HEADLINE

【ごちうさ】シャロ「幼馴染最後の日」

1 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:35:12.76 ID:5B9rvpYE0
ココア「あれ、シャロちゃんだ。今日はケーキ屋さんでバイトなの?」

千夜「シャロちゃん、こんなところでもバイトしてたのね」

シャロ「げぇ……なんであんたたち、こんなところまで来るのよ」

シャロ「……まあ、せっかく来たんだし、何か食べていくといいわ。うちは店内で食べられるから」

ココア「じゃあ、苺のショートケーキ食べようかな。千夜ちゃんは?」

千夜「私はモンブランね。あと二人分、ダージリンティーくださいな」

シャロ「はいはい。じゃ、ちょっと席に着いて待っててね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1411126502



2 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:36:46.03 ID:5B9rvpYE0
千夜「シャロちゃんは昔、ケーキ屋さんになりたがっていてね~」

シャロ「お待たせしまし――何話してんのよ」

千夜「それも、ケーキ屋さんになればケーキがいくらでも食べられるからだって言って」

シャロ「小さい頃はみんなそんなもんでしょ!!」

千夜「あら、シャロちゃんいたの? 気づかなかったわ」

シャロ「絶対わざとよね……?」

ココア「シャロちゃん、お店のケーキは食べちゃダメだよ?」

シャロ「食べないわよ! そんなに食い意地張ってないわ!」

千夜「うふふふ」

シャロ「むぅ……」


3 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:40:11.97 ID:5B9rvpYE0
シャロ「今日も疲れた……くたくたよ」

シャロ「千夜が変な話するから、生暖かい目で見られたし」

シャロ「いっそ、千夜のいないところで、バイトもせずにのんびり暮らせたらいいのに、なんて」

シャロ「……あれ、携帯に着信があるわね。誰かしら」

シャロ「……えっ」


千夜(シャロちゃん……そんな、私……)



千夜「……シャロちゃ~ん、お風呂沸いたわよ。ついでに晩御飯も家で食べてく?」

シャロ「あぁ……うん。そうするわ……」フラー

千夜「シャロちゃん? どうしたの、なんだかぼんやりしてるみたいだけど」

シャロ「ん……なんでも、ないわよ。気にしすぎ」

千夜「そう? ……なら、良いのだけど」


4 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:42:11.85 ID:5B9rvpYE0
バシャバシャ

シャロ「…………」

シャロ「……外国、かぁ」

千夜「シャロちゃん、私も入って良いかしら?」

シャロ「え、えぇ。良いわよ」

千夜「じゃあ、お邪魔しまーす」


シャロ「……」バシャバシャ

千夜「……ねえ、シャロちゃん。やっぱり何か隠してるわよね?」

シャロ「別に……」

千夜「私の目は誤魔化せないわよ。シャロちゃん、さっきからなんとなく落ち着いてないし、ぼーっとしてるもの」

シャロ「…………」

シャロ「……両親が、来月から海外で働いて、余裕もできるだろうから、一緒に住まないかって」

千夜「……それって」

シャロ「ここを引っ越して、向こうに住むってことね。少なくとも何年かは帰って来れなくなるみたい」

シャロ「来週までに、引っ越すか、ここに残るか決めて欲しいって」

千夜「そう……」

千夜「……良かったじゃない」

シャロ「へ?」

千夜「もう、バイト漬けにならなくて済むんでしょう? 外国での暮らしも、きっと楽しいし、貴重な経験になるわ」

シャロ「……そう、かな」

千夜「向こうで暮らし始めたら、時々お手紙頂戴ね」

シャロ「ん……」


5 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:43:38.90 ID:5B9rvpYE0
シャロ家

シャロ「……海外に住むなんて、想像したこともない」

シャロ「確かに、もうバイトとかしないで済むし、貴重な経験になるんだろうなぁ」

シャロ「もう千夜に弄られることもないし、最高じゃない」

シャロ「でも、みんなもいるし、私は……」

シャロ「…………」

シャロ「……千夜は、私がいなくなっても寂しくないのかな……?」ギュッ



千夜「…………」

千夜「シャロちゃんにとって、きっとそっちのほうが幸せなはずよね……?」


6 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:45:08.14 ID:5B9rvpYE0
チュンチュン

シャロ「……ん、考え事しながら寝ちゃってたわ……」

千夜「シャロちゃーん、起きてー。遅刻しちゃうわよー」

シャロ「起きてるわよー、もう」ガチャッ

千夜「朝ごはんもうちで食べてく?」

シャロ「うん……ねえ千夜」

千夜「?」

シャロ「千夜は、私がいなくなっても、寂しくない?」

千夜「……ええ、私なら大丈夫よ。シャロちゃんのしたいようにして欲しいわ」

シャロ「そう……着替えてきちゃうから、ちょっと待ってて」

千夜「わかったわ」


シャロ(……幼馴染って言っても、私たち、そんなもんなのかな……)


千夜「……」ギュッ


7 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:47:52.68 ID:5B9rvpYE0
放課後・ラビットハウス


リゼ「それで、シャロ。話ってなんだ」

ココア「シャロちゃん、なんかちょっと辛そうだよ。私で良ければ力になるよ」

シャロ「うん、ありがと。……実はね――」


(カクカクシカジカ)


シャロ「というわけで、返事次第で私、引っ越すのよ」

ココア「」ブワッ

リゼ「うわぁ!」

チノ「ココアさん!?」

ココア「シャロちゃん行っちゃやだぁー!」ムギュッ

シャロ「ちょっ、ココア!」

チノ「ココアさん、子供じゃ無いんですから、そこはシャロさんの判断に任せましょう」ズルズル

ココア「うぅ……」シクシク

リゼ「そうだぞ。まあ……いなくなったら寂しいと思うのは、みんな一緒だとは思うけどな」

シャロ「どうしようか、ちょっと悩んでるんです」

シャロ「バイトは確かに大変だけど、やりがいもあるし。ここにはみんなもいるし」

シャロ「両親と暮らしたいなって少しは思いますけど、海外っていうことへの不安も大きくて」

シャロ「このまま暮らせるなら、このままで良いかなあとも思ってます」

リゼ「そういえば、千夜は何て言ってるんだ? 隣だし、もう話したんだろ?」

シャロ「……」

シャロ「……いいって」

チコリ隊「?」

シャロ「別に、好きにすればいいって。そう、言われました……」


8 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:50:09.89 ID:5B9rvpYE0
チノ「シャロさん、なんだか悲しそうです」

シャロ「べ、別に悲しくなんてないわ。……あいつのために、私がそんな風に思うわけないじゃない」

リゼ「シャロ。本当は、海外に行くか留まるか、もう自分の中で決まってるんじゃないか?」

リゼ「……今、一番悩んでるのは、千夜のことじゃないのか?」

シャロ「う……」

シャロ「……私のしたいようにすれば良いって、千夜に言われたんです。それは良いんですけど……」

シャロ「昨日話したとき、千夜、向こうに行ったほうが良いって言ってて」

シャロ「ひょっとして千夜は、私に引っ越して欲しいのかなって」グスッ

シャロ「私、千夜にとって邪魔なのかな? 千夜に嫌われてるのかな……なんて、考えたら、悲しくて」ポロポロ


9 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:51:31.16 ID:5B9rvpYE0
ココア「嫌われてるなんて、そんなわけないよ! あの千夜ちゃんだよ!」

リゼ「ああ、千夜だしな。それはありえない」

チノ「千夜さんですからね。ありえません」

シャロ「なんでそんなこと言い切れるのよ!」

リゼ「だって千夜はシャロのこと大好きだろ」

ココア「だって千夜ちゃんはシャロちゃんのこと大好きだもん」

チノ「千夜さんはシャロさんのこと大好きですから」

シャロ「……えっ」


10 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:53:53.61 ID:5B9rvpYE0
リゼ「よくラビットハウスに来て、シャロの話を嬉しそうにしているしな」

ココア「学校でよく、シャロちゃんを弄りすぎて無いかって不安そうにしてるよ」

チノ「シャロさんがバイトも勉強も頑張りすぎていやしないかと心配しているのをよく見ます」

シャロ「ほ、本当に?」

ココア「うん。だから、千夜ちゃんがシャロちゃんを嫌ってるなんて万に一つも無いよ」

チノ「むしろ、あれはもう愛です」

リゼ「ああ。シャロのこと愛してると言われたら信じるな……。シャロは、そんな風に感じたこと無いのか?」

シャロ「う……そ、そんなこと言われても……ずっと一緒にいた幼馴染だから、よくわからないわ」

シャロ「それに、そんなに私のこと気にしてるなら、なんで向こうに行ったほうがいいなんて……」

ココア「シャロちゃんにとって、そっちのほうが良いと思ったんじゃないかな」

シャロ「へ?」

ココア「シャロちゃんがバイトと勉強に追われているのは誰より知ってるはずだし、自分といるより両親といたほうが幸せだと思ったのかもしれないよ」

リゼ「ああ、ありそうだな。マイナス思考なことが多いし」

チノ「シャロさんは一度、千夜さんとよく話し合ってみたほうが良いと思います」

シャロ「そっか……うん、そうね。そうしてみるわ」

シャロ「ところで…………ほんとに、千夜がそんな話してたの?」

チコリ「」コクッ

シャロ「そっか……」///

ココア「あ、シャロちゃん顔赤くなってるよ♪」

シャロ「う、うるさいわね! 今日はもう帰るわ! みんな、ありがとう!」


11 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 20:55:49.27 ID:2rvT6/ePo
ぴょんぴょんしそう


12 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 20:56:05.31 ID:5B9rvpYE0
千夜「シャロちゃん、お店終わったわ。なに、話って?」

シャロ「まあ、とりあえずそこに座って、紅茶でも飲んで」

千夜「ええ……」

千夜(シャロちゃん、すごく真剣な顔してるわ)


シャロ「ねえ、千夜。千夜は私に、引っ越して欲しい?」

千夜「……シャロちゃんはきっと、ご両親と一緒に暮らしたほうが、シャロちゃんにとって良いと」

シャロ「千夜が私にどうして欲しいか聞いてるの。どっちのほうが良い判断かじゃないわ」

千夜「私は…………引っ越して、欲しい」

シャロ「…………」

千夜「シャロちゃんがいなくなったほうが、私も、やることが減って楽だもの」

千夜「シャロちゃんだって、バイトもしなくて済むし、私と離れられて良いでしょう」

シャロ「……千夜。手、震えてるわよ」ギュッ

千夜「!」


13 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 21:01:12.88 ID:5B9rvpYE0
シャロ「あのね、千夜。私、千夜がどう言おうと、ここを出て行くつもりなんて無かったの」

シャロ「ここには、紅茶の美味しいお店がたくさんある。困ったときには助けてくれる友達がたくさんいる」

シャロ「でも、何より私は、千夜と離れたくないわ。私の大好きな千夜と、ずっと一緒にいたい」

シャロ「ねえ千夜。どうして、私が千夜と離れたほうが幸せだなんて思うの?」

千夜「私……だって私は、シャロちゃんのこと、いつもからかってばかりだし。学校も変わって、友達も増えて、私ができることも少なくなったわ」

千夜「もう、私はいなくてもいいんだって。そう考え始めたら、私ってただシャロちゃんの迷惑なんじゃないかって」グスッ

千夜「シャロちゃん、バイトも大変そうだし。そんな風に思っていたら、昨日……私なんていないほうがいいって、シャロちゃんが」

シャロ「へ? ……ああ、疲れて私、そんなこと」

シャロ「……千夜、ごめん」スッ

千夜「し、シャロちゃん! 顔上げて……」

シャロ「昔から一緒にいたから麻痺してるかもしれないけど、私は千夜にいろんなところで助けられてるわ。昔も、今も」

シャロ「からかってばかりなのも、天然かわざとか知らないけど昔からだし。もう慣れた。……むしろ、今はそれが無いと寂しいわよ」

千夜「シャロちゃん……」

シャロ「やっぱり引っ越したくはないわ。他のみんなもいるし……何より」


14 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 21:02:58.97 ID:5B9rvpYE0
シャロ「千夜。私ね……千夜のこと好きよ。本当に大好き」

シャロ「私には千夜がいなきゃダメなの。いつまでも千夜に、一緒にいて欲しい」

千夜「……まるでプロポーズね」

シャロ「……そ、そうよ。ダメだったかしら?」

千夜「…………」ポロッ

千夜「……これからも、ずっとずっと、よろしくお願いします」ポロポロ

シャロ「ほら、泣かないの。これからも、末永く、よろしくね。千夜」ギュッ

千夜「シャロちゃん……大好き!」ギュッ


15 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 21:04:10.15 ID:5B9rvpYE0
バァン

ココア「仲直りしたんだね、おめでとー!」

千夜「えっ」

シャロ「こ、こここ、ココア!!? あんたひょっとして」

リゼ「ココアが、二人が心配だってついて行ってな……」

チノ「リゼさんもノリノリだったじゃないですか。私もですが」

チノ「ちなみに会話は外から聞こえませんでした。そこだけは安心してください」

シャロ「そ、そうなの……良かったわ」

ココア「二人なら絶対、仲直りできるってわかってたからねー」

チノ「……千夜さん、泣いてるんですか?」

千夜「ん、大丈夫よ。シャロちゃんと仲直りできたから、嬉しくて……」

チノ「そうですか。それなら続けて大丈夫ですね」


16 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 21:06:19.00 ID:5B9rvpYE0
ココア「さぁ、今日はパーティーだよ!」

シャロ「パーティーって、何もそこまでやる必要は」

ココア「何言ってるの! 今日は千夜ちゃんの誕生日だもん、当然だよ!」

シャロ「えっ……あぁ、そういえば」

千夜「すっかり忘れてたわね……」

ココア「二人ともうっかりさんだよー」

リゼ「今日は私とチノが腕によりをかけて料理を作るぞ。千夜、すまんが台所貸してくれ」

チノ「任せてください」

ココア「私もあっちでケーキを焼いてくるよ! 楽しみにしててね!」


千夜「……怒涛の勢い、って感じね」

シャロ「やっぱり遠くになんて行けないわ。みんながいるもの」

千夜「そうね。ごめんなさい、勝手なこと言って」

シャロ「ううん。元はこっちが悪いんだし。それに……誕生日、すっかり忘れてたから、何も用意してないわ。ごめん」

千夜「あら、プレゼントならもう貰ったじゃない」

シャロ「?」

千夜「……シャロちゃんの隣」

チュッ


おしまい


17 ◆8GtO9Q8Y8U [saga]:2014/09/19(金) 21:07:41.65 ID:5B9rvpYE0
【蛇足】


ココア「……」ゴクッ

チノ「……」ドキドキドキ


シャロ「千夜……みんな戻ってきたらどうするのよ」ハァハァ

千夜「大丈夫よ、もうちょっとだけ……」チュッ

千夜「シャロちゃん、だーい好き……」ペロッ

シャロ「千夜ぁ……んっ」チュッ


ココア「……お、大人の世界だよ」

チノ「ココアさん……あの」

ココア「なに、チノちゃん」

チノ「……な、なんでもないです///」

ココア「……そ、そう?///」

チノ(いつか、ココアさんとあんな風に……///)

ココア(チノちゃんにしてみたいって言われたらどうしようかと……///)


リゼ「あの二人、遅いな……」


18 ◆8GtO9Q8Y8U [saga sage]:2014/09/19(金) 21:08:59.96 ID:5B9rvpYE0
幼馴染最後の日。二人は幼馴染から恋人になりました。

実際は幼馴染って事実は変わるはずないんですが。千夜ちゃん誕生日おめでとう。

SS書いててイラスト全然できてないねん。


19 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/19(金) 21:16:35.35 ID:1Q6E99mX0

誕生日おめでとう


20 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/09/19(金) 21:44:48.83 ID:qb3+UfNg0
今日だったのか
誕生日おめでとう


21 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/09/19(金) 22:02:45.21 ID:cdyXNkbM0

こういうのを待っていたんだ
誕生日おめでとう


22 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/21(日) 22:00:37.97 ID:aVJqb/LY0

誕生日おめでとう
チコリさんが可愛かった


23 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/22(月) 02:10:30.39 ID:jxjjCmcg0
良作に巡り会えて心が潤う



転載元

【ごちうさ】シャロ「幼馴染最後の日」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411126502/






ご注文はうさぎですか? 第4巻 (初回限定版) [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-09-26)
売り上げランキング: 48

関連記事
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング