます」

店主「何の!またいつか店に来てもらえれば!」

店妻「お弁当です。お腹が空いたら、食べてください」ニコッ

賢者「ありがとうございます!大事にいただきますね!」

店妻「《あなたの旅路に、生命の光輝かんことを》」

賢者 ペコリ スタスタ

店主「…あの子は、この旅でどうなる?」

店妻「結界呪文で邪魔されたのもあるけど、真っ暗な景色しか視えなかった………」

店主「また、会えるのかねぇ」

店妻「それも視えなかった。でも、きっと…」

店主「なら大丈夫だ!」ハハハ―――――――


22 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:34:48 ID:awKHlJx.

賢者「ん~秋とはいえ、まだ暑いね~ん?」

  モンスターがあらわれた▼

 スライム×3
 クァール×2

賢者「はぁ…【*****】」

モンスター「ピギュエッ!?」グチャッ

賢者「相変わらず、狂った生態だなぁ」

  モンスターをたおした▼
 テレテテーレーテーレッテレー♪

 ―――――――
  ~森 ‐遺跡‐

賢者「さて、ここにあればいいんだけどねぇ」ザッザッザッ

|木|×××「……。」コソッ


23 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:35:35 ID:awKHlJx.

賢者「…………」スタスタ

××× コソコソカチャカチャ

賢者「………。」フリムキ

壁|×ミ  カクレッ

壁|×   ドキドキ

賢者(何か尾行されてる…)クルッ

×××「♪」カチャカチャ

賢者「ダ~ルマさんが~」

×××「!」

賢者「こ~ろんだっ!」

壁|×ミ ピタッ

賢者「ダ~ルマさんが~」

×××「♪」カチャカチャ

賢者「バク転からの倒立後転っ!」バッ

×××「!?」


24 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:36:30 ID:awKHlJx.
賢者「よし!作戦成功!」

××× アタフタオドオド

賢者「骨の…犬?」

ゾンビ娘「フランケンシュタイニーです」

賢者「あらら~どうしてここに君が?」

ゾンビ娘「こっちの台詞ですよ。ここは私の持つテリトリーですから」

賢者「何か凄くモンスターっぽい」

ゾンビ娘「ゾンビですもの」

賢者「で、その犬(?)は一体?」

ゾンビ娘「フランケンシュタイニー。私の使い魔です」

賢者「名前長すぎるよ。よし、君の名前は…今日から『骨っ子』だ!」

ゾンビ娘「僕っ子が骨っ子とか名付けないでください」

骨っ子「♪」フリフリ

ゾンビ娘「ああっ気に入ってる!」ガーン


25 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:37:32 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「前の名前の方が格好良かったよね?ね?」

骨っ子「………!」

ゾンビ娘「{こっちの方が短くて好き!}って?…そう」ショボーン

賢者「ドヤァ」【レイズ】

ゾンビ娘「この状況で更に追い討ちとか、あなたは悪魔ですか」ドヨーン

賢者「僕はあくまで賢者だよ?」【リレイズ】

ゾンビ娘「」

賢者「ごめんね。魔力使って探索するからしばらくそのままで。ゾンビだと、微妙に魔力反応がちょっと…ね」

ゾンビ娘「……っ」ビクッ

賢者「微妙でも、魔力探索の邪魔になるから…本当にごめん」

ゾンビ娘「……いえ」

賢者「じゃあちょっと探させてもらうよ」

賢者「ハッ」【******】


27 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:38:25 ID:awKHlJx.

賢者(この奥に…喰鬼が2体。その更に奥の壁…) ポォ―――ンポォ――――ン

                   ザザ…ザ

賢者「! 見つけた!けどごめん!おそらく気付かれた!」

 喰鬼A「にグゥゥぅぅうぅ!!」
 喰鬼B「喰ワせロぉおォォオオ」

賢者「先制杖アタック!」

喰鬼A「アリガとウござイマすっ!」13ダメージ

喰鬼B「巫女サん はァハァ」

ゾンビ娘「こいつ等気持ち悪いです」

ゾンビ娘「早くレイズで消し去ってください」

賢者「もうやってるよ」

喰鬼AB「「ウッひョー気モてぃー」」

賢者「どうやら耐性持ちみたいだ」

ゾンビ娘「気持ち悪くて吐きそうです」


28 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:38:59 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「だったら焼き払ってください」

賢者「あいにくと、僕は攻撃呪文を覚えてなくてね」

ゾンビ娘「\(^o^)/」

賢者「だけど…     『再生』呪文なら!!」

             【真・ホイミ】

喰鬼A「エクすタしぃぃィイイ!!」グチャッ

喰鬼B「うグぐ…まだ死ねヌヨ…YESロリータ!let'sタッ…」

  三 >>>―喰鬼B「 」―>
     ブスッ

ゾンビ娘「誰がロリですか」|)

賢者「へぇ弓使いだったんだ」

ゾンビ娘「巫女が持つ破魔矢です。それより、ホイミで殺害って…」


29 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:39:40 ID:awKHlJx.
賢者「これは真・ホイミ。魔力さえあれば際限なく再生できる、古に創られし原初の呪文だよ」

賢者「回復自体、魔力に干渉して代謝を促し再生するものだからね。限界を越えた速度の代謝を繰り返せば…」

ゾンビ娘「……{肉体が耐えられなくなって、崩れていく}」

賢者「そういうこと。理解が早くて助かるよ」

ゾンビ娘「今のはこの子の言葉です…」

骨っ子「♪」

賢者「Oh…」


30 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:40:19 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「それはそうと、この先行き止まりで何もありませんよ?」

賢者「ん?ああ、用があるのはその行き止まりの壁」

  賢者は指で行き止まりの壁を指し示した。

賢者「そこに刻まれた文字にね」

ゾンビ娘「文字?ただの傷にしか見えませんよ」

賢者「僕の先祖は字が下手だったからね」

ゾンビ娘「先祖…?」


31 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:41:12 ID:awKHlJx.

 ―――――――

???「何を隠そう、賢者はかつての勇者の子孫でね」

???「勇者は戦いの後自らの呪文を危険なものとして、各地に封印していたんだ。
    というかゾンビ娘もパーティーの1人だったなら、賢者の顔を見て何か反応してくれればよかったのに」

???「ゾンビ化して頭まで劣化したのかな?ついでに覚えている事はないか聞いてみたら…」

     ――『勇者達との旅が、全て思い出せない』

???「旅をした事実は覚えている。でも、思い出の全てを彼女は失っていたんだよ」

???「本当に、ゾンビ化の影響なのかもしれない」

???「忘れられたのが自分じゃないとしても、なんとなく、寂しい感じがするな」

 ―――――――


32 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:41:44 ID:awKHlJx.

賢者「…………。」

  文字が輝き始めた▼

賢者「あっ文字を記さないと…」ゴソゴソ

ゾンビ娘「それは…?」

賢者「勇者の冒険の書だよ」

ゾンビ娘「今となっては国宝級の代物ですよね、それ」

賢者「去年の夏に偶然家の屋根裏で見つけたんだ」

ゾンビ娘「何か私について書かれてませんか?」

賢者「残念だけど、何も書かれていない。これは勇者が魔王を倒した後、独りで旅をした記録なんだ」

ゾンビ娘「勇者さんは平和になった世界で何をしていたのでしょう」

賢者「どういう事情かは分からないけど、彼は女神に喧嘩を売ったらしくてね…
   そこで勇者の存在の理由と、その力の恐ろしさを知ってしまった」

賢者「自らの力を恐れた勇者は、呪文を封印する旅に出たんだよ」


33 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:42:59 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「それをどうしてあなたが解放しているんですか?」

賢者「ん~ご先祖様の力が知りたかったからかな?」

ゾンビ娘「好奇心の塊ですね」

賢者「色々あったけど、僕はこれまで、2つの勇者の呪文を覚えてきた」

賢者「さっきの真・ホイミも、その1つだよ」

ゾンビ娘「この壁には何が書かれていますか?」

賢者「え~と【パル…プ…ンテ】…?」

  ティロリロリロ♪

賢者「ん?冒険の書に何か浮かびあがって…
   『この呪文は何が起こるか分からないから気をつけてね★勇者より』
   先に言えよ!」

ゾンビ娘「何にも起こってませんよ?失敗では?」

賢者「いや…僕の魔力量だったら、とんでもない影響がでてもおかしくない」

骨っ子 ナンニモオコッテナイヨ?

賢・ゾ「「!!??」」


34 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:43:34 ID:awKHlJx.

 ―――――――

???「いやーあの時はびっくりしたね。まさか喋れるようになるとは」

???「あまりの驚きで、彼女がショック死したしね」ケタケタ

???「まぁリレイズが発動したし、賢者はそこまでのリアクションは見せなかったけどね」

???「でも、彼女がもっと驚くのは、遺跡を出た後だった」

 ―――――――


35 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:44:17 ID:awKHlJx.

賢者「一緒に旅をしない?」

骨っ子 オサンポ?

ゾンビ娘「えぇーっ!?」ザクッ

賢者「驚きと同時に自殺しないでよ。
  ほら、ゾンビ化を解く方法もあるかもしれないし」

ゾンビ娘「でも、なんで出会ったばかりの私を?」

賢者「その昔、勇者様は言いました。
   『可愛い女の子と男の子は問答無用で助けなさい』と…

     それに…」






賢者「いじめるのがたのしくって!」【レイズ】

ゾンビ娘「この悪魔ーー!!」

骨っ子 アクマー


36 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:45:20 ID:awKHlJx.

 ―――――――

???「こうして、僕らの旅は始まったんだ」

      ゴーン‐―‐―――――ゴーン‐―‐―――――
             ゴーン‐―‐―――――ゴーン‐―‐―――――

???「ん~夕暮れの鐘が鳴り始めたね。はやく帰らないとすぐに暗くなっちゃうよ?」

???「大丈夫、明日もここにいるからさ。今日の話はここまでだよ。また明日ね」ノシ

 ―――――――


37 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:46:41 ID:awKHlJx.
ゾンビ娘「なんで私が僕っ子ドSの旅のお供なんかに…」ザクッ

賢者「レイズするのはご飯の時だけって約束したら速攻で手のひら返したじゃん」

ゾンビ娘「ハァ…げんなりします」

骨っ子 オサンポタノシイナ~♪

  ~森 ‐泉‐

賢者「迷った」

ゾンビ娘「困った」

骨っ子 タノシイナ~♪

賢者「この森に住んでたんじゃないの?」

ゾンビ娘「あなたこそ、さっきの魔力探索?で道が分からないんですか?」

賢者「僕の【真・ライブラ】は、魔力とステータスしかわからないんだよ」

賢者「身長150㎝体重○キロバスト…」

ゾンビ娘「なに人のステータス調べているんですか」

賢者「217歳の処…」

ゾンビ娘「てぃっ」-_-)=○☆ )者「ぐはっ」


38 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:48:03 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「あなたのステータスを明かすことを要求します」プンスカ

賢者「Lv.13
   HP    77/143
   MP  くぁwsdrftgyふじこlp;@:
   攻撃力   28
   防御力   77
   素早さ   42
   かしこさ  95
   運    999

     持ち物
   E:賢者の杖

       ひのきのぼう
       とがったほね
       こんぼう
       しあわせのぼうし
       のこぎりがたな
       みかわしのふく

       旅道具

   だよ?」

ゾンビ娘「そのステータスじゃないです」


39 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:49:06 ID:awKHlJx.

賢者「日が落ちそうだね。仕方ないから今夜は野宿しよう」

ゾンビ娘「食糧でも狩ってきます」ダッシュ

賢者「速っ」

賢者「…戦って汗かいたし、水浴びでもしようかな」ヌギヌギ

骨っ子 ボクモミズアソビスル~

賢者「おっ君も僕っ子かい?」

骨っ子 ボクハオトコノコダヨ

 ―――――――

ゾンビ娘「猪が狩れました」ズルズル

猪「」ズルズル

ゾンビ娘「ただいま~あれ?いませんね」

賢者「骨っ子を洗ってただけだよ」ワキワキ

骨っ子 ///

ゾンビ娘「うちの子に何をしたんですか」


40 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:49:53 ID:awKHlJx.

 ―――――――

???「彼女が狩った猪は美味しくてね。全部食べちゃったんだ。彼女がね。
    その後は、賢者が辺りに結界を張って、ぐっすり眠ったんだよ」

???「でも、明け方に彼女が水浴びをしに結界の外に出ちゃってね…」

 ―――――――

          ――――バシャッ

ゾンビ娘「ふぅっ水浴びは気持ちいいですね」

<ガサッ

ゾンビ娘「!?」

オーク「あの女騎士怖い…ん?」

ゾンビ娘「オ、オーク…」

オーク「女ァーー!」

ゾンビ娘「ヒッ!い、嫌っ来ないで下さいっ」

オーク「ふひひ」ルパンダイブ

ゾンビ娘「いやぁぁぁあ!!」


41 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:50:47 ID:awKHlJx.

     ザ ラ キ
  「【 殺 羅 鬼 】」

オーク「」死ーん

骨っ子 ゴシュジン!ダイジョウブ?

賢者「よかった間に合った!」

ゾンビ娘「賢者様!骨っ子!」

骨っ子 アノオークマタキタノカ

ゾンビ娘「え?」

賢者「骨っ子を洗ってた時にも、僕を襲いに来たんだ」

骨っ子 カエリウチニシタケドネ


42 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:51:47 ID:awKHlJx.

賢者「さぁ、お仕置きといこうか?」にっこり

   【レイズ】!
   【ザラキ】!
   【ザオリク】!
   【デス】!
   【レイズ】!
   【リレイズ】!
   【真・ホイミ】!!

オーク「あがががが」ガクガク

ゾンビ娘「えげつねぇ…」

骨っ子 エゲツネー!


43 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:53:09 ID:awKHlJx.

賢者「とりあえず服を着てください」←拷問継続中

ゾンビ娘「女同士で恥ずかしがることもないでしょう」スッパダカ

賢者「え?」

ゾンビ娘「え?」

オーク「え!?」

骨っ子 ケンジャサマハ オトコノコ ダヨー

ゾンビ娘「え?」





ゾンビ娘「………………きゃああ!!」///


44 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:53:56 ID:awKHlJx.
 ―――――――
  ~森 ‐出口‐
オーク「ここが森の出口ですゴメンナサイ」

賢者「ご苦労さま」

オーク「ヒィッ!ゴメンナサイ!」

賢者「君の仕事は終わりだよ。森へ帰れ【バシルーラ】」ブワーブワー

賢者「さて、こっちはどうしょう」

ゾンビ娘「……………。」

骨っ子 ゲンキダシテヨ ゴシュジン

賢者「いい加減機嫌を直してよ。次の街でケーキ買ってあげるからさ」

ゾンビ娘「そんなもので釣られませんよ」ツーン

賢者「次の街はイチゴが名産品だから、イチゴのタルトとかかな~」

ゾンビ娘「!ぐぬぬ…」

賢者「ホール丸ごと」

ゾンビ娘「仕方ありませんね」

骨っ子 ゴシュジンゲンチョロイ!


45 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:54:34 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「だいたい、あなたは女顔で線が細いし、まだ声変わりしてないから声が高いしで、」

ゾンビ娘「そりゃあ間違えますよ!あなた襲われそうになったとか言ってたじゃないですか!嘘でしょ!」

賢者「それは本当。あの男は、最初から僕が男だと見抜いて襲ってきたからね」

ゾンビ娘「えっ?///」ドキーン

賢者「そんなとこまで腐らないでください。レイ○しますよ?」

ゾンビ娘「何故伏せ字に!?」

賢者「まぁ、女の振りをしている方が何かと得だからね。意図的にやってたことは認めるよ」

ゾンビ娘「クッキーの件もあるから、あんまり怒れません」

ゾンビ娘「それで、次の街まではどのくらいで着きますか?」

賢者「途中で勇者の遺した呪文がある洞窟に寄るから…3日ってとこかな」

ゾンビ娘「あうっ…」シュン

骨っ子「わうっ」フリフリ

賢者「吠えれるんだね…骨なのに」


46 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:56:15 ID:awKHlJx.

賢者「そういえば街に入るとき骨っ子はどうしよう」

ゾンビ娘「外に居させるのも可哀想だし…」

骨っ子 ネェネェ!

賢者「ん?何?」

骨っ子 ボク、【モシャス】ツカエルヨ!

   ボワン☆

骨っ子「ね?すごいでしょ!?」ホメテホメテ!

賢者「可愛いショタっ子が出てきた」

ゾンビ娘「骨っ子×僕っ子…」ボソッ

賢者「【レイズ】」

 ―――――――
???「その後一度野宿をして、件の洞窟に行ったんだ」

???「この間に唱えたレイズの回数は23回。遊びすぎだよね」

???「でも、この洞窟の呪文は、開放とセットでとんでもないものになってしまった」

 ―――――――


47 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:56:52 ID:awKHlJx.

  ~洞窟 ‐内部‐
ゾンビ娘「じめじめしてて、ゾンビには過ごしやすいです」

骨っ子 ボクモソーオモウ

賢者「そんなこと言ってないで戦ってよ」

  プリン×3

ゾンビ娘「だって物理攻撃がほぼ効かないんですもん」

賢者「こいつホイミ効かないんだよ。ザラキも生きてる奴にしか意味ないし」

骨っ子 【イオラ】チュドーン

  プリン×3「」

賢者「」ゾンビ娘「」

骨っ子 タオセター♪ホメテホメテー

ゾンビ娘「うん。いい子だネ…」ヨシヨシ

賢者「この子強過ぎない?」ヨシヨシ

ゾンビ娘「私の使い魔ですから。この調子で次も頑張ってね」

骨っ子 マカセトケ!
          ――――ドガーンバゴーン


48 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:58:13 ID:awKHlJx.

賢者「だいぶ進んだので、そろそろ魔力探索しますか」【真・ライブラ】

賢者(分かれ道にそれぞれに反応がある…右はさっきのモンスターだらけ。僕らじゃきついな)

賢者「見つけた。左側の道」

    ザ…ザザザ
賢者(ん?洞窟の入り口で魔力反応?    消えた…気のせいか?)

ゾンビ娘「早く進みましょう」

賢者「あ、あぁ行こう」

壁《彼の者の勇気の証。その資格無しには、何人も護ることは叶わないだろう》

賢者「《その呪文の名は…」
ゾンビ娘「きゃあ!!」

骨っ子「キャインッ」

賢者「! どうした!?」

氷の巨人《悔い改めよ。手にしてはならない力。その力に見合う力があるならば闇のワルツを我と踊らん》

賢者「何だこいつ…!?文法おかしくない!?」


49 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 15:59:03 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「賢者…さ…」HP38/260

骨っ子 …。HP6/75

賢者「【ベホマズン】!」

ゾンビ娘「ケホッ助かりました」†全回復†

骨っ子「グルルル」†全回復†

賢者「【真・ホイミ】!【ザラキ】!!」

氷の巨人《力無き咎人よ。何ゆえに罪を重ねるのか》

ゾンビ娘「効いてない…!?」

賢者「骨っ子!呪文をお願い!僕らじゃ戦えない!」

骨っ子 ワカッタ!【イオナズ…フシュン

骨っ子 マリョクガタリナイ!

賢者「くっ【バイキルト】!ゾンビ娘!奴を叩いて!」

ゾンビ娘「食らいなさいっ」【ゼロ距離爆弾矢】ズガン

氷の巨人《ぐおぉおおお》158ダメージ


50 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:00:02 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「ぐ…っ」ジュウッ…

賢者「ゾンビ娘!手が…!」

ゾンビ娘「問題ありません!」シュオオ

骨っ子 ゴシュジンノテガナオッテイク!

ゾンビ娘「ある程度なら自動回復してくれます!あっ 賢者様!前!」

賢者「え?」

氷の巨人《【津波】》

          ――――ザザザバアァァァァァァァァ

賢者「くっ……………ん?」

ゾンビ娘「」HP5/260

骨っ子 HP2/75

賢者「そんな、僕を庇って!?」


51 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:00:58 ID:awKHlJx.

氷の巨人《悔い改めよ…》【津波】

賢者「このままじゃあみんな死…」

 ―――「人として死ねない私にとって、本当の『死』になるかもしれません」

 ―――「私も、死ぬのは怖いですから…」

ザザザザザザァァァァァァァァ
賢者「ああああああああああああああああああああ!!!!」


         ―――ドクンッ

       壁《彼の者の勇気の証。その資格無しには、何人も護ることは叶わないだろう》
        《その呪文の名は【ライデイン】。五行を外れし稲妻の力なり》

              ―――――パチッ

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


52 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:02:03 ID:awKHlJx.

 ―――――――
  ~洞窟 ‐外‐

ゾンビ娘「んっ…あれ…ここは?」

骨っ子 ドウクツノソトダヨゴシュジン!

賢者「良かった!気がついたんだね」

ゾンビ娘「あの巨人は、どうなりましたか?」

賢者「新しい呪文で蹴散らしたんだ。でも消費魔力が多すぎて、操作しにくくてね。辺り一面を焦がしちゃった…」

           ――――ザリッ


53 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:02:53 ID:awKHlJx.

●●●「なかなかに強い勇者の呪文だね 賢 者 様 ?」

ゾンビ娘「!?」

●●●「な~に鳩がイオナズン食らったような顔してんだよ」

賢者「…君は誰だ。どうして僕を知っている?」

●●●「クククッあたしは女騎士。あんたと同じ勇者の呪文を求める者さ」

賢者「勇者の…!?」

女騎士「とは言っても、あんたが覚えてきたような生やさしい守護呪文なんかじゃないがね」

女騎士「あたしが覚えるのは勇者の闇の部分。殲滅呪文さ」

女騎士「こんな風なね」

             【アルテマ】

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


54 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:03:41 ID:awKHlJx.

 ―――――――

???「次の瞬間には、洞窟が跡形も無くなっていたんだ」

???「あの女騎士は、『これがあんたらが探せなかった右側の呪文さ』」

???「『また会う事になるだろう。呪文を奪うのはその時にでも…』そう言い残して行きやがってね」

???「僕らは瀕死のまま、ここで夜を越える事になったんだ」

 ―――――――


55 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:04:33 ID:awKHlJx.

(…さま…賢……!)

賢者(あ…れ……?誰……)

ゾンビ娘「賢者様!」

賢者「う、ぐぐ。みんな無事かい?」

骨っ子 ケンジャサマガケッカイヲハラナカッタラアブナカッタヨ

賢者「あいつは…?」

ゾンビ娘「また会うことになるだろうって…」

賢者「僕としてはもう二度と会いたくないね」

賢者「あれ?みんな怪我が治ってる?」

ゾンビ娘「私は回復呪文が使えるって言ったでしょう?」ドヤァ

骨っ子 ゴシュジンカッコイー!

賢者「ありがとう。休みたいだろうけど移動しよう。早く進まないと、今日中に街に着けないよ」

ゾンビ娘「わかりました」

骨っ子 ラジャー


56 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:05:27 ID:awKHlJx.
 ―――――――

そして夕暮れ時

  ~朱実の街 ‐門‐

衛兵「じゃあ、ここに名前と性別。それから、滞在日数を記入して。」

賢者「はい。わかりました」

骨っ子「ました~」

衛兵(ロリやショタはともかく、この人かわいいな~)ニヤニヤ

衛兵「えっ男!?」(@_@ ギョッ

賢者「もう街に入ってもいいですか?」

衛兵「あ、はい。ドウゾ」ショボーン


57 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:06:13 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「毎回こんなやり取りを繰り返しているんですか?」

賢者「そうだよ。人を見た目で判断するのはよくないのにね」

ゾンビ娘「私達の内、2人がモンスターですからね」

賢者「別に君たちは悪いことしてないし」

骨っ子「でも、もしボクらがモンスターだってバレたら?ボクあんまり長くモシャスしてられないよ」

賢者「その時は、僕がモンスター使いという設定で」

ゾンビ娘「あ!ケーキですよ!買いに行きましょう!」ダッシュ

賢者「待て」ホカク

骨っ子「はいっ」ピシッ

賢者「君じゃないよ。ケーキはまた明日。まずは宿をとらないと」

骨っ子「もうモシャスが消えそうだヨ」ピシッ

賢者「ほら行こう。あと骨っ子、君に言ったわけじゃないからもう楽にしていいよ」

骨っ子「ヤッタ!」


58 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:06:52 ID:awKHlJx.

 ―――――――
次の日
 ~朱実の街 ‐カフェ‐

ゾンビ娘「美味しいです」パクパク

骨っ子「です!」モグモグ

賢者「それは良かった」つ紅茶

ゾンビ娘 サクサク パクパク

ゾンビ娘 モッキュモッキュ

ゾンビ娘「むふふ」

骨っ子「ご主人リスみたい」

賢者「相変わらずかわいい食べ方だね」

ゾンビ娘「これも美味しいです」ムシャムシャ

賢者(さようなら僕のショートケーキ…)


59 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:08:01 ID:awKHlJx.

女騎士「よう!相席いいかい?」

賢者「ぶっ!?」ブーーーー

女騎士「きったねぇな~」

賢者「けほっ…あまりに早い再開に、驚きを隠せないよ」

骨っ子「う~」

女騎士「それはあたしもだ。まあ邪険にすんなよ犬っころ。その姿で唸っても可愛いだけだぜ」ヨッコイショ

賢者「僕らに何の用だい?」

女騎士「全然警戒してねぇな、あんた。まあ流石にあんだけの大規模魔法だ。しばらくは何もできないしな」

女騎士「あんたも魔力がスッカラカンだろ?」

賢者「いいえ?君のアルテマだったら、何十回と放てると思うよ」

女騎士「はっ!ハッタリかましてんじゃねえよ」ケケケ

骨っ子「事実だよ!」

賢者「僕の魔力は魔王30体分あるよ」Lv.17

女騎士「」

ゾンビ娘「うまうま」ホワーン


60 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:09:43 ID:awKHlJx.

女騎士「あんた化け物じみてんな」

賢者「お互い様だよ。勇者の呪文を解放するたびに魔力が増えていってね」

女騎士「あたしも今まで7つの呪文を解放して、そのたびに魔力は増加したけどよ…それでも魔王3体分だ」

骨っ子「ばけもの同士の会話だー」

女騎士「で?お前は一体いくつの呪文を解放したんだ?」

賢者「全部で4つだよ」

女騎士「はぁ?70つの聞き間違いか?」

賢者「4つだよ。多分、潜在能力の違いだろうね。
   僕は賢者。君は騎士。魔力のステータス上昇に、違いがありすぎる」

女騎士「まぁ、騎士はレベルアップで魔力は増加しないもんな。」

骨っ子「魔法音痴ー」

女騎士「黙れ犬っころ。襲うぞ?性的に。」

ゾンビ娘「すみません。ミルフィーユ~オラクルベリーを添えて~を追加で。」


61 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:13:39 ID:awKHlJx.

女騎士「んじゃ。そろそろ行くわ。今喧嘩ふっかけられたら負けそうだしな」

女騎士「次会ったら戦闘だ」チャリン

骨っ子「行ったね」

賢者「ふぅ~緊張した~」

ゾンビ娘「ん?誰か居たんですか?」ケプッ

賢者「おぉ…君のスルースキルには脱帽するよ」

骨っ子「食事スキルの間違いだよー」


62 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:14:32 ID:awKHlJx.

 ―――――――

  ~朱実の街 ‐カジノ‐

賢者「さて、ここいらで旅の資金でも稼ぎますか」

ゾンビ娘「大丈夫ですか?」

賢者「僕のステータスを覚えてる?」

ゾンビ娘「納得です」

賢者「コインは百枚でいいかな」

 ―――――――

???「まぁ、モンスターバトルとスライムレースを往復するだけだったけど」

???「結局、一万くらいまで稼いで終わったかな」

???「何かスロットの所で騒いでる女がいたけど」

???「なんか女騎士ぽかった気がする。見つからなくてよかったよ」

???「あぁ。その後かい?えーと…」

 ―――――――


63 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:15:26 ID:awKHlJx.

その日の夜
  ~朱実の街 ‐宿屋‐

賢者「だから酢豚にパイナップルはムニャムニャ」スピー

骨っ子 ウーンオネエサンッソコハダメッ

ゾンビ娘「………。」ゴソゴソ

       ザクッ
         ポゥ…メキメキッ

ゾンビ娘「…っ!」トテトテ

         キィーパタン

 ―――――――


64 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:16:30 ID:awKHlJx.

翌朝

賢者「何で死んでるの?」

ゾンビ娘「ごめんなさい 我 慢 できなくて…」

賢者「まぁいいけどね。朝ご飯食べに行こう」【アレイズ】

ゾンビ娘「骨っ子は起こさないんですか?」

賢者「だって…」   骨っ子 オネエサン!コンドハボクガ!ムニャムニャ

賢者「楽しそうだし」

―――――――

ゾンビ娘「そう言えば、どうやって呪文の場所を探しているんですか?」

賢者「呪文を解放するたびに、冒険の書に文字が浮かび上がるんだ。その使い方と、次の呪文の在処がね」

ゾンビ娘「へ~うまいことできてますn「Hey!」…え?」

チャラ男「Hey!そこのかわいこちゃん達!朝ご飯かい?俺っちも相席していいかい?いいよね!」

ゾンビ娘(うざい…)


65 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:17:50 ID:awKHlJx.

チャラ男「いやー君たちここら辺じゃ見ない顔だね~旅の子?」クッチャクッチャ

ゾンビ娘「え、ええ」イラッ☆

チャラ男「うっひょー!君かわウィーねー!」ブバッ

賢者(きたなっ)イラッ☆

チャラ男「そーだ!これからどっか遊びに行かない?」クッチャヌッチャ

賢者「」ブチッ【災いの呪詛】

賢者「お断りします。帰ろう、ゾンビ娘」チャリン

ゾンビ娘「あ、はい」ガタッ

賢者「クチャラーは滅べばいいんです」

ゾンビ娘「さっきは何をしたんですか?」

賢者「ちょっと軽く呪いをね」

ゾンビ娘「どうなるんでしょうね、あの人」

賢者「今頃、EDになってホモに追いかけ回されてるよ」
<アーッ!!

賢者「ほらね」


66 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:18:50 ID:awKHlJx.

 ―――――――

旅支度中 ‐商店街‐

ゾンビ娘「わぁ!苺ジャムですね!」

賢者「日持ちするし、少しならいいかな?」

骨っ子「ご主人ー!賢者様ー!」トテトテ

賢者「やあ、おはよ。夢ではお楽しみでしたね」

骨っ子「?」

ゾンビ娘「覚えてないみたいですよ」

賢者「あんなに愉快な寝言だったのに…」

ゾンビ娘(あなたが言うな)


67 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:20:27 ID:awKHlJx.
 ―――――――

  ‐門‐

衛兵「少し調査にご協力下さい」

賢者「なんですか?」

衛兵「ナイフのような武器はお持ちではないですか?」

ゾンビ娘「あ、私がダガーと弓矢を持ってます」

衛兵「少し検査をしても?」

賢者「何かあったんですか?」

衛兵「今朝、男が刃物で刺されて殺害されているのが発見されまして」

衛兵「現在調査中なんです」

賢者「出て行く旅人を疑うのは当然だね」

衛兵「ええ。では、検査いたしますね」【検査呪文】ポゥ

衛兵「…!昨夜、このダガーを使用しましたね!?」

ゾンビ娘「あ゛…」ビクッ

賢者(自殺のか…)


68 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:21:24 ID:awKHlJx.
衛兵「少々お話を…「それはこの娘の血です」え?」

賢者「いや~昨夜、少し激しいSMを…」

骨っ子「昨夜はおたのしみでしたね、だね!」

ゾンビ娘「ちょっ!??」///

衛兵(あかん。これ関わったらあかん奴や)

衛兵B「お~い。あの事件、酔った旅の騎士がやったってよ!」
衛兵「本当か!?あ、引き止めてしまってすいませんでした。それでは、よい旅路を!」

ゾンビ娘「方法はともかく、助かりました」

賢者「別に気にしないでよ。僕も面倒事が嫌いなだけだからさ」

骨っ子「そろそろ行こうよー」

賢者「ごめんごめん。行こうか」

ゾンビ娘「……………。」

賢者「どうしたの?置いて行くよ?」【リレイズ】

ゾンビ娘「あっすみません!考え事してました」

賢者「…………?」


69 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:24:18 ID:awKHlJx.

 ―――――――
  ~草原 ‐小丘‐

ゾンビ娘「草原でサンドイッチ食べるのもなかなかのものですね」

賢者「風が気持ちいいしね」

骨っ子 キョウハカゼガサワガシイナ

ゾンビ娘「それで、次に向かうのはどこですか?」ムシャムシャ

冒険の書《湖だよwww》

骨っ子「くしゅん!」

賢者「秋でも寒いからね。あったかくして行こう」

ゾンビ娘「さて、腹ごしらえも済みましたし、行きましょう!」

ゾンビ娘「くしゅん!」

賢者「なんだ、ちゃんと風邪はひくんだね」

ゾンビ娘「う~生きてる身体は弱っちいです」ブルブル

ゾンビ娘「ちょっと風邪治しますね」ザクッ

賢者「いや、自殺が治療法ってどうなのよ」


70 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:25:18 ID:awKHlJx.

 《 リ レ イ ズ 発 動 》

ゾンビ娘「あれ?いつの間にリレイズを!?」

賢者「気付いてなかったんだね」

ゾンビ娘「まったく。酷いですよ」ザクッ

賢者「ていうかよく一撃で自殺出来るようになったね」

ゾンビ娘「あなたのおかげですね」ジトー

骨っ子 ジサツマスターダ!

賢者「そのうち苦しまずに死ねるようになりそうだね」

ゾンビ娘「もう既になってますよ」

賢者「努力の方向が狂っとる」


71 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:26:19 ID:awKHlJx.

  ~湖 ‐中心小島‐

ゾンビ娘「大きな湖ですね」

骨っ子 ミズアソビー!
       腹ビターン

賢者「見事な腹打ち」

ゾンビ娘「沈んでいきます」

賢者「骨だからね」

骨っ子 タスケテー

賢者「呪文はどこだろう」つ冒険の書

冒険の書《湖底の神殿に封印したったwww》

ゾンビ娘「この勇者はどんなテンションでこれを記したのか…」

骨っ子 タスケテヨー

賢者「入口らしきものは見えるんだが…」

ゾンビ娘「閉じられていますね」

骨っ子 ネエッテバー


72 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:27:00 ID:awKHlJx.

 ―――――――

???「その直後に彼女が誤って湖に落ちたり、笑いながら手を貸した賢者が引きずり込まれたり」

???「湖から上がって、みんな犬みたいに身震いしたり、楽しかったな~」

???「水切りして遊んでいたら、賢者の投げた石が何かに当たって入口が開いちゃったんだよね」

???「さすが運の良さ999は伊達じゃない」クスクス

 ―――――――


73 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:28:52 ID:awKHlJx.

  ~湖底の神殿 ‐内部‐

賢者「うーわー。内部も水だらけだ」

ゾンビ娘「もう既に濡れ鼠ですから気にしません」

骨っ子 イロイロスケテルヨ!ゴシュジン!

  ゾンビ娘の薄い服は骨っ子の言うとおり、水に濡れて若干透けていた。

ゾンビ娘「!」バッ

ゾンビ娘「ううぁぁあ///」ダッ

賢者「捕獲」

ゾンビ娘「離して下さいぃぃぃぃぃ!!」///


74 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:29:34 ID:awKHlJx.

賢者「待って!僕は何も見てないから!落ち着いて飛び込もうとした水面を見て!」

骨魚「「「「「やぁ」」」」」キシャー

骨っ子 ナカーマ!?

  そこには、骨だけになった魚『喰魚』が、餌に群がる金魚のように集まっていた

賢者「飛び込んだら骨の髄まで喰らい尽くされるよ」

ゾンビ娘「読んで字の如く…ですね」ゾクッ

骨っ子 ガクガグブルブル


75 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:30:08 ID:awKHlJx.

ゾンビ娘「でも、一度水に入らないと進めそうにありませんよ?」

賢者「ん~雷撃使ったら僕らまで死んじゃうだろうし、どうしよう」

 潜って入ってきたから、僕らは勿論びしょ濡れだ

賢者「身体が小さくて流れてる魔力も少ないから、真・ホイミじゃあ干渉しにくいしなぁ」

ゾンビ娘「となると、ザラキやデスも駄目ですね」

賢者「レイズは効くだろうけど、効果範囲は一体ずつだ。
   しかも増殖の魔導式が刻まれてる。一度に全部倒さないと増殖しちゃうよ」

賢者「あ…イチかバチか、やってみる?」

ゾンビ娘「あれですか?」チラッ

骨っ子 コワイヨー

賢者「…うん」

ゾンビ娘「やるだけやってみましょうよ」


76 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:30:58 ID:awKHlJx.


賢者「じゃあ…【パルプンテ】」



          ――――バチバチバチッ

  雷の玉が現れ、徐々に落下している▼


77 スラリン(黒) :2014/08/02(土) 16:32:42 ID:awKHlJx.

賢者「どの道結果は同じだったね。骨っ子おいで」【レイズ】

ゾンビ「え、ちょっとなにを…」†蘇生†

賢者「よっと」ピョンッ

  賢者は杖を足場にして、骨っ子を抱えたまま通常より高く飛び上がった。

賢者「ごめんね☆」

ゾンビ「賢者さまあああああああああああああああああああああああああああああ!!!?」

          ――――チッ  バリバリバリバリッ!!!

骨魚「」プカァ……

ゾンビ娘「」ビクッビクンッ…

賢者「あ~どうしよ、杖が燃え尽きちゃった」

ゾンビ娘「………私の心配をしてくださいよ」シュゥゥ

賢者「てへっ」

ゾンビ娘「はぁ……」


80 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:50:24 ID:GzGJ5hnI
 ―――――――

骨っ子 タカラバコガアッタヨ?

賢者「どれどれ…」カチャ

賢者「!」ゴマダレー

ゾンビ娘「黒い鉄の塊?」

賢者「氷の魔導式が刻まれている…砲筒?小さいから『短筒』ってところかな?」

賢者「使い方は分からないけど、持っておいて損はないだろう」

 ―――――――

???「まぁ、今で言うリボルバーってやつだね」

???「使い方は、意外とすぐに判明したんだよ」

???「この神殿の最深部でね」

 ―――――――


81 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:51:25 ID:GzGJ5hnI

  ~湖底の神殿 ‐最深部‐

賢者「何か触手みたいな水を操る赤い玉がいる」

賢者「ついでにゾンビ娘がその触手に捕まってる…と」

骨っ子 ゴシュジーン!!

ゾンビ娘「この水、体中をまさぐってきます。凄く不快です」

水棲核獣「…………。」ウジュウジュ

賢者「またもやライデインの出番は無しですか」

賢者「生物かどうかも怪しい奴だなぁ」

ゾンビ娘「早くなんとかしてください。触手が気持ち悪いです」

賢者「ごめん。僕の呪文じゃあどうにも出来ない」

ゾンビ娘「そんな…ひゃっ」ビクッ

骨っ子 ゴシュジン!【イオ】【イオラ】【イオナズン】

水棲核獣「……?」ノーダメージ


82 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:52:06 ID:GzGJ5hnI

賢者「ん~もしかしたら、こいつに対応出来る呪文が封印されてるかな?」

賢者「先に呪文を解放してくるよ!もうちょっとだけ待ってて!」

ゾンビ娘「えぇ!?待っあっ!ちょっと!触らないで!」

骨っ子 ボクモツカマッチャッタヨ…

水棲核獣「♪」

  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

賢者「《大いなる流れから時は生まれる。流れに抗いし愚者よ、汝を時に縛り付けよう》」

賢者「【ストップ】」

  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

骨っ子 ウゴキガトマッタ?

賢者「ゾンビ娘~無事かい?」

ゾンビ娘「ナントカ…」脱出

賢者「目のハイライトが消える寸前だ。間に合った」

ゾンビ娘「何の基準ですか。何の。それで、今度は何をしたんですか?」


83 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:52:45 ID:GzGJ5hnI

賢者「あいつの時を止めただけだよ」

ゾンビ娘「だけじゃ済まないほどヤバい呪文じゃないですか」

賢者「正確には魔力の流れを止めて、動きを封じただけだよ」

賢者「魔力消費はそんなでもないし、実際に時を止めてるわけじゃないしね」

賢者「それよりも、このまま帰りたいってのが本音」

冒険の書《ボス倒せやwww次の場所教えねぇぞwwwコラwww》

賢者「どうやって倒せというのか」

ゾンビ娘「十中八九あの玉が核なんでしょうけど、ゼリー状の水に包まれていて手が出せません」


84 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:53:27 ID:GzGJ5hnI

賢者「弓で狙撃はどう?」【レイズ】

ゾンビ娘「弾かれますよ」ザクッ

賢者「まぁまぁ、試しに一射」【レイズ】

ゾンビ娘「矢が勿体無いです」ザクッ

賢者「そう言わずに」【レイズ】


85 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:54:09 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「チッ一射だけですよ」 三》》―――>

<―――《《三 Σ((●)ポヨーン

ゾンビ娘「デスヨネー」――《《三 サクッ

賢者「あれま痛そう」

ゾンビ娘「そう言えば!もう遠慮なく雷撃使えるでしょう!」

賢者「あ、忘れてた」【ライデイン】

ズガーン パリパリ…

ゾンビ娘「あのゼリーに雷撃が分散されましたね」

賢者「やだ…万能過ぎる…」


86 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:55:03 ID:GzGJ5hnI

    ウジュ…

骨っ子「!」

水棲核獣「…………!」ウジュルッ

賢者「効果切れだね」

骨っ子 ゴシュジン!!

ゾンビ娘「何で私ばっかり狙われるんですか!?」

          ――――ヒュッ

モーファ「!」ズリュンッ

  突然核が引き抜かれる。その先には、いつの間にか人が立っていた


87 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:55:42 ID:GzGJ5hnI

◆◆◆「今日魚がとれなかったのは君のせいか~」ギリリ…

核「…」ガンジガラメ

賢者「ムチ…?」

◆◆◆「ねぇ~そこの君~」

賢者「え、僕?」

◆◆◆「うん~。そうだよ~。でね~その銃でトドメを刺して~?」

賢者「銃?」

◆◆◆「その黒い鉄塊のことだよ~」

賢者「どうやって使えと」


88 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:56:18 ID:GzGJ5hnI

◆◆◆「え~そこから~?じゃ~まず魔導式に魔力を込めて~」

賢者「込めて~?」コォォォ

◆◆◆「後ろのピヨッとした部品を引いて~」

賢者「引いて~?」コッキング

◆◆◆「輪っかの中の引き金を引くの~」



          ――――カチンッ ―【氷結弾】―


89 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:57:16 ID:GzGJ5hnI

核「」カッキーン

◆◆◆「お~お疲れ様~」ヒュンッ

水棲:・.::.・ バラバラ

◆◆◆「さて、よく来たね。賢者君」キリッ

賢者「!あなたは一体…?」

◆◆◆「ウチは勇者パーティーの1人、魔導師の子孫だよ」

◆◆◆「ウィップって呼んでね~」ニヘラ

ゾンビ娘「パーティーの1人…」

賢者「魔導師…」

ウィップ「今じゃあ魔導具使いってのが正しいかな~」

ウィップ「ともかく、君を待っていたよ」キリッ


90 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:58:15 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

  ~湖 ‐湖畔‐

ウィップ「いや~本来は入口を開けるのもウチがやるはずだったんだよ~?」

賢者「てへペロッ」

ウィップ「ん~ ?」ギロッ

賢・ゾ・骨「ゴメンナサイ」ナサイ

ウィップ「代々呪文を守ってきたけど~破られたのは初めてだよ~」ニヘラ

賢者「ザル警備だね」

ウィップ「口のきき方には気を付けろよ?」


91 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:58:47 ID:GzGJ5hnI

賢者「それで、内部にあったこの銃は?」

ウィップ「ウチの弟きゅんがウチのために作ったんだ~失敗作だけどね~」

賢者「これで失敗作?」

ウィップ「ウチの天才弟きゅんでも、失敗はするんだよ~」

ゾンビ娘「具体的にどんな欠点があるんですか?」


92 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:59:18 ID:GzGJ5hnI

ウィップ「威力を上げすぎてね~魔力消費量がレイズ2発分なんだ~君もだいぶ疲れたでしょ~?」

賢者「全く?」

ウィップ「え~?弟きゅんでも何発か撃って倒れたんだよ~?」

賢者「よいしょっと」タタタタタターン

ウィップ「」

ゾンビ娘「この人の魔力、魔王30体分ですから」

賢者「さっきので35体分に増えたよ」

ウィップ「」

賢者「それで、その弟さんはどこに?」

ウィップ「…あっえ~とね~昨日、『風が泣いている…』とか言って、出て行ったんだ~」ショボーン

骨っ子 ナカーマ!

ウィップ「下着盗ったのは謝るから~帰って来てよ~」グスッ

ゾンビ娘(それが原因では)


93 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 11:59:55 ID:GzGJ5hnI

骨っ子 ナカーマ!ナカーマ!ナカーマ!

賢者「どうしたの骨っ子?」

骨っ子 ダレカガタスケヲヨンデルノ

<タスケテェェェエエ

ウィップ「この声は弟きゅん!?今助けるよ弟きゅん!」キリッ

弟きゅん「クァールめっさ怖ぇぇぇ!」ダッシュ

ウィップ「弟きゅん!今助けるよ!」

弟きゅん「ヒイィィィィ姉さん!?」ズザー

弟きゅん「クァールさん!助けて!」

クァール「喰ったろうかいワレェ」がおー

弟きゅん「誰かぁぁぁぁ!!」


94 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:00:46 ID:GzGJ5hnI

賢者「―【氷結弾】―」ターン

クァール「おぅっふ」ドサ

賢者「【ストップ】」

ウィップ「」ピタッ

賢者「やっと静かになった」

 ――――――――――――――――――――――――――
 ―――――――――――――――――――――――――――――

弟きゅん「助かった。見苦しい所を見せたな。礼を言おう」

ゾンビ娘「あれだけ醜態晒した後で、キャラを作れる所に脱帽です」

弟きゅん「うるさいな。武器を忘れたまま出てきちゃったんだよ」

弟きゅん「おかげで一日中走り回る羽目に…」

賢者「災難だったね」

弟きゅん「!」


95 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:01:26 ID:GzGJ5hnI

弟きゅん「おっほ!すげー美人だ!あんたの名前は?」

賢者「僕は男の子だよ」

弟きゅん「」

ゾンビ娘「弟きゅん×賢者」ボソッ

賢者「いい加減にしなさい」【レイズ】

ウィップ「弟きゅーーん!あれ?」

骨っ子 ショウキニモドッタ?

ウィップ「あはは~見苦しい所を見せたね~」

ゾンビ娘「言うことが一緒。流石姉弟です」ザクッ

      ワッハッハッハッハッ


          ――――カサッ


96 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:02:31 ID:GzGJ5hnI

骨っ子 ゴシュジン!ウシロ!

ゾンビ娘「ん?」クルッ

骸骨剣士「オレノ嫁ニナラナイカ?」チャキッ

ゾンビ娘「オコトワリシマス」

賢者「モンスター!?」

賢者(…っ!間に合え…!)

弟きゅん「デッキオープン!呪文発動!」◇

  「「【レイズ】!!」」

骸骨剣士「」死ーン

賢者「ゾンビ娘!怪我はない?」

ゾンビ娘「はい!ありがとうございます」


97 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:04:05 ID:GzGJ5hnI

ウィップ「デッキ渡すのが間に合って良かったよ~」

賢者「今のは?」

弟きゅん「あらかじめ魔導式を刻んで、魔法を込めておいたカードを使ったんだぜ」

弟きゅん「おっと、自己紹介がまだだったな。俺はカード。魔法使いのカードだ」

賢者「カードか。ありがとう、助かったよ」

カード「良いってことよ!ん?お前、それは…」

賢者「あぁ、この銃?ありがとね。使いやすいよ」ターンターンターン

カード「マジかよ…俺の失敗作を使える奴がこんな女男だとは思わなかった」


98 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:04:49 ID:GzGJ5hnI

カード「あ~気に入ったならそれ、やるよ」

賢者「ありがとう。でも若干引き金とかが重いけどね」

ウィップ「それなら今日は家に泊まっていって~」

カード「その間に調整してやるよ」

骨っ子 ヤッター

カード「お前は外な」

骨っ子 ヒドイ!

ゾンビ娘「あなたの悲鳴に気付いたのはこの子なのに…」


99 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:05:36 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

???「犬型のモンスターだからね、耳が良いんだよ、あの子」

???「『どうして骨なのに耳があるんだよ!!』とか叫んでたけど、」

???「耳に見えるだけで、実際は角なんだよ。あの子は純粋なスケルトン族だもん」

???「まあ、何とか中に入れてくれたし、良かったよ」

 ―――――――


カード「涙目ショタとか反則だぜ」

骨っ子「入れてくれてありがとう!」パァァァ

ウ・カ「「ああああああああっもう!!」」キュン

ゾンビ娘「おちましたね」

賢者「あの子、そのうち女騎士すらもおとせるんじゃないかな」


100 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:45:43 ID:GzGJ5hnI

  ~魔法使いの家

カード「あんたらはこの部屋で寝てくれ。同じ部屋だからって、おっぱじめんなよ?」

ゾンビ娘「私の腐った身体に欲情出来る人なんていないでしょうに」

カード「俺は出来る!………冗談だから引くなよ」

骨っ子 オヤスミー

ウ・カ「「お前(キミ)はこっち」」ガシッ

骨っ子 ヤダー!ケンジャサマトネルノー

カード「くっ骨なのに可愛く見えてきた」

賢者「これぞ骨っ子マジック」


101 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:48:29 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

賢者「おやすみなさい」

<オトウトキューン!チョッネエサン!ヤメッアーッ!

賢者「………。」ゾンビ娘「………。」

ゾンビ娘「…襲わないでくださいね」

賢者「僕は賢者だから安心してよ」

ゾンビ娘「賢者(意味深)ですか?時間ですか?」

賢者「名誉にかけて全力で否定するよ。というかキミ、そういう話題ですぐ赤くなるのに結構自分からぶち込むよね」

ゾンビ「ぶち込むだなんてそんな……///」

賢者「いい加減にしなさい」【レイズ】


102 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:49:14 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「まぁ、こんなちんちくりんな身体ですし心配なんてしてませんよ」

賢者「…ゾンビ娘はかわいいんだから、あんまり卑下しないように」

ゾンビ娘「男のあなたでさえ綺麗だとか言われているのに、私は一度も言われて無いんですよ?」

ゾンビ娘「私だって女の子なのに…」ションボリーヌ

賢者「僕は綺麗だと思うよ。カードだって、ああ言ってたじゃないか」

ゾンビ娘「冗談だって言ってましたが?」

賢者「あれは本気の顔だった。男なら分かる」


103 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:50:27 ID:GzGJ5hnI


ゾンビ娘「あの人ネクロフィリアだったんですか」ナイワー

賢者「ひねくれてるね」

ゾンビ娘「性根も腐ってますから」

賢者「せっかくかわいいのに。一回ゴスロリ着てみない?たぶん似合うよ(体格的に)」

ゾンビ娘「き、着ませんし、お世辞もやめ、やめてください」

賢者「ゾンビ娘はかわいいよ。すっごくかわいい。僕が女だったら嫉妬するくらいかわいい」

ゾンビ娘「うぅ~///」E:布団

賢者「ご飯食べてる仕草もかわい…し…僕が男だっら惚れる位かわい…い」ウトウト

ゾンビ娘「うぅぅ~あなた男でしょ」///

賢者「かわいい…かわいい…」ウトウト

ゾンビ娘「寝かけてますね」ムクリ

賢者「……………好きだよ」

ゾンビ娘「へ!?」


104 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:51:14 ID:GzGJ5hnI








賢者(…君をいじめるのがね……)スヤァ…

ゾンビ娘「えっちょっと!」

賢者 スヤスヤ

ゾンビ娘「聞き間違い…?うぅ~///」

<モウユルシテー!ダーメッギシギシ


105 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:52:02 ID:GzGJ5hnI

 ――――――
翌朝

賢者「そぼろが、そぼろがぁ……制御…できない…!」ピクピク

賢者「ハッ………朝か……ん?」ムクリ

ゾンビ娘 ポ――

賢者「どうしたの?熱?」オデココツン

ゾンビ娘「! なっ何を!?」

賢者「ん~熱は無いねって言うより、体温自体無いね」

ゾンビ娘(ゾンビですからっ)///


106 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:52:40 ID:GzGJ5hnI


カード「飯できたぞー!!………あ?……あ~昨夜はお楽しみでしたね」ゲッソリ

賢者「それは特大のブーメランだと言っておこう。まぁ、昨晩は大変だったね」

カード「うわあぁぁぁぁん!!」ガシッ

賢者「抱きつかないでよ」

骨っ子「ご主人!ご飯食べよー」トテトテ

ゾンビ娘 ポ――


107 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:53:23 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

賢者「何で骨っ子がショタモードになってるの?」モグモグ

カード「【モシャス】のカードを作ってみたんだ」◇

カード「あと、調整終わったぜ」つ銃

賢者「お!ありがとう」ニコッ

カード「…なんかもう、お前に童貞捧げてもいい気がしてきた」

ウィップ「弟きゅんはもう3年前に卒業したでしょ~?」

カード「ノーカンにしたい…」ズキッ

賢者「あ、イチゴ好きでしょ?あげる」

ゾンビ娘(いつもより優しい気がします…)

賢者(体調が悪いときは、とりあえずビタミンだよね)


108 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:55:15 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

賢者「本当に付いて来るの?」

カード「おうよ!まだ銃は不完全な所も多いからな!完成まで納得出来ねぇ」

カード「護ってきた呪文も無くなったしな。それに、姉さんから…」

ウィップ「弟きゅんあるところに私あり」キリッ

カード「無念」

賢者(逃げられなかったね)


109 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:56:00 ID:GzGJ5hnI

ウィップ「それで~どこに行くの~?」

賢者「砂漠に向かおうかと」

ゾンビ娘「私の身体が傷むじゃないですか」じ~

賢者「そこは人間になろうよ」クルッ

ゾンビ娘「ソウデスネ」ササッ

賢者「どうして目をそらすの」

ゾンビ娘「別に…」

カード(やっぱり何かしただろコイツ)


110 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:57:35 ID:GzGJ5hnI


ウィップ「砂漠は遠いよ~弟きゅん、『馬』を出して~」

カード「馬じゃねぇよ。はぁ…デッキオープン。マナカード×3。召喚」◇◆◆◆

        『オーディン』

オーディン「フシュー」

カード「さ、どこかに乗れ!」


111 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:58:18 ID:GzGJ5hnI

   ――――――――――
 ――――――――――

  この世界における召喚獣は、その構成が喰鬼とよく似ている。
 魔力を用いて肉体を創る事は同じだが、その魔力量に圧倒的な違いがある。

  また、喰鬼が死した人魂を核にするのに対し、召喚獣は使役者が契約した空中を漂う霊的因子、
 『精霊』を核にする。その姿は、人型や竜であったり、中には城砦型の召喚獣も存在する。

  オーディンは馬を駆る人型の戦神的召喚獣である。

 ――――――――――――
   ――――――――

オーディン「理解したか?人の子よ」

賢者「あの説明してるナレーションはあなたか」

ゾンビ娘「声渋いですね」

カード「つーか喋れたのな」

ウィップ「骨っ子~ほねっこ食べる~?」

骨っ子 イラナーイ

馬「ヒwwwヒwwwーwwwンwww」パカラッパカラッ


112 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:59:06 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――
  ~砂漠 ―オアシス―

オーディン「到着だ」

ゾンビ娘「馬から落ちそうになると、さり気なく手で支えてくれましたね」

ウィップ「すごく漢らしい~紳士的~」

カード「そういや、俺は容赦なく叩き落としたな。召喚主なのに」

骨っ子 カッコヨクテホレソウダヨ///

賢・ゾ・カ・ウ「「「「うちの子はやらんぞ!!」」」」

オーディン「別に要らん。そもそもその仔犬はオスだろう」

オーディン「フッ…それよりも、お前が美女3人をはべらせるようになるとはな…また会おう。さらばだ」◇


113 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 12:59:39 ID:GzGJ5hnI

骨っ子 マタマチガエラレタネ

賢者「召喚獣すら僕を女と見るか…」

カード「お前何者だよ」

賢者「でも美女3人ってことは、ゾンビ娘も綺麗だってほめられたね」

ゾンビ娘「………。はい。ソウデスネ」フイッ

賢者「ね。かわいいって言ったでしょ?」

ゾンビ娘「ソウデスネ」フイッ

ウィップ「目をそらしにそらすね~」


114 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:00:55 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「あの…それより……身体が傷むのが早くて…自動回復の効果も、どれくらいもつか…」モジモジ

賢者「なんだ、蘇生なら早く言えばいいのに」

カード(!ひらめいた!)

賢者「それじゃあ【レイ…」

カード「待った!」

ゾンビ娘「?」

カード「お願いだったら、きちんと言葉にしなけりゃあ、相手に失礼だぞ」

ゾンビ娘「うっ……もっともな指摘を…」

カード「さぁ!」つ○

賢者「あっ(察し)」

ウィップ「あ~(殺視)」

ゾンビ娘「レ…」


115 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:02:03 ID:GzGJ5hnI







ゾンビ娘「○イプして下さい!」

ゾンビ娘「なっ何で伏せ字!?」///

賢者「待って。驚くのはそこじゃない」

カード「俺も○を置く場所間違ったけどよ…これは予想外だったわ」

ゾンビ娘「ちゃんとズを発音した筈なのに…何でこんな事に…」///

賢者「魔力の反応があったから、この地に掛けられた何かの呪いかもね」【レイズ】

ウィップ「弟きゅん?後で…ね?」ニッコリ

カード「ああ無常(絶望)」

骨っ子 クダラネー


116 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:02:52 ID:GzGJ5hnI


賢者「で、オアシスに来た訳だけど」

ゾンビ娘「街からは遠いですね」つ地図

ウィップ「もっといい場所に行けばよかったのに~」

カード「だって、マナの魔力がそこで尽きたんだもんっ」キャハッ

賢者「かわいくない」

ゾンビ娘「気持ち悪いです」

骨っ子 アザトイー

カード「グスン……」


117 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:03:24 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

???「全員、日陰で骨っ子をいじりまわすこと一時間」

???「行商キャラバンがオアシスにやってきた。話をしたら、街まで同行させてくれることになったんだ」

???「その夜はキャラバンの人達と一緒に、カード「で」遊んだんだよ」

???「そしたら涙目のカードを見たウィップが大興奮してね。鞭を取り出して、カードをシバき始めたんだ」

???「カードは身体だけが完全に調教されているらしくて、軽く引いたよ」ナイワー

 ―――――――


118 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:03:59 ID:GzGJ5hnI

  ~砂漠 ―移動中のキャラバン―

賢者「ぐったりして、ダラダラして、どうしたんだい?」

ゾンビ娘「太陽みたいに暑い。水はどこだい?」

骨っ子「うぉーうぉう」

カード「妙なリズムをつけて会話するなよ」

ウィップ「言葉遊びができるくらい元気なら大丈夫だね~」

賢者「やりたいこと、やった者勝ちって言うじゃんか」

ゾンビ娘「つらいときはいつだって、既に蘇生時」アツイデス

カード「もう止めろ」φ(._.)カキカキ

賢者「今はふざけないと~?」

カード「つまらないがな」

ウィップ「地味に遊びに協力してる~」

骨っ子「へいへい!」


119 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:05:12 ID:GzGJ5hnI

賢者「で、真面目に何をしているんだい?」

カード「魔導符のストック作りだ」カキカキ

カード「モシャスのカードも、マナカードも作らないとな…」

賢者「マナカードって?」

ウィップ「魔力を込めておくだけの符だよ~いわゆる貯蔵タンクみたいなやつだね~」

賢者「僕が魔力を込めようか?」

カード「そうしてくれると助かる」


120 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:05:42 ID:GzGJ5hnI

賢者「ついでに、リレイズの魔導符を作ったら?」

ウィップ「何に使うのそれ~」

賢者「『沈黙』の状態異常にされてもゾンビ娘をいじめるためだよ」

カード「オーケイ。協力しようじゃないか」キリッ

賢者「実は他にも色々考えているのがあってね……」ニヤリ

ウィップ「全力を尽くそう」キリッ

ゾンビ娘「暑いのは苦手です」ボー

骨っ子「そうさ~ひゃくぱーせんと幽鬼~」


121 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:06:14 ID:GzGJ5hnI

        ズズズ…

骨っ子「!」

商人A「うわあ!何だ!?」
商人B「あ、ああ、アリジゴクだぁぁ!!」

蟻地獄「あ、どうも。いらっしゃいませ」ズズズ

商人B「引きずり込まれるぅぅぅ!?」

賢者「ウィップ!救助を!【ストップ】!」

ウィップ「おっけ~【キャッチ】」ジャララ

商人B「うおぁぁぁぁ!?」ヒューン

骨っ子「大丈夫?」ガシッ

商人B「あ、ああ」

カード「おりゃあっ!」ヒュンッ  三◇

蟻地獄「」カキーン ミ◇

カード「甲殻堅いなオイ!」


122 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:08:53 ID:GzGJ5hnI

ウィップ「弟きゅん!【炎符】を!」

カード「あいよ!【ファイラ】のカード!」◇

ウィップ「纏え!【魔導鞭チェイン】!」ジャラ…

ウ・カ「「【エレメントウィップ】!!」」

  炎の鞭が敵を切り裂く!▼

蟻地獄「」バラッ

ゾンビ娘「甲殻が剥がれました!」

骨っ子「でも呪文の効果時間が!」


123 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:09:24 ID:GzGJ5hnI

蟻地獄(ヤダ!ワタシ丸裸!?恥ずかしい~)ズズズ

ゾンビ娘「逃がしません!」ヒュンッ 三 》》―――>

蟻地獄(あ、脚に刺さった!)ザクッ

賢者「…お疲れ様でした。それでは、おやすみなさい」チャキッ



          ー【氷結弾】ー

   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


124 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:11:37 ID:GzGJ5hnI

夕方

  ~砂漠 ―樹林オアシス―

賢者「昨日のオアシスと比べれば、樹木が多いですね」

商人A「ええ、日陰も多くて過ごしやすい休憩地なんです。商人Bを休ませないといけませんしね」

商人B「いや~あなた達がいて助かりました」

ゾンビ娘「助かって良かったです」

賢者「あれ?ゾンビ娘、ちょっと肌が焼けた?」

ウィップ「前は病的に真っ白だったからね~」

カード「真っ青の間違いだろ」

ゾンビ娘「あんまり日焼けはしたく無いんですがね~」

賢者「日焼けも火傷の一種だから、ホイミで治せるよ?」

ゾンビ娘「お願いしても、いいですか?」フイッ

ウィップ「ウチもお願い~」

賢者(まだ目をそらしてくる…)【真・ホイミ】


125 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:12:11 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――


ゾンビ娘「……………干し肉」ゴクリ

賢者「どうしたの?」

ゾンビ娘「いえ!何でも無いですよ!?」

賢者「ならその干し肉をしまいなさい。商人さんたちの荷物だろう?」

ゾンビ娘「はい…」ゴソゴソ

賢者「お腹が空いたのかい?」

ゾンビ娘「…………違います」

賢者「じゃあ何かあった?」

ゾンビ娘「聞いても、後悔しません?」

賢者「しない。僕ら、もう一週間以上一緒にいるんだよ?仲間の悩みなら、解決したい」

ゾンビ娘「…………私……」


126 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/03(日) 13:14:37 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

???「彼女は少しだけ逡巡してから、口を開いた」

     ――肉が食べたいんです

???「賢者が不可解な顔をしていると、彼女はさらに続けた」

     ――人間の血肉が…食べたくて仕方ないんです

???「賢者はこれ以上ないほどに驚いてた。それもしかたない、彼女はゾンビであって喰鬼ではないんだから」

???「それでも彼女は食べたいと言った。いつも大食いなのは、その衝動を紛らわす為だとも」

     ――朱実の街で、朝私がゾンビ化していた事がありましたよね

     ――あれ、我慢できなかったのは食欲の方なんです

???「彼女は本当は男を殺していたらしい。思わぬ所で庇ってしまっていた」

???「賢者と彼女の周りに、冷たい風が吹いている。夜は、まだまだ冷えるらしい」

 ―――――――


127 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:15:35 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「前に私は、普通のゾンビではないと言いましたね?」

ゾンビ娘「これが、その証拠です」スルッ

賢者「うわわっ何で服を脱いで!?」

ゾンビ娘「背中を…背中を見ててください…」ザクッ

賢者「自殺…?……………っ!」

ゾンビ娘「くぅっ」ポゥ…

賢者「何だよ…これ…前に見た時は無かったじゃないか……」

  ゾンビ娘の背中には、赤く痛々しい色を放つ、魔法陣があった

ゾンビ娘「暗闇の中でのみ、浮かび上がるんです。そしてこれが、私がゾンビになった理由でもあります」

賢者「まるで…まるで焼き印じゃないか……!」


128 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:16:22 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「その通り、これは焼き印です。」

ゾンビ娘「200年前、私は魔王に捕まり蘇生呪文で消滅しない喰鬼の開発実験の実験台にされました」

ゾンビ娘「レイズされても生き返り、死ねばゾンビになる。ある意味不老不死の呪いが込められた焼き印です」

賢者「そんな……」

ゾンビ娘「死人の魂が灯した炎『鬼火』を纏った焼き印で背中を焼かれ、喰鬼の魂ごと背中に刻み込まれました」

ゾンビ娘「そのせいか、喰鬼の本能が私の背中で叫ぶんです。血肉が欲しいって」

ゾンビ娘「干し肉じゃあ、ほんの少しだけしか満たされませんけど…」

賢者「………………」

ゾンビ娘「流石に、怖いですよね…」


129 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:17:11 ID:GzGJ5hnI

賢者「……………人の肉を食べなきゃ、そのうち僕らを襲うことも?」

ゾンビ娘「おそらくは…」

賢者「そっか…………」

「「…………………………」」

賢者「だったら、このままには出来ないね…」チャキッ

ゾンビ娘「…っ」ビクッ

           ――――ガシャッ


130 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:17:43 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「………………?」チラッ

  目を開くと賢者が銃をそこらに投げているのが見えた。

ゾンビ娘「どうして………? ……っ!!?」



  次の瞬間、ゾンビ娘は思考が停止した。自分が何をされたのか分からなかった。
 賢者の華奢な両腕に抱きしめられていることが理解できなかった。


131 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:18:14 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「……………!!?な、何を………!?」///

賢者「ん~なんとなく?あはは、冷たいのに暖かいよ?」

ゾンビ娘「笑ってる場合ですか!」///

ゾンビ娘(こんなに近くで匂いを嗅いだら…我慢が……!)フーッフーッ

  彼女の目の前には、賢者の首筋があった。

賢者「……いいよ」

ゾンビ娘「っ!?」

賢者「僕の血でよければ、あげる。肉も、ちょっとならいい」

賢者「それで、自分を保てるかい?」

ゾンビ娘「どうして!?」

賢者「焼き印は、その魔方陣は複雑すぎてそう簡単には消せない。君を救うことは、今の僕らには不可能だ」

ゾンビ娘「それならなおのこと、私を殺せば全て解決でしょう!?」

賢者「死ぬのが怖くて、200年もさまよっていたんだろう?諦めてないで、最期まで生きてよ」


132 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:19:40 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「私は…もう……」

賢者「君が世界を諦めても、僕らはまだ、キミを諦めていないよ。
   それに仲間の女の子を見捨てたら、勇者に顔向けできない。だから…」










賢者「僕らと一緒に、生きてください。最期まで…」

ゾンビ娘「―――――っ!」


133 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:20:17 ID:GzGJ5hnI

カード「…泣いてないで、さっさとしろよ。見てるこっちが恥ずかしい」

ゾンビ娘「カード君!?どうして!?」

カード「いいから早く」

ゾンビ娘「…すみません。頂きます。んっ」ペロ…

  軽く表面を舐めて、その味を確かめるように唾液を嚥下してから、賢者の白い肩に歯をつき立てた。

          ――――ぬちっ

賢者「…っ」ギリッ

          ――――ギチチッブチッ

賢者「――――っ!ぁっ―――っ」

          ――――グチャグチャ…ゴクン

ゾンビ娘「ありがとうございました!早く回復を…」

賢者「ぐぎぎ…【真・ホイミ】」


134 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:20:49 ID:GzGJ5hnI

賢者「ふぅ…」グッタリ

カード「お疲れさん」

ウィップ「大変だったね~」

ゾンビ娘「二人とも…どうして?」

カード「あんだけ騒げば気づくわ!」

ウィップ「これから先、血を貰うときは静かに頼むよ~」

賢者「出来れば肉をかじる頻度は少なめでお願いしたい…」グッタリ


135 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:21:20 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

翌朝

骨っ子「?」トテトテ

ゾンビ娘 ツヤツヤ

賢者 ゲッソリ

骨っ子 サクバンニナニガアッタノカ…

カード「知らなくていい」【モシャス】◇

ウィップ「絵面が子供にはショッキングだからね~」

骨っ子「ボク21歳だよ?」

賢・ウ・カ「「「………は?」」」


136 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:21:53 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「当たり前でしょう。20年前から一緒にいますから」

賢者「それでこの口調…?」

骨っ子「会話の相手がご主人だけだったから…」

ウィップ「なるほど~」カード「納得だ」

ゾンビ娘「どういう意味ですか」

骨っ子「そういう意味に取るしかないよ、ご主人」

ゾンビ娘「骨っ子までいじる側に加担!?」ガーン


137 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:22:27 ID:GzGJ5hnI

  ~砂の街 ―門―

賢者「どうもお世話になりました」

商人A「いえいえ、こちらこそ」

商人B「またいつか会いましょう」

骨っ子「ばいばーい」ノシ

          ――――キュンッ

  商人B「今度生まれる子はあんな子に育ったらいいな~」ホンワカ

  商人A「まったくだな。だが、素直な子になるかは、お前さん次第だぞ?」

    ワカッテルヨ ハハハ


138 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:23:27 ID:GzGJ5hnI

        ―――ぐぅ~

ゾンビ娘「はうっ///」キュルル

賢者「食いしん坊はデフォルトなのね…」ゲンナリ

骨っ子「おねえさん!ここら辺で食べ物がおいしいお店を知りませんか?」テクテク

街女「あら、礼儀正しい可愛い坊やね」ヨシヨシ

骨っ子「えへへ~」ナデナデ

カード「うらやましい…」ギリッ

ウィップ「どっちが、かな?」ニッコリ

街女「そうね~あっちの通りにある、中華の店がおいしかったわよ」


139 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:25:21 ID:GzGJ5hnI

  ~砂の街 ―中華の店―

貼り紙《冷やし中華、炒めました》

賢者「もはや冷やし中華の域を越えている」

ウィップ「《冷やし中華、滅びました》程のインパクトは感じないけどね~」

カード「何の話だよ。これはつまり焼きそばなんだろう?」

ゾンビ娘「腹に入ればみな同じです」

賢者「男らしい発言だね」

ゾンビ娘「座右の銘です」

カード「それでいいのかお前は」

<オマチドウサマアル!


140 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:26:08 ID:GzGJ5hnI

ウィップ「なんていうか~」

カード「焦げ目がついて食感がカリカリになった」

賢者「少しぬるい冷やし中華だコレ」

骨っ子「おいし~い」カリカリ

ゾンビ娘「おかわりです!」モッキュモッキュ

カード「何でもうまそうに食うなコイツら」

中華店主「食の大切さを知っている者なら、当然アルヨ」ニュッ

カード「うわっピエロみたいなおっさん!?」

中華店主「これでも女の子アル」

ウィップ「ええっ!?」

中華店主「お嬢ちゃんにプレゼントアルヨ」

ゾンビ娘 モッシャモッシャ?

  カエルのポーチを貰った▼

中華店主「困った時に開くアル」ノシ


141 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:27:04 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

  ~砂の街 ―宿―

ゾンビ娘「何でしょうね、このポーチ」

賢者「困った時にってことは、まだ開けちゃだめなんだろうね」

ゾンビ娘「う~ん…」

          ――――ズダダッガシャーン
ゾンビ娘「何事でしょうか」

    ヒョッコ ヒョッコ

骨っ子 ア!ケンジャサマタスケテー

賢者「……………どうしたの?変な歩き方して」

骨っ子 カイダン  ヘンシン  トケタ

ゾンビ娘「階段を降りている途中でモシャスが解けて足を怪我した…って足とれてるじゃない!どこに置いてきたの!?」

カード「あれじゃないか?」  →犬「……」ガジガジ

「……………………………」     賢者「捕まえろーー!!」
              ワーワー ドタバタ ストップ! キャーキャー


142 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:27:53 ID:GzGJ5hnI

ウィップ「ようやく取り戻したね~」

賢者「まったく…次は気をつけるんだよ?」コキュンッ

骨っ子 キャンッ!

カード「じゃ、俺らも寝るわ」

ウィップ「お休み~」

骨っ子 ウゥ…オヤスミナサイ

ゾンビ娘「お休みなさい」

賢者「じゃあ僕もおやす…ゾンビ娘「待ってください」グイッ

賢者「な、何?」

ゾンビ娘「お願いがあります…」じっ…


143 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:28:49 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

???「その時の彼女の頬はほんのりと朱に染まり、どこか恥ずかしそうにうつむいて、賢者の袖を摘んでいた」

???「一応男の子だからね、ドキドキせざるを得なかったよ」

???「ただ、彼女が発したのはある意味予想通りの言葉で、

     ―ゾンビ娘「血を…貰えませんか…?」

    だったんだよね。流石に賢者も、昨日の今日では貧血になると言って断ろうとした」

???「でも、

     ―ゾンビ娘「賢者様から言ったのに…くれないんですか?」ジワ…

    涙目で上目遣いは反則です」

???「思春期真っ只中の賢者はメダパニよりも混乱したけど、流石にまずいと思ったのか逃げようとしたんだけど」

???「次の瞬間、いつの間にか自殺したゾンビ娘によって、ベッドに組伏せられていたんだ」


144 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:29:50 ID:GzGJ5hnI


???「人間状態の彼女ならいざ知らず、ゾンビの彼女には力でかなわない」

???「首筋をペロリと舐め上げられ、背筋が震える。
    その感覚に身をよじっていると、首にチリッとした鈍い痛みが走った」

???「彼女の鋭い歯が、賢者の首筋に突き立てられて、熱い血が流れる。
    彼女は噛みついたまま、吸血鬼のように血を飲んでいた」

???「賢者が苦悶の声をもらしても、彼女は一心不乱に飲み続ける。
     そして、意識が薄れてきた所で口が離され、傷口をいたわるようにチロチロと舐められた」

???「回復呪文をかけられ一息ついていると、彼女にのしかかられてね。
    どうやら満足して寝ちゃったらしい。寝息が耳にかかってゾクゾクする」

???「身体がダルくて退かせることも出来ず、結局一睡も出来なかったんだ」ヤレヤレ


145 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:31:23 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

翌朝

ゾンビ娘「おはようございます」ツヤツヤ

賢者「…………ます」グッタリ

カード「昨夜はお楽しみでしたね」

ゾンビ娘「えーと」///

賢者「僕が何をしたっていうんだ……」

ウィップ「プロポーズじゃない~?」

賢者「した覚えがありません……」フラフラ

ウィップ「『僕と一緒に、生きてください。結婚しよう…』」キリッ

カード「これをプロポーズと言わずに何と言う」

賢者「改…変しな…で……」フラッ
               ドサッ

ゾンビ娘「賢者様!」

 賢者の貧血で、彼らの出発は数日遅れたという


146 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:31:59 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

数日後  ~砂漠

ゾンビ娘「やっとピラミッドが見えてきましたよ」

賢者「【フバーハ】って偉大」

カード「だろ?」

ウィップ「でも日焼けはするから、早く中に入ろ~」

ゾンビ娘「そうですね」

《待たれよ》

賢者「! 誰だ!!」チャキッ

《我は番人。スフィンクスなり》

カード「どこにいやがる。姿をみせろ!」

《お前の隣だ、ヴァカめ》

カード「!」バッ

岩《フハハハハ》


147 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 13:32:43 ID:GzGJ5hnI

賢者「僕には少し大きい石にしか見えませんが?」

スフィンクス《これは昔大砲で吹き飛ばされた口の部分だ》

スフィンクス《先に進みたければ、我が問に答えるがいい》

ウィップ「スルーしていい~?」

スフィンクス《ならん。結界を張ったからな、解くまでは進ませぬ》

カード「本当だ…」ドゥンッドゥンッ

賢者「仕方ない。答えましょう」

スフィンクス《フフフ…そうこなくては。では問おう》



《朝は足が4本、昼には2本、そして晩には3本。どのような生物か?》


149 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/03(日) 14:08:46 ID:./KEQ/4c
人じゃないの


150 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:25:48 ID:GzGJ5hnI

カード「ハッありきたりだな!答えは「人間」だ!」

スフィンクス《違う。お前ら人間は、1日に足が増えたりする事があるか?ん?どうなんだ?ん?んんん?》

ウィップ「凄くウザイ~」

ゾンビ娘「そんな生物がいるわけが…ハッまさか「イルカ」!?」

スフィンクス《違う。ん?寒いダジャレしか言えんのか?ん?これはとんちを利かせるものではないぞ?ん?》

カード「虫唾が走るレベルでウゼェ!!」

スフィンクス(まあ、本当なら我も人間で正解にしたいのだがな。ありきたりすぎてさっきも一人通しちゃったからな。
        申し訳ないが、とんちなど無いマジレスでいかせてもらう。一日に二回も通すと我のプライドが許さぬのでな)

  このスフィンクス、番人の癖にしょぼい奴である。

スフィンクス《もう終わりか?無知な者共よ》


151 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:26:58 ID:GzGJ5hnI

賢者「…そんな生物を、僕は一匹だけ知っている」

スフィンクス《ほう…?(え!?本当にいるの?)》

賢者「それは…

   ――「サクバンナニガアッタノカ」トテトテ

   ――「食べ物がおいしいお店を知りませんか?」テクテク

   ――「ア!ケンジャサマタスケテー」ヒョッコ ヒョッコ

   数日前の骨っ子だ!!」

ウ・カ・ゾ「「「あ!!!」」」

骨っ子 ボクー?

賢者「少し↑に遡って確認してきたらどう?」ゲシッ

スフィンクス《見てくるから我を踏むでない》メメタァ


152 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:27:47 ID:GzGJ5hnI

スフィンクス《…よかろう。通れ(マジであったよチクショウ)》

ゾンビ娘「お手柄だね、骨っ子♪」ナデナデ

骨っ子「♪」

スフィンクス《通すつもりは端から無かったから、答えの無い問を出したというのに…》

賢者「へぇ…」チャキッ

カード「ほほぅ?」スっ◇

ウィップ「ふ~ん」シュル

ゾンビ娘「そうなんですか」チャッ

スフィンクス《あ゛………》


153 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:28:20 ID:GzGJ5hnI

賢者「ゴーレムには水属性が効いたよね」

カード「その辺は抜かりねぇ。お前の銃に属性変換用の魔具を追加しておいた」

賢者「ありがとう」リロード【水】

ゾンビ娘「爆弾矢はどこでしたっけ」ゴソゴソ

ウィップ「弟きゅん~水符~」

カード「どーぞ」【ウォータ】◇

スフィンクス《ちょっちょっと待て!我は動けないんだ。お前らの良心は痛まないのか!?》

ゾンビ娘「身体が傷まなければどうでもいいです」

骨っ子 クタバレエセネコヤロー

賢者「おやすみ」にこぉ

ー【爆弾矢】ー【エレメント・ウィップ】ー【激流弾】ー

        ギャ―――――――


154 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:29:20 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――
  ~ピラミッド ―内部―

賢者「中は狭い通路が一本だけか…」

ゾンビ娘「岩が転がってきたらどうしましょう」

賢者「そのときはウィップがどうにかしてくれるさ」

ウィップ「何でウチ~?」

賢者「鞭使いだからだよ」

ウィップ「まるで意味がわからないよ~」


155 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:30:11 ID:GzGJ5hnI

カード「……………………………………」

ゾンビ娘「どうしたんです?カード君がずっと黙っているなんて」

賢者「怖いの?」

カード「んなわけねぇだろ殺すぞ」

賢者「殺すなんて言っちゃいけません。お母さんはそんな子に育てた覚えはありませんよ!」

カード「誰がお母さんだ!まぁいい…さっきから……カサカサっていう音がしないか?」

骨っ子「きゅーん」ビクビク



          ―――カサカサカサカサ


156 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:30:47 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「前から何かやって来…」

ハムナプトラ的な蟲 カサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサカサ

カード「ヤッパリィィィィィィィィ!!!」
ゾンビ娘「アハハハハハハハハハハ」
ウィップ「ウフフフフフフフフフフ」

カード「落ち着け!落ち着くんだ!まずは壁に頭をぶつけろ!それで全てを忘れられる!」ガッゴッ

賢者「君が落ち着きなよ」―【激流弾・拡散】―

         バチュチュチュ
蟲「キュエ!?」

賢者「こんなの素早いだけのカブトムシだ!きっとそうなんだ!」

骨っ子 ドッチカッテイウト ゴキ…

賢者「言わせないよ?」パシュッパシュッ


 ハムナプトラ的な蟲 ―残り1/3


157 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:31:42 ID:GzGJ5hnI

虫「……………」ピタッ

賢者「…?」

虫「―――――トランザム」
             ヒュンッksksksksksksksksksksksksksksksksksksksksksksksks

ウ・カ・ゾ「「「これは夢だ…夢なんだ…」」」ガッゴッ

賢者「避けられるっ!」パシュッパシュッ

骨っ子 サッキノ3バイハカソクシテルヨ!

虫 ksksksksksksksksksksksksksksks

マナーモード三人衆「brrrrrrrrrrrrr」



賢者「………………雷撃弾+激流弾×2――」       バースト
                    ――【雷天ノ弾・三点撃】


158 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:32:18 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

賢者「普通気絶するまで頭をぶつけるかな」

ゾ「うーん…ハッむ、虫は!?」

賢者「あ、起きた。大丈夫、掃討したよ」

カード「何があったんだっけ…」ポタポタ

賢者「おはよう。目覚めたてで悪いけど、銃直してくれる?ごめんね、壊しちゃった」

カード「何をどうやったら弾倉が破裂するのか、小一時間程…」ギロッ

賢者「三発分を一度に発射しただけだよ」


159 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:32:53 ID:GzGJ5hnI

ウィップ「弟きゅんはバースト機能なんて付けてないから~無理矢理放ったってとこかな~?」

賢者「テヘぺろっ」キュピーン

ウィップ「あ゛?」

賢者「調子乗った。ごめんなさい」


カード「予備パーツあるから直すのはすぐだが、バースト機能付けるならこれ以上堅い金属が必要だせ?」

賢者「う~ん。とりあえず直してくれるだけで十分だよ」

カード「了解」カチャカチャ


160 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:33:29 ID:GzGJ5hnI

ゾンビ娘「それより、虫の残骸が気持ち悪いです」

骨っ子 ミンナシンデルヨネ?

ゾンビ娘「骨っ子!?そんなこと言ったら…!」

蟲「まだ生き残っているぜ!」バッサァ

ウィップ「通路の!」

カード「中心で!」

賢者「虫が!」

ゾンビ娘「飛んだ!」

骨っ子 キモイ!

ゾンビ娘「だから何で私ばっかりに!?あ痛っ」ドンッ

          ――――カチッ


161 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:34:01 ID:GzGJ5hnI


       ズズンッ


ズゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


162 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:34:34 ID:GzGJ5hnI

賢者「…何かが転がってくる音がするよ」

ウィップ「あれじゃない~?」チラッ

岩 ゴロゴロゴロ

ゾンビ娘「本当に岩が転がってきました!!!ってだから来ないでー!」

虫「うひひヒヒヒヒ」ブーン

賢者「緊張感ゼロなんですか?」【真・ホイミ】

カード「姉さん!何とかして!」

ウィップ「無理言ったら駄目だよ~?弟きゅん~?」

ウィップ「というか今こそ【壁符】の出番じゃないの~?」

カード「ちょっあんな運動エネルギーの塊、俺のウォールじゃ止められねぇよ!」

ウィップ「できないじゃねぇ。やれ」ギロッ

カード「ウィッス」


163 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:35:21 ID:GzGJ5hnI


カード「【ウォール】発動。同時にマナカード×3でブースト」◇◆◆◆

キィンッ□□□□□

ゾンビ娘「凄い!シールドが展開されましたよ!」

ミ●`,゛パリーン×5

賢者「……何か言うことは?」【ストップ】

岩 ピタッ

カード「いや…あんなエネルギーがバカみてえなやつを止められるわけないだろ…
    そもそも、ストップが効くなら最初から…」

賢者「ダメ元でやってみたら効いたんだよ。正直、このパーティーの中で一番ビビってると思う」

ウィップ「わかり辛いよ」

ゾンビ娘「ま、賢者様は突然予測不可能な行動をするから気にしませんが」

賢者(血に飢えた君の行動の方が予測不可能だよ…)

賢者「まあ、どの道動きを止められるのも少しだけだからね、早く進もう」

骨っ子 ハーイ♪


164 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:36:03 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

  ~ピラミッド ー最深部ー

△△△「『一度滅びしその躯。我の傀儡として再び命を吹き込まん』…ウフフ…」

△△△「蘇れ、ダーリン(はぁと)」

マミーA「あうー」
マミーB「あうー」
マミーC「ヒャッハァー!!」

△△△「ああっ!なんて凛々しい姿なのかしら!さっきから興奮で大洪水だわ!」

マミーA「ああうー」
マミーB「あ…ヒャッハァー!!」
マミーC「イィィィィリヤッホォーーウ!!」

壁|ゾ「…何ですかねあのイカレ女は」
 |
 |賢「あれがきっと本物のネクロフィリアだよ」


165 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:36:48 ID:GzGJ5hnI

マミーA「ん?あそこに誰か隠れてるぜ。魔女さんよ」

魔女「もうっ私のことはハニーって呼んで(はぁと)」

ゾンビ娘「うわっ見つかりましたよ」

カード「というかあいつら、まともに喋れる奴らなんだな」

マミーB「俺達はハニーに忠実な僕。何でも言うことを聞くぜ」

魔女「じゃあ、ダーリン達の愛する人の名前は?」キャハッ

マミーA「エーコ・キャルオルゥゥゥ!!!」
マミーB「ムツキ・チハラノォォォ!!!」
マミーC「ティナ・スプラウトォォォ!!!」

魔女「」

賢者「アンデッド族にロリコン以外はいないの?」


166 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:37:30 ID:GzGJ5hnI

マミーB「ロリコンで何が悪い!可愛いものを愛でる気持ちの何が悪いのだ!」

マミーA「俺達はロリコンであってペドフィリアではない。そこんとこ頼むぜ?」

マミーC「ヒャッハァー!!」

カード「理にかなってて納得しかけた」

ウィップ「弟きゅん~?」ニコォ

カード「い、いやだってよ!俺達が骨っ子を愛でる気持ちと同じって事だぜ!?たぶん!」

ウィップ「納得~」

賢者「駄目だコイツら」


167 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:38:13 ID:GzGJ5hnI

魔女「そんな茶番はどうでもいいわ!私のハーレムを壊そうっていうのね!そうはいかないわよ!行きなさい!」

マミー「マミーA・B・C!ジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!!!」

賢者「【レイズ】」
カード「【レイズ】」
ゾンビ娘「【レイズ】」

マミーA・B・C「」死ーん

魔女「」

ウィップ「まあ、アンデッドだもんね~」

魔女「ふぇぇ…ダーリンが死んじゃったよ~ふぇぇ~」

ゾンビ娘「泣いちゃいましたよ?」

カード「見た目80歳のババアにこんな泣かれ方されてもな…」

賢者「つがいを見つけるより、自分が屍になる方が早いと思う」

魔女「ふぇぇ~ふぇぇ~ん!」


168 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:39:00 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

壁《時の流れは止められこそすれ、過ぎし結果を変えることは叶わない》

壁《流れを変える咎を負う覚悟ありし者よ、その先には暗闇が待ち受けるであろう》

賢者「……アポカリプス…」

ゾンビ娘「強そうな呪文ですね」

賢者「……魂ごと消し去りかねない力があるってさ」

カード「ガチでヤバい呪文じゃねえか」

賢者「………………」

骨っ子 ドウシタノ?

賢者「ん…何でも無いよ…」


169 スラリン(黒) :2014/08/03(日) 16:39:40 ID:GzGJ5hnI

 ―――――――

???「呪文を解放するたびに流れ込んできていたのは、魔力だけじゃなくてね。
    同時に虫に食われたような断片的な知識も流れてきていたんだ」

???「そして今回の呪文が、重大な部分のピースだったらしくてね、
    賢者はもう、気付き始めていたんだ。自らが知らない、勇者の真実に」

???「その予想は、答え合わせを待つばかり」

     ――賢者「行こう。…次が最後の呪文だ」

???「笑顔でそう言ったときの顔は、恐らく引きつっていただろうね」

     ――賢者「…さあ、答え合わせに行こうか」

 ―――――――――――――――――――
 ―――――――――――――――
 ―――――――――――――――――――――――
 ―――――――――――――――――


173 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:16:16 ID:d3AOwmqc

賢者「とか格好良く決めたのが3ヶ月前」

 ~海 ―船内―

            ザザーン  ザザーン

賢者「どうしてこうなった」

ゾンビ娘「最後の呪文との位置関係が、マップの端と端だったからですね」

賢者「まさかマップの端と端をまたげない仕様だなんて…」メメタァ


174 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:17:19 ID:d3AOwmqc

カード「さあ、答え合わせに行こうか」ニヤニヤ

ウィップ「さあ、答え合わせに行こうか」ニヤニヤ

骨っ子 イコウカー

賢者「~~~~~~っっっ!!!」

ゾンビ娘「もはや顔からメラゾーマが出せそうですね」

ゾンビ娘「………あ」ニヤリ

ゾンビ娘「さあ、答…賢者「やめてください。死んでしまいます」ボッ

ウィップ「あ、メラゾーマ出た~」

カード「今のはメラゾーマではない、メラだ」キリッ


175 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:18:01 ID:d3AOwmqc

賢者「モウイヤダ…」三角座り

ゾンビ娘「ごめんなさい、やりすぎました。機嫌を直してください」

賢者「【レイズ】」

ゾンビ娘「」

賢者「―【静電弾・拡散】―」パチッ

ウィップ「わっ」

カード「静電気レベルの弱い電撃…だと…?」ピリッ

賢者「―【静電弾・拡散】―」パチッ

ゾンビ娘「ちょっやめてください!髪がモサッてなっちゃう!」パチパチ

賢者「―【静―【静電―【静電弾―【静電弾・拡散】―」バチチチチチ

カード「やめっあだう!ああもうっ地味にウゼェ!」ピリピリ

骨っ子 アワワワワワワワワワワワワワワワワワワワワワワワ


176 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:18:35 ID:d3AOwmqc

 ―――――――


  ~海 ―船室―

ゾンビ娘「あの…そろそろ機嫌を直して、あの…」

賢者 ツーン

ゾンビ娘「最近ご無沙汰ですし、その、あなたの…貰えませんか…?」

賢者 ツーン

ゾンビ娘「ほらっ私の方は準備万端ですしっ」ザクッ

賢者「【レイズ】」

ゾンビ娘「」


177 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:19:19 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘(どうしましょう。恥ずかしさのあまり頭がショートしたってウィップさんが言ってましたけど…)

ゾンビ娘「いつまで続くんでしょう…ハァ」


ゾンビ娘「今日は干し肉で保たせましょうか」ザクッモッギュモッギュ

賢者 スヤァ

ゾンビ娘「あれ?寝ちゃいましたか?」

賢者 ススススススヤァ?

ゾンビ娘「…こうして見ると、本当に女の子みたいですね…うなじも綺れ…」

賢者のうなじ キラリン

ゾンビ娘「…ゴクリ」


178 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:19:58 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘「少しだけなら…いやいやいや、駄目です。我慢するって決めて…」チラッ

ゾンビ娘「ああもう食べたいっ!この欲求なんなの!?」

ゾンビ娘「…なんかうなじが『食べてもええんやで…』って言ってる気がします…」ジュルリ

ゾンビ娘「きっとそうです。もう我慢出来ません、いただきま~」スッ

賢者「言ってないよ。【ストップ】」

ゾンビ娘「」ピタッ

賢者「まったく。君は据え膳前にした童貞かい?君にとってはある意味食料かもしれないけどさ」

賢者「まあ、僕的には別に血をあげてもいいんだけどね。自分から言ったんだし。
   でも、昼間に散々遊ばれたから 少々 いじめておこう」

賢者「ウィップ~縄と目隠し貸して~」スタスタ

<イマツカッテル~
<ソコヲナントカー

ゾンビ娘「」ピタァ…


179 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:20:32 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

ゾンビ娘「~す!」ガチンッ

ゾンビ娘「…あれ?」

賢者「ガチンッて…どんな力で噛もうとしていたのか、考えるとゾッとするね」

ゾンビ娘「その声は…!というかどうして縛られてるんですか!この目隠しは何ですか!」

賢者「~♪」ゴソゴソ

ゾンビ娘「な、何か言ってくださいよ…」

賢者「さて、これはな~んだ?」つ■

ゾンビ娘「この匂いは…!!」スンスン

賢者「そう、僕の血が入った小瓶だよ」


180 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:21:07 ID:d3AOwmqc


賢者「賢者様の、『3分ゾンビ娘いじめ講座』~」パチパチ~

賢者「用意するのは僕の血だけ! 採血したばかりの新鮮なものを用意することがポイントです!」

賢者「で、これをお皿に注いで、ゾンビ娘が届かないギリギリの所に置きます」

ゾンビ娘「~~~~~っっ!!」ジタバタ

賢者「そして2分間放置します」


ゾンビ娘「この悪魔めぇぇぇぇええ!!!」ギギギ

賢者「それではまた来週~♪」ノシ

ゾンビ娘「見えないけど絶対悪い顔してるでしょう!?」


181 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:28:19 ID:d3AOwmqc


賢者「じゃあ次は…」スッ

ゾンビ娘「んんっ!?(な、何か柔らかいものが唇にっ)」

ゾンビ娘「…ぷはっ い、一体何を!?」///

賢者「さて、何だろうね?」

ゾンビ娘「ううぅ~」///

賢者(実際は血で湿らせた指だけどね)

ゾンビ娘「あれ?血の味がする…」ペロッ

賢者(流石にこれで騙される程馬鹿じゃないだろうけど…)

ゾンビ娘(まさか唇を血で濡らして…!?)///

賢者(そんなレベルの子だよね、君は)


182 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:32:30 ID:d3AOwmqc

賢者「舐めちゃったね?血を」

ゾンビ娘「! ま、まさか!?」

賢者「空腹時に中途半端な量のものを食べると、余計にお腹が空くことは無いかい?」ニヤリ

ゾンビ娘「っっ!!」ゾクゾクッ

賢者「フハハハハッ計画通りよ!」

ゾンビ娘「全て計算ずくだったなんて…!」

壁|ウ「楽しそうだね~」
 |
 |カ「シリアスどこ行った」


183 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:33:12 ID:d3AOwmqc

賢者「さて、『第2回、3分ゾンビ娘いじめ講座』のお時間です。下拵えとして、目隠しを外しましょう」ケタケタ

ゾンビ娘「やっぱりムカつく顔してた!」

賢者「まず、ナイフで指先を少し切ります」

賢者「次に、お皿の上に指を持ってきて、そのまま見せつけます」ポタポターン

賢者「そのまま2分間待てば、この通り」

ゾンビ娘「あなたには血も涙も無いんですか!?」血涙

壁|ウ「涙は無くても血は確実にあるでしょ~」
 |カ「もはや何がしたいのか… あと姉さん、当たってる」
 |ウ「当ててんのよ~」


184 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:33:55 ID:d3AOwmqc

賢者「フハハハハッどうだい?目の前で血が流れていく光景は!」

ゾンビ娘「うううううっっ!!」ギシギシ

賢者「悪役になりきるのも、なかなか楽しいね。フフッ」

      ブツンッ

ゾンビ娘「……………。」パラッ

賢者「え…………」

ゾンビ娘「んっんっんっ」ゴクッゴクッゴクッ

ゾンビ娘「ぷはー」

賢者「あわわわわわわわわ」ガタガタ

ゾンビ娘「コノトキヲマッテイタ…」ガバッ


185 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:34:38 ID:d3AOwmqc


    「ゾンビ娘が指を口に含み丁寧に舐めとる。くすぐったいような奇妙な感覚が指先に走り、思わず賢者は呻いた。

     逃げようとしたのもつかの間、それを見抜いたかのように、彼女は傷口を強く吸う。
     その熱い痛みに縛り付けられ、顔をしかめることしか出来ない。

     何故なら、彼は今ベッドの上で、身動き一つ出来ないよう組み伏せられているからだ」

賢者「はは…っもはや意識ぶっ飛んでるね…!」

    「賢者は余裕のふりをして、引きつった笑みを浮かべてみる。その顔を映す瞳は発情した野良猫を思わせた」

ウィップ「弟きゅん、なんで前屈みなの~?」ニヤリ
カード(低めの声で実況してる姉さんのせいだろうが!)


186 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:40:21 ID:d3AOwmqc

  ざらりとした舌が、首筋から左の肩までを撫でる。ショートヘアの綺麗な黒髪が頬をくすぐり、若干こそばゆい。

  その行為にどのような意味があるのかは分からないが、
 彼女はここ数日の船旅でやや塩気の増した肉の表面をしっかりと味わっている。

賢者「まるで予防接種の消毒みたいだね…本当に消毒だったりして…あぐっ…!」

  軽口をたたいていると、注射針に噛みつかれた。

  出血ではなく、喰すことを目的とした鋭い歯が突き刺さり、脳が焼き切れそうなほどの激痛が走る。

  声にならない叫びを上げ悶える彼と、一心不乱に肩肉を貪る彼女の姿は、
 はたから見ると首に愛撫をしている恋人同士に見えるのかもしれない。

  ――グチッ
  音の無い悲鳴で喉が潰れた頃、遂に肩の肉が喰いちぎられる。

  彼女の口の中で、肩だった肉がグチャグチャと下品な音を立てて、次第に嚥下されていくのが分かった。

  回復呪文をかけられホッと一息つくと、自分の下唇が真っ赤に濡れている事に気がついた。
 痛みを我慢するあまり、噛み切ってしまっていたらしい。

  こういうのはさっさと治してしまうに限る。

  しかし…


187 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:42:00 ID:d3AOwmqc

賢者「【…ッ…ガァ…」

  喉が潰れて詠唱が出来ない。ゾンビ娘に治してもらうしかないようだ。

ゾンビ娘「…………」フーッフーッ

  彼女の様子がおかしいことに気がついて、不審に思ったのは一瞬。









     ―――ゾンビ娘は賢者の唇を、強く強く吸っていた


188 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:42:50 ID:d3AOwmqc

賢者「…っ!?ん゛ーん゛ー!?」

     ――チッチュルルッジュル…

  それはあまりに乱暴な『吸血』であり、お世辞にもキスなどとは言えなかった。

     ――ヌリュッ

賢者「………っ!!!」

  傷口に舌を突っ込まれ、その痛みで涙目になる。

カード「うーわっ何やってるかわかんねぇけど痛そう」

ウィップ「教えてあげようか~?」

カード「エンリョサセテクダサイ」


189 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:44:13 ID:d3AOwmqc


 ――――――

???「賢者のファーストキスは唇の出血が止まるまで続けられてね。終わった頃には唇が真っ青だったんだよ」

???「え?シリアス展開はどこに行ったって?おいおい、何を馬鹿な事を…
    ゲームだって、目的地に辿り着くまでのサブイベントが醍醐味だろう?」

 ―――――――


190 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:45:44 ID:d3AOwmqc


翌朝  チュンチュン

ゾンビ娘「………………」

賢者「ヒック…えぐ…」メソメソ

ゾンビ娘(何故こんなことに?)


  ゾンビ娘には昨夜の記憶がなかった!▼


191 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:46:20 ID:d3AOwmqc


ゾンビ娘(今の賢者様を見てると、まるで私が襲ったような罪悪感がこみ上げてきます)

骨っ子(文字通り襲ったからだよご主人…)

ゾンビ娘(…!?脳内に直接…!)

骨っ子(使い魔との意思疎通法があったでしょ!)

ゾンビ娘「そうだったね…」


192 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:47:06 ID:d3AOwmqc

  ガチャッ

カード「おーい起きろー飯だぞー!」

ウィップ「昨夜はお楽しみでしたね~」

ゾンビ娘「そのフレーズ何回目ですか」

賢者「…おはよ」ニヘラ

カード「おおぅ…なんかもう…賢者がヤリ捨てられた少女みたいで見てられないんだが」

賢者「なぜ捕食の度にMP(メンタルポイント)がごっそり持っていかれるの…」

カード「思ったんだか、動物の生肉じゃあ満たされないのか?」

ゾンビ娘「酷く極端なダイエット中の朝ご飯程度しか満たされませんよ」

ウィップ「そりゃ満足出来ないね~」


193 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:48:50 ID:d3AOwmqc

 ―――――――
  ~船内 ―食卓―

賢者「結局、ご飯食べてる時が一番生きてる事を実感するよ」ムシャムシャ

ゾンビ娘「ですね」マグマグ

骨っ子「おいしー」

カード「へへへ、そこまで言われたら料理人冥利に尽きるってもんよ!」

賢者「なん…だと…?」

ゾンビ娘「この食事を…カード君が…?」

ウィップ「今日だけじゃなく、今までのもだよ~」

賢者「今までウィップが作ってたと思ってた」

カード「姉さんは料理が壊滅的だからな」

ウィップ「え~ウチだって頑張ればうまくいくよ~今日は玉子焼き上手に焼けたんだからね~」


194 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:49:47 ID:d3AOwmqc

玉子焼き?「キシャァァァァァァァァァァァ」



カード「普通の玉子焼きはまず奇声を発しない」

賢者「その前に真っ黒じゃん」

カード「とりあえず外でこのモンスターを処分してくる。サラダでも食っててくれ」

骨っ子「行ってらっしゃーい」

ゾンビ娘「いただきま~す」



サラダ「キシャァァァァァァァァァァァ」

ゾンビ娘「」


195 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:50:30 ID:d3AOwmqc

カード「なんでだよ!」

ウィップ「ドレッシングの酸味が強すぎたかな~?」

賢者「酸味の問題じゃないよこれ」

カード「姉さん野菜切っただけだろ!?」

ウィップ「ありり~?」

ゾンビ娘「流石の私もこれを食べる勇気は無いです」

サラダ「キシャァァァァァァァァァァァ」
玉子焼き?「キシャァァァァァァァァァァァ」

骨っ子「ガルルルル~」


196 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:51:05 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

食後

賢者・ゾンビ娘「「ごちそうさまでした」」人

骨っ子「ましたー」人

カード「お粗末様でした。今日の玉子焼きは強かったな…」

ウィップ「完成度に比例してるのかもね~」

カード「もう料理しないほうがいいんじゃないか?」

ウィップ「花嫁修行だよ~」

カード「……俺が一生作ってやるってのに」ボソッ

ウィップ「?何か言った~?」

カード「別に…」


197 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:51:41 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘「そういえば、なんかいつもより量が多かったですね?」

カード「ああ、保存できる期限が迫ってたからな。明日には食糧はほぼ無くなるだろうよ」

ゾンビ娘「えぇっ!?」ガビーン

賢者「この世の終わりみたいな顔しないの。次の島には今日中に着くんだから」

ゾンビ娘「それならいいですけども…あれ?目的地の島って、どこなんですか?」

賢者「そういえばゾンビ娘には言ってなかったね。次の目的地は『龍の国』だよ」

ゾンビ娘「え………?」


198 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 13:59:04 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

  ~龍の国 ―港町―

ワイワイガヤガヤ

カード「おお!活気がかって良いところじゃねぇか!」

ウィップ「みんなあんまり見ない服装だね~」

賢者「着物って言うらしいよ」

ウィップ「なにやらゾンビ娘に似合いそうな服だね~」チラッ

賢者「まあ人間状態のときの服装が巫女装束だからね」チラッ

ゾンビ娘「ゾンビ状態になると服がぼろくなるのはなぜでしょう。というかその目は何ですか。着ませんよ」


199 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:01:43 ID:d3AOwmqc

<オーイコッチダ!アェーーィ

カード「ん?なんだ?祭りの準備か?」

賢者「毎年冬に行われる祭だってさ」

ウィップ「詳しいね~」

賢者「パンフレット貰ったんだよ。祭目当てで観光客もくるんだって」

骨っ子「出店もたくさんでてるよ!」

ゾンビ娘「賢者様お小遣いください!」ヒュバッ

賢者(来るときは反対してたのに…)「迷子にはならないようにね」チャリン


200 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:02:36 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

一時間後

ゾンビ娘「迷子になりました」

ゾンビ娘「みんなはどこにいるんでしょう…」

        ウォォォ!

ゾンビ娘「何でしょう?型抜き屋…?」


201 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:04:07 ID:d3AOwmqc


型抜屋「…こいつは最高難易度、制限時間20分の最終ステージだ。お嬢ちゃん、それでもやるかい?」

賢者「もちろん。僕にかかれば楽勝だよ」

型抜屋「言ったな?じゃあとくと味わうがいい!」ドンッ


観客A「おいおい…もはや板ですらねーぞ。ただの立方体だ」

観客B「型抜きじゃねえ!彫刻だ!」


202 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:05:12 ID:d3AOwmqc


賢者「ふふふっ」

観客A「笑ってやがる…」ゾクッ

型抜屋「それじゃあ【最高難度:リヴァイアサン】スタートだ!」

賢者「はあぁぁあ!」カリカリカリカリ

観客B「は、速い!それでいて繊細な動き…!」

観客A「もう頭を抜きやがった!」

型抜屋「こんな奴は初めてだぜ…!」

ゾンビ娘「…賢者様は何がしたいんだろう…?」


203 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:06:28 ID:d3AOwmqc

賢者「…ミッション:コンプリート」

観客「「ウォォォォォォォォ!!!」」

型抜屋「ふっ…やるじゃあねえか。お嬢ちゃんなんて言って悪かったな…兄ちゃん」

賢者「…!……また会いましょう」ニコッ

型抜屋「次はもっとやべえ奴を用意しといてやるよ…」

ガシッ

観客A「やっぱり型抜きはこうでなくっちゃな!」

観客B「闘いの後はお互いを讃えて握手。伝説に残るぜ…これは」

ゾンビ娘「何やってるんですか賢者様」

賢者「やあ、ゾンビ娘。探したよ。いやね、途中で型抜きを見つけちゃってね。闘うしかなかったんだよ」

ゾンビ娘「何だかんだ言ってエンジョイしてますね」


204 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:07:21 ID:d3AOwmqc

カード「おーい。中央広場にいこうぜ!なんかイベントやるってよ!」

賢者「行こうゾンビ娘」

ゾンビ娘「はいっ」トテトテ

骨っ子「助けてご主人ー」

  踊り子「いや~ん!この子か~わ~い~い~」キャッキャッ
  町娘「お菓子あげようか?」ウフフ
  老婆「おやおや、孫が生きてたらこのくらいかね…」ナデナデ
  幼女「わたしのおむこさんになる?」エヘヘ

ウィップ「ウチらの骨っ子がもみくちゃにされてる~」メラッ

カード「ああ…」ゴゴゴゴゴ

賢者「どこに行ってもモテモテだね」


205 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:19:30 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

  ~龍の国 ―港町中央広場―

町長「今年も祭の季節がやって参りました!」

町長「今夜は偉大なるご先祖様をたたえて、盛大に騒ぎましょう!」

ゾンビ娘「あ゛…」ダラダラ

賢者「どうしたの?汗がすごいよ?」

町長「勇者と共に魔王を討った巫女、メイリ様に!」

      「「「メイリ様に!!!!」」」

ゾンビ娘「」

賢者「え?魔王を討った巫女って…え?」

カード「完全にゾンビ娘の事だな」

ウィップ「メイリっていう名前だったんだね~」


206 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:21:01 ID:d3AOwmqc

賢者「メイリ様」ボソッ

ゾンビ娘「様付けとかやめてください。恥ずかしいんですから」

カード「でも賢者の事を賢者様って呼ぶよな?メイリ様」ニヤニヤ

ウィップ「自分の事を棚にあげるね~メイリ様~」ニヤニヤ

骨っ子「メイリのご主人様ー」

ゾンビ娘「あぁーもうっ!!!このメンバーだと絶対いじられるから来たくなかったんですよ!!!」


207 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:21:39 ID:d3AOwmqc

賢者「いやまさかね。ゾンビ娘が神格化されてたなんて…」

ゾンビ娘「190年前にゾンビ化してこっそり帰ってきたら、私が相打ちで倒したことにされてるんですよ?」

ゾンビ娘「こっちはそんな記憶は無いというのに…」

ウィップ「伝説ってのはそんなものだよ~」

          ワアァァァァ

カード「何だ?面をかぶった巫女さんが出てきたぞ?」

ゾンビ娘「あれが私らしいですよ。お面には実体のないモノを、人間につなぎ止める力があるとか」

賢者「あれでゾンビ娘の魂を降霊させてるってことか…」

カード「本人の魂ここ。実体持ってうろついてますよー」


208 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:24:22 ID:d3AOwmqc

賢者「おや?お面を売ってるおっさんがいるよ?」

カード「取って付けたような笑顔が怖いんだが…」

ウィップ「記念に買いに行ってみよ~」

お面屋「おや、これは珍しい。モンスターと旅する賢者様とは…」

賢者「…っ!?」バッ

お面屋「そう警戒しないでもいいんですよ?私は何もする気はありませんから。
    ただ、私はその人に合うお面を選ぶだけ。こちらのお面なんてどうです?」


209 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:25:07 ID:d3AOwmqc

カード「そんな月でも落としそうな禍々しいお面はいらねぇよ」

お面屋「冗談ですよ…冗談…ウッフッフ…」

賢者「そのいかにも量産品なやつを5つでいいよ」





女騎士「あたしにも同じのを1つだ」


210 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:25:42 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘「なっ!?女騎士!?」

賢者「…どうしてここに?そのフードの男は誰だ」

女騎士「いたら悪いかよ。旅の中継地として寄っただけさ。こいつは途中で仲間になった召喚士だ」

召喚士「祭を楽しんでたのはどこの誰でしたかな?」

女騎士「うるせぇ!だまりぇ!」

賢者「キミ、こんなキャラだったのかい?」

お面屋「おやおや…楽しそうなお方だ。ですが、あなた達にはこちらのお面がふさわしいかと」

女騎士「おっ!なかなかかっちょいーじゃねえか!うしっ!いくぞ召喚士!最後の呪文を解放しにいくぜ!」ズンズン

召喚士「失礼いたします」ペコリ


211 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:39:21 ID:d3AOwmqc

カード「…誰だあの女は」

賢者「女騎士。僕と同じ、勇者の呪文を集める者だよ」

ゾンビ娘「少し前、戦ってこてんぱんにやられました」

賢者「一応、人の多いところでは暴れない程度の常識はあるみたいだね」

ゾンビ娘「でも、こっちだって強くなりましたし、戦っても楽勝ですよ!」

ウィップ「いや、あれは強いよ…」

賢者「うん。魔力が格段に上がってた。恐らく僕と同じくらい…」

骨っ子「くぅ~ん…」ビクビク







          ――――ズズズゥン!


212 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:40:10 ID:d3AOwmqc

         ワァァァァァキャァァァァ!!!

ウィップ「あの光は…!?」

賢者「アル…テマ…?いや、もっと強い何か…?」

カード「行くぞ!多分死人が出てる!!!」

ゾンビ娘「あの女に常識は無いみたいですねっ!」

賢者(何だ?この感覚…胸がざわつく…)

ウィップ「これは…」

 ―――――――

???「そこに広がっていたのは、巨大なクレーターと赤い水溜まりだった…」

???「付近の人は、右脚が吹き飛んだ男性を除いて、誰もいなかった。
    呪文が持つあまりの熱量に蒸発してしまったのだろうね」

???「その近くで、女騎士と召喚士が、笑っていた」

 ―――――――


213 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:41:06 ID:d3AOwmqc

         ワァァァァァキャァァァァ!!!

ウィップ「あの光は…!?」

賢者「アル…テマ…?いや、もっと強い何か…?」

カード「行くぞ!多分死人が出てる!!!」

ゾンビ娘「あの女に常識は無いみたいですねっ!」

賢者(何だ?この感覚…胸がざわつく…)

ウィップ「これは…」

 ―――――――

???「そこに広がっていたのは、巨大なクレーターと赤い水溜まりだった…」

???「付近の人は、右脚が吹き飛んだ男性を除いて、誰もいなかった。
    呪文が持つあまりの熱量に蒸発してしまったのだろうね」

???「その近くで、女騎士と召喚士が、笑っていた」

 ―――――――


214 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:47:38 ID:d3AOwmqc

賢者「【真・ホイミ】っ!しっかりしてください!何があったんですか!?」

男性「あぐ…あ、あの女がっお面をかぶった途端に笑いだして…っ次の瞬間には…」

カード「てめぇ…!自分が何をしたか分かってんのか!?」

女騎士《あははははははは!!!勿論だとも!》

ゾンビ娘(何ですか!?このお腹の底に響く声は!?)ゾクッ

ウィップ「さっきのとは別人だね…」ギリッ


215 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:48:13 ID:d3AOwmqc











お面屋「おやおや…大変なことになってますねぇ」


216 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:54:34 ID:d3AOwmqc

カード「お面屋!これはどういうことだ!?どうみてもあのお面が原因じゃねえか!」

お面屋「あれは『矛盾の仮面』。内に隠されし邪悪を外に放出するお面です。決して悪いものではありませんよ」ズイッ

カード「お、おう…そうなのか…?」タジッ

お面屋「信じなさい…信じなさい…ウッフッフ」

賢者「物がどうであれ、結果としてこんな事態になっていますが?」

カード「そ、そうだ!どうするんだ!?ってどこ行った!?」

ウィップ「消えた…?」


   「信じなさい…信じなさい…」


217 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:55:07 ID:d3AOwmqc


賢者「…逃げたか……で?あなたは『誰』ですか?」

女騎士《くくく、この姿を見てわからないのか?》

ゾンビ娘「賢者様忘れたんですか?あれは女騎士でしょう?」

ウィップ「あれの『中身』は明らかに別物だよ…ゾンビ娘」

女騎士《ふむ、見破られたか…この時代にも聡い者がいるものだな》


218 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:55:46 ID:d3AOwmqc

女騎士《教えてやろう。我は魔王。200年前に勇者に討たれた魔王だ》

ゾンビ娘「なっ!?」

女騎士《む?お前はあの時のモルモットの小娘ではないか。
    ククク…その様子をだと、『喰鬼の刻印』は機能し続けているようだな》

ゾンビ娘「まさか…本当に…?」ガクガク

賢者「その魔王がどうして復活しているんですか?それも、わざわざ女騎士の躯を器にしてまで…」

女騎士《フハハ!簡単な事よ。もしも我が死んでしまった場合、
    いつか復活出来るようバックアップを用意しておいただけのこと!》


219 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:56:39 ID:d3AOwmqc

カード「思ったより慎重な魔王だった!」

賢者「おそらくカジノとか手堅くいくタイプだね」

女騎士《やかましい!どういう方法で復活したか知りたくないのか貴様等!?》

賢者「大方、勇者の冒険の書とか嘘書いて、各地に封印しておいた魔力と魂を集めさせたってとこでしょう?」

女騎士《……………まぁその通りだがな……》

ウィップ「一気に威厳が無くなっていくんだけど~」


220 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:57:10 ID:d3AOwmqc

女騎士《…では呪文を解放しきっていない今、何故復活出来たかわかるか?》ギロッ

ゾンビ娘「ヒッ…」ビク

賢者(ゾンビ娘が怖がってる…焼き印の痛みがトラウマになってるのか…?)

女騎士 《教えてやろう。この仮面の効果だ。かぶっている間だけ我は出てこれるのだ》

賢者「えいっ!」―【風塵弾】― ターン

女騎士《あぶなっ!》ガシッ


221 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 14:57:43 ID:d3AOwmqc

カード「ちっ惜しい!」

ウィップ「威厳を潰すことに全力だね~」

女騎士《舐めおって…!殺してやる…!》

賢者「ゾンビ娘!怖くないよ!あいつ器が小さいだけだから!」

ゾンビ娘「嫌だ…嫌だ…嫌だ…」ガタガタ

骨っ子「ご主人を…いじめるなー!!!」【イオナズン】

          ――――カッ


222 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:03:14 ID:d3AOwmqc

カード「やったか!?」

        シュゥゥゥゥゥゥ
         女騎士《………このクソ犬が…!》

骨っ子「きゃっ…女騎士《失せろ》ベキゴキャッ

骨っ子 ゴシュジ…

†骨っ子

ゾンビ娘「そんな…そんな…!骨っ子!嫌だ…!骨っ子―――!!!」









賢者「【アレイズ】」


223 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:03:46 ID:d3AOwmqc

骨っ子 アレ?テンゴクニゴシュジンガイル…

ゾンビ娘「骨っ子!よかったぁ!」グスッ

賢者「この僕が、このパーティーの中で死人を出させるとでも?」ゴゴゴゴゴ

カード「ガチギレしてますやん…」

女騎士《どこまでもこけにしおって…!》ワナワナ

ウィップ「こっちもぶちキレてるよ~」

女騎士《蘇生出来ぬよう跡形もなく消し去ってやる!!!》【アルテマ】

賢者「させないよ」【ミナデイン】

  呪文同士が打ち消しあった▼


224 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:04:45 ID:d3AOwmqc

女騎士《ちっ小癪な!やれ召喚士!》

召喚士「承りました。 来い、【バハムート】」

バハムート「グルオオオオオオオオオオオオ!!!」

カード「何であいつ従ってんだよ!?」

賢者「たぶんあの仮面で操られてると思う」

召喚士「正確には洗脳でございます。やれ、バハムート」

バハムート「グルオオオオ!!!」【メガフレア】

ゾンビ娘「きゃああっ!」


225 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:05:23 ID:d3AOwmqc

ウィップ「…あれ?何も来ない…?」

カード「間に合ったぜ!」

オーディン「久しいな、人の子よ」フシュー

ゾンビ娘「オーディンさん!」

オーディン「して、我が主よ貴奴が相手か?」

カード「ああ。一丁ド派手にいこうぜ?」

オーディン「魔導使いカードが主、軍神オーディン。押して参る」


         ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


226 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:06:08 ID:d3AOwmqc

         ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

カード「なんつー大怪獣バトルだ…」

賢者「今の内に魔王を…!」―【風塵弾】―

ウィップ「了解~」【エレメント・ウィップ】

ゾンビ娘「―【連鎖爆弾矢】―!!!」

          ――――ヒュバッドゴーン

  魔王はじっと耐えている▼


227 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:08:20 ID:d3AOwmqc


賢者(何だか嫌な予感がする…)ゾワッ

  女騎士の周りに魔力が収束する!▼

賢者「………!  この魔力反応はまさか……!!」

女騎士《気づいたか。だがもう遅い》

              【マダンテ】

   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


228 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:09:39 ID:d3AOwmqc

賢者「…う……あ…?」ギシッ

女「気がついたかい?おーい、あんた!やっと目覚めたよ!」

賢者「ここ…は?」

女「私と主人が経営してる宿屋さ。散歩中、傷だらけのあんた達を見つけてね。つい助けちまったのさ」

賢者「仲間は無事ですか!?痛っ!」ズキン

女「まだ動かない方がいい。身体中ボロボロだからね。
  それに、あんたとゾンビの女の子以外、まだ意識が無いんだ。ま、命に別状はないから安心しなさいな」

賢者「よかっ…た…」

賢者「挨拶が遅れてすみません。助けてもらってありがとうございます。 僕は賢者と言います」

女「ああ、ゾンビ娘から聞いてる。私の事は……そうだね、女将とでも呼んでくれればいいよ」


229 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:10:11 ID:d3AOwmqc

賢者「女将さん、ですか?ずいぶんと若いですね」

主人「まだ創業して日も浅いからね」

女将「これでも三十路のおばちゃんなんだけどね。あ、私の主人です」

主人「どうも主人と言います。とりあえず、栄養を取らなきゃ。お粥を作ってきたよ」ニコッ

賢者「ありがとうございます」ニコッ

女将「丸3日も寝たきりだったからね。胃がびっくりするといけないから、重湯からすすりなさいな」

賢者「いただきます」ズズズ

賢者(3日?あの後何がどうなったんだ?)カユ…ウマ…


230 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:11:15 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

食後

賢者「ごちそうさまでした。美味しかったです。それで、1つ聞きたいことが…

            ゾンビ娘「賢者様ぁぁぁ!!」ダイブ

賢者「ごふうっ!?」ズドンッ

ゾンビ娘「目が覚めたんですね!?この3日間…私…私…!」ギュゥウ

  主人「おやおや」女将「まあまあ」

賢者「けほっ…ごめんね、ゾンビ娘…」ナデナデ

ゾンビ娘「ご飯が美味しく食べられなくて死にそうだったんです!!!」

賢者「そっちかい」ペシンッ ゾンビ娘「あうっ」

ゾンビ娘「もちろん賢者様 も 心配しました!」

賢者「僕は、ついで、かい!?」ペチッ ペシンッ ベチンッ


231 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:12:11 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘「うう…たんこぶができたじゃないですか」ポン

賢者「ミカンを頭に乗せる機転があるなら大丈夫だよ。……それで、他のみんなはどうなってる?」

ゾンビ娘「それが、部屋に入れてもらえなくて…」モグモグ

女将「少なくとも今の状態ではね」

賢者「………あぁ、そういうことか。ゾンビ娘」

ゾンビ娘「何ですか?」キョトン

賢者「【レイズ】」

賢者「これでいいんですよね?…おかみさん?」

女将「…!……正解。今なら入れる。仲間は隣の部屋だよ」

ゾンビ娘「???」


232 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:12:55 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘「何がどうなっているのかさっぱりです」スタスタ

賢者「『ゾンビ娘が人間状態にある』が、入室の条件だからだよ」キィッバタン

ゾンビ娘「???」ザクッ

ゾンビ娘「扉に近づけません」ドゥンッ

賢者「【レイズ】」

ゾンビ娘「近づけます」

ゾンビ娘「………」ザクッ

   ドゥンッ

賢者「【レイズ】」

ゾンビ娘「近づけますね。なるほど、理解しました」

女将「遊んでんじゃないよ」


233 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:13:35 ID:d3AOwmqc

女将「…入るなら覚悟しときなさいね」

          ――――ガチャッ

賢者(……っ。真新しい血の匂い…)

ゾンビ娘「…ゾンビ状態で入れないわけですよ…ゾンビ状態だったら正気を失ってました」

賢者「ウィップ…カード…骨っ子…」

女将「…犬は腰を含めて全身7ヶ所の脱臼と骨折。そこの兄ちゃんは背中に酷い火傷。そしてその娘は…」



   ――ウィップの左腕は、肘上10㎝から下が無くなっていた


234 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:14:10 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘「無くなった腕は!?」

女将「……………」フルフル

ゾンビ娘「そんな…」

 ―――――――

???「実は回復呪文は、あくまで生物が持つ再生機能を後押しするだけでね。
    傷をふさいだり、ちぎれた腕を繋げたりすることしか出来ない」

???「また、腕一本をそのまま生やそうとすれば、
    速すぎる細胞の増殖によって途中でグズグズになってしまい、もっと悲惨な事になるんだ」

???「そうなると、腕まるまる一本というのは大きすぎる損失だよね。
    無くなった腕は消し炭だし、元通りの腕に回復する事は絶望的。
    賢者の力でも、肘までを生やして傷口を塞ぐまでしか出来なかったよ」

???「賢者はウィップの治療の後、カードと骨っ子を順番に治療してまわり、目が覚めた彼らに今の状況を伝えた」

 ―――――――


235 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:15:44 ID:d3AOwmqc


賢者「…ごめん、守れなかった…」

カード「お前のせいじゃない。あの時お前が結界を張らなかったら、今頃全員仲良く炭になってたさ…」

賢者「…………」

カード「お前だって、俺に謝っても仕方がないって分かってんだろ?」ギリッ

ゾンビ娘「…………」

カード「女将さん…悪いけど、少しだけ2人にしてくれねぇか…?」

女将「…………あぁ」


236 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:16:15 ID:d3AOwmqc


          ――――キイィ・・・パタン

カード「………………」

カード「起きてんだろ?姉さん」


ウィップ「………弟きゅんの泣きそうな声が聞こえたら、死んでても飛び起きるよ~姉ちゃんは~」


237 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:16:51 ID:d3AOwmqc

カード「姉さん…俺……約束を………」

ウィップ「いい、大丈夫だよ。右腕じゃなかった事を喜ぼう。
     それにある程度なら、鞭に魔力を注いで意のままに動かせるから、きっと不自由はしないよ~」シュルル

ウィップ「あっ…」シュルッ

          ――――カシャーン

ウィップ「あ、あはは~失敗しちゃった~」

カード(………………。俺は知ってるよ…姉さんは…








       魔力の利き腕は『左』だって…)


238 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:18:11 ID:d3AOwmqc

カード(魔力を物質に伝える場合、その伝えやすさが右と左で違う)

ウィップ「あはは~参ったねこりゃ~」

カード(魔力の操作は字を書くことと同じ…)

ウィップ「もう一回~」シュルル…カシャン

カード(利き腕でなければ、操作はほぼ出来ない)

ウィップ「は、はっはっは~久しぶりだからかな~?」

カード(字は訓練すれば利き腕じゃなくても上手く書けるが…

ウィップ「ははははは…は、ははっ」ポロポロ


239 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:20:25 ID:d3AOwmqc

    魔力操作は、先天的要因が重要だ…訓練ではどうにもならない)ギリッ

ウィップ「うっぐすっははは、はは…」ポロポロ

カード(姉さんはもう…魔導具を満足に使えない…)


240 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:21:05 ID:d3AOwmqc

ウィップ「…………………………………」

カード(あの姉さんがこんな状態なのに、俺にはかける言葉が見つからない…)

ウィップ「……………弟きゅん。頼みがあるの…」

カード「やけに立ち直りが早いな………」

ウィップ「無くなったモノは二度と帰らないって、ウチらは知ってるでしょ?」

カード「…あぁ」


241 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:21:47 ID:d3AOwmqc

ウィップ「だったら顔を上げなさい。これは命令だよ。逆らったら…」ニコッ

カード「姉の命令に逆らえる弟なんて、この世に存在しないだろ」クスッ

ウィップ「姉ちゃんが何を考えてるか…分かるよね?」

カード「当たり前だろ?俺達“姉弟”だぜ?」

カード「任せとけ!」


242 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:22:18 ID:d3AOwmqc

          ――――カチャッ

ゾンビ娘「あっカード君。ウィップさんはどうでしたか?」

カード「…少し用事ができた。ちょっと出てくる」

ゾンビ娘「え?」

カード「手伝ってくれるとありがたい」

賢者「…! 何をどうするんだい?」ニヤリ

カード「分かってんだろ、お前?

              姉さんの義手を作る」


243 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:23:01 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

賢者「オリハルコン?」

カード「魔力伝導率が最も高い希少鉱石だ」

ゾンビ娘「どうやって探すんですか?」

カード「ダンジョンや裏市場をしらみ潰しだ」

ゾンビ娘「ずいぶんと時間がかかりそうですね……」

賢者「骨っ子。君が探せたりしないかい?ここ掘れワンワンってさ」

骨っ子「ワンワン!」ホリホリ

          ――――カツン


244 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:23:35 ID:d3AOwmqc


骨っ子「!」

  5Gを掘り出した▼

カード「まあ、あてにはしてなかった」

骨っ子 Σ(゜□゜;)ガーン

ゾンビ娘「というより、もっと適役なのがいるんじゃあ…」ジー

賢者「え?」 ←運999


245 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:24:05 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

  ~龍の国 ークレーターー

賢者「何、で、僕、1人、で!」ザックザック

     チャリーンチャリーン

カード「とか言って、しっかり金は掘り当てるのな」

賢者「もう疲れたから交代してよ」

ゾンビ娘「『さあ、答えあ…」

賢者「掘ればいいんでしょ!?掘れば!ワンワン!」チャリンチャリン

骨っ子 ワンワン!


246 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:24:42 ID:d3AOwmqc

カード「同じ所で掘っても、賢者しか金を掘り当てて無いのは何故だ…」

ゾンビ娘「もう金貨を生み出してるんじゃないかと思う程ですね」

ゾンビ娘「もっとキビキビ働いてくださ~い!」ニタァ

カード「日頃の仕返しって顔してるわー」



賢者「…………少しは手伝って下さいよ、メイリ様」


247 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:25:50 ID:d3AOwmqc

 ―――――――

賢者「…………」ザックザックチャリーン
ゾンビ娘「…………」ザックザック
骨っ子「♪」ホリホリ

カード「金輪際お互いにあのネタでいじるの禁止な?」

骨っ子 ア!ボールデテキタ!

カード「おう。ちょっとあっちに行こうな」  三○

              骨っ子「わうん!」ダダダダダ

賢者「というか鉱山でもないのに掘り当てられるわけ無いでしょうが!!!」

ゾンビ娘「賢者様の運なら、たぶんきっと掘り当てる気がしないでもないですよ」

賢者「すごくフワフワしてるよ~説得力無いよ~」スコップポーイ

          ――――サクッカツーン


248 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:26:38 ID:d3AOwmqc

カード「………おい」

賢者「まさか本当に…?」

ゾンビ娘「と、とりあえず掘り出しましょう!」

  ザックザックザックザック
  ココホレワンワン!ソレモウイイカラ!


カード「この輝き…硬さ…魔力…本物のオリハルコンだ…!」

ゾンビ娘「すごく…大きいです」

カード「義手のほかに、全員分の武器を新調しても有り余るぜ、これ」

骨っ子「♪」モッカイナゲテー


249 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:27:12 ID:d3AOwmqc

 ―――――――――

  ~龍の国 ー宿屋ー

ゾンビ娘「カード君が部屋にこもってから3日ですよ?もうこれ以上は…」

賢者「わかってる。魔王が完全に復活したことも、それを世界中の国々に挨拶の品付きで伝えた事も、

   それが原因で世界中の国という国がお返しの品を贈ってパニックになっている事も」

賢者「でも、僕は待つよ。どれだけ世界が危機に瀕していようと、待ってあげたいんだ」

ゾンビ娘「それは…私もですけど…」

          ――――ガチャッ


250 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:27:45 ID:d3AOwmqc


カード「完成したぜ!待たせて悪かったな!」

賢者「こ、これは…!」

カード「新しい『銃』だ。バースト機能にも対応してるぜ」

ゾンビ娘「………義手は?」

カード「二日前に出来てる」ドヤァ…


251 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:28:16 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘「まさかこの為に2日も…?」

カード「いんや、違う」

カード「お前のダガーナイフもだ」

ゾンビ娘 (゜□゜ )

カード「あと、骨っ子の首輪も作ってた」

骨っ子 ワーイ

賢者   (゜□゜ )

ゾンビ娘「自殺用の武器を最強ランクにされても…」

賢者「わざわざオリハルコンを使ってまで作る首輪って…」

カード「なんだよ!これでも凄い魔導式刻んでんだぞ!?」


252 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:29:13 ID:d3AOwmqc

ゾンビ娘「そもそも義手が完成していたなら、どうして早くウィップさんに渡さなかったんですか?」

カード「その時じゃなかっただけだ。やるべき事をやらなきゃ…渡せない…」

女将「へぇ、そいつは聞いてみたいね」

ゾンビ娘「女将さん!」

カード「ちょうどよかった…女将さん、頼みがある」

女将「…言ってみな。話はそれからだ」

カード「××××、×××××××××××。」

 ―――――――
 ――――――――――
 ―――――
 ――――――――


253 スラリン(黒) :2014/08/04(月) 15:33:15 ID:d3AOwmqc


   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

          そして一か月の時が流れた―――――

   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


254 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/04(月) 16:50:18 ID:Hd.D6m2I
カードが有能すぎてわろた


255 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 13:32:34 ID:q.vD6U2o
よくオリハルコン加工できたな


256 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:00:05 ID:ZfbueBYM

  ~魔王城 ー王の間ー

魔王《ふむ…》

召喚師「いかがしました?女騎士様」

魔王《いい加減魔王と呼べ。もうあの女の意識は消えたのだぞ》

召喚師「しかし、その魂は女騎士様のもの。私は女騎士様だけを信じておりますゆえ」

魔王《無駄な希望を持つと申すか…まあ、洗脳も3日で解いたのだ、精神力は強いのだろう。
   それより、世界征服を宣言して一月が経った》

召喚師「お返しの品も、全ての国からきております。『お歳暮』と書かれている物が多いですが…どのような意味でしょうか」

魔王《知らん。だが、そろそろ軍隊が我を討伐に来てもよい頃ではないか?》ウキウキ

召喚師「既に3回ほど襲撃されておりますが、全て召喚獣で一掃いたしたした」

    ∧ ∧
魔王 Σ(゜□゜ )


257 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:00:40 ID:ZfbueBYM

魔王《我の力を見せつける場が…無いと申すか…?》

召喚師「バハムートを従えていると思われてるでしょうから、力を示すことは出来たのでは?」

魔王《…手間が省けた。ご苦労だったな》(我の見せ場がとことんつぶされとる…)

召喚師(ザマァwwwwwww)

魔王(…何か無礼なことを考えてないか?コイツ)

召喚師「気のせいですよ」

魔王《!?》


258 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:01:16 ID:ZfbueBYM

リザード兵「魔王様―――!!!召喚士様―――!!!」

召喚士「どうしました?」

リザード兵「はっ!賢者と名乗るパーティーがやってきました!」

魔王《一度負かした相手なんぞに興味はない。追い返せ》

リザード兵「それが…アポを取っていると」

召喚師「あっ本当ですね。入城を許可しましょう」ペラッ

リザード兵「はっ!!」

魔王(この城の権限、ほぼあいつに奪われてないか?)


259 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:01:47 ID:ZfbueBYM

  ~魔王城 ―門―

リザード兵「入ってもいいそうです!」

賢者「どうもありがとうございます」

リザード兵「いえいえ」

ゾンビ娘「あらかじめ襲撃を伝えるって…」

賢者「礼儀ってのは大事だよ?」

賢者「ここは魔物が建国したとはいえ、立派な国だ。だから正規の手続きさえ取れば、簡単に入れるんだよ」

カード「むしろ、入ってからが問題だがな」


260 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:02:40 ID:ZfbueBYM

  喰鬼    ×5
  リザード兵 ×3
  スケルトン ×3
  ドラゴン

ゾンビ娘「ひっ!?」

骨っ子 スケルトンノアニキダー

カード「画面におさまらない数だな…」

賢者「まだ襲っては来ないでしょ?僕らは正規の客人だからね。攻撃さえしなければ敵対されないよ」


261 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:04:09 ID:ZfbueBYM

魔王《その通り。よくぞ来たな、勇者の呪文を持つ賢者よ》

賢者「とりあえず魔王の所まで案内して貰える?」

リザード兵「了解いたしました」

魔王《我の所まで上がってこられるものなら上が…聴いておらんな?》

賢者「たとえ城の最上階から何か言われても、僕らは聞こえるわけないよね~」

ゾンビ娘「完璧に聞こえてますよね、賢者様」


262 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:05:12 ID:ZfbueBYM

魔王《……………貴様の耳にはスライムでも詰まっておるのか?》ボソッ

賢者「―【毒泡弾】―!!!」ズガンッ

魔王《ぬお!?》状態異常:毒

ゾンビ娘「賢者様!?」

魔王《わざわざ毒を選ぶとは…なんて性格の悪い奴だ…》:毒


263 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:05:48 ID:ZfbueBYM

賢者「まだ懲りてないのか………よ~し次は麻痺弾でも…」

ゾンビ娘「ちょっと賢者様!?攻撃したらあのモンスター達が…!」

骨っ子 モウセントウハジマッテルヨ!ゴシュジン!


264 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:06:23 ID:ZfbueBYM

 喰鬼A「うひヒ。俺ハあの巫女ヲやるぜ」

 喰鬼C「あ!てメェ!俺が先に目をツケたんダぞ」

 スケルトンA「このロリコンどもめが。男だったらやっぱりあの美人でモデル体系の女だろ」

 リザード兵C「いやいや、お前ら本当にわかってない。♂だったら迷わずあの男だろウッホ!」

   イヤイヤイヤイヤ ダカラロリータコソシコウ! バッカオマエウシロノアナコソガ アーダコーダ ヤンヤヤンヤ

ドラゴン「もういいからはよ行けや」

モンスター達「グルオァァァァ!!!」


265 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:07:08 ID:ZfbueBYM

ゾンビ娘「モンスターはロリコンどころか変態しかいませんでした」

賢者「でもスケルトンは普通の感性じゃない?」

ゾンビ娘「賢者様が男であることを加味して、です」

カード「なかなかにヤバい状況じゃねえの(主に俺の尻の穴が)」

骨っ子 ソウ?

賢者「ドラゴンだけは止めとくから。骨っ子、頼んだよ」【ストップ】

骨っ子 カードノオニイサン!

カード「あいよ~

         【オリハルコンの首輪 ――解放】」


266 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:07:55 ID:ZfbueBYM

          ――――ドンッ

リザード兵B「な、なん―――」

          ――――グシャ

スケルトンB「気をつけろ!攻撃体制をと…」
          ――――ガシャン


喰鬼D「!?何が起こっているんだ!?」


267 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:08:36 ID:ZfbueBYM

       「グルルルル」
       「ハッハッハッハッ」
       「ルオァァァァ」









スカル・ケルベロス「「「ワオォォォォォォォォォン!!!」」」


268 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:09:29 ID:ZfbueBYM

リザード兵A「なんだこいつはー!?ギャッ」グシャ

スケルトンA「首が3つ!ケルベロスだ!ガッ」ボキンッ

    ワーギャーウワァァァァァァ

賢者「まさか骨っ子がこんなに強かったなんてね」―【雷撃弾】―

ゾンビ娘「まず骨三頭犬の幼体だったことに驚きです」―【射雨】―

賢者「成体になるまで百年かかるらしいからね」―【雷撃弾・三点撃】―

カード「オリハルコンの魔力増幅効果で一時的に成長しただけだがな」【氷符】◇

ドラゴン「」ズバーンドゴーンズギャーン


269 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:10:03 ID:ZfbueBYM

骨っ子「お兄さんが」「さいごだよ」「ヨワカッタネ」

スケルトンC「な、な!俺達同じスケルトン族だろ!?見逃してくれよ!な!?」

骨っ子「「「んー嫌だ!!!」」」

     ――ガブッバキッ

骨っ子「身体が小さかったからって」「むれからおいだしたのは」「オマエラダ」

骨っ子「ボクの仲間はご主人達だけだ!」シュゥゥゥ


骨っ子 ネ、ゴシュジン!


270 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:10:54 ID:ZfbueBYM

ゾンビ娘「骨っ子!怪我はない?」

骨っ子 ダイジョウブ!

賢者「よく頑張ったね」ナデナデ



カード「ほんわかした空気醸してるとこ悪いが…」

ドラゴン「ガァァァァァァァ!!!」

カード「まだドラゴン生きてるからな?」


271 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:14:20 ID:ZfbueBYM

賢者「後はよろしく」ナデナデ

ゾンビ娘「骨っ子を愛でるのに忙しいんです」ヨシヨシ

カード「俺も参加したい…」

ドラゴン「【フレ…」ボォッ

カード「え~と…今の俺の体力はどのくらい残ってるっけ?」

カード「HP:357か………最近ようやくツキが回ってきたな。【リーチセブン】」


272 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:14:59 ID:ZfbueBYM


ドラゴン「ガヒュッ」7777ダメージ

†ドラゴン「」


カード「終わったぜ」ヨシヨシ

骨っ子 3ニンデナデルノヤメテヨー


273 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:15:57 ID:ZfbueBYM

 ―――――――

  ~魔王城 ―王の間―

魔王《アイツ絶対滅ぼす》:毒

召喚士「意外に器が 小さい ですね」

魔王《………所詮はただの猿。許してやってもよいか…》:毒

召喚士(声がオッサンじゃなかったらこの手のひら返しも可愛いのにな…)

魔王《………お前も下らんことを考えてないで迎撃に向かえ》:毒

召喚士「ちっ…御意のままに。女騎士様」

          ――――ガチャン

魔王《…………この毒、いつまで効果続くのだ?》:毒


274 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:16:51 ID:ZfbueBYM

 ―――――――

  ~魔王城 ―廊下―

賢者「全然敵が出てこないね」

ゾンビ娘「おかげでこんなに早く広間までやって来れましたよ」

カード「だがこの広間…明らかに…」

召喚士「ご明察。中ボスの間でございますよ」

ゾンビ娘「あなたは…!」

賢者「祭の時の!」


275 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:17:24 ID:ZfbueBYM


賢・ゾ・骨「「誰でしたっけ?」」ケー?

カード「おぉ!これといった特徴のない顔した召喚士じゃねぇか!」

召喚士「あなた達が戦わず来れたのは、私が手引きしたからでございます」

ゾンビ娘「すごい…私たちの挑発に全く乗りません」

賢者「ああ、彼は強敵だね」

召喚士「変な方法で判断するのはやめてもらえませんか?」

カード「流石にツッコんだな」


276 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:22:26 ID:ZfbueBYM

召喚士「はぁ…馬鹿馬鹿しくてやってられませんね…
    中ボスの位を頂いておりますので、そうも言えないのが辛いところです」

召喚士「『よくぞ来たな、愚かな者共よー。だが、貴様等の旅もここまでだー
     魔王様の右腕である我が、貴様等を塵にしてくれようー』(棒)」つカンペ

カード「やる気無いなオイ!」

召喚士「あの人の命令ですからね。やる気なんて消え失せてますよ。ま、塵にするのは本当ですがね。

     ――【バハムート】【シリオン】【リヴァイアサン】召喚」


277 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:23:04 ID:ZfbueBYM

カード「三体同時召喚!?どんな魔力量してんだよ…」

骨っ子 アノトキノ氷の巨人マデイル!

召喚士「ふふふ、私にとっては朝飯前ですよ」

賢者「大した魔力量だね」

ゾンビ娘「賢者様が言うと、途端に嫌味っぽくなりますね」

召喚士「黙りなさい。おや?見たところ、1人足りませんね。いかがなさいました?」

カード「…関係ねーだろ。」

 ―――――――
 ―――


278 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:23:56 ID:ZfbueBYM

 ――――――――――
 ――――――――
一月前

  ~龍の国 ―宿屋―

カード「姉さんを、ここで雇って欲しいんだ。」

ゾンビ娘「カード君!?」

賢者「正気かい?バレたらたぶん殺されるよ?(精神的に)」

カード「俺は至って正気だ」

女将「…それで後悔しないと誓えるのかい?」

カード「誓えるさ。身勝手だってことくらいわかってる。
    でも、姉さんにはこれ以上傷ついてほしくないだけなんだ。後悔なんてするわけないだろう?」


279 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:25:45 ID:ZfbueBYM


女将「……いいでしょう。責任を持って、あんたの家族を預かろうじゃないか」

ゾンビ娘「女将さん!待ってください!」

賢者「ゾンビ娘!!!」

ゾンビ娘「………っ」ビクッ

賢者「…悲しいかな、これが男の性だ…自己満足でしかないけども、カードは考えを変えないよ」

カード「ありがとよ、賢者。恩に着る」

 ―――――――
 ――――――――――


280 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:26:17 ID:ZfbueBYM

 ――――
 ――――――

カード「…関係ねーだろ」

召喚士「おやおや、どこぞで死んでしまわれたのかな?」

カード「安い挑発にゃあ乗らねえよ」◇◇◇◆

  ――【オーディン】【シヴァ】【イフリート】召喚

カード「だが、『売られた喧嘩は必ず買え』って、姉に言われてるからな。召喚獣対決と行こうぜ?」

召喚士「いいでしょう!来なさい!」


281 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:27:01 ID:ZfbueBYM

         ――ゴゴゴゴゴゴゴゴ

賢者「僕らは何をしたらいいんだろう」

ゾンビ娘「2人共遠距離型ですし、ここから召喚士を狙いますか?」

賢者「なんか今回だけは真面目にやらなきゃいけない気がする…。かと言って召喚獣相手に戦うのもな~」

ゾンビ娘「じゃあおやつでも食べてましょう」

     ――ポリ…


282 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:27:43 ID:ZfbueBYM

  ゾンビ娘がビスケットをかじる音を合図に、戦闘が開始された。

ゾンビ娘「ゴングみたいに使わないでください」ポリポリ

  バハムートの爪をかいくぐり、イフリートの豪腕が氷の巨人の片翼を砕く。
  ダメージを受け、シリオンの胸の宝玉が妖しく光りはじる。
 同時に海を司る海獣リヴァイアサンが大量の水を生み出し、力を開放する

     ――【津波】

  少年と少女は、かつて体験した津波の数倍もの規模のそれを目の当たりにして、

賢者「おやつ食ってる場合じゃねぇ!」

  目を見開いて回避に移る。


283 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:28:48 ID:ZfbueBYM

 ―――――――

  視界の端で、目を剥く賢者とゾンビ娘が見える…

カード「止められなきゃ、全滅ってか?わかりやすいねぇ」

  主の言葉を受け、氷の女王シヴァは大口を開けて迫る水の進撃を、自らの世界に引き込んだ。
 そして、氷の壁となった津波を絶剣を振るう騎士の影が覆う。オーディンが切り開いた視界に飛び込んできたのは

――太陽を喰らう龍の口だった


284 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:29:31 ID:ZfbueBYM

バハムート「【ギガフレア】」ゴォッ

オーディン「ガッ―――」
シヴァ「くうっ―――」

カード「オーディン!シヴァ!」

召喚士「おやおや~?もうそちらの召喚獣は全滅でございますか~?」

カード「イフリート…!」

  炎のたてがみを持つ獣は、リヴァイアサンを前にボロ雑巾のように横たわっていた

召喚士「フフフ。あなたの魔力量では、もう限界でしょう?私の勝ちでございます」


285 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:30:08 ID:ZfbueBYM

骨っ子「「「グルルルルルルル」」」

ゾンビ娘「ジャマしたら めっ!だよ?」ムグムグ

骨っ子「「「きゅーん…」」」

賢者「この温度差である」ターンターン

ゾンビ娘「そう言えば、さっきから賢者様は何をしているのですか?」

賢者「バハムートの足の指先に向かって【箪角弾】を撃ってる」ズガンズガン


286 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:30:52 ID:ZfbueBYM

ゾンビ娘「痛そうな名前の弾ですね」バシュッパシュッ

賢者「その名の通り、タンスの角に小指をぶつけたような衝撃を与える弾だよ」ターンターン

ゾンビ娘「な、なんて陰湿な攻撃…!」シュンシュン

賢者「君だってリヴァイアサンの背中めがけて矢を弱く放ってるじゃん」

ゾンビ娘「きっと枕からはみ出た羽毛にチクチクされるような感覚でしょうね」

骨っ子「さっきから」「邪魔しか」「シテナイネ」


287 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:31:56 ID:ZfbueBYM

召喚士「真面目に戦ってる横でふざけるのは何なんですか。腹立たしいです」

バハムート「【メガフレ…」

カード「おっと!リア充が羨ましくなったら、こいつらの出番だぜ?」◇◇◇◆

オーディン×3「「「壁殴り代行始めました」」」

  再び呼び出された三体の軍神が、バハムートを殴り殺した。


288 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:32:35 ID:ZfbueBYM



ゾンビ娘「壁殴ってませんね」

賢者「壁ならゾンビ娘のむnあべしっ!!」ゴスッ

ゾンビ娘「流石にキレますよ?」

シリオン「オロオロ」リヴァイアサン「オロオロ」

召喚士「そこ!オロオロしない!」


289 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:34:28 ID:ZfbueBYM

召喚士「くそっ…3体も召喚しておいてまだ魔力があるなんて…!」

カード「まあ、ひと月前の俺だったら魔力切れだっただろうな。だが、一か月も何もしないでいたわけじゃねぇ。
    魔力がここまで上昇したのは、そこの骨っ子と同じ理由だ」ニヤリ

骨っ子「つまり!」「オリハルコンの!」

召喚士「魔力増幅効果………っ!」

骨っ子「セリフ」「取られた~」「ションボリーヌ」


カード「その通り。この【増幅】の式を刻み込んだオリハルコンのカードで、極限まで魔力を上昇させてたんだ」


290 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:35:20 ID:ZfbueBYM

カード「今の俺は、賢者1/5人分の魔力量だ」









賢者「つまり魔王十体分…と」

ゾンビ娘「今の魔王は魔力量が増えてますよ?」

賢者「そう言えばこの単位は何なんだろう…」ウーン


291 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:35:59 ID:ZfbueBYM

召喚士「フフフ。面白い、面白いですよあなた達!あなた達なら彼を倒せるでしょう!
    私個人としてはこのまま先に通したいところですよ!」

カード「魔王に従いたくないなら、そうしてくれた方が助かるんだがな」

召喚士「しかし彼の命令は同時に彼女の命令でもある。そして私は彼女に逆らいたくないのです。
     どうか最期までお付き合い下さいませ」ニコッ

  2体の召喚獣を生贄に
       召喚 ――オーディン×イフリート


294 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:38:08 ID:ZfbueBYM

  赤と黒の光を放つ二つの小さな御霊が、交差しながら召喚の魔法陣を描く

 そこから生み出されたのは、召喚獣の規格を外れた炎を背負う魔神だった



オーディン:炎「グルォォォオオオオオオオオオ!!!」


295 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:38:48 ID:ZfbueBYM

カード「召喚獣同士の合成…!?そんなのって…!」

賢者(進化ボルテックス…)ボソッ

ゾンビ娘(超進化ボルテックス…)ボソッ

カード「デュ○マとか懐かしいなオイ!」


296 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:39:29 ID:ZfbueBYM

骨っ子(ゴッドリンク…)ボソッ

カード「いい加減カードゲームから離れろ!」

賢者「そういえばシールドを展開できるわ、召喚も出来るわ、カードが一番デュエ○っぽいよね」

カード「やかましい!とにかくだ、これは召喚者として最上位の術だって事!そうだろ!?」

召喚士「ええ。なにせこれはジョグレス進化ですから」

カード「違う!どっちかって言うとオメガモンに近いわ!」


297 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:40:07 ID:ZfbueBYM

カード「ぜぇ…ぜぇ…」

賢者「満足した?」チラッ

ゾンビ娘「しました?」チラッ

召喚士「どうなんです?」チラッ

オーディンA「主殿」チラッ
オーディンB「主殿?」チラッ
オーディンC「主殿!」

カード「うるせぇ!何で奇跡的な連携を発揮してんだ!」

ゾンビ娘「それが私達の持ち味でしょうに。というか楽しいですね。賢者様がイジメ好きな理由が分かりました」

賢者「でしょう?でも僕はゾンビ娘(をからかって遊ぶこと)のほうが好きだけどね」

ゾンビ娘「んな…っ!そんなこと言ってると、またかじりますよ!?」


298 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 14:40:54 ID:ZfbueBYM

召喚士「本当に面白い人達だ。ですが、腹が立つのでイチャつくのはそこまでです」

オーディン:炎「ヌン!!」ゴォッ

  炎を纏った一撃が、イフリートの豪力で振り下ろされる

ゾンビ娘「あわわっ」ヒョイッ

        ――ズドンッ

賢者「掛け合いの隙を突かれるとはね…」

ゾンビ娘「相手の油断を誘うためにやってきた戦法があだになるなんて…!」

カード「今までのやりとりにそんな意図が!?」

骨っ子 アタリマエデショー


299 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:17:29 ID:ZfbueBYM

 ―――――――

 …………!

 …………!!

???「ああ、ごめんごめん。その拳を下ろしてよ。ちょっと黄昏てた。え?ふざけ過ぎだって?
    たしかに

  召喚士「ふざけてると話が進みませんよ?」

          って、突っ込まれちゃうほどだったからね」

???「でもその後すぐに戦闘再開したんだよ?
    炎の戦馬が縦横無尽に駆け回ってね、さながらギャロッ…ペガサスのようだったよ」

???「オーディン達はその動きに翻弄され、防戦一方。やがてそれも限界がきてね…」

 ―――――――


300 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:17:59 ID:ZfbueBYM

オーディン:炎「ぬうん!!!」バキンッ

オーディンA「グオオ!?」

カード「くそっ!ガードが崩された!」

ゾンビ娘「動きが速過ぎてこっちの攻撃が当たりません!何か手立ては…!」


301 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:18:29 ID:ZfbueBYM

賢者「あっ…一つ思い付いた…」

ゾンビ娘「じゃあそれで!」

賢者「いいの?」

ゾンビ娘「自分で決めて下さい!」

賢者「ということだから、カード、オーディン達、ゴメンね?」チャキッ


「「「「え……?」」」」


302 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:19:01 ID:ZfbueBYM

賢者「―【箪角弾・乱れ撃ち】―」

  ズバババババババババババババババババババババババババババババババババババ

  膨大な魔力量にものをいわせた乱射。その場にいたカードを含む全員に命中する。
 なお、それぞれ最低でも5発は足の小指にヒットしていた。

       ――ズズズン…

ゾンビ娘「全員こけたぁ!?」

骨っ子 イタソー

  その通り、凄く痛いのである


303 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:20:28 ID:ZfbueBYM

カード「………っ」プルプル
オーディンABC「「「………っ」」」プルプル
召喚士「………っ」プルプル
オーディン:炎「………っ」プルプル

  痛みを堪える男達。

馬「ヒwwwヒwwwーwwwンwww」ブルルー

  嘲笑う馬。

賢者 タタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタ

  撃ち続ける男。

ゾンビ娘「やめたげてー!!!」

  叫び声が虚しく響く少女。


304 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:21:08 ID:ZfbueBYM

賢者「トドメだ!!!」―【箪角弾・三点撃】―

オーディン:炎「させぬわ!!」ガギンッ

骨っ子 キドウヲカエタ!

ゾンビ娘「あれ?弾いた方向にカード君が…」

賢者「!」
召喚士「!」


305 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:21:42 ID:ZfbueBYM


カード(ああ…何か銃弾が飛んできたな~ゆったりと近付いて来るのがわかる…)

カード(命の危機に瀕した時、景色がスローになると聞くが…これがそうか…)

カード(でも箪角弾って、衝撃だけを与える攻撃だし…死にはしないよな…
    何で召喚士と賢者がこっち見て青ざめてんだ?)

  彼はもう一度弾丸を目で追う。箪笥の角に指をぶつけた時の三倍の衝撃を有する弾丸が………


306 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:22:57 ID:ZfbueBYM







         ――自らの股間に飛んで来るのを…

カード(死んだ。俺死んだ)

カード(さようなら…我が息子よ…)ギュッ


307 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:23:33 ID:ZfbueBYM





カード(……………あれ?)チラッ

◆◆◆「やあやあ~危なかったね~」

賢者「あなたは…!」

ゾンビ娘「予想がつきますけど、言っちゃ駄目なんですよね…」

鼻眼鏡「私だ」キリッ

カード「いや誰だよ」スパーン

ウィップ「おっと~」ポロッ


308 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:24:05 ID:ZfbueBYM

ゾンビ娘「ウィップさん!」

骨っ子 オネエチャン!

賢者「どうして…」

カード「姉さん!どうしてここに…!」

ウィップ「弟きゅんある所に私あり、と言いたいんだけど~弟きゅんが姉離れしたからね~
     ウチも弟きゅん離れしない訳にはいかない。そうでしょ?カード」

カード「いや、女将さんはどうしたってこと!逃げないように見張っておいてくれるんじゃなかったのか!?」

ウィップ「カード、姉ちゃんはね~あんたを助けにきたんじゃないよ~?」

カード「じゃあ何で…」

ウィップ「女将さんに言われて『はじめてのおつかい』だよ~」

ゾンビ娘「ああっ!手提げ鞄からネギが飛び出てる!」


309 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:24:56 ID:ZfbueBYM

カード「何でたかがおつかいで魔王城まで来てんだよ!」

ウィップ「このメモの通りに来たんだよ~」ピラッ

  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |  馬鈴薯    |
  |  人参     |
  |  玉ねぎ    |
  |  ネギ     |
  |  カレールー  |
  |  マンドラゴラ |
  |         |
  |  魔王の首肉  |
  |_________|

カード「」

ゾンビ娘「カレーにネギを入れるんですか!?」

賢者「ちょっと待て驚く所そこじゃない」


310 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:25:53 ID:ZfbueBYM

ウィップ「きっと美味しいカレーができる筈だよ~」

召喚士「絶対美味しくないて思うのですが…」

ウィップ「ウチの天才的な料理の腕を知らないね~?」

カード「…壊滅的な腕だよな」

ウィップ「失礼な!これでも女将さんの所で練習したんだからね~」

賢者「モンスターのせいで旅館つぶれてないよね?」

ウィップ「もう!仕方ない。このジャガイモを使って今から証明してあげよう~」つ馬鈴薯


311 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:26:28 ID:ZfbueBYM

ウィップ「第1回ウィップ流お料理教室~」テレレッテテテテ


ウィップ「まずはこのジャガイモを、そこのオーディンの炎を使って火を通して~
     義手の力を使って潰します~」グシャァ

賢者「義手洗った?」

ウィップ「ついでにネギを細かく切って、ジャガイモと混ぜます~」コネコネ

ゾンビ娘「芋団子…?」

ウィップ「出来たこの塊を~4つに分けて~」


312 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:27:12 ID:ZfbueBYM


ウィップ「床に叩きつけて完成~」ズパァン!!!

カード「最後で台無しに!!!というか何を作った!?」

ウィップ「ネギを混ぜたハッシュドポテトもどきだよ~」

賢者「床にスマッシュされてますが!?ついでに言うと工程に足りないところ多くない!?」

ゾンビ娘「……………三秒ルール…」ユラ…

骨っ子 モウスギテルヨゴシュジン!

召喚士「あの…戦闘中だということを忘れておりませんか?」


313 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:28:02 ID:ZfbueBYM

オーディン:炎「グルォォォオオ!!!」ムカ着火ファイヤー

  待たされすぎた召喚獣が怒り狂い、炎の塊を振り下ろす

ゾンビ娘「あ…」ジュッ

ポテト ジュ~

  一瞬で焼き尽くされるゾンビ娘と、程よく焼かれ香ばしい匂いを放つポテト

賢・カ・骨「「ポ、ポテイトゥゥ―――!!!」」トゥー


314 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:28:43 ID:ZfbueBYM


ゾンビ娘「発音よくポテトの心配する前に、私の心配をしてくださいよ!」プスプス

賢者「ぶっちゃけゾンビになるだ、だけだからあ、あんまり心配してないよ」
     【レイズ】【ベホマ】【リレイズ】

召喚士「…そういう割に過保護過ぎではありませんか?」

賢者「べ、別に普通の事なんだからねっ!勘違いしないでよねっ!」

カード「気を抜くな!今まで原型を留めていなかった姉さんの料理が、はじめてそれらしい形をしているんだぞ…!」

賢者「ひどい言われよう。でも賛成する」


315 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:29:55 ID:ZfbueBYM


          ――メキメキッ

カード「……後ろを振り返るのが怖くなってきた」

    キシャァァァァァァァァァァァァァァァァァァ

召喚士「      」パクパク

ゾンビ娘「オーディン達より禍々しくて格好いいんですが…」

  芋(?)は膨張しその形を変える。細く引き締まった筋肉質の体に、四本の足。早い話がケンタウルスの姿になった

骨っ子 カッコイー

ポテト「キッシャッシャッシャッシャッ!」ケタケタ


316 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:31:26 ID:ZfbueBYM

 ―――――――

???「ん?ウィップの料理がどうしてこんなになっちゃうか、だって?」

???「僕も後から知ったんだけどね、どうやら魔力の波長が関係してるんだって」

  ………………?

???「そういうこと。みんなそれぞれ違う波長をしているんだよ」

???「賢者とゾンビ娘は
           ~~~~~~~~~~こういう正弦波。
    カードは
           wwwwwwwwwwこんな風なジグザグなんだよ」

???「ウィップの波長は、中でも珍しい心臓の鼓動の形でね、擬似的に生命を創れるんだ」

???「その能力の発動スイッチが何故か料理だっただけで、本人も苦労してたんだって」

 ―――――――


317 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:32:34 ID:ZfbueBYM

ウィップ「繋げ!【魔導鞭・チェイン】!」ジャラッ

召喚士「おや?」∞∞∞∞∞∝オーディン:炎「ぬ?」
        ジャララッ

ウィップ「さあ~やっちゃえポテト~」

ポテト「キシャァァァァァァ!」ボディブロー

オーディン:炎「ゴブゥ!?」ドムッ
 §
召喚士「ガッ…!?」ドッ

召喚士「っ!何故攻撃を受けていない私にダメージが!?」

ウィップ「へへへ~さあね~?」


318 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:33:31 ID:ZfbueBYM

賢者「あの鞭って、魔法を纏うだけじゃなかったの?」

カード「あれは能力の一部でしかねぇよ。あの鎖鞭は俺の祖先の作品で、
    【結合】と【連鎖】が能力の武器だ。【結合】で対象を掴み、鎖で繋いだもの同士を同調させることができる」

     ――つまり

ウィップ「片方に与えるダメージと同じ割合でもう片方にダメージを与える!」

ポテト「キシャッ」ポテロングゥ


オーディン:炎「調子に…………乗るな!!!」
              ――ボボボボボボボボボボンッ

  炎の赤が、ニ体の全身を染め上げる


319 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:34:16 ID:ZfbueBYM

カード「あの野郎全身から炎を吹き出しやがった!」

ゾンビ娘「このままでは炭になって食べられなくなりますよ!?」アタフタ

賢者「まだ食べる気だったの!?」

ウィップ「そこは安心して~」ブンッ 三□

ゾンビ娘「そ、それはまさか…!」

  一般的なそれの一箱分の大きさを持つ物体が飛んでいく。



召喚士「なっ!?バターですって?」ゴクリ


320 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:35:43 ID:ZfbueBYM


  完璧な軌跡を描いてポテトの頭の上に乗った、巨大なバターは…

 □
ポテト「キシャァァァァァァァァァァァァ」

 □ トロッ…
ポテト「!」

  炎の熱で融け始めた!

カード「これは最強の組み合わせだわ…」

賢者「……クロスギア…」ボソッ

カード「懐かしくなって大変だからネタを掘り返すな」

骨っ子 オイシソー


321 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:36:45 ID:ZfbueBYM

          ドクンッ―

ジャガ=バター「ギシャァァァァァァァァァァァァァァ」

カード「もう何がなんだか…」

賢者「僕もよくわからない」

召喚士「私もでございます」グッタリ

ゾンビ娘「【美味しいもの+美味しいもの=すっごく美味しいもの】ってことですよ!」キラキラ

     バタープラチナ
ウィップ「芋の白銀!な~んてね~」

ジャガ=バター「ジャーガジャガジャガジャガジャガジャガジャガジャガ ジャガァ!」ドドドドド

オーディン:炎「オーデオデオデオデオデオデオデオデオデオデオデオデオデ オデンッ!」ドドドドド


322 スラリン(黒) :2014/08/05(火) 15:37:31 ID:ZfbueBYM

 ――――――――――

魔王《階下から旨そうな匂いがする》:毒

   グゥ~

魔王《………………》:毒 キュルル~

魔王《腹減ってきたな…》:毒

魔王《誰か食い物を持って来い》:毒

    シ―――――ン

魔王《…そういえば皆迎撃に向かわせておったな…》:毒

    きゅるるる~

    ∧ ∧
魔王 (´;ω;`):毒


323 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 16:31:43 ID:c.2b.f5g
魔王の扱いw

そしてビス○ロレ○ピ思い出した


324 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 22:39:27 ID:ffpDCTR2
バタープラチナに笑ったwww


325 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/05(火) 23:43:33 ID:3pkM9T/w
クロスギアとか懐かし過ぎるwwww



妹がゾンビなんですけど! (スマッシュ文庫)
伊東 ちはや
PHP研究所
売り上げランキング: 464,348

関連記事
2014/09/01 18:30 | CM(0) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング