HEADLINE

将太「北斗君!冬馬君が…!」

1 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:12:45.03 ID:rnqfff8B0
北斗「冬馬がどうかしたのか?」

翔太「>>3

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415178754


3 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 18:13:15.79 ID:9tvWsB8NO
筋肉モリモリマッチョマンになったよ!



5 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:17:18.85 ID:rnqfff8B0
翔太「筋肉モリモリマッチョマンになったよ!」

北斗「はあ!? いきなり何を言っているんだ!?」

翔太「僕も何をいってるのかよくわからないけどとにかく見てみてよ!」

北斗「あ、ああ…」


冬馬「よお、北斗、翔太」デェェェェェェェェェェェン!



北斗「何が始まるんです?」

翔太「言わないよその後の言葉」


6 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:21:10.51 ID:rnqfff8B0
冬馬「どうかしたのか? そんな変な顔して?」ズウウウウン

北斗「怖い怖い! 近づくな!」

北斗「一体なんでそんな不気味な姿になった!?」

北斗「どこをどうしたらそうなる!? 100キロのベンチプレスを持ち上げてる俺でもそこまでなんないぞ!」

冬馬「体力づくりにプロテインを毎日飲み続けたらこうなったんだ」ムキン!

翔太「ありえないよ…こんなの…」

冬馬「実際に飲み続けたらこうなったんだ、仕方ないだろ」

北斗「はぁ…プロテイン凄いな…」


7 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:21:54.13 ID:rnqfff8B0
冬馬「しかし念願の筋肉モリモリマッチョマンになれた」

冬馬「これで>>9ができる」


9 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 18:25:07.25 ID:fXObh90M0
ボディビル


10 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 18:27:57.20 ID:jGzLOB71O
後のアイドルボティビルディングの先駆けとなる一言であった。


11 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:27:58.02 ID:rnqfff8B0
冬馬「ボディービルディングができる」

翔太「ボ、ボディービルディング!?」

北斗「冬馬、お前ボディービルダーになりたかったのか?」

冬馬「いや、俺の本業はまだアイドルだ…、だがな…」


     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ    せっかくマッチョになったのにボディービルディングをしなかったらもったいないだろ?
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


12 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:31:32.60 ID:rnqfff8B0
      (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ  この強靭的な肉体でたっぷりとボディビルを満喫してやるぜ! 
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ
   ノ'⌒` ´⌒ヽ
  ( ,、 ゚ 人 ゚ノ'ヽ
  /( ノヽ ミ 仝ミ/>' 〉
  \`ξ~~~~~~~ヽ´
    |__/__|
    ( , ノ( 、 ノ
    | /  | /
   (__) (__)

翔太「どうする? 北斗君?」

北斗「あほらしいから放っておこう…、どうせすぐに飽きるだろ」

翔太「そうだね」


13 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:34:00.03 ID:rnqfff8B0
     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ  さて、早速ボディビルをやってみるか、しかしただ筋肉が多ければいいというものじゃないらしいな
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ  
 _, ‐'´  \  / `ー、_ どうやって美しくてたくましい筋肉を見せるのか、それが重要か
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


14 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 18:37:36.50 ID:9tvWsB8NO
AAつけてまで本気すぎる


15 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:37:58.29 ID:rnqfff8B0
       / jjjj      _
     / タ    (⌒ {!!! _ ヽ、
    ,/  ノ  , ' ´ ⌒ヽ ~ `、 \   ふん! とりあえず基本中の基本のこのポーズをやってみよう
    `、  `ヽ. ノ /,ノノl人ゝ , ‐'` ノ   
     \  `ヽ'ィ¶_゚Д゚ノゞ  .ノ/   おお…、鏡で見ると結構カッコいいじゃねぇか…
       `、ヽ.  ``Y"   r '
        i. 、   ¥   ノ      筋肉全体が輝いているぜ…
        `、.` -‐´;`ー イ


16 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:40:26.59 ID:rnqfff8B0
     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ     しかし…なんというか締まらないな…
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ
 _, ‐'´  \  / `ー、_  仲間とかを集めてやったほうが面白いと思う…
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl  ここは>>19を誘ってみるか…
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


19 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 18:41:45.12 ID:XWAITY1fO
貴音


20 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:45:08.50 ID:rnqfff8B0
765プロ

      (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ   
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ   おーい、四条、いるかー?
   ノ'⌒` ´⌒ヽ
  ( ,、 ゚ 人 ゚ノ'ヽ
  /( ノヽ ミ 仝ミ/>' 〉
  \`ξ~~~~~~~ヽ´
    |__/__|
    ( , ノ( 、 ノ
    | /  | /
   (__) (__)


貴音「何奴!?」

冬馬「俺だ俺、ジュピターの天ヶ瀬冬馬だ」

貴音「冗談を言うのはやめなさい! 冬馬はそのような不気味な姿をしていません!」

冬馬「本当に俺だって、プロテインを飲んだらこうなったんだ」

貴音「ぷろ…なんですか?」

冬馬「栄養ドリンクだ、それ飲んでムキムキになった」

貴音「面妖な…」


21 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:48:50.09 ID:rnqfff8B0
      (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ   
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ   それで早速だが折り入って頼みがある
   ノ'⌒` ´⌒ヽ
  ( ,、 ゚ 人 ゚ノ'ヽ
  /( ノヽ ミ 仝ミ/>' 〉
  \`ξ~~~~~~~ヽ´
    |__/__|
    ( , ノ( 、 ノ
    | /  | /
   (__) (__)

貴音「頼み?」

冬馬「俺と一緒にボディビルディングをやってくれ」

貴音「ぼでぃ…なんですか?」

冬馬「簡単に言うと俺と同じ筋肉モリモリマッチョマンになって筋肉で芸術的なポーズをとるんだ」

貴音「なんと!?」

冬馬「どうだ? 俺と一緒にやらないか?」

貴音「丁重に>>24


24 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 18:51:41.14 ID:BfXiforXO
お断り致します


25 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:54:41.31 ID:rnqfff8B0
貴音「丁重にお断り致します」

冬馬「なんで!?」ムキーン

貴音「私はこの立場ゆえに無駄な筋肉をつけてしまっては舞台に立てませんので…」

冬馬「そ、そうだったな…、お前もアイドルだからマッチョになったらファンが悲しむもんな…」

貴音「力になれなくて申し訳ございません…」

冬馬「いや、俺のほうこそ無茶言ってすまなかった」

冬馬「それじゃあ俺はこれで…」

貴音「さようなら」


26 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 18:56:33.59 ID:rnqfff8B0
     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ   
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ    勧誘に失敗してしまった… まあいいや、諦めて今は別のことを考えよう
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ  例えばこの肉体美をどうすればみんなの前に見せられるかだが…
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ   そうだ! >>28だ!
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


28 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 18:58:59.05 ID:0qYN/XdqO
グラビア撮影でおもむろに脱ぎだす


29 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:19:58.69 ID:rnqfff8B0
     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ   
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ   さっそく社長頼んでグラビア撮影をさせてもらうよう頼むぜ!
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ  
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ   
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/

冬馬「社長!」

斉藤社長「ど、どうしたんだ冬馬くん!? その姿は!?」

冬馬「そんなことはどうでもいい、俺をグラビアに出演させてくれ!」

社長「グ、グラビア!?」

冬馬「ああ、この肉体美を雑誌やテレビとかに乗せたら間違いなくうちの事務所は儲かるぜ!」

社長「本当か?」

冬馬「筋肉は嘘をつかないぜ!」ムキーン!

社長「わ、わかった…、とりあえず相談をしてみよう…」

冬馬「恩にきるぜ!」


30 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:21:00.69 ID:rnqfff8B0
社長「相談の結果OKの返事を貰った、早速グラビア撮影をしてもらう」


 (⌒  
, ' ´ ⌒ヽ  
ノ /,ノノl人ゝ    やったぜ
'ィ¶_゚Д゚ノゞ  n  
⌒`γ´⌒`ヽ( E)
( .人 .人 γ ノ
ミ(こノこノ `ー´
)にノこ(


31 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:27:03.25 ID:rnqfff8B0
スタッフA「それじゃあ服を脱いでください」
             (⌒  
           , ' ´ ⌒ヽ  
           ノ /,ノノl人ゝ    もう脱いでるぜ
           'ィ¶_゚Д゚ノゞ
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l     
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ     
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
          ,ノ  ヾ  ,, ''";l
         ./        ;ヽ
        .l   ヽ,,  ,/   ;;;l
        |    ,ヽ,, /    ;;;|
        |   ,' ;;;l l ;;'i,   ;|
        li   /  / l `'ヽ, 、;|
       l jヾノ ,ノ  ヽ  l  ,i|

女性スタッフたち「キャー////」バタリ

スタッフB「うわっ! あまりの肉体に女性スタッフたちが倒れた!」

冬馬「北斗じゃねぇのにかっこよさで女性が倒れるなんて…」

冬馬「今までこんなことはなかった…、これも筋肉のおかげか」

冬馬「筋肉マジ最高! プロテインを飲んでよかった!」ムキーン!


33 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:31:00.96 ID:rnqfff8B0
スタッフA「それじゃあ撮影を開始します、ポーズをお願いします」

       / jjjj      _
     / タ    (⌒ {!!! _ ヽ、
    ,/  ノ , ' ´ ⌒ヽ ~ `、  \  
    `、  `ヽ. ノ /,ノノl人ゝ , ‐'`  ノ  ふん! 
     \  `ヽ'ィ¶_゚Д゚ノゞ  .ノ/
       `、ヽ.  ``Y"   r '
        i. 、   ¥   ノ
        `、.` -‐´;`ー イ

スタッフA(ウホッ、いい筋肉!)

冬馬(次はこのポーズだな)ムキン!

スタッフB(すげぇ…)

冬馬(最後はこれで締めだ!)ムン!

スタッフA「はい、オッケーです!」

冬馬「ありがとうございました!」

スタッフA(いい映像が撮れた…、後でこっそり自分用に持ち帰ろう)


34 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:39:36.17 ID:rnqfff8B0
数週間後

社長「冬馬君、ついに君のグラビアが発売されたぞ」

     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ    そのようだな、雑誌やDVDに俺が乗ってる
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ
 _, ‐'´  \  / `ー、_  しかしいつ見ても凄い筋肉だな
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/

社長「そこでだ、君に頼みがあるんだが」

冬馬「頼み?」

社長「もうすぐこの近くでボディビル大会が始まるんだ」

社長「大量のボディビルダーたちが最高の筋肉を観客に見せて頂点を取る、面白いと思わないか?」

冬馬「いいな…、俺の筋肉をみんなの間近で見せられる…」

冬馬「いいぜ! やってやるよ! そしてやるからには優勝してやるぜ!」

社長「それじゃあエントリーをしよう、私が手続きをしておく」

冬馬「サンキュ」


35 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:47:36.64 ID:rnqfff8B0
ボディビル大会会場

     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ     ここがボディビル大会会場か…
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ
 _, ‐'´  \  / `ー、_  むさくるしい奴らばっかりだな…
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/

???「あなたもこの大会に参加するんですか?」ムキーン!

冬馬「ああ、そうだ…って!?」

冬馬(なんだこいつの筋肉は!? 俺と同等じゃないか!)

冬馬(童顔の癖に凄え不釣合いな肉体をしてやがる…)

???「あなたの筋肉も見事ですね、でもどんな筋肉が来ても僕は負けるつもりはありません」

冬馬「おう、俺だって勝つためにここに来たんだ、トロフィーを取るまで帰るつもりはないぜ」

???「そうですか…、どうやらあなたとはいいライバルになりそうですね」

???「お互い正々堂々頑張りましょう」

冬馬「おう! やるからには勝ってやるぜ!」

???「それではこれで」

冬馬(確かに強敵になるな…、気を引き締めないといけないな)


36 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:53:52.03 ID:rnqfff8B0
司会者「さあ始まりました! ボディビル大会!」

ワアアアアアアア! ワアアアアアアア!

司会者「ルールは簡単、たくさんの参加者がそれぞれ筋肉を披露し…」

司会者「審査員がそれぞれ評価をして、一番得点が高い人が最高の筋肉を見せたビルダーとします!」

司会者「審査員はこちら!」

高木「最高の筋肉を見せてもらおうではないか」

玲音「君たちの進化した肉体を堪能させてもらおうか」

舞「もうすぐたくさんの筋肉が見られるなんて夢見たい! ぜひやらせてもらうわ!」

司会者「それでははじめます! ボディビル大会! レディーゴー!」


37 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:55:46.90 ID:rnqfff8B0
司会者「まずはエントリーナンバー1番、765プロのプロデューサーさん!」

':,   \
 ':,     、                    / ̄   <
  ':,      、               /     /   <
    、     _.V              ./     /      ` 、
      、     ` 、          /     /   _      V  みんなー見てるか?
     ∧      V         ,      ./  ///>、   .V
        ∧       V       /       /  //////.}   }   これから俺の肉体を披露させるぞ!
        .∧      }‐ ミ     ,      ./   {/////,/   ,
        ∧        \  /       /    ー‐‐'     /   見なきゃ損だ!
          ∧          V      /           /
           、  ヽ      .マヘ     ,    ___ /
              ∧   }      }/}   /    /         __
            ∧ j      .Vハ__ /__ ィム     ,,ィ''"// ̄
             j          V///>‐‐< __` 、__//>'"
              {         ` ー‐‐――――= ≦
              { |                    V
              | |          i       l     `ヽ、
            ‘, 、        .!       !       V
             ∧  \__     j!       /‐‐、     V
             ∧              /    \     V


38 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 19:58:12.26 ID:rnqfff8B0
P「フン…フンッ!」ムキイイイイイン!

司会者「おおっと! これは凄い! 全身がはち切れそうだ!」

P「からの…」

              __ ,...。、,
              l.  .   l':,
             i .   . l. !
                l .   . ! l
             i.   .  l. l
                l  .  .! l
.                 l .   .l l
                 l .   . lj      サイドトライセップス!
              l . ._,。-;ュ-ー-、
                 (1^レ"~     ヽ
             / .l~i   、 、    .',
               /  l:.:l    .! ヽ.    ',
              ,'  i.|:.:l   , .',     .i
            i  l l;:.:'、 /  .',    l
            ヽ、.ヽ!;.:.':<"   '、   l
             l, .、i;.:.:.'、     'i .  ',
                i  :i、;.::l    . l.   ',
                  '、  `'     l;     !
              .〉-ェ'ミ三ミiェ.、 l!   ;i
              j:'"    `ヾ三iェ!',  l!_
.                /        iミ三j .!   F^!
           /        ノミ;ヲ ヽ、,.r'^
          ,/         ノ'7
          /        ,.' /
         ,'       / :/
         ノ       /  :/
  .        {     ,/   :/


司会者「サイドトライセップス決まったァー! これは見事だ!」

キャアアアアアアアアア!


39 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:02:23.66 ID:rnqfff8B0
司会者「さあて、気になる得点は?」

高木「7点」

玲音「8点」

舞「8点」

司会者「いきなり高得点! 23点! これは凄い!」

P「社長、どうして点数が二人と比べて低めなんですか?」

高木「いつも見慣れてるからね…面白みがかけて…」

P「そうですか…」

司会者「さあて気を取り直して次にいきましょう!」



40 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:05:37.95 ID:rnqfff8B0
冬馬「あれからいろんなやつが挑戦したがあいつの23の記録を突破する奴はいなかったな」

???「さて、次は僕の番ですね」

???「早く生まれ変わった僕の姿をみんなに見せたいです」

司会者「続いてはエントリーナンバー8番!」

司会者「この大会最年少、876プロの…」


41 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:08:46.26 ID:rnqfff8B0
司会者「秋月涼だあああああああああ!」

                          '⌒Y⌒
                         , ' ⌒´ヽ
                         ノiyィj」ハ」i゙!
                        (y从 ゚ヮ゚从)_.. ッ". -'''" ̄ ̄^ニv..........,、
                     ,.. -―'''';;]_,゙二二__,,/  _..-''" ゙゙゙̄''ー     `'-、
               ,,-'"゙゙,゙ニ=ー''''"゙゙シ'"_,゙,゙,,,,,,,_     `'''T゛                 \   
           /_..-'"″  '''^゙>'''"゛     ´                        `!、       
           _..イ'"゛       ./                  \       ,..-''''''''''''''ー..,   .l
          / /         ./                  `゙''‐  .、        \.,,,│
        /  l         「                       l          " .`''、
      /   l゙         i                    !  .,!             .  .,!
        ! ./│      ._/ .ヽ,_,                   ,│ │         !   .!、
,, -ー¬'''" ./   .ヽ  _.. ‐″ .`'. "   `゙''―- ....,,,_       _.../ │  l           丿   .′
      ′   .i゙'''゛                 `'''r‐―‐'´    ヽ  .l   _,.        .ヽ
          |,     _,,,,,....、        /    .‐ ,   .`'i  .`'' .″             ヽ
        ,,.. .  .ヽ. .ン._,,,,,,...  .、,`'ー、、  ,.       _..l,   │  /             ヽ .../ '
            ゙l、.i ′      ゛   `"´       '"´ ,.ゝ   !   .|                 l/
             ‐'│゙.l   i                 ,r'" "  l    .l               ,, 'ソ゛ `
             ,i゙.l .\  ‐- ........ ‐'    、         ,r‐''   |,    .ヽ          _,, イ゛ .'、
         /  l. | _i,,,...... -----.... ....;;_  /      "     ....l    .ヽ    .,/´   .ゝ  .ヽ
      _,,, ‐"   l",゙,,...... ---――ー- ....,,,,,,_"'''ー ..,,_      ,L-'゛ ヽ    }  /     / ヽ  `
-'" ̄ ̄゛     .!.´                   `"'ー ..,゙.\.l .,/     ヽ   ゙./       .l   .`_,,,,,
             | /´'i     Й      /゙''i      `'-/           \ ./     _.. -''"  ./
          | .ゝ′          ! ./         |            ゙'l゙   .,/゛  ._,,、l゙
             ,|  ._,,..........--―¬''''¬- ....,,,,_      .|          ヽ ,/   .,..-"  . l


42 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 20:09:10.01 ID:R19I7czTO
おい、涼www


43 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:10:24.79 ID:rnqfff8B0
高木「」

玲音「」

舞「」

涼(みんな僕の生まれ変わった姿を見て驚いてるな…)

涼(よし、早速ポーズを…)

高木「0点」

玲音「0点」

舞「0点」

涼「ええっ!? 何で? まだポーズをとってないのに!?」


44 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:14:26.46 ID:rnqfff8B0
高木「正直不気味を通り越して恐怖を感じたよ」

玲音「明らかに顔と体が不釣合いじゃないか、なんかのコラか何かかい?」

舞「女の子らしいかわいい涼ちゃんが好きだったのに…、これじゃあ化け物だわ…」

涼「そ、そんな~…」

涼「せっかくこの日のためにプロテインをたくさん飲んだのに…」

司会者「残念! 秋月涼選手! 披露する前に女の子らしい顔が原因で失格となってしまいました!」

司会者「次参加するときは体だけでなく顔も鍛えることをお勧めします!」

涼「ぎゃおおおおおおおおん!」


45 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:17:37.44 ID:rnqfff8B0
冬馬「あ、危なかったぜ…正直あのまま戦ったら優勝はギリギリだと思っていたが…」

冬馬「失格だったら優勝は確実だ! このままトロフィーをゲットして俺が一番だってことを証明してやるぜ!」



司会者「続いての挑戦者はエントリーナンバー9番」

司会者「315プロ所属で俺様系ボディビルダー」

司会者「天ヶ崎冬馬さんです!」


             (⌒  
           , ' ´ ⌒ヽ  
           ノ /,ノノl人ゝ  天ヶ瀬だ! お前わざとやってるだろ!? 
           'ィ¶_゚Д゚ノゞ
       /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ
      { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l     
      '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ     
       ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
        `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
          ,ノ  ヾ  ,, ''";l
         ./        ;ヽ
        .l   ヽ,,  ,/   ;;;l
        |    ,ヽ,, /    ;;;|
        |   ,' ;;;l l ;;'i,   ;|
        li   /  / l `'ヽ, 、;|
       l jヾノ ,ノ  ヽ  l  ,i|


46 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:20:47.69 ID:rnqfff8B0
司会者「これは失礼しました、天ヶ瀬冬馬さん、早速披露してください」

冬馬「言われるまでもないさ、いくぜ!」

       / jjjj      _
     / タ    (⌒ {!!! _ ヽ、
    ,/  ノ  , ' ´ ⌒ヽ ~ `、 \   ふんッ!
    `、  `ヽ. ノ /,ノノl人ゝ , ‐'` ノ   
     \  `ヽ'ィ¶_゚Д゚ノゞ  .ノ/
       `、ヽ.  ``Y"   r '
        i. 、   ¥   ノ
        `、.` -‐´;`ー イ

オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!

     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ   
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ
 _, ‐'´  \  / `ー、_    どうだ!
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/

高木「これはまた見事な筋肉だ…」

玲音「う、美しい///こんな筋肉がこの世にあったなんて…」

舞「あらあら、まだ若いのにいい筋肉しちゃって♪」


47 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:24:19.02 ID:rnqfff8B0
司会者「それでは審査のほうをお願いします!」

高木「9点!」

玲音「10点!」

舞「9点!」

司会者「出ました、今大会の最高得点、28点!」

 (⌒  
, ' ´ ⌒ヽ  
ノ /,ノノl人ゝ    やったぜ!
'ィ¶_゚Д゚ノゞ  n  
⌒`γ´⌒`ヽ( E)
( .人 .人 γ ノ
ミ(こノこノ `ー´
)にノこ(

高木「今まで見てきた中で最高の筋肉だ!」

玲音「これと比べれば今まで見てきた筋肉はただの無駄な肉だ」

舞「素敵だわ~、食べちゃいたいくらい♪」

冬馬「これで優勝確実だな」


48 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 20:25:17.91 ID:OGqD+P9dO
玲音が見てて面白いな


49 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:31:38.34 ID:rnqfff8B0
冬馬「さて、優勝は決まったようなものだし俺は…」

司会者「おおーっと! 先ほど連絡が入りましたが新たな参加者が飛び入りで現れました!」

冬馬「えっ、参加者?」

司会者「どうやらサプライズのために終わる寸前ギリギリまで待機をしていた模様です!」

冬馬「何だなんだ!? まだ参加者がいるのか!?」

冬馬「だがどんなやつが来ても俺の記録が破れることはない!」

司会者「それでは紹介しましょう! エントリーナンバー10番!」

司会者「超有名な音楽プロデューサー、その名も…」


50 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:32:58.96 ID:rnqfff8B0
司会者「武田蒼一だアアアアアアアアアアアッ!」



                /‐-、: : : :`二:ヽ
               /: : : : : : : : : : : :ヽ∧
              /: : : : : :∠>、∧: : :ハ:∧
             l: : : : : :/    `|: :|: : l: ::}
             {: ::|: : :ト、_  ,_レ1: ::|: :l
             |: ::|: : :|ィtエ   ィtエ |: :/)::j    そう、僕だ!
             ∨:|: : :|   |.    |/ノ:/
              ∨リヽ:|   _,,   |/|/
                 .__\   //
         ,,.ィ'''フ''''=、r'"~ ヽ、ヽ / i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、
       ,r'"´ ノ"    )=、.,_ゝニ ノ,,..ィ'"´i      ヽ、
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人        ,,l、        ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft
   ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,___,..イ、,i" j''       (   ,ノ j
  ( t、    l      i  ヽf     Y    ,j,.  ,/      ) ,.イ´ ノ
  fヽ ヽ、   l      l ヽ、    .|   ノ ,. /     ,.イ '"ノ   ノ
  t i   l、.  t      l  、j`ー‐‐'`ー="レ' j'     // / ,/
  ヽ、 i、   i      l  ヽ  -ニ-  ノ  l     /,,,,ノ ,ィ/


51 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:43:19.10 ID:rnqfff8B0
冬馬「な、何で武田さんが…」

武田「新たな音楽のインスピレーションを生み出すためにプロテインを飲んでボディビルを始めてね」

武田「やっていくに連れだんだん面白く思えてきたんだ」

武田「それで僕の筋肉がどれくらい通用するのか、この大会に出ることにしたんだ」

冬馬「な、なんて空気を読まない人だ…」

司会者「それではポーズをとってください!」


52 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 20:45:45.47 ID:03uocwF/0
オマエカー


53 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:49:07.72 ID:rnqfff8B0
                             -=ニ、::ヽ
                          ____ ヽ: :}
                      ,.<: : : : : : : :`ヽ|/-─-..、
                      /-──--、: : : : : : : :_: : : \
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : ´: : : \ : : \
                   ,': : : : : : : : : : : _:_: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : ',
                 .,':: : : : : : : : : :/::::::::\: /ヽ : : : : : : :',: : : :',
                .,' : : : : : : : : :/ ̄ ̄ ̄` ´ ̄ ヽ : : : : : :l: : : ::',
               ,': : : : : : : : : /             l: : :|: : : :! : : : :l
               l : : : : : : : : ,'        ___,,.|: :/: : : :|: : : : :}
               |: : : : : : : : :|‐===ミヽ  `ー=ニ|/! : : : :|: : : : :! ・・・
               |: | : : : : : : :!イモ阿>  l   イ阿カ>| : : ::∧: : :.,'
               |: l: : : : : : : |  ̄ ̄      ̄ ̄ !: : :/ l: ::/
               |/l: : : :l: : : :|            |: ::/ //  少しは自身があるが…
                 !: :|: |: : : :!      く_>      !::/イ:/
                 |: :|: ト、: : |     ____,     |/: ::/
                 |:/ヽ| \|\    -    /||: :/
                        | \      / |/ |/_.. ッ". -'''" ̄ ̄^ニv..........,、
                     ,.. -―'''';;]_,゙二二__,,/  _..-''" ゙゙゙̄''ー     `'-、
               ,,-'"゙゙,゙ニ=ー''''"゙゙シ'"_,゙,゙,,,,,,,_     `'''T゛                 \   
           /_..-'"″  '''^゙>'''"゛     ´                        `!、       
           _..イ'"゛       ./                  \       ,..-''''''''''''''ー..,   .l
          / /         ./                  `゙''‐  .、        \.,,,│
        /  l         「                       l          " .`''、
      /   l゙         i                    !  .,!             .  .,!
        ! ./│      ._/ .ヽ,_,                   ,│ │         !   .!、
,, -ー¬'''" ./   .ヽ  _.. ‐″ .`'. "   `゙''―- ....,,,_       _.../ │  l           丿   .′
      ′   .i゙'''゛                 `'''r‐―‐'´    ヽ  .l   _,.        .ヽ
          |,     _,,,,,....、        /    .‐ ,   .`'i  .`'' .″             ヽ
        ,,.. .  .ヽ. .ン._,,,,,,...  .、,`'ー、、  ,.       _..l,   │  /             ヽ .../ '
            ゙l、.i ′      ゛   `"´       '"´ ,.ゝ   !   .|                 l/
             ‐'│゙.l   i                 ,r'" "  l    .l               ,, 'ソ゛ `
             ,i゙.l .\  ‐- ........ ‐'    、         ,r‐''   |,    .ヽ          _,, イ゛ .'、
         /  l. | _i,,,...... -----.... ....;;_  /      "     ....l    .ヽ    .,/´   .ゝ  .ヽ
      _,,, ‐"   l",゙,,...... ---――ー- ....,,,,,,_"'''ー ..,,_      ,L-'゛ ヽ    }  /     / ヽ  `
-'" ̄ ̄゛     .!.´                   `"'ー ..,゙.\.l .,/     ヽ   ゙./       .l   .`_,,,,,
             | /´'i     Й      /゙''i      `'-/           \ ./     _.. -''"  ./
          | .ゝ′          ! ./         |            ゙'l゙   .,/゛  ._,,、l゙
             ,|  ._,,..........--―¬''''¬- ....,,,,_      .|          ヽ ,/   .,..-"  . l


54 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 20:49:14.34 ID:B2Sm2p2zo
そう、


55 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:51:35.22 ID:rnqfff8B0
高木「おお、おおおおおおおおお!!!!!」

玲音「ああ…あああああああああ!!!!!」

舞「あら~、ふふっ♪」

冬馬「あ…ああっ……」

ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!

高木「ブラボー! おお、ブラボー!」

玲音「こんな筋肉がこの世にあったなんて…」

舞「素敵だわ~」


56 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:54:46.47 ID:rnqfff8B0
司会者「それでは採点をお願いします!」

高木「10点!」

玲音「10点!」

舞「10点!」

司会者「なんとぶっちぎりの30点満点! 優勝確定です!」

冬馬「ば、馬鹿な…」

高木「今まで見てきた中でまさに至極、究極、伝説の筋肉だ!」

玲音「これと比べれば今まで見てきた筋肉はただの肉の塊だ」

舞「いい筋肉だったわ、掛け値なしに♪」

武田「ありがとう」

冬馬「か、完敗だ…」


57 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 20:58:48.76 ID:rnqfff8B0
司会者「優勝は武田蒼一さんです、皆様盛大なる拍手を!」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

司会者「それではこれにて閉幕いたします、ありがとうございました!」



冬馬「はぁ…」

翔太「冬馬君、残念だったね」

北斗「惜しかったな」

冬馬「お前たち、見てくれたのか…」

翔太「そんなにしょんぼりしないでよ、また次があるじゃん」

北斗「そうだぞ、いつまでもしょぼくれているよりも前に進んだほうがいいだろ?」

北斗「大体過去のことを引きずるなんてお前らしくないじゃないか」

北斗「今回の敗北を糧に、また筋肉を鍛えればいい」

冬馬「…そうか、そうだよな また鍛えなおせばいい話だよな」


58 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 21:04:21.71 ID:rnqfff8B0
冬馬「よし、いつまでもウジウジしてないで俺も武田さんに勝つために鍛えなおすぜ!」

北斗「それでこそ冬馬だ!」

翔太「頑張ってね、応援してるからね!」

冬馬「おう! 見ててくれよな、いつか最高の筋肉を見せつけてやるよ!」

     (⌒  
    , ' ´ ⌒ヽ  
    ノ /,ノノl人ゝ   
    'ィ¶_゚Д゚ノゞ    お前たちも筋肉をつけたかったら毎日プロテインを飲めよな!
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ  俺からのお約束だぞ!
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


終わり


59 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 21:06:59.65 ID:Wk5mYipU0
マッチョとはいえ(?)久しぶりにホモじゃないあまとうを楽しめたぜ
おつ!


60 ◆5m18GD4M5g [saga]:2014/11/05(水) 21:07:14.85 ID:rnqfff8B0
AA貼るの疲れた。。。もぅマヂ無理。。。プロテインのも。。。


61 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 21:07:52.47 ID:Rh/1q2dAO

いい疾走感だった


62 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 22:47:53.57 ID:Ur3gx66A0
ホモじゃなくてよかった(小並感)


63 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/05(水) 22:50:15.84 ID:bwD6M0ta0
ココア味おいしいよね
まっちょんちょんさんとの対決がなかったのが残念だ


64 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/06(木) 03:42:45.07 ID:yq/mo4YeO
おつおつ


65 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/06(木) 11:30:03.38 ID:UHinvMQco
こんなに笑ったのは久々だwwwwwwww
AAまで用意しやがってクッソwwwwwwww


転載元

将太「北斗君!冬馬君が…!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415178754/






ウイダー ジュニアプロテイン ココア味 800g
森永製菓
売り上げランキング: 446

関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2014/11/06 18:19 ]
  2. いいssだった、掛け値なしに
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 04月 (140)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング