HEADLINE

セイバー「そろそろお昼ご飯ですね」

2014/10/16 00:05 | CM(2) | Fate SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 19:23:09 ID:dnVxTwiA

セイバー「」グゥ 
の続きのようなそうでないような話

道場

士郎「うおおっ!」ダッ

セイバー「ふんふん」バチーン

士郎「はああっ!」ダダッ

セイバー「それそれ」スパーン

士郎「ぐっ!痛ぅ!くそ!これならどうだ!」グワッ

セイバー「(む、そろそろお昼ご飯ですね)」バチコーン



2 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 19:35:46 ID:dnVxTwiA
セイバー「シロウ、そろそろ休憩にして昼食をとりましょう」

士郎「え?すまん、セイバー、もう少しだけ頼む。今日はなんだかいい感じなんだ」

セイバー「・・・わかりました。それではもう少しだけ」

士郎「ありがとう。・・・行くぞ!」バッ

セイバー「(剣の師としてシロウが成長するのは素直に嬉しい。このまま稽古を続けたいという気持ちはあるが、しかしそれでは昼食が先延ばしにされてしまう)」パシーン

セイバー「(確か今日はリンが昼食を作っているそうですね)」パーン

セイバー「(リンといえばそういえば先日このような事がありました)」バチーン


3 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 19:46:48 ID:dnVxTwiA
凛「はい、セイバー。できたわよ。時間かけないで作ったから味は保障できないわ」

セイバー「いえ、おいしいです、リン!もぐもぐ!」

凛「そ?ありがと。・・・・それにしてもセイバー、最近一層食い意地張ってんじゃない?」ニヤ

セイバー「な、そのようなことはありません!仮にあったとしてもそれは自宅の警護に必要なエネルギー摂取です!」プンスカ

凛「そうよねぇ、ごめんさない?」

セイバー「いえ、わかってくれたのならよいのです」ムフー


4 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 19:50:39 ID:dnVxTwiA
士郎「くっ、まだまだ!」ダッ

セイバー「(まったく、リンは普段は優雅なのですが時より子供っぽくもある)」バシーン

セイバー「(しかし料理の腕は安定しています。姉妹揃って、サクラも同様に達者です)」スパパーン

セイバー「(そういえば先日サクラとこのような事がありました)」バシッ


5 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 20:01:17 ID:dnVxTwiA
桜「できましたよ、セイバーさん」コトッ

セイバー「ありがとうございます、サクラ。頂きます!」パクパク

桜「働かずして食べるご飯はおいしいですかぁ?」ニコニコ

セイバー「サクラの料理は大変美味ですが、働かず、というのは違う。私はちゃんと自宅の警護に努めている」ムスー

桜「えっ?そうなんですか?ごめんなさい、私ったらてっきりニートの真似事でもしてるんだと思ってました!」

セイバー「ふふっ、サクラ、それは大きな勘違いですよ」

桜「そうですよね、ごめんなさい、本当のニートさんに失礼ですよね!」ウフフ

桜セイバー「あははははは」


6 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 20:07:59 ID:dnVxTwiA
道場

士郎「ぐっ・・。セイバーはやっぱり強いn

セイバー「(よく考えたらあの時のサクラの物言いは棘があったような気がします)」スパーン

セイバー「(いや、サクラに限ってそのような悪意はありえない。私の気のせいでしょう)」バチコーン

セイバー「(サクラは良い子だ。たまにはタイガのようなやんちゃさもあってもいいと思う)」バッチーン

セイバー「(タイガといえばあの約束、きちんと守ってくれるだろうか・・)」スパーン


7 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 20:17:04 ID:dnVxTwiA
藤ねえ「どーお?セイバーちゃん、この店のどら焼きってすっごくおいしいんだよー!」

セイバー「ふむ、口当たりもよくそして甘すぎない。とてもよいお茶請けとなりそうです」パクパク

藤ねえ「でしょー!?何分も並んでやっとの思いで買ったんだからー!」フフーン

セイバー「ですがタイガ、もぐ、このようなおいしいものは皆で共有ふべきでふ」

藤ねえ「え~・・。だってそれじゃ士郎が『またこんなおやつばっかり食べて!太るぞ、藤ねえ!』って怒るんだもーん!」

藤ねえ「あっ、そうだセイバーちゃん、黙っておいてくれたらまたこうして誘ってあげるわよ~?それに、二人だけの方がセイバーちゃんもたくさん食べれるのよぉ・・?」ボソッ

セイバー「なっ・・・。それは・・・。・・・ふむ」

セイバー「仕方ありませんね」


8 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 20:33:56 ID:dnVxTwiA
道場

士郎「ぎっ・・・うおおぉ・・!」バッ

セイバー「(少し心配ですがタイガもいい大人だ。騎士の誇りにかけて約束を果たしてくれるでしょう)」ズバーン

セイバー「(騎士の誇り、騎士の誇り)」ウンウン

セイバー「(約束言えばライダーともこんな約束をしました)」バチーン


9 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 20:47:49 ID:dnVxTwiA
セイバー「もぐもぐ」コソコソ

ライダー「ようやく尻尾を掴みました、セイバー」

セイバー「!ライダー・・・」パクパク

ライダー「一度許容したらこれです。貴女が隠れて私のおやつを食べているのは知っていました。もう止めて下さい」

セイバー「・・・・すまない。つい・・魔が差して・・」パク

ライダー「もうしないと言うのならこれ以上咎めません」

セイバー「はい・・・。すみませんでした・・」シュン


10 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 20:55:57 ID:dnVxTwiA
ライダー「・・・・・」

ライダー「・・・・・何も一人で食べる必要はないのですよ」

セイバー「ライダー・・・?」

ライダー「ですから!・・・一緒に食べようというのでしたら私のおやつを食べても構わない、と言っているのです」プイッ

セイバー「なっ!はい!今言ったこと反故にしたら許しませーん!」ピョン

ライダー「・・・・フフッ」


11 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 21:09:28 ID:dnVxTwiA
道場

士郎「づあっ・・!ううっ!」グラッ

セイバー「(ライダーはあれでかわいいとことがある)」フフ

セイバー「(同じサーヴァントとして少し羨ましく思うところもあります)」パコーン

セイバー「(それに引き換え・・・アーチャーときたら・・・。サーヴァントの何たるかをライダーに見習ってほしいものです)」バチ―ン


12 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 21:29:36 ID:dnVxTwiA
アーチャー「ほら、さばいてやったぞセイバー」イケヅクリー

セイバー「む!ありがとうございます!アングラー!」イタダキマス

アーチャー「誰がアングラーだ」ヤレヤレ

セイバー「もぐもぐ、これは・・・!もぐ、新鮮な魚というのがこれほどに美味とは・・・!」

アーチャー「どうだ?うまいだろう」ドヤ

アーチャー「・・・さて、私も食べるとするk

セイバー「何!?アーチャー、どういうことだ!貴方の魚の方が大きくてよりおいしそうではないですか!」パクパク

アーチャー「何だ?私が釣ってきた魚だぞ?当然の事だろう」

セイバー「当然のことだろう、でなはい!」ブー

アーチャー「(くっ、めんどくさい)」


13 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 22:05:36 ID:dnVxTwiA
アーチャー「(ここはひとつ・・・)」

アーチャー「セイバー、聞いてくれ。この二匹の魚は大きさは違えど実はセイバーの魚の方が高級なんだ」

セイバー「なっ、本当ですか・・・?それにしては姿形が似ているような・・・」ウーン

アーチャー「そんなことはないぞ!まさかセイバーともあろう者が高級なものとそうでないもの、その違いがわからないのではあるまい?」

セイバー「そ、そのようなことは・・・!(あ、自信ない・・・)」アセアセ

セイバー「こうなったら私の直観に頼る・・・・!」キッ

セイバー「む・・・・・・」

セイバー「・・・・・・・・・・」

セイバー「・・・・・・・・・・・・・こっちだ!」スッ

セイバー「ええ、確かに私が食べていた魚の方が高級そうです」キリッ

アーチャー「ハッハッハ!そうだろう、そうだろう!」

アーチャー「(チョロい)」ニコー


14 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 22:07:33 ID:kL7sH6qw
ダメ過ぎだろこの腹ペコ王


15 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 22:21:05 ID:dnVxTwiA
道場

士郎「セイっ・・バー。もっ、もう」フラッ

セイバー「(初めから高級な魚だと言ってくれればよいものを)」バッチン

セイバー「(まどろっこしいものです)」ムス

セイバー「(まどろっこしいと言えばあの男もそうでした)」バシーン


16 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 22:57:12 ID:dnVxTwiA
教会

セイバー「はぐはぐ、うまうま」

言峰「ところで、セイバー。まさか無償で私の麻婆を食べられるとは思っているのではあるまいな?」

セイバー「何!どうして貴方はここまで食べてしまってから言うのです!」パクパク

言峰「なんだ?気づいていなかったのか?ふふ、それは悪いことをしたな」

言峰「しかしそんな事は関係ない。これからあることに付き合ってもらおう。何、大したことではない」ニヤリ


17 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/14(火) 23:55:45 ID:dnVxTwiA
言峰「ここにカツ丼と親子丼がある」ホッカー

セイバー「ゴクリ・・・!」スッ

言峰「おおっと」サッ

セイバー「ああっ!何をするのです!」

言峰「これからお前にはこの料理を食べてもらうわけだが・・・。どちらの品も味は魔術教会が保障しよう」

言峰「カラッと揚げられた衣、脂っぽさはなくそれでいてジューシーさは忘れていない。そして卵の黄身と白身のバランスが絶妙だ。
見た目ではあまり主張のない玉ねぎも、口に入れれば途端に存在感を表してくる、そんなカツ丼と」

セイバー「」ダラー

言峰「柔らかな鶏肉は口の中で旨みをはじけさせ、とろとろの卵と肉、そしてご飯をかき込むように食べずしてどう食べると言わんばかりの
ボリューム。その名に恥じぬコンビネーションをかもす親子丼」

言峰「セイバー、お前に食わせてやろう」ニヤ

セイバー「言峰・・・!」ゴクッ

言峰「ああ・・・しっかり食え」

言峰「おかわりもいいぞ!」

言峰「ただし・・・。どちらか一つだけ、だ」ニヤリ


18 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 00:20:19 ID:sr.07sxM
セイバー「なっ!バカな!私に選べというのか!?」

言峰「そうだ、早くしろ。さもなければ私が食べてしまうぞ?」

セイバー「そん、な・・・選べるはずがない・・・」ワナワナ

言峰「ほぅら、どうした?何だ、選べないとでも言うのか?」ニヤリ

セイバー「ぐっ・・・ううっ」

言峰「うーむ、うまそうだ・・・。どれ、私が食べてしまおうk

セイバー「うっ、うわあああああああああ!!!」グニャー

言峰「HAHAHAHAHAHAHA!」ユエツ・・


19 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 00:29:36 ID:sr.07sxM
道場

士郎「・・・・・!・・・・・!」

セイバー「(まったく、素直にどちらも食べさせてくれればいいものを!)」バコォ

セイバー「(これだからあの男は苦手です)」プンスカ

セイバー「(・・・そういえばキリツグもあの男を目の敵にしていましたね)」バシーン

セイバー「(キリツグといえば先日外食した時に・・・)」バチコーン


20 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 00:50:08 ID:sr.07sxM
ファミレス

切嗣「(結局連れてこられてしまった・・・)」

イリヤ「わーい!私こういう所でお食事するの初めてー!」キャッキャ

切嗣「そうかい?イリヤ、好きなものを頼みなさい」デレー

セイバー「わーい!メニューはどこですか!」キャホー

切嗣「(お前まではしゃいでんじゃねぇよ・・・)」イラッ

アイリ「決めたわ、私これにする!」

舞弥「マダム、私ドリンクバーのチケットを人数分持っています」スッ

アイリ「ありがとう舞弥さん!・・・えっと、注文するにはどうしたらいいのかしら」

舞弥「それはここのボタンを押してウェイトレスを呼ぶのですよ」サッ


21 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 01:08:12 ID:sr.07sxM
イリヤ「!私が押すー!」ピンポーン

切嗣「こらこら、あまり騒いではいけないよ」

イリヤ「ごめんなさーい」エヘヘ

切嗣アイリ「(天使や・・・)」

セイバー「(私も押したかった・・・)」グヌヌ

店員「ご注文をお伺いいたします」

舞弥「○○と、××、あと◎◎。ええ、それです。あと・・・」





22 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 01:15:05 ID:sr.07sxM
イリヤ「もぐもぐ、ふーん。まぁまぁね!」

切嗣「それはよかった」ニコ

イリヤ「パクパク・・・あっ!」ポロッ

切嗣「おっと」フキフキ

イリヤ「むー!子ども扱いしないでよ、キリツグー!」プンスカ

切嗣「ハハ、ごめんよ」ナデナデ

セイバー「!」

セイバー「キリツグ!もぐ、おいしいでふ!もぐもぐ!」ポロポロポロ

切嗣「・・・」パクパク

セイバー「くっ!」


舞弥「かまって欲しそうですね」

アイリ「セイバー・・・」ホロリ


23 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 01:25:19 ID:sr.07sxM
道場

士郎「・・・・・」フラ

セイバー「(キリツグはイリヤスフィールに甘すぎです!)」パチコーン

セイバー「(あれではイリヤスフィールが自律できなくなる、私のように)」ヤレヤレ

セイバー「(もう少し私にかまってくれてもいいものを・・・)」パッチーン

セイバー「(かまう、といえば最近キャスターに妙な絡まれ方をされますね・・・)」スパン


24 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 01:38:28 ID:sr.07sxM
セイバー「・・・・・」パクハク

キャスター「う・・・うっ」

キャスター「(あら・・・私ったらどうして倒れt)」

セイバー「・・・・うんうんなかなか」モグ

キャスター「(ああああああああ!!せせっ、セイバー!!が!!私の手作り弁当を食べてる・・・!
しかも好感触っぽい・・・・!宗一郎様に届けるつもりだったけど・・・やむをえないわ!)」

キャスター「(ここは勝手にお弁当を食べたことを咎める風に装い、家に連れて帰ってコスプレしてもらいましょう・・・!)」


26 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 01:52:22 ID:sr.07sxM
キャスター「ゴホン、セイバー。貴女、何をやっているのかしら?

セイバー「!キャスター・・・。気が付いたのですか」

キャスター「あらぁ?貴女、私のお弁当勝手に食べちゃったのぉ?これは厳しい罰が必要みたいね?」ニヤ

セイバー「い、いえっ!これは・・・そう、私が見た時にはもう既に食べられていたのです!」アセアセ

キャスター「えー?そうなのぉ?・・・・あら、セイバー。ほっぺたに食べ残しのご飯粒がついているわよ?」

セイバー「なっ!そんな筈は!私はちゃんと綺麗に・・・はっ!」ドキ

キャスター「フフッ。チェックメイトね?」

ウウー、チガウッタラチガウノデース!
マァ、オウジョウギワガワルイワヨ?


27 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 02:15:39 ID:sr.07sxM
ランサー「ふーっ・・・。ったく、ひでぇめにあったぜ・・・・・・ん?」

ダダーーッ

セイバー「ランサー!いいところにいましたね!」ハァッハァ

キャスター「待ちなさーーい!セイバー―!」オホホホ

ランサー「うげ!?何か嫌な予感がするんだが・・・」

セイバー「ランサー!私の無実を証明して下さい!!」ズイッ

ランサー「はぁ?お前何言って

キャスター「そこをどきなさい!!ランサー!!」グワッ

ランサー「うわああ?何だぁ!?」


28 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 02:23:20 ID:sr.07sxM
ランサー「よくわかんねーけど本能が逃げろと言っている!俺ぁずらかるぜ!」ダッ

セイキャス「あっ」

ランサー「えっ」

ドゴオーーーーーン!

通行人「アアーッ!全身青タイツの男が大型トラックに轢かれたーー!」

ランサー「」

キャスター「貴方何やってるの・・・」

セイバー「今のうちです・・・・」コソコソ

キャスター「あれっ!?セイバーーーー!?」

ラ ン サ ー 死 亡


29 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 02:32:03 ID:sr.07sxM
道場

士郎「・・・・・ゴフッ」

セイバー「(あの眼は何をされるかわからない眼だった・・・)」スパーン

セイバー「(私の直観の鋭さのお蔭で回避できましたが)」パッチーン

セイバー「(同じクラスのもう一人のキャスターとは全くの別物ですね・・・)」ズパーン


30 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 02:41:52 ID:sr.07sxM
ジルドレ「お待たせいたしましたァ!聖処女ジャンヌ、そして我がマスター、リュウノスケよ!」

セイバー「待ってました!」イヨッ

龍之介「おおおお旦那ぁ!今日は一体どんなスゲーの作ってくれたんだぁ!?」ワクワク

ジルドレ「ふふ、驚くことなかれ。本日の宴に私がご用意致しました料理は・・・・」

ジルドレ「カレーでございます」ババーン


31 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 02:58:25 ID:sr.07sxM
龍之介「か、カレー・・・?だって?」

ジルドレ「左様にございます」ニコニコ

龍之介「あのさぁ、旦那ぁ。なーんか普通すぎやしねぇえか?こんなのいつもの旦那じゃねぇよぉ!
もっとこう!パーーッっとs

ジルドレ「キエエエエエエエエエエイイッ!!!」

セイバー「!?」ドキッ

ジルドレ「リュウノスケ!普通すぎるとは何事ですかッ!・・・あぁ、嘆かわしい!我がマスターともあろう者が
シンプルゆえの深さに気づけないとは・・・!」

ジルドレ「リュウノスケ!ともあれまずは口に入れてみて下さいっ!!


32 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 03:04:28 ID:sr.07sxM
龍之介「わかったよぉ、旦那・・・・!?」パク

龍之介「ウンまああ~いっ!こっこれは~っ!この味わあぁ~っ!こってりとしたルゥに野菜の甘み部分がからみつくうまさだ!!
ルゥが野菜を! 野菜がルゥを引き立てるッ!
’ハーモニー’っつーんですかあ~、’味の調和’っつーんですか~っ!
例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット! ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの’あしたのジョー’!」

龍之介「COOOOOOOL!!!旦那ァ・・。俺ぁ・・俺ぁ・・間違ってたよぉう!」ポロポロ

ジルドレ「リュウノスケ・・・わかってくれたのならよいのです・・・!」グッ

龍之介「旦那ぁ!俺はあんたについて行くぜぇ!!」ヒャッホー


セイバー「うめ・・・うめ・・」モグモク


33 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 03:12:25 ID:sr.07sxM
道場

士郎「」

セイバー「(いや、よく考えたらこちらのキャスターも常軌を逸していますね・・・)」バチッ

セイバー「(そうなると案外まともなサーヴァントとは私を除外するとなかなか少ないのではないだろうか)」バッチーン

セイバー「(征服王は・・・どうだろう)」シュパーン

セイバー「(確か食事にお呼ばれした日・・・)」シュパチーン


35 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 03:36:57 ID:sr.07sxM
イスカンダル「グワハッハッハ!酒だ!酒だ―!」ベロン

セイバー「むむ・・!もぐもぐ!美味です!・・・ヒック」

グレン「ワッハッハ!相変わらずいい飲みっぷりだ!」グビグビ

ウェイバー「ごめん、おじいさん、おばあさん・・・。こんなに料理作ってもらって・・・」

マーサ「いいのよぉ、ウェイバーちゃん!・・・・今日はこんなに可愛い彼女さん連れて来ちゃったんだから!」

ウェイバー「」ブー

ウェイバー「なななな何言ってんだよ!?


36 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 03:41:06 ID:sr.07sxM
グレン「ワッハッハ!マーサ!ウェイバーにそんな度胸がある訳ないじゃろ!」

イスカンダル「そうだぁ!この坊主にそんな甲斐性ありゃせんわい!」ガハハ

ウェイバー「(くっ、言わせておけば・・・!)」

ウェイバー「おい!僕だってそれぐらいd

セイバー「なんれすかぁ?」ズイッ

ウェイバー「うえっ!?(近っ!)」

セイバー「らいらーのますたー、言いたいことがあるならはっきりといいなさい!」ヒック

ウェイバー「うわわわわ!?離せバカッ!」ドキ

イスカンダル「ほぅれみろぉ!」ガハハ

グレン「ウケる!マジウケる!」ワハハ

マーサ「あなた、キャラ変わってますよ」


37 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 03:47:05 ID:sr.07sxM
道場

士郎?「」チーン

セイバー「(く・・・。あの日の事が妙に思い出せない・・・)」バスーン

セイバー「(楽しい宴となった・・・ような気はするのですが・・・)」バティーン

セイバー「(まあよいでしょう)」フー

セイバー「・・・む、そういえば目の前にあるボロ雑巾のようなものは一体・・・・」

セイバー「・・・はっ!!!シロウ!!!」


38 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 03:55:18 ID:sr.07sxM
士郎「」グデーン

セイバー「シロウ!シローウ!すみません、私としたことが不覚を・・・!」

士郎「ぐっ・・・」

セイバー「!?シロウ!」

士郎「ガフッ・・・。セイバー・・・俺の事はいいから・・昼飯食べてこいよ・・・遠坂が待ってる、から・・・さ」ガク

セイバー「シローーウ!」

セイバー「ううっ。こんな姿になってまで・・私の食事の心配を・・・しろぉ」ウルウル

セイバー「こうはしてられない!すぐに居間で手当てをs

???「フハ!フハハハハハハハハ!


40 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 04:11:59 ID:sr.07sxM
ギル「スェイバー!!今日という今日は我と高級レストランで食事に行くのだ!何を隠そう、そのレストランは夜景の美しさに
定評のある店だ。必ずやお前も気に入ることだろう!」

ギル「レストランで食事を終えた後は特別に我の家へと招待しようではないか!それぐらいは許可してやるぞ?よもや食事を終えたらそこで別れを告げるなどと、
そのようなお子様的思考は持ち合わせてはいないだろうな、セイバー?」

ギル「我の完璧プランはむしろここから始まると言っても過言ではない!・・・我の部屋で少し気分を落ち着かせ、そして王にふさわしい酒を嗜むのだ!
更に・・・そこから先はまぁ、何というか大人の世界へと・・・踏み入れ・・・ゴホン!」

ギル「ともかく!」

ギル「今夜は帰さんぞぉ、セイバー!」


41 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 04:20:32 ID:sr.07sxM
セイバー「・・・・」ボソッ

ギル「・・・・おん?」

セイバー「言いたいことは・・・・それだけかっ!!」ビュオ

ギル「んなっ!?」

セイバー「エクス・・・・カリバァァァァァ!!!」

ギル「ぐおわああああああああああ!!!何故だぁぁああ!?」キラーン

セイバー「さっ、士郎!手当てに・・・シロウ?」

士郎「」チーン

セイバー「しまったあああ!こんな狭い所でエクスカリバーを使用したせいでシロウまで・・・!」アサアセ

士郎「・・な、なん・・・でさ」ガク

おわり


42 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/10/15(水) 04:28:04 ID:LcwKrwzk



転載元

セイバー「そろそろお昼ご飯ですね」

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1413282189/






ideal white(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
綾野ましろ
アリオラジャパン (2014-10-22)
売り上げランキング: 83

関連記事
2014/10/16 00:05 | CM(2) | Fate SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/10/16 02:31 ]
  2. 半角大杉きもい
  3. 774@いんばりあん [ 2014/10/16 06:34 ]
  4. にわかかよ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング